黒木瞳について

黒木瞳が娘のイジメ問題で仕事が激減したと2012年12月13日の日刊サイゾーの記事が報じていた。

——————————————————————————-
黒木瞳が必死の営業回り「娘のイジメ問題余波で仕事が激減して……」- 日刊サイゾー(2012年12月13日09時00分)

来年1月スタートの連続ドラマ『おトメさん』(テレビ朝日系)に主演することが決まった女優の黒木瞳。連続ドラマの主演は2年ぶりとなるのだが、その裏では彼女なりの“営業活動”があったという。

「実は最近、名のあるプロデューサーのところに彼女から“直電”がかかってきてるそうです。その内容というのが、『いい作品があるから、どう?』というもの。どうやら、仕事のオファーが激減しているため、仲の良い脚本家と組んで売り込みをしているようです。要は、『私が主演の作品があるけど、お金を出してくれない?』ってことみたいですよ」(芸能事務所関係者)

その背景には、表沙汰にはなっていないが、娘のイジメ問題があるのだという。

「大手メディアでは報道されていませんが、彼女の娘が通う学校でイジメ騒動があったんです。それで、彼女の娘がその騒動に関係しているのでは? という疑惑が持ち上がりました。テレビ・新聞などもある程度の確証はつかんでいたのですが、被害者もおり、デリケートな問題なので結局、報道は見送られました」(テレビ局関係者)

ただ、少なくとも、その騒動が彼女のキャスティングに影響を与えたことは間違いないとテレビ局関係者は話す。

「最近では、彼女の夫の電通マンの神通力も弱まってきているそうです。現在も単発ドラマに主演したり、今回のように連ドラにも出演したりしてますが、いずれも例の騒動より前に決まっていたもの。彼女の今後は、あまり明るいものではなさそうです」(同)

なりふり構わない作戦が功を奏するか──。
——————————————————————————-

その記事を今、読んでみて、黒木瞳のラグナの予想がついた。

おそらく乙女座でナクシャトラはチトラーである。

KurokiHitomi_chart
ラグナを乙女座以外の星座のいずれにしても子供の問題がそれ程、悩ましい状況を呈することはないが、乙女座ラグナであるとすると、
子供のイジメ問題というのを明らかに示しているからである。

この2012年12月当時、ダシャーは月/土星期で、アンタルダシャーの土星は5、6室支配で子供の表示体となっている。

但し、5、6室支配の土星は4室に在住し、3、8室支配の火星と相互アスペクトしている。

子供を表す5室の支配星が同時に6室の支配星(奮闘)でもあり、4室(心の平安)に在住し、10室(職業)に在住する8室支配(中断、苦悩)の火星と相互アスペクトして、子供のことで心の不安定や職業の中断や公の立場において苦悩することを表している。

その子供の不祥事についてネットで検索して読んでみると、イジメ問題の犯罪的な状況が浮かび上がってくる。

——————————————————————————-
黒木瞳の娘が起こした暴行事件――その被害者が芸能界デビューのナゼ
2014.07.26 サイゾー

昨年、有名私立中学に通う大物女優・黒木瞳の娘が高校の同級生をイジメて停学処分を受けるという騒動が起きた。

この娘は仲間2人とともに知人の男子生徒に現金を渡し、同級生のAさんをレイプするように依頼。Aさんはレイプこそされなかったものの、トイレの個室に逃げ込んだ際、ドアを乗り越えて個室に入って来た男子生徒に服の上から胸を揉まれたり、制服のスカートをめくり上げられたりなどの被害に遭った。

結果、実行犯の男子生徒2人は退学、黒木の娘ら加害者の3人の女子生徒は停学処分に。その一方で、被害者であるAさんも騒動を起こしたということで、同じように3日間の停学処分を受けたという。

この騒動は某女性誌をはじめ、複数の週刊誌が記事化したものの、加害者の母親である黒木に気を使ってか、実名で伝えることはなく、スポーツ紙やワイドショーに至っては一切スルーし、その徹底した報道規制ぶりも話題となった。

そんな中、被害者であるAさんが最近、ひそかに芸能活動をスタートして注目を集めているという。某芸能プロダクションのマネジャーは語る。

「Aさんは某モデル事務所が主催するコンテストで演技を高く評価されて賞を受賞し、現在はY・Kという芸名でユニットのメンバーの一人として活動しています。もちろん、騒動のことは一切公にしていませんけどね」

また、父親がミュージシャンということもあり、ギターの演奏が得意なようで、将来的には本格的な音楽活動にも意欲をみせているとか。

黒木がAさんの活躍についてどう思っているのかは定かではないが、Aさんにはぜひとも過去のトラウマから解放されて芸能界でさらなる飛躍を遂げてほしいものである。
——————————————————————————-

6室と8室が絡むと犯罪を免れ得ないとラオ先生は書いていたが、やはり、このケースでも、黒木瞳の娘のイジメ問題は犯罪的な状況を演出しており、6室と8室が絡む案件に値するのである。

KurokiHitomi_photo
因みに黒木瞳は美人であるが、それは天秤座ラグナの人のものではなく、むしろ、可憐さや女性らしさを強く打ち出したものである。

よくリスのように愛らしいと表現されるようなキャラクターなのである。

このキャラクターは男性星座である天秤座のものではなく、典型的に乙女座ラグナのものである。

そして乙女座ラグナで2室に金星が天秤座で定座にあるからこそ、美人なのだと理解できる。
そして小悪魔的であると評価されるのは、おそらくラグナが乙女座の中でもチトラーに在住しているからである。

チトラーは支配星が火星で、アーユルヴェーダのドーシャで言えば、ピッタ体質で、非常に火の要素が強い。

決して、大人しい女性ではないのである。その辺りの火星の影響が小悪魔的なキャラクターをもたらしている。
そして、太陽がラグナに在住しているから、キャラクターにぎらぎらとした天然のカリスマがあり、底抜けに明るい性格である。

月が満月であることも影響しているが、ラグナに太陽が在住することで非常に押しの強いキャラクターなのである。

マハダシャー金星期の直前に宝塚歌劇団に入団し、1982年1月より『おはよう朝日です・土曜日です』にレギュラー出演し、司会、レポーターなどもこなしたとwikipediaに記されている。

在団中の1982年に東宝映画『南十字星』に出演しており、その頃がまさにマハダシャー金星期への変わり目である。

興味深いのは、彼女のキャリアは宝塚での歌手やテレビ局での司会、レポーターなどのアナウンスとして始まったのである。

これらの仕事は主に話すこと(スピーチ)が仕事であり、1、10室支配の水星が2、9室支配の金星と2室(スピーチ)に在住する配置に該当する。
そして、マハダシャー金星期になり、金星をラグナとすると、3室支配の木星と4、5室支配の土星が3室で接合してラージャヨーガを形成している。

特に3室と5室の絡みが見られるため、典型的に芸術的表現の配置である。3室は踊り、パフォーマンス、メディアを表し、5室は創造性を表している。

従って、女優としての仕事はこの配置が表していると思われる。
1986年公開の東陽一監督『化身』で映画主演デビューしており、この頃は、金星/太陽期である。

この作品で全裸となり、宝塚の歴史を貶めたなどの非難もあったそうだが、物議を醸すのは、おそらく10室に3、8室支配の火星が在住しているからであり、また6室支配の土星がアスペクトしているからである。

1997年公開の森田芳光監督の『失楽園』では、役所広司を相手に不倫の恋を演じているが、この作品は大ヒットして、一躍、黒木瞳の知名度を高めた。

この時のダシャーは金星/土星期であり、金星も土星も9室や5室の支配星であるが、金星からみても金星はラグナロードで土星は5室の支配星で3室に在住していた。

上述したようにマハダシャー金星期に金星をラグナとした場合の3室支配の木星と5室支配の土星が3室で接合している配置が、女優としての仕事を表しているのである。

1999年8月にNHK『思い出のメロディー』の司会を務めたり、1999年・2000年にTBS系列『輝く!日本レコード大賞』の司会を務めたといったエピソードは、黒木瞳の仕事が、やはり、スピーチ、司会業(2室)であり、1、10室支配の水星が2室で2、9室支配の金星と接合して、ラージャヨーガ、ダナヨーガを形成する配置に相応しいことを示している。

特に1999年8月にNHK『思い出のメロディー』の司会では、黒木自身が大ファンだと言う水前寺清子の「三百六十五歩のマーチ」の場面で、水前寺に誘われる形で途中から黒木もデュエット参加したようであるが、スピーチ、歌手、司会が彼女の女優業に匹敵するぐらいのメインの仕事内容であることを示している。
因みに子供のイジメ問題が言及された2012年12月13日は、土星が4室にアスペクトして、5室の支配星にアスペクトし、木星が9室から5室にアスペクトすることで、5室にダブルトランジットを形成していた。

この時は、月/土星期で、3、8室支配の機能的凶星からアスペクトされる傷ついた5室の支配星の時期であるため、トランジットの木星と土星の5室へのダブルトランジットをトリガーとして、子供のことで悩んでいる状況が分かる。

因みに黒木瞳は、2室に1、10室支配の水星と2、9室支配の金星が在住して、金星は自室に在住して強く、2室(結婚生活)が強い配置にある。

この2室から8室(結婚生活)にこれらの吉星がアスペクトして、更に月からみた8室にも金星と水星が在住し、2室にも金星と水星がアスペクトして強い。

この配置は結婚(結婚生活)に恵まれる配置である。

実際、黒木瞳は、電通マンの夫と31歳の頃に結婚しているが、世間からは玉の輿婚と言われたようである。
そして、このように8室が強いからこそ、渡辺淳一原作の不倫の愛などを演じる素質を基本的に自然体として持っているのである。

つまり、黒木瞳の結婚は、絶対的な富や権力をもった強いパートナーに囲われるかのような結婚生活なのである。

そうした結婚においては、夫のクレジットカードを自由に使えるような立場とはなるが、その人の人生全体が籠の中の鳥のような印象となってしまう。

従って、そういう立場にいる人は、愛人的素質があり、不倫の愛を演じる典型的なキャラクターなのである。

これは月から8室で金星が自室に在住しており、水星も在住している。

この8室の強い配置が黒木瞳の性的魅力というものをもたらしている。

つまり、渡辺淳一の作品の主演を演じることの出来るセックスアピールを彼女に与える魔性の要素である。

因みに黒木瞳と君島十和子は娘を同じ名門バレエ教室に通わせるライバルとして確執を続けて来たという。

——————————————————————————
黒木瞳と君島十和子 娘をめぐる「十年戦争」が一応の決着
NEWSポストセブン4月16日(水)7時0分

3月29日の宝塚音楽学校の合格発表──君島十和子(47)が娘の合格に涙する姿が報じられ、大きな話題となった。ヅカファンとは縁遠い読者諸氏にとっては「へぇ?」という程度のことかもしれない。

だが、最近女性の間では口を開けばこの話題になるという。しかも話の核は「娘の合格」ではなく、合格発表の場に「ある人物」の姿がなかったことだったというのだ。

その人物とは、女優の黒木瞳(53)。実は君島と黒木は女性の中では知らぬ人はいない因縁のライバル。週刊誌やワイドショーでは風物詩のように取り沙汰され、大きな反響を呼んできた。2人の因縁は10年以上も前に遡る。

宝塚の元トップスターで、子育てをしながら女優を続ける黒木と、元カリスマモデルで、世界的デザイナー・君島一郎氏の長男・誉幸氏の妻で自身のファッションブランドも手がける“セレブママ”の君島。2人はある時、娘を同じ名門バレエ教室に通わせる「習い事ママ」仲間となった。

「それ以前から2人は30?40代女性たちが憧れる両巨頭として、美容もファッションも、妻としても母としてもつねに比較されて注目されてきました。そこに娘のことが加わって、“ライバル”としてさらなる注目を浴びるようになった」(女性誌記者)

そして2003年、娘たちのバレエ発表会をめぐって事件は起こった。上演演目の主演をどちらの娘が務めるかで激しい場外バトルが繰り広げられたのだ。

「『くるみ割り人形』を上演したのですが、2人とも娘を主役につけようと必死だった。割り当てのチケットを競うように買い、100万円単位のお金を使ったとも噂されたほど。結局、最終的に異例のダブルキャストになり、日替わり交代の主役だったが、これをきっかけに、2人は犬猿の仲になった」(黒木の知人)

2人が娘をこの名門バレエ教室に通わせたのは、「どうしても娘を宝塚に入団させたい」という願いからだった。

宝塚は競争率25倍前後の狭き門で、「東の東大、西の宝塚」といわれるほどの超難関。3月下旬に試験が行なわれ、約40人が合格となる。

君島の長女は黒木の長女より1学年上。昨年も受験したが不合格だった。そして今年2度目の挑戦で合格。母娘は抱き合って涙した。だが、「本来なら、黒木さんの長女も今年受験するはずだった。しかし、通っていた学校で問題が起き、海外留学を余儀なくされ、今年受験できる環境ではなくなってしまった。少し時期をみて挑戦するのではないでしょうか」(前出・知人)。

こうして2人の“10年戦争”は不戦勝ながら一応の決着をみた。

しかし、今後黒木の娘が入団したらさらに熱い第2ラウンドが始まるのではないか……と女性たちはすでに噂話に花を咲かせている。

※週刊ポスト2014年4月25日号
——————————————————————————

君島十和子は、乙女座のハスタに月が在住しており、またラグナも乙女座の可能性がないとは言えない。

KimishimaTowako_photo
黒木瞳と非常に特徴が一致しているのである。

黒木瞳はラグナの乙女座ハスタに12室支配の太陽が在住し、その太陽に対して、8室支配の火星と6室支配の土星がアスペクトして傷つけている。

従って、乙女座ハスタにラグナや月や太陽が在住している人物によって足を引っ張られたり、損失を被ったりすることを意味している。

11室の支配星である月にアスペクトして評判に傷がついてしまう配置である。

黒木瞳が乙女座ラグナだとすると、この傷ついたラグナの象意が非常によく表れていて興味深いのである。

(因みに君島十和子の月は乙女座のハスタに在住しているため、この黒木瞳のラグナに在住する12室支配の太陽の表示体となっている。従って、黒木瞳は君島十和子から足を引っ張られ、損失するような体験をしていることが予想される)

ネットには、黒木瞳の自宅は豪邸立ち並ぶ世田谷区の中でも門扉から建物が見えないほどに広い敷地であると書かれているが、
ラグナが乙女座だと4室に木星が自室に在住して、10室から火星にアスペクトされているため、広い邸宅に住んでいることは、この配置から説明可能である。

このように黒木瞳は乙女座ラグナで間違いなさそうである。

そして、ナクシャトラは、チトラーである。

チトラーには「磨けば光る原石」という象意があり、人間国宝のように一つの道を究めるのがよいという。

実際、黒木瞳は宝塚女優からスタートし、自分のキャリアを一身に磨き上げている。こういう人生がおそらくチトラーの人生なのである。

そして、性格的には非常にアクティブで、能動的で、支配星が火星だからか、火の要素が強く感じられる。
黒木瞳はおそらく2014年6月前後から月/水星期に移行して、月/土星期が終わったので、おそらくこれまで娘のことで奮闘し苦悩してきた状況がだいぶ改善されたのではないかと思われる。

水星は1、10室支配で2室に在住して、2、9室支配の金星と接合しており、9-10室のラージャヨーガが形成されている。

従って、水星期になってから、仕事面でだいぶ改善があったようである。

そして、最近、2015年1月スタートの新ドラマ『妻』に黒木瞳の出演が決定したようである。

これはアンタルダシャーの水星の効果であるとはっきりと分かる。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です