作成者別アーカイブ: 秀吉

2017年12月16日(土)南アジア文化協会主催 ジョーティッシュ基礎講座のお知らせ

今年最後のイベントとして、南アジア文化協会さんからのオファーで、ジョーティッシュの基礎講座を行ないます。

ワークショップ形式で、自分の出生図を解釈しながら、ジョーティッシュの基本的な法則を学んでいく内容です。

既に何度か行っているセミナーになりますが、参加者の皆さんが必ずしも基本的な法則を理解しないで終わっている方も多いため、

今回はホロスコープの解釈の手順を理解して帰れるような内容にしたいと考えています。


私のスタンスとして、基本的に同じ内容にならないように考えています。同じ内容を繰り返すことは苦手です。

従って、今回はよりリラックスして、話したいことを話していくと決めています。

即興で考え付いたことを話していくと共に参加者との相互作用によってライブの良さを出して行きたいと思っております。


週末の3時間をジョーティッシュのワークショップをして過ごしたい方は、是非、お越し下さい。

一応、準備している内容は以下になりますが、直前で内容を付け足すなど内容を更新して行きますので、開催日まで内容のチェックをお願いします。



【講座内容】

・ジョーティッシュ概論
・惑星、星座、ハウス
・惑星の生来的吉凶、機能的吉凶の法則
・結婚、結婚のタイミング、対人関係を見る手順

※上記のようなことに言及しながらその場で出て来た質問などにも柔軟に対応していくセミナーです。

通常は基本的な知識を全て学んでから、チャートのリーディングに移行しますが、本ワークショップセミナーでは、いきなり皆さんのチャートを読解しながら、

その都度、必要な知識を学んでいくというように順番を逆にして、退屈しないセミナーです。自分について良く知りたい方、是非、お越し下さい。

またこれまでに参加して来られた方も決して同じ内容の繰り返しにはなりませんので、再度、読解の手順を行って、ホロスコープについて新たな発見をして頂ければと思います。

※鑑定ではありませんので、ご自分で見て頂きます。


宜しくお願い致します。


秀吉



イベント名

NPO SACA 「インド占星術講座」
ジョーティッシュ基礎講座・体験ワークショップ(基本から応用の入り口まで

日時

2017年12月16日(土)13:00~16:15

受付開始 12:45
講座前半 13:00-14:30(90min)
休憩 14:30-14:45(15min)
講座後半 14:45-16:15(90min)
懇親会 16:15-17:45(90min) (希望者のみ、申込不要)


会場

練馬区立区民協働交流センター 多目的室 (練馬駅北口徒歩1分)
〒176-0001 東京都 練馬区練馬1-17-1ココネリ3階


参加費

◆「早割」5000円(12/4(日)のp.m.23:59までにお申し込み、12/11(日)までにお振込いただいた場合) ◆「普通予約」6000円
◆「SACA会員割引」(早割4500円、普通予約5400円)

※開催決定後、お振込の受付開始のご連絡を差し上げます。
※チャート作成料含む


予約について


本イベントは、南アジア文化協会主催のイベントになりますので申し込みは直接、南アジア文化協会までお申込み下さい。

①お名前(ローマ字+ひらがな)
②出生年月日と出生時間(母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
③出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)

上記のデータを添えて、南アジア文化協会( nposaca@gmail.com )までお申込み下さい。件名は「占星術」でお願いします。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

座間9人殺害事件について

座間9人殺人事件の恐ろしい所は、白石隆浩容疑者は、性倒錯者でもなく、精神異常者でもなく、単にお金が欲しくてやった犯行なのだということである。


白石容疑者は動機について「楽して生活したいから殺した。金を奪うには殺すのが早いと思った」と供述しており、動機は通常の犯罪者と同じである。


犯行は凶悪で猟奇的で常軌を逸しており、異常な実行力を伴っているが、動機は普通の犯罪者のそれである。


金銭目的で、ここまでする必要があるのか、この異常な実行力はどこから来たのか、通常、こうした猟奇的殺人では性倒錯と絡んで殺人行為自体に固執している場合も多い。


但し、その辺りの動機の部分が曖昧であり、白石容疑者は動機として、金が目的であったと供述している。


死体に興味があった訳でもなく、ただお金が欲しくて9人の殺害を行い、その殺害した遺体と共に生活していたということである。


これが猟奇殺人事件とは一線が引かれるところである。


この白石隆浩容疑者は、犯行に及ぶ前に行なっていた仕事は、スカウトマンであり、街を歩いている女性をスカウトして、風俗店に斡旋するような仕事である。


この仕事自体は、非常にあくどい仕事であり、所謂、働き口に困っていて風俗店で働かざるを得ないような困っている女性を言葉巧みに誘い、心を許して依存が生じた相手を風俗店に沈めるのである。


そして、その女性が風俗店で売り上げた上がりからピンハネする仕事である。女性は就業中に風俗店との間に新たな借金などが生じて、その仕事から抜け出せなくなるというような仕組みである。


昔の貧しい農村などで、借金を返せなくなった家族の中から娘が売りに出されて女郎などで家族の借金を返済するといった昔からあった光景である。


基本的に人に働かせてそこから売り上げを上げるという資本主義の容赦のない仕組みが最も露骨で暴力的な形で現れているのがそうした業界である。


女性は合法的に奴隷になるのであり、一生抜け出せない性奴隷として働かなければならない。


白石容疑者は、こうしたスカウトマンとして常に餌食になるような女性たちを物色して街で声を掛けるような仕事をしていたのである。


従って、既にこの段階で、女性たちの支配者としての仕事を行い、支配者として女性たち(被支配者たち)と人間関係を築いていたことが分かる。


事件は、そうした支配と非支配の人間関係がエスカレートして、「死にたい」と口にする女性たちを殺害して、そこから金品を得るという行為に発展したのである。


ここで分かるのは、白石容疑者がやっていたことは本質的に同じことであり、弱者を食い物にする仕事であったということである。



インドなどに旅行に行く非常に多くの人が行方不明になってきたが、都心から離れた奥地には窃盗団のような人々がいて、単身で旅行をしているような人を襲って金品を奪い殺害してしまう。


そのようなことをあたかも仕事のように行なっている人々がいるのである。


詐欺などは当たり前で、騙される方が悪いといった感覚なのである。


特にインドがそうであるというのは、インドは個人主義の国であり、政府のコントロールが及ばない少数民族が自分たちの思うように生活している世界である。


そこには中央政府の法は及ばないのであり、完全に弱肉強食の世界である。



私自身は事件そのものについては、白石隆浩容疑者の犯行かもしれないが、例えば、周辺住民の目撃証言として、白石容疑者のアパート前で、クーラーボックスを抱えて階段を上がる2~3人の男性が目撃されている。


これらの人々は一体、何者なのかということである。


理解が出来ないのは、警察は何故、白石容疑者の単独犯行の線で、捜査を進めているのかということである。もし複数の犯人がいて組織的な暴力ということになれば、事件の解決は困難になり、もっと巨大な組織を相手にしなければならない。


従って、事件の解決が出来なくなるため、それで白石隆浩容疑者の単独犯行ということで、決着を付けようとしているのかもしれないといった考えが私の頭に浮かんだ。



白石容疑者がスカウトマン(風俗店に女性を斡旋する仕事)をするきっかけになったのは、パチンコ店でアルバイトをしていた時に半グレ集団を通じて、都内のスカウト業を紹介されたことがきっかけのようである。


そして、スカウト業をする中で、裏社会とのつながりが生じ、そうした人々に貸し借りが生じて、徐々にそうした裏社会の思想や文化に染まっていったのではないかと思うのである。


以下の記事がそれを物語っている。


「座間9遺体事件」鬼畜容疑者は闇社会から脅されていた
2017年11月10日 21時0分 Smart FLASH

 神奈川県座間市のアパートから9人もの遺体が発見された猟奇殺人事件。死体遺棄の疑いで10月31日に逮捕されたのは白石隆浩容疑者(27)。

 座間市で生まれた白石容疑者は、横浜市内の県立高校を卒業後、地元のスーパーに就職する。2年後には横浜市の電子機器販売会社に勤めを変えたが、半年で退社している。

 その後、座間市内のパチンコ店でアルバイトをしていたとき「半グレ集団を通じて、都内のスカウト業を紹介された」(社会部記者)という。
 白石容疑者を知るスカウトマンが語った。

「スカウトマンとしての腕は評価されていた。ただ気が小さいのか、一カ所にじっとしていられず場所をすぐ変える。それでもSNSで女のコを募集していたし、成績はよかった。マメに優しく返信していたのだろう。

 彼の悪いところは風俗嬢に払うべき金を中抜きしたり、会社を通さないで個人で店に女のコを紹介したりしていたこと。本来会社の取り分になる金が自分の懐ろに入るからね。

 会社や女のコたちの関係者に追い込みをかけられると平謝りになり、返済を繰り返していた」

 白石容疑者は2017年初め、茨城県神栖市の違法風俗店に女性を斡旋し、偽名で報酬を受け取った容疑で逮捕された。

「逮捕後、歌舞伎町に戻った白石は、スカウト会社の面倒を見ている新宿の暴力団関係者にボコボコにされた。本人は、逮捕されたうえに暴力団から制裁を受けたことで、新宿での仕事が怖くなったようです」(飲食店関係者)

 歌舞伎町のスカウト会社を辞めた後、地元で個人的にスカウト業を再開。神奈川県内の風俗店に、女性を斡旋するようになる。

「白石は地元の風俗店に『女のコを連れてくるから使ってくれ』と営業をしていました。ところが紹介した女性の欠勤が多く、責任を問われた。地元の有力ヤクザに『地元には地元のやり方があるから、偉そうにするな。上納金を払え』とシメられたそうです。

 以来そのヤクザは、白石を自分の手下のように連れて歩くようになりました。白石がそのヤクザや子分連中と一緒に会合についてきた、という話も聞いています」(地元経営者)

 11月3日現在、白石容疑者は単独の犯行だと供述しているが、未解明な部分が多い。殺害した女性たちとはツイッターのアカウント名で呼び合っていた。自分が手にかけた女性の本名すら答えられないという。

(週刊FLASH 2017年11月21日号)


白石容疑者は、暴力団に追われていたと記されているが、一度、暴力団に追われた人間は、何らかの因縁をつけられてその後も延々と追われ続けるのが通常である。


暴力団においては、自分たちに都合の悪い人間は、口封じに殺すようなことは、日常茶飯事に行われている。


暴力団は、リバータリアンであり、無政府主義者であり、政府が押し付ける法や社会規範や道徳観念に従わず、彼ら自身の論理、利益追求や、生存本能などで生きていて、必要とあれば人を殺しもする。


そのような人々と日常生活の中で関わっていただけに人を殺すことが何か普通のことになっていた可能性が高いと思うのである。


私は、白石容疑者のアパート前で、クーラーボックスを抱えて階段を上がる2~3人の目撃された男性とは、そうした筋の人間で、殺害事件に間接的に関わっていた可能性を疑っている。


つまり、白石容疑者は、そうした筋の人間から手段を選ばずに何が何でも金を返すように指示されていた可能性もあると考えられる。


然し、これはあくまでも推測であり、本当かどうかは分からない。


但し、白石容疑者が、こうした裏社会の習慣、文化に深く影響されていたことは間違いないと思うのである。




私はこうしたことを考えていて思い出したのは、今年の年初からビットコインが非常に流行り出した時、私はナサニエル・ホッパーの『デジタル・ゴールド』という本を読んだ。






今年の前半、ビットコインについて研究する為に様々な本を読みこんでいたのだが、その中の一冊である。


この本はビットコインの黎明期に関わった人々の行動の記録であり、ドキュメンタリーである。



この本を読むと、ビットコインの黎明期というのは、単なる経済活動というよりも政治運動に近かったのである。


初期のビットコインには、サイファーパンク(社会や政治を変化させる手段として強力な暗号技術の広範囲な利用を推進する活動)に携わる人々(例えばジュリアン・アサンジのような人々もそうである)が携わっており、政府の支配を嫌い、自由な社会を築きたいとするリバータリアン(自由至上主義者)や無政府主義者の反体制的な活動だったのである。


そうした人々の政治運動色が次第に薄れていって、今現在は、経済的な利便性などから社会的に認知されて来ているが、元々は、現在のマネーシステムに反対する人々の政治運動、市民運動だったのである。


そのようなことを言えば、パーソナルコンピューターやインターネットの黎明期そのものも権力の監視の目を潜って人々が連帯する為の道具として発明されたのである。


パーソナルコンピューターは、そのようなコンセプトで、シリコンバレーの天才たちによって生み出された。



この『デジタル・ゴールド』によれば、ビットコインの黎明期にビットコインの実需に一役買ったのが、『シルクロード』と呼ばれる違法取引サイトで、そこでは違法な薬物の取引などもされていたのである。



その『シルクロード』の運営者であったロス・ウルブリヒト被告は、「社会制度や政府」の介在なしに生きることを自らの信念として、その理論の実践として、このシルクロードという闇サイトを運営していた。



非常に思想犯に近い人物であるが、彼の生き方や思想は、リバータリアニズムに分類されると考えられる。



リバータリアンというのは、人に迷惑をかけさえしなければ人は何をしても良い、自殺をすることも自由なのである。


従って、リバータリアンの思想の中では、死にたい人と殺したい人の需要と供給が、一致すれば、そこで取引が成立し、その取引自体は、自由に行ってよいとする考えになる。



従って、リバータリアン、無政府主義者は、社会を不安定にする麻薬なども、使いたい人と売りたい人の需要と供給が一致すれば、それを売り買いするのは自由であり、政府の出る幕ではないという考え方である。



そうした考え方を元に『シルクロード』では、マリファナ、LSD、ヘロイン、コカインなども含めた薬物1万3000品目あまりが売買され、「ドラッグのeBay」とも呼ばれていたようである。



結局、FBIの捜査が入って、ロス・ウルブリヒト被告は、逮捕され、マネーロンダリングの共謀、コンピューターのハッキング、麻薬取引などの7訴因で有罪となり、終身刑になるとも言われている。




このロス・ウルブリヒト被告が、麻薬の販売人とトラブルになった際にその筋の人間(マフィアや殺し屋)を使って、そのトラブル相手の殺害を何度も企てていたことが分かっている。


結局、ロス・ウルブリヒト被告が雇った殺し屋は実際には、依頼された殺しを実行してはいなかったのだが、ロス・ウルブリヒト被告は殺人未遂を行っていたのである。



こうしたシルクロードの顛末を取材した『デジタル・ゴールド』の著者・ナサニエル・ホッパーによれば、結局、社会制度や政府に頼らないで、トラブルを解決しようとする場合、結局、法の力によってトラブルを解決できないため、何でも自力で解決しなければならず、その結果、相手から生命の危険が脅かされるようなトラブルが生じた場合、相手を殺害するなどして、そのトラブルを解決しなければならないような事態となるのである。



リバータリアンの目指す世界においては、政府による法の裁きが適用出来ないため、万人が万人との闘争状態となり、そこでは、お互いに相手を殺害することも必要な手段と化してしまう。




リバータリアンが信奉する市場原理を極限まで推進すると犯罪を裁く政府も無くなり、無法状態となり、何でも自力で解決しなければならないのである。


これについては、ダニエル・デイ・ルイスが主演した『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』という映画でもそうした世界観が描かれていた。


20世紀の初頭にアメリカ西部で石油の油田を探していた主人公は、結局、自分に危害を与えようとする人間を殺害し、穴に埋めるのである。


法による裁きというものが全く行き届かない世界においては、自分自身にとって利益か不利益か、自分の生存にとって安全か危険か、そうした観点から、時には相手を殺害する。






新自由主義的な何でも市場に任せて”万人が万人と闘争する”社会の中では、ファシズムの思想などもそうだが、「強いものだけが生き残るべきで弱いものは生きる資格がない」とする力の論理が支配する。



西洋社会の優生学や西洋の思想の根底にある思想である。




この論理を突きつめて行くと、座間9人殺害事件で、殺された人間は、一緒に死んでくれる人を探すほど、弱くて生きるに値しなかったのであり、殺して金品を奪った犯人は、強いから生き残ったのだという解釈となる。



道徳は失われ、全ては自分が利益になるかならないか、自分が生き残れるか生き残れないかという観点が全てとなるのである。




相模原の障害者施設で19人を刺殺し、26人に重軽傷を負わせた大量殺人事件(相模原障害者施設殺傷事件)においても犯人の植松聖は、完全な確信犯であり、世界平和の為に行ったと考えているのである。




障害者はその周りの家族に多大な苦労を強い、行政的にも多大なコストがかかる。



障害者が意味のない生を送るよりも殺してあげた方が、その本人にも周囲の人にとっても良いことなのだとする。




それは結局、西洋の優生学の思想、「強いものだけが生き残るべきで弱いものは生きる資格がない」とする論理が生み出した思想である。



この考え方が、プラトンの『国家編』の中にも出て来るのであるが、強い国家を作るには、健全な国民が必要である為、精神薄弱者や障害者はどこかに隠してしまうという考え方が出て来るのである。



プラトンと言えば、西洋合理主義、西洋哲学の基本に位置づけられるが、そのプラトン哲学の中にそうした考え方が出て来ることに私は当時、驚いたが、奴隷制度が当時、全く当たり前だった時代においての思想である。







最近は、振り込め詐欺などが当たり前のように行われ、下手をすると、詐欺に遭った方が、ボーとしていたから悪いのだとでも言われんばかりの勢いである。



詐欺の手口も大胆かつ、確信的である。


積水ハウス、63億円「地面師」被害か 警視庁に情報提供
2017.8.3 23:56 産経ニュース

大手住宅メーカー「積水ハウス」(大阪)がマンション建設用地として東京都内の土地を70億円で購入し、うち63億円を既に支払ったにもかかわらず、法務局から書類偽造を理由に所有権移転の登記を拒否されていたことが3日、分かった。同社が同日までに公表した。同社は、本人確認書類などを偽造して他人の土地を無断で売却する「地面師」による詐欺被害に遭った恐れが強いとして、警視庁に情報を提供した。

 関係者によると、問題となったのは、JR山手線五反田駅(品川区)近くの約2千平方メートルの土地。

 同社によると、この土地取引は、同社と契約する不動産業者が、所有者を名乗る人物側から土地を買い取り、直後に積水ハウスに転売する形式で行われた。4月24日に売買契約が成立し、積水ハウスは6月1日、63億円を不動産業者に支払い。法務局に所有権移転の登記を申請した。

 しかし法務局から、同社が所有者側から受け取って提出した書類に偽造があると指摘され、同月9日、登記申請が拒否された。その後、所有者側とは連絡が取れなくなった。

関係者によると、本来の土地所有者側も警視庁大崎署に相談しているという。

 地面師による詐欺被害はバブル期に続発。

 しかし東京五輪を控えた都心の不動産価格高騰を背景に、近年は再び被害が増え、警視庁は昨年以降、複数の地面師グループを摘発している。

 積水ハウスは、「捜査に全面協力する」としている。


最近、あまりにも詐欺が横行しており、あたかもそれは1つのビジネスであるかのようである。



もはやそれを取締ることも難しいので、詐欺に遭わないようにすることは自己責任になったのである。



つまり、詐欺に遭うのは、その人が不注意でボーっとしているから悪いのだ(弱者だから)といった解釈が優勢である。




元々法律でも詐欺に遭った場合、その詐欺に遭った加害者だけが悪いのではなく、詐欺に遭った本人にも落ち度があったとするのが法律上の解釈である。



民法96条で、「善意の第三者」について記載した箇所がある。



1項
詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。

2項
相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。

3項
前2項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない。


つまり、『Aが、Bに騙されて不当に奪われた場合、Bがその土地または車をまったく事情を知らないC(=第三者)に転売した時、いくら詐欺による土地売買契約とはいえ、本項により、Aは、Cに対し、その売買契約の取消しを主張できない』のである。



これは騙す方だけではなく、騙される方(弱者)にも落ち度があるとする考え方であり、「強いものだけが生き残るべきで弱いものは生きる資格がない」とする現実をある程度、反映したものではないかと思うのである。




であるから、例えば、今回の座間の事件でも一緒に死んでくれる人を探して、得体の知れない人間に近づいていった少女たちにも落ち度があったのであって、それは弱いからこそ、餌食になったのだと考える人も出て来るかもしれない。





振り込め詐欺が社会に横行したのは、小泉純一郎元首相が、規制緩和、市場原理を導入し、アメリカの市場原理の考え方に乗せられて、非正規雇用を大幅に増やし、労働力の流動性を増すなどと都合の良いことを言って、格差社会を推進したからである。



その背景にある思想は、「強いものだけが生き残るべきで弱いものは生きる資格がない」という思想であり、政府のトップがそのような思想を認めたからこそ、社会の末端までその思想が蔓延し、自分の利益や生存を維持するためにはどんな手段を使ってもいいという姿勢として現れているのである。




日産の不正検査問題も神戸製鋼データ改竄の不正も、生存するためにはなりふり構わないという考え方が現れたものである。





ドナルド・トランプはアメリカ第一主義を唱えて、アメリカの国益を第一に追求すると正直に表明している。



イギリスはEUから離脱し、EUへの財政負担を回避し、自国中心主義に回帰した。



中国は南沙諸島を埋め立てて、国際司法裁判所の判決を無視して、ひたすら国家の防衛、国益を追求している。



北朝鮮の金正恩は、ミサイルを発射して、国際社会を威嚇し、部下を高射砲で殺害する。





それらの振る舞いは、徹底したリアリズムであり、弱肉強食の世界にあって、自らの生存を確保しようとする試みである。




『ボウリング・フォー・コロンバイン』のマイケル・ムーア監督によれば、アメリカで銃の乱射事件が多いのは、銃規制をしていないからではないのだという。



例えば、カナダでは、銃の規制をしていないが、銃の乱射事件などは起こっていない。



マイケル・ムーアの結論によれば、アメリカは、極端に市場原理的で、競争社会で、弱肉強食の社会であるからこそ、それが起こったのである。



ラスベガスの銃乱射事件も、テキサスの教会での銃乱射事件もそうである。



アメリカ社会が、「強いものだけが生きるに値する」というファシズムの思想を全体として肯定しているのである。



力の論理であり、銃で殺された人間は弱いから殺されたのである。この力の論理によれば、そういうことであり、話は単純である。



ドナルド・トランプが、「悲劇と恐怖に見舞われたとき、米国は一つに結束する。これまでも常にそうだった」などと言っても、心の底では、「強いものだけが生き残るべきで弱いものは生きる資格がない」というこの冷酷な現実(原理)をどこかで崇奉しているのである。




ドナルド・トランプの台頭に見るように今は、万人の平等を訴えるリベラリズムは死に絶えて、万人が万人と市場原理の中で闘争するそのようなスタイルが優勢になっている。



社会的関係よりも自らの生存を優先し、綺麗ごとを言うよりも自らの尋常な努力で成り上がり、成功を掴み取る。全ては自分次第である。



政府も誰も助けてはくれない、社会保障は役に立たず、自分の自己努力で、自分の生存を維持しなければならない。



サバイバルである。毎日が生存との戦いである。




このような世界が、ハイエクや、ミルトン・フリードマンが考えていた世界なのである。



今、世界は新自由主義、市場原理(弱肉強食)によって、全てがプレーヤーたちの適者生存の論理によって営まれる社会へと移行したのである。



天王星が牡羊座に入室したことが関係していると思われるが、この傾向は暫く続くものと思われる。





私自身も最近、ビットコインの熱狂の渦の中に巻き込まれているのだが、そこはまだ新しい分野であり、法の及ばない規制の及ばない世界である。



値幅制限などもなく、一夜にして、巨万の富を築いたり、一夜にして損失したりする。



誰も助けてはくれず、マニュアルもない。全てが自己責任である。





そのような万人が万人と闘争するという風潮が、現在の社会風潮である。



そうした中で、ファシストのような人物が台頭して来ている。



安倍首相がまずそうした人物の一人である。




森友学園、加計学園など、自分の友達に便宜を与えて、自分の友人たちの経団連の企業の株を郵貯資金で購入して価格を吊り上げる。


個人主義であり、公的な活動ではない。



今や日本国は安倍晋三の国であり、安倍晋三は日本の国王である。


国王が、自分の国の中で、好き勝手に振る舞っている。


そういう状況が今の状況である。




法による統治ではなく、自分の実力、腕一本で、今の隆盛を築き、自民党は再び、大勝し、リベラル左翼は死に絶えた。




これが牡羊座に入室した天王星がもたらしている保守革命なのである。






座間9人殺害事件は、この現在の世相を反映した事件である。





そして、土星が蠍座と射手座の境界線付近のガンダーンタを通過していた時期に事件は起こったのである。



白石容疑者は、土星がガンダーンタを通過しているこのタイミングで、2ヶ月で9人を殺害したのである。




ガンダーンタは、火→土→風→水のサイクルの最後であり、土星はジェーシュタを通過していた。



このタイミングにアメリカでは、ラスベガスやテキサスで銃の乱射事件が起こったが、日本においてもそれに勝るとも劣らない不吉な出来事が起こったと言える。





最も不吉なのは、白石隆浩容疑者が、ただ金のために9人も殺害したという事実である。



彼は金に困っており、明らかに貧困の問題というものもあるのである。



座間の安アパートにやっとのことで入居し、貧困の中で、社会の底辺で起こった事件である。



裏社会とのつながりも認められた。



万人が万人との闘争の中で、弱者を食い物にし、あるいは弱者が強者に死に物狂いで喰らいついていく。(それが詐欺の現実である)



このような怪物的な人物が出現するのは、全体的な社会風潮を極端に象徴しているのではないかと思うのである。



例えば、中東で殺戮を繰り返しているイスラム国などもそれに該当する。



まずエネルギーの世界(人間界の想念や思想の世界)で起こっていることが様々な現象として現れているように思えるのである。





【白石容疑者の出生図】






出生時間は分からないが、一つ可能性のあるラグナとして射手座ラグナが考えられる。



もし射手座ラグナであると考えると、土星がラグナに入室する前に12室を通過していた最後のタイミングの2か月間の間に9人の殺人を犯したことになる。



そして、アパート室内で、遺体を解体するなどの異常な行為に及んでいた。



密室でこうした行為を行っていたのであり、これは12室に該当する。



土星がこの12室で水の星座と火の星座のちょうど境界線付近のガンダーンタ領域を通過していたタイミングで、こうした犯行に及んだのである。



ラグナに在住する2、3室支配の土星に火星がアスペクトしていることは暗質(タマス)なパーソナリティーを表しており、またラグナに土星と火星が絡んでいることは、支配的なパーソナリティーを意味している。



ラグナから見た6室には火星が在住しており、6室の火星はサディスティックな配置であり、支配的な配置である。



以前、北朝鮮の金正恩のチャートの検証時にも言及したが、6室の火星は高射砲で幹部を処刑するような徹底的な暴力を表している。



従って、この配置から考えると、白石容疑者の異常なまでの暴力性と実行力が理解できる。



通常、火星がこうした配置になければ、その異常な実行力が理解できないのである。




8室支配の月が6室に在住することは、自分が風俗店に斡旋した女性から安易に金銭を得ることを表しており、基本的に人から不労所得を得ようとする配置である。



またラグナロードの木星が8室で高揚している配置も基本的に人に依存して、不労所得を得ようとする配置を表している。



基本的に白石容疑者の事件とは、被害者との支配-服従関係など、偏った人間関係がもたらした事件である。



ある意味で、白石容疑者は、自分の生存や金銭の習得を人に頼っていく所があり、また自分を頼ってくる人物を奴隷化し、殺害して金銭を奪うことによって、その生存を維持していたことから6-8の人間関係が強調される。



従って、6室や8室に惑星集中しているという観点は妥当なのである。




6、11室支配の金星は10室で減衰しているが、6室の支配星が減衰している配置は、敵を粉砕する配置である。



この場合、6室の支配星は、風俗店に斡旋したり、殺害対象となった弱い立場の女性を表している。



この6室支配の金星が10室に在住している配置が風俗店に女性を斡旋するような仕事を表わしているのである。



6室支配の金星が減衰しているので、白石容疑者は女性に対して、圧倒的に強い立場として振る舞ったことを表している。




因みに白石容疑者がテレビドラマにエキストラとして出演したり、アダルトビデオに出演したりしたことは金星が月から見て5室に在住していたり、また木星やケートゥから見て3室に金星が在住していることから考えられる。



木星やケートゥのダシャーが来た時にそのダシャーをラグナとした場合の3室金星の象意が顕現したということである。




白石容疑者は、金を得ることに異常に執着をしていたが、2室にラーフが在住している配置がそれを物語っている。



2室のラーフは金銭を得たいという欲望が異常に強いことを表している。



ラグナロードの木星が8室で高揚して2室のラーフにアスペクトしているため、対人関係において相手の所持金に期待し、取得しようとする傾向を表しているのである。



この辺りは、保険金殺人などで、次々に相手を殺害して不労所得を得ようとする犯罪者のチャートと同じ構造をしていると考えられる。



更に非常に特徴的なのが、6室に在住する火星と月がナクシャトラレベルの星座交換をしていることである。



火星はローヒニー(月)に在住しており、月はムリガシラー(火星)に在住している。



従って、火星と月は、コンジャンクトすると共にナクシャトラレベルの星座交換によって緊密に結びついている。



火星は5、12室の支配星で月は8室の支配星である。



これらの惑星が星座交換することで、5-8、8-12の絡みが生じている。



5室支配の火星は6室に在住し、8室支配の月とナクシャトラレベルの星座交換をしているのである。



これは白石容疑者が暴力的な考えを持っており、悪意や狂信的な考えを持っていることを表している。



5室は過去世の功徳が現れるハウスであるため、過去世からのサンスカーラの結果、このような思考傾向が生じたと考えることが出来る。



この月と火星が6室でコンジャンクトして、ナクシャトラレベルでの星座交換をしているが、6室と8室の絡みが5室(判断力)に形成された為、犯罪者の思考を表しているのである。




ラグナが射手座であると考えると、現在のダシャーは木星/土星期である。



アンタルダシャーロードが土星である為、トランジットの土星が特にガンダーンタを通過中であることが重要な意味を持ってくるのである。



そして、蠍座に土星が通過していた間に犯行を犯し、特に土星は蠍座に逆行して、逆行した惑星というものは、やり残した仕事をしに前の星座に戻っていくような所があるのである。



そして、土星は星座を出ていくタイミングに最も結果を表わすのである。








土星が2017年10月26日に射手座に移動したが、土星は月から見ると10室支配で8室に在住し、行為の行き詰まりを表している。


その土星に対して、トランジットの土星がリターンしたことを意味している。



そして、射手座は、上昇と下降の星座であり、特に傷ついた射手座を持っている場合、それは転落を表している。



従って、白石容疑者は、犯罪者として社会的に転落したのである。



射手座は1室であり、1室に土星が通過するタイミングは新しい出発を表しており、これまでの人生の歩みが一変するタイミングでもある。



そうした意味では、土星が蠍座12室を通過するタイミングは、白石容疑者のこれまでの行為の集大成であり、クライマックスであったと考えられる。




土星がラグナに在住する2、3室支配の土星にトランジットしたタイミングで、白石容疑者は逮捕され、近所に住んでいた妹、母親、父親など家族は突然、姿を消した。



土星が2室は両親、家族のハウスであり、3室は妹のハウスである。



2、3室支配の土星にトランジットの土星がリターンすることにより、長い間、繋がりが断たれていた家族との間の関わりが再び、復活したのである。



それは家族にとっては迷惑なことであった。




家族の2室をラグナとすると1室は12室目に該当するため、そのため、家族は姿を消したのである。



少なくとも土星が射手座を通過する2年半はメディアやマスコミから姿を消して身を隠す生活を意味しているのである。





因みに10室に在住する金星、水星、太陽はハスタに在住しており、ハスタの支配星は月で、月は6室に在住している。



また8室に在住する木星とケートゥはプシュヤに在住しており、プシュヤの支配星は土星であるが、土星はプールヴァアシャダーに在住しており、支配星の金星は乙女座のハスタに在住している。



従って、ナクシャトラの支配星を辿っていくと、6室の月に行きつくことが分かる。



また2室のラーフはシュラヴァナに在住しており、シュラヴァナの支配星は月で、やはり、月は6室に在住している。



このように全ての惑星が在住するナクシャトラの支配星をディスポジター繋がりで辿っていくと、最終的に6室の月と火星に収束する。




この月と火星は6室に在住し、ナクシャトラレベルの星座交換をしている極めて、特徴のある配置である。




私は以前、8室支配の月が6室で高揚している人物のチャートを見たことがあるが、その人物は多くの人から出資を受けて、個人で投資ファンドのような仕事を営んでいる人物であった。



従って、8室支配の月が6室で高揚している配置は、他人の金銭から利益を得る配置である。



然し、この投資活動が、非常に危ういのであり、下手をすると出資者の資金を右から左へ回して自転車操業的に運営するような側面があり、下手をすると投資詐欺に近い状況と成り得る。



8室の支配星が6室に在住すると6-8の絡みが生じるのであり、6-8の絡みは犯罪の絡みであると言われている。



この月と暴力を表わす6室在住の火星がコンジャンクトし、更にナクシャトラレベルの星座交換をしているのである。



つまり、この配置は、相手から金銭を奪い取って、相手を殺害した配置であると考えられるのである。




白石容疑者は、被害者となった女性たちにtwitterで言葉巧みに接触を取り、ある意味、親切そうな装いで、接近していき、相手を思いやるかのように自殺の幇助を申し出て、その辺りは表面的には親切な素振りを示している。



これはラグナロードの木星が8室の蟹座プシュヤで高揚していたからではないかと考えられる。



ある意味で、女性たちに依存し、甘えていくような素振りも示したのである。




しかし、ディスポジターの月が6室で火星と絡んでいるため、そうした甘えの素振りを示しつつ、最終的には相手を殺害して、金品を奪い取る行為に帰結したのである。




このようにチャートを惑星のディスポジターの連鎖、ナクシャトラの支配星のディスポジターの連鎖で、ストーリーを組んでいくと、この白石容疑者の行動パターンが読めてくる。



決定的な役割を果たしたのは、やはり、牡牛座でナクシャトラレベルの星座交換をする月と火星なのである。



その月と火星がナクシャトラレベルの星座交換をし、6室と8室の絡みも生じていることが重要である。



そして、その月と火星は射手座ラグナで6室に在住する場合に最も凶暴で、暴力的な配置となる。それ以外では不可能である。



従って、このように検証して来て、射手座ラグナというのは、かなり有力な線ではないかと思われる。

























スポンサーリンク


スポンサーリンク

酒井法子(のりピー)の海外での人気について

女優で歌手の”のりピー”こと酒井法子が、最近、海外でブレイクしているとのニュースが目に付いた。




酒井法子は、覚醒剤の事件を起こしてからテレビに出られなくなり、パチンコの営業などで、最近まで生計の糧にしていたという。


酒井法子が荒稼ぎ…パチンコ店営業ギャラは20分100万円
デイリーニュースオンライン 2015年10月21日 12時00分

2009年、覚せい剤取締法違反で逮捕された酒井法子(44)。2012年に執行猶予期間も終わり、芸能活動を再開している。

 10月20日発売の「女性自身」(光文社)は、酒井の今をリポート。地上波での復帰がなかなかうまくいかず、舞台イベント、パチンコ営業に奔走しているようだ。年末には200人規模のクリスマスディナーショーを開催予定で、価格は2万円台。高額にも関わらずほぼ完売しており、今後は開催場所を5カ所に増やして行うようだ。

 地上波では姿を見ることはなくなったが、芸能活動自体は順調で、いまだ根強い人気があることを証明している。酒井をパチンコ店に呼ぼうと思うと、系列店を1日3店舗・それぞれの滞在時間30分で、ギャラは300万円程度。1店舗だけだと、滞在時間20分で100万円程度と、高額なギャラになっている。それでも、酒井を店に呼ぶとパチンコに興味ない人も店に足を運び、1店舗1,000人以上と集客力抜群。トークも巧みで2ショットやサインなどのファンサービスも厚く、店を盛り上げてくれると好評でオファーはあとを絶たない。

人気は健在でも、酒井法子がテレビNGな理由
 
営業とイベントで、いまだ人気は健在ということを証明した酒井だが、それでも地上波での復帰は難しいとテレビ関係者は語る。

「清純派で人気を得たアイドルが覚せい剤逮捕、さらに発覚後の逃亡の衝撃。連日マスコミで報道され、覚せい剤逮捕=酒井法子のイメージがついてしまいました。

それ以降、芸能人が薬物で逮捕されるたびに彼女のことが思い起こされることに。いわば、彼女は覚せい剤逮捕のイメージアイコンです。営業やイベントなどの人気ぶりから地上波でも起用したいと思っているテレビ関係者もいますが、一体いつみそぎが終わったと判断するのかが非常に難しいですね」

 実際に2014年にASKAが覚せい剤で逮捕されたときも、酒井の件が再び注目されてしまった。さらに同年、酒井本人が『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演したときには、騒動から5年経ったにも関わらず、視聴者は冷たい反応だった。

「『5時に夢中!』の出演で酒井は事件のことを語らず、まるで何もなかったように自分のイベントの宣伝だけで終わってしまいました。しかも、介護の仕事をすると宣言しながらも、芸能活動をしたことに対しての説明もなく、視聴者は反感を持ってしまったようです」(同関係者談)

 着々と芸能活動を続けている酒井だが、やはり薬物のイメージ払拭は難しい。しかも、いまだに彼女の口から覚せい剤逮捕に関しての説明と謝罪はない。薬物のイメージアイコンになってしまった酒井は、地上波復帰は絶望的と言わざるを得ないだろう。

(文・タナカアツシ)


酒井法子のチャートを見ると、2室に8室支配の太陽とラーフが在住し、2室支配の土星が4室で減衰している。

2室に2つの惑星が在住していることから、パチンコの営業で回った店舗分だけギャラをもらうという出来高での活動は向いていると考えられる。




その際に2室に8室支配の太陽が在住し、ラーフと接合していることは、このパチンコの営業を物語っている。

短時間で効率の良い仕事を行っているのであり、決して定額の給料をもらうような活動ではない。


回る店舗の数に応じた完全歩合制の営業活動である。上記の記事では”荒稼ぎ”という表現が為されているが、つまりは、8室支配の太陽がラーフとコンジャンクトしており、ラーフは水瓶座で定座、もしくはム-ラトリコーナとする見解があるため、強い星位である。

8室は不労所得、棚から牡丹餅的な収入を表わし、パチンコ業界から呼ばれることによって効率の良い出来高収入が見込めるようである。


水瓶座のラーフ、そして、ディスポジターの土星がバラニーで減衰している配置が、パチンコ業界での荒稼ぎを表わしているのである。


この酒井法子が覚醒剤のイメージが付いてしまって、テレビの地上波での復帰が難しいということで、活路が見出されたのが海外である。


海外では台湾や香港、中国など中華圏で、絶大な人気があるようである。


そして、11月8日(水)付けの記事では、海外で「怪物級美魔女」の人気であると記されている。


酒井法子のインターナショナルなドサ回り 海外では「怪物級美魔女」の人気
11/8(水) 16:59配信 新潮社

覚醒剤の事件を起こしてから8年――。日本の芸能界ではすっかりイロモノ扱いとなってしまった“のりピー”こと酒井法子(46)だが、なぜか海外では大人気だという。

 ***

 毎年11月にマカオで開催されるカジノの見本市「MGSエンターテインメントショー」に今年ものりピーは登場する。初参加となった昨年は、事前告知がなかったにもかかわらず、彼女が登場すると「のりピーがいる!」と100人近い人だかりができたという。

 今年ものりピー目当てにファンが集まること間違いなしなのだが、マカオに限らずアジア圏での人気は根強く、昨年3月と今年1月には韓国のカジノでもディナーショーを開いている。さらには来年1月に香港でコンサートを開催予定で、チケットは3日で完売したとか。

 のりピーのアジアでの人気を支えるメインの客は中国人だというが、

「酒井さんは1990年代前半に中華圏に進出しています。当時は、わざわざアジア諸国に出てゆく一流芸能人は珍しかった。それもあって、彼女が出したCDもドラマも現地では大人気でした」(ノンフィクション・ライターの安田峰俊氏)

 その人気は46歳にしてなお「怪物級美魔女」と呼ばれているほどなのだ。

 ***

 11月9日発売の「週刊新潮」では、のりピーのアジア人気の程を詳しく報じる。

「週刊新潮」2017年11月16日号 掲載


再び酒井法子のチャートを見ると、12室(海外)に5、10室支配のヨーガカラカの金星が在住しており、月から見ても2、9室支配の金星であり、水星と木星から挟まれて、シューバカルタりヨーガを形成している。


金星は、生来的機能的吉星で、特に凶星からのアスペクトも受けておらず、また金星のナクシャトラ(プールヴァアシャダー)に在住することで更に強くなっている。


この金星が12室(海外)に在住しているため、海外では絶大な人気があるのである。



そして、10月26日に土星が射手座に入室し、この5、10室支配のヨーガカラカの金星に土星がトランジットし、一方で、木星は天秤座10室をトランジットして、10室にダブルトランジットが生じている。


従って、今、海外人気でブレイク中の酒井法子を週刊新潮の2017年11月16号が掲載して、大きくクローズアップしたのである。


酒井法子は、海外人気によって、国内からも注目されるようになった訳である。



ダシャムシャでも金星は、牡牛座で自室に在住して強く月から見て10室に在住して、マラヴィアヨーガを形成している。


ラグナから見ると6、11室支配で6室に在住して奮闘(struggle)が見られるが、ラグナロードで12室(海外)に在住する土星と相互アスペクトして、1-11室のダナヨーガを形成している。

ダシャムシャでの星位が強く、海外の12室や高い評価を表わす11室が絡んでいる為、海外での高い評価を物語る配置である。



つまり、酒井法子は海外での芸能活動で成功する配置を持っていると言える。


このチャートは間違いなく酒井法子のチャートであり、ラグナは山羊座ラグナ(ウッタラアシャダー)で正しいと思われる。






この酒井法子のチャートであるが、ラグナは山羊座のウッタラアシャダーであり、月は乙女座のウッタラパールグニーであり、両方ともナクシャトラの支配星は太陽である。



クリティッカー、ウッタラパールグニー、ウッタラアシャダーなど太陽がナクシャトラの支配星となる星座は、王室、貴族的雰囲気を持ち、セレブ感が漂うことで、普通の一般市民とは別の印象を伴うのである。


男性であれば、お坊ちゃんのような印象であったり、女性であれば、お嬢様のような印象である。


酒井法子の場合、太陽は8室の支配星で2室でラーフと接合し、ディスポジターの土星はバラニーで減衰している。


決して太陽は良い配置とは言い難い配置である。太陽は獅子座の支配星であるが、獅子座にはケートゥが在住しており、ディスポジター繋がりで、ケートゥの影響も受けている。



今回、調べていて分かったことは、酒井法子の父親は、山口組系の暴力団伊豆組酒井組の組長で、覚醒剤の販売が主な稼業という極悪な荒稼ぎだった為に破門され、山梨県で闇金融を営んでいたということである。


また酒井法子が誕生した時も覚醒剤所持で逮捕され服役中の身だったということである。


このように酒井法子の父親は極悪人であるが、しかし、暴力団の組長であり、その筋の人間にとっては、権力者であり、組長であるからには部下を従えていたと思われるが、そうした人物を父親に持っているので、やはり、組長のお嬢様といった悪い意味でのセレブ感がどことなく漂っているということなのである。





私は以前、覚醒剤所持の事件があった時に”のりピー”こと酒井法子のチャートを調べた時、2室にラーフが在住し、また2室に中毒や依存を表わす8室支配の太陽が在住している為、覚醒剤の吸引を行ったと考えた。2室は口から入るものを表わし、飲食するものなど摂取物を表している。


しかし、今回、詳しく調べると、両親、家族を表わす2室から推測できるように酒井法子の幼少時の生活環境がかなり過酷で、困難なものであったことが分かってきた。


例えば、上述したように酒井法子が生まれた時、父親は覚醒剤所持で逮捕され、刑務所の中に居たため、母親は、寂しさから若い男と駆け落ちして、我が子を夫の実家の佐賀県の山中にある寺に置いていったということである。


寺に捨てられた後、父親の妹に引き取られ、その後、この叔母の住む家で育てられることとなり、埼玉と九州を行ったり来たりすることになったそうである。



その後、酒井法子の父親と母親は離婚が成立し、その後、母親は、自殺に見せかけて殺されたと記されている。


そして、育ての親が実の母親と思っていた所、7歳の時に実の父親が再婚する際に「自分のこどもではない」と告げられ、この父親と再婚相手が暮らす福岡県に移ったということである。


その後、酒井法子の父親はまた離婚して別の女性と再婚した為、継母が2人も変わることになっている。




このように激しく変化の多い酒井法子の幼少時の家庭環境であるが、これは明らかに2室に在住するラーフと8室支配の太陽が表している。


8室支配の太陽は、父親が再婚を2回も繰り返して、父親に振り回された幼少期を物語っている。


そして、ラーフは”人工的”なものを表わし、2室の家族のハウスに在住しているため、実際に生んだ実の母親ではない継母に育てられたのである。


そして、またその継母が2回も変化したのは、おそらく変化を表わす8室の支配星が関係していると思われる。



このように壮絶な幼少期を過ごしたことは、2室に在住する8室支配の太陽、ラーフ、そして、ディスポジターの土星が4室(母親)のバラニーに在住している配置で説明が可能である。


土星は8室の表示体であり、土星が4室で減衰していることにより、この配置でも母親の激しい変化を表している。


4室をラグナとした場合にラグナロードの火星が8室に在住している配置は、母親にとって良くない配置である。


また月から見た4室支配の木星は3、8室支配の火星と共に3室に在住している。これも母親にとって良くない配置である。


4室をラグナロードとした時にラグナロードが8室に在住していたり、4室の支配星が3室に在住して、8室の支配星と絡んでいる配置は、母親にとって致命的な配置であり、8室は暗殺といった象意もあるため、母親が自殺に見せかけて殺されたという記録になっているのである。



このように酒井法子は2室が激しく傷ついている為に両親は離婚し、母親は幼少期に亡くなって、母親が3回も変わることになったのである。



母親の4室は、心の安定や幸福感を同時に表わすため、こうした幼少時の体験が、心の不安定さをもたらして、薬物に頼る傾向を促進したことは容易に想像できる。



酒井法子のこうした傷ついた2室にも関わらず、芸能活動を表わすラグナから5、10室支配、月から2、9室支配の金星は、全く凶星から傷つけられておらず、非常に強い配置である。


2室は幼少時の生活環境を表わし、教育のハウスでもあるが、このような不安定な生活環境で過ごして来たとすれば、勉強など手につかず、学業にも支障が出たと考えられる。


従って、酒井法子を育てたのは、5室支配の金星、そして、9室支配の金星が表すように芸能活動を通してなのである。



歌や女優業を通じて、芸能活動をする時に酒井法子は、本当に幸福を体験できるということである。


それは、台湾や香港などのアジアでコンサートなどを行う時もおそらくそうなのである。






アジアのファンに囲まれて彼女は、ステージ上で、幸福感を得ていることは間違いないのである。


金星は月から見て、2、9室支配で4室に在住しており、そうした表現者としての芸能活動が彼女の心の安定を支えているのである。




彼女はラーフ/ケートゥ期に夫と出会い、ラーフはナヴァムシャで8室に在住していることから、やや結婚に問題があったと考えられる。


8室のラーフは夫に振り回されて支配される配置であり、夫に期待できない配置である。


おそらく覚醒剤の使用には夫の影響もあったと考えられ、そして、2009年に覚醒剤取締法違反で、東京地方裁判所から有罪判決を受けている。


2009年は、木星/土星期である。


土星はラグナロードで、月から見て5室の支配星であるが、マハダシャーの木星とは絡んでいない。


マハダシャーの木星は、ラグナから3、12室支配、月から見て4、7室支配で機能的凶星であり、またラグナから4、11室支配、月から3、8室支配の生来的機能的凶星の火星と絡んでいる。

従って、全体的に”凶”を示している。



マハダシャーの木星と、アンタルダシャーの土星は絡んでいないと考えると、土星期は困難な時期である。


しかし、マハダシャーの木星はアンタルダシャーの土星のナクシャトラであるアヌラーダに在住しているため、土星の影響が優勢になるはずである。



この土星は月から見て5、6室支配で8室で減衰して、パラシャラの例外則でのラージャヨーガ的な効果をもたらす可能性を秘めている。



この逮捕されて有罪判決になった後、翌年2010年1月から酒井は介護士や音楽療法士を目指し、群馬県高崎市にある創造学園大学ソーシャルワーク学部ソーシャルワーク学科介護福祉コースに入学している。


これは非常に良いことで彼女は更生を目指す中で、色々学んだはずである。



この時もやはり木星/土星期で、アンタルダシャーの土星が月から見て5室の支配星であったために大学に入学して学ぶことになったと考えられる。


これは逮捕されたことがきっかけになった為、そういう意味では、土星はパラシャラの例外則による普通でない形のラージャヨーガをもたらしたのである。



マハダシャーの木星は、ラグナから見て3、12室支配であり、そのため、木星期には海外へ活路を見出したのではないかと思われる。



木星は3、12室支配で11室に在住しているが、3室は踊りやパフォーマンスのハウスであり、芸能活動を表わすハウスで、12室は海外のハウスである。



そして、その木星は11室に在住し、11室支配の火星と接合している。



この木星は11室蠍座に在住し、11室の支配星である火星と接合している。



そのため、経営者レベルの有力者との交流も表しているが、この蠍座に在住する木星と火星の絡みが、パチンコ業界での営業につながる人脈をもたらしたと考えることが出来る。



あるいは、蠍座は暴力団、ヤクザの星座であり、暴力団関係者との関連も推測される星座である。




現在、木星/月期であるが、月は7室支配で9室に在住しており、ラージャヨーガを形成している。


7室も9室も海外を表わすハウスである。



アンタルダシャーの月は木星から見て9室支配で11室に在住しており、配置も良く、また凶星からの絡みもない状態である。



従って、今、酒井法子は、海外で人気となり、11月にマカオで開催されるカジノの見本市「MGSエンターテインメントショー」に出演するのである。



そして、10室にダブルトランジットを形成しているため、週刊誌で特集も組まれているのである。



土星が射手座をトランジットする間、酒井法子は、海外での活動に力を入れていくと思われる。



それは酒井法子にとっては、幸福な体験である。









(参考資料)



46歳の酒井法子に「若い!」と驚嘆の声、台湾で19年ぶりステージ―中国メディア
配信日時:2017年3月27日(月) 21時40分 Record china

2017年3月26日、台湾・高雄市でロック・フェス「メガポートフェスティバル(大港開唱)」に出演した酒井法子だが、その若々しさがネットユーザーに注目されている。新浪が伝えた。

酒井法子は25日、「メガポートフェスティバル」にこの日のトリとして出演。台湾で歌手としてステージに立つのは、1998年以来これが19年ぶりのこととなった。90年代はトップアイドルと して、台湾はじめ中国や香港でも絶大な人気を誇ったが、根強いファンは今も多く健在。客席には親衛隊も登場し、熱い声援を送っている。

46歳になる酒井法子は、ミニのワンピースで髪にリボンをつけ、アイドル時代さながらの衣装で登場。この姿に中国のネットユーザーの間からも、「若い!」「昔とほとんど変わらない」「 親世代が熱狂したアイドルには全然見えない」などと、驚きの声が上がっている。

若々しさをキープする秘訣(ひけつ)について、酒井法子はインタビューで、「なるべく気を若く持ち、よく体を動かし、自分がパワーを傾けられることを意識してすること」とコメント。 明るい気持ちを持ち続けることで、何よりのアンチエイジング効果が得られると語っている。(翻訳・編集/Mathilda)

参照元:46歳の酒井法子に「若い!」と驚嘆の声、台湾で19年ぶりステージ―中国メディア
配信日時:2017年3月27日(月) 21時40分 Record china

詳報 酒井法子さん女優復帰会見
時事ドットコムニュース

2009年11月、覚せい剤取締法違反で有罪判決(懲役1年6月、執行猶予3年)を受けた酒井法子さん。12年12月に主演舞台で芸能活動に復帰することになり、猶予期間が明けた1 1月24日、東京都内で復帰会見に臨んだ。酒井さんの一問一答は次の通り。

 ―今の心境は。

 3年という月日を振り返ると、いろいろな人々に支えてもらいました。長くつらい日々でしたが、今日こういう日を迎えることができたことに、心の底から感謝しています。今、皆さんに 対する感謝の気持ちでいっぱいです。

 ―執行猶予が明けた時の様子は?

 息子が起きていてくれました。今まで支えてくれたお友達とお話ししながら、その時を迎えました。

 ―女優復帰に葛藤はなかったのか。

 「私がやっていいものか」という気持ちもあったけれど、周りの皆さんが背中を押してくれた。「すごくやりたい」という気持ちで、この場に座らせてもらっています。

 ―女優復帰を決めた理由は?

 (事件後)本当に何かにすがりたくて、自分の中で生きていくすべを見つけることに必死でした。それで介護の勉強をしようと、大学に入れてもらったのは3年前。パソコンによる通信教 育に取り組み、現在も在学しています。

 こうした選択は自分にとって正しいものでしたが、介護の学びの中で表現者としての役割の素晴らしさを改めて感じ、もう一度、自分自身が表現する側に立ちたいという気持ちが大きくな りました。

 この3年間で、私には見えないところで、ファンの皆さんが「法子、頑張れ」と思ってくださった場面もたくさんあったと思う。頂いたお手紙、励ましの声を考えると、今日この日を一緒 に喜んでくれているのではないかと思います。

自分の過ちだった

―覚せい剤を本当にやめることができたのか。

 そういうものを絶つということに、苦しんだことはない。きっぱり絶ち切ることができました。まっすぐに前を見て生きていくことしか考えていないので、心配しないで、信じて見ていて ほしい。気持ち一つでそういったものから離れていくことは可能だと思う。そういった危険に近づかないし、何があっても、そういったことを二度としないとはっきり言えます。

 ―どうして覚せい剤に手を出したのか?

 本当にただ、自分自身が甘い考えで…。バカだったというしかない。

 ―事件発覚直後、逃げていたが、その時の気持ちを改めて聞かせてほしい。

 あの時は本当に気が動転してしまって…。いろいろな葛藤の中で時間を過ごしていました。振り返れば、自分自身の甘さを感じている。心から反省しています。

 ―(覚せい剤を勧めた)元夫に対する思いは。

 (覚せい剤を使ったことは)自分の選択、過ちだと思っていますので、彼を責めるつもりはありません。

 ―元夫と息子は会っているのか。

 父と息子なので、会っています。これからも子供の気持ちを尊重したいと考えているので、彼が会いたいときに会わせてあげたい。私自身は会っていませんが、彼は子供の親なので、今後 そういったことで会うことがあるかもしれません。

子供と向き合う

―子供の存在は支えになったか。

 いろいろな気持ちの中で、守るべきものがあるんだと痛感しました。大切なものを傷つけることがない自分になりたいと思います。

 ―子供とはどのように向き合っていくのか。

 これから先も、彼の見えない大きな傷を一生かけてつぐなっていかなければいけません。親として、人として、「お母さんは頑張っている」という背中を見せられるように生きていくのが 大切だと思っています。

 ―事件を通して、失ったものと得たものは?

 失ってしまったものは本当にたくさんあると思う。嫌な気持ちにさせたり、迷惑をかけたりしたので、これから私が生きていく上でつぐなっていくつもりです。

 一方で、どん底の中でも見捨てることなく、手を差し伸べてくださった方々がいました。この世界で表現者として生きていく場を与えてくれるなら、その場でしっかり生きていくことが少 しでもできる恩返しだと思う。

 この3年間、生活費はどうしていたのか。

 蓄えの中で生活していました。

 ―タトゥーが消えているようだが。

 消しました。あるべきではないと思ったからです。

主演舞台への思い

―12月に「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」に臨む心境は?

 (出演できることに)心の底から感謝の気持ちしかありません。キャストの皆さんに引っ張っていただき、自分に出せる限りの力をすべて出してお市を務めさせていただきたいと思います 。

 ―既に舞台稽古が始まっているそうだが。

 昨日までは、キャストの皆さんが芝居している姿を見る形で参加していましたが、共演の皆さんが、輪の中に入れようとしてくれていると、すごく感じました。自分は幸せ者です。

 ―舞台は久々と聞いている。

 生の舞台は、お客さんの反応を感じながらお芝居をする、一期一会の勝負の場。怖さや緊張を集中力やパワーに変えて、いいお芝居をしていきたい。

 ―罵声を浴びる心配はないか?

 いい面も悪い面も何もかもさらけ出すので、受け止めていただきながら演じたい。

 ―今後の芸能活動の予定は?

 今は舞台に専念することしか考えていない。後々お声をかけていただいたら、その都度、考えていきたい。

 ―今の気持ちを「のりピー語」で表現するとしたら?

 「のりピー」ということで言わせていただけるなら、「ファンの皆さま、ありがじゅう」「マンモスうれぴーです」。今日という日を迎えられて、ありがとうございます。

参照元:詳報 酒井法子さん女優復帰会見
時事ドットコムニュース


酒井法子、中国人気健在 国内のみの舞台取材に香港メディア来場「マンモスうれピー」
10/3(火) 15:51配信 ORICON NEW

女優・酒井法子(46)が3日、東京・草月ホールで5年ぶりの舞台となる『うんちゃん2』のゲネプロ&囲み取材に参加。国内のみでの上演となるが、香港のメディアが取材に訪れるなど中国・香港での人気は健在で「マンモスうれピー」と満面の笑顔を見せた。

同舞台はきょう3日から5日まで同劇場で、7日、8日は埼玉・入間市民会館で上演される。国内のみの上演となるが、劇場には中国各地のファンから初日を祝う花が届けられた。舞台関係者によると観劇するために中国や香港から来日するファンもいるという。さらに、香港のケーブルテレビ局も公演取材に訪れるなどのりピー人気が健在であることが見てとれた。

 酒井も香港メディアのカメラに向かって「シェイシェイ」など中国語でアピール。香港にいるファンに向かって大サービスした。現地では“モンスター級の美魔女”と称されているそうで酒井は「マンモスうれピー」と照れくさそうに、おなじみのフレーズで喜びを表していた。

 『うんちゃん2』は物流業界で働く人をテーマにした舞台の第2弾。今回は女性ドライバーに焦点を当てている。5年ぶりの舞台出演となる酒井は「運送業界が少しでも盛り上がってくれればいいな。そのお役に立てたら」とアピールしていた。

参照元:酒井法子、中国人気健在 国内のみの舞台取材に香港メディア来場「マンモスうれピー」
10/3(火) 15:51配信 ORICON NEW









スポンサーリンク


スポンサーリンク

ビットコイン革命 Part6 <土星の射手座への再入室>

今年の年初、ビットコインについてのNHKのドキュメンタリー番組を見て、中国の若者がビットコインに夢中になっているという様子を見た。

そして、2月終わりぐらいにビットフライヤーやコインチェックといったビットコインの取引所に口座を開いたが、その時、まだビットコインは、1ビットコインが、11万4千円程度だった。

その時、既にビットコインの真似をして、ビットコインにない機能を盛り込んだりしたビットコイン以外の様々なアルトコイン(altcoin)が登場しており、その中にリップル(XRP)という仮想通貨があった。

このアルトコインは、昨年1リップルが、0.1だったのが、10円程度になったので、100倍の金額に跳ねあがったのである。つまり、投資利益として、10000%の利回りである。


このリップルを例えば、100万円分でも買っていた人は、いきなり1億円の利益を得たのである。

ネット上には、貧困のニートがなけなしの数万円で、リップルを購入して、いきなり大金が転がり込んできたといった成功物語が、様々に書き込まれていた。


この驚異のサクセスストーリーを見て、私もリップルとネムというアルトコインを購入していたが、まだ安値で購入した為にそこそこの上昇を示し、200%の利益がもたらされた。

それだけでも凄い数字である。


然し、こうしたサクセスストーリーを見ていた私は、200%の利益が出ていた時に更に大きな利益を得よう(つまり、億り人になろうとして)利益確定をしないでいた所、たちまちの内に価格が下がって来て、その利益は吹き飛んでしまい、更に別のアルトコインにも手を出した結果、それらを高値で掴んでいた為、それらは暴落して、一気に含み損が発生してしまったのである。

それで、土星が蠍座に逆行している間、私はずっと含み損を抱えて、それらを処理できず、悩んでいた状態だった。


またおまけについ最近では、土星が蠍座と射手座の境界線のガンダーンタ付近を通過していた時、土星は星座を出ていくタイミングで最も強い力を発揮するのであるが、そのタイミングで、私はCOMSAという通貨のICOに参加しようとして、COMSAのアドレスと思われたアドレスにイーサリアム(Etherium)という暗号通貨を振り込んだ所、それがフィッシング詐欺のサイトで、30万円程失うという悲劇にも襲われた。(※googleの広告からICOのサイトにアクセスしてしまった為、詐欺師によって広告に出されていたフィッシングサイトのリンクを踏んでしまったようである)

これは私が生きて来た中でも上位にランクするかなり痛い体験である。

私は蠍座には惑星は何も在住しておらず、また凶星からのアスペクトもないため、蠍座それ自体は傷ついていない。

蠍座の支配星である火星が12室に在住し、土星からアスペクトされているということはあるが、蠍座自体が酷く傷ついている訳ではない。

然し、それでも土星が蠍座8室を出ていく最後のタイミングで、土星は私に辛い仕打ちを与えたようである。

トランジットの木星と土星がこの段階で傷ついた6室支配の水星にダブルトランジットしていたということも影響したと考えられる。

2017年10月2日の出来事であった。

ヴィムショッタリダシャーは、金星/木星/土星/ラーフ/木星、チャラダシャーは、天秤/山羊/牡牛/山羊である。

6室は泥棒、詐欺師のハウスであり、何らかの私の過去世の罪が、このような経験を通じて、私にカルマの負債を支払わせたとも考えられる。



然し、最近、ビットコインが再び、上昇をした結果、私はその抱えていた含み損を取り戻すことが出来た。


ビットコインは土星が蠍座に逆行している間、一時期は、30万円ぐらいにまで暴落したのである。


その暴落局面で、私は、ビットコインを43万円ぐらいで購入した為、その後の上昇で、含み損を取り戻した。



私が予想していたように土星が10月26日に射手座に再入室したタイミングで、ビットコインは異常な値上りを示し、このブログを書いている現在、1ビットコインは84万円前後である。


ビットコインが7000ドル突破、快進撃止まらず-年初から640%上昇
2017年11月2日 17:10 JST Bloomberg (Eric Lam)

仮想通貨ビットコインは2日に7000ドル(約79万8500円)を突破。5000ドル突破から1カ月もたたず新たな節目を超えた。

  スポット価格は一時7.1%高の7045.46ドルとなった。ロンドン時間午前7時45分(日本時間午後4時45分)現在は6968.25ドル。年初から640%ほど値上がりし、時価総額は1000億ドルを超えている。

  今週は取引所運営のCMEグループが年内にビットコイン先物を上場する計画を示し、ビットコインの値上がりに弾みが付いた。


おそらく、30万円に暴落して再び、90万円に届きそうな高騰を示したこの射手座への土星の再入室のタイミングで、更に資産を2倍に増やした人々が発生したものと思われる。


これらの人々は、最初の土星の射手座への入室局面で、運用資金を作った人々である。その人々が再び、更に高い跳躍をしたのである。



私はと言えば、この43万円付近で、ビットコインを購入した後、67万円付近まで値上がりした所で、暴落が来るものと予想していた為、64万円ぐらいまで下がってきた所で、ビットコインを売ってしまった。


しかし、その後、ビットコインは、87万円ぐらいにまで上昇をしているのである。



株や商品先物、FXやビットコインなど何でもそうかもしれないが、トレードで最も重要なのは、利益確定をするタイミングのようである。


つまり、利益が出ていた時にこのぐらいでいいと判断して、もっと利益が得られる機会を捨てるのである。


ほどほどの利益で満足することが大事である。


こうしたトレードで結果を残す人というのは、お金を稼ぐ意志はあるのだが、お金に執着はしていないのである。


とくにもっと稼ごうという欲望を捨てることが出来る人々である。



トレードにおいて損切と利益確定は同じであると専門家は書いている。


損切というのは、自分が予想していなかった方向に相場が動いた時に損を確定する手続きである。それは損失を確定するつらい作業である。


それと同じように利益確定というのは、もっと利益が得られる機会を捨てる行為である。それは欲張りな人にとっては、もっと利益が得られる機会を捨てるつらい作業である。



つまり、お金に対する執着があると、損切も利益確定も両方とも出来ないのである。


特にこれはお金をあまり持っていない人、稼げない人にこの心的傾向は大きいのである。


お金がめったに得られないので、お金を失いたくないという気持ちも強い。(そして、それは裏を返せばお金を得られる機会がもしやってきたら、それを絶対に失いたくないのである。)


従って、損切も出来ないし、利益確定も中々出来ない。





そして、私のメンタリティーというのは、そのようなものであったと理解した。



つまり、200%の利益が出ていた時に利益確定が出来ず、また暴落局面でも直ぐに損切をして、資金の保全が出来なかったのである。


その結果、暴落して再び、ビットコインが上昇していく局面で、含み損を抱えて指をくわえて見ているしかない状態であった。



実は、素人というのは、皆、こういう経験をしているようである。


高値掴みをして、暴落を経験し、その際に巧みに立ち回る人々が、底値で購入して、高値で利益を確定していくのである。


こうしたことが、延々と行われているのが、相場の世界である。





私は結局、ビットコインが上昇していく今年年初の貴重な機会において、それ以上、値上がりはしなかったリップル(XRP)やネム(XEM)といったアルトコインを購入して、ビットコインを購入しなかったが為に貴重な投資機会(時間)を失った。


この間、ビットコインだけがただ値上がりしていったのである。


結局の所、全てのアルトコインは、ビットコイン建てで購入されるのであり、ビットコインの流動性の高さには、どのアルトコインもかなわないのである。



それはちょうど米ドルが基軸通貨として、常に高い信用性や価格を維持するのと同じである。



であるから、ビットコインをひたすら購入して何も売り買いもせずに持っていた人が、最も利益を得たようである。



つまり、ウォーレンバフェットのように企業に価値があると判断したら、長期的にその企業の株式を購入するというのと同じようにビットコインの将来性や価値(社会を変える力等々)を信じてそれを購入し、売り買いを何もしなかった人こそが、大きなリターンを得たのである。


1月26日にビットコインが社会的に注目されるようになり、ビットコイン元年と言われたこの上昇局面で、ビットコインをただ購入し、それをただ置いていた人は、それは現在、7~8倍ぐらいの値段になっている。


それには何のテクニックもいらず、ただビットコインの将来性が分かり、それを長期的に保持することを決めて、ビットコインを購入した人々である。



そうした人々もお金を稼ごうという意志はあるが、特に目先の利益などに惑わされないという点で、お金に執着はしていない人々である。



IMF専務理事「危機の中にいるわけではない」
2016/5/27 17:25 日本経済新聞

 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は27日午後、世界経済に関し「我々は危機の中にいるわけではないが、危機(2008年のリーマン・ショック)からのレガシー(遺産)を引きずっている」と述べた。その上で「世界経済は08年のような危機にはない」との認識を示した。

 安倍晋三首相が27日午後の記者会見で、世界経済にリーマン・ショックのような危機の予兆があると主張したことを巡り、三重県伊勢市で記者団の質問に答えた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



IMF専務理事のラガルド氏が、暗号通貨が勝利し、銀行業は終わりを迎えるだろうと予想しているようである。



本来、市場にお金を供給できたのは、銀行家だけである。


銀行家が誰かにお金を貸す時に信用創造によって市場のお金が増えるのである。



ミルトン・フリードマンは、経済とは、貨幣供給量(マネーサプライ)×流通速度で決まると述べている。



つまり、市場に貨幣がどのくらい存在するのかかが、経済が活況を呈するのかどうかに決定的な役割がある。


その貨幣供給量を管理できたのが、これまでは銀行家、そして、銀行の銀行である中央銀行だけだったのである。


中央銀行が金利を設定して、マネーサプライを管理して来たのが、これまでの社会である。



そして、銀行家は中央銀行に準備預金をするだけで、その何倍ものお金を貸し出すことができ、無からお金を生み出して来たのである。


お金は人を支配する力があるので、それでお金を作ることができる銀行家(現代の錬金術師たち)が、人々を支配して来たのである。



今、電気代の安いアイスランドなどに企業がどんどん進出して、大規模にマイニングを行う設備を建設中である。


ビットコインは、ビットコインのマイニングの計算に特化したASICを搭載したコンピューターでないと出来なくなっているが、普通のパソコンでマイニングできる仮想通貨も存在している。


そうした仮想通貨がビットコインとの間で、交換レートを持っているということは、実質的に普通の一般市民が、自宅のパソコンで、お金を作ることが出来ることを意味している。


こうしたことは、お金そのものをマイニングによって、一企業、一市民が作りだすことが出来ることを意味している。



銀行家がお金によって人々を支配する状況が終わりつつあるのである。


そのうち、電気代も安くなってただ同然で得られるようになると、お金による支配は完全に終わり、世界には、暗号通貨によるマネーサプライが豊富に存在するようになり、人々の経済活動は中央銀行に支配されることなく営まれるようになる。


お金というものは、どこにでもふんだんにあり、誰でも必要なだけ、いくらでも使えるものになり、お金は最終的に空気のようなものになっていくと考えられる。




大本教のお筆先が、未来の水晶世界においては、誰もお金を蓄積することになど興味がなくなるのだと言っている。


それが水瓶座の時代であるが、ビットコイン、暗号通貨というものは、その序章である。


誰でもマイニングによって、自宅のパソコンでお金を作りだせるとなれば、それは、お金の民主化であり、お金が民主化されることによって、お金によって支配されることもなくなるのである。



今のビットコインの投機熱というものは、そうした世界が作りだされる過渡期の現象である。


ビットコインや暗号通貨で、お金を一夜にして稼いだ人々は、決して、贅沢はしないし、お金に対する姿勢が全く違っているようである。


お金がテレビゲームでもやるかのように簡単に稼げるとなれば、お金に対する執着もないのである。



ビットコインには、価値の裏付けがないと述べる経済学者や金融業界の論客がいるが、現在、ビットコインはバブルであるかどうかに関して論争が起こっている。


ビットコイン「バブル」論争、賛否入り乱れる-ゴールドマンは様子見
2017年11月6日 06:48 JST Bloomberg (Eric Lam)

 ビットコインは正当な資産だろうか。それとも、はじけるのを待つばかりの「巨大」バブルだろうか。急激な値上がりで時価総額が1000億ドル(約11兆4100億円)を超えた仮想通貨について、賛否両論が入り乱れる。
  どちらの陣営にくみするにしても否定できないのは今年に入ってからのその驚異的な値上がりだ。3日に7000ドルを突破し、年初来の上昇率は650%以上になっている。

業界の著名人の声を聞いてみよう。

支持派

  仮想通貨の普及に貢献し「ビットコイン・ジーザス(教祖)」として知られるロジャー・バー氏はビットコインの持続性に楽観的だ。中国政府などからビットコインの投機的要素を取り締まろうとする動きもあるが、「ビットコインの普及を止める唯一の手段は世界中をインターネットから切り離し、接続できないようにし続けることだけだ」と9月にブルームバーグ・ニュースとのインタビューで語った。
  元レッグ・メーソンのファンドマネジャーのビル・ミラー氏は自身のミラー・バリュー・ファンドでビットコインの保有比率を30%とし、1年前の5%から増やした。同ファンドの今年の成績はプラス72.5%。

批判派

  クレディ・スイス・グループのティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)は2日、ビットコインを巡る投機は「バブルそのものだ」と発言。「ビットコインを売買する唯一の目的は金儲けだ」とし、そうした投機が「ハッピーエンドで終わったことはめったにない」と警鐘を鳴らした。
  ソシエテ・ジェネラルのセブラン・カバンヌ副最高経営責任者(CEO)も3日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「今のビットコインは明らかにバブルだ」と述べた。
  JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOは引き続き、ウォール街で最もビットコインに批判的な1人だ。ビットコインを買う人は「愚か」で、最後には各国政府がこれを壊滅させるだろうと10月にも発言した。

様子見派

  取引所運営CMEグループのテリー・ダフィーCEOはブルームバーグテレビジョンとのインタビューでビットコインバブルの可能性についての問いに、「この37年間に数多くのいろいろなバブルを見てきた」とした上で、「バブルであるかどうかを予言するのは私の役割ではない。私の仕事は人々がリスクを管理するのを助けることだ」と答えた。CMEは年内にビットコイン先物を上場する計画を明らかにしている。

  ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファインCEOはビットコインについてどう考えるべきか決めかねているが、現時点でこれを切り捨ててしまうことは望んでいない。同CEOは別のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「その昔、5ドル金貨は5ドル分の金が含まれているから5ドルだったが、今の紙幣は中銀の権威を裏付けとしている。新世界では人々のコンセンサスを裏付けとした通貨もあるかもしれない」と語った。

原題:Big Investors Are Taking Sides in Bitcoin’s Great Bubble Debate、Big Investors Are Taking Sides in Bitcoin’s Bubble Debate (1)(抜粋)


ビットコインの価値は、金などの実物が支えているのではなく、まずその設計思想に価値があるのであり、人々が皆で運営していく民主化されたお金のシステムであり、それを運営していくことによって、非常に便利な経済活動が出来るという点でも、銀行業界が作り上げたネットワークよりも優れているということに価値があるのである。


ビットコインのアイデアと、それに参加した人々が育んできた歴史に価値があるのである。



そして、それが既存の流通業の決済に採用されるなどして、認知を受けるに従って、更に信用を増していく流れになっている。


国家権力などが付与する信用ではなく、人々の参加によって育まれてきた信用であり、それが価値なのである。



金1オンスよりも1ビットコインの価値の方が高くなってしまったということは、水瓶座の価値観そのものである。


風の時代というものは、資源や労働力などの実物よりもアイデア、思想などが重要になってくるのである。



ビットコインというものは、お金の創造と維持管理に一部の権力者や富豪だけでなく、全ての人間が参加できるという点で、優れていたのであり、それがここまで成長してきたことがそれを物語っている。



土星が2017年10月26日に射手座に再入室した辺りから、ビットコインが異常な値上がりを示している。



土星が射手座を通過していく間、更にビットコインは値上がりしていくと思われるが、射手座には上昇と下降という象意があるため、ビットコインは調整で、一時的に暴落することも考えられる。



従って、ビットコインが暴落する次のタイミングが買いのチャンスであるが、その後も射手座を土星が通過していく間、ビットコインは値上がりしていくものと考えられる。



巨額の資金を動かす投資信託がまだ参入していないため、これから先物や上場投資信託(ETF)が始まることによって、更にビットコインの値段が上昇する可能性を秘めている。


ビットコイン、先物の次はETFが続く公算大きい-Cboe社長
2017年11月8日 14:20 JST Bloomberg (Brian Louis)

取引所運営の米Cboe・グローバル・マーケッツは仮想通貨ビットコインの上場投資信託(ETF)を見据えている。
  Cboeはビットコインの先物の導入でライバルのCMEグループと競っている。Cboeは8月、年内か来年の早い時期にビットコインの先物を提供する意向を示した。ビットコインの先物を提供するには両社とも米商品先物取引委員会(CFTC)の承認が必要になる。
  Cboeのクリス・コンキャノン社長は7日の決算説明会で、「ビットコインのような資産クラスの指定先物を利用してETFを導入する機会がある。時間をかけてETFの導入を計画する」と語った。
          
  CMEグループは先週、年内にビットコインの先物を上場する計画を明らかにした。Cboeのエド・ティリー会長兼最高経営責任者(CEO)は7日の決算説明会で、「透明な市場を提供することにCMEが同じ利益を見いだしても驚きはない」と語った。

 CboeはビットコインのETF組成で恩恵を受ける可能性がある。同社は自ら運営する証券取引所でETFを上場しているが、CMEは証券取引所ではないためETFを上場していない。
原題:Bitcoin ETFs Are Likely to Follow Futures, Cboe President Says(抜粋)


以下のようにビットコインがバブルだとする見解もあり、またロシアや中国のように国家が独自の暗号通貨を発行しようとする動きも始まっている。


アルワリード王子:ビットコインはバブル-エンロンのように崩壊へ
2017年10月24日 00:54 JST Bloomberg (Nour Al Ali、Shaji Mathew)

サウジアラビアのアルワリード王子は仮想通貨ビットコインについてバブルだと指摘した。最高値の更新が続くビットコインを巡っては、王子のように懐疑的な見方を持つ向きも多い。
  アルワリード王子は米経済専門局CNBCのインタビューで「ビットコインは全く信用していない。いずれ崩壊するだろう。エンロンのような状況が生じつつあると思う」と指摘。「全く理にかなっていない。ビットコインはどの中央銀行からも規制を受けておらず、管理も監督もされていない」と加えた。

米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)はビットコインを「詐欺」だと呼び、この取引に手を出すような「ばか」なまねをする従業員がいれば、即座に解雇すると語っていた。
原題:Saudi Billionaire Alwaleed Sees Enron-Like Demise for Bitcoin(抜粋)


しかし、政府が暗号通貨を発行しようとする動き自体が、ビットコインの信用を裏付けている。


それは堅牢な仕組みであり、中央銀行の仕組みを脅かすことがはっきりしているが為にそれを各国政府が導入しようとしているのである。


政府が発行する暗号通貨がおかしなものであればある程、ビットコインの価値が高まるはずである。



結局、中国のようにインターネットの入り口で規制をして、アクセス制限を行うようなことを政府がしている例もあるが、アクセス制限をしたとしてもインターネット自体を禁止することは出来ない。


それと同じようにブロックチェーンを使った暗号通貨の仕組みを政府は規制できないと考えられる。



水瓶座(土星:大衆)は、獅子座(太陽:王室、政府、権力者)と対等に振る舞うのである。




この射手座に土星が通過する間に人工知能などのテクノロジーも飛躍的に向上していくと考えられ、それは以下の孫正義の計画を見ても明らかである。


ソフトバンク孫正義、純利益1.4兆円の高笑い——「ゴールドラッシュはこれからだ」
May. 11, 2017, 06:30 AM BUSINESS INSIDER

いまのソフトバンクグループを一言で表現すれば”絶好調”だ。

ソフトバンクグループのCEO・孫正義氏は10日、決算発表会の冒頭で自社を「金の卵を生むガチョウ」になぞらえた。「これまで『有利子負債が多い』と批判を受けてきた」とした上で、今回の好調な決算を強調。「これまでの借金はガチョウのエサだった。現に実績を出しており、今後もコンスタントに金の卵を生み続ける」と自信満々に語った。
決算発表によると、ソフトバンクグループは2016年4月〜2017年3月期の売上高が前年同期比0.2%増の8兆9010億円。本業の利益である営業利益は1兆260億円、最終的な利益は前年から3倍にあたる1兆4263億円となった。国内の通信事業が好調だったことに加え、中国の大手EC/プラットフォーマーのアリババなど保有株式の売却益が影響しているという。
最終的な利益が1兆円を超えるのは同社としては初めて。1兆円の大台に乗ったことに関して「特に感動はない。単なる通過点だと思っている」としつつも「トヨタは最終的な利益が1兆円を超すのに67年かかった。我々ははるかに短い36年で達成した」と語った。

孫氏はアメリカのモバイル事業子会社スプリントの現状にも言及した。「1年ほど前からスプリントが成長エンジンになると言ってきたが、それが現実になりつつある。営業利益の上昇に影響を与えてくれている」と述べた。アメリカのモバイル通信事業の業界再編についても「政権が変わってビジネスに対してオープンになった。前政権はビジネスがやりづらく不満だった。今後は業界再編の可能性があり、積極的に対応していく」と前向きな姿勢を示した。
ソフトバンクは昨年、約3.3兆円でイギリスの半導体設計企業ARMを買収したことでも世間を賑わせた。ARMについては「買ってよかった。つくづくそう思う」と断言。「今後の世界ではARMの技術を使ったAI用のチップがどんどん普及していく。業界の成長エンジンを100%手に入れた」と余裕を見せる。

ARMは確かに今後順風満帆と言っていい状況だ。笠原一輝氏の記事「1.7兆円巨額買収したインテルの『危機感』」や「クラウドから『エッジ』へ——NVIDIA軸に始まった半導体業界のAI戦争」で詳しく解説されているように、マイクロソフトはARM版のWindows Serverの投入を既に発表しているし、今後AIの活用が進むIoTデバイスの世界においても、(大規模・高速な計算資源が必要なクラウド側は別として)特にキーになるエッジ側(端末側)に関してはARM SoCの利用は堅調に増加するだろう。
孫氏は会見の最後を熱を込めた口調でこう締めくくった。「ゴールドラッシュはこれから始まる。今まではただの前哨戦だった。今後はあらゆる産業が再定義されていく。これから飛ぶんだという感じだ。金のガチョウになるんだ」

(*編集部より:初出時のARMの解説「アメリカの半導体企業」を「イギリスの半導体企業」に修正しました。2017年5月11日8時20分)


孫正義は、半導体の設計図を作っているARM社を買収したようである。


このことによって、インターネットやそして、暗号通貨を支えるブロックチェーンというテクノロジーによって、将来的にARM社が作った半導体が、あらゆるデバイスに組み込まれて、ネットワークでつながる世界を創るというビジョンを持っている。


孫正義は、水瓶座に月が在住しているが、明らかに水瓶座の時代が創られる一つの通路となっているように思われる。


インターネットのADSL事業で台頭し、その後、携帯電話会社を買収して、Apple社と組んでスマートフォンというコンピューターデバイスを一人一台所有するような社会を推進したのである。


インターネットにデバイスが接続することをインターネット・オブ・シングス(Internet of Things:IOT)と呼ばれるが、そうした社会を推進するプレーヤーの一人であると自覚しているようである。



人工知能(AI)、自動車の自動運転技術、ブロックチェーン技術、Internet of Things(IOT:インターネットにチップを搭載したあらゆるデバイスが接続される)など、最近の世界の技術や経済の進歩を見てみても世界は水瓶座の時代の構築に向けて歩んでいるように思われる。


そうした新しい時代を構築する技術をいち早く取り入れて、実践した人に他の人よりも大きな利益がもたらされるのは必然なのである。



それではジョーティッシュは、こうした中で、どこに位置づけられるかということである。


ジョーティッシュは数学的な美しさを持ち、運命というものを論理的に解明する太古の知識である。




それには優れたプログラマーが創ったソフトウェアを必要とする。



先日、ジョーティッシュの診断をAI化できるかといった話題で話しをする機会があったが、運命学がテクノロジーによって高度に進化する可能性を秘めている。



これが完成する時、人間というものは、3次元空間で存在しているばかりでなく、時間軸を含めた4次元空間で存在していることが受け入れられ、人間についての概念に広がりがもたらされるかもしれない。



明らかにジョーティッシュは水瓶座の時代への移行のタイミングで、世の中に紹介された運命学のテクノロジーである。



私は暗号通貨では、ビットコインだけを長期保有するということが出来ず、従って、機会(時間)を失ったのである。



今年2~3月頃、ビットコインを知った人々は、インターネット上の記載を見る限りにおいては、皆、一様に経済的に成功したようである。



あのタイミングで参入して稼げなかった人は、むしろ、少ないのであり、私は稼げない天才らしい。私は空しさに覆われている。




私は少しも成功しておらず、含み損を抱えて、ようやくそれを取り戻しただけで、全く稼いではいない。



あの200%の利益が出たあの4月頃に利益確定を全て行なって、ビットコイン保有へと切り替えていたら少なくとも30ビットコインは保持していたという考えが何度も浮かんでくる。



知人に自慢げに含み益が出た画面を見せるなどしていた場面がフラッシュバックして何度も私に襲いかかる。



しかし、これも全て運命なのである。



それはチャートに刻まれており、分かっていることであった。




双子座に集中する惑星群が、ウォールストリート、株式投資や金融の世界への興味を生み出し、それでFXや先物取引、暗号通貨のトレードなどに導いたのであるが、決して成功するのではなく、それらに関する不快な経験をある程度しなければならないというカルマなのである。



従って、私は過去に行ったFXでも先物取引でも損をしたし、それは私のカルマである。




ジョーティッシュにおいては、私はひたすらジョーティッシュにのめり込み、ジョーティッシュ一点張りを続けてきた。



ジョーティッシュは好きで続けているという点で、それは売り買いの対象ではなく、それはトレードにおける長期保有に相当する。




ウォーレンバフェットが言っていること、つまり、長期保有の哲学とは、つまりは、自分が好きなことをやり続けるという思想である。



トレードの観点からは、好きなことをひたすら続けている人に投資をせよということである。



好きなことをしている人は強いのである。



そうすることで、最終的には人は満足の行く結果を残すことが出来る。



ジョーティッシュで生計を立てたいなどと言ってくる人が、問い合わせて来ただけで終わったり、直ぐに飽きてやめてしまうケースが多いのもその為である。



そもそもジョーティッシュがたまらなく面白く時間をいくらかけても飽きない楽しみの一つになっているような人は、尽きない興味の源泉により、それをひたすら続けられる根気強さを持っている。

















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術上級セミナー+対面鑑定会(大阪)の結果報告【11月1日~5日】

2017年11月1日~5日の日程で行われたインド占星術上級セミナー+対面鑑定会(大阪)が無事終わりました。

内容的には今年の夏から現在までにかけて東京で提供して来たセミナーと同じ内容であり、分割図とダシャーの読解方法、そして、ジャイミニの読解の基本、各種ダシャーについて解説するものでしたが、成功裏に終えることが出来ました。

以前、大阪でイベントをした頃からの付き合いのある方々やブログの熱心な読者の方々から今回、初めて参加された方まで様々な方にお越し頂きました。

参加された皆様、ありがとうございました。

5日間という長丁場のイベントで、朝から昼を挟んで午後にわたって、毎日、占星術漬けとなり、あたかも欧米のヴェーダ占星術協会のカンファレンスのような雰囲気を再現することが出来たと思います。

セミナーだけでなく、ジョーティッシュ学習者の情報交換のプラットフォームとして、ある程度の人数の方に参加頂けたという点で、イベントとしては成功裏に終わり、大変満足しています。

協力者のご支援のおかげでもあり、重ねてお礼申し上げます。

今後も数日をかけてジョーティッシュを学んでいくようなイベントを開催していきたいと思います。

尚、本セミナーの内容は今年の年初からコツコツと翻訳をして得られた法則を実際に事例で検証して納得した内容になります。

今回から初めて上級セミナーと名づけることにしています。これまでに行ってきたセミナーの内容やテキストなどは基礎セミナー、初級セミナーに位置づけられ、自分はまだ「上級」に値するものは何も知らないと考えてきました。自分にはまだそれに値する知識がないと考えてきましたが、今回の内容は、明らかに上級に値する内容であり、実際に欧米の占星術師たちが鑑定場面で質の高いリーディングをするために使用しているものです。

既に知っている人はあまり語りたがらない知識です。

今までのジョーティッシュ学習の旅路における集大成的な位置づけであり、今回、参加された方は、これらを使える道具にするためは、これらを自分で実践して検証していくことにかかっています。

本セミナーを通して、パラシャラシステムとジャイミニシステムを併用するというコンポジットアプローチの本当の意味、単にそれら両方を別々に使うというのでなく、それらを同時に併用していくということ、そして、そもそもパラシャラシステムというものは、ジャイミニシステムと併用することで、完全なものとなるという意味を理解して頂けたのではないかと思います。

今後はこうしたパラシャラとジャイミニの併用を更に練習、訓練して、その実際の鑑定での使い方について理解を深めていくと共に、ナクシャトラやヴァルシャファラ(varshphal)、ムフルタ、カーラチャクラダシャーなどのマニアックなダシャーなど、別の新しい分野にも手を伸ばしたいと考えています。

また本セミナーの内容は、東京で行われたものも含めて、動画教材として販売する予定ですので、もし今回の機会を逃した方は、それらを購入することで学習することも可能です。


11月3日~5日のセミナーの前の11月1日、2日のプレイベントとしての鑑定会にも16名の方にお越し頂き、用意していた枠以上の申し込みを頂き、枠以外の時間を設けることになるなど、大変好評を頂きました。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。また暫くして状況が変化したら、またお越し下さい。お待ちしています。




【セミナーに参加された皆様の感想】


秀吉さま。この度は素晴らしい機会を与えて頂き感謝しております。遠隔で学んでいる者にとって、対面でのご指導はやはり違います。マークボニーの分割図のお話は、電子書籍で読んではいましたが何気なく読んでた箇所が、秀吉さんのセミナーを受けてから読み返すと、内容がとてもよく理解でき頭に入ってきました。チャラダシャーも実際に汗を書いて計算してみると理解度が違いました。秀吉さんの説明はわかりやすく、考えながら話されているので、自分も考えながら聴くことができました。本当にありがとうございます。そしてお疲れ様でした。

(大阪府大阪市 フーミン様)



とても内容の詰まった充実した講座でした。特に深めたかったジャイミニの基本的を学ぶことができたのでよかったです。

(大阪府大阪市 Y.S様)



5日間に渡る鑑定&講座イベントを関西で開催頂けるという記事を見つけてから、心待ちにしておりました。講座に参加してみると、本当に多くの資料をご用意下さり、想像を超える内容でとても充実した時間を過ごさせて頂けて大変感謝しております。本当にありがとうございました。また、他の参加者の皆様の色々な角度からの質問により、先生のより深い考察が更に引き出され共有出来たことで、より一層勉強になりました。また次もこの様なイベントが開催されることを楽しみにしております。

(兵庫県 AKANA様)



まだインド占星術は、初心者?マークのついた状態で参加させて頂きました。当初は、初日だけの予定でしたが、先生のお話が興味深く、気がつけば、3日とも参加させて頂くことに。。。
合宿のように、ジョーテイッシュ漬けの日々でしたが、学ばせて頂くことが多く、本当に充実した時間でした。何度も、何度も学ぶ中で、いろんなことが繋がって、! そうなんだ、となって行くのでしょうね。
とても刺激になりました。ありがとうございました。

(大阪府 星子様)



分割図とジャイミニ、どちらももっとしっかり勉強したい分野だったので、とても充実した3日間でした。
内容が盛りだくさんで消化しきれていない部分もあるので、復習して落とし込んでいきたいと思います。
インド占星術を学んでいる友人が、子供がいるのに出産の表示が出生図に出ていないと悩んでいたのを思い出して、子供さんの誕生日をきいてD7とジャイミニを使ってみてみたら、ちゃんと出産の表示がありました。
また友人と会って説明してあげるつもりです。また是非関西でセミナーををして下さい。

(大阪府 Y様)



1日目から3日目まで、非常に盛り沢山の内容で、毎日、鑑定の精度さを高めるための重要な技法ばかりを教えて頂きました。
特に分割図に関しては、今まで、何を元に学習すればよいのかすらわかりませんでしたが、はっきりとした指針を、信頼できる根拠と共に示して下さいました。
沢山の資料もご用意頂いたので、それらの資料をもとに、セミナーで学んだ事の復習とその検証をして、分割図の解釈を深めていきたいと思います。
生徒参加型のセミナーだったので、皆様とお話させて頂くこともでき、楽しく充実した3日間でした。本当にありがとうございました。

(福岡県 ら・ら・ら様)



分割図については、2回目の受講でしたので、分かりやすかったです。
あとジャイミニ占星術では、曖昧な点がありましたが、少しですが明確になりました。もっとジャイミニを使い込んでいこうと思っています。
ジャイミニのダシャー・システムは、多すぎて使い切れません。チャラ・ダシャーとナヴァムシャ・ダシャーを使っていきたいと思います。

(兵庫県 内山 真月様)



充実した講座でした。ジャイミニに関しては基礎的なことしか知らず、より深く学びたいと思っていたところでもあったので、大変興味深く学ばせていただきました。
今後も機会があれば是非参加させて頂きたいと思います。

(大阪府大阪市 N.S様)



【インド占星術上級セミナーの風景】(2017/11/3~5)


【1日目】




【2日目】





【3日目】






















スポンサーリンク


スポンサーリンク

高倉健の養女・小田貴のミステリー

戦後の日本映画界を牽引してきた映画俳優・高倉健が2014年11月に83歳で亡くなったが、最後を看取ったと言われる養女が40億円と言われる遺産を受け継いだ後、その死を実の妹にも知らせず、いまだに遺族には会おうともしないのだという。

高倉健の死後2日で火葬してしまい、実の妹が遺骨を分けてほしいというと、遺言で散骨してくれといわれたからと断わり、高倉健が生前に建立した鎌倉霊園の墓地も更地にし、20台ぐらい所有していたといわれる高級車も売り払い、所有していたクルーザーも解体し、世田谷区の瀬田の家を壊して新築したりなど、その養女の奇行が週刊誌によって伝えられている。




怪談話のように恐ろしいミステリーである。


以下がその記事の引用である。


40億円の遺産と雲隠れ「高倉健」養女の謎
有名になるほど人は孤独になる
2017.10.2 PRESIDENT Online 政治・社会
ジャーナリスト 元木 昌彦

2014年11月、俳優・高倉健が83歳で亡くなった。しばらくして週刊誌などが小田貴という養女の存在を報じた。養女は、40億円といわれる遺産を受けついだが、その死を実妹にも知らせず、いまだに遺族には会おうともしないのだという。名優の謎に迫った『高倉健 七つの顔を隠し続けた男』(講談社)の筆者・森功氏に、元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏が聞いた――。

20代の若造に「よろしくお願いします」と頭を下げる
長嶋茂雄、吉永小百合、高倉健。

1970年、私が編集者になった頃、死んでも会いたいと思ったのが、この3人だった。

長嶋とは引退後に何度か食事をした。雑誌の対談に出てもらったことがある。サユリにはグラビアの撮影などでも会ったが、強く印象に残っているのが、川端康成の葬儀の日のことだ。

新米社員だった私は、裏木戸を見ていてくれといわれた。葬儀が始まってしばらくすると、木戸口から入ってくる女性が目に入った。遠目からでも吉永小百合だとわかった。

初心な私は、彼女を案内する間、口もきけず倒れそうなぐらい緊張した。喪服のサユリはため息が出るほどきれいだった。

高倉健には2度インタビューで会っている。最初は新作映画の記者会見場だったと記憶している。立ち話だったが、「よろしくお願いします」と20代の若造に丁寧に頭を下げた。『昭和残侠伝』の花田秀次郎がそこにいた。

2度目は、たしか青山にあった彼の行きつけの喫茶店だったと思う。緊張していたので何を話したかは忘れたが、コーヒーの話題を覚えている。

コーヒー好きで知られる高倉健だが、日に何十杯も飲むからインスタントでも何でもいいんです、そういって照れたように頭をかいた。

高倉の最後を見届けた唯一の人間

男が惚れる男というのは彼のようなことをいうのだろう。もともとファンだった私は、彼の行きつけの店をいくつか回った。京都のイノダコーヒーはもちろん、田中邦衛に教えられた嵐山・渡月橋近くの「霧そば」、喫茶店「花の木」。ハワイのベトナム料理店「マイラン・ベトナミーズ・レストラン」ではサムに高倉健専用ルームに案内してもらって、彼とツーショットを撮ってきた。

健康フリークで、ヒマがあれば運動をしていた彼も、『単騎、千里を走る』(2005年)あたりから年を感じさせ、遺作になった『あなたへ』(2012年)では老いが目立った。

2014年11月10日悪性リンパ腫で死去、享年83。

死後、しばらくしてから、彼に養女がいたことが報じられた。小田貴という女性だ。高倉の最後を見届けた唯一の人間。40億円ともいわれる遺産を受け継いだ。

だが不可解なことに、彼女は高倉の死を福岡にいる高倉の実妹にも知らせず、死後2日で火葬してしまったのである。実妹が、遺骨を分けてほしいというと、遺言で散骨してくれといわれたからと断っている。

彼女の「奇行」が週刊誌で報じられるようになる。生前、死んだらここへ入ると高倉がいっていた鎌倉霊園の墓地を更地にしてしまった。ここには結婚していた江利チエミがはらんだが、事情があって産めなかった水子墓もあった。

なぜ「高倉健」の痕跡を消し去ってしまうのか

クルマ好きで、多いときは20台ぐらい所有していたといわれる高級車も売り払い、手を入れれば立派に使えるクルーザーも解体してしまった。高倉との思い出が詰まっていたであろう世田谷区瀬田の家も壊して、新築した。

なぜ、そうまでして高倉健という俳優が生きた痕跡を消し去ってしまうのだろうか。ファンならずとも疑問を感じてしまうのは無理のないことであろう。

その謎に挑戦したノンフィクションが講談社から出版された。『高倉健 七つの顔を隠し続けた男』、書いたのはノンフィクション・ライターの森功である。

彼は高倉健が出た福岡県立東筑高校の後輩。高倉は高校でボクシング部と英会話のESSクラブも創設し、ESSは今も残っているという。

明治大学に入り相撲部に入部した。学生時代はけんかと酒に明け暮れ、「明治の小田(高倉の本名は小田剛一<おだたけいち>)」と恐れられた。酒癖が悪く、物を壊す癖があったと、自らインタビューに答えている。それもあって、俳優になったら酒は飲まないと決めたようだが、その克己心には頭が下がる。

大歌手・江利チエミとついに結婚するが……

この時期、戦後「銀座警察」と異名をとった、後の指定暴力団「住吉会」の幹部たちとの交友もあった。中でも明治の1年後輩で後に住吉の理事長にまでなる直井二郎とは親しかったそうだ。

大学を出ても就職口がなく1年就職浪人をしていたが、知人に美空ひばりの事務所を紹介された。東映本社の喫茶店にいる時、東映の重役にスカウトされたという話は有名だが、森によると、東映専務だったマキノ光雄(兄は映画監督のマキノ雅弘)だったという。

若いときからファンだった憧れの江利チエミと共演する機会を得て、結婚することになるのだが、美空ひばりや十朱幸代などからも愛を告白されたそうである。

大歌手・チエミを追いかけまわし、ついに1959年2月16日に結婚する。この日は高倉の誕生日でもあった。

徐々に売れ出した高倉にとって、一番幸せな時期であったのだろう。残念ながら子供はチエミの体の問題があり産めなかったが、彼女も精一杯高倉のことを愛した。だが、チエミが縁戚の女の詐欺にあい何億という借金を背負ってしまう。そこから結婚生活は暗転していく。

12年半の結婚生活に終止符を打ち、その後、チエミは一人寂しく亡くなってしまう。高倉は生涯チエミのことを好きだったといわれる。それが証拠に、新婚旅行で行ったハワイには別荘も買い、撮影が終わるとちょくちょく出かけていた。

「おだたけいち」ではなく「おだごういち」に

映画『鉄道員(ぽっぽや)』の中で、チエミの代表曲「テネシーワルツ」を使っている。2人は瀬田の自宅からすぐの法徳寺に墓を買っていた。高倉はチエミの月命日には闇に紛れて墓に手を合わせてきたという。

だが、離婚後もチエミのことを好きだったと彼の口から語ったことは、私が知る限りない。チエミはステージでもよく『唐獅子牡丹』を歌っていたのだが。

話を急ごう。この本の白眉は、高倉と養女との馴れ初めや、彼女の不可解な行動の謎に迫った章である。

森は、養子縁組の際の入籍申請書類を見ている。養女になった貴の母親と、高倉の従弟(高倉プロの専務・当時)のサインがある。

だが不思議なことに、高倉の本名である小田剛一のふりがなが「おだたけいち」ではなく「おだごういち」になっているのだ。それも従弟のところには、何も書かれていない申請書を持ってきて、サインしてくれといわれたというのである。

高倉の実妹や親族たちは森に対して、高倉の死を知らされなかった悔しさを隠さない。いまだに養女とは会えず、弁護士を通してくれといわれているそうだ。なぜこうまでかたくなに実妹や親族を拒むのだろう。

「バレた、どうしよう」

そのくせ、高倉が死ぬ直前までCMに出ていた九州の会社には飛んで行って、高倉の死後もCMを放映してくれと、彼の死をマスコミ発表より早く知らせに行っている。週刊誌のインタビューにも答えているのに、生前高倉ときわめて親しかった人間たちとは会おうともしない。

貴の経歴も、高倉の出会いもよくわかっていない。仕事をしていた「チーム高倉」のメンバーも、彼女の存在をほとんど知らなかったという。森によると、貴は貴倉良子という名で女優やテレビリポーターをしていたそうだ。大部屋女優から、ホテルジャーナリストに転身しているという。

知り合ったのは1990年代後半。どうやら香港のホテルで知り合い、その後意気投合したらしい。彼女に会った数少ない人間も、彼女は家政婦だと思っていたと語っている。

親族たちが、高倉に何か異変があったのではないかと気づき、電話をあちこちにかけた。それを知った貴は、「バレた、どうしよう」と慌てふためいたそうだ。そして、高倉の匂いを消すかのように家を壊し、墓を更地にし、愛車やクルーザーも処分してしまったのだ。

こんな話がある。棺桶をどうしようかという話になった時、貴は、「一番質素なものでいい」といったそうだ。さすがにそれはないだろうということで、従弟が桐の上等なものにさせた。

昨年末からステーションギャラリーで「高倉展」が始まったが、それを皮切りに全国でイベントを行っているが、人前に出ないわりにはそうしたことには熱心なのだ。

遺産だけでなく、映画の権利なども手に入る

さらに不思議なことに、生前高倉と親しかった人間たちが、口裏を合わせたように、かたくなと思えるほど、高倉との思い出を語らないのだと、森はいった。

森にいわせると、結婚ではなく養女になったのは、高倉健の遺産だけでなく、これからも入ってくる映画の権利など、もろもろの収入も手に入れられるからだそうである。

私にはよくわからないが、もしそうだとしたら、法律に詳しい人間が彼女の後ろにいるのだろうか。疑念は膨らむばかりである。森は、彼女がそうした行動に走った理由について、こう推測している。

「心の底で燃やし続ける瞋恚(しんい)の炎が、彼女を駆り立てるのではないか」

「人の世の栄華とは何を指すのだろうか」

それは、高倉本人への憎悪なのか、彼が残像を追い続けた江利チエミという女性への嫉妬の炎なのだろうか。森は結びでこう書いている。

「人の世の栄華とは何を指すのだろうか。生涯をまっとうするとは、いったいどういうことなのか。高倉の人生に接していると、そんな疑問が湧く。生きる伝説とまで称されながら、その生きざまはわれわれと同じように、いやそれ以上に泥臭く、奥深い悩みを抱えてきた。きらびやかなスポットライトの裏で必然的に生まれる陰影に支配されてきたともいえる」

高倉健という名を汚さず、理想の俳優像を作り上げようと必死に”演技”してきたのであろう。ハワイのベトナム料理屋で、物置のような質素な部屋で高倉健が一人食事している姿を思い浮かべた。

200本以上の映画に出演し、日本一の俳優になった男が得たものは何だったのだろう。

有名になればなるほど孤独になる。その孤独に耐えられない人間は、その道を選ぶものではない。高倉健なら、そう答えるのではないか。(文中敬称略)


この記事を読んだ時、高倉健の出生図からこの謎を解明したいと思ったが、2チャンネルに高倉健の出生データが載っていた。


高倉健 1931年2月16日 8:00 福岡県中間市


このデータでチャートを作成した所、おそらくこの出生時間は正しいものと思われる。







この記事の中で、『高倉健 七つの顔を隠し続けた男』の筆者・森功氏によれば、養女・小田貴が高倉健と結婚するのではなく養女になったのは、高倉健の遺産だけでなく、これからも入ってくる映画の権利など、もろもろの収入も手に入れるからだということである。



そうした養女の執念のようなものがチャートから読みとれるかどうかがポイントである。





まず、このチャートを見て高倉健の経歴、性格、過去のエピソードなどから考えて、出生図のラグナは水瓶座で正しいということで納得できる。





水瓶座の博愛精神



例えば、高倉健は、任侠映画に出演して、スターになったため、本人もヤクザのような気質の人物かと言えば、全くそうではない。



非常に博愛的で周りの人間に気を使う性格で、周囲から慕われているのは、その生真面目な性格においてなのである。




例えば、wikipediaによれば、『礼儀正しい人物であり、すべての共演者に挨拶を忘れず、監督やプロデューサーをはじめ、若い新人俳優やスタッフにも必ず立ち上がり、丁寧にお辞儀して敬意を払う』といった人物像が伝えられている。



どんな人間でも対等に扱い接するという博愛性が見られるが、これは水瓶座の特徴である。



高倉健と監督の前だけ、皆とは違った豪華な料理が並んでいたのを見て、「自分も皆さんと同じ料理にしてください」と遠慮したという。




酒は飲まず、ストイックで、演技には真剣で、非常な努力をし、美味しそうにご飯を食べるシーンを撮影するために2日間食事をしなかったといったエピソードも伝えられている。





高倉健が何故、任侠映画に出演したかと言えば、まず、10室が蠍座に位置しているということがある。



蠍座はヤクザ、暴力団の星座である。




また3、10室支配の火星が蟹座に在住していることもそうである。


蟹座は右翼、民族主義者の星座であるが、3、10室支配の火星がこの6室蟹座で減衰しており、パラシャラの例外則でラージャヨーガ的に働く配置である。


また火星は減衰しているが、ディスポジターの月からアスペクトされてニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


3室は演技のハウスであり、10室は仕事のハウスである。



この3、10室支配の火星が6室の蟹座で減衰しているために義理人情といった感情情緒の世界(水の星座)を描いた任侠映画に出演したのである。



6室に在住する火星は、敵を粉砕する配置であるが、特に火星が減衰している場合は、敵が徹底的に叩きのめされる配置である。



つまり、蟹座的な人物に対して、非常に対人的な強さを発揮する配置である。



中学時代にボクシングなどで、6戦1敗の成績を収めたというのもそれが関係しているかもしれない。



高倉健は、山口組の田岡組長など暴力団とも親しくしていたようであるが、蟹座で火星が減衰しているのであれば、ヤクザの組長とさえも気楽に余裕で交際できるような優位性を保ったと言えるかもしれない。



つまり、火星が6室で減衰する配置は、無敵の配置である。



従って、かなり敵を粉砕する強さを得るが、火星が減衰しているため、それ程、凶暴には見えない。むしろ、大人しい印象となる。



この火星の配置は非凡であり、ナヴァムシャでも火星が6室に在住して、対人関係、パートナー関係における優位性を示している。





女性関係



高倉健は、映画界きっての「惚れられ男」だったという。



映画『日本侠客伝 刃』(71年)で共演した十朱幸代が高倉健と『できれば結婚したい』とまで言っていたが、自宅へ行っても高倉健は何ら手を出すそぶりを見せず、『タバコを吸う女は嫌いだ』の一言で遠ざけられたという。



倍賞千恵子との交際が取りざたされたり、児島美ゆき(女優)との交際など、いろいろ噂は絶えなかったと言われている。



そして1956年の映画「恐怖の空中殺人」で共演した江利チエミと1959年に結婚したが71年に離婚している。






後年、「健さんってすごい気難しくて。私は好きで一緒になったんだけど、夫婦生活はとても薄っぺらい、実態のないものでした」と江利チエミは語っている。



結婚中も「夫婦らしいことは何もしてくれない」とボヤいていたという。





こうしたエピソードから分かることは、高倉健は、女性から惚れられて結婚を求められはしても、決して、相手の女性に満足のいく結婚生活を与えなかったという状況である。




高倉健のチャートを見ると、7室支配の太陽がラグナに在住しているが、これはパートナー(相手)が積極的に働きかけて来て、求めてくる配置である。



そして、2-8室の軸にラーフとケートゥが在住しているが、これが高倉健の結婚生活に問題をもたらす配置であり、高倉健が生涯、家庭というものに恵まれなかったことを示す配置である。



8室に在住するケートゥは高倉健が、全くパートナーとの結婚生活に全く期待をせずにむしろそれを避ける傾向があったことを示している。



そして、2室のラーフはパートナーの7室から見た8室であり、パートナーとの結婚生活から多くを得ようという執着を表わす配置である。



2室は家族、人脈、財産など、パートナーが所有するあらゆるものを表わしている。



2室にラーフが在住すると、パートナーは飽くなき欲望で、それらのパートナーの所有物や財産から最大限の恩恵を受けようとするのである。



飽くなき欲望であり、その欲望は決して満たされることのない凄まじいものである。




しかし、そのようにパートナーに求めるのだが、7室から見た8室に在住するラーフは凶星でもあり、8室を傷つけているのである。



従って、パートナーは、高倉健に対して、愛情や経済的保護や親族間のつながり、交流からあらゆるものを求めようとするが、それらは決して得られず満たされないのである。



これが高倉健の女性関係のパターンである。



高倉健は、相手の女性を自分の親族の中に導きいれたり、家族ぐるみで、大事にするというようなこともなく、親族間の交流が始まるような関係性は一切なしで、結婚生活の実態というようなものは全く与えなかったのである。



従って、女性との関係というものは、プライベートで少し甘美な関係性を築くというだけであり、高倉健が常に優位となるような一対一の関係で、親族関係などが一切発生しない関係であった。



あるいは、親族関係によって、苦労をする配置であったといえる。



高倉健が結婚した江利チエミと離婚するに至ったのは、江利チエミの異父姉が横領事件を起こしたり、2人を攻撃するデッチ上げ話を流したりするなど、夫婦関係をこじらせる行為を繰り返したことが原因であるという。



従って、高倉健の方も、パートナーの親族(8室:7室から見た2室)から全く幸福な関係を持てなかったということである。



それ8室にケートゥが在住して、土星からアスペクトされ、更に逆行する火星からアスペクトされる意味でないかと思われる。



パートナーの親族関係からは全く失望(ケートゥ)と言えるものしかもたらされなかったのである。



結局、そうした家族の問題というものがあって、高倉健と江利チエミは離婚することになった。



結婚生活、家庭の安定、親族間の相互サポートなどを提供する余地が、お互いに全くなかったのである。




これが、ラーフ/ケートゥ軸が2-8軸に入る場合の関係性である。



ラーフ/ケートゥ軸が2-8軸に入ることは女性にとっては厳しい配置であると言われているようだが、これは男性にとっても同じである。



但し、高倉健の場合は、仕事に打ち込むことが出来た為、この問題は、それ程、問題とはならなかったのである。



高倉健は、安定した家庭生活を築かなかった代わりに仕事に全エネルギーを費やしたのである。




このパートナー関係のパターンは、この江利チエミに限らず、交際した全ての女性との関係においても繰り返されたに違いないのである。




高倉健のチャートを見ると、5室に2、11室支配の木星が在住し、11室に4、9室支配の金星と、ラグナロードで、12室支配の土星が在住して、1-2、1-4、1-9、1-11、2-5、5-11、9-11のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成している。


5-11室が非常に強い配置である。




これは高倉健に数々の受賞や称号をもたらし、また経済的な富ももたらした配置である。また映画界や多方面の有力者との人脈を表している。




第1回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞(1978年) – 『八甲田山』、『幸福の黄色いハンカチ』
第4回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞(1981年) – 『動乱』、『遥かなる山の呼び声』
第5回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞(1982年) – 『駅 STATION』
第23回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞(2000年)- 『鉄道員(ぽっぽや)』
第37回日本アカデミー賞 協会栄誉賞(2013年)

紫綬褒章 1998年
文化功労者 2006年
第60回 菊池寛賞 2012年
文化勲章 2013年

(wikipedia 高倉健より一部抜粋)




そして、高倉健にはもう一つ知られざる一面があるが、映画の撮影が終わってオフになると、どこか外国にいって、暫くマスコミから姿を消すのである。



その間、高倉健がどこで過ごしているかは、誰にも分からないのである。


国内では、京都のイノダコーヒー、嵐山・渡月橋近くの「霧そば」、喫茶店「花の木」、海外では、ハワイのベトナム料理店「マイラン・ベトナミーズ・レストラン」の高倉健専用ルームなど、プライベートを過ごすいくつかの行きつけの場所はあったようである。


これはチャートの12室に在住する6室支配の月と5、8室支配の水星が表している。



12室は海外を表わしており、本人のプライベートな領域である。



芸能人がオフの時に海外に行くのは誰にも見つからずにプライベートを楽しめるからである。



そして、その月と水星と3、10室支配の火星が相互アスペクトしている。



従って、ある種、映画の撮影で、ロケ地などで過ごすことは、高倉健にとっては、プライベートを楽しむことに関係している。



2005年12月22日公開の中国で撮影された『単騎、千里を走る。』といった作品などは、映画の撮影と海外でのプライベートな生活の両方を満たす側面があったと思われる。



この『単騎、千里を走る。』で関わった中国のスタッフとの別れを惜しむ様子がwikipediaに記されている。



(略)東映を離れ、フリーに転じてから、1つの作品を終えるたびにスクリーンから離れ、マスコミや公の場から距離を置く事を決まり事としている。それは、1つの作品を終えるたびに高倉を襲うという、“深い喪失感”に関係しているという。特に『あなたへ』に主演する前には、自身最長となる6年間の空白期間が生じた。前回主演した日中合作の映画『単騎、千里を走る。』の後、中国人の共演者やスタッフたちと別れるときに感じた気持ちと『あなたへ』の出演を決めたことについて、「分かんないね……。多分ね、この別れるのに涙が出るとかっていうのは、お芝居ではないところで、泣いているのだと思うんですよね。ああ楽しかったとか、別れたくないとか、もう二度と会えないかもしれないとか。特に中国のスタッフは。だから、そういうものを自分がお金に取っ替えてるっていう職業ってのは、悲しいなあってどっかで思ったのかもしれないね。それを売り物にするものでは、ないんじゃないかなっていう。でもしょうがないですよね、同じ人とずっとはやれないんだから。そういう切ない仕事なんですよ。だから、それはそんなに気を入れなければいいんだっていう、そのこともわかってるんだけども、やっぱり出会って仕事だ、出会って仕事だって言う。分かってるんだけど、強烈なのを受けると、しばらく。なんとなく、恋愛みたいなものなんじゃないの。多分、恋愛だよね。じゃなきゃ泣きませんよ。お金もらうところじゃないんだもん、映ってないところで泣くんだから。泣くんですよ。大の大人が(笑)。それが中国は強烈だったってことでしょうね。いや、今でも分かりませんよ。じゃあ、なんで今度(『あなたへ』)はやったのって言ったら、こんなに断ってばかりいると、またこれ断ったら(降旗)監督と、もうできなくなる年齢が来てるんじゃないかなと、2人とも。それはもう1本撮っておきたいよなっていうのが、今回の。本音を言えばそうかもしれないよ。」と、その心情を初めて漏らしている。

(wikipedia 高倉健より引用抜粋)




以上のように高倉健には仕事上の人脈や高い評価(受賞、称号)、成功と、国内の隠遁地や外国でのプライベートがあり、後は、惚れられる男としての側面と、憂鬱な満たされないパートナー関係(家庭生活)が示されている。



①仕事上の人脈や高い評価(受賞、称号)、成功・・・・5-11室
②国内の隠遁地や外国でのプライベート・・・・・・・・6-12室
③惚れられる男としての側面・・・・・・・・・・・・・1-7室
④憂鬱な満たされないパートナー関係(家庭生活)・・・2-8室




これが高倉健のチャートが示す運命の4つの大きな特徴である。




上記のようにラーフ/ケートゥ軸によって傷ついた2-8室の軸による満たされない家庭生活というものがあり、そして、それは養女になった小田貴との関係においても同じである。




おそらく小田貴は、高倉健の晩年の恋人として、パートナーとして高倉健のスターとしての評判に傷をつけないよう目立たずに陰の存在として尽くしてきたと考えられる。



その間、ずっと長年に渡って、高倉健との生活に満たされない気持ちを抱き続けてきたに違いないのである。



それは7室から見た8室にラーフが在住しているからである。



高倉健の親族から良くしてもらった記憶もなく、また高倉健自身からもそれ程、結婚生活らしきものは与えられなかったとすれば、その与えて欲しい激しい欲求は募るものの、それらは決して満たされずに来たのである。



実際、8室にラーフが在住している場合、パートナーの所有物を何もかも欲しがる配置である。しかし、それは決して満たされなかったのである。



その為、高倉健が亡くなった後の遺産全てを自分のものにすることでせめて、その満たされなかった感情を満たそうとしたのである。



そのために小田貴は、養女になる道を選んだと言える。(高倉健の意志で養女にしたようである)



そして、高倉健が亡くなった今、小田貴は高倉健の財産を全て手にすることになったが、高倉健の家族や両親からは何も良くしてもらっていない、存在さえも認められてもいないという積年の恨みが、彼女に高倉健の財産を全て我が物にして、誰にも渡さない頑なさとして現れたと言える。


高倉健が生前に建立した鎌倉霊園の墓地も更地にし、20台ぐらい所有していたといわれる高級車も売り払い、所有していたクルーザーも解体し、世田谷区の瀬田の家を壊して新築したりなどした奇行は、全てこの飽くなき欲望のラーフが、7室から見た8室に在住して、パートナーの財産を全て掴み取ろうとするからである。


それらは一文たりとも妹や親族には渡さずに遺骨の一部さえも渡さない、高倉健の持ち物全てを握りしめて離さない、そのような頑なな姿勢として現れている。



その怨念が凄まじいだけにこの養女の奇行の話は、あたかも四谷怪談のような恐ろしさを持っている。





高倉健は、2014年11月10日に亡くなっているが、この時のダシャーはケートゥ/金星期である。



マハダシャーケートゥ期に入った後のセカンドアンタルダシャーの時期である。



ケートゥは2-8軸に座住し、ケートゥのディスポジターである水星は12室に在住して、3、10室支配のマラカの火星からアスペクトされている。




高倉健は没後、養女の小田貴によって、生前の建立した墓にも入れてもらえず、全ての財産をむしり取られる状況にあり、これは8室のケートゥやそのディスポジターが12室に在住する状況ではないかと思われる。




高倉健の今生の名残や痕跡を全て消すような方向で処理を進められているようである。






そして、ナヴァムシャを見ると、ケートゥのディスポジターである月は牡牛座で高揚している。



7室をパートナーのラグナとすると、10室支配の月が8室(遺産相続)で高揚し、9室支配の水星とコンジャンクションし、4、5室支配のヨーガカラカの土星と11室支配の太陽とで相互アスペクトしている。



これはパートナーの財産から経済的恩恵を受ける配置である。





高倉健のナヴァムシャを見ると、6室にラグナロードの火星が在住し、7室支配の金星が6室で減衰している。




これは対人関係において相手を徹底的に破壊する配置であり、相手よりも優位になって、相手からは求められる配置である。



6室で減衰する金星は、相手がいじめであることを表している。





従って、この6室の配置を見ると、高倉健が、常に対等でない目下の女性と関わっていることを示唆する配置である。



そして、高倉健のナヴァムシャの8室には土星と太陽が在住して傷つけているが、これはパートナーからは何ももらえないし、期待できないことを表している。




実際、一度だけ結婚した江利チエミとの関係においてもそうであった。




また小田貴との関係でもそうであることを物語っている。






2-8の軸は、パートナー間、家族観の深い因縁を表わす軸であり、その軸にラーフ/ケートゥ軸がまず在住している。




そして、ナヴァムシャでも6室と8室が強調されており、パートナー関係が対等で幸福な関係性ではなく、従属的で、支配と非支配の関係性を象徴している。





小田貴は、高倉健の親族や高倉健自身から良くされた記憶がなく、耐え忍んて来て、ようやくその遺産を勝ち取ったのである。




その際に実際に遺産を掴み取る段階で、積年の恨みが無意識の中から顕在化したか、あるいは初めから明確に意識されていたかもしれない。




因みに高倉健の2室に在住するラーフは、やはり家族のハウスを傷つけており、親族とは問題があって絶縁していたようである。




2室のラーフは高倉健の親族も貪欲であることを示しており、養女の小田貴とたいして変わらないかもしれない。





高倉健が亡くなった後、実の妹や親族に知らせずに死後2日間で火葬にしてしまったのは、彼らに葬儀に関与して欲しくなかったからである。




そして、高倉健と高倉健の財産の整理を家族の関与なしで行い、それらを独り占めするためである。






このように2-8の軸に在住するラーフ/ケートゥ軸は、家族や姻戚関係の深い因縁を表している。





『高倉健 七つの顔を隠し続けた男』の筆者・森功氏は以下のように結んでいる。


「人の世の栄華とは何を指すのだろうか。生涯をまっとうするとは、いったいどういうことなのか。高倉の人生に接していると、そんな疑問が湧く。生きる伝説とまで称されながら、その生きざまはわれわれと同じように、いやそれ以上に泥臭く、奥深い悩みを抱えてきた。きらびやかなスポットライトの裏で必然的に生まれる陰影に支配されてきたともいえる」




確かに高倉健のチャートは、パートナー関係の苦悩を抱えているチャートである。



仕事や社会的評価においては最高位にまで上り詰めたスターが、私生活上には深い悩みを抱えていたというのは本当である。




チャートから見て、それは明らかである。




小田貴(貴倉良子)のチャート



最後に養女・小田貴のチャートを見てみるが、出生時間を00:00:00~23:59:59のどこを取っても高倉健が亡くなり、遺産を相続したのは、マハダシャーラーフ期に入ってからである。


ダシャーラグナのラーフから見ると、8室に8、9室支配の土星が自室に在住し、6、11室支配で高揚する火星と8室でコンジャンクションしている。


火星は高揚して強く、9室支配の土星と11室支配の火星が8室でコンジャンクトして、9-11のダナヨーガを形成している。


この配置が巨額の遺産を相続した配置を一部、説明している。


6室支配の火星が8室支配の土星と8室でコンジャンクトしており、6-8の絡みが生じていることから、訴訟や争いが関わる不審な遺産相続であることを示している。








高倉健の実妹



(参考資料)



高倉健さん 芸能人過去最高!存在していた総額40億円の巨額遺産
2015年03月10日 00:00 JST 女性自身

「高倉さんの遺産は、世田谷区の邸宅や港区のマンション、それに別荘などを合わせた約8億円だと報じられていました。しかし、それは氷山の一角だったのです」(金融機関関係者)

昨年11月10日に亡くなった映画俳優・高倉健さん(享年83 本名・小田剛一)。都内の病院で最後の時を迎えるとき、健さんの傍らについていたのが養女の小田貴さん。彼女は、元女優で現在50歳。健さんの生前は、決して彼女の存在が公にされることはなかった。

そんななか本誌は「健さんは8億円の不動産のほかにも多額の資産を遺している」という情報をキャッチした。相続の手続きのために、養女の貴さんが金融機関の窓口を訪れたのは、2月初旬のころだという。

「高倉さんの本名(小田剛一)名義の証券口座には、現金のほか、投資信託などがあり、外資系の証券会社など4社を通じて運用していました。その金融資産を合わせると30億円もあったのです」(前出・金融機関関係者)

   健さんが、貴さんを正式に養女にしたのが’14年5月のこと。弁護士には、「長年世話になった人に財産を残したい」と相談したという。

「高倉さん自筆の遺言書には、全ての財産を養女に相続させるという旨が綴られていました。遺言の通り、証券会社にあった高倉さんの口座に残っていた資産の名義を変更し、養女が全額を相続しました。投資信託の一部を解約し、相続税の支払いのために現金化もしていましたね」(前出・金融機関関係者)

8億円の不動産と証券会社口座に遺された30億円。本誌が掴んだ額だけでも、少なくとも40億円以上の遺産。銀行預金などを含めるとさらに資産は膨れ上がることが予想される。これは、石原裕次郎さんの17億円を超える芸能界の過去最高額だ。

健さんの弁護士に養女への相続について聞くと、「生前、高倉さんは『長年世話になった人に財産を残したいという自分の意志を明確にするため』と自筆の遺言書をしたためておられました」。相続者は、亡くなった後に明らかになった養女・貴さんかと訊ねると「そうです」と明言。相続した金額については「お答えできません」と話した。

参照元:高倉健さん 芸能人過去最高!存在していた総額40億円の巨額遺産
2015年03月10日 00:00 JST 女性自身

追悼・高倉健 不器用すぎた女性関係(1)唯一結婚した江利チエミとの生活
Posted on 2014年12月2日 09:58 Asagei + plus

 不器用で寡黙な気質さながらに、私生活の大半は謎。だがその実態は、映画界きっての「惚れられ男」だった。封印された華麗な「女性遍歴」を追悼発掘する。

 高倉は一度だけ結婚していたことがある。56年の映画「恐怖の空中殺人」での共演を機に、歌手の江利チエミと急接近したのだ。ゴールインはその3年後、高倉が28歳、江利22歳の時だった。当時を知る映画関係者が回想する。

「江利の芸能界の母と言うべき存在だったのが清川虹子。江利が高倉にたいそう惚れ込んでしまい、清川に相談した。清川は健さんに『チエミちゃんのこと、何とかしてあげなさいよ』と言い、交際が始まりました。結局、押し切られる形で結婚へと至りました」

 だが2人の結婚生活はやがて、トラブルに見舞われる。付き人をしていた江利の異父姉が横領事件を起こしたり、2人を攻撃するデッチ上げ話を流したりするなど、夫婦関係をこじらせる行為を繰り返したのだ。

 その一方で、高倉の「不器用すぎる」夫ぶりも浮き彫りに。江利は酒を飲んで酔うと、美空ひばりとともに「3人娘」と呼ばれた雪村いづみに、「夫婦らしいことは何もしてくれない」とボヤいていたという。

 江利の異父姉の件もあり、2人は71年に離婚。12年の結婚生活だった。当時、取材に当たった芸能レポーターの石川敏男氏は言う。

「東映の撮影所まで行って健さんを直撃したところ、『ちょっと待ってて』と言って、わざわざセットの裏まで出てきてくれました。『離婚するんですか』と聞いたらボソボソと『そんなことには答えられません』と。答えられないならわざわざ出てくることもないだろうに、本当に誠意のある方でしたね」

 江利は後年、とある雑誌の企画で婦人問題の評論家・俵萌子氏と対談した際、結婚生活を「今だから話すけど」と言って、次のように告白したという。

「健さんってすごい気難しくて。私は好きで一緒になったんだけど、夫婦生活はとても薄っぺらい、実態のないものでした」

 この対談に立ち会ったノンフィクションライター・風見隼人氏が明かす。

「要するに、高倉がほとんど家に帰ってこない、薄幸な生活だったと。『寂しいからお酒に逃げたんです。寂しさをまぎらわすためにブランデー、ウイスキーを飲んで』とも言っていました。結局、彼女はアルコール依存症のようになり、酔って嘔吐したものを喉に詰まらせて、45歳で亡くなっている。彼女のヒット曲『酒場にて』に『好きでお酒を飲んじゃいないわ 家にひとり帰る時がこわい私よ』というフレーズがありますが、これは彼女の人生を歌ったんだなと思いました」

 江利との離婚以降、独身を通した高倉。だが実際は、何度か再婚話が浮上したことがあった。

 離婚後、最初の相手となったのは、印相学の大家のバツイチ令嬢。彼女は高倉を紹介してくれた俳優に「健さんと結婚するつもりなので、その節はよろしくお願いします」と挨拶までしていたという。

 印相学大家令嬢との破局から程なくして、十朱幸代との親密交際が噂されるようになる。高倉、40代半ばの頃だった。高倉が十朱にエルメスのバッグをプレゼント、あるいはそば店でひそかに食事をするシーンが目撃されたこともあった。
参照元:追悼・高倉健 不器用すぎた女性関係(1)唯一結婚した江利チエミとの生活
Posted on 2014年12月2日 09:58 Asagei + plus

追悼・高倉健 不器用すぎた女性関係(2)噂は出ても結婚まではいかなかった
Posted on 2014年12月3日 09:58 Asagei+plus

 映画関係者が語る。

「共演映画『日本侠客伝 刃』(71年)がきっかけで、十朱が完全に惚れまくり、『できれば結婚したい』とまで言っていました。ところが自宅へ行っても、健さんは何ら手を出すそぶりを見せない。しびれを切らした十朱が積極的に迫ったそうですが、やはり何もしようとしなかった。それでもアプローチを続ける十朱に、健さんは『タバコを吸う女は嫌いだ』。これが最後の言葉だったと‥‥。以降、彼女はショックで1本も吸っていません。『いつか健さんと会った時、タバコを吸わない自分を見てほしい』と言っていましたが、結局はプラトニックで終わった」

 倍賞千恵子との交際が取りざたされたのは、倍賞の自宅で高倉の姿を見たという目撃談があったことが理由だった。

「2人が共演した映画『駅 STATION』(81年)を撮影している時、健さんはロケに毎回、夫婦役の倍賞さんと一緒に来るとスタッフから聞かされて、倍賞さんのマンションをカメラマンと一緒に張り込みました。よそのビルから自宅をうかがうと料理を作っている倍賞さんの姿が見えて、壁に健さんがCM出演していた三菱自動車の大きなポスターが貼ってあるんです」

 石川氏はそう言って、取材時のエピソードを明かすのだ。

「これは(健さんが)来るなと思っていたら、1時間もたたないうち、管理人が1階のエレベーターのボタンをずっと押して待つようになった。すると本当に三菱の車がやって来て、停車しました。これは話ができると思って、僕らは慌てて飛び出した。マンション入り口で遭遇できたのですが、健さんは車に戻って去ってしまったんです。カメラマンもビビッて撮影できず、しばらく車で追いかけましたが、逃げられてしまった。記事にはしましたが、本人からは(交際を)否定され、証拠がないということで、それっきりになってしまいましたね」

 その直後、不器用すぎるモテ男は、女優・児島美ゆきと熱烈交際、半同棲にまで至っている。83年から84年にかけてのことだった。ドラマ「北の国から」(フジテレビ系)にスナックのホステス役で出演した児島を見た高倉が気に入り、ドラマ共演者を介して電話がかかってきたのだという。

 交際から20年後の03年、児島はインタビューに答え、当時のことを赤裸々に明かしている。

 最初の電話から数日後、意外な「電話魔」だったという高倉が、ロケ先から自宅に戻る途中でまた電話をかけてきたという。

〈彼は「会えるか? うちはどこなの?」と尋ねてきました。「○×町のこのあたり」と説明すると、「もしかして僕、マンションの前に着いたかもしれない」。ベランダから見たら、彼がいるんですよ!〉

 この時ばかりは不器用ではなかったようだ。

〈外で会うことはほとんどできませんから、室内でのデートが多かったですね。部屋の中で彼が出ている映画を見たり、当時は私、料理はあまりできなかったけど作ったりして。(中略)私の前で彼は自分のことを(本名・小田剛一の)「剛ちゃん」って言ってました。2人で映画を見る時は、私がペタッて座って、彼をひざ枕する。(中略)ある日、ひざ枕をしていると「剛ちゃん、こんなに幸せでいいのかな」って言いながら、彼が泣いたんです〉

 映画ライターが言う。

「高倉は児島と2人きりになると饒舌で、ペラペラしゃべっていたそうです。ある時、テレビ番組に出演した児島が高倉とのことを暴露しようとした際、共演者の小柳ルミ子が『そんなこと、こんな場所で言っちゃダメよ』と諭していました」

 そんな濃密な関係も、マスコミ報道されると同時に疎遠に。その後、高倉に女性関係の噂が流れることはなかった。
参照元:追悼・高倉健 不器用すぎた女性関係(2)噂は出ても結婚まではいかなかった
Posted on 2014年12月3日 09:58 Asagei+plus

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(13)女性に対して真摯すぎる
Posted on 2015年1月13日 09:55 Asagei+plus

高倉健の俳優人生は、大きく3つの時期に分けられる。ヒット作に恵まれなかった若手時代、大スターに躍り出て撮影に明け暮れた時代、そしてフリーとなって作品を吟味するようになった時代──。いずれにおいても映画への取り組みに手を抜いたことはないが、火の粉は、思いがけず降りかかった‥‥。

「私、大きな声を出さなかった?」

「いや、出さなかったよ」

 居酒屋で知り合った男と女が一夜で深い仲となる。名作「駅 STATION」(81年、東宝)の1コマだ。

 その直後に「樺太まで聞こえるかと思ったぜ」と胸のうちでつぶやく。高倉健(享年83)には珍しく笑いを誘うモノローグだったが、倍賞千恵子を相手にした幻想的なラブシーンもまた、珍しい‥‥。

 生涯で205本もの映画に出演しながら、およそ濡れ場とは縁がなかった。東映専属として最後の作品になった「神戸国際ギャング」(75年)では、絵沢萠子の顔に雑誌をかぶせたカラミが物議を醸したが、これが唯一の“例外”だ。

 高倉のデビュー間もない頃から東映の企画担当として見続けた吉田達は、ある映画を引き合いに出す。出世作となった「昭和残侠伝」(65年)である。

「健さん演じる清次と恋仲の綾役が三田佳子で、綾の兄役が池部良さん。三田ちゃんがそれぞれにしがみつく場面があるんだけど、俊藤浩滋プロデューサーが怒るわけです」

 恋仲の高倉にしがみつくよりも、実の兄の池部にしがみつくほうが何倍も色気が出ていると──。これに対し若手女優だった三田も、敢然と言い放つ。

「俊藤さん、違うんです。高倉さんの顔を見ると色気が消えちゃうんですよ」

 これには任侠映画の立役者である俊藤も苦笑いするしかなかった。吉田は何かにつけ、高倉に「女あしらい」について助言をした。

「健ちゃん、もし刑事みたいな顔してベッドシーンをされたら、女優が困っちゃうよ」

 吉田は俊藤や音楽担当の菊池俊輔とともに、一計を案じた。当時、「昭和残侠伝」の撮影に栃木・宇都宮の石切り場を使っていたが、街ですれ違った女を見て俊藤が高倉に言う。

「健坊、あの女は抱かれても週刊誌に言わないぞ」

「何でわかるんですか?」

 驚く高倉を尻目に、俊藤はなおも言う。

「健坊はもっと女を知ったほうがいい。腰から下に人格はないんだから。そうとわかったらタツ、交渉して来い」

 吉田は俊藤の命を受け、高倉健が話をしたいと言っていると告げる。女は俊藤がにらんだように、緊張のそぶりも見せず答えた。

「いいですよ、でも6時からキャバレーに入るので、店に来てくれるなら」

 4人はキャバレーで過ごし、女の部屋に招かれる。手製のラーメンを平らげ、俊藤は高倉を1人残す。

「健坊、頑張れよ」

 ところが高倉は、ほどなくして部屋から出てくる。

「僕は愛情がない女とはできません!」

 それが高倉健である。後年、フリーとなって初めて東映に舞い戻った「冬の華」(78年)でヒロインを演じた池上季実子は、初対面の印象をこう語った。

「言葉数は少ないけれども、やさしい慈しみを感じました。私には『無類のやさしさを秘めた賢人』というイメージです」

 三田佳子がそう思ったように、一瞬で男と女に陥るタイプではなかった。

参照元:緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(13)女性に対して真摯すぎる
Posted on 2015年1月13日 09:55 Asagei+plus

高倉健さん 40億円相続の養女に実妹激怒「形見分けもない!」
2015年11月4日 6時0分 女性自身

昨年11月10日に悪性リンパ腫のため稀代の名優・高倉健さん(享年83)が亡くなってから、もうすぐ1年。東京都内に残された自宅には、養女・小田貴さんが1人で住んでいる。彼女が名優から受け継いだ遺産はなんと40億円にものぼる。不動産資産が10億円近くに投資信託など、複数の証券会社の口座に残されていた金融資産は30億円以上……。

「ただ1人の相続人である養女が支払った相続税は21億円と推定されます」(公認会計士)

この1年、彼の信頼にこたえるために、静かに遺言を執行してきた貴さんだったが、実は軋轢がなかったわけではない。健さんは4人きょうだい。兄や姉はすでに亡くなっているが、故郷・福岡で妹・Tさんは存命だ。そのTさんが、“義理のめい”にあたる貴さんに対して激怒しているというのだ。Tさんの知人は言う。

「Tさんも、健さんの身の回りの世話をしている女性がいることは知っていたそうです。ただ、その女性が養女になっていたことを知ったのは、健さんが亡くなった後のことで、驚いていました。また、兄の訃報を知ったTさんは『最後にひと目、顔が見たい』と、すぐに上京しようとしたんです。しかし事務所の人から『東京に来ていただくのは困ります』と、きっぱり断られ、その願いも叶いませんでした」

そんないきさつもあって東京の貴さんや事務所スタッフに、強烈な不信感を抱いたTさんだったが、さらにそれを強める出来事が……。

「Tさんは『せめて形見として兄の遺品をわけて欲しい』と東京の事務所を通じて養女に申し込んだのですが、返答もなかったそうです。Tさんからしてみれば、顔も見たことがない養女が“勝手に”遺品も処分してしまっているわけで、ものすごく怒っていました」

本誌が養女・貴さんを目撃したのは10月下旬。一周忌法要は開催するのか、また、なぜTさんの形見分けの願いに応じなかったのか……、それらのことを聞くために、本誌は貴さんに直撃取材した。記者の問いかけに対し、彼女は記者の目をまっすぐ見つめると、自分の唇に人指し指をあてた。

「私がお話しできることはありません」

貴さんは、そう言いたかったのだろうか。彼女は記者に背を向けると、自宅に戻っていった――。

参照元:高倉健さん 40億円相続の養女に実妹激怒「形見分けもない!」
2015年11月4日 6時0分 女性自身

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(15)突拍子もない噂が立ったことも…
Posted on 2015年1月13日 09:57 Asagei+plus

「パリの病院で目撃談がありますが?」

「同性愛についてはどう考えますか?」

 およそ映画の製作発表と思えない辛らつな質問が飛び交った。その1カ月ほど前、突如として高倉に「パリでエイズ死」の噂が飛び交っていたのだ。

 岡田によれば、根も葉もない噂を打ち消すために東宝社長も同席する会見を開いたが、想像以上にマスコミが過熱する。最初は冷静に答えていた高倉も、やがて、本来の眼光の鋭さで反論──、

「女の噂であれば笑ってすまされるが、殺されるようになれば‥‥。故郷には肉親もいるんです。同性愛だとか、病院に行っていたとか、僕にとってはまったくばかげた話」

 なぜ、突拍子もない噂がまことしやかに伝わったのか? 1つには高倉の「オフは事務所にも知らせずに海外放浪」という長年の習性がある。大スターゆえ、旅先での目撃談に何かと尾ひれがつく。

 もう1つは、兜町筋の「エイズ薬関連株」に絡めた意図的な情報操作という説。今となっても真相は闇のままだが、こうした霧を晴らすためにも高倉は映画に打ち込んだ。

「最初に頼んだフランス人が書いた原案は、ギャング映画のようでラリーの話が希薄。結局、タイトルも変え、その原案は使わないということを、健さんみずから断りを入れました」

 岡田や高倉、そして「南極物語」(83年、フジテレビ)と同じく監督を引き受けた蔵原惟繕は、パリからマルセイユとシナリオハンティングを重ねる。そして撮影が始まったのだが、これが南極や北極とは別の過酷さとなった。

「実際のラリー開催時期に撮っているので、終わるのを待って夜中から早朝にかけての撮影。しかも砂嵐がひどくて、鼻も口も耳の中も砂だらけの状態。それが2週間も続いて、いつしか『早く終わろう』の一心になっていきました」

 岡田は、蔵原流のドキュメントタッチな撮影が、高倉とかみ合っていないことを感じる。補佐役につとめたが、蔵原の映画にかける思い込みも過剰であり、意見に耳を貸さなくなった。

 それでも、完成したフィルムを高倉と蔵原の2人が試写室で観て、肩を抱き合って泣いていたことを知る。

 それが大団円とはならず、公開直前までトラブルが続いた。

「1日の上映回数を考えたら配給元はフィルムを切りたがるが、監督は譲らない。結局、3時間もの長尺になってしまい、紛糾したおかげで宣伝用の試写会も開けなかった。公開も土曜が初日のはずが、間に合わなかったので火曜日という異例の形になりました」

 独立以降、新作のたびに大ヒットを記録する高倉にとって、およそ例がないほど不入りとなった。会見での後味の悪さを、結局は引きずったままの幕引きとなった‥‥。

参照元:緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(15)突拍子もない噂が立ったことも…
Posted on 2015年1月13日 09:57 Asagei+plus

高倉健の死をどの芸能人よりも悼んでいた草なぎ剛と香取慎吾
Posted on 2014年12月10日 09:59 Asagei+plus

1960年代に任侠映画で支持を集め、「幸福の黄色いハンカチ」「鉄道員」などの主演で知られる俳優の高倉健が11月10日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。享年83。実は、この高倉の死をどの芸能人よりも悼んでいるのがSMAPの香取慎吾と草なぎ剛だという。

「実は、香取と草なぎにテレビの生放送で唯一、ダメ出しをしたのが健さんだった。2年前に『SmaSTATION!!』(テレビ朝日)に健さんが映画『あなたへ』の宣言のため珍しく出演したんです。番組の中で映画に出演していた草なぎは、健さんに自分の演技に対する感想を求めた。当然、和気あいあいと番組が進行するかと思いきや、健さんがいきなりのダメだしを連発。ドラマ『任侠ヘルパー』では健さんを意識したという草なぎに対し『役が合わない』と一蹴。映画『あなたへ』の演技については、『う~ん。ちょっと役が足らない』とバッサリ斬り捨てられた」(放送作家)

 健さんのダメだしは、番組司会の香取にも向けられた。

「香取が、台本は撮影現場で全て暗記すると自慢げに答えると、健さんは驚いた顔で『役者に向いてないんじゃないのか? 俺が企画担当だったら絶対に使わない』と香取以上の辛辣なコメントを発したんです」(芸能記者)

 この異常事態に青ざめたのがテレ朝のスタッフたち。生放送のため編集が出来ないからだ。

「真っ青になっていた草なぎと香取以上に、番組プロデューサーのほうが慌てていました。ジャニーズの関係者もその場に居合わせていましたが、相手が健さんですからね。何も言えなかったそうです」(テレビ関係者)

 実はこの一件で、俳優としての自信をすっかり喪失した香取と草なぎは、役者留学まで考えていたというから驚きだ。

「ジャニーズ事務所の幹部に相談しながらイギリスのシェークスピア学院やアメリカのハリウッド演劇学校への短期留学を真剣に考えるようになった。二人は大マジだったそうです」(芸能プロ関係者)

 もっとも、この話には後日談が…。

「健さんは若い人にはわざと厳しく、きつく当たるんです。番組終了後から数日たってから、二人は焼き肉を御馳走になった。しかも、ちょっとどころじゃないレベルの超高級焼き肉。事前に二人が好物だと聞いたうえでのセッティングだった。しかも、高級時計までプレゼントされたうえに手書きの俳優覚書までもらったそうです」(前出・芸能プロ関係者)

 以来、香取と草なぎは健さんファンを公言してきた。高倉健という俳優はアイドルからも尊敬され好かれていたのだ。

参照元:高倉健の死をどの芸能人よりも悼んでいた草なぎ剛と香取慎吾
Posted on 2014年12月10日 09:59 Asagei+plus

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(16)元・組長が語る“高倉健”という人物
Posted on 2015年1月19日 09:55 Asagei+plus

 戦後の暴力史に名を刻んだ元安藤組・安藤昇組長は、組を解散後に俳優の道を選ぶ。重厚な斬れ味と端正な顔立ちは映画界にとっても貴重な存在であり、やがて「不良性感度」を重視する東映へ迎えられる。東映に移籍した年、時代は「任侠映画」「高倉健」を中心に回っていた。そして、事件が起こった──。

「健さんを初めて見かけたのは、俺が東映に移籍する前後だから、彼が任侠モノで当てた頃になるのかな。車で走っていたら、背の高い男が銀座の三笠会館の前に立っていて、それが健さんだった。脚が長い男だなというのが第一印象でね。オーラを発していたのを今もよく覚えている。彼とは面識がなかったから、そのまま通り過ぎたけど」

 大正生まれで米寿を迎えた安藤昇だが、その記憶力にいささかの衰えもない。戦後の渋谷を中心に、安藤組のカリスマ的な組長として名を馳せた安藤は、収監と出所を機に64年に組を解散。

 翌年、俳優として三顧の礼で松竹に迎えられ「契約金2000万円、出演料1本500万円」と、当時では天文学的とも言える破格の扱いを受ける。

 その2年後に東映に移籍し、初めて高倉健(享年83)とも言葉を交わした。大ヒットシリーズの10作目となる「網走番外地 吹雪の斗争」(67年、東映)で、安藤は「ナイフ使いの轟」役でゲスト出演。奇しくもこの作品が高倉と菅原文太(享年81)の初共演でもあった。

 安藤は5つ下の高倉を、それとなく観察した。

「大雪山のロケでは、健さんは自分専用のポットに北海道のおいしいコーヒーを準備していて『安藤さん、どうぞ。暖まりますよ』とマグカップに注いで差し出してくれた。俺もコーヒーが好きだからこれは助かった。気配り、気遣いのできる男だった」

 古風なイメージではあったが、安藤と同じく進取の気風もあった。

「その頃、芸能界でスポーツタイプのベンツSLに乗っていたのは3人。若尾文子と俺、そして健さん。クルマが好きなんだなと思ったことを覚えている」

 安藤は高倉の気遣いには感謝したものの、監督の石井輝男とはソリが合わなかった。シリーズが連続で大ヒットしていたため、端役に対しての傲慢な態度や、果ては弱い者いじめまでする──そんな風評が安藤の耳に入っていたからだ。

「ロケ地は真冬、極寒の北海道大雪山。この日は、健さんと俺が馬を並べて吹雪の中を去っていくラストシーンで、撮影開始は早朝7時だったが、なかなか始まらない。寒くてさ。焚き火にあたりながら撮影開始を待っているのに、石井監督は何も言わない」

 いよいよ焦れた安藤は「何で撮らねえんだ」と石井に詰め寄る。

 これに対して石井は「天気がいいから」と言う。安藤も「吹雪くのを待っているんだな」と理解しつつ、こころよく思っていない。

「じゃ、スモッグ焚けよ」

 安藤は吐き捨てるように言ったが、何だかんだと理屈をつけて、それもやらない。そして、延々と待たされたあげく、とうとう昼になってしまった。

 安藤は「こうなれば堪忍袋の緒もプッツンだ」と思った。

「帰るぞ!」

 安藤はホテルへ帰り、そのまま千歳空港に向かおうとした‥‥。

参照元:緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(16)元・組長が語る“高倉健”という人物
Posted on 2015年1月19日 09:55 Asagei+plus

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(17)あえて“言わない”を貫く
Posted on 2015年1月19日 09:56 Asagei+plus

「考え直してください!」

 急を聞きつけ、東映の重役が北海道まで飛んできた。安藤が旭川から札幌に向かうのに時間がかかったため、東京からの便が先に着いたのだ。それでも安藤の答えは変わらない。

「男がいったんケツをまくったんだ。はい、そうですかとはいかない。そのまま東京へ帰ったよ」

 前代未聞の逃走劇に、石井監督は頭を抱えた。ラストシーンは高倉と安藤が馬を並走させ、吹雪の中を大平原の彼方へ去っていくというものだった。

 撮影できなかった部分がどうなったのか、安藤は完成作を劇場で観て驚いた。

「そのシーンがない代わりに、俺の吹き替えを使って、東北の街で撃たれて死ぬシーンになっていたよ」

 監督による“意趣返し”とも取れなくもないが、では、主演の高倉はどうだったか? 安藤は身を乗り出して強調した。

「このことについて、健さんは何も言わなかった。俺に面と向かって言うことはないにしても『こんなことがあったんだ』と、誰かに恨みがましいことを口にしても不思議じゃない。いや、むしろそれが人情というものだろう」

 東映だけでなく、日本の映画界を代表するドル箱スターである。前年には「網走番外地 大雪原の対決」が年度別興行成績の1位に輝いている。それでも高倉は、共演者の非常事態を責めなかった。

「誰かに話していれば『健さんがこんなことを言っていた』と俺の耳に入るが、そんなことは一度もなかった。言いたいこともあっただろうに、男らしいね」

 この件で安藤と高倉の仲がこじれることはなく、以降も多くの任侠作品で共演している。また石井監督にも含むところはなく、再び「現代任侠史」(73年、東映)で組んだ。

 安藤はまた、菅原文太を東映に移籍させた立役者でもある。2大スターとの邂逅は、同時に映画界における「盟主争い」も見つめたことになる。

「10年以上にわたって東映を引っ張ってきた健さんの任侠路線が次第に下火になっていって、それに取って替わるように『仁義なき戦い』(73年、東映)という実録路線が大ヒットして菅原文太が出てくる。これが時代の〈潮目〉というやつで、これに抗うことはできない」

 実録ブームの渦中にある76年に高倉は東映を退社し、フリーとして生きる決意をする。映画産業も下降線をたどっており、決して洋々たる未来ではなかったはずだ。

 それでも、と安藤は言う。

「潮目が変わり“引き潮”になって東映を退社するわけだけど、フリーになって辛抱し、やがて『八甲田山』(77年、東宝)や『幸福の黄色いハンカチ』(77年、松竹)でみごと、再び“上げ潮”に乗ってみせた」

 再浮上はいかにしてなしえたのか──、

「健さんは、役者であることに命懸けで生きてきたんだろう。四十余年前、クルマの中から通りすがりに見ただけだけど、あのとき健さんが発していたオーラは、たぶん、その覚悟と決意が発散していたのではなかったかと今は思うんだ」

参照元:緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(17)あえて“言わない”を貫く
Posted on 2015年1月19日 09:56 Asagei+plus



スポンサーリンク


スポンサーリンク

射手座の人々

昨日(10/26)の19:00頃からトランジットの土星が射手座に入室した。


昨年の10月8日に吉本興業のお笑い芸人・綾部祐二が会見を開き、2017年4月からアメリカ・ニューヨークを拠点に活動すると発表した。


テレビは見ないが、週刊誌などは電車の中吊り広告、また立ち読みなどでそれなりにチェックしている。


そこで、ピースの綾部祐二が、突然、何を考えたのか、アメリカのニューヨークを拠点にして活動すると発表したのを知って、私はおそらく射手座の人だと感じたのである。


突然に思い立って「アメリカに行く」と言いだすような人は射手座の人なのである。


チャートを作成してみると、やはり、月は射手座に在住している。





留学や仕事などで遠い外国の地に遠征して飛躍するのは射手座の象意である。


ナチュラルゾーディアックで、射手座は9室に該当し、9室には外国、遠距離旅行という象意がある。


それで、ピース綾部は最近、渡米後初の仕事をしたと報じられている。




ピース綾部、ラスベガスで渡米後初仕事「幸先がいい」
2017年10月26日 16時9分 オリコン

米ニューヨークを拠点に活動しているお笑いコンビ・ピースの綾部祐二(39)が、このほど、ラスベガスのシーザーズ・パレスにて統合型リゾートを紹介するビデオ撮影を実施。渡米後初の仕事を終え「ラスベガスでの米国デビューは、幸先がいいと思っています」とコメントしている。

 シーザーズ・エンターテインメントは、世界に通用する統合型リゾートを日本に作りたいと考えており、これまで15年間にわたり日本での活動を実施。今回、日本で知名度の高いエンターテイナーである綾部を起用し、統合型リゾートの楽しみ方やさまざまな魅力、またそれを支える人たちの様子を伝えるビデオを作製したという。

 撮影を終え綾部は「エンターテイメント中心地のひとつであるラスベガスでの米国デビューは、幸先がいいと思っています。 マライア・キャリーやセリーヌ・ディオンなど世界的エンターテイナーが長期公演するシーザーズ・パレスなどでのビデオ撮影をきっかけに、 今後は米国のエンターテイメント業界での活躍を目指していきたいと思っています」と、さらなる飛躍を誓っている。

 また、シーザーズ・エンターテインメントの国際ビジネス開発プレジデントのスティーブン・タイト氏は「多くの日本人に愛されているエンターテイナーである綾部氏とお仕事できることをうれしく思っています」とコメント。「今回のビデオを通じて、 日本の皆さんが統合型リゾートとはどういうものなのか、 そしてシーザーズの魅力を感じていただければと思っています」と呼びかけている。

 なお、同ビデオは、今後製作する同社の日本版ウェブサイトでの掲載などを予定しているという。

 綾部は昨年10月に米ニューヨークを拠点に活動することを会見で発表。4月に一度渡米したが、ビザ取得の関係ですぐに帰国。今月11日に相方の又吉直樹(37)が自身のツイッターで米国へ旅立ったことを報告していた。


ちょうど土星が射手座に入室するタイミングである。


当初、2017年4月からアメリカ・ニューヨークを拠点に活動すると発表したものの、就労ビザの関係などで手続きが半年遅れ、実際の移住は今年の10月からになったようである。


つまり、土星が今年の年初(1/26)に射手座に入室した後、6/21から蠍座に逆行してしまった為、手続きが遅れてしまったのである。



ピース綾部がアメリカに行くと言っておきながら、中々行かないことについて、関係者から苦情が出ていたようである。


米国行き進まぬピース綾部の呆れた現状
2017年02月18日 16時30分 東スポWeb

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】昨年、ピースの綾部祐二(39)が緊急会見で、今年4月から米国ニューヨークを拠点に活動することを発表した。

 かねて夢に掲げていた「ハリウッド進出」への第一歩で、綾部と仲の良い平成ノブシコブシの徳井健太(36)によれば「最高形を目指してみたい。モテたい。有名になりたい」というのが綾部の目的らしい。そんな綾部に暗雲が垂れ込めている。トランプ大統領(70)の誕生で、ビザ取得が難しくなっているというのだ。

 土田晃之(44)は「綾部とレギュラーをやらせてもらっている番組で、今度その収録後に、綾部が出演できなくなるからって、食事会がある。『頑張れ会』みたいな。アイツがもしトランプさんの発言によって、米国に行けないならば、ひょっとしたら『秋までいるかも』なんですもんね。いや、どっちでもいいけどさ。お前が米国に行こうが、いようがさ」と、すっかり白けた雰囲気を漂わせている。

 ナインティナインの岡村隆史(46)も「(綾部は)本来ならね、もうそろそろ行かなアカンのですけど、この間『まだおるやん』って話したら『いや、岡村さん、ちょっとヤバいです。ビザが下りません。予定してたよりも随分、遅れるかもしれません』と。だから『逃げろ、一回。フィリピンかどっかに潜伏しろ』って言った」と、米国に行ったふりをするようアドバイスした。

 だが、綾部本人は意外にのんきだ。南海キャンディーズの山里亮太(39)が本人に渡米の準備を聞いたところ、あまり進んでいないようで、英語もしゃべれず、スタンダップコメディーの勉強もしていないとか。

 本音を聞くと綾部は「俺さぁ、実は一番の目的ってのがあんのよ。俺、2年ぐらいね、オシャレなカフェで働きたいの。ほらニューヨークってさ、夢が転がってる街なんだよね。カフェで働いてた人が、プロデューサーとかの目に留まって、スターダムを駆け上がるみたいなのも聞くし…」と、恐ろしく“細い線”を狙っているようだ。

 働きたいカフェだけはすでに見つけており「自転車を自分でカスタムできる店を見つけたし、それ乗る時に背負うカバンもいい店も見つけたし、ジョギングコースとかも把握してる」と、仕事よりも憧れのライフスタイルから入っているようだ。そんなことで本当に米国でやっていけるのか。人ごとながら心配になってくる。

☆プロフィル=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。


惑星が逆行して一つ前の星座に戻っていくタイミングなどは、上手くまとまりかけていた物事が中断して、行き詰まりになり、暫く延期されるような現実界の状況に対応している。


特に動きが最も遅い土星などではそうである。



それで再び、土星が順行に転じて、射手座に入室する直前の10月頃から渡米初の仕事をしたというのは、スケジュール的には完璧なタイミングである。


出生時間が分からないため、チャンドララグナで検証しているが、土星が1室に入室するタイミングは何かをスタートさせるタイミングである。




もう一人、射手座ではないかと思ったのが、お笑い芸人で絵本作家の西野 亮廣である。


最近、自己啓発とマーケティングが合体したような本を刊行したようである。


本屋で『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』 西野 亮廣 (著)という本が平積みにされていた。





チャートを作成してみると、特に射手座には何も惑星は在住していなかった。




しかし、この本もそうだが、日頃の立ち居振る舞いなどを見ても射手座の性質が感じられるのである。



ナヴァムシャでは月、太陽から見て5室に金星、水星、木星が在住し、木星が高揚している。



この配置から絵本作家になれるだけの才能が感じられる。



月、太陽から見た10室射手座には土星が在住しており、射手座の行動傾向を持っていることは確かである。



ダシャムシャでも月からみて木星が5室で自室に在住しており、強い配置である。



出生図でも木星が射手座にアスペクトバックして、射手座が強くなっており、射手座のスキルを持っていることは間違いない。




日頃、全くホロスコープが分からない人物を見て、この人は何座ラグナだろうかと考える癖がついている。



このお笑い芸人の綾部祐二が「アメリカに行きたい」と言い出した時から私は射手座ラグナではないかと考え続けてきた。

















スポンサーリンク


スポンサーリンク

2017年10月 衆院選結果について

10月22日に行われた選挙結果だが、自民党の圧勝であった。




前回の記事で、安倍首相のダシャーからそれなりに善戦するとは考えていたが、これ程の勝利を収めるとは思っていなかった。


自民圧勝、与党310超…立憲民主が野党第1党
2017年10月23日 03時44分 読売新聞

第48回衆院選は22日投開票され、与党は、自民党の追加公認3人を含め、総定数465のうち憲法改正の国会発議に必要な3分の2にあたる310議席を超えた。

 自民党は、単独でも国会を安定的に運営できる絶対安定多数(261)を上回り、圧勝した。安倍首相(自民党総裁)は、争点に挙げた北朝鮮への圧力強化などに国民の信任が得られたとして、第4次内閣を発足させる。立憲民主党は躍進し、野党第1党となった。希望の党は敗北した。小選挙区選の投票率は、読売新聞社の推計で53%前後となり、2014年の前回(52・66%)とほぼ同じ水準となった。

 首相は22日夜のNHKの番組で、選挙結果について「安定した政治基盤のもとに、政治を前に進めろという国民の声だと考えている。一つ一つ結果を出すことに全力を尽くしたい」と述べた。首相は勝敗ラインを「与党で過半数」としていた。

 自民党は、2012年12月の第2次安倍内閣発足以来の経済政策「アベノミクス」の成果を強調し、小選挙区選、比例選ともに着実に議席を獲得した。北朝鮮の核実験や弾道ミサイルによる挑発がエスカレートし、情勢が緊迫するなか、首相が国連安全保障理事会での制裁決議採択を、米国とともに主導した実績も支持につながったようだ。

 公明党は幼児教育や高校無償化など、教育費負担の軽減を前面に掲げて戦ったが、小選挙区に出馬した9人のうち1人が落選した。

 首相が9月25日に衆院解散を表明後、野党第1党だった民進党が分裂し、同党出身者は希望の党や立憲民主党などに分かれた。選挙戦は自民党・公明党の与党と、希望の党・日本維新の会、共産党・立憲民主党・社民党の3勢力が争う構図となった。野党候補が乱立して「政権批判票」が分散する結果となり、民進党の分裂は自民党に有利に働いた。

 来年9月には、自民党総裁選が予定されている。首相が野党の意表をついた解散で自民党を圧勝に導いたことから、党内で首相の連続3選を求める声が強まる可能性もある。

 一方、立憲民主党は公示前の15議席から3倍以上に増え、躍進した。憲法改正や経済政策などを巡り、与党との対立軸を打ち出し、首相に批判的な有権者の受け皿となったようだ。枝野代表は22日夜の記者会見で「想像以上に多くの国民が、これまでの政治に『国民から遠い』という意識を持っていた」と躍進の理由を語った。

 希望の党は拠点とする東京都内の選挙区をはじめ、全国で苦戦した。党代表の小池百合子東京都知事は22日午後(日本時間22日夜)、出張先のパリでの記者会見で「非常に厳しい有権者の判断が下った。今回は完敗とはっきり申し上げたい」と語った。

 「政権批判票」を立憲民主に奪われた形の共産党は惨敗した。日本維新の会は厳しい戦いとなった。公示前勢力が2の社民党は伸びなかった。

 憲法改正を巡っては、自民、公明の与党で国会発議に必要な3分の2の勢力を維持し、改憲に前向きな希望の党、日本維新の会の両党を加えれば、さらに大きく上回った。

 今回、衆院の総定数は前回より10減り、戦後最少の465(小選挙区選289、比例選176)で行われた。


例えば、私は、自民党の設立時のチャートでは、現在、サディサティであるため、自民党に厳しい時であると予測したが、その予測は間違っていた。


そして、自民党のチャートを改めて見返してみると、実は、以前、私が11時で作成した自民党のチャートは逆説的に正しかったのではないかと思えてきた。


山羊座ラグナであると考えると、実は、現在のトランジットは、自民党の躍進を上手く説明することが出来る。






サディサティは通常、ラグナや月から見て土星が機能的吉星になるような場合、凶意を発揮するのではなく、逆に良い結果をもたらすのである。


従って、やはり自民党は山羊座ラグナであると考えられ、むしろ、山羊座ラグナであると考えなければならなかったのである。



山羊座ラグナであると考えると、ラグナロードの土星が11室(成功、獲得)に在住して、1-11室のダナヨーガを形成し、7室支配の月、5、10室支配のヨーガカラカの金星とコンジャンクション1-5、1-7、1-10、5-7、5-11のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成している。


月は減衰しているが、月が高揚する星座の支配星(金星)が月から見てケンドラに在住しているため、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


そして、また減衰する月は減衰するラーフと接合することで、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


従って、自民党のこの設立時のマンデンチャートでは、11室は非常に強い配置である。



ここに土星がリターンしたため、この土星は、躍進をもたらしたのである。


サディサティだから良くないという単純な判断自体をしてはいけないのだが、今回、山羊座ラグナだとはっきりと分からないという前提で考えていた為、サディサティの凶意をもう少し強いものと想定していた。


つまり、蠍座では全くラージャヨーガが形成されていない可能性なども考えていた。


土星も金星も機能的凶星で、蠍座が位置するハウス自体が12室や全く別のハウスである可能性も考えていた。



しかし、土星がヨーガカラカであったり、機能的吉星である場合、サディサティの時期に逆に躍進したりするのである。



それは以前、ハンマー投げの室伏広治選手のサディサティなどでも確認していた。室伏選手はサディサティの時に良い成績を残したのである。



この自民党のチャートにおいても月から見て、土星は機能的吉星ではないため、少なくともラグナからは機能的吉星であったはずである。



従って、山羊座ラグナでやはり正しそうである。



あるいは水瓶座ラグナでもいいかもしれないが、やはり獲得、評価という11室の象意を考えると、山羊座ラグナであっているように思えるのである。




この山羊座ラグナで正しい場合、現在、木星が10室をトランジットして、土星が10室の支配星(金星)の上を通過しているため、10室にダブルトランジットが形成されている。



つまり、キャリア上の昇進の時期であり、自民党に例えれば、党の躍進ということになる。







また自民党のチャートでは、現在、ヴィムショッタリダシャーが太陽/ラーフ期である。



マハダシャーロードの太陽は8室支配で10室で減衰しており、パラシャラの例外則でラージャヨーガ的に働く配置であり、更にディスポジターの金星が月から見てケンドラに在住しているため、ニーチャバンガラージャヨーガも形成している。



従って、そこに木星がトランジットするタイミングは、そのパラシャラの例外則やニーチャバンガラージャヨーガが発現するタイミングである。


またアンタルダシャーロードのラーフもニーチャバンガラージャヨーガを形成しており、そこに土星がトランジットする形である。


このダシャーとトランジットの組合せで、特別なラージャヨーガが発現したと考えることが出来るのである。






一方で、以前、10時で作成した旧民主党のチャートを見てみたが、牡羊座に惑星集中しており、現在、牡羊座の月から見て8室に土星がトランジットしている。


月ばかりでなく太陽やその他の惑星から見ても8室を土星が通過しており、物事の中断、行き詰まりを表している。


従って、民進党が、今のタイミングで、解体して消えたことはこのチャートが物語っている。



この民進党を解体に導いたのは、前原誠司であるが、前原誠司のチャートを見ると太陽が高揚しており、典型的にこの牡羊座の惑星を象徴している。


従って、民進党が行き詰まりを示し、そして、前原誠司や他に希望の党入りを希望したメンバーによって、民進党は解体に導かれた。





一方で、民進党の解体と同時に新しく立憲民主党という名前で、生まれ変わった旧民進党左派の人々は、この時に新しい党のホロスコープを手に入れたと考えられる。


立憲民主党が設立届け出 希望、1次公認発表へ
2017年10月3日 東京新聞

 衆院選(十日公示-二十二日投開票)に向けて枝野幸男元官房長官が結成を表明した新党「立憲民主党」が三日午前、東京都選挙管理委員会を通じて総務相に新党設立を届け出て、受理された。同党は全国規模での候補擁立を目指す。民進党からは、新たに辻元清美元国土交通副大臣と近藤昭一元環境副大臣が参加を表明し、規模が焦点になる。小池百合子東京都知事が代表の希望の党は民進党との合流に伴う衆院選の第一次公認候補を約百九十人とする方向で最終調整し、午後に名簿を発表する予定だ。
 立憲民主党に加わった長妻昭元厚生労働相は三日、候補者に関し「調整を急ぎ、全国で擁立したい。仲間を増やし、勝利を目指して前に進む」と都庁で記者団に述べた。
 届け出に先立ち、枝野氏はさいたま市内での街頭演説で、立憲民主党の代表に就くと表明。長年訴えてきた政治理念や政策が異なるため、希望に合流せず、新党結成を決断したと改めて説明した。同時に「どのような政治状況になっても、自公政権の延命に手を貸すような政治行動は取らない。国民の声に応える」と支持を訴えた。
 長妻氏は届け出のメンバーについて、自身と枝野氏を含めて前衆院議員計六人だと記者団に説明した。辻元氏と近藤氏は三日、それぞれ記者団に、立憲民主党への参加を表明。菅直人元首相と赤松広隆元衆院副議長、阿部知子前衆院議員の参加も見込まれている。

 枝野氏らは民進と希望の合流を巡り、リベラル系前衆院議員を「排除」するとした希望の党の小池氏に反発。二日、民進党に離党届を提出した。

 一方、希望と民進両党の公認候補に関し、両党が三日、大詰めの協議を続けた。小池氏は最終的な候補者擁立の目標について「過半数の二百三十三人以上としたい」と話している。


10月3日の午前に総務省に届けられているため、おそらく届けられた時間は、10時~11時ぐらいの間ではないかと思われる。



出生図を作成すると、10時でも11時でも蠍座ラグナになり、4室に月が在住し、月から見て10室に土星が在住している。








そして、ヴィムショッタリダシャーはラーフ/土星期である。



誕生して直ぐに選挙で躍進して、野党第一党なったのは、アンタルダシャーの土星が月から10室に在住しているからではないかと思われる。









因みに枝野代表のチャートをもう一度、見てみるが、強い土星が水瓶座に在住している。



これは立憲民主党のチャートにおける水瓶座の月に相当し、また旧民主党の水瓶座に在住する金星や木星も象徴しているのである。



このリベラルで左翼的な理想主義を持つ人々が立憲民主党に踏み留まったのである。



これは立憲民主党のチャートの水瓶座の月が象徴している。






小池百合子の希望の党は、今回の選挙で自民党から政権を奪うという意気込みで、非常に大勢の候補を擁立したものの惨敗の結果となった。



小池百合子は牡牛座ラグナで土星が8室に移動する直前のタイミングで、早くもその8室の行き詰まり感が出てきたようである。








従って、既に確認している通り、小池百合子は牡牛座ラグナである。



そして、8、11室支配で12室に在住する木星のヴィーパリータラージャヨーガの効果は極めて怪しいと言わざるを得ない。


ヴィーパリータラージャヨーガに別の惑星が絡むことによって、キャンセルされたとみなすか、またこの結果をどう考えるかは非常に難しい所である。


小池百合子自身は、自分は都知事のポストを保持したまま、希望の党を起ち上げ、解体した民進党の議員たちを取り込んで、党首として、国政に切り込むことが出来たのであり、失敗と言い切ることも出来ない。




安倍首相に関しては、来年2018年の2月7日から金星/月期に移行するが、このタイミングでどうなるか見ていきたいと考えている。



月はナヴァムシャで木星と1-5室で星座交換しており、森友学園問題、加計学園問題の呪縛から解放されて、外遊に明け暮れそうなチャートをしている。



金星/月期において、安倍首相がどの程度のパフォーマンスを発揮するかは、非常に興味深い所である。



















スポンサーリンク


スポンサーリンク

立憲民主党の支持率上昇【枝野代表のチャートを分析する】

いよいよ開票日が間近に迫ってきたが、立憲民主党の支持率が上昇しているという。






民進党が解体し、多くの議員が、希望の党入りを表明する状況の中、旧、民進党の左派の議員たちは浮ついた動きを見せず、頑なに信念を貫き通したイメージが高評価を得ているということかもしれない。



また代表の枝野幸男氏の人気度の高さということもあるかもしれない。



「立憲民主党」の党名は、「国家権力が憲法によって制限されることにより、真の民主主義が成り立つ」という考えから名付けられたということで、森友学園問題、加計学園問題などに見られる安倍政権の身内びいきの政治について異を唱えている。



GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が大量に経団連株を購入しているということも以前、苫米地英人氏の話で知ったが、wikipediaによれば、2014年11月、第2次安倍改造内閣の下で、国民年金や厚生年金の運用資産の構成割合を以下のように変更したという。



変更前:国内債権が53.36%、外国債券は11.06%、日本株式が17.26%、外国株式が15.98%

変更後:国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%



変更後に国内債券の構成割合が大幅に減少し、株式などのリスク資産の構成割合が大幅に増えている。



つまり、これは安倍晋三が日頃、親しくしている経団連の財界人たちの株価対策に使っているということである。


またアベノミクスの量的緩和政策で、日銀が大量に市中銀行が保有する国債を引き受けて、マネタリーベース(市場に流通するお金の量)を増やしている。従って、必然的にインフレ傾向(物価が上がっていく)となる。


然し、実際は、GDPを1%増やしただけで、企業は内部留保を増やし、給料は実際、ほとんど上がらず、物価は上昇して国民生活は苦しくなっているなど問題は未解決のままである。


しかし、以前のように失業者は見かけなくなったのであり、確かに雇用はあって人が足らない状況のようである。


雇用された人々は低賃金で苦しんでいる。



アベノミクスが良かったのか悪かったのか、実際、難しい問題である。



然し、一つ言えるのは、安倍政権は、安倍晋三の意向で、ほとんど政策が決定されているトップダウン方式の独裁政治なのである。



安倍晋三もそうだが、橋下徹や日本維新の会、そして、小池百合子と希望の党も、今、リーダーとして台頭して来ているのは、独裁者型のリーダーであり、国家社会主義的なアプローチによって独断即決で危機を乗り越えようとする動きである。



それは天王星が牡羊座に入室した以降のブレグジット(英国のEU離脱)やドナルドトランプ大統領の誕生などに見られる一連の動きである。



そうした独裁者の意向によって憲法解釈まで捻じ曲げていく、そうした政治を憲法によって制限しようというのが、立憲民主党の理念である。



この枝野幸男氏が善戦しているというのは、おそらくまもなく土星と木星が水瓶座と双子座にダブルトランジットを形成するからである。



水瓶座、天秤座、双子座というのは、リベラル社会主義の理念を代表する星座である。



水瓶座が共産主義で、天秤座は自由主義、双子座は金融や市場経済、またハリウッド映画に見られるようなリベラルな理念を代表し、フリーメーソンも双子座の象意である。



例えば、同性愛や人種差別などマイノリティーを取り扱った映画が多いが、非常にリベラル思想を教育するような映画がハリウッドには多い。



今現在、春分点が、魚座から水瓶座に移行しつつあるが、その6°程手前であることから、それが起こっている。



6°手前というのは、既に水瓶座に入っているような効果を発揮しているからである。



土星が10月26日に射手座に入室したら、その水瓶座と双子座へのダブルトランジットが始まるが、既に2ヶ月前からそれは始まっている。



従って、左翼やリベラル勢力が、力を増しつつあるのである。



その一方で、小池百合子人気に陰りが出てきたと報じられている。



独裁者になってしまった小池百合子を国民が嫌い始めたというのである。



こうした選挙状況を見ながら、今、新しく「民進党」を「立憲民主党」に衣替えして、代表として再出発した枝野幸男に興味を持ち、チャートを作成してみた。



そして、種々検討した所、おそらく、出生図のラグナは、射手座ではないかと思われる。






何故なら、枝野氏は、1988年(24歳)で司法試験に合格し、暫くは東京の法律事務所に務めた経験を持つ法律家出身である。



もし射手座ラグナであればラグナロードで4室支配の木星が5室に在住し、土星からアスペクトされている。



この5室における木星と土星のコンビネーションが法律の専門知識を身に付ける配置である。



また10室支配の水星に木星が絡む配置は、法律家の配置である。



2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震で、福島第一原子力発電所の事故が発生した際に国民に向けてテレビのブラウン管を通して、連日、スポークスマンとして、状況の説明を繰り返した枝野氏に対して、「枝野寝ろ」というメッセージがツイッターで飛び交ったが、この時、枝野幸男にとっては、国民が注目する大舞台で、責任の重い大役を務めていたことになる。


この時、土星は乙女座、木星は魚座にあり、乙女座、蠍座、魚座にダブルトランジットが形成されていた。


つまり、射手座ラグナであるとすれば、10室に土星がトランジットし、また10室にダブルトランジットも形成して、非常に責任の重い仕事を担ってハードな仕事をしていたことになる。


また12室にもダブルトランジットしていたため、非常に消耗し、また4室にダブルトランジットが生じていたため、連日、対策本部のような室内にこもっていたのである。


この時は、菅内閣の中で、内閣官房長官を務めていた。


そして、2011年9月2日に野田内閣になってから、野田内閣の経済産業大臣に就任している。


これらは、2011年3月~2012年12月の間、いずれも木星/ラーフ期に起こっており、マハダシャー木星期の最後のアンタルダシャーの時期であった。


マハダシャーは5室でラージャヨーガを形成する木星で、ラーフは7室で双子座に星座に在住して強いが、ディスポジターの水星は5室で、1、4室支配の木星や5室支配の火星と共に複数のラージャヨーガを形成している。


ヴィムショッタリダシャーでは、キャリア上の重要な時期であることを示唆している。


その後、民主党が下野してからの2014年9月16日から民主党幹事長に就任しているが、この頃におそらくマハダシャー土星期に移行しているのである。






この射手座ラグナで正しいかどうか、更に別の材料で検証を続けると、例えば、枝野幸男は1998年10月に日本航空国際線客室乗務員と結婚している。


ダシャーはちょうど木星/木星期に移行したタイミングである。


この時、木星は水瓶座、土星は牡羊座をトランジットしており、7室の双子座と、11室の天秤座にダブルトランジットしている。


また月から見た2-8軸にラーフ/ケートゥ軸がトランジットしていた。


両家の共通の知人の紹介で、4月に半ばお見合いの形で引き合わされ、7月に結婚を決めたそうである。


これはお互いの実家が関係していることから、2-8の軸が強調されることになるが、枝野幸男は射手座ラグナであれば8室支配の月が2室に在住している。


これは結婚にお互いの両親や実家からのサポートがある見合い結婚のチャートである。


家同士の結婚のような所があり、お見合いで、お互いの両家が意気投合したのである。


7室にラーフと金星が在住している配置は華やかな国際線でキャリアを形成した女性との結婚であることを象徴している。


そうしたことから私はナヴァムシャのラグナを乙女座に設定した。




乙女座に設定すると、4、7室支配の木星がラグナに在住して、結婚して、住まいを得ると同時に木星が5室にアスペクトしているため、木星期に子供が誕生したことを表している。


木星は5室支配で5室の自室に在住する強い土星にアスペクトして、法律の専門知識を学んだことを表している。


また太陽が10室に在住している為、政治家になることを表すことになる。



wikipediaによれば、2002年から夫人とともに不妊治療を始め、2006年7月に双子の男児を授かったそうである。


おそらく5室に在住する木星(子供)と5室支配の火星に土星がアスペクトしているため、不妊治療が必要であったのではないかと考えられる。


土星は2、3室支配で、努力の3室を支配しており、また8室の表示体でもあるため、子供の出産に遅延が生じたということが出来る。


この2006年7月は、木星/金星期であり、この乙女座ラグナのナヴァムシャに設定した時に出来るサプタムシャは以下のような配置となる。




木星は5室の支配星で、金星はラグナロードとコンジャンクションし、逆行して5室に絡んでいる。


木星がラーフと接合しており、ラーフは科学を表わすため、それで不妊治療を表わすのではないかと思われる。


双子の男児を授かったのは、5室に木星が在住しており、木星には「複数」という象意があるためではないかと考えられる。


また木星はバラニーに在住しており、ナクシャトラの支配星である金星がデュアル星座(双子座/二重星座)に在住しているからではないかと考えられる。


このサプタムシャのラグナが本当に牡羊座であるかどうかは問題が残るが、この時、木星は天秤座、土星は蟹座を通過して、ダブルトランジットが5室(子供)に形成されていた。


土星は蟹座8室を通過していたことから、この時、配偶者の世話や、配偶者の家族に対する責任などに追われたいたと考えられる。


またラーフ/ケートゥ軸も4-10室の軸にあり、配偶者の出産に伴って、場所を移動が起こったり、落ち着かない様子が考えられる。


このように枝野氏の2011年3月の原発事故への対応や結婚、子供の誕生のタイミングなどから、射手座ラグナで間違いないと考えられる。


また枝野氏は、今、土星がまもなく射手座の1室に入るため、物事のスタートのタイミングなのである。


従って、今、立憲民主党という新しい党を起ち上げて、これからの政治活動をスタートさせたのである。


現在、おそらく土星/水星期であるが、マハダシャーロードの土星は月ラグナから見ると、ラグナロードで2室で自室に在住している。


2室は起業のハウスであり、ビジネスのオーナーの配置である。


そのため、今、民進党右派の人々が出ていったおかげで、枝野氏が、遂に一国一城の主となって、立憲民主党を創業することが出来たのである。


これは明らかに土星の象意である。


土星はラグナから見て、2、3室支配で3室に在住しており、努力、パフォーマンスのハウスに在住している。


但し、仕事の表示体である太陽から見て、10室でヨーガカラカであり、シャシャヨーガを形成している。


またナヴァムシャでは月から見ると、10室でシャシャヨーガを形成している。


従って、土星は一定の強さを持っている。


重要なのは、土星はダシャムシャでどのハウスに在住しているかである。





【枝野氏の今後について予想する】



もし枝野幸男が射手座ラグナであるなら、現在、土星が射手座に入室することによってサディサティに入ろうとしている。


射手座ラグナにとって、土星は2、3室支配で3室に在住し、月ラグナであれば、1、2室支配で2室に在住している。


射手座ラグナにとって、土星はマラカを支配し、またトリシャダヤハウスの3室を支配することで機能的凶星である。


従って、射手座ラグナにとって、サディサティは厳しいはずである。


特に土星は2、3室支配で、マラカと関係しており、また3室は努力のハウスであることから、奮闘努力しなければならない。


最近、メディア(3室)への露出が増えているのはそのためかもしれない。


現在、民進党が解体して、政治活動の継続が出来るかどうかが試される重要な時期に入っている。


そうした意味で、決して楽ではない印象である。


民主党が下野した頃から既に土星期は始まっており、その頃からこうした状況は始まっていたと考えられる。


決して調子が良い訳ではないが、土星は月から見るとラグナロードで創業の2室でムーラトリコーナの座にあって強いため、立憲民主党を率いざるを得なくなったのである。


土星は水瓶座に在住しており、水瓶座は民主主義、共産主義の星座である。


従って、憲法の力で国民の力で国家権力を制限しようという発想なのである。


土星から見ると3室に木星、水星、火星が集中しており、更に土星から見て5室に金星が在住している。


従って、今後、メディアへの露出などが増えていくように思われる。


既に土星/水星期の今、党首となったので、メディアへの露出が増えていることが分かる。


土星から見て5室支配の水星が3室に在住しているからである。


土星と水星は、ダシャムシャで相互アスペクトしている。


従って、もしダシャムシャの何室に土星が在住しているかが分かれば、今後、枝野氏が躍進するかどうか分かるが、既に立憲民主党を起ち上げて、善戦していること自体が、成功なのではないかと考えられる。


土星はダシャムシャで、ケンドラやトリコーナなどの良い配置にあって、しかもアンタルダシャーの水星と絡むことによって、それなりに力を発揮できる時期にいるのではないかと推測できる。


月から見ると木星は5、10室支配のヨーガカラカの金星と共に10室に在住している。


金星は10室でマラヴィアヨーガを形成しており、その金星と接合するマハダシャー木星期は良い時期であったと理解できる。


土星は月から見ると、ラグナロードで5室に在住しており、ディスポジターの金星はやはり5、10室支配のヨーガカラカで10室でマラヴィアヨーガを形成している。


従って、実際、月から見た土星の配置は強いと言える。


また木星は11室をトランジットし、土星は11室の支配星にアスペクトしているので、11室にダブルトランジットしている。


従って、今、枝野氏は、立憲民主党で、代表という肩書を得て、また大勢の旧民進党の議員たちを率いているのである。



土星はD45やD60を更に検討していくと、山羊座の自室に在住しており、強い配置である。




月の位置はずれるかもしれないが、ラグナが射手座で正しければ、ほぼ月の位置も確定できるため、D45とD60でも月から見て土星はケンドラに在住して、シャシャヨーガを形成している。


月と土星のコンビネーションは、カリスマの配置であり、大衆からの支持を表している。


実際、枝野氏が秋葉原で街頭演説会を行った所、「エダノン」コールが沸き起こったという。


これは東北大震災の時、「エダノ寝ろ」というフレーズが流行ったのと同じ現象である。


枝野代表、自民のホーム秋葉原で「エダノン」コール
2017年10月19日20時50分 日刊スポーツ

立憲民主党の枝野幸男代表(53)が19日、東京・秋葉原で街頭演説会を行った。

 約3000人(主催者発表)の聴衆に向け「国民が政治から離れたんじゃない。政治が国民から離れてしまっているんだ。我々も満点じゃないかもしれませんが、第1歩を歩き始めた。一緒に歩いてください」と呼びかけた。

 秋葉原といえば、自民党が政権に返り咲いた12年総選挙以来、国政選挙最終日に演説を行う自民党の“ホーム”。しかし、都議選最終日の7月1日には安倍晋三首相の演説中に群衆から「安倍ヤメロ」コールがわき上がり、安倍氏が「こんな人たちに」と発言した場所だ。この日は、平日の冷たい雨と風の中にも関わらず、立憲民主党の演説会では過去最多の聴衆が拍手を送り、「枝野!」「エダノン!」のコールがわき上がった。

 演説会は、東京1区と東京2区の同党候補者の応援で行われた。東京2区の新人候補は、スーツ姿で傘も差さず「(自公政権は)『こんな人たち』と言ってのけ、国民の中に線を引いて敵と味方に分断しようとしている。希望の党もそうです」と批判。続けて「時間も人手もないが、強い信念がある。信念を曲げるくらいなら死んだ方がましだ。政治の主役は、ここにいる、秋葉原にいらっしゃるおひとりおひとりです。右でも左でもない。ど真ん中の政治を必ず実現していく」と絶叫。聴衆からは、大きな拍手が起きた。









(参考資料)



立憲民主党・枝野幸男代表「まっとうな政治を取り戻す!」野党共闘の牙城・東北から遊説スタート
2017.10.10 12:49 産経ニュース

衆院選が公示された10日午前、立憲民主党の枝野幸男代表は仙台市で第一声となる演説会に臨み、宮城1区の党公認候補らとともに支持を訴えた。

 東北地方を第一声の地に選んだ背景には、昨年の参院選の東北の改選1人区で野党系候補が善戦したことを踏まえ、さらなる票の掘り起こしを図る狙いがある。また、仙台市は枝野氏の母校・東北大の所在地でもあり、「青春のふるさとで党としての第一声を訴えることを大変うれしく思う」と感慨を語った。

 詳報は次の通り。



 立憲民主党代表の枝野幸男です。そして、ご当地・東北大学出身。仙台は私の青春のふるさと。この仙台で立憲民主党としての、党としてのこの選挙の第一声、皆さんにお訴えをさせていただけることを大変うれしく思います。どうもありがとうございます。

 まっとうな暮らしを取り戻したい。そのために、まっとうな政治を取り戻したい。「選挙、間に合うかな」と不安でした。でも、今、立ち上がらないといけない。そんな思いで、1週間前、新しい党の結成を呼びかけさせていただきました。どうなるか分からない。厳しい道を一緒に選んでくれて戦ってくれる仲間を、それを支え、後押しをしていただいているたくさんの皆さんに、まずは心から御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

私が東北大学に通っていたころ、30年以上前になります。たしかに生活が厳しくて奨学金をもらって学校に通っている仲間もいました。でも本当に一部でした。ほとんどの人は、うちの両親もそうだったと思いますが、親御さん、いろいろ苦労しても、ローンを組まなくても学校に行けました。学校を卒業して就職をするというのは、正社員になるというのが当たり前でした。

 あれから30年。希望すれば、意欲があれば、ちゃんと学べる』『就職をするというのは、正社員として働く-。こんな当たり前のことがいつ変わってしまったんでしょうか。こんな社会で、皆さん、本当にいいんでしょうか。

 景気がよくなるはずないじゃないですか。ただでさえ若者が減っているんです。年収100万、150万、いつクビになるか分からない非正規雇用。ローンを組んで自動車買えますか。ましてやローンを組んで家を買えますか。恋愛をして、希望をすれば家族をもって子供を産み育てる、そんな希望をもてますか。

そんな希望なき、そんな夢のない、持てない若者をたくさんつくってしまったのは誰なのか。何なのか。政治ではないのか。格差を拡大させ、強い者をより強くしたけども、どんどんどんどん「分厚い中間層」といわれているものが崩れていった。壊れていった。

 労働法制をむやみやたらに緩和をした。強い者をより強くする。そちらに偏った経済政策を進めていった。自己責任、自由競争。たしかに社会のベースはそうですよ。でも、自己責任だけではどうにもならないことが、どなたの人生にも必ずある。自由競争だけでは社会は回っていかない。だから政治があるんじゃないですか。政治が自己責任をあおる、自由競争をあおる。それは政治の責任放棄じゃないでしょうか。

 こんな政治で壊されてきた私たちの社会を、暮らしを取り戻さなければならない。もう残された時間はそんなに多くないんじゃないか。少子高齢化が進む、格差が拡大をして社会が分断をされていっている。もう限界じゃないのか。まっとうな暮らしを取り戻したい。そんな思いで党を立ち上げました。

そして、まっとうな暮らしを取り戻すには、政治がまっとうにならなければならない。おかしいじゃないですか。一握りの人たちが、上から、自分のために権力をもてあそぶ。自分の都合で国民に自分の価値観を押しつける。それが民主主義なんでしょうか。それが政治なんでしょうか。

 森友問題、加計問題、権力の私物化…。情報を隠し、ごまかし、開き直る。安全保障法制(安全保障関連法)、特定秘密保護法、そして共謀罪(テロ等準備罪)。国民の大きな反対の声があってもロクな説明もしようとせずに、説明して説得して納得してもらおうという努力もなしに、今、数を持っているから何をしてもいいんだ。これが、本当の民主主義でしょうか。

 永田町の都合で、政治の内向きの発想で、国民から離れたところで物事が進んでいる。だから多くの国民の皆さんも政治を諦めつつあった。これでは、国民の暮らしを立ち直らせることもできない。まっとうな政治を取り戻し、まっとうな暮らしを取り戻すために、新しい受け皿が必要だ。そんな思いで立憲民主党を立ち上げさせていただきました。

「右」とか「左」とか、そういう時代じゃありません。上から目線で国民に言うことを聞かせるんだ、こういう「上からの政治」を、草の根からの、国民の声に基づいた政治へと変えていこうじゃありませんか。

 強い者を、豊かな者を、より強く豊かにすれば、そのうちみんな引っ張り上げられるという「上からの政策」を、暮らしをしっかりと下支えして下から押し上げていく、暮らしからの政策へ変えていこうではありませんか。

 「右か、左か」ではない。上からの政治を、草の根からの政治と政策へと変えていく。そのための第一歩を、大きな第一歩を、この衆院選で踏み出させていただきたいと思うんです。これまで、この宮城県は、仙台は、昨年の参院選、そして過日の仙台市長選、本当に幅広い皆さんが党派を超えて、市民の皆さんの声を受け止めて、勝利をつかんでくれました。

 立ち上がったばかりの党で、それでもギリギリこの1週間で、78人、われわれの仲間、全国で立候補してくれました。一人でも欠けると、私が今、訴えたことを国会の中で前に進めていくパワーが足りません。(選挙区と比例代表を合わせた)東北の3人、必ず3人とも、皆さんの力で国会に送ってください。私はそうした仲間とともに、そして誰よりも、今回の一連の動きの中で「枝野、立て」と背中を押していただいた、そして立ち上がったばかりの立憲民主党に大きな期待を寄せていただいている、その国民の皆さんとともに前へ進んでいきたいと思っています。

 厳しい戦いですが、皆さんの力があれば必ず勝ち抜いていけると確信をしています。皆さんとともに、この選挙戦を戦い抜きます。私にはあなたの力が必要です! どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

参照元:立憲民主党・枝野幸男代表「まっとうな政治を取り戻す!」野党共闘の牙城・東北から遊説スタート
2017.10.10 12:49 産経ニュース












スポンサーリンク


スポンサーリンク

安倍政権は存続できるか【2017年10月 衆議院選挙予想】

まもなく衆議院総選挙が行われるが、結果はどうなるか気になる所である。


この結果は安倍内閣が継続していくかどうかを決める重要な選挙であると共に自民党政治の一つの区切りではないかと思われる。


日本が明治維新の時に近代化して、その時から日本を左右してきた薩摩・長州の権力筋の末裔としての最後の御曹司がこれで失脚していけばその後の自民党にはプレーヤーはいない。


従って、かなり今までの政治の流れ全てが変わる重要なタイミングであると考えられる。



安倍晋三の出生図については以前から見てきたが、改めて見てみると、現在、金星/太陽期である。






太陽は2室支配で、3、12室支配の水星と共に3室に在住し、月から見ても3室の支配星で4室に在住して、何もラージャヨーガを形成していない。



また金星から見て太陽は11室支配で12室に在住しており、評価(11室)を損失する(12室)時期であり、金星/太陽期は安倍晋三にとって防戦一方の厳しい時期であった。


特に2017年の頭に金星/太陽(2017年2月7日~2018年2月7日)に移行した後、まず2月~4月の間、森友学園問題が起こり、安倍政権の信用を揺るがし、大幅な支持率低下に導かれた。


この時、金星/太陽/太陽→月→火星期と続いた。




また5月~7月は、加計学園問題が勃発し、稲田大臣発言などによっても苦しめられた。


この時は金星/太陽/ラーフ→木星→土星期である。



太陽はナヴァムシャ(D9)で6室支配で12室に在住し、11、12室支配の土星とコンジャンクションし、批判(6室)を受けて、評価(11室)を失う(12室)絡みが確かに形成されている。






また太陽はダシャムシャ(D10)で、9室支配で7室に在住しており、7室の配置自体は良いが、ラーフ/ケートゥ軸と絡んでおり、更に12室支配の火星、8室支配の月と相互アスペクトしている。

但し、7室支配の太陽、5室支配の火星とも絡んで、5-9、7-9のラージャヨーガ、ダナヨーガも形成していることから、全くダメな訳ではないが、但し、8室や12室の支配星、更にラーフや火星と絡むことによって問題を示しており、吉凶混合している。


逆に言えば、この太陽の吉凶混合した配置こそが、アンタルダシャーの太陽期の経験を意味していると言える。


つまり、このダシャムシャの1-7軸というのは、安倍晋三にとって、何かと問題をもたらす軸であるということである。






そうすると、2018年2月7日からの金星/月期はどうなるかである。


月はラグナに在住しているが、ダシャムシャのラグナに在住する惑星の時期は上昇の時期である。


但し、月は8室の支配星で、ラーフ/ケートゥ軸と絡み、太陽、火星からアスペクトされて傷ついている。




過去の出来事を見て参考にすると、安倍晋三が、2006年9月26日に最初に総理大臣に就任した第一次安倍内閣の時、ダシャーは水星/土星/木星であった。


ダシャムシャ(D10)において、水星は10室の支配星で、土星は2、3室の支配星であるが3室で自室に在住して強く、木星はラグナロードで4室でハンサヨーガを形成している。


しかも月と木星はケンドラの位置関係にあり、ガージャケーサリヨーガを形成している。


ダシャーにおいては、プラティアンタルダシャーを重要視することから、安倍晋三が木星のプラティアンタルダシャーの時期に総理大臣の地位へ上昇したというのは非常に納得できる。



次に2007年9月25日のケートゥ/金星/ラーフにおいて、安倍晋三は内閣総辞職し、緊急入院した。


医師からは「胃腸機能異常の所見が見られ、かなりの衰弱状態にある」と診断されている。



この時、マハダシャーロードのケートゥとプラティアンタルダシャーロードのラーフがダシャムシャ(D10)の1-7軸にあり、8室支配の月や12室支配の火星、9室支配の太陽と絡んでいることに注目である。


因みに9室の支配星は幸運な惑星であるが、しかし、政治権力を10室とすればそれを損失する(12室目)ハウスでもあるため、政治家にとっては9室というのはそれ程良いとは言えない。


この時、安倍晋三は政治権力の頂点の座から降りて、病院に入院したから、医師の診断を受ける(9室)ことが出来たのである。



それは幸せなことではあるが、地位や立場の損失を表している。





もう少し見てみると、安倍晋三が2012年12月26日に総理大臣に再度就任した第二次安倍内閣の時、ダシャーはケートゥ/水星/金星期であった。


まず、ここで注目すべきは、アンタルダシャーに水星が来ていることである。


水星はダシャムシャの10室の支配星であり、また第一次安倍内閣(水星/土星/木星)において、安倍晋三を総理大臣に導くのにマハダシャーロードとして大きな役割を果たした惑星である。


プラティアンタルダシャーロードの金星はダシャムシャ(D10)において、6、11室支配で5室に在住しており、5-11のダナヨーガが見られ、トリコーナに在住していることから配置もまず良い配置と言える。


従って、アンタルダシャーロードの水星やプラティアンタルダシャーロードの金星が、総理大臣への再就任に役割を果たしたと言える。


これらの惑星は、ダシャムシャの1-7軸の惑星とは全く絡んでいない。




そして、安倍晋三が、総理大臣に再就任した後、2016年7月10日の第24回参議院議員通常選挙で圧勝している。


ダシャーは、金星/金星/水星期である。



ここでもやはり、ダシャムシャで強い配置と言える金星や水星が、マハダシャー、アンタルダシャー、プラティアンタルダシャーにおいて役割を果たしている。



これらの惑星は全く、ダシャムシャの1-7軸には絡んでいない。



それでは今年に入って安倍晋三の低迷をもたらした森友学園問題時のダシャーは、金星/太陽/太陽→金星/太陽/月→金星/太陽/火星である。


アンタルダシャーロードの太陽、そして、プラティアンタルダシャーロードの月と火星は、いずれもダシャムシャの1-7軸に絡んでいる。



おそらくこのダシャムシャの1-7軸に8室支配の月、12室支配の火星、9室支配の太陽、ラーフ/ケートゥ軸が絡んでいる為に突然の急激な権威の失墜や低評価をもたらしたのである。


加計学園問題、そして、稲田大臣発言の時は、2017年5月~7月であるが、金星/太陽/ラーフ→金星/太陽/木星→金星/太陽/土星である。


プラティアンタルダシャーのラーフは、やはり、ダシャムシャの1-7軸に在住している。


その後、稲田大臣発言の問題などが重なるが、これはプラティアンタルダシャーが木星→土星と推移しており、この時は、稲田大臣発言で謝罪し、一見した所、自分に火の粉は降りかからず、任命責任問題を上手くかわしたように見えるのである。




このように見てくると、安倍晋三は、ダシャムシャの1-7軸に絡んでいる惑星のアンタルダシャーの時期には問題が生じがちであり、政治権力を失うのである。



そうすると今回の衆議院議員の総選挙を終えた後、来年の2018年2月7日から安倍晋三は、ダシャーが金星/月に移行するのである。



そして、その次のダシャーは、金星/火星→金星/ラーフである。



従って、いずれもダシャムシャの1-7軸に絡んでいる惑星のアンタルダシャーの時期である。




但し、安倍晋三は、総選挙が行われる時、金星/太陽/水星期である。



プラティアンタルダシャーの水星は過去のダシャーにおいて、安倍晋三に総理大臣の就任や選挙における大勝をもたらした惑星である。



従って、今回、選挙では善戦するのではないかと考えられる。



しかし、この選挙で善戦したとしてもその直後である2017年2月7日から金星/月期に移行するのである。



従って、私の考えでは安倍晋三は今回の衆議院議員選挙で善戦はするが、勝敗は微妙であり、少なくとも圧勝することが出来ず、その後、アンタル月期に移行した段階で、政権から身を引くとか、内閣総理大臣を辞任する可能性もあると考えている。



月はダシャムシャで突然の変化を表わす8室の支配星で、火星、太陽、ラーフ/ケートゥなどの凶星によって傷つけられており、彼のキャリア上に突然の変化が生じることを表している。


それは政治権力の喪失であると考えられる。


もし選挙結果が微妙なものとなった場合、選挙で敗北と考えるのかどうか微妙な判断となるが、安倍晋三は退陣すべきだとする自民党内の論調にも抵抗できなくなり、辞任を決断せざるを得なくなると考えらえる。



金星/月期に何をしていくかであるが、ラグナロードの月は5、10室支配の火星と6-12室の軸で、1-5、1-10のラージャヨーガを形成している。



従って、これは外遊好きでカストロに会いにキューバを訪れたり、あらゆる外国の要人に会いに行く、安倍晋三の海外運を表わす配置である。



そうした外遊で安倍晋三は歴代の総理大臣と比べて遥かに巨額の外遊費を使っている。



おそらく安倍晋三は政権を退いた後も、いずれにしても国会議員には留まって、政界の実力者として、海外の要人と会ったり、会談することを繰り返していくものと考えらえれる。


安倍晋三のアンタルダシャーの月というのは、そのような解釈となる。



ナヴァムシャにおいては、月は5室支配で、1、10室支配の木星と1-5室で星座交換して、1-5、5-10のラージャヨーガを形成している。



非常に良い配置である。ここ暫く安倍晋三は、金星/太陽期において、国会で森友学園問題や加計学園問題において批判され、責任を追及されてきた。



そうした批判され続ける状況から解放されることを表しているように考えられるのである。



月はナヴァムシャで5室を支配しているが、5室は10室(地位)から見ると8室(中断、変化)に在住しており、キャリア上の変化を表している。



金星/月期というのは、必ずしも安倍晋三にとっては悪いようには見えず、むしろ、良さそうな時期であるとも言える。






【自民党のマンデンチャート】



また今回の選挙は、自民党にとって厳しいものになるのではないかというのは、例えば、自民党のマンデンチャートでは、月、土星、金星、ラーフが蠍座に集中している。







現在、土星がこの月の上をトランジットしており、サディサティ―である。



木星はこの月から見た12室を通過しており、木星は力を発揮できない配置にある。



また土星がまもなく2017年10月26日から射手座に入室するが、土星と木星が水瓶座と双子座にダブルトランジットするのであるが、それは自民党のマンデンチャートから見て4室と8室である。



この配置もあまり良い配置には思えない。8室は倒産や行き詰まりを表わすカタストロフィーのハウスであり、こうしたハウスが強調されている時期に躍進したり、成功するとは思えない。


通常、成功や躍進は10室や11室である。



自民党のこのマンデンチャートは午前11時で作成してあるが、仮にこの自民党のマンデンチャートが山羊座ラグナだとしても土星がまもなく12室に入室していくのである。


従って、自民党にとって最もピークで良い時が終わるのである。



何か古い自民党が終わって新しい政界再編成が起こる時期を象徴している。




そして、この現在のトランジットは自民党にとって良くないばかりでなく、安倍晋三にとってもいいとは言えない配置である。



例えば、安倍晋三のチャートから見ると、土星と木星は、まもなく(既に2ヶ月を切っており効果を発揮し始めてはいるが)ラグナから見て8室と12室、月から見て9室と1室にダブルトランジットしている。



やはり、安倍晋三の8室と12室にダブルトランジットが形成されており、それは水瓶座と双子座である。



水瓶座と双子座が強いということは、リベラル勢力が強まることを意味しており、それは自民党幹事長の二階俊博氏のような親中派で、リベラル寄りの人物の意見を聞かなければならないことを意味している。



二階俊博氏は、新生党→新進党→自由党を渡り歩いてきた自民党の中でも左寄りの人物である。






【小池百合子について】



それでは民進党が崩壊して新しい保守の党として台頭してきた希望の党であるが、今回の選挙で勝つことができるのかどうかである。



個々の候補者のチャートを見ている時間がないため、取りあえず、小池百合子のチャートを再び見て見るが、






木星が出生図で、8、11室支配で、3室支配の月と接合し、7、12室支配の火星と相互アスペクトしているが、何もラージャヨーガを形成していない。


唯一、8室支配の木星が12室に在住しているため、ヴィーパリータラージャヨーガを形成している可能性があるが、月が絡んでいるため、純粋なヴィーパリータラージャヨーガではない(読者の方からの指摘)とも考えられる。


然し、ダシャムシャで木星はラグナから見て10室に在住し、5室支配の水星との間で、2-5、5-11のダナヨーガを形成している。


従って、小池百合子の希望の党は、ヴィーパリータラージャヨーガが働いて、ある程度の成功を収めるのではないかと考えられる。



木星と土星は10室にダブルトランジットし、また玉座を表わす4室の支配星にもダブルトランジットする。



小池百合子の希望の党は、支持率が低下したと言われてきたが、然し、選挙の結果はあけてみなければ分からない。





【安倍晋三の金星/月期について】



安倍晋三の金星は4、11室支配の機能的凶星で、7、8室支配の機能的凶星でマラカの土星と絡んでいる。


全体として、安倍晋三の金星の評価は凶である。



マハダシャーが凶の場合、それと絡まないヨーガカラカの時期は悪いと言われており、不可解な例外法則である。



つまり、金星/火星期というのは、安倍晋三にとって良くない時期であると考えられる。



主にマハダシャー金星が表す象意を経験するのである。



安倍晋三の金星は、母親(岸信子)からの恩恵と母親との確執や束縛、そして、権力の相続、また貪りの11室を支配していることから、彼の富裕層重視の保守的政治信条や権力闘争などを表していると考えられる。


また金星はマラカの土星と絡んでいることによって、健康上の問題などを表しているが、一方で、
7室支配の土星が8室も支配していることから妻(安倍昭恵)からの苦悩を表している。

森友学園問題などでは、妻(安倍昭恵)の個人的な活動が、政権を揺さぶるに至ったため、かなり配偶者から振り回されたり、支配されることを表している。


家庭内左翼として、安倍昭恵夫人が夫の政策に反対するなども以前、話題になったが、そうしたパートナー関係も表わす配置である。



一方で、金星は月から見ると、5、12室支配で5室に在住し、9室支配の土星と5室でコンジャンクトし、5-9のダナヨーガを形成している。


安倍晋三がオリンピックの開会式に出演して、マリオの装いをして、演出したりと、一部、俳優やエンターテイナーのような振る舞いをしているのはその為である。




マハダシャー金星が持つ象意は吉凶混合している。



金星/金星期はジョーティッシュのダシャー解釈で言われるように確かに安倍晋三にとって吉凶は出ていなかった時期である。



それは良くも悪くもないという印象であった。どちらかと言えば、総理大臣に返り咲いて、選挙に圧勝し、良い時期であったと言えるかもしれない。



しかし、マハダシャー金星期のセカンドアンタルダシャーである金星/太陽期になって、安倍晋三には問題が噴出した。



その次の金星/月期や金星/火星期は、月や火星がラグナロードや、5、10室支配のヨーガカラカではあるが、このダシャーの法則から言って良いとは言えない。



むしろ、非常に悪くなる可能性を秘めていると言える。



選挙が終わった後の2018年2月7日からの金星/月、それに続く金星/火星期は、そうした意味で決して良いとは言えないのである。




結論として、安倍晋三は衆議院選挙で大勝して、自分の政権基盤を強化することは出来ない。


また今後の安倍晋三の金星/月→金星/火星→金星/ラーフ期の政治活動には障害が予想される。


そして、金星/月期になったタイミングで、政治権力から退く可能性もあると考えられる。(地位が変化することを表している)



しかし、今後も政治家は辞めずに今後も海外への遊説や要人との会談などは続けていくはずである。


















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ラスベガス銃乱射事件の実行犯スティーブンパドックの動機

ラスベガス銃乱射事件の実行犯・スティーブン・パドックの出生図がアストロデータバンクで、Rodden Rating AAで、提供されている。


この事件が起きてから私は出生時間が分からない段階で、ラグナを検討していたが、結局、分からないでいた。


途中、検討してラグナが乙女座ラグナではないかと考えていたが、実際には、アストロデータバンクの情報では、双子座ラグナである。




ポイントはいくつかあるが、まず、スティーブン・パドックが犯行に及んだ2017年10月1日夜10時08分は、水星/月/ラーフ/火星/太陽である。


ADLの月はマラカの2室を支配して8室に在住し、PADLのラーフも8室に在住している。


この8室でコンジャンクションするラーフと月は精神異常、発狂のコンビネーションであるが、ADLの月はダニシュターに在住している。


ダニシュターの支配星は火星で、火星はラグナから6、11室支配で暴力を表わす6室と11室(6室から見た6室)を支配している。


月から見ても火星は4、11室支配で4室に在住している。


ラグナから見ても月から見ても火星は11室を支配しており、暴力を表している。



火星は自室に在住して強いが、強い火星は実行力を表している。


この火星が今回の銃乱射の実行に関係していることは明らかである。


この火星はバラニーに在住しており、バラニーの支配星は金星であるが、金星の状態を見ると、金星は火星と土星によって激しく傷つけられている。


従って、アンタルダシャーであるマラカの月を見て、その月が在住しているのがダニシュターであるため、支配星の火星の状態を見ると、火星はラグナから6、11室支配で月から見ても11室支配の機能的凶星で、牡羊座のバラニーに在住している。


バラニーの支配星は金星であり、金星は火星と土星によって激しく傷つけられている。


おそらくラスベガスの屋外コンサートで楽しんでいた人々はラグナから見て5、12室支配で、月から見て5、10室支配でヨーガカラカの金星が表示体となっていたと考えられる。


この金星はラグナから見ても月から見ても音楽の5室を支配しており、また金星自体が音楽の表示体である。


この金星にラグナから見て6室支配の火星と8室支配の土星が絡んで激しく傷つけている。



従って、ラスベガスでの銃乱射とは、あたかもスティーブン・パドックの狂った音楽活動であったかのようである。


何故なら彼は、コンサート演奏中に銃の乱射を始めたからである。


観客は最初、演出の一部かと思い、また花火だと勘違いして逃げるのが遅れたという。






ダシャーは水星/月で、ADLの月がマラカで8室に在住し、ラーフと接合していた為、狂人化したのであるが、8室はチャネリングや霊媒現象を表わすハウスであり、何か心が悪魔的な想念によって支配された可能性も示唆している。


この狂人化したプロセスというのは8室、ラーフ、月で表されている。



何故、ADLの月期に暴力を行ったかという認識は、月が在住しているのが、ダニシュター(火星)だからだと考える以外にないのである。


従って、惑星が在住するナクシャトラの支配星の状態というのは重要である。



またもちろんADLの月、PADLのラーフ、そして、MDLの水星は土星の星座に在住しており、土星は8室支配で5室に在住し、6-11室支配の火星と相互アスペクトして火星と絡んでいる。


このMDL、ADL、PADLの惑星のディスポジターである土星の状態というのも重要であったと考えられる。



アンタルダシャーの月はマラカであった為、犯行を犯した後で、スティーブン・パドックは自殺したのである。



スティーブン・パドックは、1977−1979年(木星/木星 or 土星)と1985−1990年(木星/金星→太陽→月→火星→ラーフ)の2度の結婚記録があり、いずれもマハダシャー木星期の出来事である。


木星はラグナから見た7室の支配星であり、12室に在住している。





このような最悪な事件が起こる時、これは自然災害などでも同じであるが、火星と土星が重要な役割を果たしている。



火星と土星が星位が強くてパワーがあり、また火星と土星が6室と8室の支配星になるなど、その象意が最大限まで凶悪化しているのである。



この場合、極限的な暴力を表しているが、この暴力の表示体はラグナから6、11室、月から11室を支配する火星が表示体となっていることははっきりと分かるが、ダシャーの支配星が、火星と絡むのは、火星のナクシャトラに在住しているだけで十分である。


ダシャーの支配星が火星の星座に在住するか、あるいは、火星のナクシャトラに在住しただけで、そのダシャーの時期に火星が示す出来事を引き起こすのである。



実行犯スティーブン・パドックの動機がまだ解明されていないということだが、出生図には明らかに暴力が示されており、それが月のアンタルダシャーの時期に噴き出したことが理解できる。


月はラーフと共に8室に在住し、8室は支配されることを表しており、心が突然、凶悪な考えで満たされたのである。それは霊媒現象とか憑霊現象に近いものかもしれない。


月とラーフのコンビネーションは、躁うつ病に例えると、鬱状態ではなく、躁状態である。


鬱状態から躁状態に転換した時に突然に気持ちが高揚して、高い建物の窓から飛び降りて自殺してしまったり、そうした異常な行動を取ることがあると聞いている。



それと近いものがあったと考えられる。


躁状態

気分が著しく高揚した状態。陽気で開放的になり、興奮したり怒りっぽくなるなど、普段とは違う状態が続く。自信に満ちあふれ、いつもより多弁になるが、話題は次々と変わり、他人の意見に耳を貸さなくなる。睡眠時間が短くても平気で、自制がきかなくなり買い物やギャンブルに大金を使うなどして、社会生活に支障をきたすことがある。双極性障害(躁鬱病(そううつびょう))の主要な症状だが、他の疾患や薬物の影響などによっても起こる。

(コトバンク デジタル 大辞泉の解説より)


上記のように双極性障害という躁うつ病の主要な症状の中に自制がきかなくなり、買い物やギャンブルに大金を使うという行動傾向が記されている。


スティーブン・パドックは、プロのギャンブラーと自称し、ギャンブルで、2000万勝ったり、派手で極端な行動傾向が見られる。


動機というものは特にないのである。


元々持っている暴力のカルマが、アンタル月期になって躁状態に心が支配された時に噴き出したということである。


内に抱えていた暴力性を躁状態に心が支配された時に抑制が効かなくなり、外に発散したのである。



スティーブン・パドックの動機とは、富裕な人々への復讐とか、そうした動機とは全く違っている。


彼は不動産投資で儲けて、裕福であった。


また会計士として、仕事も真面目にこなしてきたようである。


あえて言うならば、躁うつ病の双極性障害のような行動傾向から、精神病の一種だと診断した方が適格である。


何か無差別に銃を乱射したいという欲求が抑えられなくなったのであり、犯行時、彼は何でも出来るような高揚した気分だったに違いない。


そして、犯行を終えたあと、そのまま、その勢いで自殺したのである。


ラグナは双子座のプナルヴァスであり、プナルヴァスは野心のない温和で陽気なナクシャトラであり、日頃はそんな犯行を犯すようには全く見えなかったに違いないのである。


実際、写真を見ても悪人には、見えず、気さくな人物といった印象である。






見た目からは全く想像も出来ないような大量殺人衝動を内に秘めていたのである。





(参考資料)



ラスベガス震撼、史上最悪乱射殺人犯の正体
64歳のパドック容疑者はカジノ好きだった
ロイター 2017年10月03日

[10月2日 (ロイター) ]- スティーブン・パドック容疑者 (64)は、一見するとネバダ砂漠の退職者コミュニティーでの穏やかな暮らしの中に落ち着いたかに見えた。その場所は愛用のカジノに近く、2015年に新居を購入していた。

ラスベガスまでは、車で1時間。そこで容疑者は、近代アメリカ史上最悪の銃乱射事件を起こす事となる。

公的記録によると、容疑者はアメリカ西部を転々としていた。カリフォルニア州沿岸に2~3年、ネバダ州の別地域に2~3年。テキサス州では狩猟許可を所有しており、そこにも最低2~3年は居住していた。パイロット免許を取り、少なくとも1台の単発航空機が容疑者名で登録されている。

2015年初頭にこぢんまりした2階建ての家を購入

2015年初頭、パドック容疑者はメスキートはずれのほこりっぽい町に新しくできた退職者住宅地に、こぢんまりした2階建ての家を購入した。砂漠の小さな町で、ネバダ州とアリゾナ州境にまたがり、ゴルファーやギャンブラーに人気がある所だ。

「感じのいいきちんとした家で、異常な所は何も見当たりません」メスキート市警察のクイン・アベレット広報担当官は、10月2日月曜日、記者団を前にそう述べた。家の中から銃何丁かと弾薬が見つかったが、銃所有者の多いこの地域では、当たり前と見なされる程度であったという。

南西に車を1時間走らせるとラスベガスである。7月28日木曜日、パドック容疑者は、マンダレイベイリゾートアンドカジノの32階の部屋にチェックイン。少なくとも10丁の自動小銃を持ち、58人以上を殺害、500人以上にけがを負わせる乱射事件を起こす事となる。

パドック容疑者の兄弟のエリック・パドックさんは、「何が原因でこんな乱射事件を起こしたのか皆目見当がつかない、家族は戸惑うばかりです」と、電話インタビューで答えている。パドック容疑者の親族が住む、フロリダ州オーランドの保安官事務所を通じ、手短かな声明文を発表する予定だと述べた。

エリック・パドックさんは、容疑者がフロリダ州中央部の湿気を逃れ、ビデオポーカーをしやすいネバダ州に引っ越すのを2年前に手伝ったと、地元紙オーランドセンティネルのインタビューに答えて言っている。最後に連絡を取り合ったのは2~3週間前で、ハリケーンのイルマがフロリダ州を襲い、停電となった件でテキストを送ったとの事だ。

自称「プロのギャンブラー」

以前の隣人であったフロリダ州ビエラのシャロン・ジュディーさんは、パドック容疑者は気さくで、自分の事をプロのギャンブラーと呼んでいた、と同紙のインタビューに答えて言った。スロットマシーンジャックポットで2万ドルを当てた写真を見せてくれた事もある、とも述べている。

警察の発表によると、パドック容疑者には前科はなく、交通違反があったのみだという。

ネバダ州メスキートに引っ越す前、パドック容疑者は、テキサス州にある同じ地名のメスキートという町に住んでいたことがあった。セントラルパークという集合住宅の管理人であったという記録がある。住宅の電話番号に応えた女性は、電話を別の管理人に転送したが、メッセージに対する返答は得られなかった。

2015年時点の記録には、パドック容疑者は独身であったと記されている。警察や公的記録によると、ネバダ州の退職者コミュニティーでは、容疑者はマリルー・ダンレイさんと同居していたとの事。ダンレイさんは、ソーシャルメディアのサイトで、自分を「カジノ専門職」と呼び、子どもと孫がいると書き込みしている。

CNNの発表によると、ダンレイさんは国外旅行中で、警察は、事件には何の関与もないものと見なしているようだ。

(ジョナサン・アレン、および以下の記者によるリポート: バーニー・ウッダル、アンジェラ・ムーン、コリーン・ジェンキンス。バーナデット・バーム編集)

参照元:ラスベガス震撼、史上最悪乱射殺人犯の正体
64歳のパドック容疑者はカジノ好きだった
ロイター 2017年10月03日


動機解明、長期戦に=大量殺害に異様な執念-ラスベガス銃乱射から1週間
2017/10/08-14:26 時事ドットコム

 【ロサンゼルス時事】米ネバダ州ラスベガスで58人が死亡、500人近くが負傷した銃乱射事件は8日で発生から1週間。犯行後に自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)の大量殺人への異様な執念が明らかに なってきた一方、犯行動機は依然として謎に包まれている。米史上最悪の乱射事件の真相解明は長期戦の様相を呈してきた。

 ◇被害最大化狙う

 捜査当局によると、容疑者が最初に発砲したのは1日午後10時5分。高級ホテル「マンダレイ・ベイ・リゾート・カジノ」の32階の部屋からカントリー音楽祭の野外会場に向けた乱射は同15分まで断続的に続いた。 警官らが部屋を突き止め、午後11時20分に突入すると容疑者は既に自殺していた。

 流出した事件直後の写真によると、室内に大量の銃器が散乱していた。野外会場までの距離などを書いたメモも見つかったという。近くのマッカラン国際空港の燃料タンクも2発の銃弾を浴び、1発は貫通していた。容疑 者がタンクを爆発させることを狙った可能性もある。

 また、犯行に使用されたとみられる銃は連射可能な形に改造されていた。容疑者の車には銃弾を受けると爆発する物質が大量に積まれており、被害を大きくするためにさまざまな準備をしていた様子がうかがえる。

◇野外音楽祭を物色

 容疑者は事件の約2カ月前に、シカゴで開かれた野外音楽祭の会場を見渡せるホテルの2室を予約していたことも判明した。ボストンではコンサート会場に近いホテルもインターネットで探していたという。  事件の約1週間前にはラスベガスで開かれていた別の音楽祭会場を見下ろす高層マンションの3室を借りていた。捜査関係者は「容疑者がシカゴやボストンを訪れていたことを示すものは何もない」と米メディアに語った が、多くの人が集まる野外コンサート会場に狙いを定め、犯行の機会をうかがっていたとみられる。

  ◇協力者の可能性も

 不可解なのは動機だ。地元警察幹部は「過去の大量殺人の多くは動機がはっきりしていたが、今回は何も発見できていない」と認める。

 カギを握るとみられていた交際相手のフィリピン出身の女性(62)は「彼が誰かに対して暴力を計画しているとは思いもよらなかった」と弁護士を通じてコメントした。過激思想に染まっていた形跡はなく、裕福な暮ら しを送っていた容疑者を犯行に駆り立てた動機は不明だ。

 捜査当局は「誰にも知られずに1人で犯行を計画・実行したとは考えにくい」(地元警察幹部)とし、背後に協力者がいた可能性を視野に入れている。「容疑者の生まれてから死ぬまでのあらゆる面」(同)を今後徹底的 に調べる方針だ。

参照元:動機解明、長期戦に=大量殺害に異様な執念-ラスベガス銃乱射から1週間
2017/10/08-14:26 時事ドットコム

【ラスベガス銃乱射】血まみれの観客、女性の悲鳴…! 実行犯の異常な生い立ちと、父親(FBI最重要指名手配犯)のヤバさも発覚!
2017.10.03 知的好奇心の扉 トカナ (TOCANA)

 カジノで有名な米・ネバダ州ラスベガスにある「マンダレイ・ベイ・ホテル」で1日夜(日本時間2日)、銃乱射事件が起き、少なくとも59人が死亡、400人以上が負傷した。犯人は同ホテルの32階から、地上に向けて自動小銃を無差別に乱射した。

 ホテル近くでは「ルート91ハーベスト・フェスティバル」なるカントリー音楽の祭典が開催されており、2万2千人以上が集まっていたという。まさか上空から銃弾の雨が降ってくるとは夢にも思わず、観衆は大パニックに。その様子はツイッターなどに投稿され、女性の悲鳴や、頭から噴水のように血を流して倒れる男性、鳴り止んだかと思った銃声が再び聞こえる恐怖の瞬間などが確認できる。

 米国史上最悪の銃乱射事件を起こした実行犯はスティーブン・パドック容疑者(64)。ラスベガスから北東130キロのメスキート在住で、先月28日から客として同ホテルに宿泊していた。事件後、IS(「イスラム国」)の傘下組織が同容疑者を「ISの兵士だ」と主張したが、現時点で宗教的な問題が動機につながった証拠は確認されていない。地元関係者によると、スティーブン容疑者は筋金入りのギャンブル狂。高レートのポーカーを好み、ひと晩で2000万円以上儲けたこともあったという。一方で犯罪歴はなく、軽微な交通違反以外で警察の面倒になったことはない。

ごく普通のスティーブン容疑者が凶行に走った理由は何なのか――? 事件をヒモ解く鍵となりそうなのが、この男の生い立ちだ。弟のエリックさんによると、兄弟は崩壊した家庭で育った。父親のベンジャミン・ホスキンス・パドックは銀行強盗を繰り返し、20年の有罪判決を受け、1960年代前半に収監されている。そして68年に脱獄すると、FBIの10大最重要指名手配犯リストに「極めて危険」で「精神異常」を抱えた人物として名を連ねたこともあった。ベンジャミンは78年にオレゴン州で発見されたが、当局は「精神異常者」「自殺願望者」と鑑定している。

 その息子が起こした重大事件。スティーブン容疑者は警察が突入する前に自殺したが、室内には自動小銃のほか、ライフル銃など少なくとも10丁の銃があった。まずは自動小銃で広範囲を“掃除”し、そのあとで逃げ惑う人をライフル銃で狙撃して楽しんでいたのだろうか……。

 警視庁元刑事の男性は「並の精神状態ではない。あくまで憶測の話だが、父親のマイナス面を引きずって生活し、何かのきっかけで爆発してしまったのかもしれない。犯行に使われた銃は連続発射が可能なように改造されていたというし、大量殺人を目的とした計画性が感じられる。FBIの重要指名手配犯リストに載った父親を“超える”べく、犯行を起こした可能性もある」と話す。銃社会の米国で、安全な場所はどこにもない。

参照元:【ラスベガス銃乱射】血まみれの観客、女性の悲鳴…! 実行犯の異常な生い立ちと、父親(FBI最重要指名手配犯)のヤバさも発覚!
2017.10.03 知的好奇心の扉 トカナ (TOCANA)










スポンサーリンク


スポンサーリンク

安室奈美恵の引退について

安室奈美恵が自身の公式ホームページで、来年9月16日を持って引退することを発表した。


安室奈美恵、来年に引退と発表「私らしく2018年9月16日を迎えたい」
9/20(水) 18:54配信 サンスポ.com

歌手、安室奈美恵が40歳の誕生日を迎えた20日、自身の公式ホームページで来年9月16日をもって引退することを発表した。

 安室はこの日、「ファンの皆様へ」というタイトルで、ホームページに声明をアップ。「ファンの皆様、いつも応援していただきありがとうございます。先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に心から感謝しております。ありがとうございます」と冒頭で感謝の言葉をつづった。

 続けて「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」と切り出すと、「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます」と、芸能界からの引退を発表した。

 そして、「引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」と意気込みを語り、「そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います」と締めた。

 最後に「皆様、安室奈美恵の最後の1年を、どうぞよろしくお願い致します 安室奈美恵」とつづった。


ダシャーを見ると明らかなように現在、マハダシャー火星期に移行する直前であり、10月26日にマハダシャー火星期に移行してから、およそ1年後の2018年9月16日を持って引退することを表明している。



AmuroNamie_chart


この頃は、マハダシャー火星期のセカンドアンタルダシャーの火星/ラーフ期である。


このアンタルダシャーがラーフ期に移行したタイミングで、完全に芸能活動を引退することになる。



【ダシャムシャのラグナの修正】



この火星期について、ダシャムシャ(D10)の配置を確認した所、火星はラグナに在住している。


AmuroNamie_D10_chart

ダシャムシャのラグナに在住する惑星の時期はキャリア上の上昇の時期であることから、この配置はおかしいのである。


従って、若干、出生時間を修正する必要がありそうである。



出生時間を1分23秒程度進めると、ダシャムシャのラグナが山羊座に移動するが、金星がラグナ、月から見て5、10室支配のヨーガカラカで9室に在住して、3、12室支配の木星と接合して、3室にアスペクトしている。


wikipediaによれば、安室奈美恵は小学校5年生の時、友達の付き添いで沖縄アクターズスクールへ見学に訪れた際に校長にスカウトされたそうである。


小学校5年は1988年(11歳)の頃であり、ダシャーは、金星/火星期である。


その時に家庭の事情から月謝が払えないとの理由で入校を断念したが、校長に見込まれて異例の特待生として入校したそうである。


このようにグル運、師匠運に恵まれており、マハダシャー金星期に特待生扱いで、アクターズスクールに入学できたことを考えると、金星はヨーガカラカで木星と共に9室に在住している配置が妥当である。


入校時は人見知りが激しく引っ込み思案であったが、ほどなくして琉球放送のローカル番組『HOTNIGHT おきなわ愛ランド』で行われたカラオケ大会に出場し、見事優勝した(金星/ラーフ期)ことで周囲を驚かせたという。


そして、1991年アクターズスタジオ内で結成されたダンスグループ”SUPER MONKEY’S”のメンバーに選出されている(金星/ラーフ期)。


この金星/ラーフ期のエピソードが、その後の躍進の最初のタイミングであり、デビューの時期であったと分かる。



その後、1995年~2001年にかけて、小室哲也のプロデュースによって、一躍スターダムに昇るが、この期間は、マハダシャー金星期の後半に該当する。



AmuroNamie_photo


金星は5、10室支配のヨーガカラカであるが、9室で減衰している。


但し、金星のディスポジターである水星がラグナ、月から見て、ケンドラに在住しているので、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


金星のマハダシャーの時期は、金星が絡むハウスの象意において成功することを表している。



このマハダシャー金星期を通じて、質の高いダンスパフォーマンスと歌を披露したのであり、そのことを考えると金星が5、10室支配のヨーガカラカで、3室(踊り、パフォーマンス)支配の木星とコンジャンクションし、3室(踊り、パフォーマンス)にアスペクトしていなければならないのである。


また踊り、パフォーマンスを披露するアーティストとして活躍し、テレビ番組(3室)にも多数出演したことを考えると、やはり3室との絡みが必要である。



もしダシャムシャのラグナが射手座ラグナだと、金星は6、11室支配で10室に在住し、1、10室支配の木星と10室でコンジャンクションすることになる。



一応、ダシャムシャの10室の配置は、キャリア的には上昇し、安定する時期であるが、3室や5室など全くエンターテイメントのハウスが絡んでいない。


従って、やはり山羊座ラグナで正しいと思われる。



AmuroNamie_D10_chart2



そうすると、これまでの10年間のマハダシャー月期は、月がダシャムシャ(D10)のラグナに在住しているため、安室奈美恵が、円熟したダンスパフォーマンスと歌で、一流のアーチストとして、第一線で活躍してきたことが説明できるのである。



また1993年の金星/木星期に安室奈美恵は、ドラマ『いちご白書』に女優として出演し、ロッテ「マスカットガム」のCMに出演して演技をしている。


これはやはり明らかに3室と5室の象意である。


そして、2004年5月の太陽/木星期に台湾および韓国・ソウルで初のアジアツアーを成功させているが、もしダシャムシャのラグナが山羊座であれば、木星は3、12室の支配星で9室に在住し、3室にアスペクトしていることから、この時期が海外(12室)に行く時期であり、またパフォーマンス(3室)をする時期であるということで納得できる。


射手座ラグナでは木星は1、4室支配で10室に在住して、6、11室支配の金星と接合しているが、全く芸能、パフォーマンスの象意(3室)も海外の象意(12室、9室)も絡んでこない。



因みにもしラグナが射手座から一つ遡って、蠍座として考えるとどうなるかと言えば、出生時間を18:22:44に設定すれば、ダシャムシャ(D10)のラグナは蠍座になる。



但し、そうするとダシャムシャ(D10)の8室に在住するマハダシャー太陽期や、3室に在住するマハダシャー月期には、アーティストとしてそれ程のパフォーマンスは発揮できなかったはずである。



またダシャムシャ(D10)のラグナを蠍座に設定すると、ナヴァムシャのラグナが蟹座となり、そうすると、やはり、マハダシャー金星期にダンスパフォーマンスや歌で一世を風靡したという解釈が難しくなるのである。



AmuroNamie_D9_chart


金星は4、11室支配で11室で、自室に在住し、ラグナロードで高揚する月とコンジャンクションして、1-4、1-11のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成しているが、この配置からは、彼女がエンターテイメントの世界(3室、5室)で活躍したことを示すハウスの絡みが見られない。


やはり、獅子座ラグナで、3、10室支配の金星と、12室支配で高揚する月が10室で接合する配置でなければならないのである。


この獅子座ラグナであれば、金星は3室と10室が絡んで、10室でマラヴィアヨーガとなり、有名になることを表しており、また同室する月も高揚している。


因みに金星と月のコンビネーションは、ジャイミニにおけるラージャヨーガであり、また金星も月も女性の表示体であり、安室奈美恵のファッションや髪型、メイクなどを真似するアムラーと呼ばれる若い女性たちが大量に出現して社会現象になった理由も説明することができる。


このアムラー現象は、1996年~1997年に起こったようだが、ちょうどこの頃のチャラダシャーは、蟹座/山羊座であり、金星と月のジャイミニラージャヨーガが蟹座と山羊座にアスペクトし、山羊座から見て10室にもアスペクトしている。




このようにナヴァムシャのラグナは獅子座でなければならないため、ダシャムシャ(D10)のラグナの可能性として、蠍座ラグナの可能性というものも却下されるのである。



従って、ダシャムシャ(D10)のラグナは山羊座で正しいと思われる。



AmuroNamie_D10_chart2



安室奈美恵は、何故、今回、引退するかと言えば、まもなくマハダシャーが火星期になり、火星がダシャムシャ(D10)で、12室(引退、隠遁)にい在住しているからである。



マハダシャー火星期は、出生図では、2、9室支配で、9室の支配星である。


9室は10室(仕事)から見て12室目(損失)であるため、9室のマハダシャーの時期は仕事を辞める時期である。


然し、火星は、1、10室支配の木星とコンジャンクションもしており、出生図だけでは、本当にこの時期に引退するかは判断が難しいのである。



然し、もしダシャムシャ(D10)で、火星が12室(引退)に在住しているとなれば、話は別である。



ダシャムシャ(D10)において、マハダシャー金星期は、金星がヨーガカラカで9室に在住しており、マハダシャー太陽期は太陽が8室支配で6室に在住しており、マハダシャー月期はラグナに在住している。



これらと比較して、12室に在住するマハダシャーの火星期は仕事を辞めて引退する時期(12室)であると分かるのである。



AmuroNamie_chart2


ダシャムシャ(D10)のラグナを山羊座にすると、出生時間は、18:31:23付近である。



ダシャムシャ(D10)の幅は3°であるため、3°×4分=12分の範囲内であり、18:19:23~18:31:23であるが、ナヴァムシャのラグナが獅子座で説明できることから、18:31:23に近い時間である。




ナヴァムシャ(D9)のラグナが、獅子座に留まるのは、18:33:17迄である。18:33:23からは乙女座に移動してしまう。



従って、ナヴァムシャのラグナが獅子座ラグナであれば、正しい出生時間は、18:31:23~18:33:17の間である。





【ナヴァムシャのラグナは本当に獅子座ラグナか?】



それではナヴァムシャ(D9)のラグナは本当に獅子座ラグナでいいのかどうか、それが問題である。



既にダシャムシャのラグナを検討する過程で、獅子座ラグナで正しいそうであることは確認したが、更に詳しく起こった出来事をナヴァムシャで検討してみることとする。



安室奈美恵は、1997年10月22日にTRFのダンサー・SAMとの結婚を発表し、妊娠3ヶ月であることを発表している。



この時、ダシャーは金星/土星期であるが、マハダシャーロードの金星は、ナヴァムシャの10室に在住し、土星は7室の支配星である。



ナヴァムシャの1-7軸の在住星や支配星の時期は、結婚の時期であるが、4-10軸の在住星の時期も結婚が起こりやすい時期である。



また金星は生来的な結婚の表示体である。



AmuroNamie_D9_chart


2002年7月10日にSAMと離婚しているが、この時、ダシャーは、太陽/月/金星である。



マハダシャーロードの太陽はラグナロードで7室に在住し、アンタルダシャーロードの月は12室の支配星、プラティアンタルダシャーロードの金星は、生来的結婚の表示体である。



この時、もし離婚したのであれば、12室支配の月(別離)が役割を果たしていると考えられる。



12室支配星の時期は、結婚から逃げるという象意を持っている。



但し、マハダシャーロードの太陽は7室に在住しており、この時期に離婚したとは考えにくい。



しかし、以前、検証した所によれば、安室奈美恵とSAMは離婚した後も同じマンションの別室に住み、子供の養育を分担するとともに、一緒に息子の学校行事に出席したりなど仲が良かったということである。



それで再婚説なども流れたりしているようである。



安室奈美恵のナヴァムシャの8室には火星が在住し、8室支配の木星はラーフ/ケートゥ軸と絡み、土星からアスペクトされている。


月、金星から見た8室の支配星も同様にラーフ/ケートゥ軸と絡み、土星からアスペクトされている。



おそらく離婚した理由は、安室奈美恵が、SAMの実家の医者の家系である親族から受け入れられなかったということではないかと思われる。



従って、おそらく、マハダシャー太陽期になって実質的には、安室奈美恵は、SAMと別れていなかったということである。



マハダシャー太陽期に離婚したということから、ナヴァムシャのラグナが乙女座の可能性も検討し、12室支配で6室に在住する太陽期ということで検討してみたが、そうすると、金星/土星期に結婚した説明が難しくなるのである。


アンタルダシャーの土星は5、6室支配で8室で減衰している形になり、この時期にSAMとの間で幸福な結婚をし、皆に祝福されて子供も生まれたということは説明が難しいのである。



またマハダシャー太陽期にSAMとは実質的には結婚状態にあったのであり、そのことも説明出来ないのである。




従って、ナヴァムシャのラグナは獅子座で正しいのではないかと思われる。




安室奈美恵が、1988年(小学校5年の11歳)の金星/火星期に見学に訪れた沖縄アクターズスタジオで校長からスカウトを受け、月謝が払えないことから入学を断念しようとした所、校長から異例の特待生扱いで、入校を認められたのは、おそらくナヴァムシャにおいて、9室支配の火星が8室(不当所得、棚から牡丹餅)に在住しているからである。


9室の支配星が8室に在住する場合、9室の恩寵が8室に働き、師匠から経済的な面倒を見てもらえるのである。


師匠と強固な師弟関係を結び、寝食を共にするぐらいに師匠の管理下に置かれるのが、この配置である。


しかし、師匠に対して、完全に従う形となり、一切、自由はなくなるのである。


この時、沖縄アクターズスタジオの月謝を校長から免除してもらったということは、完全に校長の保護下に置かれて、その指導に従ったということである。


インドの伝統的な師弟関係、おそらくパランパラの伝統などは、こうした8室と9室が濃密に絡んだような配置が見られるのであるが、父親の代わりにもう一人の父親が出来るようなものである。


しばしば養子縁組の際などにも表れる配置である。



AmuroNamie_D9_chart


この濃密な師弟関係が、金星/火星期に起こったのであれば、ナヴァムシャのラグナは獅子座なのである。



従って、結論としては、安室奈美恵の出生時間は、2チャンネルにある18:30ではなく、18:31:23~18:33:17の間のいずれかである。





【安室奈美恵は火星期にどう過ごすのか?】




AmuroNamie_chart2



それでは安室奈美恵は引退後、どう過ごしていくのかということである。




火星は2、9室支配で4室に在住し、1、10室支配の木星と4室(道場、教室)に在住している。



9室の支配星の時期は、教育活動や慈善活動などを行う時期である。



そして、その9室の支配星は、木星と絡んでいるため、それもまた教育の表示体である。



またその火星と木星は4室(教室、道場)でコンジャンクションしており、9-10のダルマカルマラージャヨーガ(社会奉仕、教育活動)を形成している。



9-10のコンビネーションは、仕事を通じて、大きな貢献をする配置であり、慈善活動家や教育者、科学者などの配置である。



何か活動を通じて社会に大きな貢献をする配置である。



これは引退後、彼女は沖縄アクターズスタジオのような学校を設立するか、あるいは、沖縄アクターズスタジオを受け継ぐなどして、学校を経営していくことを表していると考えられる。



しかもその活動は、収益を上げることよりも、奉仕や慈善的色彩が強いものになるはずである。




また月から見ても、5、12室支配の火星は、1、4室支配の木星と7室に在住している。



5室は弟子や生徒を表しており、やはり、教室、道場を意味する4室支配の木星と絡んでいる。



従って、月から見ても学校を開いて、生徒たちを教えていくような配置をしているのである。




ナヴァムシャでは、4、9室支配の火星は8室に在住しており、月から見て、7、12室支配の火星が11室に在住している。



これは既に述べたように師匠との濃密な関係性を表しており、師匠から経済的恩恵を得ることを示している。



従って、マハダシャー火星期に学校を設立する際に不動産や建物は、師匠から継承できるかもしれないことを表している。




また月から見て、火星は7、12室支配で11室に在住しているため、対人関係が活発化し、交際相手などが出来る可能性も示唆している。





またダシャムシャ(D10)では、火星から見た10室に1、4室支配の木星が在住し、6、11室支配の金星とコンジャンクションしているが、



やはり、これは火星から見た10室に木星が絡んでいることから、教育者になることを表している。



金星が同室しているため、エンターテイメントの分野である。






安室奈美恵はつまり教師、指導者として生きていくということである。



そして、弟子や後輩たちを育てる仕事に専念するようである。




次の2024年10月からのラーフ期もやはり、ラーフはダシャムシャ(D10)で12室に在住している。



ラーフから見ると、10室に木星と金星が在住している。



ラーフのディスポジターは木星で、ラグナから見て、3、12室支配で9室に在住している。




そして、ナヴァムシャでも12室に在住している。




安室奈美恵は、おそらく今後、歌手、アーチストとして、芸能界に復帰することはないと思われる。



もしテレビなどに出演するとしてもスタジオ経営者とか指導者としてではないかと思われる。



出生図で、火星から見た3室に金星、水星、土星が集中し、ナヴァムシャでも火星から見て3室に金星、月が在住している。



従って、今後も芸能界には関わり続けるし、メディアからも取材されたり、テレビに出演もするかもしれない。



エンターテイメント業界の第一線で活躍する安室奈美恵はこれでいなくなるが、その後、指導者として、安室奈美恵は活躍していくはずである。




それはあたかも現役引退したボクサーのようなものである。



現役引退したボクサーは大舞台に立つことはないが、ボクシングジムで、後輩たちに付添い、指導者として、その自らの持てるものを伝えていく。



安室奈美恵には、そうした指導者としての人生が待っているように思われる。






AmuroNamie_photo2
AmuroNamie_photo3
AmuroNamie_photo4

















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術上級セミナー第4回のお知らせ 10月28日(土)11:00 ~『ジャイミニメソッドの基本、惑星と健康、他』

インド占星術上級セミナーの第3回ですが、9月30日(土)に無事終わりました。


今回はマークボニーの主要な研究成果であるダシャムシャ(D10)の解釈に関する重要ポイントについて、トレースしていくと共にそこに私自身の解釈や事例なども加えた内容でした。


参加者の方からは分かりやすい内容であったという評価を頂きました。


実際、マークボニーがアイヤーの研究をベースとして、生み出したダシャムシャの秘密は、全ての分割図に適用できる非常にシンプルで分かりやすいものです。


私自身、これらが明確に機能していることを日々体感しています。


今回、インド占星術上級セミナー第1回~第3回を通して提供した分割図とダシャーの使い方についての内容は、これで完結しましたが、11月の大阪のセミナーで扱う予定ですので、もし興味がある方は是非、お越し下さい。



次回、10/28(土)[11:00~15:00]は、ジャイミニメソッドの基本について学習していきます。


つまり、ジャイミニの固定表示体(スティラカラカ)、変動表示体(チャラカラカ)、ジャイミニにおけるラージャヨーガ、アリシュタヨーガ、パダの使い方、チャラダシャーの計算と適用方法について主に学習して行きますが、実際に参加者の皆さんの出生図で計算を試して頂く、ワークショップ形式で、ゆっくり進めていきますので、この機会にジャイミニメソッドを身に付けたい方は、是非、お越しください。


この基本的なジャイミニのメソッドを覚えれば、他のジャイミニ系のダシャー(マンドゥークダシャー、ナヴァムシャダシャー、スティラダシャー等)などは、ダシャーの計算方法が違うだけで、解釈の方法はほとんど同じです。



ですからジャイミニの技法を身に付けるためには、まずは基本的なチャラダシャーの計算と適用方法をマスターする必要があります。またそれは実際に練習することで身について行く分野です。



また前回の講座で、扱うことが出来なかった惑星と健康というテーマについて冒頭で扱います。





ジャイミニの基本が身についた段階で、パダラグナ(アルダラグナ)の使用法、アルガラの概念など応用知識に進みます。(これらについてはまた次回以降の講座で予定しています)



私自身は、日頃の鑑定の中で、パラシャラシステムとジャイミニシステムを併用していますが、今の所、チャラダシャーを使用しているのみです。


ジャイミニのマニアックなダシャーを使いこなしているとは言えません。


ですから、今後、この分野の習熟を目指していくという意味で、それらの計算方法、事例などを最近、資料としてまとめました。


次回以降の講座で、これらの複数のジャイミニ系のダシャーの使い方について学習するセミナーを予定しています。






【上級セミナーについて】

上級セミナーは、ジョーティッシュの学習をある程度、積み重ねてきた方を対象としています。

日頃、惑星の生来的、機能的吉凶の解釈や木星と土星のダブルトランジットを用いて、予測を行なってみるものの、

分割図やダシャーを用いての正確な予測に必要なスキルの全体像が分かっていない方、

分割図の使用や、ダシャーの解釈に関する体系的な学習を行っていない方を対象とします。

内容はジャイミニシステムではなく、パラシャラシステムの上級レベルになります。

本、セミナーはこれまで講座やDVD教材などで提供してきた内容の焼直しではなく、

ある時から私自身に全く次元の違う理解をもたらした考え方について、その源に遡って学習していきます。

海外の資料、海外の書籍の日本語訳などを用い、事例チャートなどを用いて、学習していきます。

私自身、これまで学習の途上で、様々なセミナーに参加して来ましたが、これらのことについて体系的に習うことは出来ませんでした。

ジョーティッシュを実践している方でさえも、これらの内容について理解しているかは分からない、そうした類の知識であり、

今後、実践上で、これらの考え方を適用して、理解を深めなければならない分野です。



コース名


インド占星術上級セミナー『ジャイミニメソッドの基本、惑星と健康、他』




講座内容


・ジャイミニメソッドの基本

・惑星と健康




日時


2017年10月28日(土) 11:00 ~ 15:00

入場開始 10:50
講座開始 11:10
講座終了 14:45

(途中5分休憩が入ります)





会場


備屋珈琲店恵比寿店 ROOM EAST
東京都渋谷区恵比寿4-4-11
JR恵比寿駅東口より徒歩3分




定員


9名




参加費


13,000円/正味 3時間35分

※飲み物代は参加費に含まれています。

参加費は毎回、その都度、受領します。(授業開始前に回収します)

また1回毎に次回の参加の有無を確認します。

用事があって、開催日に参加できなかった場合、個人レッスンで同じ内容を受講可能です。

その際、料金は16,000円/120分となります。120分で1日分の講座内容を終わらせます。




参加資格


・惑星の生来的吉凶、機能的吉凶の違いなどが理解できている

・ポジション、アスペクト、コンジャンクション、ラージャヨーガ、ダナヨーガ、アリシュタヨーガ、トランジット、ダブルトランジット、トリコーナ、ケンドラ、ウパチャヤ、トリシャダ、ドゥシュタナなどの用語の意味が分かる

・分割図、ヴィムショッタリダシャーが何であるか分かっている

一度、学習したことがあれば問題ありません。

※インド占星術入門講座メルマガに登録されている方で、こうした用語について一通り、理解できていれば問題ありません。

上記の内容を復習している時間はありませんので、参加される場合は、これらについて事前に学習をお願いします。

内容が理解出来なくても返金はできませんのでご了承下さい。




予約について


①お名前(ローマ字+ひらがな)
②出生年月日と出生時間(母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
③出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)


上記のデータを添えて、address_hkまでお申込み下さい。

件名は「10/28 インド占星術上級セミナー参加希望」でお願いします。







【第3回 9/30に参加された方の感想】


ダシヤムシャについても、改めてD10だけに注目するとなるほどなーと思うこともあり、ためになりました。ジャイミニはやったことがないので、次回は一から教わりたいです。よろしくお願いします。

(東京都 K.M 様)



今回の分割図はとても分かりやすかったです。私は、一つのことをじっくりと学ぶのが好きです。読めばわかるところは自宅で読めばよいと思っています。

(栃木県 カマル様)



ダシャムシャの読み方は大変興味深く良かったです。ドーシャ判別についてはすでに明確な技術があるのかと思っていましたが、まだまだ検証が必要な分野のようですね。でも受講して良かったです。

(埼玉県 MM様)



今までは出生図から読み取れていなかったものが、分割図を使用することにより、各テーマにより、意味のあるダシャー・ハウス・星座の違い等が明確になり、前々回、前回に引き続き、有意義のあるセミナーでした。

出来れば、ドーシャでは、セミナーの中で、質問表と、ナクシャトラで、自分のドーシャを算出し、比較してみたかったです。

(東京都 さと様)



わかりやすい宝石処方の講座でした、曖昧なところがありましたが自分に合う宝石がわかったのでとても良かったです。

(東京都 k.k様)
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

小池百合子の野望―希望の党の旗揚げ―

小池百合子が、9月25日、記者会見で、「希望の党」の設立を発表した。


KoikeYuriko_photo2

党名は、彼女が主宰する政治塾「希望の塾」から名付けらている。

この最近の小池百合子の動きを見て、私は以前、小池百合子を牡牛座ラグナに修正したが、それが、正しいことを改めて確認した。


小池百合子は、2016年7月31日のマハダシャーラーフ期の終わり、ラーフ/火星辺りで東京都知事選に立候補し、9月20日に地域政党「都民ファーストの会」を結成して、政治的な躍進をしたが、その間、ずっとラーフ/火星期であった。


KoikeYuriko_chart

彼女が主宰する政治塾「希望の塾」から多くの人材を擁立して、都民ファーストの会を都議会の第一党に導いた。

ダシャムシャにおいて、火星は月から見て10室に在住し、ディスポジターの土星は天秤座で高揚している。


但し、この後、次のマハダシャー木星期で彼女が一体、何をしていくのが今一つイメージ出来なかった。

然し、最近の小池百合子の動きを見て、ようやく彼女の木星期とはなんであるかが分かってきた。


木星はグル(教師)の表示体であり、ラーフは、世俗的な権力志向にする一方で、木星はそのチャートの持ち主を理想主義者にする。

まず、ラーフ期の最後のアンタルダシャーであるラーフ/火星期で、彼女は、「希望の塾」という政治塾を開いて、彼女のビジョンや理想に共鳴できる人材を育成し始めた。

これがまず、彼女の教育活動の始まりであった。

そして、その政治塾の発展形態として、今回の「希望の党」の旗揚げがあるのである。

この希望の党の旗揚げにおいて、彼女自身は国政に立候補せず、都知事を継続し、彼女が育成した人材や希望の党入りした議員たちを国政に進出させるという手法を取っている。


小池百合子・希望の党代表「都政で頑張る」 衆院選出馬を否定
2017年9月28日(木)19時48分 Newsweek(ニューズウィーク日本版)

希望の党代表の小池百合子東京都知事は28日、日本記者クラブでの講演で「都政でしっかりと頑張る」と述べ、10月22日投開票の次期衆院選に出馬するとの憶測を否定した。

民進党が希望の党への合流方針を示したことは前原誠司代表の「大変重い決断」としながらも、「合流」ではないと述べ、希望の党から出馬を望む候補者を個別に選出していく考えを示した。

小池氏は、今後も都知事として都政に取り組む意向を表明し、「東京五輪の準備をしっかりやり、東京を引っ張っていく。これが日本全体にプラスになる」と、東京から日本全体を改革していく考えを示した。

民進党が次期衆院選での同党の公認内定を取り消し、立候補予定者は希望の党に公認を申請することなどを決めたことに関して「合流という考えではない」と述べ、「希望の党で戦いたいという申し込みがあって、初めて候補者として選ぶかどうかだ」と個別に判断していく考えを示した。

そのうえで、「有権者に選択肢を示すことが重要。選択肢がなけれ投票先がない」とし、「できるだけ多くの候補者を擁立していく」と語った。

衆院選の争点に浮上している2019年10月の消費税率の10%への引き上げを巡っては、安倍晋三首相が増収分を教育財源に活用するなど使途の変更を打ち出しているが、小池氏は北朝鮮情勢が緊迫化している状況下で「消費増税の使途で信を問うのはお門違い」と指摘。日本経済がデフレから脱却していない中で「ただ増税ということは消費を冷え込ませるだけ」と消費増税自体に否定的な考えを示した。

アベノミクスについては「株高・円安・失業率の低下などの効果は認めるが、まだまだ好景気の実感が得られていない」と指摘。財政再建では「借金も多いが、資産もある。国が保有する資産をもう少し整理するというのも一つの考え」との見解を示した。

憲法改正については、安倍首相が9条に自衛隊の存在を明記することを提案しているが、小池氏は9条にとらわれず、時代や世界情勢の変化を踏まえた幅広い議論の必要性を訴えた。

北朝鮮情勢では、米国と中国の間合いがどうなるかによって日本の戦略も変わってくるとし、「注視していきたい」と語った。

(伊藤純夫 編集:田中志保)


これは彼女自身が自ら何かするのではなく、人の力を利用して(活用して)、人のふんどしで相撲を取るという8室が強い人に特有の行動パターンである。


自らは大阪市長に籍を置き、石原慎太郎を擁立して、自分自らは国政に立候補せずに党代表という形で国政に進出した橋下徹と全く同じスタンスである。


何故、橋下徹が、そのような形式で、国政に進出できたかというと、彼の出生図で10室支配の太陽が8室に在住しているからである。


2012年11月17日に石原慎太郎が結成した太陽の党が日本維新の会に合流し、代表に就任したのは、日本維新の会を率いる橋下徹が、石原慎太郎を擁立して、国政に影響力を行使したということである。

この時、トランジットの木星は双子座に入室する直前で、石原慎太郎に日本維新の会の代表を任せている間、木星は橋下徹の8室双子座を通過していた。


今回、小池百合子が、牡牛座ラグナでやはり間違いないと思うのは、人材を擁立して、擁立した人材を通して自分は背後から指揮を取るという政治手法が、まさに8室支配の木星が12室に在住する配置がもたらしたものだと思うからである。


この配置が一体、何を意味するのか、私も最初のうちは、分からなかったが、今になって、彼女が「希望の党」を旗揚げした時点で、この彼女の政治スタイルが、8室支配の木星が12室に在住する配置でしかあり得ないと分かるのである。


8室の支配星が12室に在住する8-12の絡みは、ドゥシュタナハウスがもう一方のドゥシュタナハウスに在住するヴィーパリータラージャヨーガ(逆転のラージャヨーガ)である。


8室の支配星の時期というのは、それ程、良い時期ではない。


8室は自分がコントロールできない依存する相手であり、自分を振り回す相手であり、支配者であり、しばしば大きな悩みの種になったり、行き詰まりをもたすハウスである。


しかし、これが12室に在住することによって、良い象意に転換するのである。


つまり、支配者であるはずの8室の凶意が、12室(損失)に在住することによって、凶意が失われるのである。


二重否定であり、つまり、逆にラージャヨーガ的な象意に転換してしまう。


従って、これは彼女が背後から他人の力を利用して、政界に力を行使できるという、そういう普通でない躍進をもたらすのである。


こうした普通でないやり方は、ヴィーパリータラージャヨーガやニーチャバンガラージャヨーガ、パラシャラの例外則などの二重否定に寄らなければもたらされない。


従って、小池百合子の「希望の党」旗揚げに見られるような政治的躍進は、ヴィーパリータラージャヨーガの発現として理解しなければならないのである。


私のラグナ修正では、小池百合子がマハダシャー木星期に移行するのは、2017年9月4日になっているが、彼女が自身の政治塾の発展形である「希望の党」を旗揚げしたのが、2017年9月25日である。


従って、ちょうどタイミング的に一致しており、やはり、この政治スタイルこそが、彼女の木星期の形なのである。


この形を通じて、まさに彼女がこれから国民に理想を広めていくということなのである。


つまり、政治家であるが、自分の政治信条、理想の国の形などを国民に教育していくという意味での一つの教育者として彼女は活動していくのである。

それが、彼女のマハダシャー木星期なのである。



そして、彼女は上記の理由によって牡牛座ラグナでなければならないのであるが、彼女のセレブ的な印象、芦屋のお嬢様としての雰囲気から、ナクシャトラはクリティッカーの第2~第4パダのいずれかでなければならない。


太陽が支配星となるナクシャトラは、どこか一般庶民とはかけ離れた高貴なイメージや貴族的なパーソナリティーをもたらすのである。


そして、そこから考えると、ナヴァムシャのラグナは、ナヴァムシャのラグナは、水瓶座、魚座、牡羊座のいずれかである。


因みに小池百合子は、エジプト留学時代の21歳の時(1973年)に現地で知り合った日本人男性と結婚していたという。この時のダシャーが金星/水星期である。


この金星/水星期に結婚していると考えられるのは、ナヴァムシャのラグナが水瓶座の場合で、水星がラグナに在住し、金星が7室に在住する場合である。


そうすると、ダシャムシャのラグナが連動して水瓶座になり、火星がダシャムシャ(D10)のラグナに在住していることから、ラーフ/火星期に東京都知事選に立候補して、当選したことが説明できる。


ダシャムシャのラグナに在住する惑星の時期は昇進の時期だからである。


特に火星は月からも10室に在住しており、ディスポジターの土星は高揚しているのである。


火星は司令官を意味することから、彼女は独裁者として台頭して来たのである。


そして、今回、マハダシャー木星期に移行したが、木星はダシャムシャのラグナから10室に在住しており、5室支配の水星とコンジャンクトし、ディスポジターはラグナに在住する火星である。


従って、悪くはない配置であり、彼女が、今回、旗揚げした「希望の党」の政治運動が、成功すると考えることができる。



出生図で、牡牛座ラグナであると考えると、現在、2017年9月12日から木星が天秤座に入室し、土星が2017年10月26日から射手座に入室するが、既に2が月前を切っており、彼女は今、10室にダブルトランジットが成立している状況である。


従って、彼女は今、日本の政界の大舞台で、全国民に向けて「希望の党」の旗揚げを発表したのである。



しかし、彼女は注目を浴びる一方で、10月26日から土星が射手座8室に入室していくのである。


今年の2017年1月~7月後半まで、土星が射手座に入室したが、逆行して蠍座に再び、戻っており、現在、土星は蠍座の最後の度数付近を通過中である。


この土星が射手座を通過していた間、彼女は、築地市場の移転問題などで、安全性の問題から移転を保留にしていることについて、築地推進論者から批判を浴びて、あたかも彼女が政治的決断が出来ない人物であるかのようにバッシングされた。


これは8室に土星が入室したためである。



土星が10月26日から射手座に入室すると、彼女は、再び、バッシングされることになるだろう。


それは今既にその兆候が出ているが、安倍内閣の臨時閣議で、衆議院の解散総選挙を10月10日公示、22日投票と閣議で決定される見込みのようである。


現在、解体していく民進党や他の候補者の中から、かなりの人数が「希望の党」からの出馬を希望しているのであるが、中には小池百合子の保守的な政治信条とは、一致しない民進党左派、リベラル左派の人々までが、希望を出している。


小池百合子の「希望の党」がリベラル左派から保守まで幅広く受け入れた寄せ集め集団になってしまうか、それとも厳格に候補者を絞り込むか、その候補者選びで難航しそうである。


小池百合子は、リベラル派は排除すると明言したようだが、それでも候補者選びは難航するはずである。


「リベラル派は排除する」 希望・小池百合子代表が明言
2017.9.29 15:24 産経ニュース

新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は29日の記者会見で、希望の党からの出馬を望む民進党の立候補予定者の絞り込みについて、「リベラル派を『大量虐殺』するのか」と問われ、「(リベラル派が)排除されないということはない。排除する」と言い切った。その上で、小池氏は「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限」と重ねて強調した。


小池百合子自身は、木星が牡羊座に在住しており、月も同室している。


牡羊座は蟹座(保守)から見た10室であり、木星期において彼女は保守的な政治スタンスを取ると考えられる。


牡羊座は独裁者の配置であり、民主主義の中で、大衆からの支持を背景に台頭する独裁者の星座である。


KoikeYuriko_photo

然し、彼女は元々牡牛座ラグナであり、牡牛座ラグナから見ると10室は水瓶座(共産主義)であるため、元々、牡牛座ラグナの方は、その行動パターン自体が、リベラルである。



そして、牡牛座特有の優美さや上品さを持ちあわせている。


従って、牡羊座が強いと言っても、軍人のような人間ではない。



そこがリベラル派からも一定の支持が得られる理由ではないかと思われる。


彼女は以前から核兵器保有論者であるが、原発のゼロを主張するように一部リベラルな発想ももっている。


小池百合子氏の「代替案なき原発ゼロ」に電力業界が懸念
2017年9月29日 9時53分 産経新聞

 原発ゼロを政策に掲げる希望の党が安倍晋三政権に挑む構図が鮮明になり、エネルギー政策が衆院選の争点になる可能性が出てきた。

 地球環境に配慮しつつ、電力を安定的かつ安価に供給できる電源は原発以外に見当たらない。ただ、電力業界では最大の消費地である東京都の知事が脱原発を打ち出したことを憂える声も上がっている。

 「道筋や代替手段を示さず、原発ゼロだけ公約に掲げるのはフェアじゃない」

 電力大手幹部はこう指摘する。希望の小池百合子代表(東京都知事)は二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロエミッション社会を目指し、「2030(平成42)年の原発ゼロ」に向けた工程表を作ると表明したが、実現は不透明だ。

 原発は太陽光などの再生可能エネルギーと異なり、天候や昼夜を問わず稼働できるうえ、発電コストも他電源に比べて安く済む。東京電力福島第1原発事故後の原発停止で全国の電気料金は高止まりしており、産業界からは再稼働を求める声がやまない。

 原発以外で地球温暖化対策と経済成長を両立するのは、現状の技術水準では難しい。「2030年代に原発稼働ゼロ」を掲げた民主党政権も、実現に向けた明確な道筋を描けずに終わった。

 しかし、鹿児島県や新潟県で原発に慎重な知事が誕生するなど有権者の動向は読めない。今回、原発の恩恵を受けてきた電力大消費地の知事が脱原発を訴えることで、「首都圏の電力需要を支えてきた立地自治体との関係が崩れるのでは」(電力業界関係者)と選挙後の影響にも懸念が生じている。(田辺裕晶)



従って、彼女は、保守でもあり、リベラルでもあるのである。


小池百合子は、築地移転問題で、食の安全性についてこだわりを示したが、牡牛座は生活の質を求める星座である。


従って、放射能汚染についても敏感であり、問題意識を強く持っている。


従って、そうした国民の生活の質の向上という論点においては、彼女は非常にリベラルな主張をすることになるのである。


そうした生活の質にこだわる姿勢が、一般の家庭の主婦からの支持を得るのである。


一つ問題があるのは、彼女の木星は月から見ると、9、12室支配の機能的吉星であるが、ラグナから見ると、8、11室支配の機能的凶星であることである。


8、11室支配の木星が12室に在住することで、8-12のヴィーパリータラージャヨーガが形成されており、10月の解散総選挙ではその結果が確認できると思われるが、木星は8、11室支配の機能的凶星でもあり、その凶意というものは、確かに残るのである。


8、11室支配の木星は、おそらく彼女が擁立する人々との利害関係など、非常に権謀術数的な駆け引きなどであると考えられる。


彼女自身が、相手を利用しようとするし、また彼女を利用しようとする人たちも集まってくる。


彼女は「希望の党」を設立したが、そこに集まってくる人々は、皆、何らかの下心や欲望があって集まってくる。


次回の選挙で生き残りたいとか、様々な思惑があるのである。


そして、必ずしも小池百合子の政治信条とは一致していない場合も多い。


そういう人間の欲望の渦の中で、自らも相手を利用することを計算しながら、貪り、貪られるという政治の世界ではよくある状況だとは思えるが、そうした状況が彼女の木星の機能的凶意である。


衆議院の解散総選挙がまもなく行われるが、選挙の結果がどうなるか非常に楽しみである。


それに関して、安倍首相のチャートなども吟味しなければならない。




私自身は、最近、保守とリベラルの政治思想の違いについて深く考えている。


民進党が解体したように現在、リベラルが消滅しつつある。


私自身の信条としても、今までは私自身は、理想主義者であり、リベラル社会主義者であった。


そうしたリベラルな理想が、私の中から消えつつあるという、そうした個人的な変化というものを最近、経験している。


リベラルの理想というものは、価値があるとは思えるが、今、そうした理想に投資する気分ではなくなったという状況である。


このことについて占星術的にも考察したいと考えているが、それはまた別の機会としたい。

















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ヨガフェスタ 2017 結果報告

2017/9/16~9/18の日程で、今年もヨガフェスタに参加して来ました。


今年は事前に予約を入れて来てくれた方が大勢いた為、60分や90分、じっくりと鑑定を行なうような場面が多くなりました。


皆さん30分以上の鑑定を受けられる方が多くなり、10分で受けるという方は少なくなりました。


ジョーティッシュというものをどこかで聞いてきて、じっくりと受ける価値があることを知っている方が多くなっています。


yogafesta2017_photo1

また今年で4回目になるため、2年前に鑑定を受けた時に言われたことが当たっていたので、再度、鑑定を受けに来てくれた方がいました。


2年前に言われたことが、今、経験していることであることを改めて納得したと感想を頂きました。


また毎年、来てくれる方が今年も来てくれたりと、最近、リピーターの方が非常に多くなっています。これは大変うれしいことです。


やはり、同じ方に何度も来て頂いて、その方の人生の変化や移り変わりを共に見て検証していくというのが、非常に楽しい訳です。


yogafesta2017_photo2

そして、鑑定する側も最初に鑑定した時には分からなかったことが、2回目に鑑定した時に気づいたり、分かったりする場合があります。


そういう意味で、繰り返し鑑定に来て頂くと、鑑定をする側も受ける側も理解が深まって、チャートに刻まれた運命の印について深く味わうことになります。


結局、ジョーティッシュを深く理解するには、こうした質の高い実践経験が必要なのであり、鑑定を通じて、自分に関係する真の経験値が蓄積されていきます。


という訳で、リピーターの方は大変ありがたい存在です。


今年、初めて来られた方もまた来年、来て頂けるとまた理解が深まります。


何度も来て欲しいため、鑑定が終わった時に、「また来て下さい」というのが、私の口ぐせになりました。


yogafesta2017_photo3

これは営業という面もありますが、その方のその後の経過を私自身も見たいからです。


私が予想した通りに良い未来が開けて来ているか、是非とも見たい訳です。


あるいは、困難を予想した方でもその後、困難から抜けて、また状況が良くなっていく様子などを見たい訳です。


沢山の方の人生を見守り、要所要所で鑑定をして、検証を継続していく良い関係をクライアントとの間に築けることが鑑定師の財産なのです。


そうした関係から質の高い鑑定経験や知識が得られます。


また鑑定の成功事例などもそこから生まれてきます。


鑑定師の財産とは、鑑定経験であり、その中から生まれてくる成功事例です。


成功事例とは、良い予測を行い、クライアントに人生観の肯定的な変化や、安らぎ、無執着などを提供できた場合です。


yogafesta2017_photo4

関係が一回きりで終わってしまっては、鑑定師としても何も分からずじまいであり、またクライアントに改めて惑星配置の解釈を更に深化させて説明する機会も失う訳です。


私自身、そうしたクライアントの間に良い関係を築くことによって鑑定のスキルを上げてきました。


最初の頃は、自分の身の回りの友人知人、職場の同僚、家族、兄弟など、接触できるあらゆる人の鑑定を行ない、継続して、その後の経過を見守ってきた訳です。


そうしたことが全て鑑定師の財産です。



ジョーティッシュを経験し、人生に対する主観を劇的に変化させ、人生に対する達観した姿勢や安らぎの境地を得て下さい。


今年、沢山のリピーターの方に来て頂きましたが、また来年会えることを楽しみにしています。





















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術上級セミナー(大阪11月3-5日開催)のお知らせ 【2017/9/23更新】

2017年11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)で、大阪にて、ジョーティッシュの3日間集中コースを行ないます。

これまでジョーティッシュの学習と実践をしてきた方を対象により予測の具体的なスキルを学ぶセミナーです。

パラシャラ方式に関しては、K.N.ラオが20世紀で最も注目すべき占星術師と評価した*******の分割図やダシャー解釈のメソッドを学び、分割図やダシャーの読解に応用します。

またジャイミニのチャラダシャーを復習した上で、マンドゥークダシャー、ナヴァムシャダシャー、パダナダムサダシャー、スティラダシャー、ニラヤナシューラダシャーの計算方法、解釈方法などについて学びます。

またこれらを使って、コンポジットアプローチによって、有名人のイベントについて読解するトレーニングを行います。

ワークショップ型式で、まずはご自分のチャートで実践し、理解出来た後で、有名人の事例などについて試します。

ジャイミニを全く初めて習うという方でも、最初に基本的なチャラダシャーの計算方法と解釈方法について解説し、その後で、ワークショップ形式で全て、実際にやりながら覚えていくセミナーです。


コース名

ジョーティッシュ大阪セミナー(2017年)


講座内容


【11/3(金・祝)の内容】
・パラシャラシステムの総復習
・予測のために分割図及びダシャー/アンタルダシャーをどのように使用するか
・*******の分割図、ダシャー読解の技法の学習
・ナヴァムシャ(D9)、サプタムシャ(D7)、ダシャムシャ(D10)、ドヴァダシャムシャ(D12)の使い方
・結婚、出産、事故、病気、旅行など人生の主要イベントのタイミング


【11/4(土)の内容】
・予測のために分割図及びダシャー/アンタルダシャーをどのように使用するか
・*******の分割図、ダシャー読解の技法の学習
・ナヴァムシャ(D9)、サプタムシャ(D7)、ダシャムシャ(D10)、ドヴァダシャムシャ(D12)の使い方
・結婚、出産、事故、病気、旅行など人生の主要イベントのタイミング
・ジャイミニシステムとチャラダシャーについて


【11/5(日)の内容】
・ジャイミニのチャラダシャー以外のダシャー(マンドゥークダシャー、ナヴァムシャダシャー、パダナダムサダシャー、スティラダシャー、ニラヤナシューラダシャー)の計算方法、解釈方法(続き)
・パラシャラとジャイミニを使用したコンポジットアプローチ実習


※およそ上記を予定していますが、予定通りに進まない場合も御座います。予めご了承下さい。
※要望により若干、日程の配分を変更しました。(2017/9/23 更新)



日時

2017年11月3日(金) 10:00~17:00
2017年11月4日(土)10:00~17:00 (※11/4(土)の終了後、懇親会(4,000円前後)を予定)
2017年11月5日(日)10:00~17:00

(途中、昼休憩60分が入ります)




会場

※会場が日によって変わりますのでご注意下さい。

(1日目)11月3日(金・祝日)大阪市立総合生涯学習センター 第8研修室 (定員27名)

(2日目)11月4日 (土) 大阪市立青少年センター (KOKO PLAZA) 講義室 405 (定員24名)

(3日目)11月5日(日)大阪市立青少年センター (KOKO PLAZA) 別館3F 多目的室 (定員24名)




ShogaiGakushuCenter_room8
大阪市立総合生涯学習センター第8研修室


SeishonenCenter_room405_2
大阪市青少年センター(KOKO PLAZA) 講義室405


SeishonenCenter_tamokuteki_room
大阪市青少年センター(KOKO PLAZA) 多目的室






定員

22名 (※会場の定員の関係で、参加者は先着順で22名様まで受け付けます)




参加費

12,000円/6時間 × 3日間
=36,000円(3日間)

【早期申込み特典】
3日間通しでの参加で、9月30日迄に申込みされる方は参加費を10%割引します。


3日通しでの参加でない場合は1日12,000円で好きな日を参加可能です。



※銀行口座への事前振り込みでお願いします。
申込みされた方には別途、振込先をご案内いたします。

paypalでお支払の場合、手数料として別途3%を頂きます。



参加資格


・基本的なことを学習しており、全く初めて学習する訳ではない。

※もし全く初めてで参加されたい方は、インド占星術マスターコース【パラシャラシステム】【簡易版】(※ストリーミング配信教材)で事前に学習をお願いします。 

・ポジション、アスペクト、コンジャンクション、ラージャヨーガ、ダナヨーガ、アリシュタヨーガ、トランジット、ダブルトランジット、トリコーナ、ケンドラ、ウパチャヤ、トリシャダ、ドゥシュタナなどの用語の意味が分かる

・分割図、ヴィムショッタリダシャーが何であるか分かっている

一度、学習したことがあれば問題ありません。

※インド占星術入門講座メルマガに登録されている方で、こうした用語について一通り、理解できていれば問題ありません。





予約について

①お名前(ローマ字+ひらがな)
②出生年月日と出生時間(母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
③出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)
④参加希望日(3日間通し・それ以外(参加希望日明記))
⑤懇親会(11/4)参加の有無

上記のデータを添えて、address_hkまでお申込み下さい。

件名は「ジョーティッシュ大阪セミナー参加希望」でお願いします。



















スポンサーリンク


スポンサーリンク

山尾 志桜里の不倫スキャンダルについてーリベラル派の論客の喪失―

最近、不倫騒動で、ワイドショーを賑わしていた山尾 志桜里のチャートである。


出生時間が分からないが、過去の経歴から推測すると、おそらく牡羊座ラグナではないかと思われる。


YamaoShiori_chart

まず、山尾 志桜里は、聖徳学園小学校4年生在学中の1983年に英語学校のアマチュアミュージカル『アニー』で主役を務め、その後オーディションに合格し、ミュージカル『アニー』で初代アニー役を演じたという。


YamaoShiori_anny

この「初代」のアニー役を勝ち取ったということが、いかにも牡羊座らしいエピソードなのである。


この演劇の舞台で、主役としてパフォーマンスをするという芸能人に近い活動内容から、3室が強いことが推測される。


牡羊座ラグナで、3室に金星、水星、土星が在住している可能性が考えられるのである。


そして、その後、このミュージカル『アニー』初代主役という肩書を生かして、「アニーの100日受験物語」という本をゴマブックスから出版している。


YamaoShiori_book2


表紙に山尾 志桜里(当時:菅野志桜里)の写真が載っているビジュアルを重視した軽い本である。


これは重厚な物語や創作活動をもたらす5室というよりもむしろメディアに軽い感じで露出したことを意味しており、これは3室の象意である。


3室が強いため、ミュージカル『アニー』で初代主役を演じたという準芸能人的な立場を生かして、軽く消費されるような大衆本を出版したということである。



因みに今回、ラグナを牡羊座バラニー第1パダに設定したが、彼女がミュージカルアニーで主役を務めた1983年頃は、ダシャーが火星/金星期である。


マハダシャーロードの火星はラグナロードで5室(3室から見た3室:3室の本質のハウス)に在住し、アンタルダシャーロードの金星は2、7室支配で3室に在住し、3室支配の水星と接合している。


3室は芸能、パフォーマンスのハウスである。


従って、まさにこの時期に彼女はミュージカルで主役を演じて芸能人のように振る舞ったのである。


このように彼女は子役として、芸能界に入りかけたが、家の教育方針で、その後は、学業の道を進むことになったようである。


1978年(4歳)~1985年(11歳)まで、マハダシャー火星期であるが、ちょうど小学校の在学期間に一致している。


この火星期に聖徳学園小学校という中学受験で有名な小学校に通っていたということである。


YamaoShiori_chart

もし牡羊座ラグナであれば、ラグナロードの火星が5室に在住し、9室支配の木星が11室に在住して、5-11室の軸で、5-9のダナヨーガを形成している。


火星のディスポジターである太陽は、4室に在住して、4-5のラージャヨーガを形成している。


こうした配置からマハダシャー火星期に非常に良い教育を受け、学業において成功したことが推測されるのである。



従って、火星/金星期にミュージカル『アニー』で主役を演じたが、芸能界へは進まなかったということである。



そして、高校在学中に法律家を志望し、1999年(ラーフ/金星)に東大を卒業した後に2002年(ラーフ/火星)に司法試験に合格している。


このラーフは8室で減衰しているが、8室で減衰しているため、パラシャラの例外則が働き、ラージャヨーガ的に機能する配置である。


またディスポジターの火星が、ラーフにアスペクトしているため、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


またラーフが高揚する星座の支配星(金星)が月から見てケンドラ(10室)に在住しているため、更にニーチャバンガラージャヨーガの条件を満たしている。



基本的にラーフ期は、ディスポジターの火星が結果を表わすため、この5室に在住して、9室支配の木星からアスペクトされている強い火星は、東京大学の合格や司法試験の合格をもたらしたと言える。


5室には9室支配の強い木星がアスペクトし、木星は法律の表示体である。


また土星も5室にアスペクトしているが、法律とは、人間の理想(木星)を条文や過去の判例などによって高度に組織化(土星)したものであるため、木星と土星のコンビネーションは、法律のコンビネーションである。



10室支配の土星に木星がアスペクトしているため、法律の実務家(検察官)になったのである。



因みに10室支配の土星が3室(文筆)に在住し、そこに9室支配の木星がアスペクトしているため、彼女の検察官としての主な仕事は、資料を読んで、起訴に相当するかどうか判断するといった仕事ではないかと思われ、書類のチェックと、書類の作成が主な仕事ではなかったかと思われる。


実際、検察官の仕事を調べてみると、犯罪現場に直接出向くことはあまりなく、ほとんどが資料を読んで検討したり、取り調べや検察庁内での事務仕事になるようである。




山尾 志桜里は、2004年に検察官任官し、東京地方検察庁、千葉地方検察庁、名古屋地方検察庁岡崎支部に勤務し、2007年に退官したとwikipediaに記されている。


この検察官任官した2004年は、ちょうどマハダシャー木星期に移行した木星/木星期である。



人生の大きな転機であったことが分かる。



出生図では、木星は9室支配で11室に在住し、10室支配の土星にアスペクトしている。


従って、マハダシャー木星期に法律の仕事に就いたことがよく分かる。



木星は月から見た10室と10室の支配星にもアスペクトしている。



通常、10室に絡む木星というのは、法律家の典型的な配置である。


法律家は、コンサルタントであり、アドバイザーであり、相談役であり、広く社会で教える役割を担っている。



因みに今回、ラグナを牡羊座バラニーの第1パダに設定したが、そうすると、ナヴァムシャのラグナは獅子座となる。


バラニーの取り得るラグナの範囲は、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座であるが、このうち、獅子座ラグナだけが、木星が10室に絡むことになる。


ナヴァムシャのラグナが獅子座ラグナであれば、5室支配の木星が10室に在住し、法律の仕事を表わしている。



因みに4、9室支配のヨーガカラカの火星も10室に在住しているが、ヨーガカラカがもう一つのトリコーナの支配星(5室支配の木星)と絡む場合、最高のラージャヨーガを形成する。


この木星と火星のラージャヨーガが10室で形成されている為に彼女はマハダシャー火星期に学業で成功し、高校進学中に法律家を志望するようになったと考えられる。




・結婚


このマハダシャー木星期への移行は、彼女の法律家としてのキャリアの始まりを示しているが、この木星期は彼女に同時に結婚ももたらしたようである。


2004年に山尾 志桜里は、東大在学中に知り合った現在の夫と結婚している。



出生図にて、9室支配の木星は7室と7室の支配星にアスペクトし、また月から見た7室の支配星でもある。


またナヴァムシャで、木星は月から見た7室の支配星で、ラグナからケンドラに在住している。



YamaoShiori_D9_chart


この木星は月から見て7室支配で6室に在住していることから、夫は山尾 志桜里よりも立場が弱く、また世話がかかったり、消耗させられることを表しており、対等でない関係性を表している。



またナヴァムシャでは、月から見て、木星は7室支配で12室(遠距離恋愛、別離)に在住しており、あまり会う機会が少ないことを表している。



従って、木星/木星期に結婚したという情報からは、山尾 志桜里の結婚には若干の問題があることが示唆されている。


実際、山尾 志桜里の夫は、システム開発会社を経営しているが、エンジニアの人材不足で、経営が上手く行っておらず、受注したシステムを納品できないため、クライアントから訴訟を起こされることもあったという。


そして、『女性自身』の記事によれば、昨年2016年の末頃から離婚についての話し合いがもたれるようになっていたという。


「Aさんは離婚を望まなかったそうですが、山尾議員は夫が政治活動の足を引っ張る存在となりつつあったのだから見限るしかなかったのでしょう」(前出・A氏の知人)


上記のように記されており、明らかに山尾 志桜里の方が、社会的に格上であり、夫の方が、頼りなげな印象である。


こうした関係性が、月から見て7室支配の木星が6室に在住していることに現れている。


山尾議員 夫と離婚協議中だった!不倫相手は担当弁護士の衝撃
2017/9/12(火) 0:00配信 女性自身

9歳年下のイケメン弁護士・倉持麟太郎氏(34)との不倫密会が伝えられたことで、民進党を離党した山尾志桜里議員(43)。離党表明の記者会見では記者の質問に一切応じず、一方的に『男女の関係はない』と主張したのがさらに批判を浴びる結果に。

「記者からの質問に応じれば、倉持さんとの“ただならぬ関係”についての追及をかわす自信がなかったのでは。じつは山尾さんとAさん夫婦は離婚を協議していて、倉持さんはまさに志桜里さんが離婚を相談していた弁護士なんです」(夫・A氏の知人)

昨年4月、本誌は山尾議員に密着取材している。

「へとへとになる毎日を癒してくれるのは、息子とのハグと、主人との芋焼酎ロック晩酌です」

山尾議員はライブドアの元役員で、システム開発会社を経営するA氏への愛をこう語っていた。だが、すでに夫婦関係は危機的状態にあった。原因は夫のビジネスにあったという。

「システムエンジニアは慢性的な人材不足です。A氏の会社も例外ではなく、自分の人脈とアイデアで仕事を取ってきても開発するスタッフがいなかったそうです。そのうち『手付金を払って仕事を発注したのにシステムの納品がない。もともと開発するつもりがないのに、Aは金だけ集めたのではないか』と憤るクライアントも出てきました」(IT業界関係者)

訴訟にまで発展したケースもあった。昨年5月の『週刊文春』でも2千万円がからむA氏の会社の取引が、違法な可能性があると報じられた。

「Aさんの金銭トラブルが志桜里さんの議員会館事務所に持ち込まれることもあったようです。彼女も最初は夫をかばっていましたが、なかには志桜里さんが全く知らされていない事業もあったりして徐々に不信感を募らせていったんじゃないでしょうか。『夫が何の仕事をしているのか判らない』と大学時代の友人に漏らしたこともありました」(前出・A氏の知人)

昨年末ごろから離婚についての話し合いがもたれるようになったという。

「Aさんは離婚を望まなかったそうですが、山尾議員は夫が政治活動の足を引っ張る存在となりつつあったのだから見限るしかなかったのでしょう」(前出・A氏の知人)

夫婦双方、弁護士に相談しながら、離婚へ向けて話し合いを重ねていたというのは民進党関係者だ。

「まさか山尾議員と離婚の相談相手との不倫が報じられるとは……。A氏は今回、文春の取材によってはじめて妻の不倫を知ったそうです。最初に“相手は弁護士”と聞いたとき、夫婦と同じ大学出身で仲の良い別の弁護士を疑ったくらい。それが、妻が離婚を相談していた弁護士ですからね。離婚の話し合いはかなり着地点が見えていたようですが、今回の報道で振り出しに。山尾議員にはかなり厳しい条件が突きつけられそうです」

事実関係を確認しようと山尾議員の事務所に連絡したが、期日までに返答はなかった。夫への“不信”があったとしても……あまりにも軽率な行動だった。


山尾 志桜里は、ラーフ/ケートゥ軸が2-8の軸にあり、特にラーフが8室で減衰しているため、夫から愛情面や、経済的な面で、援助して欲しいと思っても、それが満たされないのである。


パートナーからの支援を強く求め、パートナーとの結婚生活による庇護を渇望しているにも関わらず、それが得られない配置が、この2-8軸に在住するラーフ/ケートゥである。


従って、そうした渇望が、夫以外の人間に向けられた時、それにのめり込んでいくのがこの配置である。



山尾 志桜里の不倫密会が、週刊誌にスクープされた現在、ダシャーは、木星/ラーフ期である。


ラーフは8室に在住しており、そのラーフに現在、土星がトランジットしている。



ラーフは8室に在住して8室の支配星のように振る舞っているが、8室はスキャンダルの配置であり、また8室は三角関係のハウスである。


また上述したように8室のラーフは夫に頼りたくても夫が頼りにならずに惨めさを味わう配置である。


山尾 志桜里が『夫が何の仕事をしているのか判らない』と大学時代の友人に漏らしたこともあったように夫が全く頼りにならず、離婚の話し合いを初めるものの既に子供がいるため、離婚をキッパリとすることも難しく腐れ縁が継続していく状況であり、まさにパートナー関係が変化して、苦悩に満ちて、複雑化した状態は、8室の象意である。


そして、そうした中で、他の頼りになりそうな男性との密会に走っていくという三角関係(8室)の状態である。



ラーフは乙女座の月から見ると3室(メディア)に在住しているが、ラーフのディスポジターは3、8室支配の火星であり、その火星がラーフにアスペクトして、3室を傷つけ、3-8の絡みを生み出している。


これは、ラーフ期にメディアの執拗なストーカー的な取材攻勢を受けることを表している。


文春砲などと言われたりするが、張り込みをしたカメラマンに密会の様子を隠し撮りされたのである。



つまり、8室のラーフは、不倫、スキャンダル、政治的失脚をもたらしたのであり、これらは皆、8室の象意である。



このアンタルダシャーロードのラーフを土星がトランジットして傷つけていた為に特にこの8室の象意が強調されて噴出したのである。



マハダシャーの木星から見ると、ラーフは10室に在住しており、公に暴露され、大衆の目に晒されてしまうことを表している。


また土星は8室から10室にアスペクトし、木星は9/12から天秤座に入室したが、それまでは乙女座をトランジットして、10室にアスペクトしていた。


つまり、10室にダブルトランジットが生じている。



従って、山尾 志桜里は、不倫スキャンダルで、メディアによって連日報道され、全国的に有名になってしまったのである。



ナヴァムシャでは、アンタルダシャーのラーフは、7室に在住して、パートナーの渇望を表している。



またナヴァムシャにおいても木星から見て、ラーフは10室に在住しており、10室のラーフは、基本的に凶星であり、10室の土星と同じように広く世間に悪名を轟かすといった意味合いが出て来ると考えられる。


そして、これからマハダシャー土星期に入っていくことを考えると、今回、民進党を離党して、彼女にとっては、今回のスキャンダルと、民進党からの離党は、今後のキャリアにおける大きな転換点であったことを物語っている。


そして、土星の配置を見ると、今後のキャリア的展望は、あまり楽観的ではない。



何故なら、もしナヴァムシャのラグナが獅子座で正しければ、土星は6,7室支配で8室に在住しており、2、11室支配で8室で減衰する水星とコンジャンクションしている。


この土星は、水星との間にラージャヨーガもダナヨーガも何も形成していない。



出生図においてもまたそうである。



土星は、10、11室支配で3室に在住しているが、2、11室支配の金星との間で、辛うじて、2-11のダナヨーガを形成しているが、3、6室支配の水星とは、ラージャヨーガもダナヨーガも形成しない。


9室支配の木星から一方的にアスペクトされて保護されているとはいえ、厳しい配置である。



そして、もしナヴァムシャのラグナが獅子座で正しければ、ダシャムシャ(D10)のラグナもおそらく正しいと考えられる。


例えば、マハダシャーの木星期は、検察官として、政治家として、彼女のキャリアが最も充実した時期であった。


木星はダシャムシャのラグナに在住しており、この期間にキャリア上の躍進を遂げることは理解できる。



しかし、木星がラグナに在住している場合、土星は3室に在住しており、3室はドゥシュタナハウスである。


3室に在住しているということは、キャリア上の立場が安定しないことを表しており、今後は、彼女は出世することが難しくなるのである。



現に民進党を離脱して、現在、彼女は、根無し草の状態であり、非常に不安定な状態であり、政治活動の継続を断念するのではないかとまでささやかれている。



マハダシャー土星期になった後は、山尾 志桜里の政治的キャリアは、厳しいと言わざるを得ない。




・子供の誕生


山尾 志桜里は、2011年1月15日の木星/ケートゥ期に男児が誕生している。


YamaoShiori_D7_chart2

サプタムシャ(D7)を見ると、マハダシャーロードの木星は9室支配でラグナに在住しており、ケートゥは10室に在住し、ディスポジターの火星は5室の支配星である。


従って、マハダシャー、アンタルダシャー共にサプタムシャのラグナ、5室、9室のいずれかに絡んでおり、子供の誕生のタイミングを表している。





・「保育園落ちた日本死ね」


山尾 志桜里は、ブログの記事「保育園落ちた日本死ね」を取り上げて、安倍首相を追求したことで有名になったが、このブログという軽いメディアを引用して、国民に分かり易い政治旋風を起こしたが、非常に安易な劇場型のパフォーマンスであったとも思えるのである。


分かり易いので国民に分かり易くアピールし、ある種、メディアの引用の仕方、メディアの使い方としては、優れているものがあったと思う。


これは典型的に3室に水星、金星、土星が惑星集中する人の活動スタイルであると思うのである。


3室のパフォーマンスというのは、それ程、難しい政治議論をする訳ではないのである。


大衆受けする分かり易いメッセージ、分かり易い身体パフォーマンスなど、ある種、芸能活動のような一面があるとも言えるのである。


保育園の不足についてのデータ分析を駆使した重厚な学術的な政治議論というよりも、ブログの記事を安易に取り上げて、総理大臣を追及するパフォーマンスとして上手くまとめ上げた印象である。



従って、これは安易にメディアに登場したり、メディアを利用する3室に惑星集中した人に特有の行動パターンなのである。


こうした特徴は、牡羊座ラグナであり、3室に惑星集中していると考えることによって、納得することが出来る。





・3室は不倫のハウス


山尾志桜里のチャートを見ると、ラグナロードの火星と9室支配の木星の5-11軸での相互アスペクトは、東大法学部卒、司法試験合格、検察官としてのキャリアなど学業や仕事の上での有能さをもたらしている。


然し、そうした格調高い配置に比較して、3室への惑星集中は、彼女にとって弱点として働いたようである。


山尾志桜里のことをテリー伊藤が「肉体におぼれた」と鋭く論評したように3室は、食欲、性欲、睡眠欲などの肉体の低次の欲求のハウスであり、ここに惑星が集中している人、特に金星、その他の吉星が在住している人は、快楽に安易に流されることを意味している。

3室は8室から見た8室目のハウスであり、8室の本質のハウスである。8室は中毒症状のハウスであり、依存のハウスである。


従って、3室にも同じような象意があり、快楽に溺れて依存してしまうということである。


山尾志桜里議員のダブル不倫疑惑、テリー伊藤氏「若い男の肉体におぼれちゃったから…」
2017年9月7日8時55分 スポーツ報知

7日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)でこの日発売の「週刊文春」で報じられた民進党の山尾志桜里元政調会長(43)と34歳の弁護士とのダブル不倫疑惑について特集した。

 番組では「週刊文春」の記者が山尾氏を直撃した「週刊文春デジタル」の映像を放送した。山尾氏は記者からの不倫相手と報じられた34歳の妻子ある弁護士について「どのような関係ですか」と問われ「事務所の方に全部、取材対応はお願いしてますけれども」と歩きながら答えた。続けて「不倫されてませんか」というストレートな問いには「はぁ」と苦笑いを浮かべながらため息をついていた。

 コメンテーターのテリー伊藤氏(67)は今回の疑惑について「世間ではありますよ。年上の女性が若い男の肉体におぼれるっていうのは。理性でおさえられない彼女のそういう部分はあるんだよね。肉体におぼれちゃったから、普通に考えればしないことをしてしまった」と見解を示した。さらに政治家は、いいことをしてもすぐ忘れられるとした一方で「不倫のことは10年も20年も覚えられる。これからもずっと言われていくわけ。政治家として大変な岐路に立った。すごく期待していたし、政治家としては優秀。でもこういうことで政治家としての生命が終わっちゃうのは残念な気がします」とコメントしていた。


山尾志桜里議員の車中の顔は「舌なめずりという言葉がぴったり」と岩井志麻子
2017年9月7日18時49分 スポーツ報知

 7日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)で、コメンテーターで作家の岩井志麻子(52)がダブル不倫疑惑の山尾志桜里議員(43)は車中で「“舌なめずり”という言葉がぴったりの顔をしてる」と私見を語った。

 山尾議員はこの日発売の「週刊文春」で妻子ある34歳の弁護士とのダブル不倫疑惑が報じられた。

 岩井は同誌に掲載された車中のツーショット写真について「『これからマツタケ狩りに行くぞ』という顔じゃなくて、すでに狩ったマツタケを『これから土瓶蒸しにするぞ~。スダチ絞るぞ~』という顔」と独特の表現で語った。

 新潮社出版部長・中瀬ゆかり氏(53)は「驚いたのは1週間の間に4回も会ってるわけですよ。もはや中学生恋愛のように盛り上がっていた。読んでいたら、最近いろいろあった不倫記事の中で一番エロかったですね」と指摘。「完全に恋しちゃってる。内定の夜に祝杯を挙げるのに家族じゃなくて彼を選んでるし、写真は完全に恋する目線というか…。弁護士もイケメンで9歳年下。そういう意味では『やるなぁ』という感じはあるんだけど」と話した。


3室に惑星集中している人、特に吉星が集中している人は3室の象意として、様々な習い事やスポーツなどに熱中する。


そうした人々が同時に不倫について非常に奔放な考えを持っている場合がある。



つまり、相手は誰でもいいから、スポーツやダンスに汗を流すのと同じ感覚で、不倫がしたいというのである。


極めて、安易な軽い感覚として求めているのである。


配偶者がいたとしても、関係ないようであり、またそうしたことをあまり悪いことだとも思っていないようである。


ファーストフードの店に入って、ハンバーガーを食べるかのような軽い感覚なのである。



以前、女子サッカー米国代表のGKが、オリンピックの選手村は世界で一番ふしだらな場所と証言したそうである。


五輪選手村 「世界でもっともふしだらな場所」との証言あり
2016.01.01 16:00 NEWSポストセブン

 アスリートはその類まれなる身体能力から、性生活でもかなり凄まじい能力を発揮するとの評もある。そして、スポーツの最高峰、五輪の選手村ではコンドームが無料配布される。ある冬季五輪の時は「コンドームの被り物をした人物がノリノリで配っていた」という証言もある。

 1988年のソウル大会から用意されるようになったとされ、2004年のアテネでは10万個、そして2012年のロンドン大会では15万個に膨れあがったが、たった5日間でなくなったという。

「選手村は世界で一番ふしだらな場所」と証言したのは、女子サッカー米国代表の美人GK、ホープ・ソロだ。2012年、米国のスポーツ雑誌『ESPNマガジン』で過去の五輪選手村におけるセックスについて語った。

〈すごくセックスが多い。生涯一度の五輪出場の思い出作りね。外でセックスをしている人たちも見たわ。芝生の上とか、建物の陰とか。ショックを受けたわ〉

〈お酒もみんなたくさん飲むの。ベロベロに酔って、外国の選手たちとセックスをする〉

 選手村にはプライベートを犠牲にして練習を積んできた10~20代の健康な若者ばかり。男性目線でみれば、世界各国、様々な体つきの健康な女性たちがひしめきあっているのだ。高身長の女性が好きならバレー選手、可愛らしい女性が好きなら体操選手。ブロンドがいいならロシア美女、小麦色の肌の健康的な女性がいいなら南米……などなど。

 しかもそうした彼女たちの性欲も凄まじいのだから、コンドームの大量消費も頷ける。五輪を見る目が少し変わりそうだ。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


3室は、芸能やスポーツのハウスであり、芸能人もスポーツ選手も3室が強調されている。


最近、テレビで、やたらと不倫の報道が多いのも、芸能界というのは、元々そういう業界なのである。


米ハリウッドでも、常に誰と誰がくっついたとか離れたとか、そうしたゴシップニュースが絶えず、流されている。


3室というのは相手は誰でもいいという感じであり、相手にこだわりはなさそうである。


将来的に結婚を視野に入れて真剣に交際したいといった感じではなく、ただ単に肉体の低次の欲求を満たしたいだけである。


食欲とか睡眠欲を満たすのと全く同じである。



山尾 志桜里の報道を見ていて、まず3室の金星というパターンが思い浮かび、それで牡羊座ラグナで、2、7室支配の金星が3室に在住するパターンではないかと思ったのが、始まりである。


小さい頃にミュージカル『アニー』を演じたとか、本を出版したといったエピソードも、3室の金星を裏付ける材料となった。



そして、司法試験への合格や、検察官、法律家としての堅実なキャリアなどが、全くアンバランスにそうした軽さとは別のものとして存在している。



山尾 志桜里の政治信条は、ミス民進党と言ってもいいくらいの真っ当なリベラル派の主張であるが、これは共産主義を表わす水瓶座に9室支配の木星が在住し、5室(マインド、判断力、思想)にアスペクトしている為である。


(政治的主張)


選択的夫婦別姓の主張

2030年代の原子力発電所稼働ゼロ(原発ゼロ)

憲法改正(特に9条改正)に反対

集団的自衛権の行使に反対

アベノミクスを評価しない

村山談話、河野談話を見直すべきでない

ヘイトスピーチの法規制に賛成

永住外国人への地方選挙権付与に賛成



アメリカにジョン・ロールズという政治哲学者がいるが、『正義論』という本を著し、リベラル派の平等という概念について理論的に展開している。


正義というのは、平等と等しい概念である。


以下、wikipedia ジョン・ロールズから引用する。



(略)ここで彼は社会契約説を範にとってこの正義の原理を導出していく。まず正義の根拠を、自由かつ合理的な人々が、彼が「原初状態」と名付けた状態におかれる際に合意するであろう諸原理に求めた。この原初状態とは、集団の中の構成員が彼の言う「無知のヴェール」に覆われた-すなわち自分と他者の能力や立場に関する知識は全く持っていない-状態である。このような状態で人は、他者に対する嫉妬や優越感を持つことなく合理的に選択するであろうと推測され、また誰しも同じ判断を下すことが期待される。そして人は、最悪の状態に陥ることを最大限回避しようとするはずであり、その結果次の二つの正義に関する原理が導き出されるとした。

第一原理

各人は基本的自由に対する平等の権利をもつべきである。その基本的自由は、他の人々の同様な自由と両立しうる限りにおいて、最大限広範囲にわたる自由でなければならない。
Each person has an equal claim to a fully adequate scheme of basic rights and liberties, which scheme is compatible with the same scheme for all; and in this scheme the equal political liberties, and only those liberties, are to be guaranteed their fair value.

第二原理

社会的・経済的不平等は次の二条件を満たすものでなければならない。
それらの不平等がもっとも不遇な立場にある人の利益を最大にすること。(格差原理)
公正な機会の均等という条件のもとで、すべての人に開かれている職務や地位に付随するものでしかないこと。(機会均等原理)


ジョン・ロールズの正義に関する思想は、「原初状態」や「無知のヴェール」といった概念を用いた思考実験から導出されており、地に足のついた生活の営みや伝統的な積み重ねから得られた知恵ではない。


極めて抽象的で、思弁的に得られた思想である。


しかし、このジョン・ロールズは、米国のリベラル派の論客の中のかなり重要人物である。


ロールズは、水星と太陽が、水瓶座に在住し、獅子座から木星と月がアスペクトしている。


つまり、チャンドララグナから見て、5室支配の木星に対して、水瓶座から水星と太陽がアスペクトして、思想や判断に水瓶座の影響が見られるのである。


ジョン・ロールズの『正義論』とは、水瓶座によってもたらされた思想であると言うことが出来る。



例えば、山尾 志桜里は、皇位継承者について定めた皇室典範のルールに対して、「歴史的経緯があるというのが、唯一の理由だ。歴史的にそうしてきたことと、これからもそうすべきだという価値判断は、まったく論理必然ではない。新しい工夫や知恵が必要だ」と女系天皇も支持している。


また山尾 志桜里は、選択的夫婦別姓に賛成している。



この2つの主張からも分かるように山尾 志桜里の思想は、土着的に生活の積み重ねの中で、生まれてきた伝統的な習俗や慣習よりも、理性の方に価値を置いているのである。


これがリベラリズムの特徴である。



山尾 志桜里が、民進党の中で、リベラル思想の最強の論客で、自民党からも恐れられるぐらいであったのは、牡羊座ラグナで、9室支配の木星が水瓶座に在住し、判断力、思想の5室にアスペクトする配置の為である。


この水瓶座の木星が、彼女のリベラル思想を支えているのである。



YamaoShiori_photo2


山尾 志桜里は、水瓶座の理念を体現する極めて優れたリベラル派の論客であったのである。



しかし、その優れた論客である山尾 志桜里は、不倫スキャンダルによって、政治生命が断たれようとしている。



リベラリズムが理性的な合理性に価値を置く思想であり、人間の本能や感情などに基づいて実際の生活の積み重ねによって生み出された伝統や習俗よりも理性の方を上位に置くにも関わらず、実際には、彼女自身は、無我夢中で脇目も振らずに本能(性欲)に従って生活していた。


その理性(主張)と現実の行動の乖離が、彼女の信用性や正統性を失わせたと言える。


彼女自身の振る舞いが、人間社会は全て理性によって合理的に正義や平等を追求しても、それは上手く行かないことを証明したのである。


これがリベラル派の問題点である。


実際にリベラル派は崇高な理想を掲げて、万人の幸福のために働こうと考えているが、実際には自分の家族や友人さえ満足に助けることも出来ず、しばしば愛情や友情を欠いており、他人に厳しく自分に優しい人間が多いのである。


リベラリズムの理念は、風の星座(水瓶座、双子座、天秤座)から出てきたのであるが、それらは考えや思想であり、思弁的で、行動や実践を伴なう重みがないのである。


リベラル派の問題点とは、それらの主張をする人々がその自ら主張する思想と同じかそれ以上に人間的に立派ではないということなのである。



彼女は政治的に失脚したというよりも、リベラル派としての主張と自身の行動の乖離に疑問符が付きつけられたのであり、そちらの方が重要である。



山尾 志桜里が政治的に失脚していくことを惜しむ声も大きいが、現在、彼女は、マハダシャー木星期の最後のアンタルダシャー(木星/ラーフ)であり、8室のスキャンダルの象意が噴き出してきたのであり、まもなくマハダシャー土星期に入っていくのである。



民進党からの離党は、その土星期への移行を示す兆候であり、ここで、政治生命が断たれていくのであれば、それは予め定められていた運命であると考えられる。



YamaoShiori_photo3
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ヤグニャへの参加と巡礼の旅

先日、友人から富士山麓で、大規模なヤグニャを行うイベントがあると話を聞いた。

サイババの信者の方々で、サイババが微細体(サトルボディー)で活動し、仲介者を通じて働いていることを信じている方々の小規模なグループが主催するイベントであった。

私も暫くサイババ関連にはご無沙汰だったので、こうしたグループがあることは知らなかった。

2010年の末にデリーのBVBでのインターナショナルクラスに参加した後、私は年末年始をバラナシで過ごし、ガンジス川で船頭に導かれながら、初日の出を見ていた。

その後、プッタパルティ―のサイババのアシュラムを訪れたが、その時、サイババはまだ健在であった。サイババの信者やサイババが建設した学校の生徒たちが、年始に演劇やアクロバティックなショーを献上するイベントがあり、そうしたイベントを見たりして数日過ごしていた。

この時、こうしたイベントを台座から見守るサイババの姿を遥か遠方から拝見したが、これは存命中のサイババを見た最後であった。

2011年4月24日にサイババが亡くなったからである。


サティア・サイババは存命中に仲介者を通じて働くことはないと語っていたそうである。

従って、サイババの帰依者は、微細体(サトルボディー)でサイババが働いているとする考えを受け入れることが出来ず、サイババが微細体で働いていると考えている人々や仲介者の方々は、プッタパルティ―から追放されたそうである。

現在は別の場所に拠点を構えて活動しているという。

因みに微細体(サトルボディー)というのは、神智学用語で言えば、エーテル体 もしくはアストラル体を指しているのではないかと考えられる。

この他、例えば、サイババは亡くなった後、8年後に生まれ変わるとこれまで言われて来たが、このグループの方々の話では、サイババは既に新しい体で誕生しており、現在、幼年期で過ごしており、まだ使命には目覚めていないそうだ。


こうした話に関して、私がどのように考えているかについてここでは突っ込んだ話はしないが、私はラグナロードで、アートマカラカの火星が魚座(宗教)で、ヴァルゴッタマであるため、宗教にはかなり縁が深く、こうした話は全て真実だと考えている。

こうした話を信じるに至った個人的な体験も持っている。


このグループのある方は、微細体(サトルボディー)で働いているサイババを感じることが出来るので、信じるようになったそうである。

サイババは、様々なものを手から物質化して出したりする姿が有名であるが、実際、そうした物質化は本質的なものではなく、それらの物質化はサイババの愛から出たものであり、そちらの方が重要であり、物質化は本質ではないということを熱弁されていた。


こうしたグループの方々がインドから大勢の僧侶を招いて平和を祈願する為の護摩炊きを行ったのが、今回のイベントである。

それに参加しようと富士山麓に向かったのだが、土曜日まで予定が入っていた為、日曜日にしか行くことが出来なかった。

しかし、日曜日にも行われるはずであったイベントが1日繰り上がって終了していた為、日曜日の夕方近くに到着した時には、既にイベントは終了していた。

しかし、祭壇は片づけられておらず、翌日、アビシェーカムと呼ばれる神像にミルクをかけたり、聖なる水をかけたりする儀式を行うので、参加したらどうかとのお誘いを受けた。またその後、近くの神社で、奉納演奏をするので、それにも参加できますとのこと。

翌日、アビシェーカムに参加してみると、ゲストということで、一番、良い場所に席を用意してくれて、そこに座って下さいとのことで、何か全く予期していなかった待遇を受けた。


そして、次の神社での奉納演奏の際も、待ち時間に立っていると、神社のスタッフの女性が、自ら近寄ってきて、待ち時間の間に神社の歴史や由来について案内しますと、自ら提案してくれて、ガイドを受けることとなった。

神社のパワーを感じる実験を行うデモンストレーションにて、私は被験者にされたりして、自然と注目される立場に立たされてしまうのである。

その前日からそうであったが、何か非常に周囲の方々との関係の中で、自分自身が中心的な立ち位置にされてしまう状況なのである。

占星術的にこうした状況を途中から理解したが、私のホロスコープにおいて、前日とこの日、トランジットの月が10室の山羊座を通過していたのである。

そして、対向の蟹座には金星がトランジットしていた。


そして、現在、蠍座から土星、乙女座から木星がアスペクトして、山羊座10室にダブルトランジットしている。


従って、そうした木星と土星のダブルトランジットと、月のトランジットが10室に形成されており、そして、アンタルダシャーが10室の在住星で、プラティアンタルダシャーが10室支配の土星であることなどが重なって、ただのゲストで来ていただけにも関わらず、何かと目立つ立場にされてしまう状況となった。

また、この時、私のダシャーは、金星/木星/土星/太陽/水星であった。


この神社は実は、今回、宿泊先に選んだ旅館から非常に近い場所にあった。


奉納演奏の際に宮司(神社の責任者)の挨拶があり、その時に聞いた話では、この神社は、海外の外交官がお忍びで訪れるような神社であるということであった。


10年前に森林の中で発見されて、ボランティアによって、現在の形にまで再現されたということである。


普通の神社とは違ったもっと日本の古代からの伝統を感じさせるそんな雰囲気の神社である。


通常、龍神は爪が3つだが、この神社の龍神は爪が5つあり、爪が5つある龍というのは格が高いという話であった。


例えば、中国などでも爪が5つある龍の絵を勝手に商店などが店内に描くことは許されていないという。


こうした龍神といった話には馴染みがない方もいるかもしれないが、こうした世界観は魚座の世界観である。



junrei_tabi1
【5つの爪を持つ龍神像のある手水場】




また今回、宿泊先に選んだ旅館は、治療の力がある湧水を使っている温泉宿であり、宿泊した人や温泉に訪れた人は、水を汲んで持ち帰ることが出来る、そうした霊的スポットであった。


以前、水泳の岩崎恭子選手が、この水で、アトピー性皮膚炎が治ったということで、一時期、この旅館の前にある狭い道が、車の行列になる程、大勢、訪れたそうである。


それでは、何故、今回、私が、このようなヤグニャのイベントで、富士山麓を訪れて、伝統のある格調高い神社で奉納演奏に参加し、治療の水が湧き出る霊的スポット(温泉宿)に宿泊することになったのかということである。


それは9月8日からラーフ/ケートゥ軸が、水瓶座/獅子座の軸から、山羊座/蟹座の軸に移動するからである。

(ケートゥのトランジットの効果も2ヶ月前から発揮される)


現在、金星/木星期で、アンタルダシャーロードの9、12室支配の木星に対して、まもなくケートゥがトランジットし、更に9、12室支配の木星にトランジットの木星と土星がダブルトランジットすることによって、おそらく今回の聖なる儀式への参加や、聖地巡りの巡礼がもたらされたと思われる。


ケートゥはスピリチャルな惑星であり、特に無執着、放棄、沈黙といった象意をもたらすが、アンタルダシャーロードの9、12室支配の木星にコンジャンクトすることによって、このケートゥの象意が、木星に付与されたのである。

12室の支配星は、海外や、もし海外でなければ都会の喧騒から離れた僻地や静かな自然環境を表している。


また9室の支配星は、巡礼の旅、グルに会う旅を表しており、都会の喧騒から離れた富士山麓にて、ヤグニャを行う多くの僧侶の方々(ケートゥ)や、微細体(サトルボディー)でその場に臨在していたとされるサティア・サイババ、そして、その信奉者の方々に会いに行く旅であったのである。

そして、ヤグニャやアビシェーカム、奉納演奏といった儀式に参加することとなった。


皆、微細で、精妙な儀式であり、ケートゥの表示体である。


またケートゥには医療といった象意もあり、特に自然療法や、中国医学、ホメオパシー、アーユルヴェーダなどの伝統医療の表示体であるが、おそらく、治癒の力のある水源に滞在すること自体もケートゥの象意である。





junrei_tabi2
【奉納演奏にて①】



junrei_tabi3
【奉納演奏にて②】



junrei_tabi4
【奉納演奏にて③】



junrei_tabi4_2
【奉納演奏にて④】



junrei_tabi5
【翌日、神宮にもう一度行ってみる①】



junrei_tabi6
【翌日、神宮にもう一度行ってみる②】




junrei_tabi7
【翌日、神宮にもう一度行ってみる③】




junrei_tabi8
【温泉宿の水源①】




junrei_tabi9
【温泉宿の水源②】



















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術上級セミナー第3回のお知らせ 9月30日(土)13:00 ~『ダシャムシャ(D10)-マークボニーの研究を研究する-及び、アーユルヴェーダドーシャ診断法、医療占星術、宝石処方理論、その他』

インド占星術上級セミナー【分割図編】【ダシャー/ブクティー編】の【ダシャー/ブクティー編】ですが、8月26日(土)に無事終わりました。

分割図とダシャー/ブクティーはチャート解釈において同時に使って行きますので、内容として厳密に分けることが出来ず、前回の7/29(土)の【分割図編】の延長となりましたが、この2回のセミナーで、分割図をダシャーとアンタルダシャーという観点で見ていく方法について、理解して頂けたのではないかと思います。

またD45、D60の使い方といったこれまでほとんど誰も明らかにしてこなかった、誰からも習ったことのない技法について、講座中に参加者の方のデータで検証し、既知の知識とすることが出来ました。非常に有意義だったと思います。

こちらについてはまたDVD教材になる予定ですので、参加出来なかった方は、またご検討下さい。


次回の内容は、上記の分割図編、ダシャー/ブクティー編の知識を前提とし、特にダシャムシャ(D10)の使い方について、マークボニーの研究成果、そして、実際に私(秀吉)の事例なども紹介し、現代人の大きなテーマである仕事、職業に関して、ダシャムシャに特に注目し、読解していく方法について学習していきます。

また前の2回のセミナーで紹介しきれなかった分割図解釈の事例について見ていきます。


次回、9/30(土)[13:00~17:00]に初めて参加する方は、前の2回の前提知識を復習できないため、かなり厳しいものになりますが、ダシャムシャの使用というテーマにおいては完結していますので、参加することは可能です。

また7月に練馬での南アジア文化協会さんとの共催イベントで行った内容になりますが、アーユルヴェーダのドーシャ診断法、医療占星学、宝石処方理論などを再度、行います。


これらを行って時間が余る場合、11月の大阪セミナーで行う予定のジャイミニのパダラグナ(アルダラグナ)の使用法、アルガラの概念などの説明を行います。



また次々回は、10月28日(土)11:00~15:00になりますが、ジャイミニシステムについて行います。


チャラダシャーの計算方法と解釈方法、ジャイミニにおけるラージャヨーガ、アリシュタヨーガ、パダの使い方、アルダラグナ(パダラグナ)の使い方、アルガラの概念、マンドゥークダシャー、ナヴァムシャダシャーなどについて行います。


参加者の方には主要な出来事の年表を作成して来て頂き、ある特定の出来事が、ジャイミニのパダの解釈によって明らかになるかどうかを検証して頂きます。


ジャイミニは実際に手計算で、計算していく必要があるため、実際、受け身の講座ではなく、ワークショップ形式の体験型の内容になるかと思います。


ジャイミニについてまだ学習したことのない方に来て頂ければと考えております。



11月の上級セミナーの開催については未定ですが、10月の様子を見て決定します。



【上級セミナーについて】

上級セミナーは、ジョーティッシュの学習をある程度、積み重ねてきた方を対象としています。

日頃、惑星の生来的、機能的吉凶の解釈や木星と土星のダブルトランジットを用いて、予測を行なってみるものの、

分割図やダシャーを用いての正確な予測に必要なスキルの全体像が分かっていない方、

分割図の使用や、ダシャーの解釈に関する体系的な学習を行っていない方を対象とします。

内容はジャイミニシステムではなく、パラシャラシステムの上級レベルになります。

本、セミナーはこれまで講座やDVD教材などで提供してきた内容の焼直しではなく、

ある時から私自身に全く次元の違う理解をもたらした考え方について、その源に遡って学習していきます。

海外の資料、海外の書籍の日本語訳などを用い、事例チャートなどを用いて、学習していきます。

私自身、これまで学習の途上で、様々なセミナーに参加して来ましたが、これらのことについて体系的に習うことは出来ませんでした。

ジョーティッシュを実践している方でさえも、これらの内容について理解しているかは分からない、そうした類の知識であり、

今後、実践上で、これらの考え方を適用して、理解を深めなければならない分野です。



コース名


インド占星術上級セミナー『ダシャムシャ(D10)-マークボニーの研究を研究する-及び、アーユルヴェーダドーシャ診断、医療占星術、宝石処方理論、その他』




講座内容


・ダシャムシャ(D10)-マークボニーのダシャムシャ(D10)に関する研究を研究する-

・分割図の興味深い事例

・アーユルヴェーダのドーシャ診断法

・医療占星学

・宝石処方理論


<予備>

・ジャイミニのパダラグナ(アルダラグナ)の使用法

・アルガラの概念



日時


2017年9月30日(土) 13:00 ~ 17:00

入場開始 12:50
講座開始 13:10
講座終了 16:45

(途中5分休憩が入ります)





会場


備屋珈琲店恵比寿店 ROOM WEST
東京都渋谷区恵比寿4-4-11
JR恵比寿駅東口より徒歩3分




定員


14名




参加費


13,000円/正味 3時間35分

※飲み物代は参加費に含まれています。

参加費は毎回、その都度、受領します。(授業開始前に回収します)

また1回毎に次回の参加の有無を確認します。

用事があって、開催日に参加できなかった場合、個人レッスンで同じ内容を受講可能です。

その際、料金は16,000円/120分となります。120分で1日分の講座内容を終わらせます。




参加資格


・惑星の生来的吉凶、機能的吉凶の違いなどが理解できている

・ポジション、アスペクト、コンジャンクション、ラージャヨーガ、ダナヨーガ、アリシュタヨーガ、トランジット、ダブルトランジット、トリコーナ、ケンドラ、ウパチャヤ、トリシャダ、ドゥシュタナなどの用語の意味が分かる

・分割図、ヴィムショッタリダシャーが何であるか分かっている

一度、学習したことがあれば問題ありません。

※インド占星術入門講座メルマガに登録されている方で、こうした用語について一通り、理解できていれば問題ありません。

上記の内容を復習している時間はありませんので、参加される場合は、これらについて事前に学習をお願いします。

内容が理解出来なくても返金はできませんのでご了承下さい。




予約について


①お名前(ローマ字+ひらがな)
②出生年月日と出生時間(母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
③出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)


上記のデータを添えて、address_hkまでお申込み下さい。

件名は「9/30インド占星術上級セミナー参加希望」でお願いします。







【第2回 8/26に参加された方の感想】


分割図は自分でも勉強しようと思って、英語の本を購入したのですが内容的に納得がいかないことがあったりして読むのを中断しています。
今回は、多くの資料をいただき、また帰ってから復習したいと思っています。良くまとめられた資料ですので、自分なりに他の人にも応用して調査していきたいと思っています。

(兵庫県 内山 真月様)



昨日はありがとうございました。今回もいろいろと勉強になりました。この2回の講座では、まずシェシャドリ・アイヤーやハンク・フリードマンという方を知ることができたのがかなり大きな収穫だと思います。また、D-45、D-60を使った出生時刻のレクティファイについては大変興味深かったです。

(埼玉県 MM様)



昨日はお世話になり有難うございました。

初回ならびに2回目の方々、また参加者のレベルも様々と、さぞかし講座の進行が大変だったかと思われますが、前回に続き、非常に有意義な講座でした。
また本日改めて頂いた資料に目を通し、1つ1つ文章を読みながら、どれほどの時間を費やして作成されているのかと感嘆しております。

是非、このまま次回(来年も含め)以降も引き続き受講させていただき、早足でなくても構いませんので、ゆっくりと検証を兼ねながら更にインド占星術の理解を深めていけたら幸いと思っております。宜しくお願い致します。

(東京都 さと様)



様々な方法での解釈の仕方を知ることが出来て良かったです。

例えば、寿命のマラカの法則など、ピッタリとはまるケースと、3.8室も考えなければならないケースなどがあり、最終的にどの部分に焦点をあてて考えるかは自分のこれからのテーマになると思います。

(東京都 K.M様)



既に結果が出ている事への検証が多かったわけです、実際はこれからを観る。その時 どの辺に注目して読み解くのか?あるいは切り捨てるべきところはどういうところなのか?
切り捨てた部分や起きそうで起きなかった事実もあったんだと思う訳ですが、そういう部分にも光を当てないと実践できないと感じた次第ではあります。
まあ、自助努力の部分が多いとは思うんですが。。。。。。

(茨城県 人間7様)



分割図の存在は知っていたものの、実際どのように使っていいのかわからなかったので、今回、明確な使い方を知れてとても有益でした。インド占星術は見るべきことが多く、正直キリがないと思っていましたが、少しずつポイントを絞った鑑定ができるようになりそうです。

(東京都 TY様)



時刻修正など始めての講座だったので面白かったです。

(東京都 k.k様)

















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ジョーティッシュ大阪鑑定会 (11月1日-2日)のお知らせ

2017年11月1日(水)、2日(木)に大阪で、ジョーティッシュの対面鑑定会を行います。

これまで鑑定を受けたいと思っていても中々機会がなかった方、是非、お越し下さい。

通常、東京で提供している対面コンサルテーション(16,000円/60分)を出張イベント特別料金で提供します。


11月3日,4日,5日とセミナーを行なうため、そちらの方も合わせてご検討下さい。


イベント名

ジョーティッシュ大阪鑑定会(2日間)


内容

ジョーティッシュによる対面コンサルテーション



日時

2017年11月1日(水)- 2日(木)の2日間

【2017年11月1日(水)のタイムスケジュール】

【第1枠】 13:20~14:20←予約済み
【第2枠】 14:25~15:25←予約済み
【第3枠】 15:30~16:30←予約済み
【第4枠】 16:35~17:35←予約済み
【第5枠】 17:40~18:40←予約済み
【第6枠】 18:45~19:45←予約済み



【2017年11月2日(木)のタイムスケジュール】

【第1枠】 11:10~12:10←予約済み
【第2枠】 12:15~13:15←予約済み
【第3枠】 13:20~14:20←予約済み
【第4枠】 14:25~15:25←予約済み
【第5枠】 15:30~16:30←予約済み
【第6枠】 16:35~17:35←予約済み

<時間外>
【第7枠】 18:00~19:00←予約済み


※2枠を押さえて、120分とすることも可能です。
※個人レッスン的な学習上の質問や相談でもかまいません。
※11/1の20時以降、11/2の18時以降など枠外の時間帯に鑑定を受けられたい方は、別途、お気軽にご相談下さい。柔軟に対応いたします。


※11月1日(水)、11月2日(木)の対面鑑定枠は全て予約が入りましたので募集を打ち切らせて頂きました。(2017/9/12更新)




会場

JR大阪駅近くの会場(駅から徒歩5分)
実際の具体的な会場については申込み頂いた方に別途、ご案内いたします。



料金

対面鑑定60分/ 9,000円 ※出張イベント特別料金

※通常は、16,000円/ 60分で提供している対面コンサルテーションと同じものです。
※ご自分の喫茶代が別途かかります。


予約について

①お名前(ローマ字+ひらがな)
②生年月日と出生時間(西暦、母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
③出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)
④過去の出来事と日付(3~5つ程度)
⑤依頼内容
⑥鑑定の希望日と時間枠(第1枠~第6枠)


上記のデータを添えて、address_hkまでお申込み下さい。


件名は「11月対面鑑定(大阪)希望」でお願いします。

















スポンサーリンク


スポンサーリンク

斉藤由貴の不倫騒動について-再ブレイクと魔性の魅力-

斉藤由貴の不倫疑惑などがワイドショーを賑わせている。


状況的に見て、斉藤由貴が不倫していたことは明らかなようだが、世間は斉藤由貴が、会見でどのような発言をするか、どのようにこの状況を釈明するのかといった好奇心からこの様子を眺めていたのではないかと思われる。

つまり、こうした芸能人の不倫疑惑騒動というのは、他人の私生活を覗き見たいという願望と、人の生きた作り物ではない人生ドラマを垣間見たいという大衆の欲求なのである。


SaitoYuki_photo2

また大衆が芸能人に自身の願望などを投影し、そこで疑似体験するそうした存在が、芸能人である。


反グローバリゼーション、トランプ現象など、個人が自らの欲望を剥き出しにして表現する自由至上主義(リバータリアニズム)的な風潮の中で、大衆の欲望に訴えかけるのが、芸能人の不倫疑惑である。


これが、今、メディア業界で、最も視聴率を稼げるエンターテインメントである。


斉藤由貴は、1980年代、1990年代初期に活躍していた歌手、女優で、モルモン教の夫と結婚して芸能界からは引退して主婦として生きていた。


2016年になって、50代を過ぎた辺りから、斉藤由貴は、テレビで番組から引っ張りだこになり、再ブレイクを果たした。


50歳で再ブレーク中 斉藤由貴ばかり芸能界でなぜモテる
2017年6月8日 日刊ゲンダイ

斉藤由貴(50)が7月スタートのTBS系ドラマ「カンナさーん!」で初のおばあちゃんを演じることになり、話題だ。「トシとったもんだ」と語った斉藤は「卒業」での歌手デビューから2015年ですでに30年が経過。同世代の中高年も時の流れの早さを感じているのではないか。

 とはいえ、斉藤由貴は枯れていないどころか、再ブレーク中ともっぱらだ。女優、歌手、ラジオパーソナリティーのほか、神奈川県の「手話普及推進大使」にも選ばれるなど仕事のオファーが引きも切らない。ある民放プロデューサーがこう言う。

「斉藤さんのファンは彼女よりちょっと上の年代、55~60歳くらいが多いんです。芸能界でもリリー・フランキーさんら斉藤さんを敬愛している人はたくさんいるし、ドラマなど制作するスタッフも若い頃から斉藤さんのファンで、ある程度の地位と実力がついた今、一緒に仕事したいとの思いを抱えている者が少なくない。そして歌でも演技でも、そうしたオファーに前向きで楽しんでやってやろうとしてくれるので、ますます人気ですよ。たとえば元キャンディーズの伊藤蘭さんにキャンディーズの曲を歌ってくださいといっても難しいところ、斉藤さんはロックフェスにも出てくれたりする。リクエストすれば、快く『卒業』を披露してくれる。演技もトークもうまい。だからこそ三谷幸喜さんや宮藤官九郎さんらがオファーを出すのでしょう。薬師丸ひろ子さんもそうですが、50代になってますます意気盛んですね」

■私生活では3人の子供のママ

 再ブレークのきっかけは約5年前、3カ月で11キロ落とすダイエットをしたこと。私生活では、3人の子供の母親だ。30周年のときの雑誌取材では「お仕事がある、ないにかかわらずウイークデーは必ず午前5時過ぎには起きています。それから、末娘(10)のお弁当を作って、彼女を起こして身支度させて、朝ごはんを食べさせて、車で駅まで送っていきます。大急ぎで家に戻って、上の2人の子供(長女=15、長男=11)のお弁当を作って、朝ごはんの準備」などと語っていた。

 それから2年だから、長女は17歳の高校2年、長男は13歳の中1、次女は小6か。実生活でおばあちゃんになる日はまだちょっと先のようで、「何度言ってもダメなときはスケバンママになります」と、今は子育てに奮闘しているのだろう。


 この4月のインタビューでは、こんなモットーを語っている。


「自分の中に、“おもしろいことは上質である”という強い信念があるので。美しいとか、かっこいいということにももちろん存在意義はあるけど、私は自分をよく見せることよりも、見ている人を楽しくさせることが一番大事だと考えています」

 時を経て、斉藤由貴は成熟したエンターテイナーになった。


再ブレイクのきっかけは、5年前にダイエットに成功したことだという。


SaitoYuki_chart

5年前というと、2012年辺りであり、おそらく、マハダシャー水星期の最後、水星/土星期辺りである。


この頃にダイエットして、そして、私生活では、午前5時過ぎに起きる生活を送っていると記されている。



ちょうどマハダシャーが、ケートゥ期に移行するタイミングである。


ケートゥは、6室に在住しており、良い配置である。


ウパチャヤの凶星でもあり、また特にケートゥが6室に在住する場合は、敵を粉砕するという象意がある。


まず、ケートゥ期の特徴として、無執着、放棄といった特徴が出て来るため、無駄なぜい肉を削ぎ落したということである。


そして、早起きし、生活をシンプルにして、6室が強い人の特徴である集中力が生じたと考えられる。


ケートゥが在住する天秤座をラグナとすると、11室に1、8室支配の金星、9、12室支配の水星、11室支配の太陽が在住しており、1-9、1-11、9-11のダナヨーガを形成している。


ジャイミニスキームで見ても、現在、2015年9月10日から天秤座のメジャーダシャーに入っており、2025年9月10日まで続くが、天秤座から11室にはAmKの水星、PKの金星が在住しており、11室(ステータス、称号)で、ジャイミニラージャヨーガを形成している。


AmKが9、10、11室に在住する星座ダシャーの時期は、基本的にキャリア上の上昇の時期である。



従って、斉藤由貴の再ブレイクは、天秤座、そして、天秤座からの11室獅子座に在住する金星、太陽、水星がもたらしたのである。




斉藤由貴は、ラグナがクリティッカー(太陽)であり、どこか高貴な育ちの良いお姫様的なイメージを持つ女優である。


4室で太陽が自室に在住して、ラグナロードの金星、2、5室支配の水星と共に1-4、1-5、4-5のラージャヨーガを4室に形成している。



1994年12月にモルモン教で出会った一般男性と結婚し、その時のダシャーが、土星/木星期である。


直後にマハダシャー水星期に移行している。



水星は、ナヴァムシャの4、7室の支配星であり、9室に在住しており、家庭や配偶者との生活を充実させていく時期である。


SaitoYuki_D9_chart

出生図でも水星は、4室でラージャヨーガを形成しており、3人の子供に恵まれて、幸福な家庭生活を得てきたことが分かる。



そして、これらを形成する金星、太陽、水星は、月から見た場合、1、4室支配の水星、5室支配の金星が、3室(芸能)でコンジャンクトし、1-5、4-5のラージャヨーガを3室で形成している。


これらはメディアの世界で活躍する配置であり、女優としての才能を表しており、芸能活動を表している。



斉藤由貴の4室は非常に強いため、そこには幸福感があふれており、太陽も強く、高貴で、威厳を伴っている。



従って、今回の不倫騒動でも斉藤由貴を擁護する声が大変多い。



あるラジオ番組では、400通の激励のメールが届いたそうである。



これらは、今、斉藤由貴がブレイクの真っ只中にいることを表してもいる。




・不倫のカルマの噴出



それでは、こうした再ブレイクの只中で、何故、斉藤由貴は、不倫に陥り、メディアからスキャンダルを追及される結果となったのかが問題である。



それは、現在のダシャーに良く表れているが、現在、ケートゥ/木星期である。




牡牛座ラグナにとって、木星は8、11室支配の機能的凶星であるが、ドゥシュタナハウスで最も凶意が強い8室と、トリシャダヤハウスで最も凶意が強い11室を同時に支配する最凶の機能的凶星である。




木星は、師匠を表す表示体であり、コンサルタントとか医師も含めて、何か相談するような相手を表している。



それは宗教的指導者の場合もある。



そして、その木星は8室の支配星であるため、頼りにする存在であり、また支配者を表している。



それが、おそらく現在、メディアに騒がれている不倫相手とされる開業医師のA氏を表しているのではないかと考えられる。



木星は、8、11室の支配星となることで、支配的なグル(教師、医師)という象意になっており、この木星は蟹座プシュヤで高揚していることから、非常に包容力があり、親身に相談に乗るメンターを示していると思われる。


3室は食欲、性欲、睡眠欲を表すハウスであり、そうしたメンターとの関わりが、性的な関係性へと発展しやすい配置である。



しばしば、8室の支配星の象意を経験する場合は、三角関係の中で、自分が愛人にされるという立場を表している。



但し、この木星はプシュヤで強いことから、本質的な悪人とは言いにくく、つまりは有能な教師である。



従って、当事者間で、治療のため、などと言った合理化、正当化が行われていたと考えられる。



当人たちはそのようにして、罪の意識を逃れていたのであろうと思われる。



斉藤由貴の釈明会見で出てきた家族ぐるみでお世話になっている医師という表現は、そうしたことから日頃からの斉藤由貴の合理化、正当化のリハーサルがそのまま出てきたに過ぎない。



木星が機能的凶星化したり、傷ついていたりする場合、木星は世間体(体面)を気にしたり、偽善的に振る舞う傾向が出て来ると言われている。



つまり、例えば、お互いの精神的成長のためとか、お互いにサポートし合う関係といった理想主義的な合理化によって、単に快楽を貪り合う関係であったとしても当人たちにとっては都合よく解釈されていたりするのである。



木星は月からみると、7、10室支配で2室で高揚し、6、11室支配の火星と接合している。



ラグナから見ても木星は、8、11室支配で、3室で、7、12室支配の火星と接合している。



従って、この3室での木星と火星の絡みは、7室や8室、6室と7室の絡みが強く出ており、従って、これを経験する場合、不倫や三角関係、パートナーとの不和などの問題が生じる時期である。


これは、斉藤由貴の輝かしい4室の配置、金星と太陽と水星で形成されるラージャヨーガの配置とは対照的である。



斉藤由貴には、非常に幸福で、家庭の平穏な幸せを経験している主婦のイメージがある一方で、1990年代に尾崎豊や川崎麻世との密会不倫などが報じられ、魔性の女としてのイメージがあるのはその為である。




今、ケートゥ/木星期のため、そうした彼女の魔性の女としてのカルマが噴出している時である。





・斉藤由貴の過去の恋愛パターン



尾崎豊にしても、川崎麻世にしてもどこか憎めない坊ちゃん的なイメージを持った男性であり、彼女が、そうした男性を慕って頼っていくというのは、蟹座のプシュヤに在住する木星の恋愛のパターンである。



尾崎豊などは、精神的存在であり、斉藤由貴にとって、メンターや相談役として見れば、イメージによく一致している。



当時、尾崎豊は、斉藤由貴と不倫疑惑があった際、既に家庭を持っていたと言われているが、つまり、家庭を持っている男性との三角関係を意味している。



1990年代というと、土星/火星、土星/ラーフ、土星/木星期辺りである。



火星は、木星と蟹座でコンジャンクションし、ラーフはディスポジターの火星が木星とコンジャンクションし、木星は、頼りにするメンターの表示体であり、パートナーの表示体である。



従って、アンタルダシャーが、火星期、ラーフ期、木星期は、彼女が3室で形成する不倫のカルマが噴出する時期である。



そして、3室はメディアのハウスでもあり、8室(スキャンダル)と絡んでいる為、突然にメディアにスクープされて、釈明会見などに追われることになる。




因みにジャイミニスキームで見た場合、彼女は、仕事上のブレイクをしていく天秤座のメジャーダシャーであると書いたが、パートナー関係を考える時、天秤座から7室にはラーフが在住して傷つけており、DK(ダラカラカ)の土星は、6室(意見の不一致)に在住している。



また彼女は、現在、天秤座/山羊座(2017/5/11~2018/3/11)であるが、山羊座から見た7室にはGK(グナティカラカ)が在住し、減衰する火星とコンジャンクトしている。



従って、彼女は、パートナー関係においても非常に問題を抱えていると考えられる。



釈明会見が終わった後、彼女は、夫は伴わずに子供を連れて、沖縄に飛んでいる。



8月3日の会見で、「(夫の反応は)怖くて聞けていない。主人も特に何も聞いてこなくて」と話しているが、非常に正直である。


斉藤由貴「7年不倫」会見翌朝に夫を置いて沖縄へ逃げた
8/7(月) 11:00配信

不倫釈明会見の翌朝、8月4日の8時40分。女優・斉藤由貴(50)の姿は、羽田空港にあった。数日分の荷物が入っていそうな大きなキャリーバッグを手荷物として預ける。空港の保安検査所に入る直前に声をかけると、ギクッとした表情を見せた。

ーー斉藤さん、おそれいります。今日はどちらへ?

「言わないでおきたいので……」

 そう答えた斉藤は、子供とともに、沖縄行きの飛行機に乗り込んだ。だが、そこに2歳年上の、斉藤の夫の姿はなかった。

 8月3日発売の「週刊文春」が報じた斉藤のW不倫。1980年代を代表するアイドルであり、現在再ブレイク中の彼女の道ならぬ恋を本誌が耳にしたのは、2017年6月のことだった。

「斉藤は、横浜市内で開業している50代の医師・A氏と不倫交際している。A氏の病院で、斉藤や家族が診察を受けているうちに親しくなった。交際は7年に及ぶ。A氏にも妻と子供がいる」

 2人の交際を憂える人物の証言を得た本誌が取材を開始すると、2人は横浜・元町商店街に近い賃貸マンションで、たびたび密会を繰り返していた。

 7月4日、斉藤は昼の12時半にマンションに入ると、エレベーターで最上階に昇っていく。その20分後、青いTシャツ姿のA氏が、鞄も持たずにマンションに入っていく。エレベーターの行先は、斉藤と同じ最上階だった。

 A氏がマンションを出たのは14時半。病院の午後の診察開始ぎりぎりの時間だ。斎藤がマンションを出たのはその5分後だった。

 翌5日の昼も、2人は同じような行動を見せる。12時半過ぎに15分差でマンションに入ると、午後2時過ぎ、やはり15分差でマンションを出る。逢瀬がよほど楽しかったのか、斉藤が車を停めたパーキングメーターは60分以上の超過時間を刻んでいた。

 7月30日、日曜日の朝9時過ぎ。マンションを出た斉藤は、本誌の直撃取材に、狼狽した様子を見せた。

ーーA氏をご存じですよね?

ーーいま会われていましたよね?

 記者が何を質問しても「やめてください」と言うばかりで、ずっとうつむいたまま、信号が青になったことにも気づかない。やっと黒のポルシェ・カイエンに乗り込むと、車で15分ほどの自宅へ帰っていった。

 その40分後、いつもより時間をかけてマンションから出てきたA氏に話を聞いた。

「僕は医者なので、まず最初に個人の守秘義務があります」

ーー斉藤さんを知っていますよね?

「一般的芸能人としての斉藤由貴さんはよく知っています」

ーー今日、お会いになってますよね?最上階の一室で。

「正式に言うと、彼女の事務所です」

ーーおつき合いされてますよね?

「医療法の守秘義務に抵触します」

ーー不倫期間は7年と聞いている。

「主治医と患者の関係で、年数は守秘義務に抵触します」

 斉藤の所属事務所も「主治医と患者の関係であり、斉藤の個人事務所に、おもに美容関係の往診に来ていただいています」と説明する。

 8月3日におこなった緊急会見で斉藤は「(夫の反応は)怖くて聞けていない。主人も特に何も聞いてこなくて」と話している。その翌日、斉藤は話し合いを避けるように、夫を残して沖縄に旅立った。

(週刊FLASH 2017年8月22日・29日合併号)


斉藤由貴は、この医師のA氏と、交際は7年に及ぶという。


つまりは、マハダシャーケートゥ期にほぼ一致している。



ケートゥは、まず6室(離婚)に在住しており、またナヴァムシャで、ケートゥは3室で減衰している。


その前が、マハダシャー水星期で、水星は4、7室支配で9室に在住し、パートナー関係が安定していたことを考えると、マハダシャーケートゥ期に移行したことで、関係に変化が生じたことを表している。


それが、ナヴァムシャでマハダシャーロードのケートゥが3室で減衰している意味である。




おそらく、配偶者とは婚姻関係を維持しているが、何か停滞感、中断状況が出てきたと考えられる。



そして、2015年9月10日からジャイミニのチャラダシャーで、メジャーダシャーが天秤座に移行している。


天秤座から見ると、DK(ダラカラカ)の土星は6室(離婚)に在住している。



その前が、蠍座のメジャーダシャーで、2007年9月10日から2015年9月10日まで8年間続いていたが、この時、蠍座から見てDKの土星は、5室(恋愛)に在住していた。


従って、この違いは、対称的である。



斉藤由貴のパートナー関係は、ヴィムショッタリダシャーで、ケートゥ期に移行した2013年7月、そして、チャラダシャーで、2015年9月からのタイミングで、段階的に変化が生じていたのである。



そして、その変化は今、深刻な状況を迎えている。



SaitoYuki_photo1







(参考資料)



斉藤由貴、“W不倫”男性医師とのマンション合鍵について回答
2017年8月3日 22時25分 livedoor

3日発売の「週刊文春」で、50代の男性医師と“W不倫”疑惑と報じられた女優・斉藤由貴(50)が3日夜、都内で緊急会見を開いた。

その中身、週刊文春によると、2人は映画館での手つなぎデートや食事など、1週間のうち4日も一緒に過ごしてしたという。そして、撮られた写真には、「指を絡めた恋人つなぎ」と伺えるものもあり、親密さが記事に書かれていた。

手つなぎの場面について訊かれると、映画館を出る時に「階段を降りるとき、足元がおぼつかない私を支えてくれたのかも…」と状況を伝え、「記憶があまりない」と言いながらも「ほんの数秒だったはず」と答えた。

街中とは別に、マンションで医師と会っていたことも報じられた。

記者から、マンションを借りた目的を問われると「自分の仕事をする空間が欲しかった。そこでは、原稿を書いたりしています」と明かした。

「マンションで診療を受けるより、自宅のほうが便利では?」との質問には「もちろん自宅でやってもらったことはあります。人から見られるのが嫌で…そうですね…」と口ごもり、明確な答えは無かった。

「お相手の医師が、手ぶらでマンションに入るのは?」との問いには「最初から荷物を置いてもらっていました。家だと子供がいたりして…顔のところ…『何をやっているの?』って言われたり…」と話した。

「看護師さんが同行することが無かったのか?」との疑問には「そうですね、看護師さん…。甘かったと思います」と疑われないようにするべきだったと反応した。

そして別の記者から、マンション合鍵について質問が飛んだ。

「合鍵は(先に部屋に入って)準備してもらったり…。私が先に部屋を出ることがあったりするので」と男性医師が合鍵を使っていることを説明した。

会見は、仕事に合間に設定されたということで「15分間に限らせて頂きます」と事前連絡も。いざ実際に始まってみると、全体で24分間の長さがあった。

飛び交う質問の合間には「今、ドラマ撮影の真っ最中。家に帰れていない忙しさ。だから、髪もボサボサなんです」とつぶやいてもいた。
参照元:斉藤由貴、“W不倫”男性医師とのマンション合鍵について回答
2017年8月3日 22時25分 livedoor

不倫否定「斉藤由貴」声かけ会見は選択ミス?
芸能・女子アナ 2017.08.05 Smart Flash

週刊文春で“ダブル不倫”を報じられた斉藤由貴が3日夜、釈明会見を開いた。会見開始1時間前に会場に到着すると、すでに100人近い報道陣が集まり、TVカメラはポジションに三脚を据えていた。

 このとき、事務所サイドから「会見時間は15分。レポーターの質問は一人一問。声かけで」と告げられた。

 声かけ!?

 ははぁーん、“斉藤由貴シフト”を敷いてきたか、と思った。レポーターにとって、会見としては一番やりづらいパターンだ。

 レポーターが本人を囲んで質問する「囲み会見」は、質問とは違った答えや本人が答えにくいことでも、隣にいるので、聞きたいところは何度でも質問できる。

 本人が言い淀んだ瞬間に突っ込んだり、相手が息を吐いた瞬間に、次の質問ができる。場合によっては、本人の言葉を遮ってでも突っ込めるのだ。この矢継ぎ早の質問が、聞きたいことを逃さず相手から本音を聞き出せるというもの。同時 に聞く側、聞かれる側、双方に緊張感が漂う。

 ところが、「声かけ会見」となると事情が違ってくる。本人と数メートルの距離が空いているので、1つの質問に斉藤が答え終わるまで、次の質問がしづらくなる。しかも、一人一問と限られると、もっと聞きたいと思っても、そうそう突 っ込めない。何度も質問ができないのだ。

 他のレポーターも、自分の順番でないと、よほどのことがない限り、口が挟めない。質問にのらりくらりとかわされやすく、レポーター達のペースも崩されてしまう。

 結局のところ、本人ペースの会見になってしまうことがほとんど。事務所は本人ペースにさせるため、この“斉藤由貴シフト”を選んできたのだと思う。

 ただ「声かけ会見」の欠点もある。本人ペースゆえ、言い淀んだり、言い間違えたり、シドロモドロになったときは、心情の揺れがそのまま伝わってしまう。真実と取られるか、嘘を言っていると取られるか、意外とハッキリするのも、こ の会見なのだ。

 事務所が選んだ今回の「声かけ会見」、斉藤独特の表現方法で「不倫疑惑」を否定したが、つじつまの合わないところもかなりあった。どれだけ疑惑が解消できたか疑問が残る。斉藤の真っ白なワンピース姿は潔白を証明したかったのかも しれないが、はたして、この会見方法でよかったのか。(写真・文/芸能レポーター川内天子)
参照元:不倫否定「斉藤由貴」声かけ会見は選択ミス?
芸能・女子アナ 2017.08.05 Smart Flash

W不倫釈明会見の斉藤由貴「優しくしてもらって甘えるような気持ちに…。それがダメだったんだな」…全問答
2017年8月3日21時29分 スポーツ報知

3日発売の「週刊文春」で50代の男性医師との“W不倫”疑惑が報じられた女優・斉藤由貴(50)が3日夜、都内で緊急会見を開いた。ドラマの撮影現場から駆けつけた斉藤は純白のロング・ワンピースで登場。男性との不倫関係を全面 否定した。

 ◆斉藤由貴に聞く

 冒頭「お待たせしてしまいました。すみません」と謝罪し、会見スタート。

 ―今回、報じられた男性とはどういう関係?

 「家族が、みんなお世話になっているお医者さんです」

 ―報じられた写真では手を「恋人つなぎ」していたが―

 「映画がお互い好きで『見に行こう』という話になって。終わった後、私が疲れてしまったこともあって、階段を降りる時に支えてもらって。そういうところがある方なので、パッと手を出されて、つかんだだけ。実はあんな風につかんだ のかなと、自分でも記憶がなくて」

 ―どんな気持ちで―

 「優しくしてもらって、甘えるような気持ちになってしまって。それがダメだったんだなと思います」

 ―どのようないきさつで知り合いに―

 「家族で(医者として)見てもらっていて。最初は子供の進学の塾とか相談事から始まって。『仕事、大変ですね』とか言ってもらって、6年くらい前から(付き合いが)始まって。『ダイエットとか相談乗りますよ』と、そんな所から。 ダイエットのことを全面的にサポートしてくれて。体力落ちた時に『点滴しましょうとか、栄養剤を処方しましょう』とか、そういうことを相談してきて。私にとって、アドバイザーであり、子供のことも相談できる、そういう人です」

 ―1週間に4回会ったと報じられたが―

 「週刊文春(が報じた)4回も会ったかな?と…。私自身、覚えてないけど、文春の人がずっと見ていて、4回というなら、そうなんだろうなと思うけど…。先生が電子カルテに付けていたのを見ると、美容系の施術とか、アザとか治して もらったりとか、あと、話をしたりして。ずっと、お世話になっているメイクさんも実は一緒に行ってます」

 ―ご主人の反応は?

 「(夫は)記者の人が私のところに来て『こういうことがありますよね』と聞いてきて。私がまったくお化粧していない状態の時に来て、なんだろうと思って。主人のところに行って『家族にも聞いてくるから、全部、私がそういうことは 答えるから、知らない、わからないって答えておいて』と言ったので、主人もそう答えたと思います」

 ―今の夫との関係は?

 「電話で連絡取り合っていて。『今日は何時に帰るの?』とか、連絡取り合ってます」

 ―「手つなぎ写真」に対する夫の反応は?

 「ああ、私も攻められてしかるべきなんで…。怖くて実は主人に聞いてないけど、主人もまだ聞いてこなくて。『今日は会見やるの?』と聞いて来た感じです」

 ―普通は夫は怒るのでは?

 「あの写真でギュッと(手を)握ったように(見えたように)したのは事実なので、主人が(怒りで)そういう風に思ったら、しようがないなと思います」

 ―直接、会話は?

 「ドラマの収録やっていて、家に帰ってなくて…。今日も着たきりすずめで恥ずかしいんですけど…」

 ―診察ということだが、相手の男性は手ぶらだった―

 「美容関係のこととかもやってもらっていて、看護師さんと一緒ではなかった。用具とかは(自身所有のマンションの部屋に)まとめて置いてもらっていて、ずっと、そこにあるものを使うという感じでした」

 ―男性はどういう存在なのか?

 「今、すごく充実した仕事をたくさんいただいてます。それがうれしくて、毎日、女優として楽しい部分があるんですけど、(男性は)それの陰の大黒柱というか立役者というか、私の仕事についても興味を持ってくれて、映画、舞台とか も『こういう所がこうだった』とか、いろんな意味で励ましてくれた人だった。すごく、自分を信じることができるようになった。最初はダイエットで次はこうしてみようとか、勇気を持てるようになったんです。前から(男性の)病院に行 ったりとか、メールとか、『こういうことにチャレンジしたらどうか』とか、やりとりはしてました」

 ―異性としての好意があったのでは?

 「好意はあるから、手をつなぐ的なことはあるんだと思います。でも…(数秒、絶句)。でも、やっぱり、だからこそ、今まで家族を連れて病院に行って、今までお世話になり続けることができたと思います」

 ―2人で映画を見に行くのは「交際」では?

 「映画を見に…。うーん。映画を見に行ったことは他の人でも普通に…。それは(取材陣の皆さんは)ないですかね? 夜5時か6時くらいに。そういう気持ちが、そういう所が甘いんですね。でも、(男性とは)信頼して、いろんなこと 質問して、やって来たんだと思います」

 ―別宅のマンションで会ったことで疑惑が―

 「自宅で看てもらったこともあります。人から見られたら? そういうことを…。そうですね。最初にそこに(男性に診療の)荷物を入れてもらって、やっていたので、なんとなくそういうことに。家だと、子供がいたりして、(施術で) 『顔に何やってるの?』ってことになるんで。それで良かったんじゃないかと私も思ってしまったところがあります」

 ―マンションを借りた目的は?

 「自分の仕事をする空間が欲しかったんです。実は秋に本を出す計画もあるんで、そういう場所が欲しかった」

 ―今回で(故・尾崎豊氏、川崎麻世に続く)3度目の不倫報道ですが?

 「(数十秒、絶句して)今、考えているのは…。気が利いたことを言った方がいいのかと思っても、そういう場じゃないし…。答えようがないです」

 ―「一線」は超えたのか? 

 「そういうことじゃないです」

参照元:W不倫釈明会見の斉藤由貴「優しくしてもらって甘えるような気持ちに…。それがダメだったんだな」…全問答
2017年8月3日21時29分 スポーツ報知

「主人の不倫相手がこの人だったらしょうがない」安田美沙子まさかの斉藤由貴“擁護”に総ツッコミ
8/6(日) 12:56配信 スポーツ報知

 6日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」(日曜・前11時45分)では、女優・斉藤由貴(50)と横浜市在住の50代の開業医の男性とのダブル不倫疑惑を扱った。

 ゲストの安田美沙子(35)は妊娠中に、夫でファッションデザイナーの下鳥直之氏の不倫騒動があったが、「(斉藤由貴は)かわいいから許せてしまう。もし主人の不倫相手がこの人だったら、しょうがない。だってかわいいんですもん 」と苦笑い。それまでこの話題について、安田に話を振ることがなかったスタジオの出演者たちは「えーっ!またされるよ」などと総ツッコミ。和田アキ子(67)は「自分(安田)だって、十分かわいい」とやさしくたしなめていた。
参照元:「主人の不倫相手がこの人だったらしょうがない」安田美沙子まさかの斉藤由貴“擁護”に総ツッコミ
8/6(日) 12:56配信 スポーツ報知

不倫疑惑の斉藤由貴、相手の男性医師が独占告白…手つなぎデートは「手を支えていた」
8/3(木) 8:24配信 スポーツ報知

3日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)でこの日発売の「週刊文春」が報じた女優の斉藤由貴(50)の不倫疑惑を特集した。

 番組では不倫相手とされる男性医師を直撃。週刊文春の報道には「こういうのは文春砲かって、へぇなかなかやるなぁって思いますけど」などと感想を明かした。斉藤については、斉藤だけでなく家族の主治医であるとし、クリニック以外 の場所での往診については「斉藤さんが再ブレイクしているのでクリニックにいらっしゃっていただくと、他の患者さんに迷惑がかかる」などと説明した。

 文春では手をつないでいる写真が掲載されたが「映画を2時間近く見て、映画館から1階までが階段なんですね。よろけていたので手を支えて降りていった」などと説明していた。

 「正当な医療行為として時にはクリニック、往診」患者さんの健康管理に努めていきたいと思っています」

参照元:不倫疑惑の斉藤由貴、相手の男性医師が独占告白…手つなぎデートは「手を支えていた」
8/3(木) 8:24配信 スポーツ報知

ベテランカメラマンだけが感じ取った釈明会見での斉藤由貴の「魔性」
2017年8月4日18時0分 スポーツ報知

数々の俳優、スポーツ選手をファインダー越しに捕らえ続けてきたベテランカメラマンの目線はさすがに鋭いな―。そんなことを3日夜の取材で感じた。

 同日発売の「週刊文春」で横浜市在住の50代の開業医の男性とのダブル不倫疑惑を報じられた斉藤由貴(50)。渦中の女優が都内のビル11階の会議室で緊急会見を開くとあって、先輩カメラマンと駆けつけた。

 直前まで出演ドラマ「カンナさーん!」のロケに参加していたため、斉藤の入室は予定時間から15分遅れ。純白のロングワンピースで登場し、「15分もお待たせしてしまいまして、すみません」。深々と頭を下げる姿は80年代のヒッ ト曲「卒業」、主演ドラマ「スケバン刑事」以来、ずっと目にしてきたアイドル女優そのものだった。

 しかし、会見自体は要領を得ない内容に終始。男性との関係について「家族がみんな、お世話になっているお医者さん。(男女の関係とか)そういうことではない」と改めて不倫関係を否定する一方で、相手に好意があることこそ認めたが 、「え~と」「あの~」「記憶にない」を約20回繰り返すなど、しどろもどろな内容だった。

 その場から送る速報原稿を提稿し終わり、社へと引き上げる途中、先輩カメラマンに思わずつぶやいてしまった。「謝罪でもなく釈明も仕切れていない…。とらえどころのない会見でしたね」。

 すると、先輩は「いや、あの服が気になったんだよね。釈明会見とは思えないワンピースに胸元もかなり開けていただろ。あの見た目はちょっと違うんじゃないか。スタイリストは何してたんだろ」

 確かにロケ現場から駆けつけた斉藤は本人も「昨日、今日とロケが続いて家にも帰っていません。着たきりすずめです」と吐露。私服に近いワンピースに後ろでまとめた髪も本人いわく「ぼさぼさで恥ずかしい」状態。トップ女優とは思え ない“無防備な”外見でテレビカメラ14台、約140人の取材陣の前に24分39秒間、立ち続けた。

 だが、一見、無防備に見えるその装いが“計算”だとしたら―。私が気づく、ずっと前に斉藤の左手薬指に指輪がないことに気づき、写真も送信済みだった“鋭い”先輩の一言で、そんな邪推が頭に浮かんだ。そうだ。そもそも斉藤由貴は 「魔性の女」と呼ばれたこともあったんだったと…。

 ここ1年、不倫報道を受け、釈明会見をした俳優は数多い。渡辺謙、中村芝翫(当時・橋之助)、三遊亭円楽。誰もがダーク・スーツに身を包んでいた。そう、男たちはスーツという“戦闘服”で殺到する質問から身を守るっているかのよ うに見えた。

 実は、か弱い男たちがスーツで身を守る一方で「そのままの姿」で登場した斉藤。カメラマンのファインダー越しの視線は、そこにある種の“不自然さ”を感じ取っていた。

 そもそも今回の会見は、渡辺らのケースで見られた主役の周囲をリポーター、記者らが取り囲む囲み形式ではなく、上手にただ一人、マイクを持って立った斉藤に対し、約5メートルの距離を置いて正対するリポーター陣が質問するという 形。マイクも一人が質問したら、次の質問者に回すという形式を取ったため、畳みかけるように質問することが不可能になった。渡辺の会見で「世界のワタナベ・ケンも一人の男なんですね」など、鋭すぎる質問を飛ばした女性リポーターも 出席していたが、その舌鋒はやや抑えめだった。

 会見場の設定は老舗所属事務所の看板女優を守るための完璧な仕切りによるものだが、斉藤自身もうるんだ目で一人一人の質問者の目をきちんと見つめて答え続けた。

 勝手な想像だが、その思いは私はこんなに無防備です。全てをさらけ出して答えていますか―。「目は口ほどに物を言い」いや、この場合は「装いは口ほどに物を言い」。ベテラン女優のロケ現場から直行の生成りの装いが取材陣の「本音 を聞き出すぞ」という勢いを見事にそぎ落とした部分はなかっただろうか。

 ふと振り返れば、斉藤が頭を下げたのは冒頭の15分の遅れを謝罪した部分のみ。もちろん、不倫関係を完全否定したわけで、その他の部分での謝罪の必要は一つもない。それでも、どこか、ベテラン女優の手に平の上で踊らされた24分 39秒だった感が否めない。

 最後の最後、91年の故・尾崎豊さん、93年の川崎麻世との不倫騒動に続く釈明会見となった斉藤に取材陣から「3度目の不倫報道ですが、こうした騒ぎから『卒業』できそうですか」という往年のヒット曲の題名を盛り込んだ質問が飛 んだ。

 数秒、絶句した後、「気の利いたことを言った方がいいんでしょうが、そういう場じゃないし」とつぶやいた後、質問者をじっと見つめながら「そういうことを聞かれるってことが…」と言葉を続けようとした斉藤。その瞬間、隣にいた事 務所の社員に肩を抱かれ、会見場から連れ出される形となったが、その時だけ「計算ではない」生身の斉藤の姿が垣間見えた気がした。その言葉の先が聞きたかった。(記者コラム・中村 健吾)
参照元:ベテランカメラマンだけが感じ取った釈明会見での斉藤由貴の「魔性」
2017年8月4日18時0分 スポーツ報知

宮根誠司が斉藤由貴のダブル不倫疑惑を擁護か「なかなか判断が難しい」
2017年8月3日 22時30分 トピックニュース

3日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、司会の宮根誠司が、女優・斉藤由貴を擁護するような発言を連発した。

番組では、同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、斉藤と医師のダブル不倫疑惑について取り上げる中で、当事者である医師の男性を独自取材した。

同日の午後1時頃にインタビューしたというVTR映像では、リポーターが医師に厳しい質問を続けた。その中で、「週刊文春」に写真付きで報じられた斉藤との「恋人つなぎ」の真相を問われた医師は、映画に感極まってむせび泣く斉藤を「介 抱」してエスコートしただけで、あくまでも医者と患者の関係にすぎないと主張。不倫疑惑については「まったく、ありえません」と完全否定をした。

VTR後、スタジオの宮根は「これはなかなか判断が難しい!」「選手とコーチという関係」と声をあげる。宮根は、体調を崩してふらつく女性の肩を支えたり、腰に手を回して支えたりしている姿を撮られても、恋人や友だち以上の印象を与 えてしまうと指摘。

しかし、番組アシスタントの林マオアナウンサーは「でも介抱するのに、こう(恋人つなぎに)はならないような…」と自ら恋人つなぎを再現しながら、首をかしげた。

すると、宮根は「それは新幹線のイメージがついているからちゃう? 僕らに」「(不倫の事実は)まだわからへんけど」と、今井絵理子参議院議員と橋本健神戸市議の不倫疑惑を連想させる一言を放ち、斉藤を擁護していた。

なお、斉藤は同日夜に都内で緊急会見を開き、手をつないでいたことについては「足元がおぼつかない私を支えてくれたのかも…」「記憶があまりない」「ほんの数秒だったはず」と答えている。
参照元:宮根誠司が斉藤由貴のダブル不倫疑惑を擁護か「なかなか判断が難しい」
2017年8月3日 22時30分 トピックニュース

安藤優子 斉藤由貴が「恋人つなぎ」した気持ちを分析
2017年8月4日 21時5分 トピックニュース

4日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で、安藤優子が、不倫疑惑の男性と「恋人つなぎ」をした女優・斉藤由貴の気持ちを代弁するかのように持論を展開した。

番組では、斉藤のW不倫疑惑を特集。「週刊文春」は、斉藤が相手男性と指と指を絡めた恋人つなぎをしている「手つなぎダブル不倫疑惑」を報じたが、斉藤は会見で不倫関係を否定した。一方で、相手男性に対して「好意はあるから、手を 出されたときにつなぐ的なことは、きっとある」と発言する。

恋人つなぎをした経緯について、斉藤は映画を見て、疲れていたこともあり、感動して泣いたという。そんな中、階段で足元がおぼつかない瞬間を、相手男性が支えようと差し出した手をつかんだと説明。それが恋人つなぎだったかは、「実 はあんまり記憶がなくて」と振り返っている。

斉藤の恋人つなぎについて、安藤は見ていた映画の影響ではないかと推測した。斉藤が見た映画は「光をくれた人」という夫婦の愛と葛藤を描いた作品だという。安藤は「それを見て、お互い好意があるから、手が出たら『キュッ』っていっ ちゃった」「『キュッ』って、ちょっと盛り上がっちゃった」と語り、不倫関係ではなく少し気持ちが盛り上がっただけではないかと分析していた。
参照元:安藤優子 斉藤由貴が「恋人つなぎ」した気持ちを分析
2017年8月4日 21時5分 トピックニュース

杉村太蔵が斉藤由貴の釈明会見を絶賛「これがすべて」「大成功なんですよ」
2017年8月6日 13時14分 トピックニュース

6日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、杉村太蔵が、斉藤由貴の釈明会見を絶賛した。

「週刊文春」の3日発売号は、斉藤と妻子ある50代男性医師の不倫疑惑を報じていた。報道を受けて斉藤は記者会見に応じ、不倫関係を否定するも、相手に対する好意を抱いていたなどと告白していた。

番組では記者会見の様子をVTRで紹介し、尼神インターの渚は「天然な感じで、他の会見と比べて、あんまイラッとせんかった」と感想を述べる。

すると杉村が、「世間では(謝罪会見で)『真相を述べよ』と言うけれど、そんなことはない!」とし、「世間の怒りを収めることが、謝罪会見の大事なポイントなんですよ」と力説する。斉藤の会見を「これが(謝罪会見の)すべてなんで すよ」「大成功なんですよ」と高評価したのだ。

続けて杉村は、斉藤があるラジオ番組に出演した際、激励のメールが400通ほど届いたという事実も補足していた。
参照元:杉村太蔵が斉藤由貴の釈明会見を絶賛「これがすべて」「大成功なんですよ」
2017年8月6日 13時14分 トピックニュース



スポンサーリンク


スポンサーリンク

ヨガフェスタ 2017 対面コンサルテーションのお知らせ

今年も2017/9/16(土)-9/18(月・祝)の日程(3日間)で、国内最大のヨガイベント・ヨガフェスタ横浜 2017併設イベント・ナチュラル&セラピーフェスタに出展し、イベント特別料金で、対面コンサルテーションを行います。

ここ数年、ヨガフェスタでイベント特別料金による対面コンサルテーションを継続して行っています。


YogaFesta_2017


ヨガに興味があって、イベント自体に参加してみたい方も是非、お越し下さい。


因みにヨガフェスタ自体の開催時間は、若干、異なっています。


詳しくはヨガフェスタ公式ページをご覧下さい。


イベント名


ヨガフェスタ横浜 2017併設イベント・ナチュラルセラピーフェスタ


日時


2017年9月16日(土) 10:00~18:30
2017年9月17日(日) 9:30~18:30
2017年9月18日(月・祝) 9:30~17:30


会場

パシフィコ横浜 展示ホールD (入場料無料)


鑑定料


10分 2,000円
20分 4,000円
30分 5,000円


予約について


ヨガフェスタは大変、来場者が多いイベントです。

午後や夕方の終了間際の時間帯は混み合うことが多くなっております。

午前中が比較的すいている時間帯です。


30分以上の鑑定を受ける方に限り、事前に予約も受け付けます。


件名を「ヨガフェスタ対面鑑定希望」とご記入頂き、【必要事項】を以下のメールアドレスまでご連絡下さい。



【予約申し込み先メールアドレス】

address_hk



【必要事項】

①お名前(ローマ字+ひらがな)
②生年月日(母子手帳記載、西暦)
③出生時間(母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
④出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)
⑤鑑定依頼内容(鑑定で調べて欲しい事柄、テーマ、要望など)
⑥希望日時(第3候補までお願いします)


皆様のお越しをお待ちしております。


鑑定家 秀吉




YogaFesta2017_TimeSchedule5
※基本的に当日、会場で、申し込み頂くのでかまいませんが、予約を頂ければ、出生図を出力し、事前に調べた上で、当日の鑑定を行ないます。

※H.Y様へ
2017/9/10付で申込み頂いていますが、携帯に返信をしてもメールがエラーとなり、返信できません。
NTT Docomoで、PCメールを受信しない設定を解除して頂いた上で、返信して頂くか、もしくはPCのメールからご連絡下さい。宜しくお願い致します。























スポンサーリンク


スポンサーリンク

ジャスティン・ビーバー日本公演中止

まもなく木星が天秤座に入室するが、その影響がここ最近、現れてきたようである。

木星は2017年9月12日に天秤座に入室するが、これを書いている今現在、7月30日であるため、2ヶ月前を切っているのである。

従って、もう木星の天秤座への入室の効果が始まっている。


ジャスティン・ビーバー日本公演中止もそれを象徴する出来事である。


JustinBieber_chart

ジャスティンビーバーの出生図を見ると、ラグナが蠍座で、2、5室支配の木星と9室支配の月が12室でコンジャンクションしている。


木星が12室に入室するタイミングは休息の時期であると共に海外で過ごしたりする時期である。


2つのトリコーナの支配星、9室支配の月(霊性、精神性)と5室支配の木星(学習)が12室(海外、グルのアシュラム)に在住している。


そして、ガージャケーサリヨーガ(学者のヨーガ)を形成している。


知性と記憶力、永続する名声を表している。


トランジットの木星がこの出生の木星にリターンしようとしているのである。


これは何か敬虔な気持ちになって、宗教生活に入り、グルのアシュラムで過ごしたいと願うような時期を意味している。


そして、聖典の知識などを学ぶ時期と言えるかもしれない。


7月29日付の東スポの記事を見ると、そのことが良く示されている。


ジャスティン・ビーバー世界ツアー中止の真相
2017年07月29日 16時30分 東スポWeb

カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバー(23)が今週、突然世界ツアーの中止を発表した衝撃のワケが明らかになった!

これまで1年半以上かけ、世界150以上の都市を巡ってきたが、9月の日本公演を含め、14公演を残し、ツアーを打ち切ったのは「疲労がピークに達したから」としていた。だが“健康上の理由”は表向きで「神に身をささげることを決めたから」という驚きの真相が浮上した。ジャスティンに近い関係者は、これまでの“悪い仲間たち”から距離を置き「足しげく教会に通っている」として「最近はいつも教会で知り合った人たちと一緒にいる」と明かした。つまり、これまでの悪行の数々を悔い改め、神の庇護の下に生きていくことを決意したというのだ。

欧米では不良少年がある日、突然改心し、熱心なクリスチャンになるのはよくある話。だが、公演中止が寝耳に水だったツアー関係者にしてみれば「ふざけるな!」だ。

米芸能サイト・TMZは「何の予告もなく、キャンセルになり、ツアースタッフは経済的に苦境に立たされることになる」として「彼らはジャスティンに怒り心頭だ」と伝えた。それもそのはず、ツアースタッフは200人にも上り、今後、予定されていた仕事を失うからだ。

一方、TMZによると、ジャスティンが通っているのは、オーストラリアを拠点に世界中に布教が広まったヒルソング教会というプロテスタント系の教会。ジャスティンはオーストラリアの教会でのイベントに参加するなど「ここ数か月、同教会のカール・レンツ牧師とほぼ一心同体」と同サイトは報じている。

TMZは、ジャスティンがレンツ牧師を“2人目の父親”と慕っており、ツアーで3月にオーストラリアとニュージーランドで公演した際、同牧師がジャスティンの元を訪れたとも報じた。翌月にも2人はニューヨークで再会。教会側は「レンツ牧師がツアー中止を勧めるような言動はしていない」としている。

ジャスティンは26日夜、米国・カリフォルニア州で、運転していた車でパパラッチをはねたとのニュースが世界中に流れた。

事故後の対応が実に良心的で警察に連行されることもなかったというが、改心は本物!?



以下のように記されており、ジャスティン・ビーバーが、オーストラリアを拠点に世界中に布教が広まったヒルソング教会というプロテスタント系の教会に通い、ここ数か月、同教会のカール・レンツ牧師とほぼ一心同体だそうである。



一方、TMZによると、ジャスティンが通っているのは、オーストラリアを拠点に世界中に布教が広まったヒルソング教会というプロテスタント系の教会。ジャスティンはオーストラリアの教会でのイベントに参加するなど「ここ数か月、同教会のカール・レンツ牧師とほぼ一心同体」と同サイトは報じている。


つまり、ジャスティン・ビーバーは、おそらく、これから木星が12室をトランジットする間、世界各地のヒルソング教会をこの自分のグル(師匠)である牧師と共に訪れたり、そこで過ごしたりするのである。


そして、牧師との接触を通して、聖書の教え(聖典の知識)を深めていくのである。





月と木星は5室と9室が絡む素晴らしいガージャケーサリヨーガを形成している。


※またこのガージャケーサリヨーガは、ナヴァムシャ(D9)でもダシャムシャ(D10)でも形成しており、更にチャトゥルシャムシャ(D4)、サプタヴィムシャムシャ(D27)、アクシャヴェーダムシャ(D45)などでも形成している。また木星はナヴァムシャ(D9)、ダシャムシャ(D10)、チャトゥルシャムシャ(D4)、サプタヴィムシャムシャ(D27)などで、同じ牡羊座に在住しており、強力である。



従って、これからジャスティン・ビーバーが、宗教生活に入っていくことは間違いないのである。



因みにジャスティン・ビーバーは、2017年5月8日から木星/土星期に移行しており、マハダシャー木星期におけるセカンドアンタルダシャーに入った直後である。



つまり、マハダシャー木星期の象意が本格的に現れるタイミングであり、まさに人生が変わっていく瀬戸際にあるようである。


マハダシャーロードの木星に対して、木星がトランジットするタイミングは、ジャスティンビーバーにとって信仰生活に入っていく転機となるタイミングである。



現在、トランジットの土星が蠍座に逆行して、3室に在住する8室支配の水星にアスペクトし、木星は乙女座からこの同じ水星にアスペクトして、3室にダブルトランジットを形成している。



3室はダンスパフォーマンスを表すハウスであり、8室は突然の中断を表すハウスである。



従って、今回、公演を突然、中止にしたのは、3室に在住する8室支配の水星に対して、ダブルトランジットが生じていたからである。



マハダシャーロードの木星は、アンタルダシャーロードの土星に一方的にアスペクトしており、主にマハダシャーロードの木星の象意が顕現している。



JustinBieber







(参考資料)



ジャスティン・ビーバー日本公演中止 詳細説明なし
2017年7月27日7時37分 日刊スポーツ

カナダ出身の歌手ジャスティン・ビーバー(23)が世界ツアー中止を発表したことで、9月23、24両日、東京・味の素スタジアムで予定されていた日本公演が中止されることが26日、正式に決まった。

 計10万人の動員が見込まれていた。中止を受け、チケットの払い戻しが今月31日から9月24日まで、購入をしたプレイガイドで行われる。ビーバーは24日、フェイスブックで「ジャスティンはファンを愛しており、がっかりさせるのを残念に思っている」としたが中止理由の詳細は説明しなか った。

一部芸能サイトの取材には「ただ休養する」と、話していた。
参照元:ジャスティン・ビーバー日本公演中止 詳細説明なし 2017年7月27日7時37分 日刊スポーツ

ジャスティン・ビーバー突然の公演中止は宗教理由?
2017/7/30(日) 11:28 日刊スポーツ

24日、ワールドツアーを突然、中止すると発表し、世間を驚かせたジャスティン・ビーバー(23)。その理由は明らかでないが、過去1年半におよぶツアーで疲れ切っているとの関係者の声もある中で、「神に人生をささげたい」という宗教的な理由から、ツアーを中止したとの臆測も飛び出してい る。

 さらに米情報サイトTMZの報道によると、音楽業界では、ビーバーが音楽活動を後回しにするのではないか? との懸念が広まっているという。

 最近は定期的に教会に通い、教会関係者との親交を深めているビーバーだが、内部関係者に近い情報筋らが同サイトに明かしたところによると、ビーバーは関係者らに、「信仰心によって、自分がアーティストでなくなることはない」と語っていたらしい。

 新曲を作るためにコンスタントにスタジオ入りしているというビーバーだが、ツアー中止後は、レコーディングを行っていないという。音楽活動に復帰する意思があることを明言してはいるものの、それが果たしていつになるのかは、まだ決めていないようだ。

 別の情報筋によると、タイミングを見計らい、ワールドツアーを再開するつもりのようだが、少なくとも今後2年間はツアーを行わない可能性が高いという。(ニューヨーク=鹿目直子)
参照元:ジャスティン・ビーバー突然の公演中止は宗教理由? 2017/7/30(日) 11:28 日刊スポーツ

ジャスティン・ビーバー、車で人をはねる⇒はねられた男性「なんて日だ!」
HuffPost Japan | 執筆者:南 麻理江
投稿日: 2017年07月28日 18時11分 JST 更新: 2017年07月28日 18時11分 JST

カリフォルニア州ビバリーヒルズの警察は7月28日までに、歌手のジャスティン・ビーバーさんが運転するトラックがパパラッチをはねて負傷させたと明らかにした。CNNなどが伝えた。

事故が起きたのは26日夜。イベント会場から出ようとしたビーバーさんの車を取り囲んだ大勢の取材陣の中の1人がはねられたという。

事故当時の様子を撮影した映像には、ビーバーさんが車から降りて、ひいてしまった男性を介抱する様子が映っている。

はねられたカメラマンのモリス・ラモントさんは病院に搬送後、自身のInstagramに"自撮り動画"を投稿して家族や友人に無事を報告した。

動画で彼は、以下のように語った。

僕は何とか無事だ。誕生日を迎える数時間前にジャスティン・ビーバーにひかれてしまった。なんて日だ!彼はいい子だけどね。

あのトラックは少し彼には大きすぎたよ。前が見えないくらいだったからね。

でも繰り返しになるけど、彼は車から降りてきてすごく献身的に振る舞った。彼はいい子だ。事故は起きるものだからね。

ラモントさんは「これからレントゲンを撮ってくるよ」と言って動画を締めくくった。
参照元:ジャスティン・ビーバー、車で人をはねる⇒はねられた男性「なんて日だ!」 HuffPost Japan | 執筆者:南 麻理江 投稿日: 2017年07月28日 18時11分 JST 更新: 2017年07月28日 18時11分 JST









スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術上級セミナー第2回のお知らせ 8月26日(土)13:00 ~『予測のための分割図及びダシャー/アンタルダシャーの適用』【ダシャー編】

インド占星術上級セミナー【分割図編】ですが、7月29日(土)に無事終わりました。

内容的には分割図のシンプルで明快な分析法について基本資料と事例を使って解説する内容でしたが、セミナー終了後に頂いた感想を読むと内容的に満足して頂けたようでまず成功と言えそうです。

次回の内容は、今回の続きとヴィムショッタリダシャーの解釈方法になります。

今回、収容人数が少なかった関係で、申し込みを早期に締め切りましたが、次回8/26(土)は若干、広めの部屋を予約しております。従って、あと5名様程、追加で参加できますので、もし参加を希望されていた方がいらっしゃれば、是非、追加でお申込み下さい。

7/29に行った【分割図編】の内容を復習してから、ダシャーの内容に入っていきますので、8/26から参加しても問題ありません。



【上級セミナーについて】

上級セミナーは、ジョーティッシュの学習をある程度、積み重ねてきた方を対象としています。

日頃、惑星の生来的、機能的吉凶の解釈や木星と土星のダブルトランジットを用いて、予測を行なってみるものの、

分割図やダシャーを用いての正確な予測に必要なスキルの全体像が分かっていない方、

分割図の使用や、ダシャーの解釈に関する体系的な学習を行っていない方を対象とします。

内容はジャイミニシステムではなく、パラシャラシステムの上級レベルになります。

本、セミナーはこれまで講座やDVD教材などで提供してきた内容の焼直しではなく、

ある時から私自身に全く次元の違う理解をもたらした考え方について、その源に遡って学習していきます。

海外の資料、海外の書籍の日本語訳などを用い、事例チャートなどを用いて、学習していきます。

私自身、これまで学習の途上で、様々なセミナーに参加して来ましたが、これらのことについて体系的に習うことは出来ませんでした。

ジョーティッシュを実践している方でさえも、これらの内容について理解しているかは分からない、そうした類の知識であり、

今後、実践上で、これらの考え方を適用して、理解を深めなければならない分野です。



コース名

インド占星術上級セミナー『予測のための分割図及びダシャー/アンタルダシャーの適用』
7/29(土)分割図編 ※主に分割図の見方について学習
8/26(土)ダシャー編 ※主にダシャーの見方について学習

※分割図編とダシャー編の内容は明確な線引きはありませんので、7/29(既に終了), 8/26で両者を共に学習していきます。
8/26からの参加でも問題ありませんので、是非、ご参加ください。


講座内容

・予測のために分割図及びダシャー/アンタルダシャーをどのように使用するか

・分割図解釈の方法論

・ナヴァムシャ(D9)、サプタムシャ(D7)、ダシャムシャ(D10)、ドヴァダシャムシャ(D12)の使い方

・非パラシャリ系の分割図の使用(D11, D8他)






日時

2017年8月26日(土) 13:00 ~ 17:00

入場開始 12:50
講座開始 13:10
講座終了 16:45

(途中5分休憩が入ります)

17:00~ 懇親会 (2時間程度) ※自由参加




会場

備屋珈琲店恵比寿店 ROOM WEST
東京都渋谷区恵比寿4-4-11
JR恵比寿駅東口より徒歩3分




定員

14名




参加費

13,000円/正味 3時間35分

※飲み物代は参加費に含まれています。

参加費は毎回、その都度、受領します。(授業開始前に回収します)

また1回毎に次回の参加の有無を確認します。

用事があって、開催日に参加できなかった場合、個人レッスンで同じ内容を受講可能です。

その際、料金は16,000円/120分となります。120分で1日分の講座内容を終わらせます。




参加資格

・惑星の生来的吉凶、機能的吉凶の違いなどが理解できている

・ポジション、アスペクト、コンジャンクション、ラージャヨーガ、ダナヨーガ、アリシュタヨーガ、トランジット、ダブルトランジット、トリコーナ、ケンドラ、ウパチャヤ、トリシャダ、ドゥシュタナなどの用語の意味が分かる

・分割図、ヴィムショッタリダシャーが何であるか分かっている

一度、学習したことがあれば問題ありません。

※インド占星術入門講座メルマガに登録されている方で、こうした用語について一通り、理解できていれば問題ありません。

上記の内容を復習している時間はありませんので、参加される場合は、これらについて事前に学習をお願いします。

内容が理解出来なくても返金はできませんのでご了承下さい。




予約について

①お名前(ローマ字+ひらがな)
②出生年月日と出生時間(母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
③出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)
④セミナー終了後の懇親会参加の有無(恵比寿駅周辺で2時間程度(3,000円~4,000円)を予定しています)

上記のデータを添えて、address_hkまでお申込み下さい。

件名は「8/26インド占星術上級セミナー参加希望」でお願いします。


定員になりましたので募集を打ち切りました。(以後、キャンセル待ちのみ受け付けます)2017/8/18更新




【第1回 7/29に参加された方の感想】


大変興味深いテクニックを知ることができ、よかったです。これだけの資料を準備される先生に頭が下がります。ありがとうございました。

(埼玉県 M.M様)



昨日は貴重なセミナーをありがとうございました。
分割図>出生図という概念をお聞きし、個々人それぞれの目的や人生のステージにおいて悩みとなる問題点(例えば、仕事や結婚、子供、資産など)への具体的な指針が見いだせていくのではないかと感じました。
メルマガで基礎的な部分をご教示頂いておりましたので、用語などはなんとか理解できるというような状態での参加でしたが、それぞれのポイントで詳細な説明を含めたセミナーでしたので、理解しやすかったです。
セミナー説明の途中、不明点などがありましたので、自身で調べてみても分からなかった場合、追って質問させて頂けますと幸いです。

そして、何よりも現在もっとも新しいとされる手法(考え方)に触れることができたことに感謝する次第です。セミナー時に配布して頂きました膨大な資料も含めて、自分でも復習していきます。(実際に自分の分割図を見つつ、「!!」となっております)

次回以降のセミナーも楽しみにしておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

(東京都 まい様)



Jyotish を学び始めて1年余りと経験が浅く、不安はありましたが、分割図の基礎と新しい分析法を知ることができたので、思い切って参加して本当に良かったです。なかでも新しい分析法に関する資料を秀吉先生が豊富にご用意くださり、とてもありがたく感謝しています。セミナーで教えていただいた内容を反復し、今後の分析・検証・鑑定に役立てていきたいと思います。ありがとうございました。

(東京都 T.様)



非常に分かりやすい講師の説明で、パズルが未完成の様な、今一つしっくりこなかった部分が、今回のセミナーで前進することが出来たように思います。
短期間での詰め込み型での終了ではなく、月1回 or 2ヶ月1回のペースでも良いですので、様々な事例の検証も含め、是非ともこのままセミナーを続けていただきたいと思います。
今回参加させていただき本当によかったです。今後とも宜しくお願い致します。

(東京都 さと様)



分割図を観るうえで初めて知る内容もありました。
D1図だけでは不明瞭な場合でも、他の分割図で明確になったりするので役に立ちます。
今回の講座で 自分の曖昧だったところが見えてきたりより納得できた点が増えたので 前進できる糸口が見つかった印象です。

(茨城県 人間7様)



今までに習っていなかった法則だったので大変興味深く勉強になりました。また、とても分かりやすかったです。あと3回のセミナーも楽しみです。

(東京都 k.k様)























スポンサーリンク


スポンサーリンク

2017年7月15日(土)ジョーティッシュ基礎講座 結果報告

2017年7月15日(土)に南アジア文化協会と共催したジョーティッシュ基礎講座ですが、22名の方にご参加頂き、当日の3時間のセミナーはあっという間に終わりました。

ジョーティッシュの基本的な仕組みの話から、医療占星術からアーユルヴェーダのドーシャ診断、宝石処方理論など、かなり盛りだくさんな内容で、予定の時間では終わらず、何とか懇親会を予定していた時間まで延長して、全てを終わらせることが出来ました。


20170715_seminar_photo2
20170715_seminar_photo

アーユルヴェーダのドーシャ診断についてのワークショップでは、以前のセミナー参加者の協力で作成した「診断の手順」を披露しました。

この診断の手順は、実際、ドーシャが分かっている何名もの方に適用して、有効な結果を得ている方法ですが、この手順を今回の参加者に適用した所、有効にドーシャの診断に役立つことを改めて確認しました。

ドーシャを脈診や質問紙によって調べて既に知っている方々が、かなりの確率で、「診断の手順」でも同じ結果が出ることが実証された訳です。

今回、リピーターの方が何名か参加されているのを確認しましたが、毎回、このサイエンスに興味を深めていらっしゃるようです。

今回、実際にチャートを使って検証することで、参加者の皆さんには、自分自身の健康状態、ドーシャ体質、適した宝石、色彩などを理解して頂けたのではないかと思います。

また面白いテーマを見つけてセミナーを開催しますので、その際は、是非、ご参加下さい。

秀吉



【セミナーに参加された方の感想】


西洋占星術による判定とのずれを垣間見ることができ有意義でした。
ASと太陽のハウスがずれた為、かなりこれまでの認識との大きい差があるのではないかと感じています、今後は「ヴィヌシャタリーダシャーによる未来予知」の部分と「分割図の理解」を深めたいです。あとは、支配星が定座せず異なるハウスに座している場合の
複合的な読み方がむずかしかった為再認識を図りたいです。

(Y.W 様)



先日はありがとうございました。
初めてインド占星術を学ぶには、ちょっと高度な内容であったと感じますが、インド占星術の魅力がとても伝わってくる講座でした。正直なところ、難解なので諦めるか?頑張って学び続けるか?迷うところでもありますが、やはり時間が掛かっても学んでいけたらと思っています。自分で本等で言葉の意味を理解した上で、またセミナーに参加させていただけたらと思います。ありがとうございました。

(S.K 様)



なかなかの長時間でしたが期待以上に楽しいものでした。ありがとうございました。
かなり難解ではありましたが、チャートをもう少し読めるようになると「自分はこういう人」という思い込みの排除ができたり、後になって気づくいつもやる失敗の回避に役立てられそうだという感覚はあり非常に興味深いものでした。ぜひ知り合いにも教えたいです。
今回は受講者のレベルに差があった・何度も同じことをやっていてもつまらない等あるかと思いますが、チャートの基本的な読み方に特化した回があるとうれしいです。その上で健康・恋愛&結婚・仕事・人間関係で陥りやすいところなどテーマを絞った回があるともう少しとっつきやすかったのかなと思います。
また都合があえばぜひ参加したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

(S.M様)



土曜日はご指導ありがとうございました。前回セミナーに参加したこともあり、今回は余裕を持って先生のお話を聞くことが出来ました。参加をすればするほど理解が深まり、よりインド占星術の勉強をしたくなりました。今回は特に宝石について興味があり、楽しみにしておりました。自分の誕生石はつけても問題ない石だったり、好きな石は付けない方が良い石だったりと、色々知ることが出来ました。インド占星術はとにかく分析分析!因数分解と宇宙と人のコラボのようで、興味深く、少しずつでもマスターしていきたいと思っています。これからも講座がありましたら、また参加したいと思います。また、他の国の方々とも交流が持てていければなと思っております。

(I.Y様)



わかりやすかった。
通信教育で教わったのですが意味がわからず理解できなかったことがわかりました。もう一度、見直してまた勉強したいと思います。

(M.N様)



インド占星術の良い復習になりました。また、宝石処方のコツについてよくわかりました。今後に役立てます。

(F.M様)



セミナーありがとうございました。
私の理解力処理能力の低さゆえに半分も理解できたかあやしいですが、きっかけとして、とても有意義な時間を過ごせました。これからゆっくりでも勉強していきたいと思います。

(M.C様)



難解なので興味があってもなかなか入り込めなかったのですが、今回ので少し入口には入れたような気がしました。ありがとうございました。

(K.R様)



予備知識が何もない状態で参加したのですが、とても勉強になりました。次回もぜひ参加したいと思います。YouTubeも拝見しました。次回は、YouTubeでお話されてたような、自分のチャートを読むヒントをいただけると嬉しいです。たとえば、このアセンダントはこういう傾向があるとか、月をどう見るかとか。どうぞよろしくお願いいたします。

(F.N様)















スポンサーリンク


スポンサーリンク

おしどり夫婦・松居一代と船越英一郎の離婚調停

松居一代と船越英一郎の離婚調停についてメディアが報じている。


Funakoshi_Matsui_2shot

また松居一代がyoutubeに動画を投稿するなどの奇行なども報じられ、ワイドショーを賑わしているようである。


松居一代騒動で船越英一郎事務所「離婚調停は事実」
記事提供:日刊スポーツ 2017年7月5日

タレント松居一代(60)が、夫で俳優の船越英一郎(56)に関する動画をYouTube公開したことなどを受けて、5日、船越の所属事務所がコメントを発表した。

 「離婚調停申立書の提出は事実ですが、それ以上のプライバシーについてはお話しできません。なお、一部に言われているような船越のプライベートに関しては、事実ではないことを、この場をお借りして一言申し上げます」と、離婚の話が出ていることは認めたものの、その他の事柄に関しては否定した。

 2人の離婚調停については、「週刊文春」のウェブサイト「文春オンライン」が5日にスクープとして掲載している。


松居一代と船越英一郎の出生時間は、2チャンネルに以下のように記されている。


松居一代に関しては、何かの番組で占い師に見てもらう企画の中で、7時もしくは8時であると確認されたようである。



船越英一郎 1960年7月21日 13時15分 神奈川県足柄下郡湯河原町

松居一代  1957年6月25日 7時か8時 滋賀県近江八幡市

香港だかの占師に見てもらう番組で。 松居の方は●時00分で、7か8の数字がよく見えなかったが辰刻になってたので7か8のどちらか。

(2チャンネルより)


そこで、早速、チャートを作成してみた。


松居一代に関しては、出生時間を7時で作成したチャートと8時で作成したチャートを比較した結果、結婚のタイミングなどから、おそらく7時で作成したチャートが正しいと判明した。


MatsuiKazuyo_chart

ラグナは蟹座でナクシャトラはプシュヤである。


またラグナに5、10室支配のヨーガカラカの火星が在住し、減衰しているが、火星が高揚する山羊座の支配星が月から見て、ケンドラに在住しているため、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


まず、松居一代のメディアの前での喜怒哀楽を素直に表現する様は、まさに蟹座ラグナのキャラクターである。


蟹座ラグナは自己中心的でその行動パターンは非常に分かり易い。


ラグナロードの月は11室で牡牛座のクリティッカーで高揚している。


しばしば牡牛座ラグナの人や牡牛座が強い人は、カリスマ主婦として、料理や編み物、インテリア、子育ての分野で、主婦たちに手本を示し、主婦たちの教祖のような存在となる人が多い。


従って、ラグナロードの月が11室で高揚する配置も、主婦から評価されて成功する配置である。


これは彼女が、以下のような家庭の主婦業の分野で、主婦たちの支持を得て成功し、ライフスタイル(家事)アドバイザーといった称号を得ていることと関係している。


wikipediaには以下のように記されており、主婦たちのカリスマとしての人物像が浮かび上がってくる。



中でも綺麗好き・掃除好きな性格から、掃除に関する独自の工夫を発表。TV出演だけでなく、掃除関連の著作を多く出版し、とにかく綺麗好きで掃除好き。細かい部分の掃除に便利な棒状の掃除用具(通称「松居棒」)を開発して、その作成法をTVなどで公開している。
主婦としての知恵・知識は掃除だけに留まらず、調理器具などの日用品、風水、投資などマルチな領域で活躍。圧力鍋をプロデュースし、自らテレビショッピングで調理法を実演しているほか、包丁や洗剤をプロデュースしている。

(wikipedia 松居一代より引用抜粋)


そして、以下のような著作を出版して、家庭の主婦業における様々なノウハウを提供している。



『欠陥マンション、わが闘争日記―ゼネコンに勝った!壮絶600日の全記録』PHP研究所 2000年
『松居一代の超(スーパー)おそうじ術』主婦と生活社 2004年
『松居一代の超整理・収納術』主婦と生活社 2005年10月
『松居一代の開運おそうじ本』主婦と生活社 2007年
『松居一代の超お料理術』主婦と生活社 2006年

(wikipedia 松居一代より引用抜粋、一部編集)


こうした文筆、著述業にも才能を発揮しているのは、3室支配の水星が11室に在住し、ラグナロードの月と接合し、5室にアスペクトしている為である。


ラグナロードの月が11室で高揚することによって、主婦たちから高い評価を得ているが、それに3室支配の水星が絡むことによって、著述業という形で、その成功がサポートされているのである。


この強い11室がテレビ出演、株式投資、著作出版、お掃除、お料理グッズのブロデュース及びロイヤリティーなど様々な収入をもたらしている。


更に9室支配の木星がメディア、著述の3室に在住し、3室支配の水星にアスペクトしている。


これはマスコミ、メディア業界で、師匠のような人物がおり、その人のおかげで芸能活動が出来たり、出版が可能になっていることを示唆している。


11室支配の金星が12室支配の水星と星座交換して、11-12の絡みを生じているが、この星座交換は、収入の損失を表してはいないようである。


松居一代は投資家として有名であり、日本株を初めとして、海外の国債や社債などをトレードして、100億円程の個人資産を保持しているとネット上には記されている。


ラグナから見て、11室支配の金星と2室支配の太陽が12室で、2-11室のダナヨーガを形成する配置は、海外からの収益と読む必要があるようである。

12室は双子座で風の星座であり、双子座は株式市場、証券取引所の表示体である。


また月ラグナから見ると、ラグナロードの金星と2、5室支配の水星が星座交換して、1-2、1-5のダナヨーガを形成し、また4室支配の太陽とラグナロードの金星が絡んで、1-4のラージャヨーガを形成しており、不動産投資なども示唆る配置である。


実際、27歳の頃に4つのマンション購入から投資生活を開始したそうである。


また2、5室支配の水星は、9、10室支配の土星と相互アスペクトして、2-9、5-9、5-10のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成している。


このように松居一代の月から見たダナヨーガは強力であり、ラグナから見た時に11室と12室が星座交換しているというのは収入に困ることを示してはいない。


むしろ、稼いだお金で、しばしば高額な買い物をすることとして現れているようである。


但し、沢山のダナヨーガが成立しているため、出費よりも常に収入の方が上回っていることが分かる。


出生時間を7時で作成すると、ナヴァムシャのラグナが乙女座になり、8時で作成するとナヴァムシャのラグナが山羊座になる。


1986年のラーフ/水星期にDCブランドの経営者と結婚し、1996年の木星/木星期に離婚した後、2001年の木星/水星期に船越英一郎と再婚している。


MatsuiKazuyo_Marriage2

最初の結婚時のマハダシャーロードのラーフは牡牛座に在住しており、ディスポジターは結婚の表示体である金星である。


そして、金星は4-10室の軸に在住している。


アンタルダシャーロードの水星はラグナの支配星(7室から見た7室の支配星)である。


船越英一郎との再婚時は、マハダシャーロードの木星は7室の支配星で、アンタルダシャーロードの水星はラグナロード(7室から見た7室の支配星)である。


またナヴァムシャのラグナを乙女座にすると3、8室支配の火星がラグナに在住して7室にアスペクトしている。


この配置はサディスティックな配置であり、パートナー虐待の配置である。


もしナヴァムシャのラグナが山羊座であるとこれらのことが説明できないため、出生時間は7時で正しいことが分かる。


因みにこの時点で、出生図のラグナがプシュヤに確定する。


8時だとアーシュレーシャになるが、松居一代の出生時間は7時で、ラグナはプシュヤで正しいようである。


この松居一代の再婚のタイミングが、木星/水星期であるが、マハダシャーロードの木星は7室支配で5室に在住し、5-7の絡みが生じている。


これは恋愛結婚のコンビネーションである。


松居一代は出会った時、「この人は自分の旦那になる」と直感したという。


これは一目ぼれであり、恋愛感情を表している。


機会がある毎に船越英一郎の自宅の掃除をしたり、たまたま出会ったふりをして弁当を渡したそうである。


マハダシャー木星期に入った後の3番目のアンタルダシャーである木星/水星期に結婚しているが、2000年11月24日までは木星/土星期であるため、実際はマハダシャー木星期のセカンドアンタルダシャーで出会いがあったと考えられる。


つまり、松居一代にとって、船越英一郎は理想の相手であり、好きな相手であり、ぞっこんに惚れ込んだ相手であったということである。


そして、マハダシャー木星期に2人の結婚生活が続いていくのである。


そして、船越英一郎が家を飛び出して別居生活を開始したのが、マハダシャー木星期の最後のアンタルダシャーである木星/ラーフ期である。


マハダシャー土星期になる直前であった。


最初は別居生活を隠していたが、最近では隠すことも出来なくなり、2016年1月頃には一部で離婚報道も為されている。


しかし、松居一代は会見の中で否定している。


土星はナヴァムシャで6室支配で3室に在住して、ラーフ/ケートゥ軸と絡んで傷ついている。


従って、木星期の間、長く続いてきた恋愛結婚の時期が終わりを遂げたのである。


かつてはおしどり夫婦と呼ばれ、2006年には理想の夫婦を表彰する「パートナー・オブ・ザ・イヤー06」にも選ばれた。


この時、船越は「何があっても2人でいることが大事」と語ったそうである。


この時はまだ木星/金星期であった。金星はナヴァムシャで9室支配で10室に在住して、ラージャヨーガを形成しており、この時はまだ恋愛感情が継続していたようである。


どんなに仲の良い夫婦であってもそれが許されるカルマが終わった時には、それは変化せざるを得ない。


人間は変化していくのである。


最近、松居一代のブログの暴露話が異常であり、パジャマのまま法務局に行ってしまったり、尾行されているとの被害妄想が生じたり、youtubeに動画を投稿して暴露話をするなど、奇行も目立っている。


統合失調症や認知症の疑いももたれているようである。


MatsuiKazuyo_photo3

松居一代は2012年3月26日からマハダシャー土星期に移行しているが、土星は7、8室支配のマラカであり、識別力や判断能力を表す5室(知性、判断力)に在住して傷つけている。


また土星は逆行しているため、凶意を増しており、5室の支配星にもアスペクトしている。


従って、松居一代は健康状態が悪化し、特にそれが識別力、判断力といった知性、マインドの領域で生じやすい配置となっている。


また8室は深い精神的な苦悩を表している。


そして、蠍座は水の星座であり、最も情念が強く、また深い星座である。


また執念深く、粘着質で、情緒的なしつこさを持っている。


従って、船越英一郎と別居した辺りから、嫉妬心や怒りや恨みや悲しみの感情が激しく、そうしたものが妄想や幻覚にまでに発展しやすい危険な状態に入っているのである。


松居一代は、以前から船越英一郎に対する嫉妬や束縛が激しく、共演女優に嫉妬したり、小遣いを3万円しか渡さなかったり、女性とのメールのやり取りを見ると携帯電話を煮たりしたそうである。


日常的に7、8室支配で5室に在住する土星が正常な判断力を狂わせやすい配置になっており、嫉妬心、悲しみ、恨みの感情などが、判断力に障害をもたらし、現在は、マハダシャー土星期に移行したことで、そうした感情が、妄想、幻覚さえも生み出していくようなそうした危険な状態にいるということである。


土星は蠍座に在住しているため、嫉妬心が強く、それが妄想と結びつくため、始末に負えないのである。


船越英一郎は、そうしたことに嫌気がさし、マハダシャー木星期の終わり、最後のアンタルダシャーの時期に次のマハダシャー土星期への予感を感じさせる中で、ついに別居を決意したと理解できる。


この5室の配置で思い当たるのは、ロナルド・レーガン元大統領のチャートである。


レーガンは射手座ラグナで、5室に2、3室支配の土星が減衰し、8室支配の月とラーフが同室している。


レーガンは1994年の土星/木星期にアルツハイマー病であることを公表したが、このレーガンの配置にも5室への土星の在住や8室の絡みなどが見られる。


松居一代の奇行や暴露発言などは明らかに深刻な健康問題を表している。


船越英一郎との離婚調停劇はその原因でもあり、結果でもある。



船越英一郎のチャートについても見てみるが、2チャンネルには出生時間まで提供されていたため、それでチャートを作成した。


FunakoshiEiichiro_chart

船越英一郎は、天秤座ラグナであり、ナクシャトラはスヴァーティーである。


スヴァーティーは自由を愛好し、自由を追求するナクシャトラであり、人生の目的や理想の中で自由というキーワードが重要である。


ラグナロードで8室支配の金星と11室支配の太陽は蟹座のプシュヤに在住しているが、松居一代は、ラグナが蟹座のプシュヤで、5、10室支配のヨーガカラカの火星もプシュヤに在住している。


従って、松居一代とは、10室のプシュヤでのつながりなのである。


つまり、共に芸能界で女優や俳優を演じる中で、仕事上の出会いであったということである。


10室には8室支配の金星や11室支配の太陽が在住しているため、職業上の同僚(11室)であり、また掃除をしてくれたり、弁当を作ってくれたりといった形で、生活を支えてくれる相手(8室)であったということである。


また月から見るとこの金星と太陽は、結婚生活の2室に在住している。


松居一代と結婚した2001年は土星/金星期であり、船越英一郎は生活を支えてくれる相手として松居一代を求めたようである。


ナヴァムシャを見るとマハダシャーロードの土星とアンタルダシャーロードの金星は天秤座でそれぞれ高揚とムーラトリコーナの配置で強力であるが、8室(深い精神的苦悩)に在住している。


この配置は、船越英一郎の松居一代との結婚を明らかに象徴している。



非常に星位が強いが8室に在住している場合、結婚生活には恵まれるが、そこには結婚相手からの支配や束縛、苦悩があることを表している。


松居一代が、資産家であり、掃除や主婦業のカリスマでもある母性的な女性であるため、船越英一郎は経済的な面で、何不自由なく結婚生活を送ったと思われる。


元々蟹座のプシュヤというのは、マザコン的な男性を意味しており、母性的な女性を求めるのである。


またプシュヤというのは、吉祥なナクシャトラであるが、唯一、結婚には恵まれず、問題が生じるナクシャトラである。


それで、バツイチで、子連れの女性と結婚したのである。


家族からは反対され、父親は松居一代とは会わなかったという。


プシュヤ、あるいは蟹座というのは、普通の結婚が出来ず、しばしばこうした結婚をするケースがある。


あたかも母親のような女性と結婚したということである。


そして、松居一代の方が圧倒的な経済力があり、あたかも婿養子(逆玉の輿)であるかのような結婚である。


完全に船越英一郎が尻に敷かれているか、あるいは、完全に飼育されているような状態なのである。


それがナヴァムシャの8室で土星と金星がそれぞれ高揚とムーラトリコーナで強い配置となっている意味である。


従って、結婚は最初から問題を抱えていたのである。


しかし、松居一代は、嫉妬深く束縛的であったが、船越英一郎は、そういう結婚を望んだということなのである。



船越英一郎が、家を飛び出して別居をスタートさせたのは、2011年10月の土星/木星期で、マハダシャー土星期の最後のアンタルダシャーの時期である。


そして、別居後、2013年6月12日からマハダシャー水星期に移行しているが、


水星はナヴァムシャで4、7室支配で、4室で自室に在住し、バドラヨーガを形成している。


そして、月から見て、7、10室支配で7室で自室に在住して、再び、バドラヨーガを形成している。


ラグナから見ても月から見ても水星は7室の支配星で、ケンドラに在住して強く安定している。



つまり、もし現在、船越英一郎にパートナーがいるのであれば、マハダシャー土星期での結婚よりもマハダシャー水星期の方が相手との関係が健全に見えるのである。


遂に船越英一郎は、母親のようなパートナーから飼育され支配される関係から、正常でまともなパートナー関係を築く時期に移行したのである。


土星は年上の相手を象徴しており、その土星は8室に在住している。


水星が象徴するのは若々しさであり、若いパートナーである。



NaritaMiwa


そのため、今、報じられているハワイ在住のエステティシャンである成田美和氏の人物像に一致している。



そのため、今、船越英一郎に起こっていることは、チャートによく現れている。




船越英一郎のチャートをもう一度、見てみるが、松居一代とは土星/金星期に結婚している。


マハダシャーロードの土星は4、5室支配で3室に在住しており、月から7室に在住している。


ここで土星の7室との絡みが見られるが、後は、ナヴァムシャでも土星はラグナから見ても月から見ても7室とは絡んでいない。


アンタルダシャーロードの金星はラグナから見て8室の支配星であり、月から見て2室に在住して8室にアスペクトしている。


またナヴァムシャでも金星はラグナから見て3、8室支配で8室で定座に在住しており、月から見て、6、11室支配で11室に在住し、2、3室支配の土星と接合している。



出生図でマハダシャーロードの土星をラグナとすると、アンタルダシャーロードの金星は6、11室支配で8室に在住し、ナヴァムシャでもマハダシャーロードの土星をラグナとすると、アンタルダシャーロードの金星は8室の支配星である。



つまり、船越英一郎のマハダシャー土星期とは7室との絡みが非常に少なく、登場するハウスは8室、2室、6室、11室などが多い。


特に8室が圧倒的に多いのである。



従って、船越英一郎が結婚に求めたものは、パートナーそのものというよりも経済的安定や家庭の安らぎなどである。


支配者としてのパートナー、世話や保護を与えてくれる相手としてのパートナーである。


そして、マハダシャー土星期の間は、束縛される苦悩がありながらもそこに留まったと言うことができる。




船越英一郎は最近、ドラマの仕事などが激減しているというが、ダシャムシャ(D10:仕事)を見ると、水星は、3、6室支配で12室(損失、海外)で減衰し、ラーフ/ケートゥ軸(海外)と接合している。


おそらくマハダシャー水星期に移行してから、ドラマの仕事が激減し、時々入ってくる海外ロケとか旅番組などの仕事で、ハワイに訪れることにもなったようである。


そこで、エステティシャンの成田美和氏と番組ロケで出会ったということのようである。


NaritaMiwa_tv1

その辺りは、出生図でも確認できるが、水星はラグナから見て、9、12室支配で、10室支配の月と接合して、9-10のラージャヨーガを形成している。


水星は12室の支配星であるため、海外に行くことが多くなり、また9室は学問、真理、巡礼の旅などを表しており、土星期から水星期に変わることで、新しい世界が開けてきたことを象徴している。



7室に在住するルチャカヨーガの火星


船越英一郎の7室に在住するルチャカヨーガの火星について論じていなかったが、これはおそらく松居一代の表示体である。


松居一代は牡羊座に惑星は在住していないが、月は牡牛座で、クリティッカーに在住している。


船越英一郎の火星は、牡羊座のクリティッカーに在住しており、そうした意味で、この火星は星座は異なるが、松居一代の表示体なのである。


火星は蠍座の自室にアスペクトして、あたかも蠍座に火星が在住しているかのような働きをもたらしている。


つまり、牡羊座に在住する強いルチャカヨーガの火星は、激しい粘着質の執念深さも示すということである。




(参考資料)



松居一代VS船越英一郎“離婚調停の恐怖劇場”その全容
2017年7月7日 11時0分 東スポWeb

 タレント・松居一代(60)の“ひとりサスペンス劇場”の全容が見えてきた。もう1人の主役はやはり夫の俳優・船越英一郎(56)だった。しかも船越が松居に離婚調停を申し立てたことが5日明らかに。船越サイドは、不可解行動を繰り返す恐妻に完勝すべく、トラブル対策のエキスパートである剛腕弁護士に依頼したことが判明。かたや逃避行中の松居が行動をともにしているのは一般人! かつてのおしどり夫婦が、離婚大バトルに至った“恐怖劇場”の舞台裏を徹底追跡した――。

 おしどり夫婦といわれた2人は昨年1月、週刊誌「女性セブン」で、初めて離婚危機と伝えられた。別離の意思が強かったのは船越。その後、何とか持ち直し、松居は東京・世田谷区にある夫妻の豪邸に、船越の方はそこから徒歩30秒のところにある高級マンションと都内の高級会員制ホテルで暮らす別居状態を続けた。

「半年ほど前に、船越さんのマンションの玄関前で夫婦で仲良くストレッチする姿を見かけた」とは近隣住民女性。

 だが、離婚の話が加速したのは今年4月。関係者の話を総合すると、松居はブログで明かした通り同月に自殺未遂騒動を起こした後、突如として船越に1億円を要求。船越の我慢は限界に達し、弁護士を立てて離婚調停に踏み切る決断をした。

 昨年11月ごろから船越の不倫を疑っていた松居は、4月の自殺未遂騒動後、ブログで「恐怖のノート」と呼んだノートの1冊に記してあった内容を目の当たりにして、その疑いが確信に変わり、船越の不倫相手はハワイ在住女性だと判断したという。この女性の存在は、5日に松居がネット公開した告発動画で明かされている。ブチ切れた松居は「興信所の探偵を使って夫の不貞調査をしたようだ」(事情通)との情報もある。先月には「週刊文春」に接触。同月下旬、松居は文春の記者とともにハワイへ渡るという大胆すぎる行動に出た。

「船越の不倫相手を見つけだすためだった。芸能界のほんの一部では、くだんの女性との親密すぎる仲が指摘されていたのは事実だったが、ハワイでは決定的な証拠はつかめなかった。現地まで飛んだのに何もできず、松居は憤慨した」(芸能関係者)

 松居の怒りの矛先は文春にも向けられた。テレビ関係者が声を潜める。

「彼女は、文春誌上で自分の寄稿という形で夫の不倫を実名告発しようとしていた。ところが、文春がウラ取りすると松居の言い分に不可解な部分が噴出したこともあって、実名告発をやめた。原稿チェックも拒否した。すると松居が『話が違う!』と激高したようだ」

 松居は先月27日から自身のブログで、自殺未遂や逃避行をほのめかす“爆弾発言”を始めたが、船越は着々と離婚調停の準備を進めていた。

「来る調停に備えて招聘したのが、芸能人などのトラブル対応でエキスパートと言われる剛腕弁護士だった。船越の不倫疑惑を完全否定する方針。松居は、(船越が使用していたとする)バイアグラやハワイ在住女性の来日記録のメモを不倫の証拠にするようだが、不貞の決定打にはならない。船越の弁護士はまず、そこをついて反論の骨子にする」(船越の知人)

 一方の松居はといえば…。

「世田谷の豪邸には帰らず逃避行を続けている。行動を共にしているのは一般男性のようだが、恋愛関係ではない。大手芸能事務所所属の船越が剛腕弁護士をつけたのとは対照的に、個人事務所の松居が現在、頼れるのはこの彼だけ。このままでは圧倒的に不利なので、優秀な弁護士をつけられるかが焦点」(前出の芸能関係者)

 6日発売の文春によると、船越は松居からの家庭内暴力(DV)被害を訴えている。船越が過去に発症した顔面神経まひについて、松居が糖尿病の影響によるものと考えるのに対し、船越はDVによるストレスだと主張しているといい、言い分は食い違う。

 本紙は5日、松居の携帯電話に通話を試みたが応答はなし。そこで滋賀県に住む松居の父親に「娘さんの夫婦関係についてご存じか?」と電話取材したところ、「船越についてはしゃべらん。今、ご飯中なんや!」とガチャ切りされてしまった。

 芸能プロ関係者は「調停申立書は今月中旬までに松居のもとに届くと聞く」と話す。法曹関係者は「通常、申し立てから1~2か月後に調停が始まる。2人の場合は8月では」と補足した。

 船越の活躍の場であったサスペンスドラマを超える“泥沼離婚調停”が今夏、始まる。
参照元:松居一代VS船越英一郎“離婚調停の恐怖劇場”その全容
2017年7月7日 11時0分 東スポWeb

早く別れたい…船越英一郎、離婚調停申立書に記載“財産分与放棄”
2017年7月8日 5時48分 スポニチアネックス

松居一代(60)と船越英一郎(56)の泥沼離婚騒動で、船越側が裁判所に提出した離婚調停申立書に財産を求めない記載があることが7日、分かった。松居は5日の動画で、船越が財産を奪い取ることを“恐怖のノート”に書いていると訴えたが、その主張に疑問が生じている。

 離婚騒動で松居が大きな“争点”としているのは、船越のハワイ在住女性との不倫と、その女性と共謀して財産を狙っているというもの。しかし、その主張内容を真っ向から否定する材料が出てきた。

 船越側が裁判所に離婚調停申立書を提出したのは先月28日。関係者によると、申立書には離婚に際して財産を要求しない旨の記載がある。

 これに対し、松居が動画で「ノートの中に、私の財産を女と一緒に奪い取ろうとしていることまで書いてありました」と、耳を疑うような主張をしたのが今月5日。船越はこれより前に、申立書を裁判所に提出しており、松居の主張とは食い違いが生じている。

 関係者は「船越さんは、別れるためならお金は一切いらないと言っている」と話した。

 船越が離婚の意思を決定的にしたのは15年10月。松居が出版イベントで、約2週間前に亡くなったばかりの女優川島なお美さん(享年54)が過去に船越と交際していたことを暴露。激怒した船越はこれ以降、離婚を求めてきたが、松居が応じず、1年9カ月が経過している。

 離婚問題に詳しいレイ法律事務所の高橋知典弁護士は「財産分与を求めないというのは、とにかく早く離婚したいという意思の表れ。離婚すること以外の争点を全て捨て、早期決着を図りたいのではないか」と指摘した。

 申立書は来週までに裁判所から松居の元に届く見通し。その記載内容を見た松居が、どんな対応をするのか注目が集まる。
参照元:早く別れたい…船越英一郎、離婚調停申立書に記載“財産分与放棄”
2017年7月8日 5時48分 スポニチアネックス










スポンサーリンク


スポンサーリンク

小池百合子の次の野望

7月2日の都議選で、小池百合子率いる都民ファーストが圧勝した。


KoikeYuriko_photo5

都民「第1党」の圧勝「小池勢力」で過半数 自民、過去最低の38議席下回る見通し
2017.7.2 21:37 産経ニュース

各政党が国政選挙並みの総力戦で臨んだ東京都議会議員選挙(定数127)が2日、投開票された。

 産経新聞の出口調査では、小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」が第1党となる圧勝を収めた。小池氏の支持勢力は公明党などを含めて過半数を獲得、議会の主導権を握る。

 学校法人「加計学園」(岡山市)の文書問題や、稲田朋美防衛相の失言など国政の問題で逆風となった自民党は、過去最低だった平成21年の38議席を下回る惨敗となる見通し。

 安倍晋三首相の政権運営に影響を与えるのは必至だ。

 計42選挙区に立候補したのは前回を6人上回る259人。うち女性は65人で過去最多だった。

 選挙戦は、小池氏の支持勢力と最大会派の自民が対決する構図。小池都政の是非や議会改革、市場移転問題などが論戦のテーマとなったが、国政をめぐる問題が持ち込まれ、明確な争点は浮かばなかった。

60人を擁立した自民は、告示前から党幹部や閣僚らが積極的に選挙区を回る態勢を敷いた。安倍首相が候補者の集会や街頭で演説したほか、選挙戦後半には人気の高い小泉進次郎衆院議員も街頭演説に投入。懸命にてこ入れを図ったが、逆風をはね返すことができず続々と議席を落とした。

 「古い都議会を新しく」をテーマに挑んだ都民は50人を公認したほか、民進離党者ら無所属の11人も推薦。2人区や3人区で推薦候補を合わせて2人を擁立するなど、強気の戦略で挑んだ。小池氏は選挙戦中、島部を除く41選挙区で100カ所以上の街頭演説を行い、昨夏の都知事選の勢いを加速させた。

 現職と新人計23人を公認した公明は堅調な戦いぶり。民進や共産は議席死守に向け、安倍政権批判も絡めた選挙戦を演じた。

都選挙管理委員会によると、期日前投票者数の最終結果は135万5163人で前回より約45万7700人増え、1・5倍となった。2日午後7時半現在の推定投票率は35・88%で、前回の同時刻を3・40ポイント上回っている。前回の投票率は43・50%。


小池百合子については昨年からそのラグナについて検討してきたが、今回の勝利を受けて、やはりラグナは牡牛座ラグナで間違いないのではないかと改めて確認した。


KoikeYuriko_chart

何故なら、今年の1月26日以降、トランジットの土星が射手座に入室すると、小池百合子が豊洲移転について慎重に対処する姿勢を批判する橋本徹や、櫻井よしこなどの論客に苦しめられて、また小池百合子自身も中々方針が決定できず、豊洲移転問題の意思決定は、完全に行き詰まりの状況に陥ったからである。


それは、小池百合子の責任というよりも、汚染のある豊洲への移転を進めてきた関係者たちの責任である。


しかし、小池百合子が、中々、意思決定しないことで都の財政負担が増しているとか、様々な批判を受け、意思決定しないこと自体を小池百合子の重大な過失であるかのような論調によって苦しめられた。


費用負担「なぜこれまで結論出さなかった」 黒岩祐治神奈川県知事が小池百合子都知事を批判
2017.5.12 12:25 産経ニュース

2020年東京五輪・パラリンピックの仮設施設整備費を東京都が全額負担するとしたものの、大会運営費について明言がなかったことに関して11日の記者会見で不満を示した黒岩祐治知事は「(小池百合子都知事から)これまでなかなか返事がいただけなかったが、総理との会談からわずか2日で仮設費用の全額負担が決まった」と皮肉まじりに述べたうえで、「なぜこれまで結論を出さなかったのか謎だ」と語った。

 黒岩知事は9日に都内で開かれた首都圏9都県市の首脳会議で小池氏に対して費用負担の早期決定を求めたが、小池氏は「5月中に結論を出す」と結論の先送りを示唆。会議後、黒岩知事と千葉県の森田健作知事、埼玉県の上田清司知事とともに安倍晋三首相に「非常事態だ」と会談の席で訴え、早期決着への協力を要請していた。

 一方、野球・ソフトボールのメイン会場とサッカーの会場がある横浜市の林文子市長は11日、小池氏からは電話などはなかったとしたうえで「(小池氏の)決断に感謝申し上げたい」と喜びを示した。


またこの間、オリンピックの費用負担についての意思決定をしなかったことについて、黒岩神奈川県知事が小池百合子を批判している。


5月12日付けのニュースであるため、これまでの間、小池百合子の意思決定が中断していたことが示されている。



つまり、5月ぐらいまで、小池百合子は、豊洲移転問題でもオリンピックの費用負担の問題でも、判断の難しい問題を抱えて、行き詰っており、意思決定が滞る事態に直面していた。


そして、反対者の批判から苦しめられた。



こうした状況は、牡牛座ラグナであると考えなければ理解できないのである。



小池百合子が牡羊座ラグナであると主張している人もいるが、もし牡羊座ラグナであれば、ラグナも月も牡羊座に在住しているため、土星は今年2017年1月~5月まで、9室をトランジットしていたことになるが、土星が9室をトランジットしている時にこのような行き詰まりは生じない。


少なくともラグナから8室に土星がトランジットしていたと考えなければ説明が付かないのである。



そして、トランジットの土星が6月21日から蠍座に逆行したが、ちょうどこのタイミングで、小池百合子は、豊洲移転問題について明確な方針を発表した。



豊洲移転はするが、築地市場も食のテーマパークとして再開発し、築地に戻ることを希望する業者に対しては支援するという内容である。



悩んだ末での最後の結論であった。



小池氏、22日に築地訪問、豊洲移転・築地再開発の基本方針説明
2017.6.21 22:00 産経ニュース

築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(江東区)への移転問題で、都は21日、小池百合子知事が豊洲移転・築地再開発の両立案の基本方針を説明するため、22日に築地市場を訪問し、業界団体代表者らと会談すると発表した。基本方針の具体化に向けた課題を議論する都の幹部会議も22日に開催する。

 小池氏は20日、築地跡地を5年後をめどに市場機能を残した「食のテーマパーク」として再開発する考えを表明。幹部会議では、再開発前に、築地跡地を2020年東京五輪・パラリンピックの輸送拠点として活用し、競技会場がある臨海部から築地を通って都心部を結ぶ環状2号線を大会前までに開通させることなどの課題も協議する見通し。

 一方、都議会自民党は21日、「二重投資・二重運営をすれば、いずれ市場会計は破綻」などとする統一見解を発表した。「都議選しのぎの思い付きとしか映らない」と批判している。


これらは、食の安全に対する意識の低い無責任な自民党都議会の尻拭いをさせられて、苦しんだ末の結論だったということである。


土星が蠍座に逆行して、ラグナから9室、月から10室にダブルトランジットが形成されたタイミングで、この意思決定がもたらされた。


土星が射手座をトランジットしている間は、土星と木星は乙女座にダブルトランジットしていたため、月から見て、10、11室支配で6室に在住する土星にダブルトランジットして。6室、10室、11室へのダブルトランジットが生じていたのである。


6室は敵対者を表しており、11室は小池百合子に反対する地位の高い人物(自民党都連、橋本徹や、櫻井よしこなどの論客、著名人)を表している。


これらの人物と、小池百合子は戦わなければならなかった訳である。


6室に生来的凶星の土星が在住する配置であり、敵と戦って決して引けを取らない強い配置であり、また11室の支配星と6室が絡んでいるため、闘争が喚起される配置である。


しばしば6室と11室の絡みは政治闘争、選挙などで戦う人の配置に見られる。


因みに土星は牡牛座ラグナから見ると、9、10室支配で5室乙女座に在住しており、5-9、5-10のラージャヨーガが乙女座で成立している。


乙女座は、保健・衛生を司る星座であり、また品質管理などにおいて、厳しい水準を求める星座である。


従って、食の安全についての意識の乏しいずさんな計画に対して、監査を施し、関係者に厳しく責任を追及する仕事において、創造的な良い仕事を行ったのである。


こうした乙女座の長所を生かした質の高い仕事を行う一方で、月から見て6室にダブルトランジットも形成されているため、批判を受け、対立する勢力の批判にも苦しめられてきた。


こうしたダブルトランジットが、9室と10室に移行したために築地への希望を与える形での意思決定を最終的にすることが出来たのである。


そして、この決定を下した後、7/2の都議選において、都民ファーストの会が、議席の過半数を押さえる圧勝となった。



KoikeYuriko_chart


小池百合子は、牡牛座ラグナであると考えているが、ナクシャトラはおそらくクリティッカーなのである。



それは兵庫県の芦屋で生まれたお嬢様であり、貴族的な雰囲気を持っている所から、ナクシャトラの支配星が太陽となるクリティッカーなのである。



どこか庶民離れしている高貴な印象は、クリティッカーが持つ特徴である。


(私は以前、プリンセス天功のラグナをクリティッカーに設定したが、何か庶民離れしたセレブのような雰囲気を持っている)




小池百合子が、牡牛座でしかもナクシャトラがクリティッカーであれば、牡牛座でのラグナの取り得る範囲は、0°~10°であり、ナヴァムシャのラグナは、山羊座、水瓶座、魚座、牡羊座のいずれかである。


このラグナの中で、小池百合子が、ジャーナリズムに関わったことを考えると、ナヴァムシャのラグナは、水瓶座ではないかと思うのである。



水瓶座ラグナに設定すれば、3、10室支配の火星は、3室(メディア)と10室(仕事)を支配し、5室支配の水星(ジャーナリズム)と、4、9室支配の金星(エンターテイメント、表現力)からアスペクトされている。



そして、ナヴァムシャのラグナが水瓶座であれば、ダシャムシャのラグナもほぼ水瓶座であり、火星が在住することになる。



現在、小池百合子は、ラーフ/火星期であるため、その結果、都知事選で勝利して、東京都の最高司令官(火星)となり、都民ファーストの会で、多くの支持者を擁立し、大勝利を収めたのである。


出生図を見ると、ラグナからは、ラーフは10室に在住し、火星は7室に在住している。


そして、ラーフはラグナから見ても月から見てもケンドラとトリコーナの支配星からアスペクトされて、ラージャヨーガを形成している。



アンタルダシャーロードの火星は、月から見てラグナロードで、9室支配の木星と相互アスペクトして、1-9のラージャヨーガを形成し、また叡智と実行力を表すグルマンガラヨーガも成立している。


また火星は月との間にチャンドラマンガラヨーガも形成しており、ダナヨーガの条件となる経済的な強さも得ている。



そして、ダシャーロードのラーフから見て、火星は10室に在住しており、これも非常に強い配置である。




更に注目すべきことは、このラーフは、火星が支配星となるダニシュターに在住しており、火星はラーフが支配星となるスヴァーティーに在住している。



従って、ナクシャトラレベルで、ラーフと火星は星座交換している。




これはラーフと火星の強い結びつきを表しており、ラーフ/火星期は、そうした意味でも強い力を発揮する時期である。




ナヴァムシャではラーフから見て、火星は6室に在住しており、6室の火星は戦いにおいて敵を徹底的に粉砕する強い配置である。


また月から見て、火星は10室に在住しており、2、5室支配の水星と共に同室して、5-7のラージャヨーガを形成し、更にラグナロードの金星とも相互アスペクトして、1-7のラージャヨーガも形成している。



そして、更にダシャムシャにおいても火星は、月から見てケンドラの10室に在住している。



またもしダシャムシャのラグナが水瓶座であれば、火星がダシャムシャのラグナに在住しているということである。



これは火星期において、キャリア上の上昇が生じる配置である。



ラーフから見ると火星は6、11室支配で9室に在住している。





自民党が小池百合子に公認を与えない中で、都知事選に立候補し、対立する自民党東京都連や自民党執行部が擁立した候補を叩きのめして、更に都民ファーストの会を立ち上げ、自ら党首として、選挙戦を戦い、擁立した大勢の支持者を都議会に送り込んだ。



KoikeYuriko_photo2


こうした動きは、独裁者のパワーであり、やはり、火星の力ではないかと考えられる。




しかし、もしこの分析が正しければ、これは小池百合子のマハダシャーラーフ期の最後の打ち上げ花火だということなのである。



小池百合子は、2017年9月頃からマハダシャー木星期に移行する。



木星はラーフと全く絡んでいないため、マハダシャーラーフ期とマハダシャー木星期は、全く違った様相を見せるはずである。



この結果を見ることによって、更に小池百合子のチャート(運命)への理解が深まると考えている。




マハダシャー木星期に小池百合子はどのように変化していくのか?


その兆候は既に表れている。




例えば、小池百合子は、7月3日に都民ファーストの会の代表を辞任した。


小池百合子知事、都民代表退任に有権者は複雑「少しずるい」
2017.7.3 22:47 産経ニュース

「都民ファーストの会」の候補に投票した有権者は、小池百合子都知事の代表辞任をどう考えるのか。

 「選挙前に代表になって選挙が終わった途端にやめるのは、少しずるいような気がする。新しい代表についても良く知らないので何とも言えない」と困惑気味に話すのは文京区の自営業、勝藤真紀さん(48)。「小池知事が代表でなくても、私が支持した政策の実現にプラスになるよう働きかけをしてほしい」と訴える。

 江戸川区の無職、奥村健さん(69)は「候補者の人柄で選んで投票したので、小池知事が代表でなくなっても問題ない」とする一方、「これまでの彼女の行動から考えると、今回の辞任もパフォーマンスや戦略の一つではないかと思ってしまう」。

 同区の会社員男性(48)は「小池知事がリーダーシップを発揮してくれると思って投票した面もあるので残念」と代表辞任に驚きつつ、橋下徹氏が大阪府知事と大阪維新の会代表を務めた例にも触れて、「二元代表制への懸念があるというが、もっと納得できる理由を説明してほしい」と不満も口にした。

 識者はこれをどう見るのだろうか。

 元都副知事で明治大公共政策大学院の青山●(やすし)教授は「選挙直前に代表に就任し、終わったら退くというのは筋書き通りという印象を受ける」と話す。

「公平性や中立性が求められる執行機関の長の立場でローカルパーティーの代表を続けるとは思えず、辞任は必然。知事は9割が行政官で1割が政治家。裏切られたという声は理解できるが、選挙期間中は政治家としての顔が前に出たのだと思う」と分析した。

 中央大の佐々木信夫教授(行政学)は「知事主導で政党を作り、代表となって議会の勢力を変えるという行為はやり過ぎで、二元代表制のルールから逸脱していたと思う。形式上辞任したことは、けじめとして評価する」とする。しかし、「腹心の特別秘書を新代表としたことは実質上、小池氏の影響力を維持することにみえる。有権者としては複雑な気持ちかもしれないが、影響力は変わらないと思う」と今後を予測してみせた。


これは自分はあえて表に立たず、擁立して都議会に送り込んだ支持者たちを通して影響力を行使するということであり、これは8、11室支配の木星が12室に在住する配置の表れとして考えることが出来る。


つまり、8室は頼る相手を表しており、例えば、橋下徹が、石原慎太郎を擁立して、国政に影響力を行使しようとした時、蠍座ラグナから8室に在住する10室支配の太陽の象意が現れたがそれと同じことである。


8室は他人のふんどしで相撲を取る配置である。


8室の支配星が12室に在住していることは、自分は背後(12室)から操ることを表している。


そして、木星は11室の支配星でもあるが、11室は成功、肩書き、称号を表しており、都民ファーストの会が今回、大勝利を収めたことにそれは現れている。



しかし、その都民ファーストの会の称号を代表を辞任することで、あっさりと放棄してしまったのは、11室支配の木星が12室に在住しているからである。


但し、小池百合子は、自分の息がかかった野田数(かずさ)氏(都知事特別秘書)を通して、自分の思い通りの影響力を都政に行使できるのである。



従って、あえて、都民ファーストの会の代表に留まる必要はない。



巧妙に院政を敷いたのであり、自分の意思を好きなだけ行使できる。



これが表向きは、肩書きを捨てて、背後から実質的な影響力を保持するという立場が、11室の支配星が12室に在住する配置として現れたと理解できる。


そして、8室の支配星が12室に在住する配置は、ヴィーパリータラージャヨーガ(逆転のラージャヨーガ)である。



小池百合子は、自分が擁立した支持者たちを都政に送り込み、彼らの力を使っていくが、それが、全く見えない形になったのである。



8室の支配星が12室に在住する配置は、自分を悩ませる相手、支配する相手(天敵)がいなくなってしまうという配置である。


この辺りで、何かトリッキーなラージャヨーガが働いていくはずである。




そして、もう一つ注目すべきことは、小池百合子が、自民党の二階俊博幹事長と会食し、そこに安倍晋三や小泉純一郎がいたという出来事である。


安倍首相と「同席」小池知事&小泉元首相が赤坂料亭
2017年4月19日1時10分 日刊スポーツ

安倍晋三首相と東京都の小池百合子知事、小泉純一郎元首相が18日夜、東京・赤坂の日本料理店で「同席」するひと幕があった。

 店は、小泉氏が国会議員時代から行きつけにしている老舗の日本料理店。

 首相は、似鳥昭雄ニトリホールディングス会長ら政財界関係者との会食で訪れた。一方、小池氏と小泉氏は、自民党の二階俊博幹事長のほか、自民党の重鎮、山崎拓元副総裁、武部勤元幹事長との会合で滞在。それぞれの会合は別だったが、店内で会ったことから、首相と小池、小泉氏が数分間、話を交わすタイミングがあったという。

 首相と小池氏は、7月の都議選を前に、都議会自民党と小池氏が事実上率いる「都民ファーストの会」が対立する構図だが、一方で2020年東京五輪・パラリンピックに向けた協力体制では、足並みをそろえている。首相と小泉氏は、小泉氏が訴える「原発ゼロ」に首相が応じないことから、今は微妙な関係だが、もともとは師弟関係。小池氏は、小泉氏、二階氏とも師弟関係にある。

 巡り巡れば、もともとつながりがある面々が、一堂に会したことから、取材する報道陣も色めき立った。首相と小池氏の間で、都議選や東京五輪・パラリンピックなどが話題になった可能性が取りざたされている。また、都議選では東京都連が小池氏と対決する自民党で、選挙を事実上取り仕切る二階氏が、小池氏との会合に同席したことも、臆測を呼びそうだ。


二階俊博幹事長と小池百合子都知事が会食 安倍晋三首相も
2017.4.19 00:31 産経ニュース

 自民党の二階俊博幹事長は18日夜、小池百合子東京都知事と都内の日本料理店で会食した。小泉純一郎元首相と山崎拓、武部勤両元幹事長が同席した。小泉氏が会合を呼び掛け、都政運営などで意見交換した。同じ店には安倍晋三首相も滞在し、小池氏と挨拶を交わした。自民党と小池氏側は都議選(7月2日投開票)で対決するだけに、臆測を呼びそうだ。


そして、小泉純一郎や二階俊博氏と小池百合子は、師弟関係にあると記されているが、小泉純一郎が、小池百合子を大臣に起用し、小池百合子は、独身の小泉純一郎を気遣って首相官邸に手作りの弁当を届けていた仲である。


8室の支配星は、上司を表しているが、その8室の支配星が、12室に在住している配置は、赤坂料亭での会合(密室:12室)を表している。


つまり、8室支配の木星が12室に在住する配置は、小池百合子が、小泉純一郎や自民党の幹部とのパイプなどをマハダシャー木星期に維持していくことを表している。


木星は牡羊座のバラニーに在住しており、小池百合子はこうした密会から重要な情報を得るなど諜報能力を発揮して、政界工作に奔走すると考えられる。


つまり、8、11室支配の木星は、機能的凶星であり、汚い政治の世界の権謀術数に長けた世渡りを意味しているのである。


以前から小池百合子は、政界渡り鳥と言われており、その時々の権力者にすり寄っていくのが、非常に巧みであると言われていた。


また以下の記事のように「次々と仲間を切る非情な女」と評価されている。


「次々と仲間を切る非情な女」小池百合子、安倍・自民党をぶっ壊し首相就任の可能性
2017.05.31 Business Journal文=横山渉/ジャーナリスト

東京都議選(6月23日告示)は7月2日の投開票まで2カ月を切っているが、ゴールデンウィーク前から立候補予定者はすでに臨戦態勢だ。小池百合子都知事は4日、初の街頭演説に立ち、公明党への支援を訴えた。小池都知事を支持する地域政党「都民ファーストの会」と都議会公明党が最大会派・都議会自民党の牙城を突き崩して、過半数を獲得できるかどうかが焦点だ。報道によれば、8日現在、42選挙区127議席に対して、205人が立候補の準備を進めている。
 

豊洲市場移転問題などをめぐり、自民党都連は小池都知事に激しく反発しているが、安倍晋三首相は記者との懇談会で「彼女と私は、皆さんが思っているような悪い関係じゃないですよ」「都議選も彼女が圧勝だろうね」と語っているという(「週刊新潮」<新潮社>23月16日号)。
 しかし、これは額面どおりには受け取れない。作家の大下英治氏はいう。
「安倍首相は決して小池さんを許すことはないだろう。第1次安倍内閣で小池さんを防衛大臣に抜擢したにもかかわらず、12年の党総裁選で小池さんは石破さんに付いた。安倍首相にすれば、裏切られたとの思いが強い」
 07年7月3日、防衛大臣だった久間章生氏の辞任を受けて小池氏は初の女性防衛大臣に起用されたのだが、翌8月下旬の内閣改造では自身の再任を固辞するかたちで大臣職から離れた。このとき、小池氏がカイロ大学に留学していた頃からの知り合いである元拓殖大学教授・佐々木良昭氏は「せっかく大臣になったばかりなのに、なぜ辞めた?」と聞いたそうだが、小池氏は「女の勘よ」と笑っていたという。「小池氏には人間関係をバッサリと切る非情な一面もある」と佐々木氏は語る。


一匹狼だが、機を見るに敏


 

1970年代前半、リビア大学に留学していた佐々木氏は、休日にはよくエジプトの首都カイロに遊びに行っていたという。カイロは当時から大都会で、リビアの首都トリポリからカイロまでは飛行機で1時間程度と近い。仲の良い日本人留学生5~6人で集まることが多く、カイロ大学の留学生だった小池氏もその輪の中にいた。
 小池氏を含め留学生たちは観光ガイドのアルバイトをしていたが、仕事に慣れてきた留学生たちはアルバイト代の値上げ交渉をし始め、ストライキも辞さないという姿勢になったという。しかし、小池氏はそんな団体交渉の輪の中からいち早く抜け出した。
「仕事を依頼してくれていた旅行会社は彼女を優先的に使うようになり、仲間たちから妬まれたことはあったが、彼女は目先のアルバイト代などで争っても仕方ないと思ったのだろう。当時から彼女には先を読む力があった」

小池氏の政治家デビューは92年7月の参議院選挙で、日本新党からの出馬だったが、大下英治氏は「今に至るまで3人の天才的な政治家から学んできた」と彼女を評する。その3人とは、細川護熙、小沢一郎、小泉純一郎だ。小池氏は日本新党→新進党→自由党→保守党→自民党と渡り歩き、その時々の権力者に近い立場にいたので、自民党内には批判も多いが、大下氏は彼女に肯定的だ。
「細川は大衆の心をつかんでゼロから新党を立ち上げ、首相にまで上り詰めた。小沢は経世会出身でありながら、壊し屋として仮想敵対勢力を見つけては自己の正当性を訴えて古いものを壊していった。小泉は郵政改革に反対する政治家を抵抗勢力と呼び、小泉劇場の中で国民的人気を維持した」
 

小池氏は都知事選に立候補するとき「崖から飛び降りる覚悟で」と言ったが、大下氏によれば、あれは小沢氏の言葉だとか。かつて小沢氏は「風が吹かないんだったら、自ら崖から飛び降りて風を起こせ」と言ったことがあるそうだ。
 小泉氏が首相に上り詰めるにあたり、「清和会」という派閥の後押しがあったものの、小泉氏自身は派閥の領袖ではなく、“子分”と呼べる政治家はいなかった。政権基盤を固めるために、“参議院のドン”と呼ばれた経世会の青木幹雄氏を味方につけた。
 小池氏は今も自民党所属だが、自民党都連と敵対しつつ、公明党とタッグを組み、民進党からの寝返り組とも関係を深め、都民ファーストの会を主導している。政治はひとりでは動かせないことを熟知しているので、“利用できるものは何でも利用する”ということだろう。このあたりの手法も小泉元首相と似ているのではないか。
女の武器と女の限界を知っている


 安倍首相は3日、憲法改正と新憲法の20年施行に意欲を示した。公明党はこれに否定的で、石破茂氏は異論を唱えている。安倍発言が今後政局になる可能性もあるが、国政での安倍一強支配は続いている。

森友問題の逆風があっても、内閣支持率は55%もある(5月2日付朝日新聞より)。
 よって、国政の場では、安倍首相に敵なし状態だが、そんな安倍首相にとってもっとも怖いのは、小池氏ではないか。2月5日の千代田区長選では、「小池印」の現職・石川雅己区長が自民党推薦候補にトリプルスコアで圧勝した。今度の都議選で都議会自民党が大敗するのは確定的で、自民にとっては負け幅をどの程度に抑えられるかという選挙になる。都議会議員が減れば、東京選出の衆院議員は、選挙運動で不利になる。国会でも議席減は免れない。
 小池氏は将来的には首相の座を狙っているという見方もあるが、小池氏の国政復帰はあり得るのか。大下氏は否定的だ。
「都知事が政治家として集大成になるのではないか。小池さんは女の武器と女の限界をよく知っている。小泉時代、郵政解散で刺客第1号として名乗りを上げたときは、女性だから大いに注目を浴びた。ただ、永田町では女性で大勢の子分をまとめあげるのは難しい。子分がいないとさすがに首相にはなれない」
 都議選の結果が国政にどのような影響を与えるのか、読みづらくなっている。
(文=横山渉/ジャーナリスト)



小池百合子は、豊洲移転問題などで、清々しく、改革の旗手として登場したが、そうした問題に決着を付けた今、マハダシャー木星期に移行すると、次なる自分の権力欲を追求するためにこうした昔からのパイプや、自民党幹部とのつながりを維持し、利用していくのだということがよく分かるのである。


都民ファーストの会の代表辞任からは、清々しさが全く感じられず、そうした政治の世界の狡猾な計算が働いているように思える。


KoikeYuriko_photo4

8、11室支配の木星とは、自分が権力欲を追求し、狡猾に計算高くなると共に計算高く、権力欲の強い人々との付き合いも表している。


つまり、小池百合子を自民党のために利用することを考える自民党党幹部、そして、そうした自民党党幹部を逆に利用してやろうと考えるようなお互いに相手を利用し合うようなそうした付き合いを表している。


小池百合子は、そうした権力者たちとの付き合いの中での権謀術数に非常に長けているようである。


11室は貪りのハウスであり、権力欲を表している。


貪りとは既に持っているのに更に権力や地位や財産を欲しがる貪欲な欲望である。


KoikeYuriko_photo3

小池百合子は、この自分が築いた立場を利用して、自民党幹部と取引しようと考えているかもしれない。


然し、木星は月から見た時に9、12室支配で、ラグナロードで8室支配の火星と、1-9のラージャヨーガを形成してもいる。



従って、そうした小池百合子の姿勢はあくまでも現象の半分のみである。









(参考資料)



築地市場の豊洲移転問題…小池都知事が基本方針発表
2017年06月21日 16時30分 YOMIURI ONLINE

東京・築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池百合子都知事は20日午後、市場を豊洲市場へいったん移した上で築地を再整備し、再び築地へ戻すという基本方針を発表しました。都庁での記者会見で、「築地の伝統やブランド守り、将来に負の遺産を残してはならない」と述べました。これまでの経緯をまとめました。

市場は一度豊洲に、築地再整備し5年後「両立」(6月20日)

小池百合子都知事は20日、記者会見を開き、豊洲に移転した上で5年後をめどに築地市場跡地を再開発し、市場機能を持たせる方針を表明した。都議選告示(23日)を前に、都政最大の懸案である市場問題に一定の方向性を打ち出した形だが、実現に向けた課題も残る。

 小池知事は会見で、市場のあり方について「築地ブランドをさらに育てていくべきだ」とする一方、「営業しながら築地を改修する案は現実的に厳しい」と述べ、追加の土壌対策を講じた上でいったん豊洲へ移転するとした。移転時期は明言しなかったが、市場の繁忙期などを考慮すると早くて来年5月頃とみられる。

 また、築地の建物は豊洲移転後に解体。2020年東京五輪・パラリンピックまでに都心と競技会場や選手村などを結ぶ「環状2号線」を開通させ、大会中は輸送用バスなどの駐車場としても利用するとした。

「移転・残留両派にいい顔」…自民が小池案警戒

 23日告示の東京都議選で小池氏側と対決する自民党は「移転派、残留派両方にいい顔をする案だ」として警戒している。一方、公明党や民進党からは小池案を評価する声が上がった。

 自民党東京都連会長の下村博文幹事長代行は20日、記者団に、「自民党は早く移転すべきだと主張しており、やっと決めたのは良かった」と語った。一方で、「(移転延期の間に生じた)税金の無駄遣いをどう解決するのか示していただきたい」と指摘。築地市場の再開発案についても、「税金をかけないでやれるのかが見えない。それを明らかにしないと、構想が正しいか都民は判断が付かない」と小池氏に注文を付けた。

「約束守れていない」小池知事が築地業者に謝罪(6月17日)

小池百合子都知事は17日、同市場を訪れ、移転先となる豊洲市場(江東区)の土壌汚染対策が不十分だったとして業者に謝罪した。小池知事は、水産卸売業者や水産仲卸業者など約150人が集まった市場の講堂で、「残念ながら(有害物質を環境基準以下にする)無害化が達成されていないのは事実。皆様との約束を現時点で守れていないことについて、都知事としておわびを申し上げる」と述べ、頭を下げた。

 都は豊洲市場開場の条件として、2010年3月の都議会で、「土壌が無害化され、安全な状態になっていることが前提」と説明。11年2月にも、「無害化とは、土壌はもちろん地下水中の汚染も環境基準以下になること」と強調していた。

浜渦元副知事ら証言、偽証と認定(5月31日)

 議会百条委員会は31日、豊洲用地の地権者だった東京ガスと交渉した浜渦武生はまうずたけお・元副知事(69)と、部下の赤星経昭・元政策報道室理事(71)の証人喚問での証言を偽証と認定した。6月1日開会の都議会で、刑事告発の議決を求める。

 百条委は、浜渦氏が〈1〉都と東京ガスが2001年7月、土地売買に向けた基本合意締結後の関与を否定した〈2〉基本合意後に結んだ、東京ガスに対して土壌汚染が残る処理方法を認めた「確認書」を知らないと証言した〈3〉03年5月に都幹部が浜渦氏に指示を仰いだメモに関してやりとりを否定した――の3点を偽証と認定。赤星氏については、確認書を「知らない」と証言したことなどを偽証とした。

 公明党、民進党系の東京改革議員団、共産党、都民ファーストの会、生活者ネットワークの5会派が賛成する一方、自民党は「10年以上前の記憶に基づいた証言の一部だけを取り上げ、偽証とするのは無理がある」と反対した。赤星氏は読売新聞の取材に「確認書が結ばれた当時は別の部署に異動していた。極めて理不尽で納得いかない」と話した。

「偽証でない」浜渦氏反論、再喚問も応じる意向(4月10日)

 築地市場の移転先に決まった経緯を調査している都議会の百条委員会から、偽証認定される可能性が高まっている浜渦はまうず武生たけお元副知事(69)が10日、都庁で記者会見した。

 浜渦氏は「偽証ではない」と反論し、再喚問があれば応じる意向を示した。(2017年4月10日)

築地を移転せず改修なら7年734億円(4月9日)

移転するかどうかが焦点となっている築地市場について、都の「市場問題プロジェクトチーム(PT)」の小島敏郎座長(弁護士)は8日、移転させず、市場施設を改修する場合の計画案を市場業者に示した。改修の総事業費は734億円。検討をさらに重ねた上で、5月に小池百合子知事へ提出する報告書に盛り込む。

浜渦氏の偽証、豊洲百条委が認定へ(4月6日)

 都議会の百条委員会で、元副知事の浜渦はまうず武生たけお氏の偽証が認定される見通しとなった。一方、浜渦氏は5日、読売新聞の取材に「偽証はしていない」と語り、10日に記者会見を開いて説明する考えを明らかにした。

 浜渦氏は、都と東京ガスが、市場移転に協力することに基本合意した2001年7月当時の都側の交渉責任者で、3月19日に百条委で証人喚問を受けた。浜渦氏は「担当は基本合意までで、そこから先は一切触っていない」と証言し、基本合意後に都が同社と結んだ土壌汚染対策に関する合意事項の存在は「知らない」と主張していた。

元都幹部らの証人喚問…「知らない」繰り返す(4月5日)

 都議会の百条委員会が4月4日に開かれ、豊洲地区の地権者だった東京ガスとの交渉に携わった元都幹部3人の証人喚問が行われた。しかし、都が東京ガス側に、限定的な土壌汚染対策を認めた理由については「関知していない」「知らない」と繰り返し、真相解明は進まなかった。一方、都議からは、浜渦元副知事が3月19日にした証言に対し、「事実と異なる」として偽証を指摘する意見が相次いだ。

 この日、証言したのは、元知事本局長の前川燿男あきお・練馬区長、元政策報道室理事の赤星経昭つねあき氏、元知事本部部長の野村寛氏。都と同社が結んだ土地売買契約時に、東京ガスが追加の土壌汚染対策費を負担しない「瑕疵担保責任の免除」が盛り込まれるきっかけとなった2001年7月の「確認書」が、どのような経緯で締結されたのかについて、解明に期待がかかった。

石原氏、責任認めるも「逆らいようがなかった」(3月20日)

 都議会の百条委員会は3月20日、豊洲地区への移転を決定した石原慎太郎元都知事(84)の証人喚問を行った。石原氏は、「行政(組織)のピラミッドの頂点にいた私が、全体の総意として決裁した」とトップとしての責任を認めた。ただ、移転先が豊洲地区になったのは「都庁全体の大きな流れがあり、逆らいようがなかった」と述べた。

豊洲百条委で浜渦氏「水面下交渉、東ガス提案」(3月19日)

都議会の百条委員会は19日、豊洲の用地の所有者だった東京ガスとの交渉を担当した当時の副知事、浜渦はまうず武生たけお氏(69)を証人喚問した。浜渦氏は、同社との間で行われた「水面下交渉」について、「水面下という言葉は東京ガスから提案があった」と証言。都と同社の担当者間で結ばれ、同社が行う土壌汚染対策の範囲を限定することを認めた「確認書」については「全く知らない」と繰り返した。

豊洲「科学的には安全」…都の専門家会議が評価(3月19日)

 豊洲市場の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。

東京ガス負担免除「私が決裁」…岡田元市場長(3月18日)

 都議会の百条委員会は18日、2003~12年に都中央卸売市場長を務めた4人を証人喚問した。11年3月に都と東京ガスが結んだ土地売買契約で、東京ガスに新たな土壌汚染対策費用を負担させない「瑕疵かし担保責任の免除」が盛り込まれた理由を、当時市場長だった岡田至氏は「要求をのまなければ永遠に合意できないと考えた」と説明した。

豊洲用地売却、安全宣言と引き換えか(3月12日)

 築地市場の豊洲市場への移転問題を調査する都議会の百条委員会で11日、証人喚問が始まった。質疑の中で、交渉役だった浜渦武生元副知事と東京ガスによる「水面下の交渉」の一端が判明。豊洲地区の土壌汚染について都が「安全宣言」することと引き換えに、土地の売却を同社に迫ったとみられるメモが明らかにされた。

瑕疵担保責任の免責「知らなかった」(3月3日)

築地市場から豊洲市場への移転問題で、都が移転先を決めた当時、都知事だった石原氏は3日午後、都内で記者会見を開いた。

 土壌汚染が判明していた東京ガスの工場跡地を移転先に決めたことについて、「裁可した最高責任者であることを認める」としつつも、「担当局や専門家、議会も含めて議論し、総意として上がってきたことを承諾しただけだ」と述べた。

 また、2011年3月に土地売買の契約を結んだ際、東京ガスがさらなる土壌汚染対策費を負担しないという「瑕疵担保責任の免責」が盛り込まれたことについては、「これまで知らなかった。報告も相談も受けていない」との認識を話した。

 一方、豊洲市場の安全性については「まったく安全で、今すぐ移転すべきだ。小池百合子知事には(移転しない)不作為の責任がある」と語気を強めた。(17年3月3日)

都議会は徹底追及の構え(3月4日)

 「部下に任せていた」「記憶にない」といった説明を3日の記者会見で繰り返した石原氏。20日に石原氏の証人喚問を予定している都議会の百条委員会のメンバーは、「説明不十分だ」として、徹底追及する構えだ。

 自民党の舟坂誓生都議は「これまでの報道を超える内容は出てこなかった。百条委では、もっと都民に分かりやすい答弁を求めたい」と語り、民進党系の東京改革の酒井大史都議も「石原氏は責任を否定したが、あきれた。知事の立場にいながら部下に詳しい報告を求めなかったのなら、石原氏こそ不作為だったのではないか」と批判した。

石原氏、小池都知事に「法的手続きを検討」(3月8日)

 石原氏は7日、築地市場の豊洲市場への移転延期を決めた小池百合子知事に対し、法的手続きを検討していることを明らかにした。関係者によると、移転延期で都が支出することになった業者への補償金や、豊洲市場の維持管理費などの返還を求める住民監査請求や住民訴訟を想定しているという。

移転の経緯から決定まで

「豊洲移転」正式決定は2001年…晴海や有明も候補地だった

1935年に開設した築地市場は、老朽化や手狭さなどの問題から、50年代頃から移転案や改装案が浮上していた。

 東京都中央卸売市場のホームページによると、築地市場の移転先の条件として「敷地の広さ」「立地や交通要件」などを挙げている。2000~01年にかけて、豊洲地区、晴海地区、有明北地区、石川島播磨重工業豊洲工場跡地、中央防波堤内側の5地区を候補地として調査した結果、豊洲地区が選ばれた。(東京都中央卸市場ホームページはこちら)

 2001年2月、豊洲地区の埋め立て地を所有する東京ガスとの間で、同地を中心とする土地へ移転することで協議を始めるとの合意書を取り交わした。当時の東京都知事だった石原慎太郎氏も都議会で「豊洲地区を新しい市場の候補地とする」と、公式の場で初めて移転先を明言した。

豊洲の土壌が汚染が問題に

豊洲の土壌調査を要請

 都が進めている築地市場の豊洲地区への移転計画について、日本環境学会は2007年5月7日、都が独自の土壌汚染調査を行うことなどを求める石原知事あての要請書を提出した。同市場の移転計画をめぐっては、移転先の東京ガス工場跡地の土壌がシアンやベンゼンなどに汚染されているとして、水産仲卸業者らの反対運動が起きている。(07年5月8日)

築地は「古い、危険、狭い」

 石原知事は同年3月の定例記者会見で、「食に関わることですからね、後で失敗したということでは済まない」と明言。ただ、「(築地市場は)明らかに古いし、危険ですし、狭いしね、必ずしもきれいとも言えません」「建て替えるにしたって、築地に対するノスタルジーとかブランドネームもあるでしょうけども、種地がない」と述べ、移転には変わりはない考えを示していた。(定例記者会見の全文はこちら)

築地移転 都がデータ隠し

 豊洲地区で行った有害化学物質の除去実験で、都は10年3月、「環境基準の4万3000倍のベンゼンが検出された土壌の無害化に成功した」と公表したが、実際は実験開始時のベンゼン濃度(初期値)が環境基準の2・7倍だったことがわかった。「ヒ素を無害化した」とした別の地点の土壌も、実験前からヒ素濃度が基準値以下だったが、都はこうしたデータを一切明らかにしていなかった。(10年7月20日)

移転は延びに延び、16年11月へ

土壌汚染対策に時間

 都は14年度中に予定していた築地市場の移転を1年延期する方針を固めた。移転先となる豊洲地区の土壌汚染対策工事に時間がかかっているためという。(13年1月1日)

豊洲新市場 16年11月開場

 東京都は17日、築地市場(中央区)の移転先となる江東区豊洲の新市場を2016年11月7日に開場すると発表した。新市場の名称は「豊洲市場」となる。(15年7月17日)

小池知事誕生で一転

築地移転延期を表明

 都知事選で初当選した小池百合子知事は8月31日午後、記者会見を開き、11月7日に予定していた築地市場の豊洲市場への移転を延期すると発表した。同月2日の築地市場の閉場と、その後の解体工事も延期される。小池知事は豊洲市場の土壌の安全性に疑問があるとして、「食の安全については生活者目線の感覚を大事にすべきだ」と述べた。(16年9月1日)

豊洲 建物下盛り土なし

 小池知事は9月10日、緊急記者会見を開き、豊洲市場の一部で土壌汚染対策の盛り土をしていなかったと発表した。都はこれまで、豊洲市場の敷地は約4・5メートルの盛り土をしたと説明していた。(16年9月11日) 基準超すベンゼン・ヒ素 豊洲地下水から検出

 東京都は9月29日、豊洲市場で2年前から定期的に実施している地下水調査で、環境基準をわずかに上回るベンゼンとヒ素が検出されたと発表した。都の定期調査は8回目で、環境基準を上回る有害化学物質が検出されたのは初めて。(16年9月30日)

市場長を更迭 元市場長18人も減給

 豊洲市場の建物下に盛り土がなかった問題で、小池知事は10月14日の定例記者会見で、市場を所管する都中央卸売市場の岸本良一市場長(56)を、総務局理事にする人事を発表した。格下ポストへの事実上の更迭で、発令は15日付。(16年10月15日)

 小池知事は25日の定例記者会見で、中西充副知事(60)を含む市場長経験者4人と、部長級幹部だった14人の計18人を「都の信用を失墜させた」として減給の懲戒処分に相当すると発表した。現職12人に対して同日、処分を実施し、特別職の中西副知事と退職者5人には減給分の自主返納を求めた。(16年11月26日)

石原元都知事を追及へ

石原氏が「コンクリ箱」案 「安く早い」検討指示

豊洲市場の建物の下に盛り土がなかった問題で、元知事の石原慎太郎氏が在任中の08年5月、建物の下に「コンクリートの箱」を埋め込む案の検討を指示していたことが分かった。都が専門家会議の提言と異なる地下空間を設けたことに、石原氏の指示が影響していた可能性がある。(16年9月15日)

石原氏の賠償責任調査へ

 小池知事は1月20日の定例記者会見で、豊洲市場の用地を巡り、石原元知事に購入代金約578億円を賠償させるよう住民が都に求めた住民訴訟について、都側の弁護団を交代させ、土地購入の経緯や石原氏の賠償責任の有無を調査するチームを設置すると発表した。石原氏に責任はないとしてきた都のこれまでの主張の見直しにつながる可能性もある。(17年1月21日)
参照元:築地市場の豊洲移転問題…小池都知事が基本方針発表
2017年06月21日 16時30分 YOMIURI ONLINE











スポンサーリンク


スポンサーリンク

安倍政権の行方(都議選惨敗の今)

私は以前、安倍晋三は、金星/太陽期に移行すると、アンタルダシャーの太陽がマハダシャーロードの金星から見て、11室支配で12室に在住し、ナヴァムシャでも太陽はラグナ、月から見て、6室支配で、12室に在住し、11、12室支配の土星と12室で接合しているため、何か評価を大きく下げるような出来事が生じるのではないかと書いてきた。


AbeShinzo_chart

安倍首相のXデーについて(再)』を2017年3月頃に書いたが、この頃、ちょうど「森友学園問題」が出始めたため、この問題が、安倍晋三の評価の失墜に該当するのではないかといったコメントも頂いた。


その後の状況を見ていくと「森友学園問題」は籠池氏の暴露や証人喚問などで、騒動に拍車がかかり、更にこの問題が鎮静化しつつあった後も今度は「加計学園問題」が浮上した。


また稲田朋美防衛相が「自衛隊としてお願い」した発言で、自衛隊を政治利用したとの批判に晒され、安倍首相自ら謝罪する事態となった。


更に豊田真由子議員の秘書暴行事件などが生じ、離党届を提出させて幕引きを計る事態となった。


AbeShinzo_photo

このように安倍政権を揺るがし、評価を失墜させる出来事が次々に起こって留まる気配がない。


こうした状況の中で、7/2に投票が行われた東京都議選にて、小池百合子知事が率いる「都民ファーストの会」が圧勝し、自民党は歴史的な惨敗を喫した。


都議選 自民惨敗、小池系圧勝 安倍政権に打撃
毎日新聞2017年7月2日 21時55分(最終更新 7月2日 23時33分)

東京都議選(定数127)は2日投開票され、小池百合子知事が代表の「都民ファーストの会」が現有議席を大幅に上回り、選挙協力する公明党などの支持勢力と合わせて過半数(64議席以上)となった。都民ファーストは第1党に躍進する見通しで、自民党は加計(かけ)学園問題や都議選応援での稲田朋美防衛相の問題発言などが影響し、過去最低の1965年と2009年の38議席を下回る可能性が高くなった。安倍政権に打撃となり、今後の政権運営に影響するのは必至だ。投票率は前回(43.50%)を上回る見込み。

小池氏は投票終了後の2日午後8時過ぎ、東京都新宿区の開票センターで記者会見し「次々と当選確実の知らせを受けた。各地で訴えた『都民目線』を認めていただいた」と述べた。この後、都民ファースト推薦の無所属候補4人を追加公認した。

 都民ファーストは、東京・生活者ネットワークと一部無所属らを加えた計85人を公認・推薦し、3人と選挙協力した。都政改革を訴える「小池路線」に追従する姿勢を打ち出し、支持勢力での過半数獲得を目指した。小池氏は「都議会ではボスの政治やそんたく政治が横行してきた」と自民を批判した。

 自民は市場移転問題で小池氏が示した「豊洲移転・築地再開発」の玉虫色の判断を引き合いに、「決められない知事」と攻勢をかけた。だが、加計学園問題や「共謀罪」法の採決強行などで内閣支持率が急落。さらに選挙戦で稲田防衛相が「自衛隊、防衛相としてもお願いしたい」と、自衛隊の政治利用とも取れる発言をし、逆風にさらされた。

 23人を擁立した公明は都議会自民との決別後、初の都議選となったが、組織戦に加え、小池氏の各候補への応援も後押しした。前回、議席を倍以上の17とした共産党は37人を擁立。小池氏の「豊洲移転・築地再開発」を一定評価する一方で、憲法9条改正を主張する安倍晋三首相の姿勢に言及し「都議選は最初の審判の場」と訴えた。

 民進党は23人を公認したものの、離党者が相次ぐなど党内の足並みが乱れ、苦戦した。【樋岡徹也】


これは明らかに不祥事が続く安倍政権に対するマイナス評価の現れである。


そして、この都議選の応援演説に駆け付けた安倍晋三に対して、尋常ではない激しい「安倍やめろ」のコールが沸き起こったようである。


都議選の「安倍やめろ!」は尋常ではなかった
選挙戦最終日、安倍首相の目の前で大逆風
安積 明子 :ジャーナリスト 2017年07月02日

政権を奪還した2012年の衆議院選での成功体験が根強く残っているのだろう。自民党がそれ以降の選挙戦最終日の「マイク納め」に選ぶ場所は、秋葉原駅前と決まっている。その“聖地”で7月1日には午後4時から、千代田区から都議選に出馬している自民党が公認する中村彩候補の街宣が行われた。

それにしてもすごい人だ。秋葉原駅の電気街口を出ると、すでにたくさんの人が集まっていた。安倍晋三首相が参加するためだろうが、国政選挙に近い動員ぶりだ。

「安倍やめろ!」コール

ところが今回は、一部で異変が起こっている。当初から「安倍やめろ」のコールが沸き起こっていたのだ。

中心となっていたのは一部の集団だったようだが、街宣が始まるとともにコールは広がりを見せ、通行用のスペースを隔てた場所で演説を見ていた人まで「安倍やめろ」と口ずさむ有様だった。

そうした批判の声がとりわけ大きくなったのは、石原伸晃経済財政政策担当大臣が話し始めた時だった。

「せっかく安倍総理総裁の話を聞きにお集まりいただいているのに、一部の人たちがこのように演説自体を邪魔する。こういうことを惹起させてしまったのは、やはり権力・政権をお預かりしている私どもの頭の中に皆さまの声に耳を傾けない、あぐらをかいていたからだ」

石原大臣の発言には自民党の反省の言葉も含まれていたにもかかわらず、喋り始めるとすぐに大きなブーイングが飛んでいる。と同時に、「帰れ」コールも沸き起こっている。その途中で安倍首相が到着して街宣車に上がったが、批判の声はさらに高まった。

石原大臣が批判されるのは、昨年まで自民党東京都連会長を務めていたからだろう。当時の幹事長は内田茂氏で、都議を引退し中村氏に千代田区選挙区を譲っている。石原大臣と内田氏はいわば、小池百合子都知事と対立した「悪の自民党東京都連のシンボル」とされてきた。

ところが内田氏が演説した時は、不思議と野次が大人しくなっている。おそらく都議選の終盤になって、争点が都政から国政に移ったということだろう。

2012年12月のムードにそっくり

それにしても安倍首相や石原大臣に向けられた怒りはまるで、2012年12月の衆院選で民主党(現在の民進党)に向けられた憎悪のようだった。当時も民主党の候補が演説するところに批判の言葉を投げかける人たちが現れた。「民主党政権がなくなりますように」と女性が手に数珠をかけて祈るイラストを描いたプラカードを掲げる人もいた。

その時よりも今回の方が過激かもしれない。安倍首相の演説が始まると、何人も中指を立て、また親指を下げている。中には昭恵夫人の顔のイラストに「嘘」と書いたプラカードを掲げる人もいた。

昭恵夫人は「私人」とされ、都議選とも直接関係あるとはいえない。だが安倍夫妻との個人的関与が問題とされた森友学園問題や加計学園問題は、稲田朋美防衛大臣など閣僚の不祥事とともに都議選の大きな論点となっていた。

しかもこうしたプラカードを持った何人かは、自民党が配布した日の丸をも持って振っていた。「左翼」と分類しきれない人たちが「反安倍行動」に参加していたということになる。


ではこの逆風の下で、自民党はどのくらいの議席を獲得できるのか。自民党がこれまで都議選で得た最低議席数は2009年の38議席で、これを割れば責任問題が出てくるとされていた。

すでに官邸は「35議席割れも覚悟した」と伝わっているが、さらに獲得議席数が下回るという見方もある。そうなればもはや「都議選は地方選にすぎない」という言い訳が通用しなくなっている異常な状態だ。

「ここに来る前に自宅近くで自民党候補の街宣を見てきたけど、応援のマイクを持った人が『国政が悪いんです。安倍首相が悪いんです』と言っていた」

秋葉原で会った筆者の知り合いの記者は、落選が予想されて、自民党候補がやぶれかぶれになっている様子を教えてくれた。

実際に、当初は当選圏内にいると見られていた自民党候補のうち、かなりの数が当落線上に落ちてきている。そしてその多くは、最後の1議席を共産党候補と争っているというデータがある。

「安倍首相は国政の私物化がひどい。友だちの友だちによる友だちのための政治だ。これをやめさせようではありませんか」

共産党の志位和夫委員長は午後7時半、池袋駅東口で共産党候補への支持を訴えたが、その演説の内容のほとんどは国政に関わるものだった。

民進党も森友学園問題や加計学園問題を争点に

民進党も、都議選の争点の中に森友学園問題や加計学園問題を盛り込んだ。6月28日夕方、有楽町駅前で野田佳彦幹事長と安住淳代表代行が演説を行い、安倍政権を批判した。

「本当に安全保障を考えるなら、ああいう人(稲田大臣)を大臣にしたらいけないと思う。なぜ大臣にしたか。それは安倍首相が稲田さんを防衛大臣にすれば、(それまで唯一の女性の防衛大臣だった)小池さんに威張られなくてすむと思ったからではないか」(安住代表代行)

「萩生田さんは2009年の選挙で負けている。その時に加計学園の千葉科学大学の客員教授になって毎月10万円ずつ給与をもらっていた。3年で300万円以上になる。私も落選したことがあるが、1万円でももらっていたら、その恩は一生忘れない。毎月10万円、何百万円ももらっていて、その恩を忘れるはずがない。まさに官邸ぐるみ、加計ありきで行政が私物化された」(野田幹事長)

演説開始直後は人も少なく、大声を出して邪魔をする男性もいた。それでも演説が進むにつれ聴衆の数は増え、それまで邪魔をしていた男性も聞き入っていた。しかし民進党が自民党の受け皿になるまで、まだ先は長いようだ。

その一方で共産党は勢いを見せている。「現有の17議席にさらに積み増したい」。7月1日のマイク納めの後、記者のぶら下がりで志位委員長は言葉こそ控えめにこう述べたが、その顔には自信が表れていた。その証拠に、共産党が自民党から逃げた票の受け皿になりつつあるのだ。小池ブームに乗って高い投票率も期待でき、共産党にとってさらに有利な状況になるかもしれない。こうした状況に自民党は戦々恐々としており、党内ではポスト安倍を狙った戦いも始まりつつある。

都議選の結果を受けた夏以降の政局はどうなるのか。安倍首相は、内閣改造によって逆風を乗り越えられるだけの勢いを保っているだろうか。ひょっとして「カウントダウン」はすでに始まっているのかもしれない。


このことが非常に理解出来るのは、ナヴァムシャにおいて、太陽は6室支配で水瓶座12室に在住し、11、12室支配の土星と接合して、激しく傷ついているからである。


AbeShinzo_recall_demo

水瓶座は左翼リベラルの星座であり、政治を私物化したことに怒る左翼活動家たちが、激しい抗議活動を行ったようである。


現在の安倍晋三の状況は、まさにこのナヴァムシャの12室に現れている。


今にして振り返ると、アンタル太陽期が表す安倍晋三の評価の失墜というのは、正確に現れており、改めて、ジョーティッシュのダシャーの精度に感動を覚える次第である。



【安倍晋三はいつ辞任するか】


それでは、安倍晋三はいつ辞めるかという問題が残っている。


この予測は少々難しいのである。


例えば、2018年2月7日から金星/月期に移行して、2019年10月9日まで続くが、2017年9月12日から木星が天秤座に移動して、土星も10月26日から射手座に入室する為、蟹座ラグナから見て、8室と12室にダブルトランジットする。


特にこの時は、アンタルダシャーロードは、ラグナロードで、12室に在住する月である。


この月に木星と土星のダブルトランジットが形成される。


12室は辞任や隠遁のハウスである。そして、8室は中断や行き詰まりのハウスである。


だからこの時期に辞任するのではないかという考えも出て来るかもしれない。


しかし、アンタルダシャーロードの月は、5、10室支配でヨーガカラカの火星と6-12室の軸で、相互アスペクトし、ラージャヨーガを形成しており、これにラーフ/ケートゥ軸が絡んでいる。


これは海外での外交活動を表しており、かなりの海外出張費を計上している。


安倍首相 海外出張に88億円
2016/5/31(火) 18:16 時事通信

安倍首相の海外出張費88億円=2次政権以降、外遊40回分

 政府は31日の閣議で、安倍晋三首相が2012年12月の第2次政権発足以降、41回の海外出張を行い、うち決算または精算済みの40回分の費用は総額約87億7400万円に上ったとする政府答弁書を決定した。


従って、ラグナロードの月が12室に在住している配置を辞任と判断することは出来ない。


むしろ、ラグナロードの月が、5、10室支配の火星と相互アスペクトすることで、活発な外交活動を表している。


ダシャムシャ(D10)で、月は8室支配でラグナに在住して、ラーフ/ケートゥ軸と絡んでいるが、8室の支配星であるため、失脚といった象意も出て来るかもしれないが、月はラグナに在住している。


ダシャムシャのラグナに在住する惑星の時期は、キャリア上の上昇の時期である。


従って、これもまだ実際に金星/月期になってみないと、どう現れるか分からない所がある。


シャシティアムシャ(D60)では、月は6室支配で8室に在住している。


金星/月期に安倍晋三が辞任するとするにはまだ説得力に欠けるのである。


また金星/月期が終わると、金星/火星期になるが、火星は、5、10室支配のラージャヨーガカラカである。


ナヴァムシャでもダシャムシャでも火星は、ケンドラに在住し、ラージャヨーガを形成している。


しかも同室するラーフを見ると、出生図(ラシ)でもナヴァムシャでもダシャムシャでもラーフは、ケンドラとトリコーナの支配星と絡んで、ラージャヨーガの条件を満たしている。


従って、アンタル火星期、そして、火星と絡んでいる次のラーフ期も強力である。


このように見ていくと、いつ辞任するのか、推測するのは非常に難しい。


そこで、ダシャー以外の観点から検討していくと、まず、2017年8月18日にラーフ/ケートゥ軸が、獅子座/水瓶座の軸から、蟹座/山羊座の軸に移動する。


ラーフが安倍晋三のラグナ(蟹座)に移動すると、そこには6、9室支配の木星が在住しており、その木星には7、8室支配のマラカの土星がアスペクトしている。


この6、9室支配の木星にラーフがコンジャンクトすると、何か身体への変化がもたらされ、身体(1室)に絡む6室の支配星(病気)へのトランジットであるため、体調の不良や敵の増大として現れる可能性がある。


そして、9室の支配星へのラーフのトランジットは、安倍晋三の支援者であった自民党の大物議員(先輩、師匠)たちの離反や反乱を招くかもしれない。


そして、9室は10室(地位)を損失するハウスであるため、この9室の支配星にラーフ/ケートゥ軸が絡むことで、何かキャリア上の立場においては悪く出るはずである。


チャラダシャーを検討すると、獅子座/射手座の時期が、2019年6月21日~2020年5月21日まで続くが、射手座から見ると、AKの水星とGKの太陽が射手座から見た10室でコンジャンクトし、ラーフ、ケートゥ、火星からアスペクトされている。


やはり、このGKが10室にアスペクトするのではなく、在住する射手座の時期というのが最もキャリアにとって厳しい時期ではないかと思われる。


そして、この時、ダシャーは、金星/月 ⇒ 金星/火星である。


このチャラダシャーのサブダシャーが射手座の時期が、金星/月期と一部、重なるため、この時期が辞任の可能性が高い時期である。


然し、月は上述したようにヨーガカラカの火星と強力なラージャヨーガを形成しており、また金星/月期の後は、金星/火星期である。


そのため、安倍晋三の辞任の予測は難しく感じられる。


こうした検証から、ヴィムショッタリダシャーとチャラダシャーでは限界があるようである。


















スポンサーリンク


スポンサーリンク

土星の蠍座への逆行について

土星が逆行して蠍座に入室する直前に世界で大変、破局的な事件が相次いでいた。


例えば、英国で14日未明に起こった高層公営住宅での火災が起こっているが、17日にロンドン警視庁が少なくとも58名が行方不明で死亡したと推定されると発表した。


England_Tower_fire

ロンドン西部の高層公営住宅が炎上、少なくとも12人死亡
2017年06月15日 BBC NEWS JAPAN

ロンドン西部の公営住宅で14日未明、24階建て127戸のタワー棟から出火し、大火災となった。少なくとも12人が死亡し、大勢が行方不明となっている。ロンドン救急サービスによると、60人以上を病院に搬送した。目撃者らによると、多くの住民が建物内に閉じ込められた。窓から飛び降りる人たちもいたという。
ロンドン警視庁によると、公営住宅「ランカスター・ウェスト・エステート」のグレンフェル・タワーから14日午前零時54分(日本時間同8時54分)に火災通報があった。住民「数百人」が出火当時、建物内にいたはずとされる。

スチュワート・カンディー警視長は同日午後、「残念ながらこれまでに12人の死亡を確認した」と発表。「残念ながら犠牲者の人数はさらに増えるものと思われる」と述べた。

これまでに、5階から出火した可能性が指摘されている。

ロンドン消防庁のダニー・コットン消防総監は同日午前の記者会見で、「前例のない火災だ。消防士として29年間働いてきたが、これほどの規模のものは見たことがない」と述べた。さらに、出火原因はまだ分かっていないと話した。
テリーザ・メイ英首相は、全面的な原因調査を約束。「学ぶべき教訓があるならば、学ぶようにする」と述べた。

赤ちゃんを窓から

目撃者らによると、建物内には大勢が閉じ込められ、助けを求めて叫んでいたという。上層階では懐中電灯か携帯電話のものと思われる光が見えた。閉じ込められた住民が窓際で助けを求め、子供を窓から出して抱える人もいたという。住民が10階か11階の窓から落とした赤ちゃんを、地上の人たちが受け止めたという話もある。
ケンジントン・チェルシー行政区は、これまでに44世帯に緊急宿泊先を提供したと明らかにした。

無事避難できた8階に住むポール・ムナクルさんは、「階段を下りていくと、消防士たちが来た。本当に素晴らしい消防士たちが、実際に階段を上って、炎に向かって、なるべく大勢を脱出させようとしていた」と話した。
ムナクルさんは火災警報で火事に気付いたのではなく、建物の外から「飛び降りるな、飛び降りるな」と叫ぶ声が聞こえて気づいたのだと話した。
目撃者のジョディー・マーティンさんは、「一人が窓から落ちるのを見た。別の女性が窓から赤ちゃんを窓の外に出して抱えているのが見えた。悲鳴も聞こえた」と話す。
「みんなに下に降りろと叫んだが、みんな『アパートを出られない。廊下は煙でいっぱいだ』と叫んでいた」

警報は鳴らず

恋人と幼い娘の3人で8階に住むマイケル・パラマシーバンさんは、外に出るなという勧告を無視したと話す。
「アパートに残ってたら、3人とも死んでいた。ともかく彼女と娘を外に出そうと、直感的に思った。煙がひどかったのでチビをぐるぐる巻きにして、ともかく外に出た」
5階に住むゾーイーさんは、隣人が玄関を叩いてくれたおかげで目が覚めたと話す。

「階段の踊り場に煙がすごく立ち込めていた。煙警報は鳴らなかったが、5階から24階まで一気に広がっていった。すごく怖かった」

英チャンネル4のジョージ・クラーク司会者はBBCラジオに対して、「100メートル離れているが、全身がすっかりすすまみれだ。それくらいひどい」と話した。
「ひどい話だ。一番上の階で誰かが懐中電灯を点滅させているのが見えた。脱出できないのだと思う」

現場にいたティム・ダウニーさんはBBCに、タワー棟の一部が「完全に焼失した」と話した。「建物の中心部まで完全に燃えてしまった。ひどい様子だ。本当にひどい。こんなのは見たことがない。凄まじい大火事だ。建物全体がボロボロ崩れ出していて、黒煙が立ち上っている」。

建物を管理するケンジントン・チェルシー地区の行政事務所によると、タワー棟は24階建てで127戸が入っている。1974年竣工で、公営住宅地全体に2年をかけて実子した予算860万ポンドの大規模修繕を昨年5月に終えたばかり。外装や全館共通の暖房システムを新しくしたという。施工会社は、工事内容はあらゆる基準を満たすものだったとコメントしている。

地元の住民団体は2013年以来、タワー棟で火災が起きる危険が高く、救急車両が入りにくいことが問題だと指摘していた。

(英語記事 Fire engulfs Grenfell tower block in west London)


またスペインでは人気闘牛士が牛に角で刺されて死亡する事件が発生している。


スペインの人気闘牛士、牛に角で刺されて死亡 フランス
6/18(日) 13:37配信 JIJI.COM

【AFP=時事】(写真追加)フランス南西部エールシュルラドゥール(Aire-sur-l’Adour)で17日、スペイン人の一流闘牛士が牛に角で刺され、搬送先の病院で死亡した。医療関係者が明らかにした。

死亡したのはスペイン北部バスク(Basque)出身の人気闘牛士、イバン・ファンディーニョ(Ivan Fandino)氏(36)。仏エールシュルラドゥールで開かれていた闘牛祭で闘牛に出場中、マントに足を取られてよろめいた際に牛に突かれ、その角がファンディーニョ氏の肺に刺さった。

 闘牛は数百年の歴史を持つスペインの伝統競技。1年の開催回数は約1800回、計600万人の観衆を集める。闘牛はスペインの文化に不可欠な芸術のひとつだという声がある一方、動物愛護の観点から闘牛廃止を求める当局への圧力はますます高まっている。【翻訳編集】 AFPBB News


また静岡県沖で、米イージス駆逐艦と、フィリピン船籍のコンテナ船が衝突して、7名の死者が出る大事故が発生している。


AegisShip_photo

コンテナ船は夜中の1時頃にイージス艦の居住スペースを直撃し、そこに居た人々はおそらく就寝中などであったと考えられる。


7人全員の遺体発見と米主要メディアが報じる 居住スペースで発見、米海軍が
2017.6.18 11:46 産経ニュース

 静岡県の伊豆半島沖で米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を拠点とするイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突した事故で、7人全員の遺体が見つかったと米主要メディアが報じた。第3管区海上保安本部(横浜市)も18日、イージス艦内から複数人の遺体が見つかったと発表した。米海軍から得た情報だといい、遺体は事故で行方不明になっている乗組員7人のうちの一部とみられる。

 乗組員の遺体は、イージス艦の右舷の真ん中付近にある居住スペースで見つかったとみられる。このスペースは、衝突によって大きく損傷、浸水しており、行方不明者が取り残されている可能性があるとして米海軍などが捜索していた。

 3管は、東京・大井埠頭に停泊しているコンテナ船の乗組員らを引き続き事情聴取しており、業務上過失往来危険容疑を視野に捜査している。


これらは土星が射手座から蠍座に抜けていくタイミングで起こった事件である。


決して、蠍座に抜けた後に起こった出来事ではない。


射手座に留まっており、射手座を抜けていくその最後のタイミングで生じた事件である。



土星は星座を出ていくタイミングで結果を表すと言われている。



これは通常は、土星が順行で、次の星座に移動するタイミングに生じる状況であると理解していたが、今回、逆行の場合でも、やはりそれが言えるのではないかと思ったのである。



土星が射手座から山羊座に抜けていく2020年1月付近は、やはり、土星は射手座の象意における劇的な結果を表すはずである。



土星が射手座に入室した2017年1月頃も飛行機の墜落事故や自動車事故など、通常よりも激しく壮絶な事故が発生したが、こうした激しい浮き沈みが射手座の象意である。



射手座は急激な上昇をもたらすが、急激な下降ももたらすので、ジェットコースターのような星座であり、だからこそ面白くもあるが、怖くもある星座である。




私は今年の4月ぐらいからビットコインやアルトコインといった暗号通貨をトレードしていることをブログ上で公開してきたが、やはり、その値動きは、ジェットコースターのように上げ下げしている。



昨日までの含み益が今日は、全く消えてしまうというような状況が直ぐに起こるのである。



射手座に土星が通過する時期は、皆、ある程度、射手座の行動パターンに適応していくようである。



野原で獲物を追うケンタウロスのように素早く意思決定し、行動していかないと、のんびり構えていたのでは射手座に土星が移動する時期は、ダメなようである。




例えば、英国の高層公営住宅の火災でも住民にそのまま部屋に留まるようにアナウンスがなされたようである。



しかし、そうしたアナウンスを無視して、一目散に階下に降りた人々は助かったようである。



のんびりと構えて、家で待機していたような人は、逃げ遅れて死亡したのである。




米軍のイージス艦が漁船に衝突した事件も同じではないかと思うのである。



どちらも相手がよけてくれると期待していたに違いないのである。



しかし、自分がいち早く、自分で行動を起こして、回避行動を取ったならば、衝突はしなかったのである。



相手まかせではダメだったということである。



射手座に土星が通過する時期は、射手座的にスピーディーに主体的に運命を自ら変えていくという気概を持って生きなければならないのかもしれない。




こうした事故のどれもが、数時間前までは、このような事故が起こるとは全く予想もしていなかったような事故である。



何故、このような事故が相次いでいるのかを考えると、やはり土星がまもなく蠍座に逆行していくタイミングだからではないかと考えられる。



土星は星座を抜けていく時に力を発揮する(結果を出す)惑星である。



従って、土星が逆行であっても射手座から蠍座に抜けていくタイミングで、力を発揮したのではないかと考えられる。




今度、土星が射手座に入室するのは2017年10月26日である。




その時が射手座の本番である。




再び、射手座の本領が発揮されて、上昇する勢力と下降する勢力の2つが、劇的に演じられていくのである。



土星の射手座への再入室が楽しみである。



今は、土星は蠍座に逆行して、過去、蠍座において、やり残していたことをやろうとする時期である。



この時期も大変、興味深い時期ではある。



土星が射手座に入室するまでの2014年11月からの約2年半で、行ってきたことの中で、やり残していたことをやり遂げる時期である。



そういう意味では、土星の蠍座での仕事の完成の時期である。



これから秋にかけて、やり残した仕事を完了すべき時が今なのである。



















スポンサーリンク


スポンサーリンク

豊田真由子議員の凶暴性はどこから来たか?

先日、自民党の豊田真由子衆議院議員の秘書への暴行がメディアで大々的に取り上げられた。


ToyotaYumiko_photo2

豊田真由子議員の元秘書、埼玉県警に被害相談
2017.6.27 22:19 産経ニュース

秘書への暴行問題で自民党に離党届を提出した豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区=の秘書を務めていた50代男性が27日、豊田氏から暴行を受けたとする被害について埼玉県警に相談した。捜査関係者への取材で分かった。県警は暴行や傷害事件の可能性もあるとみて慎重に捜査する。

 先週発売の「週刊新潮」によると、豊田氏は5月、当時政策秘書だった男性が車を運転中に後部座席から罵声を浴びせ、頭や顔を数回殴ってけがを負わせた。「はげ」「死ねば」といった暴言も吐いたという。男性が録音したとする車内でのやりとりも掲載した。

 事務所関係者は、男性が高速道路の出入り口を間違ったことなどから豊田氏が激高したと説明。5月19~21日に計7回、男性の顔などを殴ったという。豊田氏は男性に直接謝罪したとしている。

 豊田氏は厚生労働省課長補佐などを経て平成24年12月の衆院選で初当選し、現在2期目。


自民党は豊田真由子議員に離党届を提出させ、早々にこの件についての幕引きを行った。


激しい暴行の証拠となる音声データが、ここまで広まってしまっては、もはや手の施しようがなかったのである。


この豊田真由子議員のこの凄まじい凶暴性、暴力性、サディズムはどのような惑星配置がもたらしたのか。


さっそくチャートを作成して調べてみた。


ここまで行動に大きな特徴があるパターンは稀であり、ある一つの特徴さえ押さえておけばラグナを推測することができる。


この場合、暴力のハウスは6室であり、その6室に特徴が強く出ていなければならない。


そうした観点から、おそらく、豊田真由子議員のラグナは牡羊座である。


ToyotaYumiko_chart

そして、豊田真由子議員の結婚のタイミング、そして、子供の誕生のタイミングから検討すると、ナヴァムシャのラグナも牡羊座で、サプタムシャのラグナも牡羊座ではないかと考えている。


こうした分割図のラグナの検証は、後に回すとして、まず、何故、牡羊座ラグナであるかを以下に検討してみたい。



まず、チャートを一目見た最初の印象で、乙女座に在住する火星、太陽、金星が、暴力を表していると考えられるのである。


6室に凶星が集中する配置は、暴力の配置であり、サディズムの配置である。



特に6室に火星が在住する場合、それは非常に危険な配置である。



6室の火星は徹底的な暴力を表している。それは容赦のない徹底的な暴力である。



例えば、北朝鮮の金正恩のチャートを私は以前、獅子座ラグナに修正したが、これは正しいと考えている。


この金正恩が体制を批判する叔父を高射砲で公開処刑したニュースが報じられ、その後も党幹部の高射砲による公開処刑が続けられている。


高射砲とは、戦闘機に向けて発射する重火器であり、通常、人間に向けて発射するものではない。


人間に向けて発射するのは、通常の拳銃やライフルで十分である。


高射砲を発射すると、人体は粉々に吹き飛んでしまい、原形をとどめないという。


それは残酷な恐ろしい暴力である。



金正恩は獅子座ラグナで、6室で火星が高揚している。


この6室の火星が、この徹底的な暴力を表している。



またこうした徹底的な暴力は、レーニンのチャートにも見られる。


レーニンは蠍座ラグナで、6室で火星がムーラトリコーナに在住しており、太陽が同室している。


暴力革命家、つまり、暴力の類まれなる才能は6室の火星である。




シェシャドリアイヤーは、6室の火星はどの分割図においても良い配置であるとする例外を主張している。


通常は6室はドゥシュタナハウスであり、惑星が在住してはいけないハウスである。


しかし、6室に火星が在住する場合は例外的に良いのである。


これは敵を粉砕し、敵に打ち勝つことができるからである。



従って、6室の火星が良いと言われるのは、その本人にとってである。


その本人が凄まじいほどの徹底した暴力の才能、本能を持っている為、周りの人々は粉砕されるしかないのである。



「敵を粉砕する」という象意は、6室のケートゥについての象意であるが、ケートゥと同じ性質を持つ、火星も同じである。



例えば、金正恩で言えば、高射砲を使って、徹底的に政敵を粛清することである。


周りの人にとっては、たまったものではない。


政敵をひと月5人ペースで処刑し、5年で140人を処刑して、権力を維持し続けることが、その本人にとって良いのか悪いのか分からないが、現実的、具体的な観点から良いと評価している。


従って、6室の火星は、その人にとって良いのであって、その人の周囲の人にとってではないことには注意が必要である。


もちろん、6室はトリシャダヤハウスでもあり、ドゥシュタナハウスでもあるため、他人を支配したいという欲望が更なる否定的なカルマを積み増しており、業の深い配置ではある。


しかし、6室の火星が良いというのは、そうした観点ではないようである。


敵に勝てるかどうかという現象界(物質界)での具体的な結果を問題にしている。



こうした6室の火星といった観点を使うと、豊田真由子議員の凄まじいまでの秘書への暴力が理解できる。


ToyotaYumiko_chart

wikipediaで、過去の経歴を見ると、豊田真由子議員は、2007年、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に一等書記官として赴任して、在職中にジュネーブで長男、そして、パリで長女を出産している。


結婚したのは、おそらく、その赴任前の2006年頃ではないかという説がネット上に存在する。



その説を採用して、2006年頃のトランジットを調べると、2005年9月28日~2006年10月28日まで、木星が天秤座7室をトランジットしている。


そして、2005年5月26日~2006年11月1日まで、土星が蟹座をトランジットして、7室支配の金星にアスペクトしている。


従って、2005年9月28日~2006年10月28日まで、7室にダブルトランジットが形成されている。



ラグナを牡羊座の0°~3°20’(アシュビニー第1パダ)に設定すると、ダシャーは、金星/金星期である。


金星は7室の支配星であり、結婚のタイミングを表している。



因みにこの7室支配の金星は6室で減衰しており、パラシャラの例外則が適用され、ラージャヨーガ的に働く配置である。



また金星のディスポジターである水星はラグナ、月から見て、ケンドラに在住しており、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。



従って、この頃、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部への一等書記官としての赴任が決まり、キャリア的にも悪くなかったはずである。


(その後も衆議院議員に立候補して当選したことなどを考えると、6室で減衰する金星は、明らかにラージャヨーガをもたらしている)



金星は海外の7室を支配し、海外の12室にアスペクトしている。




因みにこの7室支配の金星は更に6室支配の水星と星座交換している。(6-7の星座交換)



これは結婚と離婚を繰り返す配置であるが、7室は契約を表しており、契約(雇用)と契約解除(解雇)を繰り返す配置であるとも考えられる。



豊田真由子議員の秘書は4年半で100人辞めたと言われているが、暴力が酷過ぎて雇用契約が長く続かないのである。



秘書たちは次から次へと辞めてしまう。





結婚した時、ダシャーは、金星/金星期であるが、金星はナヴァムシャでは7室(パートナー)支配で2室(結婚生活)に在住している。



ToyotaYumiko_D9_chart


従って、ラグナを牡羊座のアシュヴィニー第1パダにすると、ナヴァムシャ(D9)のラグナが、牡羊座になるため、結婚が説明できるのである。(これは子供の誕生においても同じである)



因みにパートナーの7室をラグナとすると、ラグナロードの金星が8室で自室に在住している。



これは豊田真由子議員の夫は、豊田真由子氏に経済的に依存していることを表している。



豊田真由子議員は夫に対して優位に立っており、夫を尻に敷いていると分かる。(だからこそ結婚が続いているのである)





また同じネット上の情報によれば、2007年にジュネーブで長男を出産しており、2009年にパリで長女を出産している。



ここで、子供の誕生を見るサプタムシャ(D7)のラグナが問題になるが、サプタムシャのラグナは、出生図のラグナが牡羊座の場合、取り得る範囲としては、以下の7パターンである。



【サプタムシャのラグナ】


出生図のラグナが、以下の度数の場合


牡羊座 0°00’00.00″ ~ 4°17’8.57″の場合 ⇒ 牡羊座

牡羊座 4°17’08.57″ ~ 8°34’17.14″の場合 ⇒ 牡牛座

牡羊座 8°34’17.14″ ~ 12°51’25.71″の場合 ⇒ 双子座

牡羊座 12°51’25.71″ ~ 17°8’34.28″の場合 ⇒ 蟹座

牡羊座 17°8’34.28″ ~ 21°25’42.85″の場合 ⇒ 獅子座

牡羊座 21°25’42.85″ ~ 25°42’51.42″の場合 ⇒ 乙女座

牡羊座 25°42’51.42″ ~ 30°00’00.00″の場合 ⇒ 天秤座




この中で、子供の誕生が説明できるサプタムシャ(D7)のラグナは、牡羊座と獅子座であるが、獅子座に設定すると、ナヴァムシャで結婚が説明できなくなる。


サプタムシャのラグナを牡羊座に設定すると、ナヴァムシャのラグナも牡羊座となり、上述したように結婚も説明できる。



従って、サプタムシャのラグナを牡羊座に設定するが、長男が誕生した2007年は、金星/太陽期である。



マハダシャーロードの金星はサプタムシャの9室(子供)にアスペクトし、アンタルダシャーロードの太陽は5の支配星で5室(子供)に在住している。



ToyotaYumiko_D7_chart


また長女が誕生した2009年は金星/月期、または金星/火星期である。


月はサプタムシャのラグナに在住し、火星はラグナロードで5室(子供)に在住している。



従って、子供の誕生のタイミングが説明できる。





その他の過去の経歴とダシャーの関係を見てもほぼ説明できることから、出生図のラグナは牡羊座で間違いないと思われる。


(そして、ナヴァムシャとサプタムシャも牡羊座であるということになれば、出生時間は17時25分55秒~17時34分50秒の間である)




例えば、1993年に東京大学文科一類に入学したが、その時、水星/木星期である。


入学した後、法学部第2類(公法コース)に進んでいる。


ダシャーは入学した直後の1993年10月19日から水星/土星期に移行しており、おそらくこの土星の象意である。


また2000年に国費留学生としてハーバード大学大学院に入学し、パブリックヘルスを学んでいる。(wikipediaより)


この時は、ケートゥ/木星期である。




この東京大学とハーバード大学大学院への進学時は、いずれも木星のアンタルダシャーの時期であるが、木星は9室支配で11室(資格、称号)に在住し、9-11のダナヨーガを形成し、ヴァルゴッタマで強力である。


そして、2003年から金融庁の総務企画局にて課長補佐を務め、そして、既に述べたが、2007年に在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に一等書記官として赴任している。


2003年はちょうどマハダシャーケートゥ期から金星期へと移行するタイミングであった。


金星はニーチャバンガラージャヨーガが形成され、パラシャラの例外則が適用されるため、キャリア上の上昇が起こる時期である。


キャリア官僚の目線からすると、この海外赴任して戻って来てから自民党の公募に合格して、政治家に立候補して当選するというコースは、一般的に考えられている係長→課長補佐→企画官→課長→審議官→局長→事務次官といった出世コースではないようである。


減衰する惑星のニーチャバンガラージャヨーガで、パラシャラの例外則であるため、普通の出世コースではないのである。




そして、2012年12月に第46回衆議院議員総選挙に埼玉4区から自由民主党公認で出馬し初当選した時、ダシャーは金星/ラーフ期であった。



金星/ラーフ期はデビューの時期であり、その後のキャリア上の上昇の最初のタイミングである。



このように見てくると、豊田真由子議員は、牡羊座ラグナで、まず間違いなさそうである。



ToyotaYumiko_chart


今回、秘書暴行事件が起こり、自民党から離党した訳であるが、現在、ダシャーは金星/土星期である。



土星は暴力の11室(6室から6室目)を支配して、3室(メディア)に在住している。



また土星は月から見ると、7、8室支配で12室に在住し、金星から見ると、5、6室支配で10室に在住している。



今回、秘書によって、メディアに暴力現場の音声データを録音されて、マスコミに暴露されたのは、この10、11室支配の土星が3室に在住しているからではないかと考えられる。



また月から見ると、7室(契約)と8室の支配の土星(突然、中断)が12室(損失、隠遁)に在住している配置は、自民党からの離党を表している。



そして、マハダシャーロードの金星から見て、5、6室支配の土星が10室(有名)に在住する配置は、敵に叩かれて、世間的に有名(10室)になる配置である。




このアンタルダシャーの土星は、9室支配で11室でヴァルゴッタマの強力な木星からアスペクトされている。



従って、豊田真由子議員は、自民党離党で済んだだけで、政治家として辞任することはなかった。


またその後、豊田真由子議員の秘書のミスが重大なミスであったために怒るのは分かるといった一定の理解が示されていることなどにそれは現れている。


豊田真由子議員が激怒するに至ったスタッフの「重大なミス」の詳細
2017年6月26日 15時16分 トピックニュース

26日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)が、豊田真由子衆院議員による元秘書へのパワハラ疑惑を特集。豊田議員が怒るに至った経緯の詳細が明かされた。

番組では冒頭から、豊田議員のパワハラ疑惑を特集。元秘書の男性が運転中に録音したボイスレコーダーの音声では、豊田議員とみられる女性が「このハゲーーーーーーー!!」「違うだろ!!」などと男性を罵倒している他、ミュージカル調で家族に対する恐ろしい言葉を浴びせている。さらに音源には、運転中の男性を後ろから殴ったとみられる打撃音も収められている。

26日の番組では、男性へインタビューした模様が放送された。男性はボイスレコーダーで録音した5月18日の前後も同様の被害を被っていたという。そんな男性は豊田議員に請われる形で政策秘書になったが、試用期間を経て正式に採用された4月ごろから早くもパワハラがあったとのこと。

スタジオでは、豊田議員が怒るに至ったスタッフの「重大なミス」の詳細が紹介された。豊田議員は毎月、支援者にバースデーカードを送っていたという。はがきの裏側に豊田議員が直筆でメッセージを書いていたが、6月生まれ47人分の宛名について、スタッフが全員取り違えてしまい、そのまま送ってしまったというのだ。送っていたのは別のスタッフだったが、責任者として男性は叱責を受けることになったという。

キャスターの安藤優子はこのミスには「そこもおかしいですよね?」と語り、お笑いコンビ・ハマカーンの浜谷健司も「47通全部違う? 怒るのはわかりますけど…」とミスに怒ることには一定の理解を示した。安藤は豊田氏が直筆でカードを作っていたことをあげ、「そこは完璧にやりたかったんでしょうね…」と推測していた。


この秘書への暴行事件が起こった現在、トランジットの土星は6月21日から8室に逆行し、木星は8室の支配星にコンジャンクトしている。



また土星は2室と10室、5室にアスペクトし、木星は、5室の支配星、10室の支配星、2室の支配星とコンジャンクトしている。



つまり、現在、2室、5室、8室、10室にダブルトランジットが生じている。



これらのハウスの組合せが、今の状況である。



例えば、豊田真由子氏の子供たちは、学校で、イジメに遭ったり、少なくとも親の不祥事で、困惑し、悩んでいるに違いない。



それはサプタムシャ(D5)で、土星が8室に在住していることにも表れている。



5-8の組合せである。



あるいは、現在、自民党を離党して、彼女の政治家としての活動が中断の憂目にあっている。


これは8-10の組合せである。



そして、家族、親族(2室)がこの事件に困惑(8室)していると考えられるが、これは、2-8の組合せである。



ダブルトランジットが形成されるハウスが複数ある場合、それらの象意はその時点の状況を複合して説明する場合がある。



今回のように8室と10室へのダブルトランジットは、現在の豊田真由子議員の状況に良く当てはまっている。



しかし、豊田真由子議員のダシャムシャの配置を見ると、金星は7室でケンドラに在住し、土星は11室で自室に在住して強力である。



ToyotaYumiko_D10_chart


従って、今回のこの不祥事はかなりの打撃だが、豊田真由子議員は、議員活動を続けていくと予想される。




そして、おそらく辞めるのは、次の総選挙以降の金星/水星期なのである。



水星はダシャムシャでは12室(引退)に在住して減衰している。



豊田真由子議員がいつ頃、政治家を辞めるのか、今後もリサーチしていく予定である。



ToyotaYumiko_photo



(参考資料)



安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発
週刊新潮 2017年7月6日号 2017/6/29発売

2012年の選挙で初当選し、現在2期目を務める自民党の豊田真由子代議士(42)。安倍チルドレンの1人でもある彼女は、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加える、前代未聞の振る舞いをしていた。

 ***

 豊田代議士の暴行を告発するのは、彼女の事務所で政策秘書を務めていた男性(55)である。殴る蹴るハンガーで叩くといった暴行は断続的に行われ、男性には「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」等の診断書が出されている。

 男性は通常国会会期末の6月18日付で秘書を辞したが、

「最初に暴力を振るわれた5月19日、私は彼女から『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』とも告げられていました。言い知れぬ恐怖を覚え、翌日から万が一に備えて車内の様子をICレコーダーで録音することにしたのです」(秘書男性)

「週刊新潮」編集部は、その40分超の音声を入手。そこには、車を運転する男性への、豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠が記録されていた。

〈豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ!

豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ!

(ボコッという打撲音)

 男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

 豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!!〉

 音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言、秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。秘書男性は、警察に被害届を出すという。

 取材に対し、豊田代議士の事務所は暴行について〈手をあげてしまった〉と認め、〈お見舞金〉という金銭での解決を目指しているとした上で“通り魔”等一部の録音内容については否定した。

 ***

 6月22日発売の「週刊新潮」では、豊田代議士による「絶叫暴言」「暴行傷害」の具体的な中身について詳しく報じる。また「週刊新潮Twitter」、「デイリー新潮」にて音声の一部を公開する。

「週刊新潮」2017年6月29日号 掲載
参照元:安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発
週刊新潮 2017年7月6日号 2017/6/29発売











スポンサーリンク


スポンサーリンク

稲田朋美の問題発言「防衛大臣としてお願い」

稲田朋美・防衛大臣が、都議選の自民党応援で、「防衛大臣としてお願い」したことにより、自衛隊の政治利用をしたとの批判を受け、野党から辞任を要求されている。


InadaTomomi_photo5

稲田朋美氏、都議選の自民応援で「防衛大臣としてお願い」 “自衛隊の政治利用”懸念も
朝日新聞デジタル | 執筆者: 朝日新聞社提供
投稿日: 2017年06月27日 23時58分 JST 更新: 2017年06月28日 00時08分 JST

都議選応援「防衛省、自衛隊として」 稲田氏、後に釈明

 稲田朋美防衛相は27日、東京都板橋区で行った都議選の自民党公認候補の応援演説で、「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」という趣旨の発言をした。防衛相が自身の地位に言及して所属政党の公認候補への支持を呼びかけるのは異例で、自衛隊の政治利用と受け取られる可能性もある。

 稲田氏は発言後、記者団に「(陸上自衛隊)練馬駐屯地も近いし、防衛省・自衛隊の活動にあたっては地元に理解、支援をいただいていることに感謝しているということを言った」と釈明。演説会場から1キロ余りの距離にある練馬駐屯地(練馬区)の関係者が、選挙区内に住んでいることを念頭に置いた発言とみられる。

 自衛隊法61条は、選挙権の行使以外の自衛隊員の政治的行為を制限しており、特定の政党などを支持する目的で職権を行使できない。稲田氏の発言は、防衛省・自衛隊が組織ぐるみで特定政党の候補を応援していると受け取られかねないほか、大臣が隊員に対し、自衛隊法に抵触する政治的行為を呼びかけたと受け取られかねない。

 軍事ジャーナリストの前田哲男氏は「自衛隊法61条は隊員を対象にしているが、大臣も自衛隊の責任者として順守の義務は当然ある」と指摘。そのうえで、「『防衛省、自衛隊、防衛大臣として』と言葉に出して応援したのは法律違反はもとより、常識としてあり得ない。政治家の放言や暴言が続いているが、レベルが違う問題発言だ」と話している。

(朝日新聞デジタル 2017年06月27日 21時27分)


稲田朋美は以前、私はラグナを蟹座のプナルヴァスに設定した。


InadaTomomi_chart

それは稲田朋美が、蟹座の性格であるが、過去の経験上、プナルヴァスの雰囲気、特徴を有していたからである。


蟹座のプナルヴァスは蟹座の0°~3°20’の間であり、ナヴァムシャのラグナも蟹座に確定する。


そうすると、5、10室支配の火星が10室でムーラトリコーナになり、ルチャカヨーガを形成するため、防衛大臣になる必然性というのが、説明できるのである。



この蟹座プナルヴァス第4パダのラグナで考えると、今年の2017年1月19日前後から金星/ラーフ/水星期に入っている。


アンタルダシャーのラーフのディスポジターは水星であるから、水星の象意が濃く出て来るタイミングである。



水星は3、12室支配で8室に在住し、2室支配の太陽と接合し、8室支配の土星からアスペクトされている。


2室は真実を語るかどうかを判断するハウスである。


2室の支配星が8室(悪意)に在住し、3、12室支配の水星(スピーチ)と絡んで、8室支配の土星からアスペクトされている配置から考えると、2室が激しく傷ついている。


この2室の傷つきから、ジョーティッシュの観点からは稲田朋美は真実を語らないと解釈される。


稲田朋美は、森友学園問題で、「籠池氏の事件を受任したこともなければ、法律相談を行ったこともありません」「法律相談を受けたこともなければ裁判を行ったこともない」と答弁しているが、2004年12月に森友学園が起こした民事訴訟で原告側代理人弁護士として出廷した記録があると、3月14日に共同通信などが報じると、後に「私の記憶に基づいた答弁であり、虚偽の答弁をしたという認識はない。事実としてわかった場合には、答弁との違いについては訂正したい」と語った上で、事実を訂正している。


InadaTomomi_photo3

記憶に基づいた答弁であり、虚偽の答弁をした認識はないとして、善意を主張しているが、結果的に虚偽の答弁を行っている。


また通常は、13年前の出来事であっても原告側代理人弁護士として出廷した事実があるならば、今回、これだけ騒がれたのであれば、覚えているか、もし忘れていたとしても思い出すはずである。


彼女は9室支配の木星が5室に在住し、5、10室支配のヨーガカラカの火星と5-11室の軸で相互アスペクトして、強力なラージャヨーガを形成しており、その強い木星の配置からすると、13年前であったとしても1度、原告側代理人弁護士として出廷した経験があるならば、それを覚えていると思われるのである。


彼女が過去に籠池氏の事件に関わった記憶がなかったとする答弁は、おそらく虚偽なのである。(もちろん彼女の頭の中のことなので証拠はない)



実際、多くの弁護士が、「いくらたくさんの裁判を経験していたとしても、自分が出廷した裁判を忘れるはずがない」と言っている。


つまり、稲田朋美は、どうせ調べられるはずがないと思って、「籠池氏の事件を受任したこともなければ、法律相談を行ったこともありません」と初めから悪意で、虚偽の主張をしたのではないかと考えられるのである。


稲田朋美防衛相の説明一転、森友学園の訴訟で 「夫の代わりに出廷あり得る」 裁判記録で釈明
The Huffington Post | 執筆者:吉川慧
投稿日: 2017年03月14日 12時13分 JST 更新: 2017年03月14日 12時52分 JST

国有地の取得経緯などで揺れる大阪市の学校法人森友学園について、稲田朋美防衛相が2004年12月、同学園が起こした民事訴訟で原告側代理人弁護士として出廷した記録があると、3月14日に共同通信などが報じた。

13日の参院予算委員会で稲田氏は、「籠池氏の事件を受任したこともなければ、法律相談を行ったこともありません」「法律相談を受けたこともなければ裁判を行ったこともない」と答弁。裁判記録と食い違っている。

報道を受けて稲田氏は14日の閣議後、記者会見に応じた。稲田氏は、出廷記録について「報道で、はじめて今朝見た」とした上で、以下のように述べた。

「第一回口頭弁論期日に私が出廷しているという裁判記録があるという報道を受けましたので、もちろん確認はいたしますけれど、そうだとすれば、その抵当権抹消事件、夫が担当していた事件で第一回期日に夫(稲田龍示氏)の代わりにですね、裁判所に行ったということはあり得るのかと推測できるなと今思っております」

「担当の夫の都合がつかずに代わりに出廷したことがあるのではないかと、私はいま推測は致しております」

一方で、森友学園の国有地払い下げをめぐる問題については「13年前の抵当権抹消事件と、いまの国有地払い下げ事件の間には全く関係ありません」「何度も国会で申し上げておりますけども、本件の国有地払い下げ事件に関しては、私は本当に何の関係もありません」と語った。

また、虚偽答弁の可能性を指摘されると、稲田氏は「13年前の抵当権抹消事件でありまして、私は記憶に基づいて今まで答弁してきたということでございます」と説明。

「私の記憶に基づいた答弁であり、虚偽の答弁をしたという認識はない。事実としてわかった場合には、答弁との違いについては訂正したい」と語った上で、引責辞任については否定した。

森友学園理事長の籠池泰典氏との関係については、「面識はもちろんありましたけど、10年ほど前、大変失礼なことをされたということがありまして、それ以来、私は関係を絶ってきているということでございます」と、近年は接触がなかったことを強調。

記者団から「大変失礼なこととは?」と問われると、稲田氏は「具体的に言うのは差し控えさせていただきたいと思います」と、説明を避けた。


このことによって、実際、稲田朋美は、「嘘つき」という評価を得たようである。


「自称・総理候補の嘘つき防衛大臣」稲田朋美の悪評…省職員に高圧的、国会答弁で醜態
2017.03.17 Business Journal 文=深笛義也/ライター

 我が国の防衛を預かる大臣の席に“嘘つき”が座っていることが、満天下に明らかになった。
 稲田朋美防衛相は13日の参院予算委員会で、「(森友学園関連の)裁判を行ったことはない」と答弁していたが、14日午後の衆院本会議で一転、「今朝の報道において、13年前の裁判所の出廷記録が掲載されました。平成16年12月9日、夫の代わりに出廷したことを確認できましたので、訂正し、お詫びいたします」と謝罪した。
 
多くの弁護士が、「いくらたくさんの裁判を経験していたとしても、自分が出廷した裁判を忘れるはずがない」と言っている。稲田氏が虚偽答弁をしたことは明白だ。野党が辞任を求めるのは当然だろう。

「稲田さんは、自分は頭がいいと思っているみたいですが、本当に弁護士だったのか、疑問すら抱くような事態ですよ」

 ジャーナリストの朝霞唯夫氏は言う。

「今回、彼女を追い詰めたひとりに、民進党の小川敏夫議員がいます。彼は裁判官から検事になり、その後、弁護士になった経験を持っています。検事というのは取り調べができる能力があるということです。容疑者の言い分を言いたいだけ言わせておいて、嘘を引き出して追い詰めるのが検事のやり方のひとつ。今回の森友学園問題での稲田さんに対する追い詰め方がそれで、『関係ない、関係ない』と言わせるだけ言わせて、挙げ句の果てに、『まったく知らない、向こうが嘘をついている』とまで言わせておいて、『じゃあ、これはなんだ、名前が書いてある』と出す。

おそらく、他の議員だったら、最初にあれを出しちゃうでしょう。検察特有のやり方です。弁護士だって検察のやり方を知っているので、本来は稲田氏のような答弁は、弁護士だったらしないはずです。なんでこういう質問してくるのか、最初から疑ってかかるものです。これが法廷なら、完全に負けていますね」大臣としての資質

 弁護士としての能力を疑われる稲田氏だが、大臣としての資質はどうなのだろうか。

「防衛省での評判は非常に悪い。防衛大臣は、防衛省内の背広組には嫌われるけど制服組には好かれたり、その逆の場合もありますが、彼女の場合は両方から嫌われているのです。護衛艦の視察にハイヒールで来たりするから、制服組からしたら『現場を舐めている』という目で見る。背広組が彼女に法案の説明をしにいくと、自分のほうが法律に詳しいみたいな態度を取って、『こういう判例がある』などと言って、やりこめてしまう。

だけど、実は的外れだったりするんですよ。彼女の理解の間違いを正そうとすると、『自分は大臣だ、あなた誰に向かってものを言ってんの』という態度になる。それで国会答弁はしどろもどろなんだから、背広組からしたら『ふざけるな』という話になりますよね。以前の女性の防衛大臣には小池百合子現東京都知事がいました。彼女も評判は悪かったですが、『今になって思えば、小池さんのほうがどれだけよかったか』という話が、防衛省内にはあります」(同)

安倍首相にも見限られる

 ではそんな稲田氏が、なぜ防衛大臣に任命されたのか。
「閣僚人事を決めるとき、まず重要なポストから埋めていきますよね。『財務大臣には麻生太郎さん、官房長官には菅義偉さん』という具合です。防衛大臣も国家の運営からしたら大事なポストですが、永田町の論理では軽くなってしまっている。

そこにお気に入りの稲田さんを入れたということでしょう」(同)

安倍首相はこの人事を、悔やんだりはしていないのだろうか。

「彼女は安倍首相の覚えがめでたかったから、昨年までは『私は女性初の総理大臣候補だ』と言ってはばからなかった。だけど彼女は昨年末に靖国参拝をしましたよね。『なんでこのタイミングに行ったんだ』と、安倍首相は烈火のごとく怒って怒鳴りつけたんです。
 
安倍首相は対米関係で昨年、エラー続きだったんですね。まず、クリントンが当選すると考えて、大統領選のさなかにもかかわらず彼女に会いに行った。ところが当選したのは、トランプ。そこで慌ててトランプに会いに行ったら、『まだ大統領はオバマなのに』ということで、ホワイトハウスの逆鱗に触れたわけです。そこで、『オバマが広島に来てくれたので、今度は私が真珠湾に行きましょう』ということになった。本当は行きたくないんだけど、エラーをカバーするために真珠湾に嫌々行った。
 そこから帰ってきたところで、稲田さんの靖国参拝でしょう。

アメリカもいい気はしないし、日韓関係だって静まっていたのに火が付いてしまった。安倍首相はそこでもう、彼女のハシゴを外したのです。そこから稲田さんの迷走が始まるわけですよ。南スーダンのPKOの問題でろくな答弁ができなくて、安倍首相や岸田外相が代わって答弁するようなことがあった。それで今度は、森友学園の問題でしょう。辞任させると首相の任命責任が問われちゃうので、本予算が通過したら、病気入院するんじゃないかということが、永田町ではまことしやかに囁かれていますよ」
永田町の“オシャレ番長”と言われているくらいならまだよかったが、“嘘つき大臣”と判明したからには、早々にご退場願いたいものだ。
(文=深笛義也/ライター)


何故、稲田朋美が、「嘘つき」と評価されるに至ったか。

それはジョーティッシュの観点から明らかである。

今年の1月から金星/ラーフ/水星期で、アンタルダシャーのラーフはディスポジターの水星が結果を与え、またプラティアンタルダシャーは水星である。

この水星は傷ついた太陽と共に8室に在住している。

この配置から稲田朋美は、虚偽の答弁をしたり、また国会でも発言のミスを繰り返している。

今回の「防衛大臣としてお願い」発言をしたのは、金星/ラーフ/ケートゥ期である。

ダシャムシャ(D10)を検討したいが、まず、ダシャムシャのラグナはどこかということである。

出生図のラグナが、蟹座0°~3°20’のプナルヴァス第4パダであるなら、ダシャムシャのラグナは魚座か牡羊座のいずれかである。

牡羊座ラグナだと、ラグナで、太陽と火星が高揚とムーラトリコーナの配置で、強力なラージャヨーガを形成している。

この配置が彼女が政治権力を持つに至ったことを説明するものである。

しかし、そうすると、彼女はマハダシャーケートゥ期に国会議員になり、現在、マハダシャー金星期を経過しているが、ダシャムシャでケートゥは2室で減衰しており、ディスポジターの金星は8室で減衰するラーフと接合している。

この配置からすると、彼女は国会議員になり、国家の政治権力の中枢に留まる運勢はあったと言えるが、ケートゥ期、金星期を通した国会議員としての稲田朋美の活動は、障害が多い印象である。

実際、その通りになっており、彼女は辞任を要求され続けている。

今、金星/ラーフ期であることから、マハダシャーロードとアンタルダシャーロードの両方が、彼女のダシャムシャの8室に在住している。

この金星/ラーフ期に彼女の政治キャリアにおける完全な行き詰まりが生じると考えられる。

実際、稲田朋美は、現在、そのような状況に追い込まれている。


InadaTomomi_photo

そして、ダシャムシャのケートゥが2室(真実を語るかどうか、スピーチ)で減衰し、ディスポジターの金星が8室でラーフと接合して傷ついていることを考えると、それは虚偽の発言や問題発言からもたらされていることまでがダシャムシャに示されていることになる。


国会議員になった時にケートゥ期で、途中から金星期に移行したが、ケートゥのディスポジターの金星が8室に在住しているということは、彼女は国会議員になった初めから自由がなかったということである。


彼女が自らの政治的信条を述べた後、その信条を180°変える発言に後退したり、虚偽の発言をした後に釈明に追われるなどしていることは、結局の所、彼女は自らを自分でコントロールする立場にいないことを表している。


結局、政権に不利になる発言をした後は、上から圧力がかかり、それを撤回したり、変えざるを得ない立場でしかないのである。


つまり、政治家になるスキル、才能は十分にあったが、政治家としての活動におけるカルマ(運命)が悪かったということである。


それはダシャムシャ(D10)の8室に在住する金星に現れている。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

三代目ジェームスボンド亡くなる

先日、三代目ジェームスボンドで知られるロジャー・ムーアが亡くなったことが報じられた。


RogerMoore_photo4

ロジャー・ムーアさん死去 「007」でボンド役
2017年5月23日22時54分 朝日新聞DIGITAL

英BBCは23日、スパイ映画「007」シリーズのジェームズ・ボンド役で人気を集めた英国の俳優ロジャー・ムーアさんが死去したと報じた。89歳だった。家族によると、がんで闘病中だったという。

 3代目の公式ボンド役として1973年から85年まで出演。歴代のボンド役で最長だという。

 ムーアさんはボンド役の3代目として知られ、73年の「死ぬのは奴(やつ)らだ」から85年の「美しき獲物たち」まで、計7本の「007」シリーズで主演した。国連児童基金(ユニセフ)親善大使も務め、02年サッカーワールドカップ日韓大会の際に来日し、貧困に苦しむ子どもたちへの支援を呼びかけた。


英国の大人気スパイ映画『007』を7作に渡って歴代最多の出演である。


出生図を作成すると、ラグナが蟹座のアーシュレーシャである。


RogerMoore_chart

ジェームス・ポンドと言えば、毎回ボンドガールが話題となる。


毎回お約束のようにボンドガールと恋愛、あるいは情事を繰り広げる。


このお約束がなければ観客は納得しない。


RogerMoore_photo

アーシュレーシャは妖艶な魅力を放ち、異常なセクシャルな魅力を放って誘惑する恋愛情事に手練れた男性又は女性である。


不倫、二股、三角関係、世間の道徳観念は全く気にもしない人物である。


従って、アーシュレーシャというのは典型的なプレイボーイ、又はプレイガールである。


ラグナが、アーシュレーシャであるロジャームーアは、まさにジェームス・ボンドが当たり役だったと言えるだろう。


やはり、映画の役柄は実生活上の性格や人物像とほぼ一致しているというのは、何度、検証しても同じである。



このロジャームーアだが、ウィキペディアによれば、ユニセフ親善大使などボランティア活動にも精力的で、2003年にはナイトの称号を与えられたという。


これは6、9室支配の木星が9室で魚座自室に在住している配置から理解できる。


魚座は慈善の星座であり、9室は奉仕、徳行のハウスである。


5、10室支配のヨーガカラカの火星が、もう一つのトリコーナの支配星である木星と相互アスペクトして、5-9、9-19のラージャヨーガを形成している。


このヨーガカラカがもう一つのトリコーナの支配星と絡むヨーガは最高のラージャヨーガである。


それが3室と9室の軸で形成されているため、映画出演(3室)と慈善活動(9室)はまさにロジャームーアの活動の両輪だったのである。



ロジャームーアの顕著な配置として、ラグナロードの月が牡牛座11室で高揚し、高揚するラーフと接合している。


そして、このラーフは7室支配の土星からアスペクトされている。


ラーフにトリコーナとケンドラの支配星が絡んでおり、ラージャヨーガの条件を満たしている。


そして、ラーフは高揚しているため、強力なラージャヨーガを11室で形成している。


2008年の水星/ラーフ期に仏芸術文化勲章を授与されたのは、その為である。



2003年 大英帝国勲章:ナイト・コマンダー 水星/金星⇒水星/太陽(2/25~)
2003年 独連邦共和国功労勲章      水星/金星⇒水星/太陽(2/25~)
2008年 仏芸術文化勲章:コマンドゥール  水星/ラーフ



2003年にナイトの称号を授与された時、水星/金星期、水星/太陽期であるが、金星はラグナから見て、2-11室のダナヨーガを形成している。

またダシャーロードの水星から見て11室に在住し、1-11のダナヨーガを形成している。


更に2室支配の太陽は、ヨーガカラカと9室支配の木星が形成する最高のラージャヨーガに参加している。


但し、もし水星/太陽期にナイトの称号を得たのであれば、何か11室の象意が出ていなければならない。


太陽はD11にて11室で自室に在住していることも注目すべき点である。



ロジャームーアは、1940年代、1950年代を通じて、下積みの日々で全く芽が出なかった。



1940年代に映画にエキストラ出演した後に軍隊に入隊し、第二次世界大戦中はイギリス軍の娯楽部隊に所属した。
除隊後に再び大部屋俳優になり、モデルやテレビのステージ・マネージャーなどの職業も経験した。1950年代に入ってアメリカに渡り、テレビドラマに出演する下積み生活が続いた。

(wikipedia ロジャー・ムーアより引用抜粋)


1954年、MGM映画『雨の朝巴里に死す』に出演したが、この映画はエリザベス・テイラーとヴァン・ジョンソンが主演で、ロジャームーアは脇役である。

そして、同年、MGMの契約俳優となっている。


この間、ずっとマハダシャーラーフ期である。


ラーフはダシャムシャ(D10)の12室に在住して、3、4室支配の土星と接合している。


RogerMoore_D10_chart

土星は高揚しているが、12室に在住しているため、脇役での下積み生活が継続している感じが出ている。




その後、ロジャームーアは1962年にテレビシリーズ『セイント 天国野郎』に主演してようやくスターの地位を得たのである。


この前年の1961年12月2日からマハダシャーが木星期に移行している。



木星はダシャムシャ(D10)のラグナに在住しており、この木星期からの上昇を物語っている。



1971年からの『ダンディ2 華麗な冒険』などのテレビシリーズでも活躍したが、この頃は木星/金星期である。


そして、1973年の『007 ダイヤモンドは永遠に』で、三代目ジェームズ・ボンド役に抜擢されている。


この頃は木星/太陽 ⇒ 木星/月期である。




ロジャームーアは、2017年5月23日、癌(ガン)により89歳で幕を閉じた。


ダシャーは、ケートゥ/ラーフ/水星期である。


ケートゥとラーフの両方に7、8室支配のマラカの土星が絡んでおり、水星は月から見た2室の支配星で6室に在住し、土星、火星によって挟まれて、パーパカルタリヨーガを形成し、ディスポジターの金星は2室に在住して土星からアスペクトされている。


ナヴァムシャでもラーフはマラカの7室に在住し、水星はラーフのディスポジターで、マラカの2室に在住し、8室に在住する12室支配の土星からアスペクトされている。



RogerMoore_photo3

RogerMoore_photo5















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ビヨンゼが双子を出産

先日、米アーティストのビヨンゼが双子を出産したと報じていた。


Beyonce_photo4

ビヨンセ、双子を出産 米メディア報道
モデルプレス 2017年6月18日 18時11分 (2017年6月19日 07時36分 更新)

【ビヨンセ/モデルプレス=6月18日】米アーティストのビヨンセ(35)が第2子、第3子となる双子を出産したと報道された。

◆先週始めに出産

一部米メディアによると、先週始めに出産していたとのこと。複数の関係者の証言から明らかになったという。

ビヨンセは2008年4月にラッパーで実業家のジェイ・Z(47)と結婚。2012年には長女のブルー・アイビーちゃんが誕生している。

今年2月に妊娠を発表し、ふっくらとしたお腹がわかるランジェリー姿にベールをまとったマタニティーフォトを公開。

さらに、米ロサンゼルスで開催中の世界最高峰の音楽の祭典「第59回グラミー賞授賞式」に出演した際は、ふっくらとしたお腹でパフォーマンスを披露し、話題を呼んでいた。

◆夫はラッパーのジェイ・Z

ビヨンセは2008年4月にラッパーで実業家のジェイ・Z(47)と結婚。2012年には長女のブルー・アイビーちゃんが誕生している。(modelpress編集部)


ビヨンゼは、アストロデータバンクのデータによれば、1981年9月4日 AM10:00 テキサス州ヒューストン生まれであるが、このデータは、Rodden RatingがCにランクされており、信頼度が危ういデータである。


このデータで出生図を作成すると、ラグナは乙女座のチトラー、月は天秤座のビシャーカーになる。


Beyonce_chart

このラグナで正しいかどうか、結婚のタイミングや、子供の出産のタイミングを検討した結果、この出生時間はほぼ正しいと分かった。


ビヨンゼは、2008年4月にラッパーのジェイ・Zと結婚しているが、この時、水星/水星期である。


水星はナヴァムシャ(D9)のラグナロードで、7室(パートナー)に在住している。


Beyonce_D9_chart

第一子のアイビーが誕生した2012年は水星/金星期であるが、水星はサプタムシャ(D7)で、9室(5室から見た5室目:子供)に在住し、金星は9室の支配星でラグナに在住している。


また今回の第二子、第三子が誕生した2017年6月12日は、水星/ラーフ期であるが、水星はラグナロードで9室に在住し、ラーフはディスポジターの土星が5室の支配星である。


Beyonce_D7_chart

ビヨンゼのチャートを作成すると、乙女座ラグナで乙女座に惑星が集中している。


月は天秤座である。


ビヨンゼに天秤座の特徴があるのは、パッと見で分かるし、また容姿やスタイルを見れば典型的な天秤座の雰囲気を醸し出している。


Beyonce_photo2

問題は乙女座ラグナであるかどうかであった。



ラグナは26°40’で、出生時間を15分23秒進めると、天秤座ラグナである。



しかし、天秤座ラグナだと12室に惑星集中になってしまう。



それは主に海外で活躍しているような人物にしか考えにくい配置である。


ビヨンゼは米国生まれ、米国育ちで、米国内で主に活躍している。




今回、双子の第二子、第三子を出産した時、トランジットの土星は射手座で逆行中であり、6月21日から逆行で蠍座に戻る9日前であった。


9日前の場合、ほぼ蠍座に入室していたと考えることが出来る。


通常、トランジットの惑星は入室する2ヶ月から2ヶ月半前から、入室の効果を発揮し始めるが、これは逆行の場合も同じである。



従って、今回、子供を出産した時、土星は蠍座から5室にアスペクトし、木星は乙女座で5室の支配星にコンジャンクションし、5室にアスペクトしていた。


また木星は9室支配の金星にコンジャンクションしていたが、土星は蠍座に入室した後も射手座在住の効果が暫くは残存するため、射手座から9室の支配星にアスペクトしていた。


従って、5室と9室にダブルトランジットしている。



このように見てくると、ビヨンゼは乙女座ラグナで正しいと分かる。


因みにwikipediaによれば、ステージ上のビヨンゼのパフォーマンスと実際のビヨンゼは全くかけ離れており、そのギャップに驚く人々が多いと書いてある。


人物・私生活

(略)ビヨンセのワールドツアーにピアニストとして参加した唯一の日本人である辻利恵は、ビヨンセはメンバーそれぞれにソロパートを設けてくれるなど、バンド思いの人で、さらに裏表がない性格で、非常に優しい人物であると述べている。

ステージでのパフォーマンスのイメージと実際のビヨンセは大きくかけ離れ、そのギャップに驚く人々が多いという。ビヨンセ自身も、ステージ上での挑発的でグラマラスな人格を「サーシャ・フィアース」(もう一人の自分。サーシャという名は従姉妹のアンジーが名付けた)と呼び、現実の世界の自分はもっと傷つきやすい人間だと再三語っている。ステージ上で自分がまったくの別人に生まれ変わることに気づいたのは、少女時代に初めて出場した学校主催のタレント・ショーだったという。ステージに立つとビヨンセは無意識に「サーシャ」に変身し、ステージで何をしたのか後で覚えていないことも時々あり、高価なブレスレットを観客に向かって投げたことを覚えておらず、アシスタントのアンジーが慌ててそれを回収しに走らなければならなかったこともあったという。(略)

(wikipedia ビヨンゼより引用抜粋)


これは基本的にビヨンゼは乙女座ラグナで、乙女座に惑星集中もしているため、本来、律儀で、控えめな性格なのだと考えられる。


更にビヨンゼは、3室(踊り、パフォーマンス)と8室(変化、中断、突然)を支配する火星が11室で減衰しているが、パラシャラの例外則とニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


・3室の支配星が減衰している(パラシャラの例外則)
・8室の支配星が減衰している(パラシャラの例外則)
・減衰する火星が高揚する星座の支配星(土星)がラグナからケンドラに在住


3室は精神を表し、8室は突然の変化などを表すハウスであり、ラーフは幻想をもたらす惑星である。


従って、『ステージ上で自分がまったくの別人に生まれ変わる』というビヨンゼの性質はこの配置がもたらしていると考えられる。


『・・・ステージに立つとビヨンセは無意識に「サーシャ」に変身し、ステージで何をしたのか後で覚えていないことも時々あり、高価なブレスレットを観客に向かって投たことを覚えておらず・・・・』という状況は、かなり異常である。


Beyonce_photo

二重人格に近いものがあるが、ラーフは発狂や興奮状態をもたらす惑星であり、3室はヒーローイズムや精神的強さのハウスであり、このハウスの支配星にラーフが接合していることにより、ステージ上では勇ましい別人格になってしまうのである。


この3、8室支配の火星とラーフの絡みは、ナヴァムシャでも繰り返されている。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

インド占星術上級セミナーのお知らせ 7月29日(土)11:00 ~『予測のための分割図及びダシャー/アンタルダシャーの適用』【分割図編】

2017年7月29日(土)にインド占星術上級セミナーを行います。

講座の内容としては、ジョーティッシュの学習をある程度、積み重ねてきた方を対象とする上級セミナーです。

日頃、惑星の生来的、機能的吉凶の解釈や木星と土星のダブルトランジットを用いて、予測を行なってみるものの、

分割図やダシャーを用いての正確な予測に必要なスキルの全体像が分かっていない方、

分割図の使用や、ダシャーの解釈に関する体系的な学習を行っていない方を対象とします。

内容はジャイミニシステムではなく、パラシャラシステムの上級レベルになります。

本、セミナーはこれまで講座やDVD教材などで提供してきた内容の焼直しではなく、

ある時から私自身に全く次元の違う理解をもたらした考え方について、その源に遡って学習していきます。

海外の資料、海外の書籍の日本語訳などを用い、事例チャートなどを用いて、学習していきます。

私自身、これまで学習の途上で、様々なセミナーに参加して来ましたが、これらのことについて体系的に習うことは出来ませんでした。

ジョーティッシュを実践している方でさえも、これらの内容について理解しているかは分からない、そうした類の知識であり、

今後、実践上で、これらの考え方を適用して、理解を深めなければならない分野です。



コース名

インド占星術上級セミナー『予測のための分割図及びダシャー/アンタルダシャーの適用』【分割図編】



講座内容

・予測のために分割図及びダシャー/アンタルダシャーをどのように使用するか

・分割図解釈の方法論

・ナヴァムシャ(D9)、サプタムシャ(D7)、ダシャムシャ(D10)、ドヴァダシャムシャ(D12)の使い方

・非パラシャリ系の分割図の使用(D11, D8他)

※全4回程度を予定していますが内容を早く消化できた場合は早く終わる場合もありますが、終わらない場合は延長する場合もあります。




日時

第1回 2017年7月29日(土) 11:00 ~ 15:00

※第2回以降は参加者の希望に応じて後日決まります。(土曜日の午後を予定しております)

入場開始 10:50
講座開始 11:10
講座終了 14:50

(途中5分休憩が入ります)




会場

備屋珈琲店恵比寿店 ROOM EAST
東京都渋谷区恵比寿4-4-11
JR恵比寿駅東口より徒歩3分




定員

9名




参加費

13,000円/正味 3時間40分

※飲み物代は参加費に含まれています。

参加費は毎回、その都度、受領します。(当日、封筒に入れてお持ち下さい。授業開始前に回収します)

また1回毎に次回の参加の有無を確認します。

用事があって、開催日に参加できなかった場合、個人レッスンで同じ内容を受講可能です。

その際、料金は16,000円/120分となります。120分で1日分の講座内容を終わらせます。




参加資格

・惑星の生来的吉凶、機能的吉凶の違いなどが理解できている

・ポジション、アスペクト、コンジャンクション、ラージャヨーガ、ダナヨーガ、アリシュタヨーガ、トランジット、ダブルトランジット、トリコーナ、ケンドラ、ウパチャヤ、トリシャダ、ドゥシュタナなどの用語の意味が分かる

・分割図、ヴィムショッタリダシャーが何であるか分かっている

一度、学習したことがあれば問題ありません。

※インド占星術入門講座メルマガに登録されている方で、こうした用語について一通り、理解できていれば問題ありません。

上記の内容を復習している時間はありませんので、参加される場合は、これらについて事前に学習をお願いします。

内容が理解出来なくても返金はできませんのでご了承下さい。




予約について

①お名前(ローマ字+ひらがな)
②出生年月日と出生時間(母子手帳記載、母親の記録等、24時間表記)
③出生場所(○○県○○市ぐらいまでのデータ)

上記のデータを添えて、address_hkまでお申込み下さい。

件名は「インド占星術上級セミナー参加希望」でお願いします。

定員になりましたので募集を打ち切りました。(以後、キャンセル待ちのみ受け付けます)2017/7/1更新






























スポンサーリンク


スポンサーリンク

ビットコイン革命 Part5 <お金の発明者、リバータリアン社会主義>

ここ数回に渡って、仮想通貨(暗号通貨)について書いてきたが、ビットコインは、2008年10月に中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物による論文の投稿から始まった。

2009年1月にビットコインの運用が始まると、当初はナカモトサトシや、ソフトウェアの開発者の数人で、マイニングを行なっていたと考えられるが、この当初のスタート時点において、この新しいお金の発明者たちは、かなりのビットコインを蓄積したはずである。

これらの人々はお金を発明した創業者であるから、莫大な利益を得て当然なのである。


通貨を発行する人は、通貨発行益(シニョリッジ)を保有する。


これは莫大な利益となるが、現在の国際銀行家などがその利益を握っている。


例えば、米国の中央銀行・連邦準備銀行であれば、株主である以下の面々がそれである。


ロスチャイルド銀行・ロンドン
ロスチャイルド銀行・ベルリン
ラザール・フレール・パリ
イスラエル・モーゼス・シフ銀行・イタリア
ウォーバーグ銀行・アムステルダム
ウォーバーグ銀行・ハンブルク
リーマン・ブラザーズ・ニューヨーク
クーン・ローブ銀行・ニューヨーク
ゴールドマン・サックス・ニューヨーク
チェース・マンハッタン銀行・ニューヨーク


ビットコインは、この通貨発行益を国際銀行家の独占から解放する発明である。


それはどこにも中央に管理者がいない状態で、多くの人が参加して、インターネット上でお金の決済の仕組みを運営していく仕組みである。


インターネット自体もこうした仕組みによって大勢の参加者によって運営されており、どこかの一国の政府が停止したりすることは出来ない。


例え政府の権力者がビットコインの使用を禁じたとしても世界中の市民が共同で、このお金の仕組みを運営してしまうのである。



この銀行システムが強固である限り、私たちがこの中央銀行の株主の面々から、真に解放されることは難しかった。


従って、お金という仕組みが支配者たちに支配されていることが、最大の問題点だったのである。


そこで、多くの人が、中央銀行が発行しない市民が独自に発行する地域通貨の可能性などを考えてきた。


地域通貨を使っていくことで、中央銀行が発行するお金によって振り回されない経済圏を創ろうとしたのである。




以前、思想家の柄谷行人は、世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて (岩波新書) の中で、どのようにすれば世界共和国が実現するかを考察する中で、人々の交換の形に注目した。


そして、交換を媒介するものは、やはりお金である為、地域通貨の可能性などについても考察してきたようである。



この本の中で、ノームチョムスキーが示した国家が取り得る4つの形態を紹介している。



nations_list


1. 福祉国家資本主義(社会民主主義)
2. 国家社会主義(共産主義)
3. リベラリズム(新自由主義)
4. リバタリアン社会主義(アソシエーショニズム)




1つ目の福祉国家資本主義(社会民主主義)は、政府が公務員を沢山抱えて(大きい政府)、企業や個人から税金を徴収し、その税金を再分配して、社会的不平等を是正していくという考え方である。

これが現在のリベラル左翼が目指す方向性である。


但し、この方法だと税金を徴収する政府が肥大し、そして、税金の再分配による社会的不平等の是正は完全ではない。


この方法はリベラル左翼によって、ずっと取られてきた路線である。


但し、こうした社会民主主義は、例えば、日本においては社会党が一時期、躍進した時期もあったが今では全くその勢力は衰えてしまった。


結局、福祉国家社会主義とは、修正資本主義であり、国家権力による統制経済である。


その方法では、真の平等も自由も実現できない。


社会民主主義が、このように衰退したにも関わらず、リベラル左翼は、ずっとこの路線で、戦っているのである。


ウォール街を囲め運動などもこの一部である。




2の国家社会主義(共産主義)は、計画経済などによって平等は実現したが、経済的に物が不足したり、個人の生産に対するモチベーションを喚起することが出来ないため、気概のない社会となる欠点があった。

また国民に平等を強いるため、それを実行する中央集権的な官僚機構が生じて、特権階級の腐敗なども生じたのである。


そして、体制を維持するために秘密警察なども用いられた。


つまり、統制によって平等は実現したが、自由は失われた社会である。


またソ連の崩壊に見るように歴史的には失敗したと見なされている。




3は現在のリベラリズム(新自由主義)であり、これは具体的には1989年のワシントン・コンセンサスで定式化され、IMF、世界銀行、米国財務省が「小さな政府」「規制緩和」「市場原理」「民営化」を世界中に広く輸出する米国主導の経済戦略として推進され、その結果として世界に極端な格差がもたらされることになっている。

このリベラリズムは現在世界に極端な不平等を生み出しており、リベラル左翼の努力は、主にこれを推進する貪欲な企業活動の規制や反対運動などに向けられる。

またこれらの企業活動を規制し、税金を課して、それを再分配するという観点から、リベラル左翼の観点では、政府の権能を拡大する必要があり、その為、大きな政府となり、また国家統制が必要となる。



つまり、現在のリベラリズム(新自由主義)は、格差社会をもたらしたという点で、非常に問題があるが、それを解決するためのリベラル左翼の枠組みは、既に下火となって来た社会民主主義的アプローチであり、国家統制を必要とし、また不平等を再分配によって修正するという考え方である。

不平等を再分配によって解消しようとする場合、再分配の受け手は、努力することなく再分配を受け、そのことが不平等となる。



上記のように1,2,3は、これまで地球上に出現してきた社会である。



これらの社会のいずれも長所もあり、また欠点も持っている。




そして、ノームチョムスキーの考えでは、平等と自由の両方が実現された社会が理想的な社会であり、それはリバータリアン社会主義(アソシエーショニズム)なのである。


このリバータリアン社会主義は、いまだかつて地球上で実現したことのない社会である。



小さい政府で、政府は国防やインフラ管理など基本的なことしか行わず、人々が規制のない中で自由に生活し、しかも平等が実現されていて、資本主義の歪みとしての格差などがない社会である。



これをどのように実現するかということが課題であり、ノームチョムスキーを引用した柄谷行人は、この4のリバータリアン社会主義(アイソレーショニズム)を実現するためには、人々が友愛によって連帯する必要があり、それには宗教が大きな役割を果たすのではないかと述べている。


(※因みに私自身は、これはキリスト教、仏教、イスラム教、ヒンドゥー教、ユダヤ教など世界中のあらゆる宗教の背後にある不滅の真理を探究しようとした不朽の知恵の教え、神智学等が、その答になると考えている。但し、これは学問としての神智学ではなく、霊ヒエラルキーの出現を通して生み出される生きた真理としてである。)



資本主義には自由はあるが、平等がない、共産主義には平等はあるが、自由がないということで、東西が対立する冷戦時代には、このどちらかの選択肢しかなかったのである。


そして、資本主義を修正するアプローチである福祉国家社会主義(社会民主主義)では、平等も実現できないし、統制が進んで自由も失ってしまうのである。



そして、柄谷行人は、現状の通貨の発行権が市場原理主義を信奉する人々(国際銀行家)の手に握られている現状では、4のリバータリアン社会主義を実現することが出来ないと考えており、その為、地域通貨の可能性に注目していたようである。


つまり、中央銀行が発行する通貨は、世界規模の商業活動(グローバリゼーション)を行なうプレーヤーたちの手元に集中してしまい、一般の人々の手元には通貨が不足してしまう。


従って、中央銀行が発行する通貨は、資本を集中的に保持する人の元に集まり、地域社会の人々同士の財やサービスの交換を促進せず、地域社会の人々のつながりを分断し、コミュニケーションを阻害してしまう。



その為、中央銀行が発行する通貨とは全く独立して流通する地域通貨が普及すれば、地域社会の人々同士の財やサービスの交換を促進し、それが人々の友愛的な連帯へとつながると考えたのである。



もちろん、そうした人々の友愛的な連帯を基礎づける世界宗教なども必要だと考えたのである。



『世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて』が出版されたのが、 2006年4月20日であるが、この柄谷行人が、リバータリアン社会主義を実現するのに役立つと考えていた地域通貨は、仮想通貨(暗号通貨)という形で、地域通貨の実験などよりも大規模に強力に世界的に実現しそうな勢いである。


そして、仮想通貨(暗号通貨)の基幹技術であるブロックチェーンは、今後の数年間で、仮想通貨ばかりでなく、交通やインフラ管理、エネルギー・水・廃棄物、農業、環境モニタリングと災害予測、医療・ヘルスケア、金融・保険、書類や記録の管理、ビル管理・不動産管理、製造・メンテナンス、スマートホーム、小売業など、あらゆる業務の基幹システムとして応用され、中

央に管理者のいない状態で、共同で、分散台帳を使いながら自動的に運用されていくようになるという。


そのような世界では、IOT(Internet of Things)と呼ばれるが、あらゆるデバイスや機器がインターネットに接続され、ブロックチェーンによって、それが自動的に運用管理されていく。


それらのデバイスにはチップが搭載され、人工知能が搭載されて、人間がメンテナンスをほとんどしなくても自動的に運用されていくのである。


従って、巨大な中央政府などが不要になり、最小限の公務員しか必要なくなるのである。


必要となるのは、国防、警察、インフラ管理などであり、それを最小限の人員で運営することが出来る。



そして、仮想通貨を使って、世界中のどこにでも安い手数料で送金できる世界では誰でも自分の気概で生活を維持していくことが出来る。


人々は自由に経済活動し、政府に管理統制されることもなく、政府の維持コストが安くなるため、税金も安くなり、自分で自分の生活を何とかすることが出来るため、国家による再分配としての福祉の必要性が限りなく少なくなっていく。


もちろん、社会インフラのコストも安くなるため、公共料金などが限りなく安くなり、農業なども自動的に管理され、十分な量の食糧も供給できるため、ほとんど生活費に困るということはなくなるかもしれない。


つまり、ブロックチェーンによって生み出される未来の社会は、リベラル左翼の主張してきた大きな政府(過剰な公務員)にって、多くの税金を徴収して再分配する福祉国家社会主義(社会民主主義)ではなく、自由と平等が実現したリバータリアン社会主義(アソシエーショニズム)である。



ビットコインは、そのブロックチェーンによる社会革命を先陣を切って行っているのである。






因みにブロックチェーンがどのような未来を切り開くかについてよく理解できる良書は以下の2冊である。




『ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか』ダイヤモンド社 ドン・タプスコット (著), アレックス・タプスコット (著), 高橋 璃子 (翻訳)




『ブロックチェーン革命–分散自律型社会の出現』日本経済新聞出版社 野口悠紀雄 (著)


















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ビットコイン革命 Part4 <億万長者が続出>

ビットコインやアルトコインの取引によって、億万長者が続出している模様である。


その億万長者の続出が起こり始めたのは今年の2月頃~5月頃までの3ヶ月ぐらいの間である。


以下のBLOGOSの記事によれば、ツイッターによるオンライン調査によれば、360人以上が億超え、5億円超えが102人も続出したようである。


仮想通貨投資で億万長者が続出、360人以上が億超え、5億円超えが102人も
2017年06月02日 14:27 BLOGOS 大石哲之

仮想通貨投資の億万長者が続出している。※

先日行ったツイッターの調査によれば、366名が億超えをしていると回答した。さらに、そのうちの28%=102人は、5億円以上であると回答している。

投入した元本は200万程度と少額であり、典型的な投資家は短期間に資産を何十倍にもしたことがわかった。

また、これらの投資家の80%は引き続き仮想通貨での保持を望んでおり、円に戻して利確したいと考える層は20%にとどまることが分かった。

※5月19日、ツイッターでのオンライン調査。任意回答。

<以下詳細>

時価評価額について
仮想通貨投資家に対して行ったアンケートである。私のフォローワー限定ではあるが、実に366名の人が回答をし、評価額が億を超えたと回答している。特に嘘を答えるインセンティブがないので、おそらく実数に近いだろう。

総回答数 366

1億円以上 216(59%)
2億円以上 33(9%)
3億円以上 15(4%)
5億円以上 102(28%)

分布は1億円前後が最も多い。注目すべきことに5億円以上が102名(28%)も居ることだ。多数の億超えがあったとは予想していたが、5億を超えるレベルがこれほど居るとは想定外であった。

なお、これらはあくまで調査時点での時価評価額での回答である。仮想通貨は、ものによっては数日で半分になることもあるため、状況は変動が大きいものととらえたし。

同時に投資元本について聞いた。いわゆる種銭である。これもほぼ同数の341人から回答が得られた。

これによれば、200万前後という小資本で始めた人が多く60%を占める。金額の調査でも60%が1億円を保有とあるので、ぴったり一致する。

「典型的な仮想通貨の億万長者は200万円の元本を1億円にした」と読み取ることができる。約50倍のリターンである。

ここ短期で値上がりした通貨のなかには、XRP(0.7円→50円)、NEM(0.7円→25円)、ETH(2000円→25000円)と言ったものがある。この値上がりを考えると50倍リターンというのは不思議ではない数字である。

とりわけXRPや、NEMは、日本において根強いファンが形成されており、当時から数百万円分のXRPやNEMを保持していた層は多い。これらの層が今回の急激な値上がりにより、すべて億万長者になったと考えられる。



アンケートでは、元本が2000万円を超えるという大型投資家も58人(17%)みられた。一方で、5億円超えと回答したひとが102人であり、差異は大きい。つまり、5億円超えのひとのなかには大型元本ではなく、200万、500万から5億に増やしたという層が含まれるということである。元本を100倍、200倍といったことになり、驚異的なリターンを達成したと言える。

まとめると、日本の仮想通貨の投資家の典型的な姿は、

200万円程度の少額資本を元に
アルトコインへの投資を行い
短期間に元本を50−100倍に増やした
なかでも特定のコイン(NEM、XRP、ETH)の寄与が大きいものと推測される。

今後の投資意向についても聞いた。309名から回答を得た。

最も多い47%は、現在保有の仮想通貨のまま保持すると回答。特に売買は考えていないようだ。32%は、別の仮想通貨へ変えると回答。合わせると、79%の人が、日本円には変えず仮想通貨のまま保持することを選んだ。

大多数が仮想通貨の世界で保持を選んだということは、法定通貨から流入したお金が、今後もそのまま仮想通貨の世界に留めおかれるということになる。

仮想通貨以外の資産に投資する(日本円に換金)とした層は少数派のようである(21%)

<注>調査結果については「ビットコイン研究所調べ」と出典つきで当ページにリンクいただければ、自由に引用いただいて構いません


私がビットコインに気付いたのは、今年の3月頃で、1ヶ月遅かったのであるが、2月頃にビットコインの代替通貨として登場したアルトコインの中で、リップル(0.7円→50円)、ネム(0.7円→25円)といった通貨が、50倍以上、あるいは数十倍の値上がりをしたのである。


特に私は誰かから仮想通貨のことを聴いた訳ではないが、youtubeを見ていて、何気なく、ビットコインのことを調べたのがきっかけだった。


おそらくこの異常な盛り上がりを無意識のうちにキャッチしたのかもしれない。


非常に残念なのは私はFXや先物取引といった世界で、以前、手痛い失敗をしたことから、これらの世界からリタイアし、暫く全く関わらずに過ごしてきた。

従って、少し情報を知るのが遅くなってしまった。



これらの億万長者のうちの60%ぐらいの人は200万円ぐらいの元本で購入した人である。


特に格別大きな資本が必要だった訳ではない。


200万円ぐらいであれば、サラリーマンを何年か真面目に行って、特に贅沢をせずに暮らしていれば普通に貯蓄できる金額である。


これくらいの元本で、たったの3カ月程度の期間で、これが50倍になってしまうという上昇を示したのである。



これは私が以前から言っていたように射手座にトランジットの土星が入室したからである。



2017年1月26日から土星が射手座に入室したが、この土星が射手座に入室したことにより、射手座の「上昇と下降」という象意が激しく顕現しているのである。


私はドナルドトランプの大統領当選などによって民主党と共和党の政権が入れ替わることによって、今まで高みにいた人々が転落し、今まで低い地位にいた人々が急上昇するような現象が起こると書いてきた。


この仮想通貨(暗号通貨)による億万長者続出は、そうした現象の一つである。


一方で、今現在、既存の銀行業界などでポジションを得ている人は、この新しく登場した銀行システムに依存しないピアツーピアのインターネットによる決済システムの登場により、自分たちの地位が脅かされている。


つまり、「下降」の危機にいる訳である。


銀行業界と言えば、地球上の全ての人は、銀行から借金を負わなければ生きていけないことから、全ての人が銀行の為に働いていると言っても過言ではない状態であった。


つまり、銀行は中央銀行の当座預金に預け入れているお金の何倍ものお金を貸し出す(融資)することが出来る。


お金を貸して欲しい企業の通帳に銀行が、貸し出すお金の額を記入するだけである。


これを「信用創造」というが、この銀行がお金を貸し出す時にこの世の中に新しいお金が生み出される。


つまり、現在のお金というのは負債としてのお金なのである。


当然、企業に勤めている従業員が給与としてもらうお金も負債としてのお金である。


つまり、この世の中に存在するほとんどのお金は負債としてのお金であり、そのお金を手にするために人々は銀行の奴隷となって、銀行に借金を返すために働く。


すなわち現代社会の支配者というのは、銀行業界の人々である。



然し、この銀行業界の人々が、今、その高い地位を脅かされているのである。



銀行業界自体は、風の星座の象意であるが、この仮想通貨の登場によるイノベーションによって、銀行業界自体が大きく改変していくと考えられる。




例えば、銀行業界の危機として考えられるのは、最近の中央銀行の金利はゼロに近い数字のまま推移している。



これは経済学者の水野和夫氏によれば、現在の世界は開発され尽くして新しい成長センターがなく、資本を投下しても利潤が得られないからである。



ゼロ金利に近いため、中央銀行はこれ以上金利を下げることが出来ず、民間の銀行にお金を企業に融資するように動機づけることが出来ない。



これは中央銀行のゼロ金利制約と呼ばれている。



つまり、中央銀行は現在、ほとんど何も気の利いた金融政策が出来ないのである。



従って、その存在意義自体が、以前よりも縮小している。



そこへ来て、中央銀行のお株を奪うこの仮想通貨(暗号通貨)の登場である。



暗号通貨自体は、リーマンショック後の2008年10月頃に初めて登場したが、中央銀行が長期的に低金利にした結果としてバブルが生じ、そのバブルが崩壊したことによって、世界の人々に多大な不幸を与えることになった。


このリーマンショックの後に、このような中央銀行の存在意義に挑戦するような仮想通貨(暗号通貨)が登場したのである。



世界中の人が、自分のお金を仮想通貨(暗号通貨)に両替してしまうと、中央銀行は、利下げや国債の買いオペレーションなどによって、貨幣供給量(マネーサプライ)をコントロールすることが完全に出来なくなる。


つまり、中央銀行の役割は、完全に終わるのである。







因みに最近、1ビットコインの価格が1トロイオンス(約31.1g)の金の価格を上回ったようである。



つい最近まで、実物経済の時代と呼ばれ、金やプラチナ、希少金属などの実物が非常に値上がりしていた。



然し、この仮想通貨(暗号通貨)というものは、実体は、ピアツーピア型のソフトウェアとその参加者によって運営される電子的なお金である。



つまり、仮想通貨(暗号通貨)というものは、明らかに情報であるが、それが実物である金の価値を上回ったのである。




これは水瓶座の時代への本格的な移行が、マネーシステムにも生じているということである。




仮想通貨(暗号通貨)というものは、水瓶座、双子座、天秤座などの風の象意なのである。




一方で、金などの実物は、牡牛座、乙女座、山羊座などの土の星座が表していると考えられる。



水瓶座の時代において、土の星座は不利になることはないが、しかし、風の象意の方が強くなるはずである。



それが、情報に過ぎない仮想通貨(暗号通貨)が金の価格を超えたことに現れている。





土星は6月21日からいったん蠍座に逆行するが、射手座に再入室する10月26日以降に再度、射手座の上昇と下降の象意が爆発すると考えられる。



従って、ビットコインに気付くのが遅すぎたと考えている方も、今からでも参入すれば、10月26日以降にもう一度、爆発的上昇のドラマに参加できる可能性はあるのである。


そして、土星は星座を出ていく時に結果を表すため、土星が射手座を抜けていく、2019年末辺りも大きな盛り上がりがあるはずである。



2019年3月29日~4月23日、11月5日~2020年1月24日などは、木星も射手座に入室して、土星と木星が射手座をトランジットする。



このタイミングは、土星が射手座を抜けていくタイミングでもあるため、激しい上昇と下降の象意が噴き出すと考えられる。



但し、上昇が起こる一方で、下降が生じていく方も出て来ると考えられる。



その方々にとっては、非常に厳しい局面であるが、上昇と下降は一夜にして入れ替わるので注意が必要である。




例えば、資産家は、通常は政府が発行する長期国債を勧められて買わされる人も多い。



また最近は個人向け国債というものも出ているようである。



然し、それらの国債の利回りは、現在のインフレ局面においては、お金の実質的な価値が下がっていくため、10年もので0.05%を約束しているような国債であっても、実際の利回りはインフレに吸収されて、もっと少なくなってしまうのである。


一方で、200万円ぐらいの資本を1億円や5億円に増やしていくような人々も出現してくる。



これらの違いは、古い思考や常識に囚われているか、新しい考え方、新しいやり方を試したかの違いとなって現れてくる。


つまり、このように明暗がはっきりと分かれてくるのである。




インド占星術師のくせにお金の話ばっかりして、汚らしいと思うかもしれない。



確かに汚らしいのである。




資産運用とか、投資全般によって、お金によってお金を稼ぐ活動は、11室の象意である。



11室は貪欲なハウスであり、6室から見た6室目であり、暴力のハウスでもある。



従って、これらの11室の象意に夢中になっている人には、人に対する思いやりなどが欠けている。




しかし、そうしたことを考えても、現在のこの未曾有の状況を前にして、やはり現実に向き合わざるを得ない。




トマ・ピケティは「21世紀の資本」において、資本収益率は、経済成長率よりも高く、資本家は資本をどんどん増やし、資本家と労働者の格差は開いていくばかりであることを明らかにした。



つまり、資本収益率というものは、凄まじいのである。



然し、資本家というと、これは非常に大きな資産を持っている人に当てはまると思うかもしれないが、現在、古いマネーシステムが終焉していくというこの時代の転換期において、大きな資本を持っていなくても、小さな資本しか持たない人にもチャンスが巡って来たのである。



これは例えば、普通にサラリーマン(現代の奴隷)がコツコツと稼いで貯めた50万円とか100万円ぐらいの貯金でもいい訳である。


あるいは、5万円とか10万円ぐらいの貯金でもいいかもしれない。



このような少額の資本であっても、現在の仮想通貨(暗号通貨)への投資は、何倍、何十倍もの信じられない程のリターンをもたらしたということである。


通常は資産運用と言えば、5%とか10%の利回りとか、あるいは、欧米の投資信託に依頼すると、100%とか、最高でもその位のレベルである。



しかし、現在の仮想通貨(暗号通貨)市場は、数倍、数十倍のリターンをもたらしている。



これは時代の転換期にしか起こらない、私たちの人生の中でも一生に一度か二度ぐらいの出来事であると考えられる。




この資本収益率の秘密を知ったものにとっては、お金というものは、資本なのである。


従って、日常生活において、無駄遣いをしないし、お金をほとんど使わないで生活している。


資本家ほどケチな人々はいない。



しかし、普通の一般的な人にとっては、お金というのは単に物と交換するための手段である。


ほとんど欲しいものを買うために使い切ってしまう。


お金は資本であるという発想がない人は、お金を贅沢に使うし、気前もいいのである。




通常は、資産運用のことなど全く考えていないような人の方が、マインドがシンプルで美しい人が多い。



資産運用などを巧みに行うような人はどうしてもマインドが計算高くなってしまう。(当てはまらない人もいると思われるが)



宗教的にも資産を持っている人は、悟ることが難しいと言われている。


※11室(成功)は12室(解脱)から見た12室目(損失)だからである。


11室は解脱のための最後の誘惑のハウスと呼ばれている。




もちろん、こうしたカテゴリーに入らない人もいるので、一概には言えない。




然し、今の仮想通貨(暗号通貨)の登場というのは、マネーシステムを変える革命運動なのである。



その本質を理解する時、日頃、こうしたものに全く距離を置いている人もこうしたものにトライしてみてもいいかもしれない。




現在、こうした社会状況のため、少し前までは、ウォール街を囲め運動などに見られたようにリベラル左翼による社会の格差を解消するための戦いが見られた。



しかし、今はそうしたリベラル左翼(社会主義)が、全く社会から絶滅してしまったようである。



それは日本の民主党の衰退ぶりや、自民党の圧倒的な独り勝ちなど、政治状況を見ても明らかである。



それは今の状況では、貧しい人を救えといった社会主義運動をするよりも、貧しい人に投資の仕方を教えて、その人にチャンスを与えた方がいいからである。



仮想通貨(暗号通貨)、そして、その基幹技術であるブロックチェーンが変えていく社会において、一人一人の人が自らの気概(やる気)によって自らの生活を何とかしていく方がいいのである。



私も以前からリベラル左翼的な発言を繰り返してきたが、ここ最近の社会情勢の変化から、リバータリアリズム(自由至上主義)的なメンタリティーに変わってしまったようである。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ビットコイン革命 Part 3 <自己啓発の教え>

ソフトバンクの孫正義が2017年3月期の決算説明会で「真のゴールドラッシュはこれからだ」と語ったそうであるが、私は、孫正義がADSLのインターネットサービスを開始して、100万人無料開設キャンペーンなどを行ない、日本のインターネット接続事業に風穴を開けた時期のことをよく知っている。

その当時、電話回線を使ってADSLの接続をする際にNTT局舎内にDSRAMという集合モデムを設置して、そこで、電話回線に接続するのだが、大勢の人が申込みをしてきたが、DSRAMと電話回線の接続の作業が中々進まず、申し込んだ客は放置されたままとなった。

それで、苦情の電話などで、毎日、眠れない日々を過ごしていたようである。

NTT局舎内にDSRAMを設置すること自体、大きなハードルであり、NTTは自分のライバルとなる会社の工事など手伝いたくないのが本音である。

それで、NTTの妨害で、インターネットとの接続の工事が進まないため、孫正義は、総務省に乗り込んでNTTの妨害を訴えるが、官僚は話は聞くが何も具体的には行動を起こしてくれなかったようである。

そこで、「ガソリンかぶって火をつけて死にます」と言って、官僚を震え上がらせたという有名なエピソードがある。


その当時、日本のインターネットは世界一速度が遅く、世界一料金も高かったのである。

それに風穴を開けたのが、孫正義である。


孫正義は、米国の政治家の中にメンターがおり、米国の外交的圧力を使って、日本の規制に風穴を開け、それで、現在の地位を築いたとして、一部の日本の右翼的な立場からは、米国が進めるグローバリゼーションの一部であると解釈している人がいる。


孫正義がルパートマードックと組んで、テレビ朝日を買収しようとしたこともあったり、基本的に孫正義は、米国資本の手先のように活動していると考えている人がいる。


然し、NTTは、当時、ADSLの技術が存在したにも関わらず、わざわざISDNという64kbpsしか速度が出ないサービスを開始し、また料金も非常に高額だった。

日本国民の電話回線事業を独占し、それで競争相手がいない中で、殿様商売をしていたのである。


そのため、例え、孫正義が米国資本を象徴するような存在であったとしても日本の国民にとっては安いインターネットサービスを利用できるようになり、それは良いことであった。


従って、グローバリゼーション、規制緩和は多くの場合、良いことをもたらすことが多い。


日本の既得権益を保持している支配者にとって良くないだけである。


その既得権益を保持している支配者の考えや行いが、国民にとって良くない場合、外部からのグローバリゼーションが問題を解決する場合も多い。

但し、グローバリゼーションで、悪いものがもたらされる場合もあるので、ケースバイケースである。


孫正義のADSL事業は明らかに日本国民にとっては良いものをもたらしている。




孫正義は、その後もボーダフォンを買収して携帯電話事業に乗り出し、米国の米スプリントなども買収し、常に拡大志向である。

最近は、英国の半導体開発メーカーARM社を約3.3兆円で買収したと報じられている。

そして、これからARM社が設計した1億個のチップを地球上にばら撒くと言っている。


これはInternet of Thingsを先取りした投資だと言われているが、これはビットコインにも関係しており、ブロックチェーン技術によって、分散自立社会に移行するにあたって、あらゆるデバイスが、インターネットに接続される時代がやってくる。

その時にそれらのデバイスには半導体が必要なのである。

その為、その設計をしている会社を買収したということのようである。


孫正義は、40年前の大学生時代に雑誌でマイクロコンピューターのチップの拡大写真を見て、人類が自らの頭脳を超えるであろうものを開発したことに感動し、その時にこれからやってくる未来の社会をイメージしたのである。


つまり、創造性というものは、イメージする能力であり、アイデアが最も重要である。


そのアイデアがあるかないか、それだけで全てが決まってしまう。


プラトン哲学で言うイデアのことである。


未来の崇高で美しいアイデアを垣間見た人は、そのゴールに向かって、どれだけ借金しようが、どれだけ困難があろうが、その障害は何でもないのである。


ソフトバンクはかなり巨額の債務を抱えて来て、借金漬けの経営をしていたのである。


その債務超過の状態を孫正義は、2017年3月の決算説明会で、「ガチョウのエサ」と呼んだのがユニークである。


つまり、今まではガチョウが卵を産むまでにひたすらエサを与えて来た時期だったのだということである。



聖書にタラントの教えがあるが、タラントとはお金や才能のことである。



また天国は、ある人が旅に出るとき、その僕どもを呼んで、自分の財産を預けるようなものである。すなわち、それぞれの能力に応じて、ある者には五タラント、ある者には二タラント、ある者には一タラントを与えて、旅に出た。
五タラントを渡された者は、すぐに行って、それで商売をして、ほかに五タラントをもうけた。二タラントの者も同様にして、ほかに二タラントをもうけた。しかし、一タラントを渡された者は、行って地を掘り、主人の金を隠しておいた。

だいぶ時がたってから、これらの僕の主人が帰ってきて、彼らと計算をしはじめた。すると五タラントを渡された者が進み出て、ほかの五タラントをさし出して言った、『ご主人様、あなたはわたしに五タラントをお預けになりましたが、ごらんのとおり、ほかに五タラントをもうけました』。主人は彼に言った、『良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ』。二タラントの者も進み出て言った、『ご主人様、あなたはわたしに二タラントをお預けになりましたが、ごらんのとおり、ほかに二タラントをもうけました』。主人は彼に言った、『良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ』。

一タラントを渡された者も進み出て言った、『ご主人様、わたしはあなたが、まかない所から刈り、散らさない所から集める酷な人であることを承知していました。そこで恐ろしさのあまり、行って、あなたのタラントを地の中に隠しておきました。ごらんください。ここにあなたのお金がございます』。

すると、主人は彼に答えて言った、『悪い怠惰な僕よ、あなたはわたしが、まかない所から刈り、散らさない所から集めることを知っているのか。それなら、わたしの金を銀行に預けておくべきであった。そうしたら、わたしは帰ってきて、利子と一緒にわたしの金を返してもらえたであろうに。さあ、そのタラントをこの者から取りあげて、十タラントを持っている者にやりなさい。おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。この役に立たない僕を外の暗い所に追い出すがよい。彼は、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう』。

マタイ25章から

<聖書:日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955>


自分のアイデアや理想のためにお金や才能を投資する人は、どんなに困難があっても借金を背負っても最終的にはそのリターンを得るのである。


然し、もしお金や才能を何も投資しなかったら、持っているものまで奪われるということである。


この聖書に記されているタラントの教えは、非常に自己啓発的であり、射手座の教えそのものである。


リスクを冒して、自分の理想に未来に投資せよということである。



恐怖や恐れから、それをせずにいたら、持っているものも全て失ってしまう。


例えば、それは長い間、生活の安定を確保するためにサラリーマンとして忍耐の生活を送ってきて、自分の才能を表現することも、そうした才能や理想の表現に自分のお金も投資して来なかった人は、サラリーマンが終わる定年間際に何も人生に意味や生きがいを見いだせずに途方に暮れることに似ている。


このタラントの教えは、リスクを冒して、冒険せよ、投資して、リターンを得よという教えである。



土星が射手座に入室した今、この射手座の教えが有効である。



もともとキリスト教は魚座がもたらした宗教であるが、魚座からの10室目、すなわち、魚座の行為のハウスである10室は射手座である。


従って、魚座の人は、その行動原理が、射手座的なのである。



だから、タラントの教えが、射手座の自己啓発の教えに似ているのである。



例えば、私は、この話をビットコインに当てはめてみると、銀行にお金を預けている人は、それは現在の日本政府のインフレターゲット政策によって、日本円はどんどん劣化して価値を失っていくのである。


日本円を暗号通貨に両替する人は、少しでも行動を起こした人を意味している。


それは未来のマネーシステムを構築する方向性に投資をしたということである。



投資をせずにいたら、持っているものまでも奪われたというのは、消極的な人、行動しない人のことを表しているように思われる。


行動しないことは最大のリスクである。



昔、自己啓発関係の教えで、このようなことは、いつも言われていて、何度も聞いたことがあるが、何も行動せずにいたら、それが最大のリスクとなるようなそうした局面は人生には確かにあるようである。


それは射手座が顕現する時期であり、今のように射手座に土星がトランジットする時期なのである。




(参考資料)



孫正義氏「1兆個のチップを地球上にバラまく」--ARM買収の狙いを語る
2016年07月22日 07時00分 CNET Japan

 「これから20年以内にARMは1兆個のチップを地球上にバラまくことになるだろう」――ソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義氏は、7月 21日に開催されたイベント「SoftBank World 2016」の壇上で、英国の半導体開発メーカーARM(アーム)の買収に対する思いを語った。

 ARMとは、チップセットの設計に特化した英国の企業。開発・製造メーカーにライセンスを提供し、ロイヤリティを得ることを事業の柱にしてお り、自らチップセットを製造しているわけではない。

 ソフトバンクは7月18日に、ARMを約240億ポンド(約3.3兆円)で買収すると電撃発表した。この大型買収の交渉期間がわずか2週間であったことも 驚きをもって迎えられた。孫氏によれば、ARMのCEOであるサイモン・セガー氏とは面識があったが、スチュアート・チェンバース会長とは、買収 提案時が初対面だったという。

ソフトバンクがARMを買収する狙い

 英国での記者会見でも語っていたが、同社がARMを買収した最大の狙いは、あらゆるものがインターネットにつながるIoT時代の本格的な到来に 向けた先行投資だ。PCの時代にはインテルのチップが主流だったが、スマートフォンを始めとするモバイルデバイスやウェアラブル端末ではARMが 設計したチップが高いシェアを誇っている。

 たとえば、iPhoneに搭載されている「A9 プロセッサ」には、ARMv8(64ビット)が採用されている。また、Androidスマートフォン向けの、クア ルコムやサムスンの製品にもARMのテクノロジが広く使われている。同社によれば、2015年だけでもARMベースのチップが148億個出荷されていると いう。

孫氏は、ARMの買収発表後に「通信などの既存事業とのシナジーが見えにくい」という理由から、同社の株価が下落したことについて触れつつ、「 なぜ半導体なのか、ほとんどの人がピンとこない。でも僕は、40年前のあの感動に、憧れのスターにやっと会える。この手で抱きしめたい」と興 奮気味に語る。

 40年前の感動とは、孫氏が米国の大学生時代に、雑誌でマイクロコンピューターのチップの拡大写真をみて、人類が自らの頭脳を超えるであろ うものを開発したことに感動し、涙を流したというエピソードだ。同氏は、それから40年を経てARMを買収したことで、チップセット設計に直接関 わるという夢を叶えた。

ARMは「重要な布石になる」

 コンピュータが人間の脳を上回る「シンギュラリティ(技術的特異点)」が2018年にも到来すると孫氏はみており、そこで重要な役割を担うの がIoTだと語る。IoTではクラウドにデータを送る際にだけ通信する省電力なチップが求められるほか、自動車や航空機などがハッキングされるリ スクを回避するために、セキュリティへの対応が重要になる。

 孫氏は、ARMの初期製品が誤って電力回路につながっていなかったにも関わらず、“漏れ電”によって動作したとする省電力エピソードを披露。 また、ARMプロセッサのセキュリティ技術である「TrustZone」は、外部からのアクセスを遮断する仕組みをとり入れているほか、「チップ1つずつ に異なった鍵をもっている」(同氏)ため、セキュアな環境を実現していると説明。IoT時代に必要な条件を満たしたARMは「重要な布石になる」 と語り、グループの「中核中の中核」になるとの認識を示した。

「これから20年以内にARMは1兆個のチップを地球上にバラまくことになるだろう。地球上のあらゆるデータを瞬時に吸い寄せ、“超知性”はより 賢くすばやく、世の中の森羅万象を予知できるようになる。自然の大災害から、不治の病から人類を守ってくれる。より豊かで生産性の高い世の 中になる」(孫氏)。
参照元:孫正義氏「1兆個のチップを地球上にバラまく」--ARM買収の狙いを語る
2016年07月22日 07時00分 CNET Japan

懸案の米スプリント、9年ぶり営業黒字 ソフトバンクグループ
16年3月期
2016/5/10 20:17 日本経済新聞

 ソフトバンクグループの孫正義社長は10日、最大の懸案だった「米携帯子会社スプリントの営業利益(米国会計基準)が9年ぶりに黒字になっ た」と述べた。通信速度の向上で解約率が下がり、「資金繰りも改善している」として早期再建への自信を示した。

 前期決算発表の記者会見で、孫社長は時間をかけて米スプリントの改善状況を説明した。経営指標として重視する調整後EBITDA(利払い ・税引き・償却前利益)は前期比5割増えた。「コスト削減が順調」(孫社長)に進み、資金繰りも改善。投資余力が増し、米基準ベースの営業 利益は3億1000万ドル(約330億円)と実質黒字になった。

 スプリントではマルセロ・クラウレ最高経営責任者(CEO)が陣頭指揮を執り、約1000項目のコスト削減を積み重ねてきた。様々な部署で仕 事のやり方を見直し、全社員が毎日帰宅時にゴミ箱を回収場所に持参し清掃要員200人を削減するといった取り組みの成果が出始めた。孫社長はス プリントのEBITDAが「今期も2千億円規模で改善する」と強調した。

スプリントが本格反転できるかどうかは指針となる新規契約件数(プリペイドは除く)の増加にかかっている。2016年1~3月期の純増数の伸び はやや鈍り、米TモバイルUSとの契約件数の差は85万件以上広がった。孫社長も「売り上げを伸ばしたいが(競合との)競争が激しい」と認め る。契約純増を積み増すために今期は営業地域を18ときめ細かく分け、各地域のニーズに合うサービス強化を急ぐ。

 同日、ソフトバンクグループが発表した2016年3月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が9%増の9994億円だった。 国内通信事業が伸びた。

 売上高は8%増の9兆1535億円だった。国内通信事業部門の営業利益は前の期比7%増えた。前の期計上した中国アリババ集団の上場関連益が なくなり、純利益は29%減の4741億円だった。
参照元:懸案の米スプリント、9年ぶり営業黒字 ソフトバンクグループ
16年3月期
2016/5/10 20:17 日本経済新聞










スポンサーリンク


スポンサーリンク

ビットコイン革命 Part 2 <ビットコインの驚くべき可能性>

ビットコインは、2008年10月に中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物によって、インターネットに投稿された論文によって始められた。


中本哲史(Satoshi Nakamoto)が一体、誰であるか、それは単独の人物か、グループなのか、今だに分かっていない。


この論文は、このピアツーピア型の暗号通貨の仕組みについての概念を示したものであり、詳しい技術的な資料ではない。


この3か月後、2009年1月にこの論文の概念を実現するソフトウェアが開発され、実際に運用が始まったようである。


一番、最初は、中本哲史や、それ以外の開発者たちが、数人でマイニングを行なっていたと考えられる。


従って、これらの人々は現在、莫大なビットコインを所有していると推測される。


2010年5月にフロリダにて、1万ビットコインで、ピザを1枚購入したという記録が残っている。


ピザ1枚は、25ドル相当で、1ドル100円として、2500円で、2500円÷10000で、1ビットコインは、この頃、0.25円である。


この1ビットコインは、5/31現在、26万円に値上がりしている。


およそ100万倍に値上がりしたことが分かる。


もしビットコインを1000円分でも買っていたら、


現在、10億円になっているということである。


このビットコインの値上がりは、徐々に取引所がオープンされ、ビットコイン関連の様々なビジネスが登場し、認知度が高まったと共にビットコインが使える店なども増えてきた結果である。


然し、価格上昇の最も大きな事件は、2013年3月にギリシャの財政危機の影響を受けていたキプロスで大規模な金融危機が生じた際に通貨当局が預金者に一定の負担を求めると発表した際に住民が資金を逃がすためにビットコインを購入したことで始まったと言われている。


cyprus_photo

このキプロス島はロシア系住民のタックスヘイブンとなっており、ロシアの富裕層が租税回避地として選んでおり、これらの富裕層が、資産の逃避先として、ビットコインを選択したということである。


そして、その後、人民元安に苦しんでいる中国の人々が、ビットコインを大量に購入していると言われている。



現在、日本などでもそうだが、自国通貨が不安定で、常にインフレに悩まされている国民は、資産をそのまま銀行に預けていても、資産価値が減るばかりである。


それならば、ビットコインの価格が右肩上がりの状況では、ビットコインに資産を退避させた方が有利なのである。


そうしたことで、ビットコインの取引の8割が中国人によるものであると言われている。



そして、今年に入ってから、日本人の投資家もこの暗号通貨に参入してきたと言われている。



私は2007年当時、ITエンジニアとして、金融系のネットワーク・サーバの運用監視業務というものを行なっていた。


その頃、仕事中にジョーティッシュの学習や資料作りに励んでいたものである。


現在、私がメルマガで無料で配布しているテキストなどは、この頃、作成されたのである。


またその頃、金が激しく値上がりしていたこともあり、金の先物取引なども行なっていたが、証拠金取引であるため、相場が逆に動いた時には、巨額のマイナスが発生してしまう。


そして、慌てて損切などして、巨額の損失が出てしまうのである。


当時、大きな損失などを出して、高い授業料を払うこととなった。



そして、2008年9月15日にリーマンショックなどもあったが、その頃、私はビットコインの存在など全く聞いたこともなかった。


その頃は日本で取引所などもオープンされていないため、それを知るのは難易度が高いことであっただろうと思われる。


そして、2014年のマウントゴックス事件を見てしまえば、ビットコインの可能性というものに気付くことは中々難しいことである。


しかし、マウントゴックス事件というのは、単にビットコインの両替所で、サーバーに保管されたビットコインが盗まれたに過ぎないのである。


従って、中本哲史が示したピアツーピア型の暗号通貨、決済システムの信用性とは何ら関係はなかったのである。


ビットコインを運営しているこの仕組み自体は、現在まで滞ることなく運営が続けられており、問題は全く起こっていない。


もしビットコインを支えているブロックチェーンの技術的な仕組みを詳しく研究していれば、将来の可能性が分かったかもしれないが、私はそこまで調べてはいかなったし、またジョーティッシュに没頭していた為、投機のような話は敬遠していた。


そうしたこともあって話を聞いたとしても耳から耳へ抜けていく状況だったと考えられる。



しかし、今年に入って、私は昨年の半ば頃から予測していたドナルド・トランプの大統領当選が、2017年の初めに的中するかどうか見守る中で、その直前になって、ブックメーカーと呼ばれる予測市場(賭け屋)にドナルド・トランプの大統領当選を掛けたくなるほど、山っ気が噴出していた。


これは私が今年の2017年1月30日から金星/木星期に移行していることとも関係していると思われる。



そして、トランジットの土星が、2017年1月26日から射手座に入室しているが、このことも関係していると思われる。




そして、私はビットコインの情報をもたらしてくれる身近な人間は誰もいなかったが、自ら無意識のうちにビットコインの情報を調べ始めた。


まるで何かに導かれるようにして、私はyoutubeの動画を見たり、関連書籍を読み始めた。


そして、遂に2017/3/14に私はビットコインの両替所であるビットフライヤーに口座を開いたのである。



このタイミングは、この頃は私自身は気づいていなかったが、重要なタイミングだった。



つまり、2017年になって、ビットコイン元年として、日本でもビットコインに参入する人が急上昇するそんなタイミングの真っ只中であったのだ。


このタイミングは、一刻一秒を争うタイミングであったのである。



しかし、私はまだこの時、試しにビットコインを買ってみようといった気楽なのんびりとした構えでいたのである。



私がビットコインを買った時、ちょうどビットコインはその直前で暴落し、1ビットコイン11万8千円に値下がりしていた。


試しに3ビットコイン買ってみたが、みるみるうちに値上がりして利益が出た。




当初、ビットフライヤーという取引所で、購入していたが、コインチェックという取引所では、ビットコインの他にアルトコインと呼ばれるビットコインの後にビットコインの真似をして出てきた複数のコインが取引されていた。


従って、コインチェックという取引所でも取引出来た方がよいと考え、2017/4/23にコインチェックに口座開設を申請した。



このコインチェックという取引所で、暫くビットコインやアルトコインの値動きを見ていたが、暫くすると、リップルと呼ばれる非常に有望なアルトコインが、最近、googleの出資も決まり、また銀行間取引の決済通貨として採用されたといったニュースを耳にした。

そのリップルという通貨が比較的安価のまま推移していたのである。


私が見ていた時、まだ1リップルが10円ぐらいだった。

またネム(XEM)という通貨も存在しており、これも10円台と比較的安値だった。



私は既に高値になっているビットコインよりもこれらのアルトコインの方が可能性があるのではないかと考え始めた。



何故なら、ビットコインは既に10万円を超えていた為、資金的にも数枚程度しか買えないのである。




然し、これらのアルトコインは手持ちの資金で、千や万単位で購入できるからである。




そして、試しに購入してみたが、そのうち、これは一生に一度あるかないかのチャンスであることが分かってきた。



実は、私が口座開設したタイミングは、非常に一刻一秒を争うタイミングであった。



例えば、リップルというアルトコインは、2月の時点で、まだ1リップルが0.6円程度に過ぎなかった。


それが5月の時点で、10円に値上がりし、5月半ばに45円付近まで値上がりしたのである。



2月の時点で、100万円ほど購入していれば、5月の時点で、3000万円にはなっており、300万円分ほど購入していれば、5月の時点で、1億円近くにはなっていたのである。



これは凄い上昇力である。



こんな大金を稼げる可能性を体感したのは生まれて初めてである。




ビットコインは既に遅きに資した感があるが、このリップルというコインは、取引関係者の間では、「ジャパニーズドリーム」と呼ばれている。


ビットコインが、1ビットコインが、0.1円程度だったのが、100万倍に上昇したり、1リップルが、0.6円だったのが、75倍の45円になったりするのは、時代の転換期だから起こることである。


つまり、世界の経済の仕組みが、大きく変容しようとしているのである。


その変化の流れにうまく乗った人には、莫大な先行者利益というものが発生する。


何故なら、時代の転換期というものは常にそうしたことが起こるからである。





そして、今、トランジットの土星が今年の1月26日に射手座に入室したということが非常に大きいのである。



射手座は「上昇」と「下降」の星座であり、一夜にして、成り上がる人もいれば、一夜にして、地の底に転落する人もいるようなそうした星座である。



リップルを購入した人々の中に億万長者が続出していると言われるが、そうしたことは射手座ならではの現象である。



例えば、毎日同じ服を着て生活していた貧乏男子がなけなしの5万円で、ビットコイン(もしくはアルトコイン)を購入して、今、億万長者になってしまい、本人も明日からの生活がどう変化するのか、本当にそのコインは換金できるのかどうか、現在の状況が夢か現実か分からず、戸惑っているといったようなコメントがネット上に見られる。



このリップルに可能性を感じた私は1リップル15円で、14万4千リップルを保持することが出来た。


しかし、途中で紆余曲折あり、現在、私は、リップル(XRP)を4万5千コイン、ネム(XEM)という別のコインを14万8千コイン保持している。



そして、私が投資した資産は2倍程度になって、私は人生で初めて、あぶく銭(easy money)を得られる機会がやって来たのではないかと興奮していた。





しかし、これには顛末がある・・・・・。




5月半ばぐらいにリップル(XRP)やネム(XEM)は、最高値を更新していたが、突然、価格が下落し始めたのである。



そして、現在、かなり値を下げてしまった。



射手座は、「上昇」と「下降」の星座である。



従って、昨日、高みにいたのが、今日は地の底に転落しているといったことが度々起こる。



但し、私は心配していない。また上昇してくるはずである。





私は双子座に惑星集中していることもあり、FXや先物取引など金融関係のトレードに従事している友人が昔からいた。


そうした人々は非常に上手くこうしたトレードを行ない利益を上げるのだが、私は手痛い失敗を重ね、暫くこれらのトレードからは関わらずに過ごしてきた。


そして、ここ最近は、ジョーティッシュの研究に主に時間を割いてきて、こうしたトレードなどには全く関心を払ってこなかった。



しかし、土星が射手座に入室した途端に私はビットコインに出会い、そして、再び、またトレードを開始したのである。

(トレードというよりも自分の資産を日本円で銀行に預けずに暗号通貨として保持しておくくらいの感覚であり、両替に近い)




然し、今回は、私は過去の手痛い失敗から学び、決して、信用取引を行なうことはないだろう。


信用取引とは、自分の手持ちの金額以上のお金を借りて投資することである。



この場合、自分の手持ち資金は、証拠金として保持されるが、価格が変動した時に証拠金はあっという間に吹き飛んでしまう。


それで、大きな損失を被るのである。




最近ビットコインを信用取引で行っている人もいるようだが、そうした人で、150万円ぐらいの資金が吹き飛んで消えてしまった人がいるということだった。


信用取引で、ビットコインやアルトコインを購入すれば、その人たちは、間違いなく、射手座の「下降」の象意を経験することだろう。



従って、ビットコインやアルトコインを現物(自分の手持ち資金と同じ額)で保持し、またその資金は当面の生活に必要ない余った資金で行うのであれば、その人は、かなり高い確率で、資産に関して、射手座の上昇を経験すると考えらえる。



但し、結局は、全てカルマであり、上昇するか、下降するかは全て、その人のチャートに運命として描かれているのである。



それはパラシャラ方式でもジャイミニ方式でも見たら分かるのである。





私が今回、足を洗っていたこうしたトレードを再び行っても問題ないと判断したのは、2017年1月30日から金星/木星期に移行したことと関係している。


株などの投資で苦労しないで楽に稼ぐお金のことを英語では、easy money(イージーマネー)と呼ぶが、日本語で言えば、あぶく銭のことである。



このあぶく銭運を見る分割図(D11)において、私のアンタルダシャーの木星は、ラグナでムーラトリコーナで、パンチャマハープルシャハンサヨーガを形成している。



hk_D11_chart


D11には、アイヤーの計算方法によって導き出されたものもあるが、そのいずれにしてもまず良い配置を示していた。



hk_D11_Iyer_chart


従って、私は、今度こそ、あぶく銭(easy money)が得られるものと判断した。


あぶく銭などと言うと、下品な感じだが、あぶく銭とは「自由」のことである。


もうそろそろ自由を得ても良い頃である。


私は今後、土星が9室、10室、11室を通過していくので、自分が今後、行っていく活動のための軍資金を得ても良い頃なのである。


このように私は自分のジョーティッシュ人生の判断力の全てを投じて、また自己資金の全て(全財産)を投入して勝負をかけている。



ドナルド・トランプの大統領当選を予測した時と同じような勝負をかけている。


あの時、私は知らなかったが、多くの人は、それをあり得ないと酷評していたそうだ。




霊的修行や無執着を実践するはずのインド占星術師が、ビットコインを買っているなど異色の組合せである。


然し、私の中では、インド占星術とビットコインは矛盾しないのである。




ビットコイン、及び、暗号通貨は、この現在のマネーシステムを変える革命運動である。



ジョーティシュで再現性のある法則を探究するその同じマインドが、ビットコインが、新しい時代のマネーシステムであることを理解し、そして、そこに可能性を見出したのである。


そして、そこに先行者利益が発生する為、日本円から暗号通貨に両替する。



これは貪欲でも貪りでもなく、正常な合理的判断である。



そして、誰の迷惑にもなっておらず、新しい時代を創る革命運動なのである。





そして、現在、私は、分割図の詳しい解釈の方法と、ジャイミニのマイナーなダシャーに取り組んでいる。



この人生最大の賭けと、ジョーティッシュの学習に取り組む日々が同時進行しているのはユニークである。




ソフトバンクの孫正義が2017年3月期の決算説明会で「真のゴールドラッシュはこれからだ」と語ったそうである。



これはトランジットの土星が射手座に入室した現在の「上昇」していくグループの高揚感を述べたものである。



この土星の射手座へのトランジットは2020年1月24日まで続く。



土星は2017年6月21日から蠍座に逆行し、再び、10月26日に射手座に再入室するが、ここから2020年1月24日までが本格的に土星が射手座で力を発揮する時期である。


そして、2019年3月29日~2019年11月5日まで射手座で、土星と木星がトランジットし、木星は蠍座に逆行し、再び、射手座に入室する。



この辺りの時期は、「上昇」と「下降」の象意が今以上に噴き出してくるものと考えられる。




私自身のダシャーは金星/木星期が2019年10月1日まで続くため、この時期には非常に期待している。