独裁者・習近平の失脚のタイミング

最近、書店の新刊コーナーや政治経済の棚に行くと習近平の独裁政治を批判し、中国経済の崩壊を予想する本が増えている。


例えばタイトルとしては以下のような本である。



習近平の悲劇』矢板明夫 (著)

習近平の独裁強化で世界から徹底的に排除され始めた中国』宮崎正弘 (著)

「中国の悪夢」を習近平が準備する』福島 香織 (著)

戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』 川島 博之 (著)

中国経済「1100兆円破綻」の衝撃』 近藤 大介 (著)



私が先日紹介した『戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』では、中国でバブルが弾け、中国経済が崩壊し、農民が蜂起すると主張していた。


その本の内容と、中国の建国図を比較して、それは十分にあり得る話であると考えた。


習近平は、国家主席になり、権力を掌握した後、汚職の一掃という大義名分の元に自らの政敵を次々に逮捕粛清して、独裁体制を強化している。




父親が習仲勲という中国共産党の八大元老の一人であり、親が高級幹部でその特権的地位を利用して成り上がった人物である。


江沢民派と胡錦濤派のはざまにあって、支持基盤がなかったが、胡錦濤派の勢力拡大を嫌った江沢民の推薦を受けて、国家主席になることが出来た。


しかし、権力の地位に就いた途端にその恩人である江沢民派の政治家達を汚職一掃の名分で、次々と逮捕している。


失脚した政治家の代わりに自分の息のかかった人物をそのポストに就けることを繰り返している。


その権力闘争は凄まじいようである。


海外にはあまりニュースとして流れてこないが、『中国経済「1100兆円破綻」の衝撃』 近藤 大介 (著)によれば、2015年8月15日の天津の大爆発事故は、江沢民派が習近平に責任を問い失脚させるために起こした事故であったという。この事件の模様を撮影した取材ビデオは全て中国当局に没収されたというが、youtubeにはその映像がアップされている。







思想統制も酷く、体制批判をしたメディアの報道は、取り消しさせたり、またネットの書き込みなどは、それが書き込まれた翌日には消されてしまうようである。


従って、外国には中国国内の様子が全く伝わってこないが、国民の習近平に対する不満は高まっているようである。


国民の不満を逸らすために軍拡路線を取らなければならず、その為、近年、尖閣諸島などへの領海侵犯が絶えず、また南沙諸島の埋め立てなどを強硬しているのである。


また同様に国民の不満を逸らし、求心力を得るために反日プロパガンダも強化しなければならないのである。



また習近平は、国有企業の民営化ではなく、国有化を強化するような政策を取り、鄧小平の改革開放路線を台無しにしている。


共産党の指導を強化する方策を取っており、当局の規制を強化している。(従って、仮想通貨の取引所も禁止されている)



また軍事においては、軍制改革を行って、指揮系統を細分化し、習近平だけが全てを掌握できるような仕組みに改編したようである。


また毛沢東や鄧小平のように自分の思想を「習近平思想」という形で、党規約に明記することを狙い、妥協した形で「習近平による新時代の特色ある社会主義思想」という文言を明記することに成功している。実際には「習近平思想」と明記したかったようである。






このように習近平は、共産党の管理や監視を強化し、規制を強めて、毛沢東時代の社会主義に回帰するような姿勢を見せているため、文化大革命時代の悪夢が国民の間に広がっているという。



習近平が独裁体制を強めていることについて記した所で、出生図を検討してみたいと思うが、種々検討した所、ラグナはおそらく乙女座である。






何故なら、このように政治の最高職にあり、また軍の最高司令官でもある立場であり、そして、それを露骨に示すからには、10室に太陽と火星が絡んでいると考えるのが自然だからである。



この乙女座ラグナということで検証していくと、いくつかの過去の出来事が説明できるため、このラグナで良いと考えられる。



例えば、習近平は、1987年9月に現妻の彭麗媛と再婚しているが、この時のダシャーが金星/月期である。



出生図のラグナを乙女座に設定すると、ダシャーは金星/月期を含めた前後になるはずだが、出生図のラグナが乙女座である場合、ナヴァムシャのラグナは山羊座から乙女座までの9つの可能性がある。


そのうち、金星/月期に結婚すると思われるラグナで有力なのは、牡羊座ラグナに設定した場合である。






ナヴァムシャのラグナを牡羊座に設定すると、金星は7室の支配星で月は7室に在住している。


金星/月で、結婚したことが説明が付くのは、山羊座ラグナの場合と牡羊座ラグナの場合だけである。



従って、ナヴァムシャのラグナが牡羊座ラグナである可能性は高いと言える。



ナヴァムシャのラグナが決定すると、ダシャムシャ(D10)のラグナもほぼ決定できるため、ナヴァムシャのラグナは重要である。



因みにこの時のトランジットは以下である。






ラーフ/ケートゥ軸は1-7軸にあり、木星は牡羊座で逆行して7室に絡んでおり、土星は蠍座から7室支配の木星にアスペクトして、7室にダブルトランジットが生じている。



従って、結婚のタイミングであることを表している。




次に結婚した後、1992年に娘の習明沢(浙江大学外国語学院卒業、ハーバード大学ケネディスクール留学中)が誕生したが、この時は金星/ラーフ、又は金星/木星期である。






サプタムシャ(D7)を見ると、金星は5室の支配星で、木星は9室に在住している。ラーフは9室の支配星とコンジャンクションしている。


従って、金星/木星、あるいは金星/ラーフ期に誕生したことで説明ができる。



この時のトランジットは、木星は1室乙女座(1992/9/11~)をトランジットし、5室の支配星とコンジャンクトして、5室にアスペクトし、土星は5室山羊座をトランジットして、5室にダブルトランジットが形成されている。


従って、子供の誕生のタイミングであることを示している。








次にダシャーバランスを見るが、習近平は、1953年の0歳~1958年の5歳までマハダシャー土星期である。



1958年7月からマハダシャー水星期となっているが、wikipediaによれば、習近平は、父・習仲勲が批判された文化大革命において反動学生とされ、1969年から7年間、陝西省延安市延川県に下放されたと記されている。




下放とは、文化大革命期に共産党の幹部や知識人を農村で農業労働に従事させることによって大衆と結びつき、思想を改造することを目的とした施策である。



つまり、国家権力によって地方での農業労働を強いられた形である。



水星は10室支配で太陽、火星とコンジャンクションしているため、あたかも政府の指令で、地方に下った役人のようでもあるが、水星は月から見て12室支配で12室に在住しているため、辺境の地(12室)に左遷されたに等しい状況である。


水星をラグナとすると、土星が4室に在住しており、農業労働を表している。



そして、1974年に共産党に入党し、下放された同地で生産大隊の党支部書記を務めたと記されている。



この頃が水星/土星期である。



1975年に清華大学化学工程部に入学し、卒業後、国務院弁公庁および中央軍事委員会弁公庁において、副総理および中央軍事委員会常務委員を務めた耿飈の秘書をかけ持ちで務めたと記されている。



ケートゥは11室に在住しているが、ラーフ/ケートゥ軸が5-11軸にあるため、5室にも絡んでいる。



因みに乙女座ラグナから見ると5室にテクニカルプラネットのラーフが在住し、5室支配の土星は乙女座に在住し、同じくテクニカルプラネットの火星がアスペクトしている。



従って、理工系の専門教育を受ける配置である。



5室には月がアスペクトしているが、5室がテクニカルプラネット(生来的凶星)の影響を受けて、しかも水の星座や月の影響を受ける場合は、化学を表わす配置である。



従って、「化学工程部」に入学したことが説明できる。



ナヴァムシャにおいてもラグナが牡羊座ラグナであれば5室支配の太陽がケートゥ、月とコンジャンクションして、化学の専門教育を表している。







1998年から2002年にかけて、清華大学の人文社会科学院大学院課程に在籍し、法学博士の学位も得ているが、この時は、金星/土星→ケートゥ→水星期である。



マハダシャーのケートゥは5-11軸にあり、マハダシャーの金星は9室の支配星であるため、ケートゥ期と金星期は、大学や大学院などに在学して、学問に取り組んだ時期である。



そして、この当時、秘書などを務めていたようだが、半分、学生のような立場であり、秘書として指導を受けていたと考えられる。



それは9室支配の金星が8室に在住している為である。




次に2002年7月からマハダシャー太陽期に移行するが、太陽期になってから、党の要職に就くようになり、出世の階段を上って行ったことが分かる。




廈門副市長、福州市党委員会書記を経て、2000年に福建省長となる。2002年11月、張徳江に代わり49歳で浙江省党委書記に就任し、この時期に浙江省軍区党委員会第一書記、南京軍区国防動員委員会副主任、浙江省国防動員委員会主任を兼任した。2006年に上海市で大規模な汚職事件が発覚し、当時の市党委書記陳良宇が罷免されると、翌2007年3月24日、書記代理を務めていた韓正(上海市長)に代わって上海市党委書記に就任。これにより、第17期の党中央政治局入りは確実とみられていたが、同年10月の第17期党中央委員会第1回全体会議(第17期1中全会)において、一気に中央政治局常務委員にまで昇格するという「二階級特進」を果たし、中央書記処常務書記・中央党校校長にも任命された。上海市党委書記は兪正声が引き継いだ。

(wikipedia 習近平より引用抜粋)



そして、マハダシャー太陽期の最後のアンタルダシャーである太陽/金星期に国家副主席に選出されている。



2008年3月15日、第11期全国人民代表大会第1回会議で国家副主席に選出される。

(wikipedia 習近平より引用抜粋)


ここで、冒頭で、結婚のタイミングからナヴァムシャのラグナを牡羊座に設定したが、そうすると、ダシャムシャ(D10)のラグナがほぼ乙女座に決定するのである。



ダシャムシャのラグナが乙女座に決定すると、マハダシャー太陽期は、ダシャムシャの10室に在住していたことになり、この時期に副主席の地位にまで上り詰めたことがこの配置で説明できる。



またマハダシャー金星期も「国務院弁公庁および中央軍事委員会弁公庁において、副総理および中央軍事委員会常務委員を務めた耿飈の秘書をかけ持ちで務めた」と記されていることから仕事に恵まれていたことが理解できる。



これは父親が中国共産党の八大元老の一人、習仲勲だからである。



9室支配の金星が8室である為、父親の七光りで清華大学に入れて、副総理の秘書にもなれたと考えるべきである。




そして、この金星がダシャムシャ(D10)のラグナに在住していた為、仕事に恵まれたと解釈すべきである。




次にマハダシャー月期に移行してから、2009年12月に国家副主席として日本にも来日しているが、月にはラーフ/ケートゥ軸が絡み外国を表している。



2009年12月には国家副主席として日本を訪れ、環境に優れた先進技術施設として安川電機の産業用ロボット工場を視察した際に経営陣から伝えられた創業者の安川敬一郎と孫文ゆかりの逸話に感銘を受けて「とても感動した、我々はこの日中友好の伝統を受け継いで発揚するべきだ」と発言して中国の公用車である紅旗の組立用につくられたロボットの披露に拍手をおくった。一方で訪日のなかで起きた天皇特例会見の問題は日本で論争を巻き起こした。

(wikipedia 習近平より引用抜粋)



マハダシャー月期は、月が11室の支配星で11室に在住しているため、高い地位や肩書きを得た時期であると理解すべきである。


11室支配で11室で自室に在住する配置は、ダシャムシャでも繰り返されており、強力な配置である。



2010年10月18日に党中央軍事委員会副主席に選出され、事実上の胡錦濤の後継者に確定しているが、この時のダシャーが月/ラーフ期である。


ダシャムシャで、ラーフのディスポジターは10室に在住している。



そして、2013年3月14日に国家主席・国家中央軍事委員会主席に選出され、党・国家・軍の三権を掌握している。


この時、習近平は、月/土星期である。



土星は、出生図では、6室支配で、10室に在住する8室支配の火星と相互アスペクトして、権力闘争を表している。


またダシャムシャにおいても土星は、6室の支配星で6室でムーラトリコーナの座にあり、3、8室支配の火星と相互アスペクトしている。


従って、出生図でもナヴァムシャでも土星と火星は、6-8の絡みを生じており、権力闘争を表している。



同じく2014年の1月24日に習近平は以下のようなことを行っている。



2014年1月24日に開催された党中央政治局会議において、「中国共産党中央国家安全委員会」の設置と習の同委員会主席就任が決定された。この組織は国家安全に関する党の政策決定と調整を行い、国内治安対策も掌握する。そのため、党中央国家安全委員会は外交・安全保障・警察・情報部門を統合する巨大組織となり、同委員会主席を兼任した習に権力が一層集中することとなる。一方、李克強が主導する国務院は権限を奪われることとなり、党内対立の激化の招来を推測する指摘もある。

(wikipedia 習近平より引用抜粋)


つまり、胡錦濤派の李克強から実権を奪い、自分自身に権限が集中するような処置を施したのである。


月/土星期に主席に就任し、党・国家・軍の三権を掌握してから、早速、権力闘争をスタートさせたことが分かる。




その後、習近平は月/水星期に移行するが、水星は、3、8室支配の火星とコンジャンクションし、6室支配の土星からアスペクトされ、12室支配の太陽とコンジャンクションしており、6、8、12室のドゥシュタナハウスが全て絡んでいる。


従って、習近平は常に胡錦濤派や江沢民派との権力闘争に脅かされており、特に江沢民派が抑えている利権を奪い取る目的での凄まじい闘争が起こっている。


2012年の夏頃、親しくしている「紅二代」の党幹部に以下のような秘策を語ったという。



「私は三つのステップで権力をつかもうと思っている。まず、江沢民の力を利用して胡錦濤を「完全引退」に追い込む。返す刀で江の力をそぐ。そして、『紅二代』の仲間たちと新たな国造りをしていくのだ」。

(wikipedia 習近平より引用抜粋)


10室支配の水星に土星や火星、太陽が絡み、6、8、12室が絡んでいる配置は、権力闘争の中で、常に地位が不安定な状態に晒されることを示している。


その為に常に体制を引き締めて、権力基盤を強化し、対外に軍事拡張路線を敷いて、国内のメディア統制や思想統制も厳重に行わなければならないのである。




そうした中、NEWSポストセブンの記事によれば、習近平は12月下旬に9回目の暗殺未遂を受けて、ショックを受けて一時入院したと報じられている。


習近平氏 9回目の暗殺未遂にショックを受け一時入院か
2018年1月14日 7時0分 NEWSポストセブン

 中国の習近平国家主席が年の瀬の差し迫った昨年12月下旬、人民大会堂での会議が終わった駐車場で専用車両に乗ろうとした際、爆発物が破裂。習氏は腹痛を起こし、そのまま北京市内の中国人民解放軍直属の「中国人民解放軍総医院(略称「301病院」)に緊急搬送されていたことが分かった。今回の病院搬送は極度の緊張が原因との見方もでている。米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「博聞新聞網」が301病院の関係者から独自に聞いた話として伝えた。

 習氏一行が病院に駆け込んだことで、病院は一時的に閉鎖措置をとられ、他の患者は締め出されるなど、厳重警戒措置が敷かれたという。

 人民大会堂に仕掛けられた爆発物は軍が使用しているものであることや、人民大会堂には一般市民は立ち入ることが禁止されていることから、爆発物は軍幹部によって持ち込まれて設置された可能性が高いとみられている。当日の防犯カメラ映像などがチェックされているほか、軍の警備担当者も個別に事情を聞かれているもようだ。

 中国では昨年、軍最高指導部に当たる中央軍事委員会委員である房峰輝・元中央軍事委連合参謀部長や張陽・中央軍事委政治工作部主任が腐敗容疑で事情聴取を受けたあと、軍の要職を罷免されている。このうち、張氏は自宅で自殺している。このため、爆発物を仕掛けたのは、両者に連なる軍幹部ではないかとみられている。年末から年始にかけて、軍幹部が集中的に事情を聞かれているという。

 習氏の容態だが、過度の緊張状態になり、その影響で胃痛が出たものとされ、深刻な影響はない模様だ。

 しかし、習氏は大事をとって、301病院で、念のために精密検査を受けたほか、疲労をとるために特別病棟に一泊し、翌日の朝食後、退院したという。

 習氏を狙った暗殺未遂事件はこれまでに、少なくとも8回発生していると伝えられており、今回が9回目になるという。

 習氏は政敵や反対派の幹部追い落としのために、反腐敗運動を推進。汚職容疑などで多くの幹部を失脚に追い込んでいる。そのため習氏を狙う者も多く、習氏は一時も気が休まるときもないようだ。このため、精神的には常に緊張状態に置かれており、今回のような突発事件で、体調に異常をきたすことも珍しくないことが想像される。


この事件が起こった時、おそらくダシャーは、月/太陽期である。



太陽は8室支配の火星とコンジャンクションし、6室支配の土星からアスペクトされている。


また太陽は肉体の表示体でもあり、またラグナロードの水星もこれらの火星や土星と絡んでいるために何か身体にダメージを受けることを表している。


太陽は12室の支配星であり、12室は入院のハウスである。



従って、月/太陽期に習近平は、入院したのである。




現在、木星と土星が6室水瓶座と10室双子座にダブルトランジットしており、10室に在住する12室支配の太陽は、8室支配の火星と6室支配の土星から傷つけられている。


従って、今後も習近平は命が狙われ続けると考えられる。




中国共産党内での習近平の独裁体制への不満は、こうした暗殺未遂に示される程、大きなものとなっている。








そして、私の考えでは、今までの検証で見てきた通り、ラグナは乙女座で間違いなく、またナヴァムシャやダシャムシャもこれで問題ないと考えている。



そうすると、2018年7月に習近平は、マハダシャーが火星期へ移行するのである。



火星は3、8室支配の機能的凶星で、この火星にラグナロードの水星がコンジャンクションしている。



ラグナロードが8室支配の火星に絡む場合、それは暗殺を表わす配置である。



従って、反習近平派の習近平の命を狙う闘争が激しくなっていくものと考えられる。



8室の支配星は、中断や変化を表わすため、習近平は、こうした反習近平派の闘争によって足を引っ張られ、失脚する可能性が高いのである。



ダシャムシャ(D10)が乙女座ラグナであれば、火星は8室支配で12室に在住しており、失脚して地位を失うことを表している。







因みにもし仮にダシャムシャのラグナが乙女座であることが怪しいとする場合であっても、出生図のラグナが乙女座であることは間違いないと考えられる。



従って、チャラダシャーでの検証が有効である。








チャラダシャーでは、2006年6月15日からメジャーダシャーが双子座で、2018年1月15日現在、双子座/双子座である。



双子座には、DKの太陽、AmKの水星がコンジャンクションし、AKの土星がアスペクトして、ジャイミニラージャヨーガを形成している。



また双子座から見た10室にも形成している。



GKの火星も同室して、権力闘争などを表していると思うが、それでもラージャヨーガが発動しており、現在は、国家権力の頂点に位置している。



然し、習近平は、2018年6月15日から蟹座のメジャーダシャーに移行するのである。




そうすると、蟹座から見てAmKの水星が12室に在住し、GKの火星、土星からアスペクトされている。



つまり、12室に在住するAmKは権力を失うことを表しており、12室は入院とか監禁という象意があり、またDKは7室の支配星に相当し、マラカとして働く為、凶星と絡むことで、生命の危険なども表わすのである。



ダシャムシャでもメジャーダシャーの蟹座から見た10室にGKがアスペクトしている。



そして、ヴィムショッタリダシャーは、2018年7月からマハダシャー火星期で、火星はGK(グナティカラカ)である。



そして、もし私のラグナ修正が正しく、ダシャムシャのラグナが正しければ、火星は12室(損失)に在住しているのである。






従って、マハダシャー火星期になると習近平と反習近平派との権力闘争が激しくなり、暗殺未遂などもより激しいものが起こるようになり、それによって、習近平の失脚などが起こるかもしれない。



少なくとも8室支配の火星は、習近平を苦しめる強力なライバルの出現を表している。



そして、8室支配の火星がラグナロードにコンジャンクションしている場合、銃火器などによる暗殺を表わすのである。



従って、既に起こった6回目の暗殺未遂は、爆発物によるものであった。



銃火器や爆発物など火薬や火を使った武器が用いられる可能性がある。



また火星は10室に在住して強く、火星は司令官を表わすため、戦争の遂行、軍事力の行使なども考えられる。



ダシャムシャで12室に在住していることは、海外で軍事力を使うといったことも考えられる配置である。



然し、12室に在住しているという配置は、地位や影響力が低下することも意味している。



習近平の独裁体制の終わりを表しているのである。




従って、今年2018年7月以降、中国では激震が走るはずである。



またこれは世界にとってもそうかもしれない。












(参考資料)



習近平「美人妻」の暗殺未遂事件 犯人は武装警察だった
2016.06.26 07:00 NEWSポストセブン

習近平は最近、「習沢東」と呼ばれるほど、毛沢東を模した自身の偶像化や軍権掌握といった権力の一極集中を進めている。その独断専行ぶりは50年前の文化大革命発動当時の政治状況を彷彿とさせる 。

 毛沢東がトウ小平や劉少奇ら“実権派”を叩き潰したように、習近平も上海閥や共青団閥の力を一気に削ぐ動きを加速しているが、その最中、習近平を震えあがらせる事件が起こっていた。ジャーナ リストの相馬勝氏がレポートする。

 * * *

 北京の党幹部筋は「習近平の増上慢は極まっている。まるで、絶大なカリスマ性を発揮した毛沢東のように振る舞っている」と前置きして、次のように指摘する。

「反腐敗運動で、最高幹部を失脚させるなど、これまでの指導者ができなかったことを敢然と実行したことで、庶民の習近平人気は高まってきたが、ここにきて、習近平を称える歌や漫画をユーチュー ブで流すなど、個人崇拝の機運が高まり、逆に庶民は白け始めている」

 その一つの表れが3月から4月にかけて、ネット上で、習近平に対する辞任要求の書簡が公表されたことである。

 まず、3月4日に新疆ウイグル自治区主管のニュースサイト「無界新聞」に「習近平は辞職せよ」と勧告する謎の書簡が掲載された。この書簡の差出人は自らを「忠実な共産党員」として、習近平を「 独裁者」と批判し、経済運営の失敗をあげつらっている。

 この辞任要求で注目されたのは、書簡の公開時期だ。年に1回しか開催されず、世界中からメディアが取材に訪れる全国人民代表大会(全人代=国会に相当)の前日に発表されたのだ。この書簡の主は 用意周到に習近平に辞任要求を突きつけたといえよう。

 さらに、3月下旬にも再び習近平の辞任を求める書簡がネット上で公開された。この米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「明鏡新聞網」系のブログに辞任要求書簡を投稿したのは 「171人の中国共産党員」と名乗るグループだ。

「習同志の独裁と個人崇拝が党内組織を混乱に陥れている」と批判したうえで、中国共産党中央に対して、「習同志を一切の職務から罷免し、党と党員を救済するよう要求する」と強く訴えている。書 簡は投稿主が自らすぐに削除したもようだが、ネット上で一気に拡散した。

 前出の党幹部筋は「最高権力者の辞任を求める声が立て続けに公になるのは異常事態だ。これは習近平の個人崇拝や言論統制に党内からも強い反発が出ているためだ」と明かす。このため、中国当局 も事態を重視し、この事件に関与したとして20人以上が逮捕され、その家族も身柄を拘束されているという。

◆犯人は武装警察だった

 同筋が明かしたところでは、習近平が危機感を募らせているのは習近平夫人の彭麗媛にまで批判が及び、暗殺未遂事件まで起こったことが原因だという。

 4月上旬、広東省在住のジャーナリストが習近平夫人である彭麗媛を中国史上唯一の女帝で、稀代の悪女とされる7世紀の則天武后になぞらえる文章をネット上で発表。当局はすぐに削除するとともに 、「デマを流した」などとして、このジャーナリストを逮捕した。

 さらに、真偽のほどは不明だが、彭麗媛の専用車に爆発物が仕掛けられたものの、党中央の要人警護のシークレットサービス「党中央警衛局」要員に見破られ、犯人は逮捕された。犯人は何と武装警 察部隊の隊員数人だった。習近平による30万人の兵員削減で、軍から武警に配転になったことを恨んだ犯行とされる。

 ここに至って、習近平は羊の群れを狙うオオカミのように、権力者としての牙をむき出しにする。4月下旬から5月初旬にかけ、習近平の党の重要会議での演説全文が公表され、「党内部の敵」の撲滅 を宣言したのである。

 まず、4月末に、昨年12月に行われた党の高級幹部養成機関である党中央党校での重要講話が党機関誌「求是」に掲載された。

 習近平は演説で「国内外の各種敵対勢力が我が党の旗幟を変えようとしている。我々のマルクス主義信仰を踏みつぶそうと企んでいるのだ」としたうえで、「地方の共産党員は党中央の指示に忠実で あらねばならない」と党への忠誠を誓うよう檄を飛ばした。

 さらに、5月初旬には、今年1月の党中央規律検査委員会の全体会議で行った演説内容が公表された。

 習近平は「党内には野心家や陰謀家が存在し、内部から党の執政基盤をむしばんでおり、見逃すことはできない。政治規律を第一にしてリスクを取り除き、災いを防がなければならない」と危機感を あらわにした。

「野心家、陰謀家」という強烈な表現が党の重要な大会で使われるのは1981年6月の第11期党中央委員会第6回総会以来、35年ぶり。この総会では文化大革命(1966~1976年)を批判した「建国以来の党 の若干の歴史問題に関する決議」が発表され、文革を主導し、中国全土を大きな混乱に陥れた江青女史ら四人組や林彪集団を糾弾した。このため、習氏はいまも中国で文革に匹敵するような非常事態が 起こっていると警告しているようだ。

●そうま・まさる/1956年生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。産経新聞外信部記者、香港支局長、米ハーバード大学でニーマン特別ジャーナリズム研究員等を経て、2010年に退社し、フリーに。 『中国共産党に消された人々』、「茅沢勤」のペンネームで『習近平の正体』(いずれも小学館)など著書多数。近著に『習近平の「反日」作戦』(小学館)。

※SAPIO2016年7月号

参照元:習近平「美人妻」の暗殺未遂事件 犯人は武装警察だった
2016.06.26 07:00 NEWSポストセブン












スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です