小倉優子の結婚のタイミング

ラグナは牡羊座アシュビニーで、ドライでさっぱりした清々しい性格である。

月は獅子座プールヴァパールグニーであり、ナクシャトラの支配星が金星で、恋愛や人生の楽しみを追求し、芸能人向きである。

今年の5月からトランジットの木星がラグナに入室して5室に在住する7室の支配星と7室、そしてラグナロードの火星にアスペクトしている。

従って、5月以降、ヘアメイクアーティストの菊池勲氏との関係が結婚に発展したものと思われる。

そして、トランジットの土星が天秤座に入室の効果を発揮しているおよそ1ヶ月前に婚姻届を提出した。土星は既に天秤座に在住しているものと考えることができる。

トランジットの木星と土星が1-7室の軸で、1室と7室にダブルトランジットし、結婚のタイミングである。

ヴィムショッタリダシャーは、ラーフ/木星期であり、ラーフは2室に在住して、木星は9室支配で8室に在住して2室にアスペクトしている。

2室と8室の軸は結婚、結婚生活の軸である。

小倉優子の場合、8室に9室支配の木星が在住し、そして、8室支配の火星が5室に在住して、生来的吉星である月や金星と接合しているため、8室が強い状態である。

8室にラーフ/ケートゥ軸が絡んでいるため、若干問題も存在するが、然し、結婚生活はこの強い木星によって保障されている。

また7室に惑星集中しており、7室には6室支配の水星が在住している。

6室支配の水星は11室支配で高揚する土星、そして減衰する太陽と接合しており、2つの凶星から傷つけられている。

従って、アンタルダシャーの水星期に若干、パートナーとの関係性に奮闘(struggle)が生じるかもしれない。

7室への多くの在住星は交際する相手が多いことを示していると思われる。

7室支配の金星と5室支配の太陽が星座交換しており、5-7室の絡みを生じている。

これは5室は恋愛のハウスであり、7室はパートナーのハウスである。

従って、結婚は恋愛結婚であり、好きな相手と結婚するチャートであるということが出来る。

またラグナロードの火星と7室支配の金星が5室で接合していることは、恋愛体質であるということができる。

ナヴァムシャでラグナから8室に自室の木星とラグナロードの金星が在住しており、8室が強いため、これも結婚を促進する配置である。
月からみて8室にも金星と木星がアスペクトしている。

然し、月からみた8室の支配星に土星と太陽が接合しており、2つの生来的凶星が絡んでいることから、アンタル土星期や太陽期は、結婚生活に問題が生じやすいと言える。

但し、土星は高揚してシャシャヨーガを形成し、太陽も高揚する土星と絡んでニーチャバンガを形成している。

更に土星は方角の強さを獲得し、ナヴァムシャでも10室でムーラトリコーナの座に在住し、ラシチャート、ナヴァムシャ共にシャシャヨーガを形成して強力である。

土星期において、パートナーからの取得(11室)や仕事上の昇進があると考えられる。
この土星こそが、ダシャーを調べた所、今回、結婚したヘアメイクアーティストの菊池勲氏に該当するようである。

菊池勲氏と出会った頃が、ラーフ/木星/土星期である。

既にアンタルダシャーの木星が8室に在住して2室にアスペクトしており、結婚のタイミングのダシャーが来た時に菊池勲氏と出会っていることが分かる。

一方で、ラシチャートの7室に在住する水星は3、6室支配で土星は10、11室支配である。

6室と11室は離婚のハウスであり、離婚までに行かなくとも結婚生活が不安定になりやすいと言える。

従って、水星期は、パートナー関係が不安定になるが、それ以外は安定しているのではないかと思われる。

因みに土星は11室を支配しており、11室は6室から6室目で6室の本質のハウスであることから離婚を表すハウスであるが、土星は高揚している為、ハウスの否定的な面よりも肯定的な面が出やすいと思われる。

現在、マハダシャーはラーフ期で、ラーフは結婚生活の2室に在住している。

ラーフ期にしばしば人は結婚するようである。

またラーフは固定星座に在住しており、変化しないで安定するハウスである。

小倉優子の過去の恋愛事情をネットで調べると、興味深いのは、よいこ浜口との恋愛にいちいち事務所が口出しをして、間に割って入ったことである。

小倉優子によいこ浜口との恋愛について芸能マスコミが質問しても緘口令が敷かれて、質問が打ち切られてしまう。

この過保護ぶりは、5室に在住するラグナロードの火星と7室支配の金星の間に4室支配の月が間に挟まっていることが表していたのではないかと考えると、しっくりと来るのである。

芸能人にとっては事務所は4室の拠点を表し、母親の機能を持つ、保護者役である。

従って、小倉優子とよいこ浜口の恋愛にいちいち事務所が口を出して、間に入って邪魔をしたというのは、この4室支配の月が表していたのではないかと思われた。

4室はケンドラであり、ケンドラ支配の月は機能的凶星である。

結婚相手であるヘアメイクアーティストの菊池勲氏は、東京・南青山でヘアーサロンを経営する、いかにも天秤座の人物である。

経営者で成功もして、社会的評価も高い菊池氏は11室支配で7室で高揚する土星が表示体となるのではないかと思われる。

この菊池氏とは2010年1月の元旦に初詣に行ったことが、お互いのブログに同じような写真が掲載されていたことで話題となって交際が発覚したそうである。
この時のダシャーがラーフ/木星/土星期である。

アンタルダシャーの木星は結婚生活の8室に在住して同じく結婚生活を表す2室と2室のラーフにアスペクトしている。

またプラティアンタルダシャーは土星期である。

それにさかのぼる2008年5月には、不動産会社社長のイケメン社長・上月啓市氏と交際したらしく、この人物もイケメン社長というからには天秤座の人ではないかと思われる。

この人物は、大手芸能事務所との間で詐欺同然の不動産トラブルを起こしたり、会社の家賃を滞納していることが発覚などして、かなり問題がある人物と書かれている。また過去に女性タレントとの間に慰謝料請求のトラブルを起こしているという。

この時のダシャーがラーフ/ラーフ/水星期である。

この上月啓市氏の指示で所属事務所が『焼肉 小倉優子』をオープンさせ、何も聞かされていなかった小倉優子は激怒して、それが原因で交際から1ヶ月で破局したそうである。

この上月啓市氏と交際して別離したのは、ラーフ/ラーフ/水星期の間である。

水星は6室の支配星であり、6室の支配星の時期とはいずれ別離につながる相手と交際する時期のようである。

また所属事務所の社長は2009年に脱税で逮捕され、事務所に対する不信感が頂点に達した小倉は、「芸能界を辞めたい」とまで漏らすようになったそうである。

10室を事務所社長のラグナとすると、ラグナロードの土星が10室で高揚しているが、8室支配の太陽が10室で土星と接合している。10室で8室の支配星と減衰する太陽が表す象意が脱税による突然の逮捕、そして仕事の中断を示していたと考えられる。

この土星と太陽はニーチャバンガラージャヨーガであるが、然し、これがニーチャバンガラージャヨーガを示しているというのは、この結果から考えると不可解である。

このことは、ニーチャバンガラージャヨーガの条件に当てはまっていても、減衰惑星による凶意がなくなる訳ではなく、基本的には支配するハウスによる惑星の機能的吉凶を検討する必要があることを示している。

7室における10、11室支配の土星は高揚してシャシャヨーガを形成してパワフルであるが、3、6室支配の水星は、上記の恋愛遍歴から考えると、よい結果をもたらしていないようである。

交際する相手は会社経営者など大物が多いのは、やはり土星の強さが示していると思われる。

マハダシャーのラーフから見ると、土星、太陽、水星は6室に在住しているため、ラーフ/木星期には吉祥な9室支配の木星が2室で高揚するラーフにアスペクトして、結婚生活にとって吉祥な影響を表している。

ラーフから見ても8室支配の木星が7室に在住している。

然し、ラーフ/土星期、またラーフ/水星期においては、ラーフから見て土星や水星は6室に在住しているため、若干、関係に奮闘(struggle)が生じる可能性がある。

2室で高揚するラーフは結婚願望を示していると言えるかもしれない。

両親、家族と共に生活を共にしてくれる配偶者を求める欲求が強くなっていたと言える。

そして、そのラーフに対して、8室からアスペクトする吉祥の木星のアンタルダシャーの時期に結婚したのである。

2室は結婚生活のハウスであり、その2室でラーフは高揚して木星のアスペクトを受けている。

(参考資料)
—————————————————————————–
小倉優子に結婚・引退を決意させた出来事
2010年11月09日 13時30分 REAL LIVE

複数のスポーツ紙によると、タレントの小倉優子が交際が報じられているヘアサロン経営者でヘアメークアーティスト菊池勲さんと来春にも結婚、それを機に芸能界引退の決意を固めているというのだ。

 「2人の交際は今年1月に女性誌の報道で発覚。菊池さんはバツイチ。SMAPや堤真一らを担当する人気ヘアメークアーティストで、東京・南青山で人気サロン『ing』を経営。小倉は交際発覚後のイベントで順調な交際ぶりをアピールしていた。すでに都内のマンションで同棲しており、近日中に結婚が正式に発表される」(芸能記者)

 デビューからしばらくは千葉県茂原市出身であることを伏せ、「こりん星出身のりんごももか姫」として“不思議キャラ”を確立し「ゆうこりん」の愛称でグラビアを中心に活動していたが、このところはそのキャラを封印し“素”のキャラでバラエティー番組のコメンテーターとしても活動。男性スキャンダルもあった。
 「06年によゐこの濱口優との熱愛が報じられたが08年頃に破局。同年5月には怪しげな不動産会社社長との交際が報じられたが、その社長の売名っぽかったこともありすぐに破局。2つのスキャンダルでマスコミに追い回されかなり疲れてしまったようだった」(テレビ局のバラエティー番組関係者)

 小倉は芸能界のデビューから様々な悩みを抱えていたと言われている。「こりん星のキャラ設定などで、かなり病んでいたように見えた時期もあった」(芸能プロ関係者)というが、それ以上に芸能界からの“寿引退”を決意させた出来事があったようだ。
 「所属事務所と事務所の先輩にあたる眞鍋かをりの泥沼の法廷闘争。事務所サイドはうまくマスコミを使って眞鍋のマイナス情報を小出しにした。おかげで、眞鍋の仕事はほとんどなくなってしまった。双方一歩も引かず、民事訴訟はかなり長期化しそうで、それに関連して事務所が眞鍋の昨年の月給が月420万円だったことを発表。自分とのあまりの格差に小倉は『そんなにもらってたの?』と驚いていたという。自分も事務所と揉めれば眞鍋と同じようになることも考えて、早々と芸能界から身を引く決意をしたようだ」(同)

 すでに妊娠しているという情報もあるだけに、10日に生出演する水曜レギュラーを務める日本テレビ系「DON!」での発言が注目される。
—————————————————————————–
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です