堀江貴文氏の有罪判決と収監について

<a href=”http://blog-imgs-17.fc2.com/j/y/o/jyotish007/HorieTakafumi_photo.jpg” target=”_blank”><img src=”http://blog-imgs-17.fc2.com/j/y/o/jyotish007/HorieTakafumi_photo.jpg” alt=”HorieTakafumi_photo.jpg” border=”0″ width=”200″ height=”268″ /></a>

ライブドアの粉飾決算事件の有罪判決で近く堀江貴文氏が収監されることになったようである。

今、このタイミングで収監されるとすると、牡羊座への木星の入室がドゥシュタナハウスに該当する可能性が高いのである。

木星が6室をトランジットすれば、12室にアスペクトし、
木星が8室をトランジットすれば、12室にアスペクトし、
木星が12室をトランジットすれば、6室にアスペクトするのである。

だいたい予想されることは木星のトランジットが6、8、12室にあり、アスペクトも6、8、12室といったハウスにアスペクトしていることが考えられる。

ラグナを12星座に対応させて一つずつ検討していくと、

1室に木星が入室する牡羊座ラグナではなく、
11室に木星が入室する双子座ラグナではなく、
10室に木星が入室する蟹座ラグナではなく、
9室に木星が入室する獅子座ラグナではなく、
7室に木星が入室する天秤座ラグナではなく、
5室に木星が入室する射手座ラグナでもなく、
3室に木星が入室する水瓶座ラグナでもなく、
2室に木星が入室する魚座ラグナでもないと思われる。

私たちは年賀状の文化により幼少時から十二支の概念に親しんで来たが、
木星の移動は十二支に対応しており、一年周期の状況を予測するのに適している。

(※毎年、年賀状に絵を描いたり、スタンプを押したりするので、今年が子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥のうちのどの年なのかを意識していたが、最近は年賀状文化が廃れてきたので、以前よりも十二支を意識することが少なくなっているのではないかと思われる)

この木星のトランジットだけを考えると、ラグナの可能性は、乙女座と蠍座と牡牛座の三つに絞られるのではないかと思われる。

そして、堀江貴文氏が株式の売買で取得した金額を考えると、これは蠍座ラグナとしか考えられないのである。

(※ニッポン放送株の35%を取得してフジテレビは1400億円を支払って買い戻した)

蠍座ラグナ説については、私のオリジナルではないが、今回の堀江貴文氏の懲役2年6か月の有罪判決を考えてみると、やはり蠍座ラグナで正しかったことが分かる。

<a href=”http://blog-imgs-17.fc2.com/j/y/o/jyotish007/HorieTakafumi_chart.gif” target=”_blank”><img src=”http://blog-imgs-17.fc2.com/j/y/o/jyotish007/HorieTakafumi_chart.gif” alt=”HorieTakafumi_chart.gif” border=”0″ width=”300″ height=”205″ /></a>

上記のように蠍座ラグナだと、ラグナロードの火星が取得の11室に在住し、11室支配の水星と星座交換している。

従って、お金を稼いで世間から名声や評価を得ることが人生のテーマとなるような配置である。

木星は5室支配で2室でムーラトリコーナの配置で強く、ラーフと接合して、ラグナロードで11室に在住する火星からのアスペクトを受けている。

この射手座の強さに企業買収を繰り返してライブドア社を拡大したことが表れている。

2室は所有のハウスであり、企業買収とは株式を取得して他人が創業した企業を取得して、所有するのである。

彼は講演や対談などでスピーチをして持論を展開してそこからの収益が大きいのであるが、それも2、5室支配でスピーチの2室でムーラトリコーナの木星がもたらしている。ラーフが接合しているので時に過激な発言が話題になるのである。

5室は3室から3室目のハウスのため、3室(出版)の本質のハウスであり、従って、書籍も沢山出しているが、それもこの強い5室支配の木星の力である。

彼の書籍は啓蒙的で、自己啓発的な内容であるのは5室支配の強い木星が表している。

ところで、彼のラグナに在住する水星は8室支配で3室支配の機能的凶星化した逆行の土星からアスペクトされている。

これが彼の金銭崇拝の思想を表しており、「人の心さえも金で買える」と彼に言わしめた配置である。

1室に在住する惑星はその人物の雰囲気や全体としての人物像を決定するので、拝金思想というのが彼の全体的なイメージとなっている。

水星は両側を凶星に挟まれてパーパカルタリヨーガであり、逆行の土星からアスペクトされている。

彼がニッポン放送株の取得に使った800億という買収資金は、転換社債を発行してリーマンブラザーズから取得したものであるという。

転換社債とは以下のwikipediaの解説文を見ても、投資家にとっては株価が上がれば、株式に転換して利益を得て、株価が下がれば債券として保持するという損する可能性がほとんどないものである。

——————————————————————–
転換社債型新株予約権付社債

投資家から見れば、転換価額よりも株価が上昇すれば、株式に転換、売却する事で利益を得ることができる。逆に転換価額より株価が低いままなら、転換せずに満期日まで待つ(満期償還)ことで社債としての利息を受け取り続けることもできる。このように普通社債と違い投資家が利子以外で利益を得る手段を持つため、売却益を加味して普通社債より金利を低めに設定して発行される。
(wikipediaより)
——————————————————————–

ニッポン放送株取得によるフジテレビ買収劇は、堀江貴文氏が自分で自律的に引き起こしたというよりも、むしろ、転換社債を取得して、確実に儲けたかったリーマンブラザーズに堀江貴文氏が操られていたと解釈するのが真実なのだとする見解があるが、その解釈からすると、このユダヤ系金融資本家から堀江貴文が操られて、フジテレビ買収劇を引き起こしたと言える。

以前から書いていることであるが、アメリカ合衆国の11室双子座に惑星集中しているのは、ユダヤ系金融資本家を表しており、そのため、蠍座が強い自民党は、こうしたユダヤ系金融資本家に騙されて操られてしまう。

それが清和会系の外資導入政策なのである。

わざわざ金融の自由化をしてユダヤ系金融資本家に日本の国富である一流企業や保険会社などを買い取って下さいと言っているような政策である。

蠍座ラグナにとっての8室支配の水星は、頭のよい狡猾な人物を表しており、そうした人物によって支配されることを表している。

彼の金銭崇拝の思想は、このユダヤ系金融資本家の拝金思想であり、8室支配の傷ついた水星が全体としての彼のイメージを形成しているのである。

この8室支配の水星が狡猾な支配者を表しているということがポイントである。

私は過去、いくつものケースにおいて、この8室支配の水星が狡猾な人物の表示体となって苦しめられているケースを見ている。

このように堀江貴文氏のチャートは蠍座ラグナということで、様々な彼に関する事象が説明可能であり、蠍座ラグナというのは間違いないと思われる。

堀江貴文がフジテレビを買収しようとしたのは、フジテレビの女子アナウンサーと合コンがしたかったからだという指摘が多々見られるが、あながち間違いでないのは、7室(パートナー)支配の金星が11室(合コン)で、ラグナロードの火星と接合しており、そうした火星と金星は月からみて欲望の3室に在住している。

従って、彼がフジテレビ女子アナと合コンしたかったのは明らかである。

彼がどらえもんをもじったホリエモンという愛称によって年配の女性や主婦や一部の若者に人気なのは9室支配の月が蟹座自室に在住しているためである。

彼らが堀江貴文釈放するための署名活動などをしてくれているようであるが、蟹座で自室にある月は大衆からの人気を受けやすい配置である。

今、堀江貴文氏に有罪判決が出て、彼が収監されようとしているのは、

まず木星がまもなく6室に入室するからである。

6室は訴訟のハウスであり、有罪宣告というのは6室が表している。

そして、木星は刑務所などの拘束された狭い場所を表す12室にアスペクトしている。

そして土星は今年の秋頃に彼の12室に入室するが、そこには10室支配で減衰する太陽が在住している。

太陽は減衰しているので国家(政府)を敵に回して東京地検特捜部から悪意のある厳しい追及を受けたようである。

10室の支配星が12室に在住しているため、彼はまさに社会的地位(10室)を失って、刑務所(12室)に行くのである。

この太陽に対して、土星がトランジットするため、まさに彼は収監され、彼のプライドは深く傷つけられることになる。

太陽は身体の表示体でもあり、彼の肉体は刑務所内に拘束されるのである。

土星は2年半の間、天秤座をトランジットし、ほぼその期間に彼は服役することになるようである。

<a href=”http://blog-imgs-17.fc2.com/j/y/o/jyotish007/HorieTakafumi_dasha.gif” target=”_blank”><img src=”http://blog-imgs-17.fc2.com/j/y/o/jyotish007/HorieTakafumi_dasha.gif” alt=”HorieTakafumi_dasha.gif” border=”0″ width=”248″ height=”169″ /></a>

ダシャーバランスを見ても、彼が一躍注目を浴びたのは、2004年に大阪近鉄バファローズ買収を申し出た時で、この頃がマハダシャー金星期になる直前のケートゥ/水星期である。

そして、2005年2月にニッポン放送株の35%を取得してフジテレビ買収劇を繰り広げ、連日マスコミに取り上げられて、芸能人のような扱いを受けるのであり、この前後にマハダシャー金星期に突入していくのである。

金星は月からみてメディアの3室に在住しており、ディスポジターである水星は月から5室に在住している。

然し、金星は12室を支配して11室で減衰し、6室支配の火星と接合しており、

さらにディスポジターの水星は逆行の土星からアスペクトされている。

ナヴァムシャでも金星は土星や火星からアスペクトされている。

従って、金星期は芸能人のようになって一躍注目を浴びると同時に

6室支配の火星と絡んでもいることから東京地検に証券取引法違反で起訴され、

更に12室が絡んでいることから逮捕監禁され、また収監されたりするのである。

 

<ニュース記事より>

ホリエモン「人生ゲームが1コマ進んだ」実刑確定→収監へ

 最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は26日までに、ライブドア(LD、現LDH)の粉飾決算事件で、旧証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載など)の罪に問われた元社長・堀江貴文被告(38)の上告を棄却する決定をした。懲役2年6月とした1、2審の実刑判決が確定する見込み。1か月後にも収監されることになったホリエモンはこの日夕の会見で「本を2000冊読んで勉強してきます」と、悟り切ったような表情で話した。

 2006年4月27日に保釈され東京拘置所を出てから5年。ホリエモンは受刑者として、塀の中に入る見通しとなった。

 田原裁判長は堀江被告側の主張に対し、「上告理由に当たらない」と指摘。判断を示さず棄却した。決定は25日付。1、2審判決は2年6月。確定すれば、40日間の未決拘置日数が算入され、服役は最大で2年5か月近くとみられる。

 決定を受け、堀江被告はこの日夕、会見。ジーパン、Tシャツにアウトドアジャケットを羽織った、元べンチャー社長らしいラフな姿で現れた。「スルーされて、軽く却下されました。1か月ぐらいで、どっかの刑務所に行くことになります」と淡々とした表情。

 ほかの粉飾決算事件を例に挙げ「僕だけ実刑はすごく不公平」「世の中、不条理」と愚痴も。異議申し立ては行う予定だが、覚悟は固めた様子。「健康チェックをして、友人とお別れをします」。収監期日は検察と調整するという。

 世間に波紋を呼んだ騒動後、表立った経営からは身を引いたが、著書やブログで情報発信は続けてきた。68万人のフォロワーを持つツイッターもあり、依然、特定の層への発言力は大きい。約80分の会見では検察批判、日本経済への苦言など、講演会のように弁をふるった。社長としての責任を一部認め、当時の株主に「申し訳ない」と口にし、自分の行動について「説明不足だった」と反省らしい言葉も。ただ、殊勝な謝罪はなく、自身の信念を曲げないことをうかがわせた。

 有料発行部数1万強のメールマガジンも、代理人らを通じ極力、継続するというが、獄中ではネットを使えない。元IT長者が手書きで発信する皮肉さに「けんしょう炎に気を付ける」と自嘲気味に苦笑いした。

 決定について「人生ゲームのコマが1個進んだという感じがする」と、独特の人生観で表現した堀江被告。最近は宇宙開発にも取り組んでいる。「本を2000冊読みたい。仕方ないので(塀の)中で勉強してきます」。意欲を見せながらも、何かを諦めたような姿だった。

(2011年4月27日06時05分 スポーツ報知)

 
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です