ブラッドピットが過去の結婚生活は偽りだったと告白

俳優のブラッド・ピットが子供好きで、また子供からも好かれているということは、ハリウッドゴシップなどで伝えられていたが、以下のような記事を見つけた。

———————————————————————————————————
ブラッド・ピットが衝撃発言!元妻「ジェニファーとの結婚生活は偽りだった」みじめな人生の負け犬発言!
シネマトゥデイ 9月16日(金)13時30分配信

 ブラッド・ピットが雑誌のインタビューで、アンジェリーナ・ジョリーと一緒になる前の人生は、本当の自分を隠していたみじめな人生だったとコメントした。

 「僕はセレブであることのしがらみから逃れようと90年代を隠れて過ごしていた。ソファに座ってマリファナを吸い、家から出ない自分にうんざりしていた。みじめに感じはじめ、興味深い人生を描いた映画を捜し求めながら、自分の人生はつまらないものだと認識したんだ。ジェニファーとの偽りの結婚生活も一つの原因だと思う」と語り、世間に見せていた彼女との結婚生活と実際の結婚生活にくい違いがあったようだ。

 「僕が人生においてした最もすばらしく、賢いことは、子どもたちにアンジーという母親を与えてあげたことだ。彼女は本当にすばらしいママだ。彼女がいてくれることをとても幸せに思うよ」という。子育てについては本能に従っているだけで、簡単だとも言っている。「子育てというのは本能的、自動的なものだというのに驚いた。今では自分の本能には絶対の自信を持っているよ。夜中にちょっとした音がすれば、子どもたちが自分を必要としているかもしれないと目が覚める。子どもたちがゴネはじめると、とっさにほかの事で気をそらせる。そんなことばっかりだ」と、さすが6人のパパともなると手馴れたもののようだ。(BANG Media International)
———————————————————————————————————
ブラピが前妻との結婚生活めぐる発言釈明、「退屈なのは自分」
2011年 09月 16日 17:28 JST

 [ロサンゼルス 15日 ロイター]米俳優ブラッド・ピットが、前妻の米女優ジェニファー・アニストンとの結婚生活を退屈と表現したと報じられたことについて、メディアに誤解されたと釈明した。

 米誌パレードのウェブサイトに15日掲載されたインタビューで、ピットはアニストンとの結婚生活について、「面白い人生を描いた映画を一生懸命見いだそうとしていた。でも、実生活は面白くなかった」などとコメント。こういった発言を受け、多くのメディアは、ピットがアニストンを退屈だと表現したと報じていた。

 ピットは代理人を通じて声明を発表し、「このように誤解されて胸が痛い。ジェン(アニストンの愛称)とは今でも友だちだし、彼女はとても愛情深く、楽しい女性だ。私が言いたかったのは、ジェンが退屈ということではなく、自分自身が退屈な人間になっていったということだ」と語った。
———————————————————————————————————

90年代というと、マハダシャーラーフ期で、ラーフは8室に在住し、8室の支配星からアスペクトされ、
6室支配の火星からアスペクトされている。

9室支配の月や10室支配の太陽などからもアスペクトされているため、決してわるい配置とばかりも言えないが、上記の発言からすると、8室在住のラーフ期は内的には不幸な時期であったようだ。

『僕はセレブであることのしがらみから逃れようと90年代を隠れて過ごしていた。ソファに座ってマリファナを吸い、家から出ない自分にうんざりしていた。みじめに感じはじめ、興味深い人生を描いた映画を捜し求めながら、自分の人生はつまらないものだと認識したんだ。ジェニファーとの偽りの結婚生活も一つの原因だと思う』

8室というのは深い精神的苦悩を表し、自分を隠したり、秘密にしたいハウスであるため、このようなインタビューでの発言が出てきたことが納得できる。

2000年7月29日に女優のジェニファー・アニストンと結婚しているが、この時がラーフ/太陽期で、ラーフは8室に在住して、太陽は2室に在住していることから、結婚のハウスに絡んでいる。

またラーフからみて太陽は7室に在住している。

ラーフから見ると7室に惑星が集中しているため、このラーフ期に多くの女優との交際が報じられている。

木星/木星期に入ってから、2004年の『Mr.&Mrs. スミス』の撮影中に、共演したアンジェリーナジョリーと交際をスタートさせている。

この時はまだジェニファーアニストンと結婚していたが、アンジェリーナジョリーは、この時にすでにブラッドピットとの子供を妊娠していたため、

このことはゴシップとして伝えられている。

然し、占星術の観点からは、ブラッドピットは5室支配で5室自室に在住する強いマハダシャー木星期に子供が出来るのは約束されていたことであると言える。

現在、ブラッドピットとアンジェリーナジョリーは正式な結婚はしていないが、事実婚で夫婦生活をしている。

インタビューによれば、ブラッド・ピットはこのアンジェリーナジョリーと交際するようになってから、精神的に充足するようになったようだ。

アンジェリーナジョリーは、ラグナロードの月が魚座9室に在住して、9室支配の木星、5、10室支配のラージャヨーガカラカの火星と接合している。

まさにブラッドピットの5室で定座に在住する強い木星の表示体である。

この木星期に入ってから、ブラッドピットは『Mr.&Mrs. スミス』でアンジェリーナジョリーと出会って、アンジェリーナジョリーが慈善事業の一部として養子縁組した子供たちを自分の子どもとして養子縁組した。

だから、ブラッドピットは木星期に入ってから、3人の子供と養子縁組し、1人の実子を授かっている。

何故、養子縁組なのかということを考えると、木星は確かに5室の支配星で5室に在住して強いのだが、火星と土星からアスペクトされている。

このように5室は吉祥で強いが、同時に凶星からもアスペクトされているような場合には、少し象意として変わったように出るのである。

つまり、子供には恵まれるが、養子縁組をして子供を授かるのである。

養子縁組の道徳的社会的な価値判断というものは全く別として、そのような事実が確認できる。

これが例えば5室が強くて吉祥ではなく、しかも5室が傷ついている場合には、子供自体に恵まれないことになる。

アンジェリーナジョリーは5、10室支配の火星が9室に在住しているので、慈善事業の一部として養子縁組をしたようである。

10室の支配星が9室に絡むことは仕事が宗教的、精神的な活動、奉仕活動であることを示している。

またそこに5室の支配星も絡んでくるから、子供を養子縁組したと考えられる。

そして、このアンジェリーナジョリーの場合でも5室にラーフ/ケートゥ軸が絡んで、5室支配の火星が土星からアスペクトされている。

5室は吉祥で強いが、然し、凶星と絡んでいるので、養子縁組なのである。

アンジェリーナジョリーの本職は慈善事業であり、また9室から木星、月、火星が3室にアスペクトしたり、10室の支配星が5室に絡んでいるため、創作活動、映画産業に関わることになっている。

1995年にマハダシャー金星期になると同時に映画で初主演し、それ以後、女優として飛躍し、トップスターとしての道を歩んでいる。

金星から見ると、9室で1、5、10室が絡んで、3室にアスペクトしているので、そうした映画産業と、慈善事業などでの成功や活躍が出来たと考えられる。

ナヴァムシャでも3、10室支配の金星がラグナに在住し、5室支配の木星と相互アスペクトしており、3室と5室と10室が絡むので、映画産業なのである。

またラグナロードの太陽も11室に在住して、5室にアスペクトし、9室支配で5室に在住する火星と相互アスペクトしている。

ナヴァムシャでもラグナロードと5室や9室との絡みが確認できる。

ブラッドピットのチャートに戻るが、ブラッドピットのチャートでは2室支配の木星が5室の自室に在住し、11室にアスペクトしており、これは富をもたらす配置である。

しかも興味深いことにその富は子供に関連もしている。

———————————————————————————————————
2006年には出産した娘のシャイロの写真の掲載の権利を400万ドル(日本円で約4億3200万円)でピープル誌と契約した。米紙『ニューヨーク・タイムズ』は2008年11月11日付けの一面で「アンジェリーナ・ジョリーとそのイメージ」と題し、硬派の同紙としては異例の記事を掲載、米国の有名女優がマスコミ対策に腐心し、時には編集にまで介入していると批判的に報じている

ジョリーは2008年夏に出産した双子の写真撮影と、本人と夫の俳優ブラッド・ピットとのインタビューの独占権を雑誌『ピープル』(タイム社)に推定1400万ドル(約13億4000万円)で売ったが、同時に「将来にわたり一家について不利な編集はしない」ことも条件としたという。タイム社は「写真を買ったが、(編集)内容は外部からの要請によって決められることはない」と声明で反論。ジョリー側は一切、コメントしていないという。記事はさらに、カンボジアの子どもらを養子にしているジョリーが、エイズ撲滅運動に協力するなど「篤志家」のイメージを売り込むことに腐心してきたことや、いわゆるパパラッチにわざと撮影させるための機会を自ら設定するなど、マスコミ「操作」に極めてたけているとの関係者らの証言を伝えている。ただ、堅い記事で信頼を得ている『ニューヨーク・タイムズ』がこのような記事を掲載したことに読者からは「まるでゴシップ紙のようだ」という落胆の声が多く、同紙電子版にある読者コメント欄には批判的なコメントが相次いだ。

(wikipedia アンジェリーナ・ジョリーより引用抜粋)
———————————————————————————————————

また2室に惑星集中して、そこにラグナロードや11室の支配星、9室の支配星などが絡んで、ダナヨーガを形成している。

その2室は跳躍力のある射手座である。

だから、ハリウッドでも屈指の長者番付に載るセレブ俳優の一人である。

また7室支配の金星が3室に在住しているのは、パートナーがメディア関係者であることを表している。

上記のwikipediaからの抜粋の中で、アンジェリーナジョリーがニューヨークタイムズ誌から批判的に報じられているのが分かるが、これは評価の11室にラーフ/ケートゥ軸が絡んで、逆行する3、12室支配の水星や太陽と絡んで、少しもラージャヨーガなどの吉祥なヨーガを形成していないからである。

彼女は金星期になるまではマハダシャー水星期とマハダシャーケートゥ期を経てきており、そのどちらもよい時期ではなかったことが分かる。

水星は3室の支配星のため、11歳の頃からアクターズスタジオで演技を学び舞台に立つようになると、経歴に書いてあるが、この頃、家庭環境が裕福ではなく、wikipediaにも載っているが絶望の思春期を送ったようである。

———————————————————————————————————
演技方法の習得と絶望の思春期

11歳の頃にロサンゼルスに戻るとアクターズ・スタジオで演技を学び舞台に立つようになる。その後ビバリーヒルズにある高等学校の演劇クラスに進学するも病弱な母の収入は決して多いとは言えず、ジョリーも度々古着を着用するなど家庭環境が恵まれていなかったため裕福な家庭が多いビバリーヒルズにおいて徐々に孤立していった。
さらに、ジョリーが極端に痩せていたことや、サングラス、歯列矯正の器具などを着用していたことが他の生徒からのいじめを誘発した。ジョリーの自尊心も、モデルとしての活動が不成功に終わったことで失われ、自傷行為を始めた。当時のことをジョリーは「ナイフで自分を傷付けると生きているという実感が沸き、開放感に満たされ癒しを感じた」と振り返っている。

最終的にジョリーは14歳で演劇クラスを離れ、激しい自己嫌悪から将来の希望を「葬儀の現場監督」とした。事実、彼女は実際に葬儀会社でアルバイトとして葬儀場の遺体の死化粧を施す担当をするなど「死」というものに身近に接していた。また、常に黒の衣装を身に纏い髪を紫に染めたり、同棲相手とモッシュに出掛けたりと極めて反抗的な思春期を送り、学業に復帰するまでに2年の時間を要した。その後自堕落な生活から逃れたジョリーは、母が住む家から僅か数ブロックだけ離れたガレージの上にあるアパートメントを借り、再び演劇を学んで高等学校を卒業した。この頃についてジョリーは「今でも、そしてこれからも私はタトゥーを付けた子供である」と表現し、当時の出来事と苦悩が自身に与えた影響が如何に大きなものであったかを話すことがある。

(wikipedia アンジェリーナ・ジョリーから引用抜粋)
———————————————————————————————————

マハダシャー水星期、そして、減衰するケートゥ期は何もヨーガを形成しない厳しい下積みの時期であったことが分かる。

この水星やケートゥをラグナとすると、月は3室支配の機能的凶星、木星は8、11室の機能的凶星、火星も7、12室支配の機能的凶星であり、この時期がわるかったことが分かる。

再び、ブラッドピットのチャートに戻るが、5室支配の木星期にアンジェリーナジョリーと出会い、そして、アンジェリーナジョリーの慈善事業に

触発されて一緒に活動するようにもなったようである。

ラグナの位置関係が5-9の関係であり、ブラッドピットのラグナからみた5室にアンジェリーナジョリーの月が在住しており、基本的にこの二人は5-9の精神的に触発される関係性である。

だからパートナーではあるが同志のようでもあり、深い精神的喜びを与えあう関係性である。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です