渡辺恒雄と、清武英利氏の訴訟合戦

4月に入ってからナベツネこと、渡辺恒雄と、清武英利氏の訴訟が再び、クローズアップされている。

これは土星が天秤座で3月2日から逆行して双子座にダブルトランジットしているからである。

ナベツネはおそらく蠍座ラグナであるため、8室にダブルトランジットが生じており、それで、清武氏との訴訟合戦が再び、クローズアップされているのである。

ニュース記事を見ていても、土星が逆行したことが原因であることがはっきりと分かる場合が度々ある。

——————————————————————————-
渡辺会長と清武氏尋問へ 解任めぐる訴訟で6月
2014.4.1 00:03 産経ニュース

 プロ野球巨人の清武英利元球団代表の解任をめぐる訴訟で、東京地裁が読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長と清武氏の証人尋問を実施することが31日、分かった。清武氏の弁護士が明らかにした。尋問は6月5日の口頭弁論で実施される。

 清武氏は平成23年11月に記者会見を開き、渡辺会長がコーチ人事に不当に介入したと批判した。球団は清武氏を解任した。訴訟では巨人側が「虚偽の事実を公表した」として、清武氏に総額1億円の損害賠償を請求。清武氏側も「不当な解任だ」として、巨人側と渡辺会長に計約6千万円の賠償などを求めて反訴している。
——————————————————————————-
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です