平成13年度 富士火力演習 体験談

先月の25日に自衛隊の平成13年度、富士火力演習を見に行った。

関係のルートから入場券をもらうことができ、中々行けない機会だったので早起きして出かけた。

朝7時に出て9時頃着いたが、最寄り駅のJR御殿場駅は人でごった返していた。

駅の改札からタクシー乗り場やシャトルバス乗り場まで行列が出来て、中々順番が回ってこず、
午前10時の開始時間がやって来てしまった。

大砲の音がドーンと聞こえて、演習が始まったのが駅からも分かった。

行列で待ちきれなかった私はあわてて道を走っていたタクシーに駆け寄って、大急ぎで会場まで向かってもらうと、
30分遅れで会場に着いた。

会場は富士山のふもと川を戦車や機関砲の標的として、反対側に客席スタンドがあって、まるで野球を見るかのような
設備が整っていたが、この日、天気は曇りで、小雨が降っていた。視界がわるかったため、航空部隊による落下演習は中止となった。


戦車から発火する砲弾の衝撃と破壊力は凄まじく、実際、現場で見ると、空気を通じて轟音と衝撃波が伝わってくる。

映画で見るのとは大違いである。

映画で見る場合は自分はあくまでも関係ない世界から眺めているだけなのだが、ライブで見ると現場の空気を共有しているという点で緊張感がもの凄く違うのだ。

しかしこんな戦車も演習場に来なければ普段は日常生活で全く目にしたり、触れる機会はない。

日本は平和な国である。

中近東では日常的に戦車や装甲車が市街地を走り回っているが、私は戦車が大砲を撃つときに火を噴き、凄まじい音を鳴らすことが分かった。

一発の破壊力が物凄いのだ。

この日、私のダシャーは金星/火星/水星/土星/金星であった。

プラーナダシャーの金星が土星から見て5、12室支配で3室に在住しているので、この軍事ショーを観覧することになったが、特に自分で望んだ訳でもないのに棚から牡丹餅的に入場券を手に入れたのはアンタルダシャーの火星が金星からみて8室に在住しているからではないかと思われる。

火星はラグナからみて8室の支配星、金星からみて8室に在住している。

この火星期に入ってから、不労所得、不労利得を得ることが多くなっている。

それは金銭そのものではないのだが、金銭に換算できるような利得である。

そして、何故か、アンタルダシャーが火星期になってから、自衛隊と縁が出来始めた。

アンタル火星期になってから自衛隊の広報を担当している会社の方から連絡が来て自衛隊の家族向けの専門誌にPR広告を出さないかという打診があったのであり、鑑定家のHPを見た自衛隊の家族の方の推薦であるとのことであった。

これは11月15日に自衛隊の専門誌「おやばと」に掲載されるということなのでどれくらい反響があるのか楽しみである。

私はこの発火演習をみて衝撃を受けた。

戦車が一発大砲を撃つのにこれだけの火力があるとは全く知らなかった。

それは一発の大砲の発射は恐るべき破壊力と衝撃波なのである。

戦車が発砲する時に見ている人は腹に力を入れて、体の筋肉を緊張させて、その衝撃波に耐える感じである。

この火力と衝撃波だと実際の戦場というものは、恐ろしい現場に違いない。


会場に来ていた人々からは何故か、素朴な蟹座を思わせる人々が沢山来ていた。

普段は温和な顔つきをしているのだが、一度、敵が攻撃して来たら、強い意志で戦うといった印象を持つ人々である。

この会場にいる陸上自衛隊の自衛官達にも蟹座の象意を感じた。

日本は水の国であると以前、書いたが、その中でも蟹座で表わされるのは、民族主義者であり、愛国者であり、右翼的軍人であると言える。

戦車を間近に見る体験は恐るべき体験であったが、然し、この火力があれば外国から容易に攻め込むことはできないため、必要なものであると感じた。

これは、平和を望むこととは別にして、全く現実からかけ離れた理想主義ではない、リアルな感覚である。

こうした自衛隊の発火訓練を魚座に在住する火星期に見に行ったというのはやはり今の時期のタイミングでの縁なのである。

だから私は、自衛隊の専門誌に広告を出すことにした。

また私の現在のチャラダシャーは乙女座であるが、乙女座をラグナとすると、10室に火星と土星がジャイミニアスペクトする。

これが自衛隊との縁につながっているのではないかと思ったのである。

ダーシャムシャでは蠍座ラグナで火星は土星と共に10室に在住している。

この発火訓練には今年3万5千人近く集まり、例年よりもずっと多いのだという。

おそらく安倍政権にシフトしたこともあって、非常に国防が注目されているからではないかと思われる。

戦車というのは火を噴く鉄の塊であり、まさに火星と土星が象徴するかのような実体である。

またラグナに土星と火星が両方とも絡む人はクシャトリア階級を表わし、支配力や統率力が出てくると言われるが、

今の私のチャラダシャー乙女座というのが、まさにそうなのである。

乙女座に土星と火星がアスペクトし、更に土星と火星が10室にアスペクトしている。

だから私は今、自衛隊と縁ができ、専門誌を通じて、自衛隊の家族の方向けに広告を出そうとしているのである。

 photo1

 photo2

 photo3

 photo4

 photo5

 
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です