ピコ太郎の世界的躍進の謎を解く

ピコ太郎という名前の芸人(小坂大魔王)がyoutubeで世界中でヒットしているというのは昨年から聞いていたがあえて見ないようにしていた。

初めてピコ太郎の『ペンパイナッポーアッポーペン』(PPAP)を見たのが、昨年の年末で、今年の年初のNHKの紅白歌合戦ではっきりと見た。

「Pen」「Pinapple」「Apple」「Pen」という簡単な単語を組み合わせて、それを横に並べるだけだが、妙にリズム感があり、一度、聞いたら忘れることが出来ない。

それで世界中で真似されて、youtubeの動画再生回数が、億を超える大ブレイクとなっている。



種々検討した結果、ピコ太郎(小坂大魔王)はおそらく双子座ラグナである。


PicoTaro_chart

※当初、魚座ラグナか双子座ラグナかで非常に迷ったが、後で述べる2つの過去のエピソードから双子座ラグナではないかと考えられる。


ピコ太郎(小坂大魔王)の出生図を検討すると、月が山羊座に在住しており、00:00:01でも23:59:59でも同じ山羊座である。


従って、チャンドララグナは山羊座で決定である。


チャンドララグナから見ると、木星は3、12室支配でラグナで減衰している。


3室(芸能、踊り、パフォーマンス)の支配星が減衰していることから、パラシャラの例外則で、ラージャヨーガ的に働く配置である。


また木星は12室を支配していることから海外も表している。


またラグナから見ると、7、10室支配の木星が8室(棚から牡丹餅)で減衰している。


この配置もパラシャラの例外則で、ラージャヨーガ的に働く配置である。


またこの木星はディスポジターの土星がラグナに在住しているため、ニーチャバンガラージャヨーガも形成している。


従って、この木星は非常にトリッキーで、奇想天外な働きをすることが考えられる。



もし双子座ラグナだとすると、現在、ダシャーは木星/月期辺りである。


また乙女座から木星がアスペクトして、土星が蠍座からアスペクトして、この10室支配の木星と12室(海外)にダブルトランジットしているのである。


従って、このパラシャラの例外則やニーチャバンガラージャヨーガの木星の効果によって、このようなブレイクをもたらしたと考えられる。



木星はチャンドララグナから見て3、12室支配で踊り、パフォーマンス(3室)が海外(12室)で評判になり、また木星はラグナから見て10室の支配星であるため、有名(10室)になり、また木星は8室で減衰しているため、ピコ太郎本人もびっくりするほど、突然、海外でブレイクしたのである。


France_Paris

taiwan

taiwan3


しかもジャスティン・ビーバー(カナダ人歌手)がツイッター上で、「お気に入りの動画」として紹介したことをきっかけに爆発的に広がったため、彼は他人の力を借りて、棚から牡丹餅的な恩恵(8室)を得たのである。


彼のブレイクの昨年の8月以降の突然の唐突な感じはまさしく8室で減衰する木星のパラシャラの例外則によるラージャヨーガ的効果、またニーチャバンガラージャヨーガ的に効果なのである。



ピコ太郎(小坂大魔王)のブレイクは、木星が乙女座に入室した昨年(2016年)の8月付近から始まっている。


以下のように2016年の8月頃からブレイクがスタートし、9月27日に9000万人のフォロワーを持つジャスティン・ビーバー(カナダ人歌手)がツイッター上で、「お気に入りの動画」として紹介したことをきっかけに爆発的に広がり、10月28日には「全米ビルボードトップ100に入った世界最短曲」としてギネス世界記録に認定されている。

また第58回輝く!日本レコード大賞(TBS、2016年12月30日) で特別話題賞を受賞している。



8月25日、自腹(約10万円)で制作した「ペンパイナッポーアッポーペン」を「YouTube」上に公開。古坂と親しいAAA、LiSA、Silent Sirenらにリンクを貼って知らせたところ拡散され]、ミニブログ「ツイッター」や日本国内の女子高生などに人気の動画編集/投稿アプリ「MixChannel」(ミクチャ)において、元動画を模倣したカバー動画のアップロードが相次ぐようになり(「りかりこ」によるやってみたのアップロードはTwitterには9月16日、ミクチャには9月19日)、シルバーウィーク(9月17日-25日)には特に盛り上がりを見せた。9月21日配信のネット記事では、元動画の再生回数が60万回を超えたと報道された。9月24日にはNMB48のメンバーにも人気とのネット記事があった。再生回数は9月25日の記事では100万回超えを伝えた。

英語圏ではソーシャルメディア「9GAG」で動画が共有されて広がった。日本でシルバーウィークが終わった翌日の9月26日、タイム(米国)が、一気に拡散されることを意味する「バイラル」(本来は「ウイルス性の」の意)との言葉を使って「”Next Viral Hit” かも知れない」と表現した。翌9月27日、ジャスティン・ビーバー(カナダ人歌手)がツイッター上に「インターネット上の私のお気に入り動画」と紹介したことから、同日中にBBC(英国)およびCNN(米国)も取り上げ、他の国内外メディアも追随、元動画の再生回数は9月29日18時時点で一気に936万回を超え、10月4日時点ではその倍以上の1900万回を超えた。

YouTubeの週間再生回数ランキング『ミュージック全世界トップ100 (YouTube Music Global Top 100)』では、集計期間:9月30日 – 10月6日において関連動画を含めると累計1億3400万回に上り、2位のザ・チェインスモーカーズの「クローサー(英語版)」(7月29日リリース)の7050万回にダブルスコア近い差をつけて世界1位になった(同週を含めて3週間1位を保持)。同ランキングにおいて日本人が世界1位を獲るのは初めてである。

10月7日に『ペンパイナッポーアッポーペン』ほか4曲を世界134カ国で配信リリースした。同日、9GAGのAMA (ask me anything)に登場した。10月12日時点で、元動画の視聴数は4000万回を超えた。10月14日に初めての全国放送(テレビ朝日系列「ミュージックステーション」)に出演した。

10月19日、アメリカのビルボードソングチャート(Billboard Hot 100)にて、2016年10月29日の週で初登場77位を記録したと発表された。これは、日本人として松田聖子に次ぐ26年振り・7人目のチャートインである。また、ビルボードにチャートインした最も短い曲としてウィメンフォーク(英語版)の”Little Boxes(英語版)”が持っていた1分02秒という記録を52年振りに塗り替え、わずか45秒の曲でチャートインという新記録を打ち立てた。10月28日、『ペンパイナッポーアッポーペン』がギネス世界記録に「全米ビルボードトップ100に入った世界最短曲」として認定された。元動画の視聴数は、12月20日時点で1億回を超えた。

(wikipedia 小坂大魔王より引用抜粋)


このように有名になる時は10室に木星と土星のダブルトランジットが生じていなければならない。



トランジットの木星が2016年8月から乙女座に入室し、山羊座に在住する7、10室支配の木星にアスペクトし、トランジットの土星は蠍座から7、10室支配の木星にアスペクトして、7室や10室にダブルトランジットが生じていたのである。


更に木星は12室(海外)にもダブルトランジットしている。


7室は契約のハウスであり、また海外を表すハウスでもある。


彼は今回のブレイクで、有名になり、レコード会社と契約し、世界デビューを果たしたのである。


それは7室、10室、12室へのダブルトランジットで説明することができる。



PicoTaro_chart


木星は7、10室支配で、1、4室支配の水星、5、12室支配の金星、3室支配の太陽と相互アスペクトし、2室支配の月と接合している。


従って、1-5、1-7、1-10、4-5、5-7、5-10のラージャヨーガを2-8室の軸で形成している。

また1-2、2-5のダナヨーガも2-8室の軸で形成している。



ピコ太郎(小坂大魔王)はyoutubeへの動画の配信は所属事務所などは関係なく、全く自主的な活動(セルフプロデュース)として行い、10万円の経費をかけて、『PPAP』を撮影して編集して、youtubeにアップしたようである。


こうした活動は、自営業であり、起業的であり、2室(起業、自営業)で表される。


そして、その活動から全く思いがけない棚から牡丹餅的な幸運を得たのは8室(棚から牡丹餅)の象意である。


そして、今回、youtubeの動画再生回数が1億円を超えたことで、ピコ太郎には莫大な広告収入が入ってくるようである。


これも棚から牡丹餅的な収益であり、8室の象意である。


従って、2-8室の軸で、ラージャヨーガやダナヨーガが形成されているということで納得できるのである。




それでは何故、今のタイミングでブレイクしたのかということが問題なのである。


その謎を解明しなければならない。


今回、双子座ラグナだとしてもマハダシャー木星期は既に2004年から始まっていたのである。


それならば、成功はもっと前でもよかったのではないかと思うかもしれない。


然し、ラグナを双子座に設定すると、ナヴァムシャ(D9)で月が高揚して木星と接合し、またダシャムシャ(D10)で、月は土星と星座交換している。


この土星と月の絡みはカリスマを表す配置であり、大衆からの支持を表している。


彼は現在、木星/月期であったからこそ、この月と土星との間で星座交換することによって示されるカリスマ的な大衆的熱狂が表れたのではないかと思うのである。




月はマハダシャーの木星と絡むことによって、マハダシャーの木星のパラシャラの例外則やニーチャバンガラージャヨーガの恩恵や、木星が金星や水星との間に形成するラージャヨーガやダナヨーガにも参加して、これらの恩恵を全て受けたということである。




何故、彼がお笑い芸人になったかというと、10室支配の木星に5室支配の金星や3室支配の太陽がアスペクトして絡んでいた為である。


但し、底ぬけAIR-LINEとして、お笑いをしていた時も音楽にあわせて行なう芸が多かった印象である。


そして、2003年9月からお笑い活動を休止し、『テクノユニット・ノーボトム』というバンドの活動に専念して音楽に没頭するようになっている。


その音楽活動の時に作成した曲が以下の『サンバ・ジャ・ネイヨ・ネブタ・ダヨ 2004』である。


サンバ・ジャ・ネイヨ・ネブタ・ダヨ 2004




おそらく音楽の表示体である5室支配の金星が2室から10室支配の木星にアスペクトしており、また2室は歌のハウスである。


従って、音楽活動で、ボーカルとしてバンドで歌うことの方に活動の軸を移していったのである。


3室(芸能)の支配星や5室(創作、エンターテイメント)の支配星も絡んでいる為、芸能活動や表現の活動をするのであるが、それがボーカルとして現れたのは、10室の支配星が2室の配星と接合し、2室にアスペクトしているからである。




因みにその『テクノユニット・ノーボトム』でロンドンデビューを果たすために彼は2003年頃に「マネーの虎」に出演し「ロンドンデビュー」を果たすための資金700万円を希望したが、出資は受けられなかったようである。


その時の番組が、youtubeにアップされている。



マネーの虎 古坂和仁 (古坂大魔王) バンドでロンドンデビュー活動資金700万欲しい 【FULL】



マネーの虎 南原社長インタビュー





この時、彼の音楽の才能について出資者の一人、南原社長は高く評価して、200万円を提供すると申し出ていたが、結局、目的金額に到達しなかった。


この時、ラーフ/月期、あるいは、ラーフ/火星期であり、トランジットの土星は牡牛座12室を通過し、ラーフも12室をトランジットしていた。


つまり、海外を目指して、活動するような時期である。


また木星は2室蟹座をトランジットして、土星が3番目のアスペクトをして、2室にダブルトランジットしていた。


2室は起業のハウスであり、自分のビジネスを立ち上げる時であるため、ロンドンデビューするために出資を求めるというタイミングとしてはピッタリと一致している。


2室では5、12室支配の金星と1、4室支配の水星、3室支配の太陽が接合して、ラージャヨーガ、ダナヨーガを形成し、木星や月のアスペクトも受ける吉祥なハウスである。この2室に木星が入室して、そこにダブルトランジットするタイミングには、まさに音楽家としてロンドンデビューを考えるような時期である。


transit_2003


また2003年4月頃から土星が1室双子座に入室していくため、何かを始めるタイミングとしてはピッタリと一致している。



従って、双子座ラグナで正しいと思うのである。



もう一つ、2014年(41歳)にピコ太郎(小坂大魔王)は兄弟三人でお金を工面し、朝日放送(ABC)制作、テレビ朝日系列で放送されている大改造!!劇的ビフォーアフターの「有名人の実家フォーム相談スペシャル」に「父が雪下ろしで屋根から転落しないよう、実家をリフォームをして欲しい」と応募している。

この番組で「安住空間の探求者」である本間貴史を招いて、老朽化した豪雪地帯青森市にある実家をリフォームしたのである。


その時の番組の様子が以下である。


劇的ビフォーアフター(屋根から父親が落ちそうな家)





2014年は6月19日からトランジットの木星が蟹座に入室し、トランジットの土星が天秤座を通過して、2室蟹座にダブルトランジットが生じていた。


transit_201406

この時、彼を含めた兄弟3人が実家の両親の元に集結して、実家の財産である両親の家をリフォームしたのである。


明らかに2室の象意(両親、家族(兄弟))が顕現している。


そして、番組に便乗して、おそらく通常よりも格安で、実家をリフォームしたのである。



これもおそらく、8室で2室の支配星と接合して、2室にアスペクトする木星の効果(他人の力を借りる、棚から牡丹餅)によるものだと考えられる。



この時、彼は大改造!!劇的ビフォーアフターの「有名人の実家フォーム相談スペシャル」に依頼者としてテレビ出演を果たして、しかも実家のリフォームまで手に入れたのである。



この時、ダシャーは木星/金星期である。


金星は5、12室支配で2室に在住し3室支配の太陽と接合している為、彼は多少の出費(12室)をして、実家のリフォームを行い、テレビ出演(3室、5室)を果たしたのである。



以上のような理由が、今回、ピコ太郎のラグナを双子座に設定した理由である。



ピコ太郎(小坂大魔王)は、過去の芸や動画などを見ていると、怒りやすい激しい性格をしている。


彼がお笑い芸人として活動していた時の動画を見ると、つっこみ役で、ボケ役の相方を張り扇のようなもので、叩きまくるという非常にアグレッシブな性格をしていたようだ。

例えば、wikipediaによれば、学園祭で、学生に詰め寄って怒りを爆発させたという。



一方で、学園祭などの営業でネタを見て「つまんない」と言ってきた学生に詰め寄って「えっ? えっ? 何? 何? 今何て言った? つまんない? 君の方が面白いの? じゃあ面白いこと言って。3・2・1、はい、言えない。言えない」と言って煽ったり、飲み屋で騒いでいる大学生に向かって「プロの前ではしゃぐな!」と激怒するなど、エリート意識が高く大人らしからぬ言動を取ることも多々あることを番組内で暴露されたこともある。

(wikipedia 小坂大魔王より引用抜粋)


こうしたアグレッシブな行動傾向は、双子座ラグナで6、11室支配の火星が10室に在住しているからではないかと思われる。


そして、この火星はナヴァムシャで高揚しているため、非常に強い配置である。


10室の火星は司令官の配置であり、人に命令する配置である。




例えば、彼は現在、注目を浴びて、様々なテレビ番組に出演しているが、彼はピコ太郎である自分を小坂大魔王とは別人であるとして演出している。


どの番組に出ても彼はプロデューサーの小坂大魔王とは自分は別人で、また78歳の妻とトイレの前でバッタリ出会って結婚したなどと誰にでも分かるウソを吹聴している。


こうしたウソは小学生ぐらいの年齢の時によく流行った冗談の類である。


悪ノリして誰にでも分かるウソをお約束のように語り、相手もそれに調子を合わせてくれるのである。



彼はこうした自分のマイペースの古典的ギャグを番組司会者や出演者に調子を合わせるようにどんどん強いていくようである。


周囲は彼に調子を合わさざるを得ないように見える。



この状況は、彼の火星が強く、彼が設定した小坂大魔王とピコ太郎の別人設定や、78歳の妻とか彼が思いつきで話している作り話に周りの人を従わせていることを意味している。


それだけ彼の10室の火星はナヴァムシャでも高揚しており、有無を言わさずに周囲の人を彼のペースに巻き込んでいるのである。




ピコ太郎こと、小坂大魔王の過去の映像を見ると、彼はそれほど、明るいキャラクターでもなく、真面目で深刻そうなパーソナリティーでもあるようである。


おそらく双子座ラグナで8、9室支配の土星やケートゥがラグナに在住しているため、そうした特徴がよく現れているようである。



但し、彼は現在、木星/月期であるため、月は水星や金星からのアスペクトを受け、蟹座にアスペクトバックしている。


従って、世界中の大衆からの人気者になり、そして、彼も割と愛嬌を振りまいて、礼儀正しい温和なキャラクターとしてひょうきんに振る舞っている。


しかし、これまでの彼の映像を見ていると、実際の彼は常にそうした性格であるとは言えないようなのである。




もしこのラグナ修正で正しければ、彼は2016年3月前後から木星/月期に移行し、2017年7月前後から木星/火星期に移行してしまう。



このタイミングで、彼に性格の変化が生じ、怒りっぽく、攻撃的で野卑な面が出て来ると考えられる。


以前、『サンバ・ジャ・ネイヨ・ネブタ・ダヨ 2004』を歌っていた頃が、ラーフ/火星期であるため、その頃のような激しさが出て来ると思われる。



そして、昨年2016年8月から続いていた突然の世界的ブレイクも土星が射手座に入室する1月26日以降は沈静化すると考えられる。


土星は射手座から乙女座にアスペクトし、乙女座の木星との間で、乙女座4室にダブルトランジットを形成するのである。



つまり、10室へのダブルトランジットが終わってしまう。



現在、今年に入って、ピコ太郎の賞味期限はいつかといった論調もちらほら見え始めた。



もし双子座ラグナであれば、今年2017年7月前後で、木星/月期が終わるため、彼のとてつもないブレイクは終わるのではないかと考えられる。



彼のトークは非常に小さい子供でも分かるようなギャグが多い。


PicoTaro

例えば、彼はしばしば「驚き桃の木20世紀」とか、外国人記者クラブの席で、「世界中の人に言いたいのは、本当に、ありが玉置浩二」などと古典的なギャグを連発している。


誰でも分かる簡単さ、容易さが彼のトークである。


蟹座2室の水星と金星は、そうしたお茶の間の母親や子供たちが何も考えずに楽しめるような素朴な古典的ギャグである。


それは志村けんのコントと同じである。


思想性や複雑なひねりはないのである。




「Pen」「Pinapple」「Apple」「Pen」と単純に横に並べただけの歌も明らかに蟹座的な素朴な歌である。


これが大衆に受けた理由である。


蟹座はポピュリズムを体現する星座であり、大衆的な人気や大衆から支持される独裁者やスーパーヒーローを生み出す星座である。


従って、蟹座が強く、蟹座-山羊座軸で、形成されるラージャヨーガやダナヨーガ、そして、パラシャラの例外則、ニーチャバンガラージャヨーガなどが発現したピコ太郎はまさにポピュリズムの体現者なのである。


しかし、ポピュリズムで台頭した人物は、大衆の気が変わるのも非常に早いので要注意である。



大衆の人気を背景にして台頭したスーパーヒーローは次の瞬間にこきおろされて、地に叩きつけられることがある。



今回、ピコ太郎が魚座ラグナか、双子座ラグナかで、非常に迷ったが、最終的に双子座ラグナであると結論を出した。


PicoTaro_chart2

魚座ラグナでも昨年2016年8月の木星の乙女座入室のタイミングで、10室や11室の支配星に対して、ダブルトランジットが生じ、


現在はマハダシャー土星期で、11、12室支配の土星は2、9室支配の火星と2-11、9-11のダナヨーガを形成するからである。



然し、『大改造!!劇的ビフォーアフター』に出演したタイミングや、「マネーの虎」に出演したタイミングが、魚座ラグナでは説明できないようである。



PPAP


PPAP ロングバージョン


















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です