カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

インド占星術上級セミナーのお知らせ 7月29日(土)11:00 ~『予測のための分割図及びダシャー/アンタルダシャーの適用』【分割図編】

2017年7月29日(土)にインド占星術上級セミナーを行います。

講座の内容としては、ジョーティッシュの学習をある程度、積み重ねてきた方を対象とする上級セミナーです。

日頃、惑星の生来的、機能的吉凶の解釈や木星と土星のダブルトランジットを用いて、予測を行なってみるものの、

分割図やダシャーを用いての正確な予測に必要なスキルの全体像が分かっていない方、

分割図の使用や、ダシャーの解釈に関する体系的な学習を行っていない方を対象とします。

内容はジャイミニシステムではなく、パラシャラシステムの上級レベルになります。

本、セミナーはこれまで講座やDVD教材などで提供してきた内容の焼直しではなく、

ある時から私自身に全く次元の違う理解をもたらした考え方について、その源に遡って学習していきます。

海外の資料、海外の書籍の日本語訳などを用い、事例チャートなどを用いて、学習していきます。

私自身、これまで学習の途上で、様々なセミナーに参加して来ましたが、これらのことについて体系的に習うことは出来ませんでした。

ジョーティッシュを実践している方でさえも、これらの内容について理解しているかは分からない、そうした類の知識であり、

今後、実践上で、これらの考え方を適用して、理解を深めなければならない分野です。



コース名

インド占星術上級セミナー『予測のための分割図及びダシャー/アンタルダシャーの適用』【分割図編】



講座内容

・予測のために分割図及びダシャー/アンタルダシャーをどのように使用するか

・分割図解釈の方法論

・ナヴァムシャ(D9)、サプタムシャ(D7)、ダシャムシャ(D10)、ドヴァダシャムシャ(D12)の使い方

・非パラシャリ系の分割図の使用(D11, D8他)

※全4回程度を予定していますが内容を早く消化できた場合は早く終わる場合もありますが、終わらない場合は延長する場合もあります。




日時

第1回 2017年7月29日(土) 11:00 ~ 15:00

※第2回以降は参加者の希望に応じて後日決まります。(土曜日の午後を予定しております)

入場開始 10:50
講座開始 11:10
講座終了 14:50

(途中5分休憩が入ります)




会場

備屋珈琲店恵比寿店 ROOM EAST
東京都渋谷区恵比寿4-4-11
JR恵比寿駅東口より徒歩3分




定員

9名




参加費

13,000円/正味 3時間40分

※飲み物代は参加費に含まれています。

参加費は毎回、その都度、受領します。(当日、封筒に入れてお持ち下さい。授業開始前に回収します)

また1回毎に次回の参加の有無を確認します。

用事があって、開催日に参加できなかった場合、個人レッスンで同じ内容を受講可能です。

その際、料金は16,000円/120分となります。120分で1日分の講座内容を終わらせます。




参加資格

・惑星の生来的吉凶、機能的吉凶の違いなどが理解できている

・ポジション、アスペクト、コンジャンクション、ラージャヨーガ、ダナヨーガ、アリシュタヨーガ、トランジット、ダブルトランジット、トリコーナ、ケンドラ、ウパチャヤ、トリシャダ、ドゥシュタナなどの用語の意味が分かる

・分割図、ヴィムショッタリダシャーが何であるか分かっている

一度、学習したことがあれば問題ありません。

※インド占星術入門講座メルマガに登録されている方で、こうした用語について一通り、理解できていれば問題ありません。

上記の内容を復習している時間はありませんので、参加される場合は、これらについて事前に学習をお願いします。

内容が理解出来なくても返金はできませんのでご了承下さい。




予約について

①お名前(ローマ字+ひらがな)
②出生年月日と出生時間(母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
③出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)

上記のデータを添えて、address_hkまでお申込み下さい。

件名は「インド占星術上級セミナー参加希望」でお願いします。

定員になりましたので募集を打ち切りました。(以後、キャンセル待ちのみ受け付けます)2017/7/1更新






























スポンサーリンク


スポンサーリンク

2017年以降の抱負について-金星/ラーフから金星/木星へ-

皆様、明けましておめでとうございます。


今年もブログ、メルマガ、セミナー、個人レッスン、対面鑑定、メール鑑定、遠隔対面鑑定など幅広く行っていきますので宜しくお願いします。


今年の1月30日より私はこれまでの金星/ラーフ期から金星/木星期に移行し、木星は出生図で、ラグナから見て、9、12室支配で10室に在住し、月、太陽から見て、9室支配で7室に在住しています。


9室は教育のハウスであり、また10室の木星は職業としての教師やカウンセラーを表す配置であるため、金星/木星期の2年10か月は、やはりセミナーや鑑定が主な活動になってくると考えています。


金星/ラーフ期もラーフのディスポジターが木星であった為、金星/木星期のように働く訳ですが、実際の金星/木星期とはどのように違うのかを体感する意味でも今後の2年10か月は興味深い期間です。


金星/ラーフ期に入る少し前から英国アーユルヴェーダカレッジの石井泉さん(校長)との出会いがあり、定期的に対面鑑定会を開催して頂けることになり、2016年1月時点で延べ264名の方を鑑定しています。またここ最近は南アジア文化協会さんに定期的にセミナーを開催して頂くなど活動に広がりが出て来ています。また知人の紹介で府中市生涯学習センターで講師を3回ほど依頼されたりもしました。


また自前の活動としては2015年にジョーティッシュアカデミー・インド占星術マスターコースを開催し、それを元にしたDVD教材を4本リリースすることができ、購入頂いた方(ジョーティッシュアカデミークラブ会員の皆様)には今でも不定期に教材の内容をフォローしています。


また昨年の9月頃にWeb会議システムを使用したウェブセミナー(インド占星術マスターコース/ウェブ版)を開催し、その教材もリリースするなど、金星/ラーフ期にかなり活動の実績が生じました。


金星/ラーフ期は社会的に有名になっていく時期(デビュー)であり、その後の飛躍の最初のタイミングである(マークボニー)と言われます。


実際は金星/金星期になった2007年ぐらいから公に対面鑑定やセミナーなどを行ってきている訳ですが、2014年1月30日からの金星/ラーフ期には活動の広がりがレベルアップして来ました。


まさに金星/ラーフ期は2回目のデビューの時期でした。


金星/ラーフ期には非常に多くの方にセミナーや対面鑑定や個人レッスンに来て頂き、様々な出会いがありました。


アーユルヴェーダ関連の方の知り合いも増え、様々な専門分野で活躍している方やヨガや瞑想などで活躍している方との出会いもありました。


それを通じて鑑定師としてのスケールアップや、多くの学びもありました。


またここに至るまでに私の周辺の友人知人にセミナーやイベントなどをサポートしてもらったことも大きかったと思います。


その皆さまにはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。


2017年1月30日からの金星/木星期には、そうした活動をより安定させて拡大継続させて行きたいと思っておりますので、皆さまも是非、鑑定家のセミナーや鑑定にお越し下さい。


今年、来年、再来年と宜しくお願い致します。


鑑定家 秀吉




nenga_hagaki_2017















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ジョーティッシュ基礎講座(練馬)の結果報告 [2016/12/17]

先日の12月17日(土)の午後に練馬で行われたジョーティッシュ基礎講座(南アジア文化協会主催)の結果報告です。

今回はとにかく自分の出生図の読み方を実際ワークショップ形式で体験して頂き、その都度、読解に必要な知識を提供するような流れを意識し、最初から体系的に知識を展開し、解説し過ぎないようにしました。

ですからつまみ食いのような感じの講座となりましたが、ラグナがどこにあるかという認識から始まって、ハウスが決定し、支配星の解説、そして、支配と在住によって、どのようなハウスの絡みが生じているかという分析、西洋占星術では失われているジョーティッシュの醍醐味とも言えるハウスの法則とその解釈の文法について、時間が経過するごとに皆さん何とか理解して頂けたようでした。

机の並べ方もワークショップ形式にして、参加者同士のコミュニケーションなども活発化して、良い雰囲気の中で講座は終了しました。

例えば、机の並べ方一つにしても普通の教室のようにしてしまうと、私が最初から最後まで一方的に話しまくるスタイルとなり、講座が終わるころには疲れきってしまう訳ですが、参加者同士で、チャートの読解について意見交換しながら進んで行く、こうしたワークショップ形式というのは、非常に良いものだなと思った次第です。


また講座の後は、決まり事として懇親会を行いますが、その懇親会の席で、参加した方に自己紹介をして頂くのですが、色々な業界で活躍されている方が、何故、今回参加したのかといった話を聞くだけでも大変、興味深いことが多いです。

今回も様々なインド文化に興味がある方が参加しておられたので、非常に興味深い話が聞けました。

そのようにして、セミナーと懇親会はセットで大変、意義深いものとなります。

最後の懇親会で、そうした話をして、非常にいい雰囲気の中で終了しました。


つまり、いつも私自身が参加してきたセミナーでも感じることですが、講座そのものももちろん大事ですが、講座の後の懇親会というものが非常に大事です。そこでかなり重要なことが話題となったりします。

また参加者同士の交流という要素がない講座はどこか味気ないものになります。

やはり水瓶座の時代に入るという意味でも講師や主催者が一方的に話して終わるようなセミナーではなく、参加者全員が何らかの役割を果たして、その場を盛り上げるようなそうしたセミナーであるべきなのです。

今後のセミナーは極力そうした形式のセミナーとし、また今回は南アジア文化協会さんに主催して頂いたセミナーでしたが、自主企画においても、そうしたセミナーにするべきだと感じた次第です。

また来年もこうしたセミナー、講座を企画して行きますので、是非、ご参加下さい。



【講座の風景】


seminar_20161217_1
seminar20161217_2
seminar20161217_3
seminar20161217_4
seminar20161217_5
seminar20161217_6

















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術マスターコース 2016/9/7 ~スタート【Webセミナー】

9/7からインド占星術の初心者向きのインターネット会議システムを用いたWebセミナーを行います。

初心者を対象に難しいことを分かりやすく解説する予定です。

インド占星術マスターコース【パラシャラシステム】※初心者向き

日時

毎週水曜日 22時~24時 (120分)

期間

2016/9/7 ~ の2ヶ月間 (全8回)※実際にレッスンを進めてみて進み具合により、延長する場合があります。延長した場合は、1レッスン6,000円/120分での計算となります。

予定日:9/7, 14, 21, 28, 10/5, 12, 19, 26 ※講師の都合により、日程が変更する場合があります。

受講料

1レッスン 6,000円/120分

支払い方法については一括払いと分割払いが選べます。

分割の方は2万4千円を2回に分けて受講月の前月末までにお振り込み下さい。※振込み手数料は受講者負担でお願いします。

講師

秀吉

申込みはこちら

ジョーティッシュアカデミージャパン(JAJ)のサイトでも告知しています。

こうしたWebセミナーは通常のスカイプなどの無料のサービスでは、上手く行なうことが出来ません。

様々なインターネット会議システムのサービスを検討した結果、今回、Citrix Online社の【Go to Meeting】というサービスを利用します。

音声的にも映像的にも品質が高く、ワンクリックで参加でき、難しいソフトのインストールなども必要ありません。

参加する皆さまは、インターネット接続環境と、マイク付ヘッドフォン、ウェブカメラを用意して頂くだけで参加可能です。

こちらからお送りするメールに付いているリンクをクリックするだけで参加できます。

リンクをクリックすると自動的にソフトがダウンロード、インストールされて、画面が立ち上がり、レッスンに参加できます。

最も初心者に優しく使いやすいシステムです。

レッスンでは、参加者と双方向のコミュニケーションを取りながら、レッスンを行います。

レッスンの録画を提供しますので、参加できない回があっても安心です。

遠方にお住いの方で、場所的な都合で参加できなかった方、是非、ご検討下さい。

鑑定家 秀吉

Logo-1















スポンサーリンク


スポンサーリンク

癒しフェア2016 in 東京 【インド占星術コンサルテーション】

夏の恒例イベント・癒しフェア2016東京に今年も出展します。

日時:2016年7月30日(土)-31日(日) AM10:00~PM6:00(31日〜PM5:00)

会場:東京ビッグサイト 東ホール1・2 (地図)
主催:株式会社エルアウラ 癒しフェア事務局

iyashi_fare_2016

(鑑定家・出展ブース)

インド占星術(ジョーティッシュ)による対面鑑定を癒しフェア特別料金にて提供します。

10分 2,000円
20分 4,000円
30分 5,000円

※料金については当日の混雑状況によって随時変動します。
予めご了承下さい。

予約状況は、こちらで確認して下さい。

bnr_160x160_01

(メッセージ)

今年もイベント特別料金で鑑定を行いますので是非、お越し下さい。

またあらかじめ出生データを送って頂いた方は、チャートを事前に準備して、
当日、速やかに鑑定をスタートできます。

以下の情報と希望日時を事前にご連絡下さい。(※事前予約は30分枠のみ)

お名前(ローマ字+ひらがな)
出生年月日(母子手帳記載、西暦)
出生時間(母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)
鑑定依頼内容(鑑定で調べて欲しい事柄、テーマ、要望など)

また当日、イベントに来られる方には、入場券(1,000円)を差し上げますので、
以下のアドレスまで送付先の住所、氏名を記した上で、ご連絡下さい。

address_hk
宜しくお願い致します。

鑑定家 秀吉

 















スポンサーリンク


スポンサーリンク

京都出張特別イベント 対面鑑定会&交流会のお知らせ

こんにちは。

秀吉です。

6月の前半に関西方面で空き時間が出来たため、

以下の日程で対面鑑定イベントを行います。

kyoto_building
【対面鑑定】

日時:2016/6/13(月)
会場:京都駅ビル ロビーラウンジ グランジュール(予定)
※混んでいる場合には、別の会場に移動する場合があります。

料金:5,000円/60分(※イベント特別料金、他にご自分の喫茶代がかかります)

⑥11:55 ~ 12:55←予約済み
①13:00 ~ 14:00←予約済み
②14:05 ~ 15:05←予約済み
③15:10 ~ 16:10←予約済み
④16:15 ~ 17:15←予約済み
⑤17:20 ~ 18:20←予約済み

※好評につき、もう一枠増やしました。

【満員御礼】
※京都の対面鑑定会の募集は全ての枠に予約が入りました。
また次回のイベントも宜しくお願いします。(6/7)

ご希望の方は枠番を明記の上、以下の情報を添えて事前に鑑定家までお申込み下さい。

【申し込み】
お名前(ローマ字+ひらがな)
出生年月日(母子手帳記載、西暦)
出生時間(母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)
鑑定依頼内容(鑑定で調べて欲しい事柄、テーマ、要望など)

※使用技法、パラシャラとジャイミニを駆使したコンポジットアプローチ、
ご自分のチャート解読のロジックを聞きたい方、学習目的の方も是非、お越し下さい。

【京都交流会】

2016/6/13(月) 19:00~ JR京都駅周辺 居酒屋 (3時間程度、途中入退室自由)

参加資格:ジョーティッシュ関連の雑談がしたい方なら誰でも参加できます。
費用: 無料(ご自分の実費のみ)

対面鑑定会及び、交流会共に詳細は鑑定家のアドレスまでご連絡下さい。

【申し込み先】
address_hk















スポンサーリンク


スポンサーリンク

府中市生涯学習センター・インド占星術講座を終えて(2016/1/16, 1/23, 2/13)

先月から府中市生涯学習センターにて、1/16(土)、1/23(土)、2/13(土)と3回に渡って、インド占星術講座を行ってきました。

各3時間ずつの計9時間のコースでした。

府中市の広報で告知しただけですが、それでも参加者として、15名~18名の方に集まって頂きました。

fuchu_201601-02_photo
府中市民を優先させるため、ブログでは告知していません。

今回のコースを通じて、インド占星術のエッセンスを各3時間、計3回、9時間で教えることができることが分かって来ました。

もちろん詳しい説明をするのには時間がかかりますが、先日、終了したインド占星術マスターコース(全8回)では各6時間、計46時間(初回だけ4時間)かけても様々なことを説明するのにちょうどよい位でしたので、9時間というのは少ないのですが、各項目をコンパクトにまとめて9時間で解説することも可能であることが分かりました。

この場合、コンパクトにまとめた分、各内容の習得には、その後の参加者の自学習や実践にかかって来る訳ですが、このコンパクトにまとめたインド占星術マスターコース(簡易版:計9時間)が確立できたので、今後はこのパッケージセミナーも展開していきたいと考えています。

2/13(土)は講座の最終回でしたが、当日、準備に手間取り、時間が無かったため、ビデオ機材が設置できず、前回の復習的な話を1時間程したのですが、この日、調子が良かったのか、何も準備せずに即興で、すらすらと話が思い浮かび、非常に充実した1時間となったのでした。

それ程、準備せずに思いつくままにリラックスして話すと良い結果が得られたのです。

時間をかけて準備したものをしっかりと準備した通りに話すのも良いのですが、今までの蓄積からその場で浮かぶ連想や思いつきに従って、自由に話していくのもまた良いものになります。

第3回目のこの日はダシャーシステムについての解説でしたが、既に以前、行った内容を繰り返せば済むため、特に事前に話す内容を考えていませんでした。

完全に講座が始まってから、以前の資料を材料に自由に話したのですが、それが良かったのかもしれません。

休憩に入り、ビデオカメラをセットした上で残りの2時間を行ない、やはり即興で参加者のチャートを使って、ダシャーの流れを解説しましたが、それがまた面白いものになりました。

fuchu_201601-02_photo2
ミュージシャンで言えば、どんなハプニングが起こるか分からない、事前に何も台本を用意していないライブ(Live)の状況です。

このライブの公開鑑定において、参加者の中に出生時間が分からずに12時でチャートを作成していた方がいました。

この日は調子が良かったのか、この即興のライブ解説で、この参加者の過去の出来事からラグナを特定することができ、およその出生時間を特定することが出来ました。

このようなことが起こるのもライブならではです。

その様子は、バッチリ収録したので、ビデオ編集して、また教材のバンドル品として提供もしたいと考えています。

講座の中で、参加者のチャートを使って、即興で解説していく公開鑑定に近いこのやり方はなかなか良いと思います。

まさにライブであり、参加者と講師(出演者、演奏家)が一体となって、活気と熱気のある面白い講座となるのです。

今後、このような講座の中に公開鑑定形式を増やしていきたいとも考えています。

講座というものは、このようにライブであるので、参加者全員と講師が生み出すもので、一期一会のものです。

二度と同じ講座とはなりません。

しかし、どのような参加者と同席してその場を共有するかまで全て運命づけられている訳です。

どのような運命が予定されているかを参加者もプレーヤーの一人として、予定調和的に創造してゆくのがライブの講座なのです。

そういう訳で、教材ももちろん購入して頂きたいと思いますが、講座にも是非、来てください。

今後もメルマガやブログで告知して行きますので、皆様の参加をお待ちしています。

fuchu_201601-02_photo3















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ジョーティッシュアカデミーインド占星術マスターコース2.6ファイナル

昨年の7月18日(土)から月1のペースで計8回に渡って行ってきたジョーティッシュアカデミー・インド占星術マスターコースが2/6(土)で最終日を迎えました。

途中で仕事が忙しくなって脱落した方や、病気で来れなくなった方など、様々な人間模様が繰り広げられましたが、昨日が最終日で無事、予定していた全ての課程を終えることが出来ました。

この講座で目指していたのは、とにかくジョーティッシュを体系的に教える一つのモデルコースを創るということでした。

これまで作成してきたインド占星術入門講座テキストと補足資料を基にインド占星術の基礎から積み上げて最終的にジャイミニとパラシャラのコンポジットアプローチによって予言占星術を行なえるスキルが身に付くようなそのようなコースを創ることが目的でした。

従って最初から講座の内容をスケジューリングして扱う範囲を予定して行った為にほぼ計画通りに進めることが出来ました。

扱えなかったものもありましたが、重要な本筋の部分はほぼ網羅でき、またこのコースを通じて、2つのDVD教材も誕生しました。
今年度、再び同じ内容について扱うことも出来ますが、もう少し応用的な内容に力を入れて、まだ読み解いてない洋書なども翻訳しつつ、全くこれまでやられたことのないような内容を目指します。

基本的な内容については、既にリリース済みの『インド占星術入門講座DVDセット【拡大ヴァージョン】』及び『ヨーガカラカ-惑星の機能的吉凶の原則』等で学習して頂き、出来れば今まで扱われてこなかった内容を目指したいと思います。

また基本的な内容についても少し切り口を変えるなど工夫して全く同じような内容ではなく少し内容を変えて提供して行きたいと考えております。

また3日間ぐらいの短縮されたコースで、ジョーティッシュの基礎について学習して頂くようなコースも考えております。

今年のコースについては現在、検討中(7~8月終わり位を検討中)です。

予定が決まり次第、また内容について、鑑定家ホームページ、『鑑定家 ジョーティッシュ』ブログ等で告知すると共にメルマガ等でも案内しますので、また興味がある方はご参加ください。

本年度、1日でも参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

また今年から来年にかけて行うコースも宜しくお願いします。

鑑定家 秀吉

講座風景1
lesson_photo1
講座風景2
lesson_photo2
講座風景3
lesson_photo3
講座風景4
lesson_photo4
講座風景5
lesson_photo5
最後まで残った猛者達 – 記念撮影
kinen_photo
(参加者の感想)

kansou1
kansou2
kansou3
kansou4
kansou5
kansou6

kansou7















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術講座(練馬)の結果報告 [2015/12/19]

12月19日(土)13:30~練馬で行われた南アジア文化協会主催のインド占星術講座が無事終了しました。

当初、申込者が少なかったのですが直前に参加者が大幅に増え19名での座学と実習のワークショップとなりました。

実際、西洋占星術も含めて全く初めて占星術の話を聞くという方もおられる中で、前半はジョーティッシュの背景や基礎知識と運命の分析が可能となる仕組みについての話をし、後半で、「惑星と職業」というテーマで、どのような職業に就く可能性があるかをハウスや惑星の絡みから判断する手順についての解説と実習を行い、そして、最後に残り時間が少ない中で、「惑星と教育」「惑星と旅行」といった話に簡単に触れました。

正味3時間半でしたが、やはり時間が足らなくなって、準備していた「惑星と教育」「惑星と旅行」や有名人の事例については、簡単な原則の紹介のみで、ほとんど触れることが出来ずに終わりました。

「自分のホロスコープを読むための最短学習法」というテーマで、ジョーティッシュを最も短時間で理解するための内容を盛り込もうとしましたが、やはり、ジョーティッシュの学習を基礎から応用まで一気にやろうとするには3時間半では足りず、ヴィムショッタリダシャーやトランジットの話は簡単に触れるだけで、ほとんど出来ていません。基礎から応用まで全てを網羅するには6時間や9時間は必要です。

但し、そうして沢山内容を盛り込んだとしても、かなり多くの方が、「支配星」で躓かれるようです。

「支配」と「在住」ということが理解出来ないで終わる方がセミナー終了後にもおられます。

府中とか他の所で、セミナーを開催した際もそこで分からないという方がおられたので、日頃、ジョーティッシュを行っている人間は、当たり前のように行っている支配と在住の分析が、初めて学ぶ方にとっては難しいようです。

実際、私自身も一番最初に習った時は、支配と在住によって、意味が生じるということは理解しないで帰った記憶があります。

後に他の方が支配と在住を使って分析しているのを見て、見よう見まねで理解していったという所が実際です。

やはり、この最初の段階での学習は何度も繰り返して、この占星術特有のロジックやシステムに慣れていくしかないと思います。
多少、学習している人にとっては、分かりやすいセミナーだったのではないかと思います。

実習的な要素も盛り込んだため、参加者同士がコミュニケーションする機会もあり、白熱教室化している感じもあり、非常に良かったと考えております。

この南アジア文化協会さんとのコラボレーションは今後も続けていきたいと思います。

是非、次回もご参加ください。

(当日のセミナーの風景)

photo20151219_001 オープニング

photo20151219_002 オープニング2

photo20151219_003 実習時にて

photo20151219_004 セミナー会場1

photo20151219_006 白熱教室1(実習中)

photo20151219_008 白熱教室2 (実習中)

photo20151219_009 白熱教室3 (実習中)

photo20151219_010 白熱教室4 (実習中)

photo20151219_011 白熱教室5 (実習中)

photo20151219_012 白熱教室6(実習中)

photo20151219_013 白熱教室7 (実習中)

photo20151219_014 後方から

photo20151219_015 実習時にて 2

(参加者の感想)

kanso_001
kanso_002
kanso_003
kanso_004
kanso_005
kanso_006
kanso_007
kanso_008kanso_009
kanso_010
kanso_011
kanso_012
kanso_013
kanso_014
kanso_015
kanso_016















スポンサーリンク


スポンサーリンク

NPO SACA主催・インド占星術講座のお知らせ

NPO SACA(特定非営利活動法人 南アジア文化協会)さん主催のインド占星術講座を
12月19日(土)に行います。

日時:12月19日(土)13:30~18:00  (13:30開場 13:45開演)
参加費:料金:6,000円(早割料金/5,000円※一週間前までの入金)
会場:「練馬区立区民産業プラザ 研修室2」(練馬駅北口徒歩1分)

前回、開催した「自分のホロスコープを読むための最短学習法」とは若干、内容を変更し、

賞味4時間弱ありますので、基本的なインド占星術の概要を説明した後は、

「惑星と職業」「惑星と旅行」「惑星と学業」との関係といった話を海外の洋書の内容を参考に進めていきます。

当日参加者のチャートをホワイトボード上で使用して実際に公開解読していきますので、もし自分のチャートで、職業運、その他を検証してみたいという方にはよいと思います。

その他、おそらく少人数のイベントになりますので、当日の状況次第で、色々柔軟に対応していきます。

また日頃、学習上の疑問などがある方も講座の後半やイベント後の交流会などで質問して頂けます。

申し込みについては、直接、南アジア文化協会にご連絡下さい。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

鑑定家・夏のスペシャルイベント!! 「ヨガフェスタ横浜 2015 対面鑑定コンサルテーション」のお知らせ

今年もアジア最大級のヨガイベント、「ヨガフェスタ 横浜 2015」で、対面鑑定コンサルテーションを行います。

イベントの規模としては、8/8-8/9に行われた「癒しフェア」と同程度で3万人近くの方が集まります。
期間:2015年9月21日(月・祝)~9月23日(水・祝)
会場:パシフィコ横浜(ナチュラルセラピーブース内 ※MAPに記載)

第1日目:2015年9月21日(月・祝)9:30~19:30
第2日目:2015年9月22日(火・祝)8:00~19:30
第3日目:2015年9月23日(水・祝)8:00~17:30
【MAP】
naturaltherapy_map

先月、8/8-8/9に行われた「癒しフェア」では、大勢の方に来て頂き、2日目の午後の時点で、
予約がいっぱいになり、14時以降に来て頂いた方には、やむを得ず、お帰り頂きました。

この「癒しフェア」で鑑定を受けることが出来ずに帰られた方、是非、「ヨガフェスタ 横浜 2015」の
「ナチュラルセラピー・鑑定家ブース」にお越し下さい。
昨年の「ヨガフェスタ横浜 2014」ではブースの前に行列が出来てしまい、驚きました。

ヨガをされている方々はそれくらいジョーティッシュ(インド占星術)に興味があるのだなと感じました。

ヨガフェスタでは、ヨガフェスタ特別料金で対面鑑定コンサルテーションを行います。

3日間の長丁場ですので、是非、この機会にお越し下さい。
【対面鑑定コンサルテーション・ヨガフェスタ特別料金】

10分 2,000円
20分 4,000円
30分 5,000円

鑑定には、生年月日(西暦)、出生場所(○○県○○市など)、出生時間(母子手帳、母親の記憶など)が必要です。
分からない方は、事前に調べて頂き、当日、上記の情報をお持ちの上で、お越し下さい。

皆様の来場をお待ちしております。

鑑定家 秀吉

yogafesta_2015
 















スポンサーリンク


スポンサーリンク

癒しフェア2015 結果報告

癒しフェア2015年ですが、今年も無事終わりました。

日頃、鑑定家のブログの記事を読んで頂いている方や、メルマガ読者の方々の中から沢山の方に来て頂きました。

ありがとうございました。

今回初めて来られた方もいましたが、毎年、来て頂いている方で、今年もまた来て頂いた方もいます。

土曜日はそれ程、混んでいませんでしたが、9日の日曜日の方は朝10時にブースに座ってから、
全く休みが取れない状態で夕方17時の終了まで鑑定しなければならない程、沢山の方に来て頂きました。

iyashi_fare2015
iyashi_fare_2015_3
また途中で予約がいっぱいとなり、ブースに来て鑑定を受けようとしても受けられない方がかなりいましたが、これは大変残念でした。

鑑定が受けられなかった方は、類似の大型イベントとして、9/21(月・祝)、9/22(火・祝)、9/23(水・祝)に行われるヨガフェスタ横浜2015に参加しますので、こちらにも来て頂ければと思います。
【ヨガフェスタ横浜2015】

内容:対面コンサルテーション

日程:9/21(月・祝)
9/22 (火・祝)
9/23 (水・祝)

会場:パシフィコ横浜 (最寄り駅:みなとみらい線みなとみらい駅)

【料金】
10分 2,000円
20分 4,000円
30分 5,000円

※料金は混雑状況などによって変動しますのでご了承下さい。

以下のようなチラシにて癒しフェア内でも案内しました。

iyashi_fare_koukoku















スポンサーリンク


スポンサーリンク

癒しフェア2015年入場券プレゼント

8/8(土)-8/9(日)の2日間に東京ビッグサイトで、癒しフェアという毎年恒例のイベントが開催されます。

鑑定家もここ数年、出店しておりますが、今年も癒しフェア特別料金で、対面コンサルテーションを行います。

詳細はこちらをご覧ください。

癒しフェアは入場料が1,000円かかりますが、当日遊びに来られる方には鑑定家から入場券をプレゼントしたいと思います。

もし希望される方は、本日中に鑑定家のアドレス: hk@kty7.com まで、住所とお名前をお送り下さい。

入場券は8/8(土)までに届くように郵送します。
今現在、癒しフェア公式サイトから入場券をダウンロードできなくなっており、無料提供は早期終了しているようです。

ですので、もし入場券を入手しそこなった方は、鑑定家までご連絡下さい。
また当日、鑑定を受けられる方には、当日入場券のお渡しも可能です。

 

 















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術マスターコース【2015年度版】の時間延長について

こんにちは。

秀吉です。

夏も暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

7月18日(土)から始まったインド占星術マスターコース【2015年度版】ですが、
第1回を終えてみて圧倒的に時間が足りないことが分かりました。

そこで、大幅に時間を延長し、午前10時~17時までの講座に変更します。

12時から13時までの昼休憩などの時間も利用して、
質問もして頂けるように全体の時間が変更されました。

今まで参加の意志がなかった方もこの時間の変更によって、
参加を検討されるかもしれないと思い、再度、ご案内します。

【変更後の日程】

第1回:2015年7月18日(土) 13:00~17:00 【既に終了】
第2回:2015年8月1日(土) 10:00~17:00 (昼休憩1時間)
第3回:2015年9月5日(土) 10:00~17:00 (昼休憩1時間)
第4回:2015年10月10日(土)10:00~17:00 (昼休憩1時間)
第5回:2015年11月14日(土)10:00~17:00 (昼休憩1時間)
第6回:2015年12月12日(土)10:00~17:00 (昼休憩1時間)
第7回:2016年1月30日(土) 10:00~17:00 (昼休憩1時間)
第8回:2016年2月6日(土) 10:00~17:00 (昼休憩1時間)

※9/5の午前中と8/1の全日は7階7A教室に変更となります。
9/5の午後は8階8A教室に移動します。

・途中から受講する場合は、それまでの分を個人レッスンでまとめて受講することも可能です。

・万一、都合の為に講座を休まれる場合は、後日その回の講座をVTR及び、音声録音によって受講して頂くか、
あるいは、2時間の個人レッスンで受講して頂きます。

詳細はこちらをご確認下さい。

ご検討頂ければと思います。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

練馬区Coconeri(ココネリ)でのインド占星術講座を終えて

昨日(7月11日)、南アジア文化協会(SACA)主催のインド占星術講座を行ってきました。

Coconeri(ココネリ)という施設で行いましたが、非常に綺麗で快適な環境でした。

初めて参加される方が多く、ジョーティッシュは名前だけ聞いたことがあったとしてもその科学(サイエンス)の中身についてはまだまだ知られていないと思いました。

内容としては、PACDARESメソッドをワークシートを用いて行い、実際に自分のチャートで体験してもらうというものです。

4時間の中で、占星術の基礎知識から象意の結合などのチャート解読の文法など、一通り、こなした上で、結婚や旅行といったテーマについて更に掘り下げるというセミナーでしたが、皆さん、理解できたようで、次回も参加したいという方も多かったようです。

次の開催日は既に決定しており、今年の12月19日(土)の午後に再び同じ会場で行います。

詳しくは、南アジア文化協会のホームページをご覧ください。

【参加者の感想】

kansou1
kansou2
kansou3
kansou4
kansou5
kansou6
kansou7
kansou8
kansou9 【練馬区Coconeri(ココネリ)喫茶室にて記念撮影】

photo_20150711















スポンサーリンク


スポンサーリンク

【2015’夏のイベント】 インド占星術初心者向け講座のお知らせ

今年の夏、南アジア文化協会(SACA)主催でインド占星術初心者向け講座を行います。

イベント名: インド占星術の基礎を分かりやすく学ぶ「NPO SACA インド占星術講座」
【日時】7月11日(土)13時~18時

【場所】Coconeri(ココネリ)  研修室2 (練馬駅北口徒歩1分)

【内容】
自分のホロスコープを読むための最短学習法

・三枚の分析シートの作成をワークショップ形式で行い、
ジョーティッシュの基礎的な読解を学習します。

・運命解読ツール・ヴィムショッタリダシャーの使い方について
あまり複雑な計算を伴わず、ヴィムショッタリダシャーの原理を知る

・プルシャルタ(人生の4つの目的)
自分の人生の目的とは何か

・子供の出産のタイミングはどのようにして分かるのか。
分割図の活用とトランジット

・インド占星術と海外運
海外に行く人のチャート

・インド占星術と結婚運
結婚する人、しない人
※南アジア協会理事の森山さんは、タブラ奏者で、インドでの留学経験もあるインド通の方です。

昨年、知人Kさんの紹介で縁を頂き、セミナーの開催となりましたが、今年も2回開催して頂けるということで、

その第1弾です。

【主催】

NPO法人 南アジア協会

※7月4日までの申し込みで割引になるようです。

詳しくは南アジア協会のホームページをご覧下さい。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

運命学の王様-ジョーティッシュ

先日、橋下徹が政界引退しそうだということを私の友人が電話で教えてくれたのだが、私は特に驚くこともなく、「ああ、そうなんだ・・・」と気もない返事をしたものだった。

何でもその友人によれば私の予想が当たったというのだが、私は以前、橋下徹が政界引退すると記事に書いていたのをすっかり忘れていた。

その後、「橋下徹に関する、恐怖の予言」などというおどろおどろしいタイトルで、橋下徹の政界引退が予言されていたといって、yahoo知恵袋という掲示板に誰かが投稿したようである。

その掲示板を見た方が何名か鑑定の依頼をして来られたので小さな反響があったようである。

実際、特に橋下徹の政界引退を予言してやろうなどという気負いは全くなく、橋下徹がマハダシャーラーフ期に移行することによって必然的に政治に興味を失うだろうということを何気なく書いておいただけである。

まず、ラーフは5室に在住しているので、5室の支配星のように振る舞うが、5室は10室からみて8室目(中断)であるため、仕事や職場にとっては苦悩のハウスである。

橋下徹は公の仕事には興味を失ない、自分の趣味や娯楽に走るだろうというのが一つの理由であった。

もう一つは、ラーフのディスポジターである木星は11室に在住し、3室や5室、そして、7室にアスペクトしている。

11室は社交、評価、称号のハウスであり、3室は芸能、メディア、5室は趣味や娯楽、創作、7室は配偶者のハウスである。

従って、ラーフ期にはディスポジターの木星の11室の配置により、政治家時代に築いた高い評価、称号によって、非常に有力な著名人となると共に再び、文化人として、メディアに出演し、趣味や娯楽に打ち込んで、配偶者との生活なども充実させていくに違いないということなのである。

但し、橋下徹が政界引退して出来ることは大体、その辺りではないかと占星術を使わなくても何となく予想できる。
記事を書いた2012年当時、木星は牡羊座をトランジットし、土星は天秤座をトランジットして、6室にダブルトランジットが形成されていることから、橋下徹は絶好調であった。

橋下徹の強さの秘密として6室で減衰する土星の存在があり、この配置が敵を惨めなまでに粉砕するという象意をもたらす。

木星と土星が6室にダブルトランジットしていたこの当時、橋下徹は、論敵を次々に論破して、徹底的に叩きのめす常勝の人であった。

敵を粉砕することが仕事であり、改革を妨げる人間を粉砕するのが仕事であったと言ってもよい。
そして、この当時、私の観点としては、トランジットの木星が双子座8室に入室した時に橋下徹には停滞、中断がもたらされるだろうという予想をしていた。

8室は中断、変化のハウスであり、木星が8室に入室すると、木星は守護の力を発揮できない。

予想通り、維新の党は木星が8室に入室すると、減速し、停滞したが、それでも橋下徹は、石原慎太郎を党首に擁立してその力に頼りながら政治活動を継続した。

これは橋下徹の10室支配の太陽が8室に在住している為であり、石原慎太郎の力に頼って、石原慎太郎を党首に立てることによって、自らは後ろから政治を行ったということができる。

この木星が8室に入室した後、橋下徹は、政治活動を継続してきたが、以前のような勢いはなかった。

それでマハダシャー火星期が終わってラーフ期に移行した今、政界引退を表明したのである。

当初は木星が8室に入室した時点で、私は橋下徹の政治活動が中断に追い込まれると考えていた。

その為、むしろ、ラーフ期に移行した時に政治活動が終わっているのは当たり前のことだと考えていたのである。

少なくともラーフ期になった時には政治活動が終わっていなければならないと考えていた。

従って、私の予想では本当はもっと前に橋下徹は政治活動が上手く行かなくなるのではないかと考えていた。

然し、実際には橋下徹はしぶとく政治活動を継続したのである。

これはやはりトランジットよりもダシャーを優先しなければならないという教訓である。

マハダシャー火星期の間は強い火星が10室支配の太陽に対して、アスペクトして絡んでいる為、政治活動を継続するが、ラーフ期になると、太陽との絡みがなくなるため、政治活動を辞めてしまうのである。

従って、火星期の間は政治活動が継続すると理解すべきであった。
例えば、それと全く似たものとして、石原慎太郎のチャート検証がある。

私は石原慎太郎のことを最初に検証した際にまさか石原慎太郎が4選するとは思っていなかったが、10室で太陽と接合してバドラヨーガを形成する強い水星期の間は都知事として留まり続けると解釈しなければならなかったのである。

この水星期の間に辞めることは、インド占星術的に考えて、むしろ、不自然なことだったのである。

従って、インド占星術は決して裏切らないし、人間の常識が混じってしまった判断よりもより正確である。

石原慎太郎の政治活動についても太陽と絡む強い水星期の終わりの期間を参考に検討すれば、何選できるか、いつ頃まで都知事を務めるか、予想できたはずなのである。

これもトランジットなどの一時的なことよりもダシャーの方が優先されることを示している。
橋下徹よりももっと野心的に予想したのが、小沢一郎の権力が失墜するタイミングである。

ラグナを特定し、ジャイミニのチャラダシャーを適用することによって、この小沢一郎が、2013年5月23日以降のチャラダシャー蟹座の時期から権力の座から失墜することを予想した。

まず、その前に2011年の終わりから2012年にかけたタイミングで、マハダシャー土星期に移行している。

土星期に移行してから、小沢一郎の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反の疑いで、検察や検察審査会から執拗に攻撃を受け、そして、妻の和子夫人から離縁状を突き付けられた。

これは全くヴィムショッタリダシャーの流れ通りである。

土星は6、7室支配で他者との闘争を表しており、訴訟を起こされることを表している。
土星はラグナロードで10室に在住する太陽に接合して傷つけており、小沢一郎の権力に傷がつけられることを示していた。

また6、7室支配の土星は妻から離婚訴訟(6室)を起こされることも示していたのである。

つまり、小沢一郎が検察や検察審査会から攻撃を受けたり、妻から離縁状を突き付けられたのはカルマである。

今生で生まれた時に既に決まっていたということである。
この頃はまだ小沢一郎には権力があり、政治力があった。

然し、2013年5月23日以降、チャラダシャーが蟹座に移行してからは、小沢一郎のAmkの火星は12室に在住している。

この為、完全に政治の表舞台から姿を消した。
安倍政権になった今は話題にすらのぼることはないのである。

最近では山本太郎が「生活の党と山本太郎となかまたち」に党名を変更するのと引き換えに生活の党入りし、政党交付金を受けて、何とか政治活動を続けている状況である。

この小沢一郎の権力の失墜は、ラオ先生のジャイミニの技法によって正確に予測が可能である。

占星術師がもっとその地位を高めて、ジョーティッシュ(インド占星術)がスーパーサイエンスとしての認知度を高めていくには、やはり予言をしていかなければならないと思われる。

ジョーティッシュの基本法則を理解して、それを適切に適用すれば、予言をすることは可能である。

但し、日本の有名人は出生時間が分からない人がほとんどである。

その為、最初にwikipediaの過去の経歴情報を精査して、ラグナを特定し、ナヴァムシャのラグナぐらいまでを特定し、そして、その上で、マハダシャーやアンタルダシャー、チャラダシャーの変化を解読して、有名人の未来、あるいは、マンデン図によって国家や社会の近未来を予言する必要がある。

そして、5年、10年経過して、その検証に耐えた時に初めて、占星術にスーパーサイエンスとしての認知が与えられるのである。

その為にはまず、出生時間の分からない有名人のラグナを特定しなければならない。
もし占星家として大成したければ、予言を仕込まなければならないのである。

それも1つか2つではなく、沢山の予言を仕込まなければならない。

そして、それが5年、10年後に当時の状況と比較して、当たったのか当たっていないのか検証し、(的中した予言の数)÷(全予言数)× 100という計算式によって、予言的中率を出さなければならない。

予言をするには、ラグナを正確に特定できなければならない。

従って、ラグナが特定できなければ予言をすることはできない。
だからジョーティッシュでは最初にラグナが正しいかどうかを過去の出来事から検証するのである。

そのスキルがないと予言を行う前提条件がないことになる。

ラグナが正しいかどうかは、ジョーティッシュの理解についての総合力が問われるため、従って、ある程度、多くの出生図からジョーティッシュを検証して確かめた人でないと難しいと思われる。

従って、そういう意味で、鑑定の冒頭で、過去の出来事のタイミングからラグナを検証し、正しいと納得するか、あるいは、修正するかして、正しいラグナを導き出すことができるかどうかで、その占星術師のスキルが判定されてしまう。

それがおそらく判定の基準になるはずである。
私はと言えば、出生時間の分からない有名人のチャート検証を繰り返したおかげで、出生図のラグナの特定はできるようになってきた。

結婚、出産、事故といった分かりやすい過去の経歴がないチャートの場合は、難しいが、こうした分かりやすい経歴がある場合は、ラグナを特定できるようになってきた。

問題はナヴァムシャの修正が正確にできることである。
最近、考えていることは、ナヴァムシャ(D9)の分割幅は3°20’であるが、ダシャムシャ(D10)は3°である。

従って、ナヴァムシャのラグナを移動すると、ダシャムシャのラグナもほぼ連動して移動する。

従って、ダシャムシャのラグナの整合性と、ナヴァムシャのラグナの整合性を同時に満たすような調整をしていけば正しいナヴァムシャのラグナを導き出せるのである。

例えば、仕事上で昇進した時期のダシャーの支配星が、ダシャムシャで、ケンドラやトリコーナに在住しておらず、ドゥシュタナに在住しているような場合はおかしいと思わなければならない。

そして、ダシャムシャのラグナを移動して、それに連動して移動したナヴァムシャのラグナが正しそうだと思えるなら、それは一つの正しい解答の可能性と言える。
あるいは、ダシャムシャ(D10)だけでなく、ドヴァダシャムシャ(D12)やサプタムシャ(D7)も比較的、ナヴァムシャとそれ程、分割幅が離れてはいない分割図である。

これらの分割図の性質を知り、事象がこれらの分割図でどのように現れるかを熟知することが、ナヴァムシャのラグナの特定をより容易にすると思われる。
橋下徹の落選の予測について話が遡るが、橋下徹の記事を書いたのが2012年2月である。

そして、橋下徹のその後についての結果が出たのが2015年である。

この間、3年かかっている。

予言や予測の検証には時間がかかることが分かる。

ジョーティッシュやその他の運命学の実践者は、予測が当たってこそ評価されるのである。

とすれば、早めに予言を仕込んでおかなければ評価される材料がないのである。

実際、個人鑑定などで、マハダシャーが切り替わる時期は何年も先であり、それが検証される時には、もうその人とは疎遠になっている。

従って、その後の検証も難しいのである。

確かに過去の事象が当たったことを検証することはいくらでも出来るが、ジョーティッシュの実践者としてのキャリア形成(業績)は、対面鑑定などで何らかの予測をした時からスタートし、結果が出るまで時間の経過を待たなければならない。

私の場合は2002年ぐらいからジョーティッシュを実践しているので、13年が既に過ぎている。

そうすると、その間でマハダシャーが切り替わった人がかなり沢山出てきている。

「あの時、あのように言われたことが当たっていました」と言われる機会が最近、多くなっているのである。

そうすると、俄然、評価も上がってくるのである。
今回、橋下徹の政界引退が当たった、インド占星術は恐ろしいと言って、知らない方から評価を受けたのも予言を仕込んでいたからに他ならない。

従って、占星家として評価されるには、予言を仕込んでいなければならないということを考えさせられたのである。
つまり、運命学の実践者は、運命学のスキルを習得するのに5年~10年、そして、その間に予測したことが的中して評価を受けるのが、更に5年~10年かかるということである。

従って、学習をスタートしてからキャリアを形成するのに20年かかると言ってもいいかもしれない。

然し、それでも、もしその運命学自体がそれ程、当たらない運命学だったら、その20年は無駄になるのである。
そういう意味では、ジョーティッシュを選択し、ジョーティッシュの基本的なスキルを猛烈に短時間に集中して習得し、その後、実際の鑑定において検証を繰り返し、自信が出てきた所で、社会的な発言として予測(予言)をしていくことが、運命学実践者としての成功法則である。

私も2002年からジョーティッシュを初めて、たった12年程で、大物有名人の未来を予測するなどといった大胆なことが出来るとは全く思っていなかったが、これはジョーティシュが分かりやすくシンプルで、それでいて精度が極めて高く、運命学として飛び抜けて優れているからに他ならない。

私の力とは全く思わないのである。

但し、ジョーティッシュを選択し、またその基本法則を忠実に実践して、ラグナを特定するといった活動は、多くの検証を繰り返して、事象と占星学的構成要素の一致を確認した人のみに可能である。

ジョーティッシュを選択したこと、そして、その検証に時間を割いたことのみが私に依拠している。

然し、それは私にとってジョーティッシュが面白くいくら時間を費やしても飽きないものであったからに他ならない。
もし皆さまが、ジョーティッシュを学ぶ運命で、最短で、最高の運命学を身に付けたいのであれば、是非、インド占星術マスターコースにお越し下さい。

皆さまのお申し込みをお待ちしています。

鑑定家 秀吉















スポンサーリンク


スポンサーリンク

府中市生涯学習センター主催・インド占星術講座を終えて

府中市生涯学習センターで、5/9、5/23、5/30、6/13、6/20と5日間に渡って行ったインド占星術講座が最終日の6/20をもって終了しました。

途中で脱落する方もいましたが、最後まで修了した方がほとんどで、驚異のスーパーサイエンスとしてのインド占星術(ジョーティッシュ)の素晴らしさを分かって頂けたのではないかと思います。

最終日には講座後に立食パーティーなども行い、非常に良い雰囲気で終了しました。

今回と同様のセミナーをまたこちらの府中市生涯学習センターで今年の冬から来年の1月ぐらいに再度、予定しておりますので、もし興味がありましたらご参加下さい。

また今年の9月12日、13日に府中市生涯学習センターのイベントがあり、センターからのオファーで鑑定家が出展します。

インド占星術の話を20分程度、行い、その後で、参加者の出生図を観衆の前で、公開鑑定して当たっているかフィードバックをもらうという意欲的なデモンストレーションを行います。

そのイベントで観衆にインド占星術の素晴らしさを分かってもらうつもりです。
また2015年7月11日には南アジア文化協会(SACA)主催で、 「自分のホロスコープを読むための最短学習法」と題するインド占星術講座を行います。

これは上記の府中市の生涯学習センターで5日間に渡って行ったような内容を4時間に凝縮して解説するセミナーなので、あまり学習する時間が取れない方、短時間で、インド占星術というものがどういうものか知りたい方は、是非、お越し下さい。

インド占星術の本質を一言で、そして、最短で理解してもらうにはどのように解説したらよいかをいろいろ考えてきましたが、結局、ワークショップ形式で、前提となる知識を順を追って時間をかけて説明することを省いて、いきなり、最も大事な本質的なことからスタートするのが、効率的であると考えています。

7月11日の講座もそのようなものになると思いますので、5日間もかけることが出来ない方は是非、お越し下さい。

1日だけのセミナーでもインド占星術の全体像は分かってくる内容にする予定です。
今回の府中市生涯学習センターでは初の公的な機関での記念すべきセミナーとなりましたので記念撮影をしました。

また参加者の感想なども掲載しますので、講座への受講を検討される方は参考にして頂ければと思います。
また本格的にインド占星術をマスターしたい方向けには、インド占星術マスターコースも用意しています。

7月18日から始まりますので、もしネットの情報や一般書を購入して独学で学習するよりも最短で、インド占星術のコツを掴みたい方は、

インド占星術マスターコースにご参加下さい。こちらも現在、申し込み受付中です。

鑑定家 秀吉

【参加者の感想】

※一部を掲載

kansou1
kansou2
kansou3
kansou4
kansou5
kansou6
kansou8
【府中市生涯学習センター教室にて】
※撮影NGの方が多かったので、OKの方のみ映っています。
今回は25名の方が参加して頂きました。
kinen_satsuei1
 















スポンサーリンク


スポンサーリンク

癒しフェア2015 in 東京  【インド占星術コンサルテーション】

夏の恒例イベント・癒しフェア2015東京に今年も出展します。

iyashi_fare2015

日時:2015年8月8日(土)-9日(日) AM10:00~PM6:00(9日〜PM5:00)

会場:東京ビッグサイト 東ホール4・5 (地図
主催:株式会社エルアウラ 癒しフェア事務局

(鑑定家・出展ブース)
インド占星術(ジョーティッシュ)による対面鑑定を癒しフェア特別料金にて提供します。

10分 2,000円
20分 4,000円
30分 5,000円

※料金については当日の混雑状況によって随時変動します。
予めご了承下さい。

(コメント)
癒しフェアは短い時間ながら出生時間が分からない方が
来られた時にはラグナの修正もしなければならず、かなり
難易度が高いのです。短い時間ながら依頼者にとって、
今後、人生を歩んでいく上での決定的な洞察を提供しなければなりません。

そうした意味で非常に真剣勝負で気の抜けないイベントです。

確かにお祭り的なイベントで楽しんで参加するのですが、
時間が短くても相手が納得する結果を出さなければならないという所があって、
参加する私たち自身も大いに試される非常に楽しみなイベントです。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

【緊急告知】南アジア文化協会主催 インド占星術入門+実践セミナーのお知らせ 【13日(祝)の講座は中止となりました】

講座への参加を希望された皆様

皆様、こんにちは。秀吉です。

このたび10月13日(祝)に予定していたインド占星術講座ですが、

13日から14日にかけて、台風の上陸が予想されるため、
今回は大事を取って講座を中止することに致しました。

当日参加の皆さまにも心配をおかけしてはならないと思い、
早めに決断させて頂くことになりました。

大変残念ですが、今後も講座を開いて行きますので、また次の機会に
ご参加頂ければと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

鑑定家 秀吉

———————————————————————————————————————————————–
NPO SACAさんの主催で、インド占星術入門+実践講座を行います。

午前中は、インド占星術とは何か?インド占星術の基本原理の説明を通して、私がこれまで歩んできたインド占星術学習の歩みについて解説し、学習のための最短コースについて解説をします。基本的な用語の解説や、ジョーティッシュ学習において最も大事なことは何かといった学習のための学習のような話をしていきます。

午後は、皆様のホロスコープを用いて、そのホロスコープの具体的な読み方について解説をしていきます。
その際、アーユルヴェーダにおけるプラクリティを見るための参考指標や、またジョーティッシュにおける人間関係論など、来場者の興味や関心に応じた話をしていきます。

午前と午後は、理論編と実践編ということで便宜上名付けていますが、来場者の興味に応じて話がおそらく柔軟に変わっていく可能性があります。

告知が遅くなってしまいましたが、皆様のご参加を心よりお待ちしています。参加希望する方は、今週の金曜日までにご連絡下さい。
(その際、南アジア文化協会殿と鑑定家の両方にご連絡頂くのが確実です)

祝日の1日を費やして来られる皆様のためにまた私自身、ジョーティッシュを楽しむためにこの日に臨みます。

http://www.nposaca.org/schedule.html#20141013

日時:10月13日(月・祝日)
(理論編)10:00~12:00
(実践編)13:00~14:00

会場:「ココネリ」(練馬区区民産業プラザ)第4研修室
都営大江戸線、西武池袋線練馬駅よりとほ1分

料金:各3000円(資料代こみ)

「理論編」ではインド占星術のメカニズム、他占星術との違いなどを、
「実践編」では、参加者はそれぞれ各自の出生図を使って実践をします。
お問い合わせ:NPO SACA(特定非営利活動法人南アジア文化協会)
TEL: 03-6315-9268
メールアドレス:nposaca★gmail.com

※メールをされる場合、★を@に換えてご連絡下さい。

開催日が迫っていますので、上記のアドレスの他、鑑定家のメールアドレスにもお申込み下さい。

※告知が遅れましたので、現在、まだ1名しか申し込みいただいておりません。
もし申込者が少ない場合、今回の企画は中止となります旨、予め、ご了承下さい。
参加希望する方は今週の金曜日までにご連絡下さい。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

【お知らせ】健康生活フェアで対面鑑定ブースを出店します【2014年9月20日(土)~21日(日)パシフィコ横浜】

2014年9月20日-21日の日程で行われる健康生活フェアに出店します。

ヨガフェスタに続いて2週連続でパシフィコ横浜で行われます。
こちらは健康や代替医療に関心のある方向きの癒しフェアよりもより落ち着いたイベントのようですが、
もし関心のある方は是非、お越し下さい。

アーユルヴェーダなどの代替医療に関心のある方にもお勧めです。

【日時】
2014/9/20(土)10:00 ~ 17:00 終了しました
2014/9/21(日)10:00 ~ 17:00 終了しました

【会場】
パシフィコ横浜 みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩3分 又は、JR桜木町駅より徒歩12分
【鑑定料金】
10分 \1,500
20分 \3,000
30分 \4,000

※鑑定料金は時間帯や混み具合によって変動することがございます。

皆様、9月半ばの週末は是非、パシフィコ横浜にお越し下さい。

鑑定家 秀吉

【健康生活フェアを終えての感想】

健康生活フェアは癒しフェアよりも規模は小さかったとはいえ、鑑定家のサイトを読んでくれている方々が、来てくれたので大変うれしかったです。あまり会場に人はいませんでしたが、それでもそれなりに鑑定家のブースに鑑定を受けに来てくれた方がいたので、参加してよかったと思っています。他にもよさそうなイベントを探して参加していきますので、またその際にはお越し下さい。

kenkou_seikatsu_fare

 

 















スポンサーリンク


スポンサーリンク

【お知らせ】アジア最大級のヨガイベント『ヨガフェスタ 横浜 2014』で対面鑑定ブースを出店します 【2014年9月13日(土)~9月15日(祝)】

アジア最大級のヨガイベント、「ヨガフェスタ 横浜 2014」に出店します。

イベントの規模としては、先日の「癒しフェア」と同程度で3万人近くの方が集まります。

YogaFesta_CM3

期間:2014年9月13日(土)~9月15日(祝) 終了しました
会場:パシフィコ横浜

第一日目:2014年9月13日(土)9:30~19:30
第二日目:2014年9月14日(日)8:00~19:30
第三日目:2014年9月15日(月・祝)8:00~17:30

※私(秀吉)が直接鑑定するのは第1日目~第2日目の終日と、第三日目の午前中となります。

イベント概要はこちら

続きを読む















スポンサーリンク


スポンサーリンク

癒しフェア2013 in 東京に参加します!【2013年8月3日(土)-4日(日)】

こんにちは。

秀吉です。

今年も癒しフェアに参加します。

皆様 是非、お越し下さい。

鑑定に来られる方には当日、無料入場券を差し上げますので、

鑑定家のアドレスまで事前に連絡をお願いします。
address_hk
日時:
2013年8月3日(土)朝10:00~午後18:00
2013年8月4日(日)朝10:00~午後17:00

会場:
東京ビッグサイト 西1・2ホール 東京都江東区有明3-11-1
入場料:1,000円

最寄り駅:
りんかい線「国際展示場」駅下車徒歩7分
ゆりかもめ「国際展示場正門」駅下車徒歩3分

鑑定料:
10分  1,000円
30分  3,000円


スタッフ他、複数名で鑑定

 

iyashi_fare_20130803-04

 

 















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ジョーティッシュ脳構築セミナーのお知らせ【大阪】

こんにちは。

秀吉です。

2013年5月30日に大阪でインド占星術セミナーを行ないます。

 

日時:5月30日(木)18時~21時   終了しました

会場:大阪市立男女共同参画センター 西部館(クレオ大阪西)3階/和室 (JR西九条駅より徒歩約3分)

参加費:3000円 (5/20以降の申込み:4000円)

参加資格:ジョーティッシュに関する基礎知識がある方

【スケジュール】

18時00分~

1.昨年のインド旅行についての体験報告と占星学的考察
                

2.結婚に関する土星のトランジット(ジャイミニメソッド)についての考察

3.アーユルヴェーダとジョーティッシュの関連についてその可能性と課題

4.ジョーティッシュ脳構築エクササイズ

・ジャイミニチャラダシャーの計算

・手計算でチャートを作成するエクササイズ
(参加者自身の出生データや事例データを使って実習を行います)

・匿名生年月日を用いたイベントのタイミングの予測演習

※講師の私自身もトレーニングに参加します

20時50分終了。

 

21時00分~移動して希望者のみ懇親会

※時間の関係で全てのメニューを消化できない場合もございます。

 

申込方法:件名を「ジョーティッシュ脳構築セミナー」とし、
以下の項目をご記入の上で、お申し込み下さい。

お名前(ふりがな):
メールアドレス:
連絡先携帯番号:
出生データ:
(※当日参加する方のチャートを用いてエクササイズしますので必須となります)
懇親会参加の有無:

皆様の参加をお待ちしています。

鑑定家 秀吉















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術・学習会のお知らせ【3/24(日)18:00 ~】

私が初期の頃から一緒にジョーティッシュの学習をしている
沖縄在住の友人・島袋恵子さんから主にジャイミニ占星術やジャイミニの最新の技法を学びます。

初心者の方も歓迎しますので、是非、お越し下さい。

日時:3/24(日)18:00 ~ 21:00 終了しました
場所:神奈川県民活動サポートセンター404号室 (JR横浜駅西口徒歩5分)
参加費:会場費カンパとして500円

<スケジュール>
3/24(日)18:00 ~ 島袋恵子さんによる講座
20:50 ~ 終了
21:00 ~ 希望者のみ懇親会

申し込みは、以下までお願いします。

address_hk

参加する方は事前に申し込みをお願いします。

当日は、ノート、筆記用具をお持ち下さい。

 

【講座を終えて】

講座は少人数でしたが、

ジャイミニの計算から応用まで、

幅広く紹介して頂き、大変、ためになる講座となりました。

ありがとうございました。

次に島袋さんが東京に来る時にも、また開催することを約束しました。

次回はより参加しやすい午後の時間帯で開催したいと思います。

 















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術・横浜セミナーのお知らせ【8/11(土)10:00~17:00】

2012年8月11日(土)に、横浜でジョーティッシュのセミナーを行ないます。

定員は30名です。

◆      ◆      ◆

【日時】

2012年8月11日(土)10:00~17:00 (途中休憩1時間)
     

【会場】

神奈川県民活動サポートセンター406号室

【講師】

鑑定家代表 秀吉

【定員】

30名 (中規模の会場です)

 

【内容】

インドの天文暦を用いた手計算によるチャート作成手順を実習します。

チャートが作成できたら、ヴィムショッタリダシャー、分割図の計算に進み、チャートの解釈を同時並行で行ないます。

【メッセージ】

西洋占星術の書籍には巻末の天文暦などによって読者自身が手計算でチャートを作成し、
解釈までも行なうものが豊富に出回っていますが、インド占星術では、天文暦を用いて、手計算でチャート作成を行なう人はまだ少ないと思います。

学習の初期の段階では、面倒な手計算などはせずに有料、無料のソフトを使って、チャートを作成し、それらの解釈の仕方を勉強することで手一杯です。

然し、ソフトに頼らないで手計算でチャートを作成することによって、惑星の動きが理解でき、ジョーティッシュの解釈における直感も冴えると言われます。

本来、最も質の高い贅沢な学習方法が、手計算によるチャート作成であると言えるかもしれません。

本セミナーでは参加者が、GMT、LMT、サイデリアルタイム(恒星時間)、タイムゾーンといった天文暦の構成要素を理解し、実際に自力の計算によってチャートを作成できるようになることを目指します。

時間が余った場合、別のテーマも扱います。

始めて参加していただく方も、毎回参加していただいている常連の皆様も、お会いできるのを楽しみにしております。

 

【参加費】

¥6,000

早期申し込み割引制度:7/28迄の申し込みにつき¥3,000割引(半額に致します)

 

【持ち物】

ノート、筆記用具、計算機(電卓)

【申し込み方法】

お名前と参加希望日、出生データを添えて、 hk@kty7.com までご連絡をお願いします。

【お名前】     漢字(ローマ字)
【参加費】     当日支払い
【出生データ】  生年月日(西暦)+出生時間+誕生地

※出生データが開示できないと参加できませんのでご了承願います。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術コンサルテーション・2012癒しフェア東京【8/4-8/5】

2012年8月4日(土)-8月5日(日)に、癒しフェアに参加します。

 

【日時】

2012年8月4日(土)10:00~18:00

2012年8月5日(日)10:00~17:00 

 

【会場】

東京ビッグサイト・東4、5ホール
ゆりかもめ「国際展示場正門」駅3分 りんかい線「国際展示場」駅7分

【内容】

インド占星術による対面コンサルテーション

 

【メッセージ】

ジョーティッシュ(インド占星術)は、サンスクリット語で、光の知識という意味です。
インドで5000年の起源を持つと言われる太古の知識です。

出生時の月の度数から、今生で経験しなければならないカルマの流れというものが、
一望できるような未来予測技法が存在します。

鑑定では、運気のわるい時期、よい時期などの流れと共に
結婚、職業(就職、起業)、教育(進学、専攻分野)、性格傾向、今生のテーマなどについて、
分析します。

予約をしなくても、その場でテーブルにお越し頂いて、受けることが可能です。

癒しフェアへは、ここ2~3年、毎年参加していますが、海に隣接した国際展示場で、
土日の休暇にレジャー感覚で訪れるにはいいイベントです。

是非、この機会にお越し下さい。

 

【鑑定料】

癒しフェア特別料金

10分:1,000円
30分:3,000円
(以後、10分毎に1,500円)

【癒しフェア公式ページから無料入場券のダウンロードをしそこなった方へ】

鑑定依頼をされる方には無料入場券を差し上げます。
当日会場入り口で受け渡ししますので、事前に hk@kty7.com までご連絡下さい。

 

【特典】

お名前と、メールアドレスを登録(メルマガ)した方に
チャート無料出力サービス、一瞥無料鑑定

 

【申し込み方法】

当日、直接、テーブルまでお越し下さい。

事前に予約をされたい方は、jyoti@kty7.com までご連絡下さい。

 















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術・大阪セミナー開催のお知らせ (5/23-24 )改

5月後半に大阪でセミナーを開催します。

今回、手計算によるチャート作成というテーマを扱いますが、興味がある方は是非、ご参加下さい。
 

【内容】

インドの天文暦を用いた手計算によるチャート作成手順を実習します。
チャートが作成できたら、ヴィムショッタリダシャー、分割図の計算に進み、チャートの解釈を同時並行で行ないます。

【メッセージ】
西洋占星術の書籍には巻末の天文暦などによって読者自身が手計算でチャートを作成し、解釈までも行なうものが豊富に出回っていますが、インド占星術では、天文暦を用いて、手計算でチャート作成を行なう人はまだ少ないと思います。

学習の初期の段階では、面倒な手計算などはせずに有料、無料のソフトを使って、チャートを作成し、それらの解釈の仕方を勉強することで手一杯です。

然し、ソフトに頼らないで手計算でチャートを作成することによって、惑星の動きが理解でき、ジョーティッシュの解釈における直感も冴えると言われます。

本来、最も質の高い贅沢な学習方法が、手計算によるチャート作成であると言えるかもしれません。

本セミナーでは参加者が、GMT、LMT、サイデリアルタイム(恒星時間)、タイムゾーンといった天文暦の構成要素を理解し、実際に自力の計算によってチャートを作成できるようになることを目指します。

2日目にもし時間が余れば、その他のテーマについても扱います。

始めて参加していただく方も、毎回参加していただいている常連の皆様も、またお会いできるのを楽しみにしております。
  

【日時】

2012年5月23日 18:00~21:00(延長21:30)
2012年5月24日 18:00~21:00(延長21:30)
 

【会場】

貸し会議室 
大阪市中央区南新町2-4-12 インテリンクス南新町ビル2階
マイドーム大阪前201(地下鉄谷町線・谷町四丁目4番出口徒歩8分)
 
【定員】

12名(小規模の会場です)
※12名以上となった場合は椅子を増設して対応いたします。 
 

【講師】

鑑定家代表 秀吉

【参加費】

23、24日の両日参加:¥6,000
早期申し込み割引制度:4/28迄の両日申し込みの場合につき¥3,000割引(半額に致します)

※23日のみの参加は可能ですが、24日のみの参加の場合はご相談下さい。(24日だけだとチャート作成の手順が理解できません)

【持ち物】
ノート、筆記用具、計算機(電卓)
 

【申し込み方法】

お名前と参加希望日、出生データを添えて、 hk@kty7.com までご連絡をお願いします。
 

【お名前】     漢字(ローマ字)
【参加希望日】  23、24日の両日参加 or 23日のみの参加 or 24日のみの参加(別途ご相談) 
【参加費】     当日支払い
【出生データ】  生年月日(西暦)+出生時間+誕生地

※出生データが開示できないと参加できませんのでご了承願います。

※横浜で8月11日 10:00~17:00で同じ内容のセミナーを行ないます。

 















スポンサーリンク


スポンサーリンク

『時代の精神』の続編について

『ツァイトガイスト時代の精神』の続編が出たようである。

—————————————————–
2008年 ハリウッド芸術活動祭 
最優秀賞 受賞作品

[時代の精神 続編]結論:めざめから社会への行動対策版
ピーター・ジョセフ製作
翻訳・字幕作成 服部順治

http://jp.youtube.com/watch?v=eBpSxKjnh24
http://jp.youtube.com/watch?v=fucX75rKD4Q
http://jp.youtube.com/watch?v=S2vxd_xu1Ps
—————————————————–

このツァイトガイストシリーズは非常に完成度が高い作品で、
全部見たが、非常に衝撃を受けた。

今回の[時代の精神 続編]は社会を変えるための行動を呼びかけている。その内容は、内側(意識)の変革と外側(社会システム)の変革の両方について語っている。

これを見て、この作品の作者ピーター・ジョセフは単なる陰謀論者でもなく、共産主義者でもなく、真の社会の改革には我々一人一人の意識の変革が必要であることを、クリシュナムルティの映像と言葉を通して訴えかけている。

その一方で、銀行の詐欺行為を暴き、連邦準備銀行を実質的に支配しているシティバンク、JPモルガンチェース、バンクオブアメリカなどの民間銀行のボイコット運動や、支配体制を維持する巨大メディア産業や、軍隊(軍産複合体)、エネルギー産業、規制の政治体制のボイコット運動を勧めている。

我々の社会システムは銀行が信用創造で生み出す借金によってでないと、経済活動が行えない仕組みになっており、そのため、借金は利子を付けて、返さなければならないため、我々はお金を市場からかき集めるために必死になって奴隷のように働き、かつ資源を開発し自然環境から際限なく、資源を搾取し続けて経済成長をしなければならないのである。

そうしたシステムを維持しているのが銀行システムであり、そのトップについている者たちが、我々人類を実質的に支配している統治者である。お金とお金を生み出す銀行システムを使って、統治しているのである。

そして、軍産複合体は対立する陣営に武器を渡して戦争を起こし、世界を混沌とした状態に留め、戦争によるビジネスによってお金を儲け、

銀行は膨れ上がった軍事費により国民の税金から利子を含めて回収し、

エネルギー産業は軍事力の後押しを受けて、発展途上国から資源利権を奪い取る。そして、メディアはそうした体制を擁護するように情報統制する。

こうした物質社会を統治する支配層の仕組みの根っこの部分を形成する
銀行システムについて、特にその信用創造を含めた詐欺行為を告発している。

しかし、こうした外側の革命ばかりでなく、内なる革命についても
語っているところが秀逸である。

そして、そちらの方が本当は重要なのだと述べている。

この作品はこれから社会で高まっていくムーブメントに
先駆けて、その雰囲気を伝えるような内容になっている。

改革は人間の意識の変化によってもたらされるという
クリシュナムルティの力強い演説を引用して、これを伝えているところに感銘を受ける。
製作のピーター・ジョセフは今起こりつつあることの全体像を知っている人物に思える。

クリシュナムルティはかつて世界教師の器として準備されていたのであり、彼の引用は、これから姿を現す世界教師と、人類の社会改革ムーブメントの高まりを雰囲気的に伝えているのである。

実際にはこんな映像では表現しきれないとてつもない革命が起こるのである。

その雰囲気を今の段階で伝えるのが本作品である。

私たちは街にたたずんで、何か自分達が奴隷として歯車として取り込まれていたこの社会システムを手放す瞬間がおとずれるのである。

何かとてつもない内なる革命が進行し、二度と元には戻らない変化を
引き起こすのである。

街の中に私たち一人一人が佇んで、茫然として、この事態を味わうのである。尋常でない体験を味わうのである。

その雰囲気を製作のピーター・ジョセフは伝えたいのだと思う。

私はこの変化について、以下のコラムで書いたのであるが、

アメリカの行方 -アメリカ発の世界革命が始まる-
http://www.kanteiya.com/column/09/1018.htm

世界教師について
http://www.kanteiya.com/column/09/1019.htm

こうした革命がどのようにして行われるかということを
知るには必見の作品だと思われる。

 

(関連作品)

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1
http://video.google.com/videoplay?docid=1431037135738418803

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート2
http://video.google.com/videoplay?docid=274762950234337392

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート3
http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035

ツァイトガイストムーブメント 公式ホームページ
http://www.zeitgeistmovie.com/index.html

 

(引用抜粋)

—(略)—

[社会を変えるための行動]

1、銀行の詐欺行為を明らかにします。

シティバンク、JPモルガンチェース、バンクオブアメリカは、
腐敗した連邦準備制度理事会内で最も強力な支配会社です。

これらの銀行をボイコットする時です。
もしそれらの銀行の口座またはクレジットカードを持っていたら、
別の銀行に移動しましょう。

それらの銀行に住宅ローンがある場合は、
別の銀行に借り換えをしましょう。
それらの銀行の株をもっていたら、売りましょう。

もしそこで働いていたら、辞めましょう。

この行動により、連邦準備制度理事会として知られている
民間銀行のカルテルに隠れている「本当の権力者」に対する
軽蔑の表明をしましょう。

そして金融システム自体の詐欺行為について
みなさんに知ってもらいましょう。

2、テレビニュースのスイッチを切りましょう。

知りたい情報については、インターネット上の
新しく作られた独立系の報道機関のニュースをご覧ください。

CNN、NBC、ABC、
フォックスが報道するすべてのTVニュースは
現在の体制を維持するためにフィルターがかけられています。

4つの企業が所有するすべての主要なメディアでは、
客観的な情報の提供は不可能なのです。

この報道の分野にこそ、
インターネットの真のよさが現れています。

またインターネットでは情報が自由に流れるため、
権力層は支配することができなくなっています。

私たちの救世主として、
常に私たちはインターネットの世界を
守っていくようにしなければなりません。

3、あなた自身はもちろん、あなたの家族、
あなたの知っている友達など、いっさい軍隊と
関わらないようにしましょう。

この軍隊はもはや意味のない権力層の組織を
維持するためだけに使われている時代遅れの機構です。

イラクにいるアメリカの兵士は
アメリカの企業のために働いているだけで、
アメリカの国民のためではありません。

私たちは、戦争で争うことが普通のごく自然に起きる状態で、
軍隊は誇り高い組織だと信じ込まされています。

また、もし戦争が普通の自然な状態だとしたら、
なぜPTSD(ストレス障害)で毎日アメリカの退役軍人が
18人も自殺するのでしょうか?

もし私たちの軍の男女が誇り高い人たちなら、
なぜアメリカのホームレス人口の25%が退役軍人なのでしょうか?

4、エネルギー企業を支援するのをやめましょう。
もし一戸建て住宅に住んでいるなら、
一般的な電気、ガスなどのエネルギー供給網から
抜け出すようにしましょう。

ご自宅の家をクリーンエネルギーで持続可能な生活ができる
あらゆる方法を研究してみましょう。

太陽、風力、およびその他の再生可能エネルギーは、
今や手頃な価格で消費者に提供されるようになり、
限りなく値段が上がり続けている従来のエネルギーを考えると、
長い期間で見れば安い投資になるでしょう。

車に乗るならなるべく小さな車にして、
ハイブリッドや電気など従来のエネルギー以外で
走ることができる車を使うようにしましょう。

5、従来の政治体制を拒否しましょう。
民主主義への幻想は私たちの知性をあざけ笑うでしょう。

金融システムには、真の民主主義などはありませんし、
以前にもあったためしはありません。

2つの政党が同じ企業集団のロビイストによって支配されています。

それら企業集団の運営するメディアによって投影される人気でもって、
彼ら政治家や政党の立ち位置が決められます。

本来、腐敗したシステムにおいて、2、3年おきの人事異動では
彼らの行動傾向はほとんど変わることはありません。

選挙や政治討論などの政治ゲームがあたかも意味があるように思うかわりに、
この間違ったシステムをどのようにして超えていくかに集中しましょう。

6、この運動に参加しましょう。
時代の精神のサイトを見ていただき、
今まで見たことがないような社会的変革を起こす
大衆運動を作り出すのにご協力ください。

私たちは結集して、現在のシステムに先天的にある
腐敗について啓蒙していく必要があります。
真の持続可能な解決策を携えて

・・・地球上のすべての天然資源は
人類の共通の遺産であることを宣言します。

一方、みなさんに知らせることとして、
技術の本当の価値や、もし世界が戦うのをやめて、
どもに働くようになればどれだけ自由でいられるか、と言うことです。

どちらを選択するかはあなたにかかっています。

あなたは金融システムの奴隷であり続ける事もできますし、
絶え間ない戦争、経済恐慌、地球規模の不正を
見続けることもできます。

空虚な娯楽や唯物的でガラクタのようなモノで
あなた自身をなぐさめながら….

さもなければ誰ひとり置いてけぼりにすることのないよう
全ての人たちを解放し、支え続けていかれる、
現実的な能力を身につけ、
本当に意味のある地球規模の全体を考えた

持続性のある変革にあたなのエネルギーを注いでいくこともできます。

でも結局、最も意味のある変化は、
まず、あなた自身の中に起こるに違いありません。

本当の革命とは実は意識の革命なのです。

まず私たち一人ひとりは、
それが今まであたりまえだと条件付けられてきた、
他人と自分とを区別する唯物的なノイズを乗り除いていく必要があります。

今まで私たち自身が経験してきた
一体感から感じたことから見出し、熟考し、
それにそって全体的な調和をはかっていくことによって、
わかってくることなのです。

そしてそれはあなたの努力しだいなのです。

[クリシュナムルティ:マザーテレサら現代5大聖者のひとり]
”私達がやろうとしていることは何か。

あなたはここでの議論や話を聞いて、
根本的な意識の変化を起こすことができるかどうか、ということです。
・・・物事を言われたとおり鵜呑みにせず、
でもそれを理解し、さらに深く考え、
違った暮らし方をあなた自身で見つけ出さなければならず、
そのことに集中するのです。

でもそれは、あなたが他の誰でもない、
あなた自身の人生を歩んでいかなくてはいけない、
という意識にかかっています。

なぜなら、あなたには教師も、生徒もいない、
指導者も導師もなく、
神様もいなければ、救世主もいない。

あなた自身が、教師であり、生徒であり、
神であり、導師であり、
指導者であり、あなた自身が全てなのです。

そして理解する事は、変化させるということ・・・。”

(『時代の精神』続編より)















スポンサーリンク


スポンサーリンク

2009年1月-2月鑑定家セミナー

こんにちは。
秀吉です。

これから、これまでにジョーティッシュの学習&実践で、
分かったことをアウトプットするとともに、時代の変わり目としての
現在の転換期に必要な知識を伝えて行きたいと考えております。

まずその第一弾として、

来年の2009年1月終わり頃と2月半ばに
以下の日程でセミナーを開催します。

◆      ◆      ◆

2009年・鑑定家セミナー
題名:『ジョーティッシュの人間関係論と世界の真実』

【日程】1月25日(日)
前半:13:30~17:00
後半:18:00~22:00
【会場】大田文化の森 第3(定員:38名)
【交通】JR大森駅西口から徒歩約16分
東急バス・池上方面行、大田文化の森下車徒歩1分
http://www.ota-bunka.or.jp/bunka/access.html

【講座内容】
前半ではプロジェクターやビデオを用いて主に講義を中心に行い、
後半では雑談形式で、公開鑑定や、
質問コーナー(一緒に考える)を設けます。
希望者には鑑定も行いますのでお得だと思います。
身近で気になるチャートがあればご持参下さい。

【参加費】¥2,000

【日程】2月14日(土)
前半:13:30~17:00
後半:18:00~22:00
【会場】大田文化の森 第2集会室(定員:38名)
【交通】JR大森駅西口から徒歩約16分
東急バス・池上方面行、大田文化の森下車徒歩1分
http://www.ota-bunka.or.jp/bunka/access.html

【講座内容】
前半ではプロジェクターやビデオを用いて主に講義を中心に行い、
後半では雑談形式で、公開鑑定や、
質問コーナー(一緒に考える)を設けます。
希望者には鑑定も行いますのでお得だと思います。
身近で気になるチャートがあればご持参下さい。

【参加費】¥2,000

※1/25、2/14とも同内容ですが、
その時の状況によって内容が変わることがあります。
来場者の要望に応じて柔軟に内容を変更します。

【セミナー内容】

1.私がジョーティッシュに夢中になったわけ

・ジョーティッシュに関する雑談、ウォーミングアップ
・臨床の知としてのジョーティッシュ

2.ジョーティッシュの人間関係論
・チャールズ皇太子とダイアナ妃の関係について 他
・北野たけしと山本モナ 他

3.宿曜占星術と、ジョーティッシュの人間関係論の比較理解

・宿曜占星術の奥義、三九の秘法が現代に蘇る
・三九の秘法は、こんなに簡単だった(三九の秘法の奥義の超簡単理解法)
・徳川家によって封印され、徳川200年の幕藩体制を支えた秘技を徹底解剖する

4.秘教入門 ― ヘレナ・ブラヴァツキー、アリスベイリー・・・

・新世界秩序とは何か?
・陰謀理論の中の”新世界秩序
・アリスベイリーの書籍の中に登場する新世界秩序(new world order)
・白色の新世界秩序と黒色の新世界秩序
・霊的ハイアラキー と 物質性の大主方(ブラックロッジ)
・人類の本当の歴史を秘教的に概観する
・経済崩壊―現在の世界情勢―
・魚座の時代から水瓶座の時代へ
・お金の起源
・国際銀行システムは水瓶座(第7光線)のエネルギーが生み出した
・『MONEY AS DEBT』を視聴し、現代のお金のシステムについて考える。
・ジョーティッシュにおける6/8の関係で解釈する

(参考図書)
『金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った』 安部 芳裕 (著) 徳間書店
『洗脳支配』 苫米地英人著 ビジネス社

※参加される方はお金と時間に余裕のある方は、
上記の2冊を事前に読まれることをお勧めします。

5.2012年問題とは何か?

・2011年10月14日以降にアメリカ発の世界革命が始まる<br>
・新しい世界、新しい人生
・我々の時間の概念が変わる

※全部のメニューを消化しきれない可能性があるため、2、3を優先し、
残りの時間で、4、5をこなします。

【参加資格】

どなたでも参加自由ですが、
内容を全て理解するには ジョーティッシュの基礎的な知識が必要です。
惑星、星座、ハウスなどの占星術の基本的な概念が分かることが望ましいです。

 

【最低催行人数】
3人。
3人集まった段階で開催します。

【申し込み方法】

<お名前(本名)>
<参加希望日>
<連絡先>
<出生データ or 月のナクシャトラ>

上記の項目を記入して、
psh2bhr1@ybb.ne.jp 

までお申し込み下さい。
折り返し返答をいたします。

当日、出生の月のナクシャトラを用いて、
簡単なエクササイズ&ゲームをして頂きます。
月のナクシャトラが分からない方は、
出生データ(生年月日、出生場所、出生時間)を必ずご記入下さい。

事情があって出生データを開示できない方は、

ナクシャトラの名前と月の星座における正確な度数をご記入下さい。

(例:双子座27°17’ プナルヴァス)

皆さんの参加をお待ちしております。

鑑定家/秀吉















スポンサーリンク


スポンサーリンク

『Zeitgeist』(時代の精神)

【Part1】支配のツールとしての宗教



非常に興味深い作品だと思って視聴した。
全部には同意できないが非常に面白い。

『Zeitgeist』(時代の精神)シリーズというのは今まで、
どんなメディアでも見たことのない真実ではないかと思う。
TVなんかではもちろん見ることは出来ない。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

セミナー情報-『あべ よしひろ 講演会 & 交流会』

先日、「日本人が知らない恐るべき真実」というブログを 
立ち上げて、啓蒙活動をしているあべよしひろ氏の講演会に 
行ってきたのですが、世界の歴史や資本主義の起源、お金の本質について考えさせられる内容で、私も今後、この問題について考えて行きたいと思える中身の濃い考えさせられる内容でした。 

このことについては今後も春分点の移動による文明の転換のことと 
あわせて考えていきたいと強く思う内容でした。 

そして、5月4日に再び講演会を開催するそうです。 

あいにく私は行けませんが、もし行ける方がいたら、 
是非、行かれることをお勧めします。 

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/ 

—————————————————————– 
『あべ よしひろ 講演会 & 交流会』 

-人間らしく生きられる持続可能な経済システムを構築しよう- 

日本は今、大きな転換点を迎えています。 

逼迫する財政状態、政治の混迷と官僚や企業の相次ぐ不祥事、一向に良くならない改革、経済格差に始まる格差社会、社会的弱者の切り捨て、衰退し続ける地方経済、等々、まったく希望が見えません。 

また、世界に目を向ければ、米国発の世界的不況、混沌とする中東情勢、猛威をふるう疫病、深刻な貧困と環境破壊、現実化し始めた水不足と食糧危機、等々、やはり暗澹たる状況です。 

こんな「お先真っ暗」な状態をどうすれば打開できるのか? 

それには、世界の≪仕組み≫を正しく理解し、諸問題の根源にある≪お金≫のシステムを変えていく必要があります。 

地域循環型社会を研究する反ロスチャイルド同盟の主催者、安部芳裕が「人間らしく生きられる持続可能な経済システム」を提案します。 

是非ご参加ください。 

日時:5月4日(日)14:00~21:00 

場所:きゅりあん 5F 第二講習室 

   東京都品川区東大井5-18-1 Tel 03-5479-4100 

JR/東急線 大井町駅前 

http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/index.html 

参加費:一般 3000円 レインボーリング会員 2500円+500R 

※当日、受付けでお支払ください。 

申込み先:info@anti-rothschild.net















スポンサーリンク


スポンサーリンク

お金の秘密—『負債としてのお金』について—

お金の誕生の秘密と、大衆に隠されているお金の真実について、余すところなく解説しているストリーミングビデオ『Money As Debt』に日本語訳をつけたものが『日本人の知らない恐るべき真実』というブログサイトで公開されている。


『Money As Debt』日本語字幕版
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/
http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771


日本語の題名は『負債としてのお金』である。

このビデオで解説されている”お金のつくられ方”について、街頭でインタビューしたところ、ほとんどの一般人が正確には分からなかったそうである。

かく言う私も全くこの年になるまで全く分かっていなかった。
このお金の秘密について知っている人が少ないからこそ、『金持ち父さん、貧乏父さん』のようなキャッシュフロー入門が最近、ベストセラーになったと言える。

外国為替証拠金取引(FX)や株取引などの証券市場がインターネットで、一般の人にも開かれてきて初めて、お金にお金を稼がせるという銀行家と同じような発想に多くの人々が目覚めたといえる。

それと同時にこれまで国際銀行家が世界を支配してきたやり方の一切が、白日の下に暴露され、明らかになる時がついに来たのだといえる。

メディアがテレビやラジオ、新聞などしかない段階ではそれらのマスコミを所有し、統制している国際銀行家が自らの本当の姿について暴露することは一切なかったのだといえる。

学校でもどこでもこれらのことを教えてくれなかったのである。
従って、私もこれまでこのような知識を得る機会が全く無かった。

然し、インターネットの普及によって、規制のメディアを経由しない情報が得られるようになって初めて、このような世界の重大な真実を知ることができるようになったのだと言える。
そもそも、パソコンとは人と人とがコミュニケーションする道具というコンセプトで、シリコンバレーなどのIT発祥の地にて、技術者やプログラマーによって開発されたのであり、それはネットワークによって、相互接続して使うことを前提としていたのである。
そして、インターネットも既成の権威からの一方通行の情報ではなく、誰でも対等な立場で情報を発信でき、受信できることを目的として創られたのできる。創った人たちのコンセプトはそのようなものだった。


この『負債としてのお金』が伝える真実は私が理解した範囲で、簡単に要約すると以下のようなことである。


・銀行が保有している現金は実際は少ないのであり、保有している金額の10倍、20倍、多ければ30倍もの額のお金を『信用創造』によって作り出している。

・『信用創造』とは口座にある預金を送金したり、小切手を切ったりしてもその相手がそれを現金化せず、そのまま口座に預金したままにして、預金を人々が実際には引き出さないことから、実際に保有しているよりも多くのお金を貸し出すことができることである。つまりお金を貸しているのではなくお金を創り出している。

・従って、実際に保有する現金よりも多くのお金を貸し出すということは、自分が保有していないお金を銀行は貸し出すということであり、無からお金を作り出しているということである。そして『信用創造』とは人々がお金を銀行から借りる瞬間生み出されるのである。『負債としてのお金』という題名はそういう意味である。そして、その貸し出したお金はいずれ利子を含めて、返済されるため、銀行は人にお金を貸すとその分のお金を無から作り出して利子を含めてまるまる自分たちの利益とするのである。

そして、30倍の『信用創造』をして、お金を人に貸し付ければ例えば1億の現金しか銀行は保有していなくても何名かの人に30億円分の貸付を行えば30億円を新たに創造したことになり、やがて返済を受けることで30億円をまるまる利益とすることができる。しかも利子も付いて30+数億円を利益とすることができる。


・銀行は信用創造によってただ元金だけを創造するが、借り主が返済するための利息は創らない。
借り手が利息を支払うためにお金を得られる唯一の場所は市場経済の中だけであるが、その市場経済のすべての貨幣供給は銀行の信用創造によって作られたものである。従って、我々は創られた以上のお金を返済しなければならない。

借り手は全体の資金量が元金分しかないところから死に物狂いで元金と利息を返済しようとするが、市場には元金分の資金しか供給されていないため、市場にある元金分のお金を奪いあって利息を返すしかない。そのため、必ず全員が元金+利息を返せるわけではなく、中には元金も返せなくなってしまう借り手が出てきてしまう。

つまり、現在維持されている金融システムは、その本質として市場経済の中で不足しているお金を奪い合うように競争を助長する仕組みであるというのがその本質である。

金利を取るという行為は実質的にお金の供給量以上に返済するために人々に競争させるという非倫理的なものである。
中世のヨーロッパにおいてカトリック教会は金利を取ることを禁止していたが、直感的に金利を取ることが不道徳であることが分かるからである。現在では上記のストリーミングビデオのように金融システムがもたらす結果についての分析により直感的にばかりでなく知的にそのシステムの弊害が理解できるのである。

そして、『日本人の知らない恐るべき真実』の管理人は公定歩合(金利の率)は自殺率と相関関係があると洞察している。これはお金を苦にして自殺する人がいる以上、明らかに相関関係があるはずである。


・もし長期ローンや政府の借金で利息の総額が元金を上回ってしまうと利息を支払うための充分なお金が創られない限り、非常に高い確率で返済できない分の抵当を失うことになる。
しかし、社会的な破綻を招かないためには抵当権が実行される割合を低くすることが必要である。これを成し遂げるためにはさらなる新しい借金が以前の借金の利子を払うために創られなければならない。

これは全体の借金を大きくすることにつながる。そして結局もっと多くの金利を支払わなければならなくなり結果的に山のような借金の渦の中から逃げられないことになる。

・新しくローンとして創造されたお金が全体的な不足分に追いついている間だけシステムの破綻を免れているにすぎない。しかし銀行の飽くことを知らないクレジットの化け物は次第に大きくなっている。さらにさらなる借金を創る必要性が緊迫している。貨幣供給が増加するにつれて生産と取引量が同じように成長しない限り、お金の価値が下がってインフレになる。従って経済、すなわち、生産と取引量は成長していかなければならない。

年3%の経済成長をしている時 私たちは経済が一定のレートで成長していると思っているがそれは違うという。今年の3%は昨年の3%より商品とサービスが増加していることを意味する。

1   × 1.3 =1.3   昨年度   (1.3  -1    =0.3  )
1.3 × 1.3 =1.69  今年度  (1.69 -1.3  =0.39 )
1.69× 1.3 =2.197 来年度   (2.197-1.69 =0.507)

つまり昨年度よりも今年度の方が増加分が0.09多い。
そして来年度の方が昨年度より0.207多い。
これが毎年繰り返しされていくと、幾何級数的に成長の割合が増えていくので、限りある地球資源がそのような経済成長に耐えられないのは明らかである。現在の金融システムは無限の経済成長を地球に強いるのである。

これをジョーティッシュの論理で考えると、
現在の世界の金融システムを支配する国際銀行家たちは人にお金を貸すことで信用創造により無からお金を作り出して市場経済に供給しているのである。
従って、地球に負債者(6室)を延々と増やし続けているのである。
その負債者たちは死に物狂いで借金を利子を含めて返済せねばならず、市場で流通しているお金を奪い合って、返済しなければならないのである。つまり、誰もが欲しいが市場には必要充分にない限られたお金を人から貰い受けるという商行為は必然的に暴力的であり、特に法外な報酬や値段を設定することは非常に暴力的である。

然し、市場経済の中で成功するにはそのように市場に存在する実際には少ないお金をかき集めなければならない。つまり、社会的経済的成功者とは必然的に暴力の中を勝ち残ってきた人々(11室)である。(11室=6室から6室目)

そして弱いものはお金を得ることができずに死んでいくしかないのである。
この世界に負債者を延々と増やし続け、そして、数%の死者を出すことをやむを得ないとするのが現在の世界を支配している国際銀行家のオペレーションである。

※因みに例えば日銀の福井総裁は失業率は8%に抑えるべきだと発言したそうである。(『福井日銀危険な素顔』あっぷる出版社より)つまり、8%の国民は死んでも仕方がないということを言っているのと同じである。彼も欧米の中央銀行と通じていて、一般国民の感覚と深い断絶があるようである。


そして、6室が生み出されるとき、その原因となった人々は8室である。
あるハウスから6室目は部下のハウスであり、奴隷のハウスである。つまり、我々は国際銀行家に借金づけにされて、奴隷化されていると言える。我々から見ると、国際銀行家は8室目であり、我々の死神(8室)である。

我々の天敵(8室)であり、最も苦手とする相手であり、我々の生命力を吸い取って、じわじわと死に追い込んでいく死神である。
つまり、中世のイタリアで金融業をはじめたユダヤ人は近代に入ると国際金融ネットワークを築き上げ、国家の上に君臨して我々を支配するようになったのである。彼らは我々にとっては8室の表示体である。彼らはマスコミにも一切姿を表さずに、秘密裏(8室)に我々を支配しているのである。誰もお金が生み出される過程を知らないのはそのためである。彼らはあまりにも秘密裏にうまくやり過ぎて我々一般人は金融システムについての真実を全く何も知らされないで来たのである。


注:ユダヤ人が金融システムを作ったといっても全てのユダヤ人が不道徳であるわけではない。
もちろん、ユダヤ人の中には偉大な発見をして人類文化の発展に寄与した優れた人物も大勢いるが、情のない情け容赦ない合理的な思考をするのも彼らの全般的な特徴ではないかと思われる。
彼らの一部が悪をなすときにはその力は巨大である。
国際金融家は金利をとって我々人類を馬車馬のように働かせているということからして、道徳的であるとは
言えない。また持続可能な経済の観点からしても、現在の金融システムは限りない経済成長を必要とするのであり、その点でも地球環境にとって優しくないのである。地球の資源を利用し尽そうとするのがその本質である。

彼らは合理的なため、借金によって追い立てられてば人間は最も生産的になるということを知っているようである。
その冷徹なまでの合理主義によって、人間を馬車馬のように働かせ、地球の資源を開発して物質文明を作り上げることに成功したのである。そこには全く人間愛などというものは入り込む隙はなく、徹底的な合理主義を貫いた結果である。彼らの成果というのは結局のところ、物質的な面のみの成果である。彼らに任せていたら、精神文明は築かれないのである。


しかし、この世界には必要なものは存在し、必要でないものは存在しないのが常である。
ジョーティッシュの検証で我々が体験してきていることである。

水瓶座の文明が築かれて地球が一つになっていく前の段階において、人に負債を背負わせて欲望を助長して、無限の拡大、征服に向かわせた国際金融システムはそれでも人間の活動が大きくなり、地球を埋め尽くすぐらい拡大するための必要悪だったとも言えるのである。
それは例えば、人間はまだ進化していない段階においてはタマス(不活性、鈍性)によって支配されている。
人間に活動をさせるのにはラジャス(激性)の要素が必要である。銀行が信用創造によって人に負債を背負わせて、どんどん負債者を世界に生産するという行為は人類のラジャス(激性)の様相を刺激して、人間に強制的に活動をさせ、地球の隅々まで探検し征服し尽くすという積極的な行動を促すという役割は果たしている。
もし、これらがなく人間がタマス(不活性、鈍性)に支配されていたら、人間は何もしようとはせず、全く物質的にも進歩しないのである。

6室の表示体は火星であり、火の要素であり、地球に比べてまだ人類の活動があまりにも小さかった間は火の要素によって、ラジャス(激性)を刺激して、人類の活動を地球規模に広げさせる必要があったのである。

だからこそ、まだ人間が不活性で、タマスの要素に支配されている時は、人間は行動に喚起されなければならず、それは強制力を必要とし、それが資本家と労働者の対立や、主人と奴隷の関係などが必要悪として認められなければならないということかもしれないのである。というよりもだからこそ、そのような関係が存在してきたのである。
だから人がタマスの様相を抜け出て、ラジャス(激性)やサットヴァ(純性)に支配されるにつれて、資本家と労働者の対立は解消されていくのである。

アリス・ベイリーの著作に「資本家と労働者の対立とは、知恵の殿堂を通っているか通っていないかの違いである」というようなことが書かれている。

つまり奴隷や労働者にされてしまうのはその人自身にも問題があるのである。その人自身がラジャス(激性)に支配されて野心的に能力を開発して、労働者の立場から資本家や独立者として身を立てることが出来るようになれば、その人は奴隷や労働者の立場から抜け出すのである。単にシステムに問題があるばかりではない。その人自身の進歩とシステムの改善が必要である。

しかしそのように肯定的に考えたとしても国際銀行家(ユダヤ人etc)がそのような創造主の代理人のようなことを考えているわけではなく、彼らは自分たちの自己利益を追求しているに過ぎない。彼らは単なる利益計算で動いており、そのような広大な神の経綸のようなことを考えているわけではない。彼らが国際金融システムを作り出したのは純粋に自分の利益のためである。然し、もっと大きな観点に立てば、彼らも神の創造の一過程として利用されているのかもしれないと考えることも出来る。

しかし実際には、彼らの動機は利己的であり、他者を傷つけているため、カルマをどんどん築いているのである。彼らが生産しているのは負債者である。お金の奴隷である。これは6室の象意を世界に生産していると言える。6室というのはドゥシュタナハウスであり、トリシャダハウスである。
トリシャダハウスとドゥシュタナが絡む場合、欲望によってさらなるカルマを築いていくコンビネーションと言われるのである。この6室は単独で、トリシャダハウスとドゥシュタナハウスの絡みが成立しており、国際銀行家は自分たちの物質欲から世界に苦しみをもたらし世界にカルマをもたらしている。

従って、それは打倒されなければならないのである。
もし我々が銀行からお金を借りない時、そこにはお金は存在しないのである。つまり、国際銀行家は人を支配することができなくなるのである。

もし我々がラジャスを通り超して、サットヴァ(純性)の要素を自己にもたらせば、もはや私たちは借金をせず、また国際金融システムの不正を暴き、そのシステムを打倒して、内側と外側の改革をもたらせば、もはやそこには6室という要素はなくなるのである。部下と上司とか、奴隷と主人とか、資本家と労働者とかいう関係性は6-8室の関係性であり、新しい時代には相応しくないのである。人類が進歩して、カルマを解消していくに連れて、6室や8室の象意とは人生の中で主要な位置を占めなくなるのである。

しかし国際銀行家や一部のユダヤ人は物質的な欲望に取り付かれ、人類を支配しようという野望を捨てないのである。以前、『ユダヤ民族のカルマ』というコラムの中でユダヤ人のカルマについて検討したのであるが、この国際銀行家と国際銀行家の中にいる一部のユダヤ人もまた世界に争いと苦しみをもたらし、カルマを築きつづけているようである。彼らはカルマの苦しみからさらに新しいカルマを次々と築いているようである。















スポンサーリンク


スポンサーリンク