カテゴリー別アーカイブ: アーチスト

ビヨンゼが双子を出産

先日、米アーティストのビヨンゼが双子を出産したと報じていた。


Beyonce_photo4

ビヨンセ、双子を出産 米メディア報道
モデルプレス 2017年6月18日 18時11分 (2017年6月19日 07時36分 更新)

【ビヨンセ/モデルプレス=6月18日】米アーティストのビヨンセ(35)が第2子、第3子となる双子を出産したと報道された。

◆先週始めに出産

一部米メディアによると、先週始めに出産していたとのこと。複数の関係者の証言から明らかになったという。

ビヨンセは2008年4月にラッパーで実業家のジェイ・Z(47)と結婚。2012年には長女のブルー・アイビーちゃんが誕生している。

今年2月に妊娠を発表し、ふっくらとしたお腹がわかるランジェリー姿にベールをまとったマタニティーフォトを公開。

さらに、米ロサンゼルスで開催中の世界最高峰の音楽の祭典「第59回グラミー賞授賞式」に出演した際は、ふっくらとしたお腹でパフォーマンスを披露し、話題を呼んでいた。

◆夫はラッパーのジェイ・Z

ビヨンセは2008年4月にラッパーで実業家のジェイ・Z(47)と結婚。2012年には長女のブルー・アイビーちゃんが誕生している。(modelpress編集部)


ビヨンゼは、アストロデータバンクのデータによれば、1981年9月4日 AM10:00 テキサス州ヒューストン生まれであるが、このデータは、Rodden RatingがCにランクされており、信頼度が危ういデータである。


このデータで出生図を作成すると、ラグナは乙女座のチトラー、月は天秤座のビシャーカーになる。


Beyonce_chart

このラグナで正しいかどうか、結婚のタイミングや、子供の出産のタイミングを検討した結果、この出生時間はほぼ正しいと分かった。


ビヨンゼは、2008年4月にラッパーのジェイ・Zと結婚しているが、この時、水星/水星期である。


水星はナヴァムシャ(D9)のラグナロードで、7室(パートナー)に在住している。


Beyonce_D9_chart

第一子のアイビーが誕生した2012年は水星/金星期であるが、水星はサプタムシャ(D7)で、9室(5室から見た5室目:子供)に在住し、金星は9室の支配星でラグナに在住している。


また今回の第二子、第三子が誕生した2017年6月12日は、水星/ラーフ期であるが、水星はラグナロードで9室に在住し、ラーフはディスポジターの土星が5室の支配星である。


Beyonce_D7_chart

ビヨンゼのチャートを作成すると、乙女座ラグナで乙女座に惑星が集中している。


月は天秤座である。


ビヨンゼに天秤座の特徴があるのは、パッと見で分かるし、また容姿やスタイルを見れば典型的な天秤座の雰囲気を醸し出している。


Beyonce_photo2

問題は乙女座ラグナであるかどうかであった。



ラグナは26°40’で、出生時間を15分23秒進めると、天秤座ラグナである。



しかし、天秤座ラグナだと12室に惑星集中になってしまう。



それは主に海外で活躍しているような人物にしか考えにくい配置である。


ビヨンゼは米国生まれ、米国育ちで、米国内で主に活躍している。




今回、双子の第二子、第三子を出産した時、トランジットの土星は射手座で逆行中であり、6月21日から逆行で蠍座に戻る9日前であった。


9日前の場合、ほぼ蠍座に入室していたと考えることが出来る。


通常、トランジットの惑星は入室する2ヶ月から2ヶ月半前から、入室の効果を発揮し始めるが、これは逆行の場合も同じである。



従って、今回、子供を出産した時、土星は蠍座から5室にアスペクトし、木星は乙女座で5室の支配星にコンジャンクションし、5室にアスペクトしていた。


また木星は9室支配の金星にコンジャンクションしていたが、土星は蠍座に入室した後も射手座在住の効果が暫くは残存するため、射手座から9室の支配星にアスペクトしていた。


従って、5室と9室にダブルトランジットしている。



このように見てくると、ビヨンゼは乙女座ラグナで正しいと分かる。


因みにwikipediaによれば、ステージ上のビヨンゼのパフォーマンスと実際のビヨンゼは全くかけ離れており、そのギャップに驚く人々が多いと書いてある。


人物・私生活

(略)ビヨンセのワールドツアーにピアニストとして参加した唯一の日本人である辻利恵は、ビヨンセはメンバーそれぞれにソロパートを設けてくれるなど、バンド思いの人で、さらに裏表がない性格で、非常に優しい人物であると述べている。

ステージでのパフォーマンスのイメージと実際のビヨンセは大きくかけ離れ、そのギャップに驚く人々が多いという。ビヨンセ自身も、ステージ上での挑発的でグラマラスな人格を「サーシャ・フィアース」(もう一人の自分。サーシャという名は従姉妹のアンジーが名付けた)と呼び、現実の世界の自分はもっと傷つきやすい人間だと再三語っている。ステージ上で自分がまったくの別人に生まれ変わることに気づいたのは、少女時代に初めて出場した学校主催のタレント・ショーだったという。ステージに立つとビヨンセは無意識に「サーシャ」に変身し、ステージで何をしたのか後で覚えていないことも時々あり、高価なブレスレットを観客に向かって投げたことを覚えておらず、アシスタントのアンジーが慌ててそれを回収しに走らなければならなかったこともあったという。(略)

(wikipedia ビヨンゼより引用抜粋)


これは基本的にビヨンゼは乙女座ラグナで、乙女座に惑星集中もしているため、本来、律儀で、控えめな性格なのだと考えられる。


更にビヨンゼは、3室(踊り、パフォーマンス)と8室(変化、中断、突然)を支配する火星が11室で減衰しているが、パラシャラの例外則とニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


・3室の支配星が減衰している(パラシャラの例外則)
・8室の支配星が減衰している(パラシャラの例外則)
・減衰する火星が高揚する星座の支配星(土星)がラグナからケンドラに在住


3室は精神を表し、8室は突然の変化などを表すハウスであり、ラーフは幻想をもたらす惑星である。


従って、『ステージ上で自分がまったくの別人に生まれ変わる』というビヨンゼの性質はこの配置がもたらしていると考えられる。


『・・・ステージに立つとビヨンセは無意識に「サーシャ」に変身し、ステージで何をしたのか後で覚えていないことも時々あり、高価なブレスレットを観客に向かって投たことを覚えておらず・・・・』という状況は、かなり異常である。


Beyonce_photo

二重人格に近いものがあるが、ラーフは発狂や興奮状態をもたらす惑星であり、3室はヒーローイズムや精神的強さのハウスであり、このハウスの支配星にラーフが接合していることにより、ステージ上では勇ましい別人格になってしまうのである。


この3、8室支配の火星とラーフの絡みは、ナヴァムシャでも繰り返されている。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ボブ・ディランがノーベル文学賞の受け入れを表明

今朝のニュースによれば、ボブ・ディランが、スウェーデン・アカデミーに電話で連絡し、ノーベル文学賞を受け入れることを明らかにしたそうである。


ディランさん「受賞を受け入れます」と連絡
日本テレビ系(NNN) 10/29(土) 8:35配信

 今年のノーベル文学賞に決まったものの、その後、沈黙を続けていたボブ・ディランさんが、受賞を受け入れることを明らかにした。

 これはノーベル財団が28日に発表したもので、ディランさんは今週、スウェーデン・アカデミーに電話で連絡し、「もちろん受賞を受け入れます。大変光栄です」と伝えたという。

 ディランさんの受賞が決まったのは今月13日だったが、その後、本人と連絡が取れない状態が続いており、本人の発言が明らかになったのはこれが初めて。

 一方で、ノーベル財団は、12月にスウェーデンで行われる授賞式にディランさんが出席するかどうかはまだ決まっていないとしている。

 これに対しイギリスの新聞テレグラフは28日、ディランさんのインタビューを掲載し、授賞式出席について「もちろん。できることなら」と答えたと伝えている。


ボブ・ディランのチャートでは、8、11室支配の水星が8室で自室に在住している。


bobdylan_chart

現在、マハダシャー水星期に移行した直後のタイミングで、権威ある機関から受賞(11室:称号、高い評価)するタイミングであった。


また8室(依存、支配)に在住しているので、究極的にはあらがうことができないのである。


私は前回の10月15日付の記事で以下のような書いておいた。



(略)


然し、土星が来年の1月17日から射手座に入室するため、その2か月前から2か月半ぐらい前から土星が射手座に入室した効果を発揮し始める。

従って、11月の始めから11月17日ぐらいまでの間に11室へのダブルトランジットの効果が始まるものと思われる。

このタイミングで、ボブ・ディランもノーベル賞への受賞を受け入れて、大勢の人々からの祝福を受け入れて社交的になっていくものと思われる。


(略)


今の状況からすると、ボブディランは、ノーベル賞を受け入れる気がないか、受賞拒否すらするかのように見えるが、11月始めから徐々に変化して来ると思われる。

コメントもするようになり、受賞も受け入れるようになることだろう。




ボブ・ディラン ノーベル文学賞受賞について





これまでの経験で、2ヶ月から2か月半前に土星の射手座への入室の効果が始まって、そうすると土星が8、11室支配の水星にアスペクトし、木星が11室にトランジットしているので、11室(受賞、称号)にダブルトランジットが形成される。


11室は獲得、取得のハウスであるため、利益が得られるのであれば、まずそれを掴まないはずがないのである。


何故なら、11室は貪りのハウスと呼ばれているからである。



彼は反体制的な立ち位置で、現代社会に問題提起する歌を歌って来たため、本来、心情的にはそうした現在社会の秩序そのものであるスウェーデンのノーベル財団からの権威を受け入れたくはなかったのだろうと思われる。

ありがた迷惑というか、彼はアウトローで、自分のやりたいこと(歌を歌う)をしているだけで満足しているので、他人に何か評価されることなど、どうでもよかったのである。


然し、いつまでもそのように反発している訳にも行かず、受け入れることになったようである。


もらえるものはもらっておけというように気持ちが変わったのではないかと考えられる。


このようにボブ・ディランの11室の支配星は8室に在住していることで、苦悩も伴っている。


長いものに巻かれなければならないという苦痛である。


例えば、ボブディランが沈黙を続けていると、「傲慢だ」「無礼だ」と言って怒り出す人がいる。


王様が褒美を遣わすと言って、差し出されたものを受け取らないと今度は逆に王様は怒り出して、その人の地位や安全を脅かす。


だから王様が褒美を遣わすと言った時、それがありがた迷惑であっても受け入れるのが最も無難である。


またボブ・ディランの生き方によれば、ノーベル文学賞を受賞したことを伝えられたからといって、そうすんなり、ほいほいと浮かれて、受け入れる訳にはいかないのである。


彼のスタイルに反することであるし、彼は半分、世を捨てた隠者であり、お金とか名声とか世俗のものに執着していないのである。


但し、やはり人間であるので、ボブ・ディランに残っていた最後の世俗への執着が、ノーベル文学賞と賞金を掴ませたのだろう。



従って、今回、ボブディランがノーベル文学賞の受け入れを表明したことによって、逆に土星がいつ頃から射手座入室の効果を発揮し始めたのかが分かる。


1月17日から射手座に入室する為、10月28日に受け入れを表明したことになると、2ヶ月と19日前から土星は射手座入室の効果を発揮し始めたことになる。



間違いなく、ボブ・ディランは土星のトランジットの影響によって、態度を変えたのである。



実際、私自身、28日の深夜辺りに土星が射手座に入った場合に体験することになる経験の前触れのような感覚を味わったのである。


微妙な変化を体験したのであったが、これが射手座に土星が入った後の状況であると直感した。


従って、そうした経験からもボブ・ディランの今のタイミングでの受賞受け入れはよくわかるのである。




(参考資料)



沈黙続けるボブ・ディラン氏は「傲慢」ノーベル賞委員が非難
2016年10月22日 11:41 AFP BB NEWS 発信地:ストックホルム/スウェーデン

【10月22日 AFP】今年のノーベル文学賞(Nobel Prize in Literature)に選ばれた米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(Bob Dylan)氏(75)が受賞決定について沈黙を続けていることについて、同賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)の一員が21日、ディラン氏は傲慢(ごうまん)だと非難した。

 ディラン氏は、授賞を伝えるスウェーデン・アカデミーからの再三の電話に応じず、受賞決定に関して公の場でコメントもしていない。

 同国のテレビ局SVTによると、アカデミーの委員を務めるスウェーデン人の著名作家ペル・ワストベルイ(Per Wastberg)氏はこうしたディラン氏の態度について「無礼で傲慢だ」と述べた。

 ノーベル賞受賞者は例年12月10日にストックホルム(Stockholm)で行われる授賞式に招待され、カール16世グスタフ国王(King Carl XVI Gustaf)からメダルと賞状を授与され、晩さん会でスピーチを行うことになっている。
参照元:沈黙続けるボブ・ディラン氏は「傲慢」ノーベル賞委員が非難
2016年10月22日 11:41 AFP BB NEWS 発信地:ストックホルム/スウェーデン

ボブ・ディラン氏、ついに沈黙破る ノーベル賞受賞「素晴らしい」
2016年10月29日 06:30 発信地:ロンドン/英国

【10月29日 AFP】米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(Bob Dylan)氏(75)が、28日に英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)が掲載したインタビューの中で、今年のノーベル文学賞(Nobel Prize in Literature)受賞者に選ばれたことに初めて言及し、「素晴らしい」ことだと喜びを語った。

ディラン氏は同賞受賞について「信じられない」「素晴らしいことだ。こんなことを夢見る人がいるか?」と語り、12月10日にストックホルム(Stockholm)で行われる授賞式への出席の意向を問われると「もちろん、できることなら」と答えた。

 ディラン氏は今月13日に音楽家としては初となるノーベル文学賞の受賞決定が発表されたが、同賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)の委員を務める著名スウェーデン人作家ペル・ワストベルイ(Per Wastberg)氏はその1週間後、ディラン氏とまだ連絡がついていないことを明かし、「無礼で傲慢(ごうまん)だ」と非難していた。

 インタビューで、沈黙を貫いていた理由について問われたディラン氏は「今ここにいるだろう」と答えている。(c)AFP
参照元:ボブ・ディラン氏、ついに沈黙破る ノーベル賞受賞「素晴らしい」
2016年10月29日 06:30 発信地:ロンドン/英国










スポンサーリンク


スポンサーリンク

台湾女優リン・チーリンについて

今日付けのニュースで、台湾の美人女優リン・チーリンが「ビッチ」と罵られているとの記事が伝えられている。

リン・チーリンのようなモデル出身の完璧な美貌を売りにする女優は典型的な天秤座ラグナである。

見ただけで天秤座ラグナであると推測できるが、念のため、ダシャーとトランジットを検討した所、やはり天秤座ラグナで間違いないようである。

LinChiling_chart
記事によれば香港の歌手で俳優のエディソン・チャンという男から罵られているという。

リン・チーリンを天秤座ラグナに設定すると、現在、木星/土星期である。

おそらく土星から見た6室に惑星集中しているため、批判や攻撃を受けているのである。
トランジットの木星は8月12日から乙女座に入室するが、既に現時点で乙女座入室の効果を発揮しており、12室に入室したと考えることができる。

トランジットの土星は12室支配の水星に接合しているため、12室にダブルトランジットが生じている。
12室は7室(対人相手)から見た6室(意見の不一致、訴訟))である。

従って、対人関係と意見の不一致が口論が生じる時期である。

然し、リン・チーリンは現在、12室にダブルトランジットが生じているので、他人からの批判などに関わりを持たずに逃げ出したい心境なのである。

そのため、攻撃やめないエディソン・チャンを「告訴しない」と表明している。

なるべく相手と関わりたくないということである。

EdisonChen_photo1 エディソン・チャン

———————————————————————————————————————-
今度は中指立て写真が登場、リン・チーリンを「ビッチ」とののしったエディソン・チャン、攻撃やめず―中国
Record china配信日時:2016年7月29日(金) 10時20分

2016年7月28日、女優リン・チーリン(林志玲)を「ビッチ」とののしったことで世間に衝撃を与えたエディソン・チャン(陳冠希)だが、その後もネット上で攻撃を続けている。新浪が伝えた。

香港の歌手で俳優のエディソン・チャン(陳冠希)は27日、中国版ツイッター上にリン・チーリンの顔写真と英文メッセージを投稿。「このビッチは超醜い。まるでクソのような臭いがする」などと、非常に攻撃性の強い言葉を並べた。

これに対してリン・チーリン側は同日、エディソン・チャンと面識がないことを強調。また一部では、アカウント乗っ取りの疑いも報じられていた。しかし翌28日、エディソン・チャンのインスタグラムに死神写真と「時間が全てを証明してくれる」とのメッセージが登場。フェイスブックには数人の仲間と中指を立てる写真まで出現した。

エディソン・チャンのマネジャーは28日、「何もかも彼が中国版ツイッターに書いた。それ以上は言うことがない」と語っており、投稿がアカウント乗っ取りではなく、全て本人のものだと認める発言をしている。

リン・チーリンへの攻撃理由については、さまざまな臆測が流れている。中国のバラエティー新番組に出演しているリン・チーリンだが、エディソン・チャンの恋人である中国人モデルが同番組を降板させられたため、その腹いせだという説も。また、同番組に出演している人気モデルのスイハ(ハー・スイ/何穗)がエディソンの恋人と親友で、スイハとリン・チーリンの間で問題があったとも言われているが、真相は明らかになっていない。(翻訳・編集/Mathilda)
———————————————————————————————————————-
ビッチ騒動に揺れるリン・チーリン、攻撃やめないエディソン・チャンを「告訴しない」―台湾
2016年7月29日 11時30分 Record China

2016年7月28日、歌手で俳優のエディソン・チャン(陳冠希)に「ビッチ」とののしられた女優リン・チーリン(林志玲)が、現在のところ名誉棄損を理由に訴えるつもりがないことを語っている。聯合報が伝えた。

騒動が起こったのは27日のこと。エディソン・チャンが中国版ツイッターに、リン・チーリンの顔写真と英文メッセージを投稿。そこには、「このビッチは超醜い。まるでクソのような臭いがする」などと、非常に攻撃性の強い言葉が並んでいた。

同メッセージはネット上ですぐさま話題に火がついたが、エディソン・チャン側から説明や謝罪は一切なし。さらに28日にも、今度はインスタグラムやフェイスブックを使って攻撃を続けている。

リン・チーリン側は27日、エディソン・チャンと面識がないことを語っている。さらに28日、マネジャーが再びコメントを発表。「非常に大きな衝撃を受け、なぜなのか不思議に思っている」と今回の一件について語ったが、チーリン本人は寛容な態度で受け止め、現在のところ名誉棄損を理由にエディソン・チャンを訴えるつもりはないことを明らかにした。

今回の件については、リン・チーリンと番組で共演した中国人モデルのスイハ(ハー・スイ/何穗)との間にトラブルがあり、エディソン・チャンの恋人モデルがスイハと親友のため、話を聞いたエディソンが恋人のために立ち上がったとの説も。しかし28日、スイハのマネジャーが対応し、「撮影中は何もかも順調だった。スイハ自身は、このようなトラブルに巻き込まれて非常に困惑している」とコメントを発表している。(翻訳・編集/Mathilda)
———————————————————————————————————————–

因みにリン・チーリンは2005年7月8日に中国・大連でCM撮影中に落馬し、肋骨6本を折る重傷を負い、全治2ヶ月の診断を受けて入院したという。そして、半年間にわたって休業に入っている。

この時、2005年7月8日のトランジットを確認すると木星は12室の乙女座を通過中で、土星は蟹座から12室にアスペクトしている。

ラーフとケートゥは6室-12室の軸をトランジットしており、ラーフが6室(怪我)をトランジットしている。

Transit_20050708 ダシャーは、おそらくラーフ/水星期である。

ラーフはマラカの2室に在住し、水星は9、12室を支配してマラカの2室に在住している。

因みにこの落馬の事故は中国の大連で生じており、外国での撮影中の出来事である。

従って、9、12室支配の水星期に起こったと考えられる。

また12室の支配星の時期であるため、この落馬の後、入院して半年間に渡って休業することになっている。
ちょうど木星が12室にトランジットしている時期であるため、それは納得できるタイミングである。

因みにこの事故の時、木星と土星は山羊座にもダブルトランジットしていたが山羊座はラグナからみた4室でプライベートを表しており、月から見て9室であり、仕事を休んだ時期であると解釈できる。
LinChiling_chart
因みにそうした観点で考えると、現在、木星が乙女座に入室しようとしている現在はリン・チーリンにとっては仕事を休息して海外で過ごしたりする静養の時期である。

2016年7月20日付けの記事によれば、「今年後半は仕事をセーブし、私生活に費やす時間を多くする」と語っているようである。
———————————————————————————————————————-
最後の「売れ残り」になったリン・チーリン、お疲れ?今年後半は仕事をセーブ―台湾
Record china 配信日時:2016年7月20日(水) 21時40分
2016年7月19日、台湾の女優リン・チーリン(林志玲)が今年後半は仕事をセーブし、私生活に費やす時間を多くすると語っている。中国時報が伝えた。

台湾で「剰女(売れ残り女性)」のビッグ3と言われてきたのが、リン・チーリン、ルビー・リン(林心如)、スー・チー(舒淇)の3人。ところがスー・チーは香港の俳優で映画監督のスティーブン・フォン(馮徳倫)と交際中とされ、ルビー・リンはこのほど台湾の俳優ウォレス・フォ(霍建華)との結婚を発表。正真正銘の「剰女」はリン・チーリンのみとなり、ますます注目されることになった。

チーリンはこのほどインタビューに答え、今年後半は台湾の人気司会者ツァイ・カンヨン(蔡康永)が監督デビューする映画の撮影以外は仕事をセーブするとしている。「自分のルールに従ってゆっくりと歩くようにし、私生活の時間を増やして、もっと幸せを感じたい」と語っている。

遅咲きのブレークから走り続けてきただけに、42歳を迎えて私生活をより重視するようになったようだ。ルビー・リンとウォレス・フォの結婚を言い当てた有名占い師は、リン・チーリンが18年末までに結婚すると予言しており、今後いつ朗報が飛び出すのか期待されている。(翻訳・編集/Mathilda)
———————————————————————————————————————-
何故なら、木星は乙女座から山羊座にアスペクトし、土星もアスペクトするため、現在、ダブルトランジットが4室(プライベート)にも生じているのである。

従って、今年の後半は家に閉じこもって生活するということなのである。

月から見ると9室にもダブルトランジットしているため、仕事を静養して、海外旅行などをするような時期であると言える。
またダシャーは木星/土星期であり、木星から見ると土星はラグナロードで5室に在住し、ラグナから見ると、4、5室支配で9室に在住している。

従って、5室や9室の象意に溢れているため、学校に入学して学習をするなどしたいのだと思われる。

因みに5室支配の土星は9室(法則、法律)に在住し、木星からアスペクトされているため、法律関係の知識を得たいと思うかもしれない。

リン・チーリンは2011年ぐらいから私財を投じて慈善基金を設立し、自ら会長に就任し、児童福祉の活動を本格化させているため、おそらくその関係の事柄ではないかと考えられる。
この2011年はラーフ/月期である。

月は10室支配で8室で高揚して、9室支配の水星と相互アスペクトし、減衰するケートゥと接合し、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。

9室と10室の絡みは社会に対して奉仕する配置であり、慈善的な活動や教育活動、また広く社会に貢献する活動をするダルマカルマラージャヨーガである。

10室の支配星である月は牡牛座で高揚しているが、月は母性を表し、牡牛座は子育てや育児などのカリスマ主婦を表示する星座である。

従って、児童福祉の分野での活動をしている訳である。
ラーフから見ると月は9室支配で7室で高揚しており、9室との絡みが見られるため、この時期、福祉活動に取り組んだと考えられる。
月は8室で高揚しており、8室は相続、贈与のハウスである。
従って、この児童福祉の基金は、リン・チーリンの節税対策にもなり、困ったときに役立つように自らのエネルギーを蓄えておく貯金箱ともなる。

———————————————————————————————————————-
母の呉慈美が陳水扁の支援団体にあたる「水噹噹婦人後援会」の会長を務めており、さらに台大病院入院中に陳水扁夫人の見舞いを受けたことなどで、中国大陸のネットユーザーから民進党支持派と見做され、結果、“林志玲ボイコット、台湾独立派壊滅”をスローガンとした署名運動や、自身がキャンペーンガールとなった商品に対する不買運動が起こった。これが一部のマスコミにより大々的に報道され、さらに不買運動が拡がる結果を招いた。

(wikipedia リン・チーリン)
———————————————————————————————————————-

月は母親の表示体であり、8室で高揚していることから、おそらく母親に勧められたのではないかとも考えられる。

wikipediaによれば、母親は有力者で、母親の政治活動のため、自身がキャンペンガールとなった商品に対する不買運動が起こって、仕事の中断や停滞を招いている。

これが10室(仕事)の支配星が8室(中断)で高揚しているが、ラーフ/ケートゥ軸に傷つけられている表現である。

因みにリン・チーリンは最近、トランジットの土星が月から見て7室を通過し、蠍座に在住するDKの水星に接合しているため、結婚を意識する時期であった。
今年の6月23日付の記事によると、大手住設機器メーカー「和成欣業」の後継者で、実業家の邱士楷(チウ・シーカイ)氏に求婚されていたが、邱士楷氏が、家族の反対にあい、結婚につながらなかったと書かれている。
リン・チーリンの出生図を見ると、7室支配の火星がラグナに在住している。
これはパートナーの方から積極的に交際を迫ったり、求婚される配置である。
但し、ラグナから見ると、2-8の軸にラーフ/ケートゥが在住し、8室支配の金星にも絡んでおり、太陽が接合して、逆行する土星も8室に絡み、また8室の支配星にもアスペクトしている。
またラグナに在住する火星は8室にアスペクトしている。
従って、8室や8室の支配星にラーフ、ケートゥ、土星、火星、太陽など全ての凶星が絡んでいる。
月から見ても8室と8室の支配星に対して、土星がアスペクトしている。
また金星から見ても8室に土星が在住し、8室支配の水星がラーフ/ケートゥ軸と絡み、逆行の土星からアスペクトされている。
従って、8室が激しく傷ついている。
8室はパートナーの両親、兄弟などの親族関係を表し、またパートナーの財産や収入なども表すハウスである。

従って、8室が傷ついている場合、相手側の両親からよくしてもらったり、与えてもらう機会に恵まれないのである。
従って、リン・チーリンは、パートナーである富豪の御曹司が結婚を強く望んだものの相手の両親(家族)が反対して、結婚を断念することになった。
これは典型的なシングルウーマンの配置であり、結婚しないでキャリアに活きる女性のライフスタイルを表している。
7室支配の火星がラグナに在住して、7室にアスペクトバックしたり、月から見た7室に惑星集中しているため、多くの恋愛情事(multiple love affair)が常にあるのだが、それらが結婚には結びつきにくい配置である。
結婚の断念が伝えられた後、7月28日には別の相手との交際が噂されるなど、おそらく、交際相手には事欠かず、常に交際をする候補となる相手が複数いることを表している。

———————————————————————————————————————-
リン・チーリン、話題の富豪御曹司との結婚消えた?「芸能人」「アラフォー」が障害に―台湾
Record China 配信日時:2016年6月23日(木) 19時10分

2016年6月22日、台湾の女優リン・チーリン(林志玲)について、かつての交際相手の家族から結婚を却下されたと報じられている。中国時報が伝えた。

リン・チーリンは過去に、人気ユニットF4メンバーだったジェリー・イェン(言承旭)と恋人関係にあったことを認めている。さらにもう1人、チーリンの元恋人とされるのが、大手住設機器メーカー「和成欣業」の後継者で、実業家の邱士楷(チウ・シーカイ)氏だ。同氏とは約10年前に結婚目前という関係にあったが、リン・チーリンが芸能活動を最優先に考えていたことで破局。その後も連絡を取り合う仲だったが、再び結婚を望む邱士楷氏に対し、その家族が反対。断念せざるを得ないことになったという。

台湾の週刊誌では邱氏をよく知るビジネス界の関係者の談として、この話題を伝えている。リン・チーリンが芸能界という人間関係が複雑な環境に長年いること、さらに42歳という年齢から今後後継者を産み育てることに不安があるため、邱氏の両親らが強く反対したというものだ。

「台湾3大黄金剰女(売れ残り女性)」の1人に数えられるリン・チーリンだが、「仲間」のルビー・リン(林心如)はこのほど俳優と交際発表、スー・チー(舒淇)も長年にわたって香港の俳優・映画監督のスティーブン・フォン(馮徳倫)と交際疑惑が持たれている。このため、リン・チーリンの今後について世間も大きな関心を寄せている。(翻訳・編集/Mathilda)
————————————————————————————————————————
リン・チーリン、バラの花束を抱えた写真公開で憶測呼ぶ「ついに交際宣言?」―中国メディア
2016年07月28日 19時10分 Record China

2016年7月23日、台湾の女優リン・チーリン(林志玲)が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)にバラの花束を抱えた写真を投稿し、ファンの憶測を呼んでいる。騰訊娯楽が伝えた。

台湾の女優ルビー・リン(林心如)が今年5月、俳優ウォレス・フォ(霍建華)との交際を明らかにした後、二人で手をつなぎバラの花を握る写真を公開し、話題を呼んだ。

リン・チーリンは14年、中国メディアのインタビューで「理想的なお相手」について聞かれ、中国でリメークされた映画版「101回目のプロポーズ」で共演した俳優ホアン・ボー(黄渤)の名前を挙げている。ホアン・ボーが先日、テレビ番組に出演し、リン・チーリンについて触れたところ、リン・チーリンがすぐに今回の写真を公開したことから、ネット上では「バラの花束の送り主はホアン・ボーでは」「ついに交際宣言か」などの声が聞かれている。(翻訳・編集/柳川)
———————————————————————————————————————–
因みに交際のパターンとしては、相手が強く交際を望んで求婚してくるというのが一つのパターンとして存在する。

そして、月から見ると7室に惑星が集中しており、ラグナロードの金星も在住している。

然し、7室には7、12室支配の火星と1、6室支配の金星が星座交換している。

6室と7室の星座交換である。

この場合、交際は長続きせずに経営者が従業員を変えていくかのように次々と異なる相手と交際と別離を繰り返すといった恋愛スタイルとなるのである。

あるいは、交際する相手の方が格下となり、リン・チーリンと対等に交際することができずに自分から身を引いて去っていくことになる。

然し、その交際相手は去っていく前に多くの屈辱を経験し、リン・チーリンに恨みを抱えると思われる。

従って、6室と7室の星座交換は、パートナーとの関係において意見の不一致が起こりやすく、相手からの批判を受けたり、訴訟関係に発展しやすい配置である。

従って、リン・チーリンはかなり人から恨まれやすく、批判されやすいカルマを抱えている。

これは金星と火星の星座交換であるため、恋愛に関する激しい愛憎関係となることが予想される。

従って、歌手で俳優のエディソン・チャンという人物の激しい批判もおそらく過去にリン・チーリンが結んだ恋愛にも関わる激しい愛憎関係が原因ではないかと考えられる。

ペットのように扱われてポイ捨てされた過去の男たちが、リン・チーリンに恨みを抱えて、その蓄積された恨みが今、噴出しているのである。

過去の経歴を見てもリン・チーリンは、批判を受けたり、酷評されることが多いのもこうした配置のためではないかと思われる。

因みにリン・チーリンは2011年だけでも5億円の収入があったとされ、2004年から2011年までの間、台湾のモデル『年収番付』においてずっとトップに君臨していたという。

この金運はラグナロードの金星と2室支配の火星が1-2室で星座交換して、1-2のダナヨーガを形成すると共にラグナロードと9室の支配星、11室の支配星などが、2-8室の軸で、1-9、1-11、9-11、2-9、2-11のダナヨーガを形成しているからである。

リン・チーリンは、1997年頃からモデル業を初め、しばらく兼業で活動したのち、本格的な転身を行って2002年に専業デビューしたという。そして2004年にエステサロンのテレビコマーシャル出演を機に大ブレイクを迎えたという。

1997年はマハダシャーラーフ期に入ったばかりのラーフ/ラーフ期である。

従って、この時期からモデル業で事務所と契約し、出来高で収入を得ているのである。

大ブレイクを果たした2004年はラーフ/水星期である。

アンタル水星期にブレイクしたのは、水星がラージャヨーガを形成する2-8の軸に含まれているからである。
水星は9室の支配星で、10室支配の月、ラグナロードの金星、11室支配の太陽との間にラージャヨーガ、ダナヨーガを形成している。

また水星は月から見ても5室の支配星である。

因みに2005年7月に落馬して、肋骨6本を折る大怪我をしており、その時期もラーフ/水星期であった。

ちょうどブレイクし始めた時期でもあるが、怪我や入院をしているため、水星は6室や12室に絡まなければならないと考えられる。

従って、ナヴァムシャのラグナを水瓶座に設定した。

LinChiling_D9_chart ナヴァムシャのラグナを水瓶座に設定すると、水星は5、8室支配で6室に在住して12室にアスペクトし、6室支配で12室に在住する月と相互アスペクトしている。

従って、怪我と入院に関係していると考えることができる。

またこの時間に設定すると、リン・チーリンは結婚を意識する時期である。

何故なら、木星はナヴァムシャのラグナに在住しているからである。

木星は結婚生活を表す2室の支配星であり、ラグナに在住して、7室にアスペクトしている。

然し、出生図ではラグナから見て3、6室支配、月から見て8、11室支配であり、機能的凶星化している。

従って、木星期はリン・チーリンにとってはよいとは言えない時期である。

トリコーナやケンドラの支配星と絡むラーフ期はラージャヨーガを形成して、最もよい時期であった。

2007年3月から中国河北省で撮影開始し、翌2008年7月から公開されたジョン・ウー監督の『レッドクリフ』では、ヒロイン役を務めて、話題となったが、その時期は、ラーフ/金星期である。

ラーフ/金星期はデビューの時期であり、その後の躍進につながるような最初の時期であった。

そうしたマハダシャーラーフ期の最もよい時期も終わり、現在、彼女はマハダシャー木星期である。

木星期になったのは、2013年3月辺りである。

wikipediaを見ると、2013年以降の彼女の活躍が伝えられていない。

従って、wikipediaに掲載するほどの活躍を示していないということである。

因みにリン・チーリンは、外国語が得意なようである。

wikipediaには以下のように記されており、数カ国語を話すバイリンガルである。

————————————————————————————————————————
2000年に日本へ短期留学(3ヶ月間)し東京渋谷の語学学校で日本語を学習[70]。台湾語、標準中国語、英語、広東語、および日本語を解する。NHK「英語でしゃべらナイト」出演時にNHKアナウンサーとのインタビューにて流暢な英語と簡単な日本語を披露したほか、2010年にはテレビドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』や民放番組のインタビューでほぼ日本語での応対を披露している。

(wikipedia リン・チーリン)
————————————————————————————————————————

これはナヴァムシャでラグナから見て5室にケートゥが在住しているからではないかと考えられる。

従って、ナヴァムシャのラグナが水瓶座であるという理由を後押しするものである。

リン・チーリンは現在、土星がDKの水星の上を通過し、交際をし、結婚を意識した時期であったが、結婚には至らなかった。

然し、少なくとも結婚を考えるような相手と出会う時期であった。

LinChiling_photo1















スポンサーリンク


スポンサーリンク

石田純一の都知事選出馬断念について

都知事選への立候補の意向を示していた石田純一が、出馬を断念したとニュースが報じている。

———————————————————————————————————————-
東京都知事選 石田純一氏が出馬断念「いろいろとお騒がせしました」 理由は…「メディアのルールやおきて」
産経新聞 7月11日(月)18時11分配信

舛添要一前東京都知事の辞職に伴う知事選(14日告示、31日投開票)をめぐり、野党統一候補という条件での出馬の意向を示していた俳優の石田純一氏(62)が11日午後、東京都港区のホテルで記者会見し、「かねてより都知事選への意欲を示して参りましたが、正式に断念します。いろいろとお騒がせしました」として、断念する意向を表明した。

会見で石田氏は「きょうの午後12時ごろに決断した」と説明。断念した理由については「メディアのルールというか、おきてがありまして、不偏不党、中立、公平という立場に立って番組を差し替えたり、待っていただいたり、その部分のタイムリミットが11日でした」と明らかにした。

今月8日の記者会見で、石田氏は「野党統一候補であるならば、ぜひ出させていただきたい」と述べる一方で、「統一候補でなければ嫌だではなく、必要なんじゃないかと。他の方が出たら応援させていただきたい」と話していた。

都知事選をめぐっては、小池百合子元防衛相、増田寛也元総務相、宇都宮健児元日本弁護士連合会会長らが出馬への意欲を示している。
———————————————————————————————————————-

石田純一が、何故、今のタイミングで都知事選への立候補をして世間から注目されたかと言えば、木星がまもなく乙女座に入室するからである。

その結果、山羊座と牡牛座に木星と土星のダブルトランジットが形成される。
そうすると、石田純一の月は牡羊座で正しいのではないかと考えられる。

IshidaJunichi_chart
チャンドララグナが牡羊座であれば10室(仕事、大舞台)にダブルトランジットが形成されるからである。
また2室(スピーチ)には9室(慈善、奉仕)支配の木星が在住することになるが、その2室にもダブルトランジットが生じる。
従って、今、メディアによってその挙動が全国民から注目されており、そして、何か社会的に慈善的な教育的な内容のスピーチをしていた訳である。

つまり、都知事に立候補するにあたっての理念、子育てが安心してできる社会といった理想を語っていた訳である。
少なくとも月が牡羊座になければ今の木星が乙女座に入室していくタイミングで世間から注目を浴びるということはなかったはずである。
従って、月は牡羊座で確定ではないかと考えられる。
因みに月は出生時間が15:48:08以降だと、牡牛座に移動してしまう。
従って、出生時間は00:00:01~15:48:08までの間ということになる。
出生図を00:00:01で作成すると、ラグナが乙女座になるため、ラグナの取り得る範囲は、乙女座~双子座までの間ということになる。

この認識から出発して、石田純一のラグナを検討していたが、今の所、特定できていない。
過去の事象を検討しても複数のラグナで説明できてしまうような場合が多く、難しい印象である。

然し、過去の出来事とダシャーバランスを検討した結果、以下のことが分かる。
例えば、石田純一は、父親が元NHKアナウンサーの石田武氏で、4歳までアメリカ・ワシントンで育ったという。
ダシャーバランスを検討すると、ちょうどこの時期がマハダシャー太陽期に該当する。
そして、wikipediaを確認すると、早稲田大学商学部に進学し、作家で活動家・星川淳の妹の星川まりと1970年代に知り合って学生結婚したと書かれている。
1970年代はマハダシャー火星期である。
火星はチャンドララグナから見るとラグナの支配星(7室から見た7室)であり、月から見て7室に在住している。
そして、石田純一は、大学在学中に演出家となることを考えてアメリカへ留学したが、その留学期間中に離婚してしまう。
そして、1978年に大学を中退して、「演劇集団 円」の演劇研究所研究生となっている。
この演劇研究所の研修生になったタイミングが、マハダシャーラーフ期に入ったばかりのラーフ/ラーフ期である。
ラーフは月から見て10室に在住し、仕事をして、社会に出ていくタイミングである。
ラーフ期は出生時間が12:00で作成したチャートだと、1976年~1994年頃であり、ちょうどマハダシャーラーフ期にキャリア上の上昇があったことが分かる。

—————————————————————————————
1979年 NHKドラマ『あめりか物語』(日系三世のタイ人の店員役)で正式にデビュー
1984年 昼ドラ「夢追い旅行」で準主役で出演
1985年から1989年にかけて放送されたクイズ番組『TVプレイバック』にレギュラー解答者に抜擢

※そのルックスと萩本欽一やザ・ドリフターズのメンバーにも臆することのない軽快な話術が受け、知名度が上がる

1988年にドラマ『抱きしめたい!』に出演

※以後、多くの「トレンディドラマ」に出演し、バブル期を代表する俳優として活躍

(wikipedia 石田純一より引用抜粋)
—————————————————————————————
そして、1988年に女優の松原千明と再婚し、1990年7月には女児に恵まれている。

この頃はちょうどドラマ『抱きしめたい!』に出演して、人気が出ていた時期であるが、ラーフ/金星期辺りである。
ラーフ/金星期は結婚をもたらすタイミングである。
然し、1991年10月に最初の妻との間に儲けた隠し子(いしだ壱成)が『女性セブン』にスクープされ、「隠し子」の存在が明らかになっている。
この時期は12:00で作成したチャートによれば、この時期は、ラーフ/太陽期辺りであるが、それまでのダシャーバランスが、12:00で作成したチャートで説明が出来ている。
太陽は5室支配で10室に在住し、ラーフと接合している。
因みに石田純一は、3人の子供をもうけており、子沢山である。

最初の子は、星川淳の妹、星川まりとの子、いしだ壱成で、2番目の子は、松原千明との子、松原すみれ(モデルとしてデビュー)、3人目は、プロゴルファー東尾理子との子(男児、女児)である。
従って、4人の子供とも別のパートナーとの間に生まれた子供である。
まず、5室の支配星にラーフが絡むと、ラーフは飽くなき欲望、過剰という象意があるため、多くの子供を持つのである。

然し、ラーフが5室の支配星に絡む場合、通常の子供とは別の意味合いが生じてくるのである。
つまり、別の女性との間に生まれた腹違いの子という象意が5室の支配星が、ラーフと絡むことによって生じたと考えられる。

そして、1996年10月に石田純一は、長谷川理恵との不倫が『フォーカス』のスクープを発端にマスコミから追及されている。
この時に川島なお美から聞いたという『不倫は文化』という発言が繰り返し報じられている。
そして、「不倫バッシング」によって、これ以降、一転して不遇の人生に転落したとされている。

ちょうどこの1996年10月は、マハダシャー木星期に移行した後のセカンドアンタルダシャーの木星/土星期である。
木星をラグナとすると、6室に火星、土星が在住し、8室に金星、水星が在住し、ラグナロードで、6室支配の金星が、8、11室支配の木星と1室-8室で星座交換している。
つまり、この時期に石田純一が不遇であったというのは、木星をラグナとすると明らかである。

1室-8室の星座交換は、相手にのめり込み、振り回されることを表しており、最終的に石田純一は、長谷川理恵に振られる形で、関係が終わっている。
この時期のことを振り返ると、確かに石田純一は、ワイドショーで、長谷川理恵との関係のことばかり質問され、仕事よりもワイショーで取り上げられることの方が多い印象であった。
石田純一にとって、マハダシャー木星期はよくない時期である。

そして、2009年にプロゴルファーの東尾理子と3度目の結婚をしているが、この頃がおそらくちょうどマハダシャー木星期の最後のタイミングであり、木星/ラーフ期辺りではないかと考えられる。
そして、その直後からマハダシャー土星期に移行している。
土星期に移行すると、土星は月から見て10、11室支配でラグナロードの火星と天秤座に在住して高揚し、1-10、1-11室のラージャヨーガを形成している。
因みにこの土星期になってからの2015年9月17日に石田純一は、国会議事堂前で行われた平和安全法制関連法案に反対する抗議活動に参加し、平和を訴えている。
このようにリベラルな政治活動に身を投じているのは、おそらく平和を愛好する天秤座で高揚する土星期だからである。
そして、今回、その延長線上として、都知事選への立候補についての発言となったのである。

 

但し、何故、今回、出馬断念につながったかと言えば、まず月から見た10室にはダブルトランジットが形成されていると言えるが、元々出生図では10室支配の土星に8室支配の火星が接合し、10室にアスペクトしている。

従って、元々、石田純一の10室(行為)は物事の中断(8室)の象意を持っているということである。
そして、石田純一のマハダシャーロードである土星は10室の支配星であるが8室をトランジットしている。
ダシャーロードのトランジットが重要であるが、そのダシャーロードの土星が8室をトランジットしている。

これは仕事の中断を表している。
従って、石田純一が都知事選への立候補を検討していることを発表するや否や、スポンサー各社が猛反発して、CMの打ち切りや違約金の請求や損害賠償の請求が始まったのである。

従って、そうした意味で断念せざるを得なかったのだと思われる。
またこうした傾向は、既に2015年9月17日夜に国会議事堂前で行われた平和安全法制関連法案に対する抗議活動に参加した際に既に始まっていたようである。

トランジットの土星は2014年11月頃から既に蠍座に入室しており、こうした動きが始まっていたと言える。
そして、木星が乙女座に入室すると、月から見た12室にアスペクトし、土星は12室支配の木星にアスペクトしているため、12室にダブルトランジットが生じている。
従って、今現在、CMスポンサーからの違約金の請求などが始まって莫大な損失(12室)がもたらされたということである。
このように主に10室と12室へのダブルトランジットが確認でき、また10室や10室の支配星には8室の支配星が絡んでおり、また現在、10室支配の土星が8室をトランジットしている。

 

因みに石田純一は、チャンドララグナだけでなく、出生図のラグナも牡羊座に設定すると、過去の出来事が説明できることが多いため、現在、検討中である。

天王星が牡羊座に入室してから、例えば、牡羊座に月が在住している小池百合子もそうだが、牡羊座に月を持つ、石田純一にしても、何か自分の力で政治を変えたい、世直ししたいという願いを強く持ったようである。

そして、実際に実行に移したようである。
これは改革、革新を表す天王星が牡羊座に入室したためである。
そして、天王星が牡羊座に入室すると、ヒトラーやムッソリーニが天王星が牡羊座に入室した1930年代に台頭してきたように国家社会主義の台頭、カリスマ的リーダーの登場が予見されると前に書いたが、小池ゆり子や石田純一の立候補といった現象もこれに該当すると考えられる。

石田純一にしても戦争反対を唱える左翼的活動家の支持を背景に都知事選への立候補を検討したのである。
これは、大衆の支持を背景にして、独裁者、カリスマ的指導者が登場する形式と同じである。
安倍政権は、この石田純一の立候補をかなり警戒していたようである。
然し、安倍晋三は蟹座ラグナであり、行為の10室が牡羊座に当たるため、10室に天王星が在住したということは、

安倍晋三自身が、こうした独裁者の台頭に該当する訳である。
何か国家社会主義的な政策を打ち出してくるのは、間違いないのであり、憲法改正論議が活発化することが予想される。
何故なら、ヒトラーが台頭した時も次々と政府の権限や自身の権限を強化して、独裁的な体制を築いていったからである。
大衆の支持を背景にそうしたことを合法的に行う訳である。

従って、参議選の結果は、自民党が大勝した訳であるが、それは、安倍晋三に憲法改正への道が開かれたと言える。
つまり、日本という国家は、伝統的に国家社会主義的な国である。
天王星の牡羊座への入室は、そうした意味で、保守である自民党を活気づけたということができる。

然し、上述したように左翼的な勢力も今回、石田純一に期待したようにカリスマ的リーダーにその役割や仕事を期待していくことが考えられる。
いずれにしても、天王星が牡羊座に入室するということは、個人主義、独裁者、カリスマ的指導者といったものの到来をもたらすのである。

それには右も左も関係ない。
つまり、社会はカリスマ的リーダー同士の激突となるのである。

今回、石田純一が、都知事選へ立候補したため、出生図のラグナを検討していたが、まだラグナを特定するには至っていない。

然し、チャンドララグナはおそらく牡羊座であり、牡羊座をラグナとすると、現在、社会的に注目されたが、立候補を断念した理由が見えてくる。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

薬師丸ひろ子について

薬師丸ひろ子がNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』への出演などに続き、最近、注目を集めている。

——————————————————————————————————
薬師丸ひろ子&小泉今日子、『あまちゃん』コンビが姉妹役で共演
2015-11-09 19:47 ORYCON STYLE

女優の薬師丸ひろ子と小泉今日子が、NHKの新春スペシャルドラマ『富士ファミリー』(1月2日 後9:00)で姉妹役を演じることが9日、わかった。

富士山のふもとにあるコンビニとは名ばかりの時代遅れの店「富士ファミリー」を舞台に、近所でも評判の三姉妹と、彼女たちを取り巻く面々のちょっと変わった大家族を描く物語。薬師丸はしっかり者の長女・鷹子、小泉は奔放な次女・ナスミ、そしてとにかく要領が良い三女・月美はミムラが演じる。

脚本は日本テレビ系ドラマ『Q10』や『野ブタ。をプロデュース』などで知られる木皿泉氏が執筆し、演出は薬師丸と小泉が共演した『あまちゃん』などを手がけた吉田輝幸氏が担当する。

『あまちゃん』では、女優の鈴鹿ひろ美を薬師丸が演じ、歌が下手な鈴鹿の吹き替えを担当した影武者の天野春子を小泉が熱演。さらに、春子に憧れる駅員の大吉(杉本哲太)と最終的に結婚した安部小百合を演じた片桐はいりも、本作に出演する。3人の再共演が実現するとあって、『あまちゃん』ファンにとって見逃せない作品となりそうだ。
——————————————————————————————————–

『セーラー服と機関銃 』のリメイク『セーラー服と機関銃 -卒業-』が最近、公開され、以前の作品と比較されるといった機会も出てきているようである。

YakushimaruHiroko_chart
このように注目されている理由は、薬師丸ひろ子は蠍座ラグナであり、10室に木星とラーフがトランジットし、土星もアスペクトして、10室にダブルトランジットが生じているからである。

因みに薬師丸ひろ子のチャートではラーフが8室に在住している。

然し、このラーフ期に『セーラー服と機関銃 』が公開されて、空前の大人を記録しているのである。

通常、8室に在住しているラーフ期はまず良い時期には思えない。

通常なら悪い時期と考えることになる。

但し、薬師丸ひろ子のラーフは金星とコンジャンクションして、ディスポジターの水星は金星と星座交換して、ラージャヨーガを形成しているのである。

従って、この時期にブレイクすることになったのである。

続きを読む















スポンサーリンク


スポンサーリンク

五輪エンブレム盗作疑惑・佐野研二郎氏について

2020年東京五輪のエンブレムの盗作疑惑の渦中にある佐野研二郎氏のチャートが面白いと知人から連絡があった。おそらくラグナは獅子座ではないかということである。

佐野研二郎氏の出生データは、1972年7月29日 時間不明 東京である。

結婚した時期、子供が誕生した時期など何も情報がないため、ラグナの特定は難しいが、00:00:01で作成しても23:59:59で作成しても月は水瓶座に在住している。

従って、出生時間を12:00でチャートを作成し、チャンドララグナで検証することができる。

SanoKenjiro_chart
チャンドララグナから見ると5室に4、9室支配のヨーガカラカの金星が在住してラージャヨーガを形成し、対向に2、11室支配で11室でムーラトリコーナの強い木星が在住して、5-11室の軸で、2-9、2-11、5-9、9-11のダナヨーガを形成している。

11室が強いため、社会的成功、社会的評価、社会的肩書きに恵まれる配置をしている。

例えば、wikipediaに佐野氏の経歴が掲載されているが、博報堂に入社した後、2014年4月に多摩美術大学・美術学部統合デザイン学科教授に就任し、東京アートディレクターズクラブ (東京ADC)・日本グラフィックデザイナー協会 (JAGDA) 会員・毎日デザイン賞審査員を受賞している。

また国際審査員として活躍している。

2004年ニューヨークADC2004国際審査員。
2005年TIMES ASIA ADVERTISING FESTIVAL(台湾)国際審査員。
2009年ニューヨークフェスティバル 国際審査員。

このような華麗な経歴は、月から11室射手座に木星がムーラトリコーナで在住し、金星と相互にアスペクトしていることがもたらしたと考えることができる。
4、9室支配の金星が5室に在住しており、デザインの才能を表している。

そして、対向の11室の強い木星と相互アスペクトしていることから、そのデザインの才能を駆使して、作品を創造し、高い評価を受けて、成功することを表している。

ここまでは非常に成功するチャートをよく物語っている。

然し、その華麗な5-11室の軸と対照的なのが、5室の支配星である水星の状態である。
水星は5、8室支配で6室に在住し、3、10室支配の火星、7室支配の太陽、ケートゥと接合し、ラグナロードで12室支配の土星からアスペクトされている。

つまり、5室の支配星が6室に在住して傷つき、更に12室支配の土星や3室支配の火星、太陽やケートゥから激しく傷つけられている。

5室の支配星に土星、火星、太陽、ラーフ-ケートゥ軸などが絡んでおり、12室の支配星や3室の支配星が絡み、更に6室と8室の絡みも見られる。
従って、創造性やアイデアを表す5室が非常に傷ついている。

5室の支配星が6室に在住するとは何を表しているかといえば、創造性やオリジナル性を軽視し、見下しているという姿勢である。

誰かのアイデアを借用し、それを適当に組み替えて加工し、新しい自分のアイデアとして作り変える。

その程度が度を過ぎていたために彼は盗用の誹りを免れず、多くの人から批判(6室)を受けている。
また五輪のエンブレムが、ベルギーのリエージュ劇場のロゴに酷似しているとしてデザイナーのオリビエ・ドビ氏に訴訟を起こされている。

————————————————————————————————————————
佐野氏デザイン問題に押し寄せる波 「使用差し止め」訴訟、「法的手段」言及…
2015/8/16 14:35 J-CASTニュース

佐野研二郎氏(43)をめぐる模倣騒動は、ついに訴訟まで発展した。以前から疑惑が出ていた東京五輪エンブレムに続き、サントリーのトートバッグデザインも「元ネタ」とされるデザイナーが法的手段に言及したと報じられたのだ。

トートバッグについては、佐野氏の事務所が「(スタッフが)第三者のデザインをトレースしていた」と発表。一連の騒動を謝罪したが、幕引きまではほど遠いようだ。
ベルギーのリエージュ劇場などが提訴

五輪エンブレムについては2015年8月14日、デザインの盗用を主張するベルギーのリエージュ劇場と、デザイナーのオリビエ・ドビ氏が、国際オリンピック委員会(IOC)へ使用差し止めを求めて地元裁判所に提訴した。IOCや佐野氏はエンブレムのオリジナル性を主張していて、ドビ氏や劇場と真っ向から対決する格好だ。

トートバッグ問題も尾を引いている。サントリーは13日、佐野氏の申し出により8つのデザインを取り下げると発表。続く14日深夜には、佐野氏の事務所が発注先デザイナーによる盗用を認める一方、あくまで「アートディレクターとしての管理不行き届き」として、個人応募の五輪エンブレムとは「制作過程を含めて全く異なる」と発表した。

盗用されたデザイナーは、どう反応しているのか。民放テレビ各局は14日までに、米カリフォルニア州のジェフ・マクフェトリッジ氏を取材。特徴的な「泳ぐ女性」のイラストで知られるマクフェトリッジ氏は、トートバッグのデザインを見て「トレースされたように見えるね」(フジテレビ)、「責任は従業員でなく、すべて彼にある」(テレビ朝日)などとしたが、「デザイン業界では、他人の影響を受けながら作品を作っている」(日本テレビ)こともあり、法的手段には出ないと語った。
————————————————————————————————————————

因みに佐野研二郎氏は、00:00:01でチャートを作成すると、渦中の今は、マハダシャーが土星期の終わりであり、23:59:59で作成すると、現在、水星期の終わりである。

従って、佐野研二郎氏は、現在、マハダシャー水星期である可能性が高いが、水星は月からみて5室支配で6室(批判、訴訟)に在住して傷ついているため、マハダシャーの水星期に多くの人から作品(5室)について批判を受け、訴訟を起こされたことは明らかである。

そして、マハダシャー水星期の結果が出るのは、マハダシャー水星期のセカンドアンタルダシャーの水星/ケートゥ期からであるため、現在、水星/水星期から水星/ケートゥ期に移行する直前の可能性がある。

SanoKenjiro_chart
5室支配で6室に在住して傷ついている水星の解釈であるが、彼のデザインの仕事はインターネットから多くの素材を借用して来て、それらを切り貼りして苦心の末、作り上げたやっつけ仕事であるということである。

それは才能が自然に発露し喜びのうちに創作されたといった祝福された作品ではなく、激しい奮闘(struggle)、労働、作業によって、苦労して強引に作り上げた作品である。

盗作疑惑の対象となっている作品群を見ると、確かに酷似しており、もっとも大切な独創的なアイデアというものが病気や障害(6室)に陥っている状態である。

それは独創的であることについてのプライド、誇りが感じられず、才能がないことの悲しみに満ちている。

然し、それでもそのようにして作品を作らなければならないのが、彼の定めなのである。

また従業員やスタッフに任せて作らせたことも物語っている。何故なら6室は従業員や部下を表すハウスだからである。

作品を作る喜びといったものがなく、それは作業や労働なのであり、使役(6室)によって生み出させた作品なのである。
通常、6室は泥棒のハウスであり、盗みを経験する人は傷ついた6室の支配星、または在住星の時期である。

泥棒行為とは自分たちが盗まれたものに対して抗議し、取り戻そうとする卑屈な行為である。

従って、泥棒に入られる人は自分自身に盗んだ罪があることが想定される。
デザインの盗用を主張するベルギーのリエージュ劇場と、デザイナーのオリビエ・ドビ氏の提訴は、アイデアを盗用されたことについて批判し、失ったものを取り戻そうとする行為である。
因みに獅子座ラグナに設定すると、この水星は12室に在住しており、海外から提訴されたことを物語っている。

水星は11室の支配星であるが、11室は6室からみた6室目のハウスであり、最も強力なトリシャダヤハウスを支配する機能的凶星である。

従って、海外から競争心に燃えた貪欲な同業者から訴訟を受けたのである。

そこには自分たちのアイデアからは1円も利益を得させないという貪欲さや、競争心も垣間見えるのである。

また3、10室支配の金星が11室に在住し、木星からアスペクトされていることは大学で多摩美術大学・美術学部統合デザイン学科教授として、教職についていることを物語る配置である。

そして、10室支配の金星が11室に在住し、5室支配の木星と相互アスペクトしているので、東京アートディレクターズクラブ (東京ADC)・日本グラフィックデザイナー協会 (JAGDA) 会員・毎日デザイン賞審査員を受賞といった社交クラブ活動(11室)や受賞歴(11室)があるのである。

マハダシャー水星期が形成する配置の結果は、水星期のセカンドアンタルダシャーがもたらすため、水星/ケートゥ期に彼は、評価(12室)や収入(12室)を失い隠遁生活に入るのである。

水星は2、11室支配で12室に在住して、凶星から傷つけられている。

この配置は、彼が海外で評価を落としたことを表している。
また6、7室支配の土星が10室に在住しているが、これは10室の土星はキャリア上の中断を表している。

土星は8室の表示体であるため、悪名を轟かすことも表している。

佐野氏の妻が佐野氏の盗作疑惑についてのマスコミのインタビューに対応して、合わせて批判の対象になっているのは、この6、7室支配で10室に在住する土星に対して、トランジットの土星が蠍座からアスペクトしている為である。
因みに私は、この佐野氏の月からみて5室支配で6室蟹座に在住して多くの凶星から傷つけられている水星について関心が集中している。

この水星は蟹座に在住しているが、蟹座は大衆を表す星座である。

wikipediaによれば、以下のように書いてある。

————————————————————————————————————————————–
佐野の会社の「MR_DESIGN」という社名はミスタードーナツからつけたとされ、仕事ぶりについては「デザイン界の牛角」を自称していた。
————————————————————————————————————————————–

つまり、佐野氏は、自分自身のデザイナーとしての仕事が、大衆食堂的であり、その作品は、様々な素材を切り貼りして気楽に作るというポップカルチャー・スタイルであるということを自認しているのである。

自分の会社の社名をミスタードーナツから付けたことを恥じることなく、また自ら大衆食堂であることを認めている。

ポップカルチャーということで、思い出せるのは、アンディー・ウォーホルのような既存の人物画や写真を加工して作った作品である。

popculture_style
つまり、既存のアイデアの転用、加工である。

佐野氏の作品とは、もともとそのような感性で、ネット上にある様々な素材を切り貼りして、奮闘(struggle)の末に作られた作品である。

それらは大量消費社会、市場原理主義社会の中で、最も効率よく、作品を生み出すという姿勢の成れの果ての姿である。

もともと風の星座の特技とは、既存のアイデアや概念、情報を組み替えたり、再組織して、加工する能力である。

従って、全く無から有を生み出すような火の星座が持つ能力は持っていない。

5室は才能を表すが、弟子や生徒も表している。

その5室の支配星が6室に在住しているということは、彼の弟子や教え子は皆、彼の従業員として、創造性に欠けた仕事、つまり作業のようなことをしていたと思われる。

実際に「東京大学物語」「まじかるタルルート」で有名な漫画家の江川達也氏は、佐野氏の事務所について以下のように酷評している。

——————————————————————————————————————————–
[江川達也]佐野研二郎氏の事務所は「クリエイトする空気」ではなく「コピペする空気」が漂っている
メディアゴン 8月31日(月)7時20分配信

佐野研二郎さんの事務所のセンス。

ネット記事で見ただけで、信頼性はわからんが、好みから言えば、この事務所のデザインはセンスがないと感じる。

「つまらんデザイン」だ。

才能のない人の仕事場だと感じる。無能な空気が漂う。自分なら金があってもこんな事務所なんか作らない。

こういうのがオシャレならば、俺はオシャレが大嫌いだ。デザインを作ってる空気を感じない。こういう部屋では、ものづくりがしにくい。

むしろ、「Mr.Copy&Past」という会社名だと、この事務所のデザインにしっくりくる。クリエイトする空気じゃなく、コピペする空気にはピッタリはまる。どんなものでもコピーできる無個性な空間だ。

自分の色は一切出さず、自分の創造性はカケラも出さず、何でも、注文どおり、探して、コピー、ペイストする無個性な無人格な無味乾燥した、どんな色にも染まる白い部屋。

そういう仕事ははかどるだろう。

自分の色が出た瞬間、クリエイティブが出た瞬間、使いにくい人になって仕事が来なくなるのに怯える空気を感じる仕事場だ。
(筆者個人の感想なので普遍性があるかどうかはわかりませんが)
——————————————————————————————————————————–

上記の記事のように佐野研二郎氏のオフィスが無機質であり、スタッフが自分の創造性や自分の個性は出しにくい環境であると、江川達也が酷評している。

sano_office
ここで働いているスタッフは、おそらく水瓶座が支配してる蟹座であるという図柄が見えてくるのである。

水瓶座というのは蟹取り網である。水瓶座から見て6室目は蟹座であり、蟹座から見ると8室目が水瓶座に該当する。

従って、水瓶座は蟹を従業員や部下として支配する星座である。

そうした蟹座に象徴される普通の人々を使って、デザインの作業をやらせているというのが、この水瓶座空間なのである。

水瓶座は共産主義を表す星座であり、大衆を支配して個性を出させないことを特徴とする。

普通の平凡な人々が水瓶座の管理者に対して、労働として作業をする空間なのである。

何故、このように感じるかといえば、私自身も普通の平凡な人々(蟹座)として、水瓶座空間で作業をしたことがあるからである。

そこでは個性を出すことはできないし、個性を出せる程の実力のある人はいないのである。そこには人の模倣をするぐらいの能力のある人々しか存在しない。

現在、水瓶座から見た10室に土星がトランジットして、7月14日までは木星も蟹座からアスペクトして、月からみた10室の蠍座にダブルトランジットが生じていたが、

木星が獅子座に移動して、蠍座へアスペクトしなくなったタイミングで、彼の社会的地位や仕事に重圧や中断が生じたということである。

このように見て来て、彼のデザイナーとしてのキャリアにおいて今回、初めてこのように批判を受ける事態が生じていることを考えると、彼はつい最近、マハダシャー水星期に移行したことが考えられ、そうすると、ダシャーバランスとしては、水星/水星から水星/ケートゥに移行するかしないかの段階にいることが考えられる。

その観点で、ラグナを修正すると、獅子座ラグナで正しそうである。

因みに佐野研二郎氏は、通常は、博報堂などが受注したクライアントの仕事を下請けで行なう裏方の人であったのである。

それはラグナロードの太陽が12室に在住して火星、ケートゥ、水星と接合していることが象徴している。

彼がスタッフを抱える事務所は、彼が隠遁する場所であり、彼の隠れ家である。またこの配置は彼が頻繁に海外で活動して来たことを表していると考えられる。

彼はマハダシャー水星期に入る前は、マハダシャー土星期であり、土星から見ると8,11室支配の木星が8室でムーラトリコーナの座にある。

従って、博報堂時代のコネを使って、主に博報堂の下請けとして仕事をもらうことが彼の営業スタイルである。

これには経済産業省の役人である兄の存在やコネの力が大きいと思われる。

木星は、兄弟を含めた家族の2室と兄の11室を支配し、11室で強い配置にあるからである。

木星はそうした兄のコネを含めた有力な人脈のコネを使った棚から牡丹餅的な利得を表している。

土星からみると3室に5室支配の水星や4室支配の太陽が在住し、7室支配の火星やケートゥが在住し、3室(デザイン)に惑星集中している。彼が土星期においてデザインの実作業に携わって来たことを表している。また3室は努力のハウスであり、彼が土星期にデザイナーとしての下積みを行なって来たことがよく分かる。

土星は6,7室支配で10室に在住しており、彼が職場結婚であることを表している。

wikipediaによれは妻は博報堂時代の同僚ということである。

今回、彼と彼の夫人が大衆からの好奇の目に晒されているのは、10室は誰からも見られ知られるハウスだからである。10室は、一切、何一つ隠すことが出来ない。

10室に6室支配の土星が在住していることは彼がハードワーカーであり、仕事の鬼であることを表していると思われる。

現在、土星が4室をトランジットして、10室に在住するこの土星にアスペクトしていることから、彼はこの今のタイミングで夫人と共に有名になったのである。悪名を轟かす形で有名になったのは、カルマであり、このような形でないと有名になれなかったと言える。

10室の傷つきというのは、ある意味、恐ろしいのであり、その人の美徳や傷や汚点などの弱点の一切があからさまに公衆に晒される。そして、それが避けようもないのである。















スポンサーリンク


スポンサーリンク