最近の私的エピソード

蟹座への木星の入室が6/19と迫っており、既に木星の蟹座入室の効果を発揮し始めている。

木星が蟹座に入室すると、木星が蟹座から魚座にアスペクトし、現在、土星は天秤座で逆行して、一つ前の乙女座から魚座にアスペクトしている。

魚座にダブルトランジットが生じている。

最近、面白いことは、この木星が蟹座への入室の効果を発揮しつつあるここ最近、魚座ラグナの方の鑑定依頼が増えているということである。

魚座ラグナの方々が次々と鑑定依頼の連絡をして来られるのである。

これは明らかに魚座にダブルトランジットが生じた効果であると実感できる。

因みにその魚座ラグナの方々の中で、魚座で9室支配の火星と8室支配の金星が接合している方が、鑑定依頼をして来られたのである。

その時に送って頂いた出生データを、こちらで出生データの記載例として掲載していた出生データと間違ってソフトに入力してしまい、全く本人とは関係のない出生データで鑑定するというハプニングがあった。

後でそれが判明し、再鑑定となったのであるが、その方のラグナは魚座のレヴァーティーであり、そのレヴァーティーに9室と8室の支配星が接合している。

私のラグナロードの火星は8室の支配星でもあり、12室でヴァルゴッタマで、土星からアスペクトされている。

その12室の火星に土星と木星のダブルトランジットが生じていたのである。

その方にとっては私は9室と8室の絡みがもたらす”支配的なグル”という象意として顕現したようである。

従って、私が入力ミスをしたために二度、鑑定に足を運んで頂くこととなり、若干の迷惑をかけてしまった。

然し、私自身も実際、二度鑑定することにより、消耗することとなり、それは私のラグナロードで8室支配の火星が12室に在住して、土星からアスペクトされている、その配置のまさに顕現だったのである。

このようにほんの小さなエピソードであっても完全に惑星の配置が表すカルマによってもたらされているとつくづく実感するのである。

この12室の火星は私のラグナロードであり、私は今回のような事件で消耗することは全く厭わないが、これは私のカルマなのである。

それで必ず満足して帰ったもらうためにエネルギーを投資して、鑑定をするのが私の義務である。

このラグナロードの火星には10室支配の土星がアスペクトされており、有無を言わさずにこれは私の義務なのである。

今年の1月30日から私は金星/火星期から金星/ラーフ期に移行した。

金星/火星期は金星からみた火星が9室支配で8室に在住して土星からアスペクトされている。

従って、私が職場や教室などで出会う教師は支配的な教師であった。

それで教師(上司)との間でかなり激しい確執を演じ、非常に苦悩の時期であった。このことは以前からのコラムで何度も書いている。

然し、火星はヴァルゴッタマで強いため、人の批判を寄せつけないような強さも発揮した。

これは私の火星の特徴がよく出ていたと思うのである。

そして、今はチャラダシャーのメジャーダシャーが乙女座である。

私の今の状況は乙女座ラグナで全くもって説明可能なのである。

乙女座をラグナとすると、ラグナロードで10室支配の水星が10室で自室に在住してヴァルゴッタマであり、パンチャマハープルシャバドラヨーガを形成している。

5、6室支配の土星が10室に在住して、水星と接合して、5-10、1-5のラージャヨーガを10室で形成している。

その土星と水星にケートゥがコンジャンクションしている。

私は乙女座のメジャーダシャーになってから、JAVAやC言語を習う機会を経て、遅まきながら、より高度なIT系の仕事を得る機会を経たのである。

このことが起こったのは、チャラダシャーのメジャーダシャーが乙女座に移行した後である。

これは何故なのかと考えると、5室支配の土星が10室に在住しているため、自分が受けた専門教育を仕事に生かす配置なのであるが、土星がケートゥ(外国語、コンピュータ言語)と絡んでいるため、コンピュータ言語のより高度な分野に参入したのである。

その過程で、JAVAという言語で使用する、クラスという概念は、プラトン哲学のイデアの概念にそっくりであると気づいたりした。

JAVAという言語では、クラスという雛形を実際のインスタンスという個別具体的なものに転換して、プログラムとして作成するのであるが、それはまさにイデアと個物の関係に等しいのである。

私はプログラミングというものは、世界を生成している原理を模倣したものに他ならないと強く感じたのである。

つまり、神はプログラマーである。変数の宣言は、あたかも神が、「初めに光あれ」と宣言するに等しい行為である。

基本的にプログラマーのやっていることは変数の宣言とその変数への値の代入、そして、その変数を使った計算に過ぎないのである。

オブジェクト指向言語というものが出てきて、インスタンスというものが独立して、メモリーの中で稼働し続け、個々のインスタンスはブラックボックスで、中にどのような計算式が書いてあるか分からないが、ある入力があったら、それに対する計算結果を出力する。そういうインスタンスが複数存在して、相互作用しつつ、メモリーの中で、共存しているのである。

それはあたかも生物のようである。

『マトリックス』という映画があったが、こうした映画はまさにオブジェクト指向言語の世界を描いたものだと強く感じた。

このような哲学的なことを考えつつも、実際のプログラミングというものは非常に難しく、私はこの分野において才能は特にないと考えている。

私がIT業界で働くカルマというものは10室支配の土星が3室に在住して、3、6室支配で自室の水星やケートゥと接合しているためであるが、然し、ここには何もラージャヨーガを形成しておらず、非常に奮闘(struggle)の伴う分野である。

この分野における私の進歩発展は非常に遅々としたものである。然し、それでもウパチャヤハウスであるからか、時間の経過とともに徐々に良くなっているのは実感する。

この分野において飛躍的な大きな成功をすることはないと考えているが、プログラミングというものの意味することについての幅広い教養という意味では、非常に高度な知識に触れる機会を得られた貴重な経験であった。

こうした経験が得られるのも、私が今現在、チャラダシャーが乙女座のメジャーダシャーで、ラグナが乙女座ラグナのようになっているからである。

このようにジャイミニにおいて、ダシャーの時期にそのダシャーのラグナを文字通りのラグナのように使う手法についてどれだけの人が知っているだろうか。

私自身、このことに強く気づいたのは最近のことである。

話を戻すが、乙女座のメジャーダシャーになってから、このコンピュータ分野のより高度な仕事に参入する機会を得たのであるが、この10室に対して、3、8室支配の火星が7室から10室にジャイミニアスペクトして、ラーフも4室の射手座から10室にアスペクトしている。

この10室で6室支配の土星と8室支配の火星が相互にジャイミニアスペクトしていることに注目である。

この配置のせいで、私はより高度なコンピューターの分野に参入できたが、実際の職場では前途多難で、職場にいる上司(教師)と度々激しいカルマ的人間模様を演出したのである。

これは明らかに6室支配の土星と8室支配の火星の象意である。

JAVAやC言語を学習した時期も、実際のITの現場に入った後もそうだが、その場にいる上司(教師)と6-8の苦悩の人間模様を演出したのであり、これで、私はチャラダシャーの凄さについて実感した。

チャラダシャーは星座ベースのダシャーであるが、ラグナがどんどん移動してゆき、私たちはあらゆるラグナを経験できるのである。

このことはヴィムショッタリダシャーの微細な研究を行うのと等しいような新鮮な驚きであった。

そして、2014年1月30日から私は金星/火星期から金星/ラーフ期に移行した。

金星は7室支配で5室に在住し、ラーフは9室に在住し、金星からみて5室に在住している。

従って、金星/ラーフ期に移行してから5室の象意が強く顕現している。

5室は創造のハウスであり、イベントを企画して開催したり、教育活動などによって生徒と交流する時期である。

実際、私はアンタルダシャーがラーフ期になってからの今年3月8日には南アジア文化協会(SACA)の主催でインド占星術入門講座を開催して頂く機会を得た。

これは明らかに金星/ラーフ期の象意である。

また最近になって、金星/ラーフ期に移行してから英国アーユルヴェーダカレッジにて月1のペースで対面鑑定会を開催して頂いている。

また近々インド占星術入門講座も開いて頂く予定である。

このイベントを次々と開催する躍動感は確かに私の射手座9室に在住するラーフの象意である。

ラーフは金星から5室であるため、5室の象意がよく出ている。

ラーフはラグナから9室に在住して9室の支配星のように振る舞い、双子座に在住する10室支配の土星からアスペクトを受けている。

従って、ラーフ・ケートゥがラージャヨーガを形成する条件を満たしている。

またラーフのディスポジターである木星は10室に在住し、5室支配の太陽、4室支配の月と相互アスペクトしている。

この10室に在住する木星はセミナーの講師を務めたり、対面鑑定にてコンサルテーションを行うことを表す配置である。

従って、ラーフ期になってから私はセミナーで講師を務める機会や対面鑑定を行う機会が増えてくるものと予想できる。

実際、ラーフ期になってから個人レッスンを希望する方が増えて来ている。

おそらく本格的にそうした活動が活発化するのは、木星が蟹座4室に入室する6月19日以降であり、また土星が蠍座に入室して、木星と土星が私の10室にダブルトランジットする11月3日以降である。

実際には土星が蠍座に入室する2か月前の9月初めぐらいからそれが始まるものと思われる。

因みにチャラダシャーは2015年7月30日から乙女座のメジャーダシャーから天秤座のメジャーダシャーに移行する。

この時期には私は天秤座ラグナの人のようになる予定である。

天秤座をラグナとすると、9、12室支配の水星が9室に在住し、4、5室支配の土星が9室に在住して、4-9、5-9のラージャヨーガ、ダナヨーガを9室で形成し、ケートゥが絡んでいる。

水星はAmkであり、9室で自室に在住しているが、Amkは10室の支配星に相当するため、9室で、あたかも9室と10室が絡んでいるかのような状況となる。

9室は法則のハウスであり、精神性、奉仕、高度な学問、運命学などを表す星座である。

従って、私はこの天秤座の時期がジョーティッシュの研究や実践が最も発展する時期ではないかと考えている。

天秤座のメジャーダシャーは2015年7月30日から2025年7月29日まで続くので私にとって、ジョーティッシュで何かを為すとしたらこの10年なのである。

 

 
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です