ドナルド・トランプの大統領就任とアメリカの没落

ドナルド・トランプの大統領が大統領に当選するという予測を既に書いているが、アメリカの建国図との関連について、重要なことがもう一点ある。

それはアメリカ合衆国の建国図で、2017年9月9日からラーフが蟹座12室に在住するラーフにリターンするという事実である。

USA_chart
出生図の惑星にトランジットの惑星がリターンするタイミングというのは出生図で惑星が形成するカルマが噴出するタイミングである。

12室のラーフは悶々として自己表現できない苦しみにさらされる。

つまり12室は監禁とか隠遁という意味があるが、閉鎖された狭い空間に閉じ込められることを意味している。

但し、ラーフは飽くなき欲望の惑星であるため、欲望が渦巻いで悶々として葛藤するのである。

通常、12室のケートゥは解脱によい配置と言われる。

都心から離れた郊外や海外の静かな環境に身を置いて、そこで隠遁的生活を送ることが精神修養に善いからである。

然し、12室のラーフは全く逆であり、本来、外向的で積極的で外側に向けて活動したい衝動を持つラーフが、12室の狭い場所に閉じ込められていることなど、全くラーフの性質には似合わない状態である。

それはラーフにとって場違いな状況と言っていいかもしれない。





猛獣が動物園の檻に閉じ込められているような状態である。

猛獣は広大な平原や森林で自由奔放に活動したいはずである。そこで狩りをしたり、走り回る。

それが出来ないで、狭い檻の中で、同じ所をぐるぐると回りつづける。

そんな動物の姿を見たことがないだろうか。

ドナルド・トランプが大統領になると、メキシコとの国境に壁を築いて、移民を締め出し、イスラム教徒の入国も禁じるなど、米国を閉鎖的な檻のような状態にしてしまうのである。

壁を築くことで、自ら檻を作って、そこに自らを監禁するような印象である。

そして、世界の警察としての国際社会での影響力や自己表現の機会を失って悶々と苦しむことになる。

それがトランプ当選後の米国なのではないかと思われる。
米国民がドナルド・トランプを当選させることで、自分たちを檻に閉じ込めるのである。

ドナルド・トランプは偏狭な人種差別主義者で、国境に壁を築いて、自国民を守ろうとするが、それがまさしく蟹座的なアプローチである。

蟹座は外敵から家族を守るためにハサミを使うが、自らハサミを使って、敵に攻め込んだりはしない。

だからドナルド・トランプが大統領になると、世界への影響力を縮小した国内問題に集中する内向きな国家となる。

国境に壁を築くなど偏狭で閉鎖的であるが、積極的に海外に軍隊を展開して、例えば、チェコスロバキアにミサイル基地を作って、ロシアを牽制するといったような地政学的な観点から駆け引きをする外交政策よりもより害は少ないと言える。

それに対して、ヒラリークリントンは民主党タカ派で、アメリカの世界への影響力を保持しようとする。

ブッシュ政権時代にイラク戦争やアフガニスタンへの戦争を起こした新保守主義(ネオコンサヴァティブ ※略して、ネオコン)は、アメリカの力で世界を統治していくという思想であるが、元々は民主党で左翼でリベラルな人々が共和党に鞍替えした人々であるから、民主党タカ派の外交政策はネオコンに近いのである。

ヒラリークリントンが尊敬しているキッシンジャーも、基本的にイラク戦争に賛成だったことから、ヒラリークリントンが大統領になってもアメリカが圧倒的な軍事力で世界を統治していくという外交政策が大きく変化することはない。

然し、ドナルド・トランプが大統領になると、民主党タカ派でもなく、ネオコンでもない、モンロー主義(孤立主義)に近い伝統的な共和党の政策に戻ることになる。

こうした共和党の伝統的な姿勢は、星座で言えば、蟹座の性質である。

家族を守ることが大事で、外のことには関心を持たない。ヨーロッパのことには関わらないという姿勢である。

だから、アメリカは第一次世界大戦の後、国際連盟を提唱したにも関わらず、自ら脱退したのである。

それぞれが個人主義者で、西部開拓時代からの伝統で、自分で銃を持って自己を防衛し、自分のことは自分で面倒を見て、他人のことには関わらないという国民性である。

もしドナルド・トランプが大統領に当選したとすると、2017年1月20日が大統領就任式である。

そして、その8ヶ月後の2017年9月9日からラーフが蟹座に入室して、米国の建国図の12室のラーフにリターンする。

更に1年後の2018年10月14日から米国は12室に在住するマハダシャーラーフ期に移行する。

その時、まだトランジットのラーフは蟹座12室を運行中である。

従って、ダシャーロードのラーフにラーフがトランジットしていることになり、この時期の12室のラーフの働きは強力である。

アメリカはドナルド・トランプが大統領に就任した後、12室のラーフという象意を必ず経験せざるを得ないのである。

因みにドナルド・トランプの出生図をもう一度、確認するが、獅子座ラグナであり、3、10室支配の金星と6、7室支配の土星が12室蟹座に在住している。

DonaldTrump_Chart
この10室(行為)の支配星が蟹座に在住していることが、ドナルド・トランプの人種差別的で偏狭で排他的な愛国主義を表しているのである。

この10室の支配星にラーフがトランジットすることで、この時期、おそらくドナルド・トランプは、蟹座的な偏狭性を示すのである。

6、7室支配の土星が同室しているため、彼の政治が問題を起こし、批判を受ける時期である。

そして、ドナルド・トランプにとっても12室にラーフがトランジットする時は、自己表現できずに悶々とする時期である。

メキシコとの国境に壁を築く行為などは、世界との通路を閉ざす自己破壊的で、自殺的な行為であると言える。

このようなことは、三島由紀夫のチャートを研究すればよく分かる。

MishimaYukio_chart
三島由紀夫は、獅子座ラグナで、12室にラーフが在住しているが、マハダシャーラーフ期になると、右翼的な傾向を強め、天皇礼賛し、民兵組織「楯の会」を結成して、クーデターを計画するようになる。

然し、その計画は挫折し、1970年11月25日に自衛隊市ヶ谷駐屯地を訪れ、東部方面総監を監禁し、バルコニーでクーデターを促す演説をした後、割腹自殺を遂げている。

晩年に才能が枯渇し、自己表現の手段が無くなりつつあった所で、欲望で悶々として、右翼的な思想で、狭い視野となって、自己を破壊していったのがよく分かる。

MishimaYukio_photo
この三島由紀夫の晩年の悲劇が12室のラーフである。
従って、ドナルド・トランプが大統領になると、この三島由紀夫と同じようになり、メキシコとの国境に壁を作ったり、移民を強制送還したりして、アメリカを破壊していくのではないかと思うのである。

皮肉なことに、このことによって、アメリカの世界覇権は終わり、世界は平和になるのである。
おそらく、ヒラリークリントンはトランジットの木星が乙女座に入室する2016年8月13日のタイミングで、双子座ラグナから見た8室と12室にダブルトランジットが形成されて、中断(8室)、隠遁(12室)に追い込まれるのではないかと思われる。

HillaryClinton_chart
今はヒラリークリントンのメディアの3室に木星がトランジットし、ラーフもトランジットしているので、盛んにマスメディアに露出して、大統領選の予備選挙を戦っているのである。

HillaryClinton_photo
然し、8月13日に木星が乙女座に入室するその2か月前の6月13日ぐらいの段階で、ヒラリーは失速するのではないかと思われる。

民主党と共和党の全国大会が行われるのが、7月中旬である。
7月18日 – 21日:共和党全国大会
7月25日 – 28日:民主党全国大会
その頃から雲行きが怪しくなって、8月13日以降、11月8日の一般有権者による投票や12月中旬の選挙人による投票日までの3~4か月の間に行なわれるドナルド・トランプとのテレビ討論会などで徹底的に粉砕されるのではないかと思われる。

そうすると、ヒラリークリントンのラグナが本当に双子座ラグナであるかどうかが問題となる。
念のため、以下の出来事をダシャーとトランジットで検証してみると、
1975年10月11日 ビル・クリントンと結婚
1980年02月27日 チェルシー(娘)を出産
まず、ビルクリントンと結婚した1975年は、水星/木星期である。

水星はラグナロード(7室からみた7室)であり、木星は7室の支配星である。

ナヴァムシャでは、水星は7室の支配星で7室に在住し、木星はラグナロード(7室からみた7室)である。

結婚した時のトランジットは、木星が魚座から7室の支配星にアスペクトし、土星が双子座から7室にアスペクトしていた。

従って、7室にダブルトランジットが成立している。

1980年2月27日にチェルシーを出産した時は、ケートゥ/ケートゥ期で、ケートゥはサプタムシャ(D7)で、

5-11室の軸に在住し、5室支配の火星と接合し、ディスポジターの金星は9室に在住している。

この時、トランジットは、木星は獅子座で逆行して9室にアスペクトし、土星は乙女座で逆行し、9室にアスペクトして、9室にダブルトランジットが生じている。

因みに9か月前は、木星は蟹座で9室の支配星と接合し、土星は5室と5室の支配星と9室にアスペクトして、9室にダブルトランジットが生じている。

従って、ビル・クリントンとの結婚と、娘のチェルシーの出産のタイミングが、ダシャーとトランジットで説明できる。

因みにヒラリークリントンが、バラク・オバマと大統領予備選挙を戦って、敗れた後、バラクオバマに引き抜かれて国務長官として、政治的キャリアを築いたのは、彼女がマハダシャー太陽期の頃である。
太陽は、ラグナから見て3室支配で5室で減衰し、月から6室支配で8室で減衰している。

従って、ラグナと月から見て、パラシャラの例外則が機能しており、更に太陽は月から見て6室支配で8室に在住していることで、

ヴィーパリータラージャヨーガも形成している。

そして、減衰する太陽はディスポジターの金星と接合しているので、ニーチャバンガラージャヨーガも成立している。

つまり、おそらくパラシャラの例外則、ニーチャバンガラージャヨーガ、ヴィーパリータラージャヨーガという3つの二重否定の法則が働いていたからこそ、選挙で敗北したにも関わらず、国務長官として活躍したのである。

このことをヒラリークリントンの過去の記事でも書いているのでそちらを参照して頂きたい。
アストロデータバンクで、もう一つの出生時間の説であるAM 8:02で、チャートを作成すると、天秤座ラグナになるが、そうすると、太陽は、パラシャラの例外則も、ヴィーパリータラージャヨーガも形成せずにニーチャバンガだけが形成される状態である。

マハダシャー太陽期に大統領候補として、オバマと予備選挙を戦い、国務長官に就任した理由が説明できない。

また結婚したタイミングのトランジットが結婚を説明できない。

結婚や子供の出産のダシャーやトランジットは説明できないことはないが、双子座ラグナの時ほど綺麗に説明出来ない。

従って、ヒラリークリントンは従来通りの双子座ラグナで正しいと思われる。

そうすると、ヒラリークリントンは、現在、月/木星期であり、大統領選挙までずっと月/木星期である。

月は2室支配で10室に在住し、木星は10室の支配星で6室に在住している。

月も木星も10室に絡んでいる為、大舞台には立つのであるが、ラージャヨーガは成立していない。

今は10室に在住するマハダシャー月期で木星がアスペクトしていることから人気は出てそれなりに注目を浴びるが、強い配置ではない。
ダシャムシャ(D10)を見ても全く強いチャートとは言えないのである。

月は6室で傷ついており、木星は2室に在住している。

HillaryClinton_D10_chart
それではドナルド・トランプのチャートを見ると、その強さの違いが歴然としている。

DonaldTrump_Chart
現在、ドナルド・トランプはラーフ/火星期で、マハダシャーロードのラーフは10室で高揚して、ラグナロードの太陽と接合して、ラージャヨーガを形成している。

太陽は方角の強さを得て強い配置である。

アンタルダシャーロードの火星はラグナから見て4、9室支配でラグナに在住して、1-4、1-9のラージャヨーガを形成し、月から見てもラグナロードの火星が10室に在住して、1-10のラージャヨーガを形成している。

更に火星は月から見て6室を支配しているが、6室の支配星が10室に在住することは良い配置である。

そして、このラグナと月から見てラージャヨーガを形成する火星のディスポジターは太陽であり、太陽は10室でラージャヨーガを形成しているため、火星は強力なのである。

更に10室に在住するラーフと太陽は、ムリガシラーに在住しているが、ムリガシラーの支配星は火星である。

火星は上述したようにラグナと月から10室で強力なラージャヨーガを形成している。

この強い配置にはヒラリークリントンのチャートは全く太刀打ちできないのは明らかである。

ドナルド・トランプが世界中から非難を浴びるほどの卑猥な発言を繰り返しているにも関わらず、全く勢いが衰えないのは、この強い配置によるものである。

Trump_and_wife 更にドナルド・トランプのダシャムシャ(D10)も見ておくが、

DonaldTrump_D10_chart
マハダシャーロードのラーフはD10のラグナに在住している。

そして、アンタルダシャーロードの火星は2、7室支配で12室に在住しているが、

ラグナロードの金星、4、5室支配のラージャヨーガカラカの土星との間に1-7、5-7のラージャヨーガ、1-2、2-5のダナヨーガをk形成いている。

月から見ると、火星はラグナロードで6室に在住しており、選挙などの戦いに強い配置である。

そして、ラグナロードの火星は10、11室支配の土星、7室支配の金星と相互アスペクトしており、1-10、1-11、1-7のラージャヨーガを形成している。
そして、ラーフ/火星期が終わった後、木星期に移行するが、

木星はD10の4室に在住し、減衰しているが、木星は3、6室の支配星であることからパラシャラの例外則が働いている。

また木星はディスポジターの土星と星座交換しており、ニーチャバンガラージャヨーガが成立している。

また減衰する木星が高揚する星座の支配星である月はラグナから見てケンドラの7室に在住して、ニーチャバンガが成立している。

従って、ニーチャバンガが2つ成立している。

以上のようにヒラリークリントンのチャートと比較すると、ドナルド・トランプが勝利することがよく分かる。

おそらく、2016年3月6日の今の段階で、ヒラリークリントンが大統領選挙で勝利するかもしれないと考えている方がまだいるかもしれないが、2016年の米大統領選でドナルド・トランプが勝利し、それを引き金にしてアメリカは没落していくのである。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ドナルド・トランプの大統領就任とアメリカの没落」への4件のフィードバック

  1. 小林

    講座では大変お世話になりました小林です。
    米大統領選では、現在はトランプさんが優勢ですが、僕はルビオさんが歴史的なぎりぎり大逆転勝利をするのではないかと見てますね。

    その理由は、秀吉先生が以前書かれてましたルビオさんの記事で、ルビオさんのラグナはやはり獅子座ラグナのチャートで正しいと思います。

    そうすると、ルビオさんは現在は金星ー月期で、金星は3、10室支配で9室在住。
    月は12室に定座にあり、4、9室支配で6室で高揚する火星と相互アスペクトでチャンドラマンガラヨガを形成。
    また、4、9室支配で6室で高揚する火星は金星にもアスペクトします。
    また、獅子座ラグナで、ラグナロードかつ政治のカラカの太陽は10室に在住。

    つまり、トランプさんもルビオさんも獅子座・太陽・10室を始めとした共通点があり、その他9室の絡みを見ても、どちらも大統領候補としては非常に強力と見て間違いないようです。
    これは、現在獅子座にダブルトランジットが成立していることと関係あると思います。

    ですが、僕はぎりぎりルビオさんが勝利すると思います。
    その理由は、トランプさんの1室に火星が、ルビオさんの6室に高揚する火星がいるからです。
    1室はその人の特徴を示しますが、トランプさんは火星の通りに過激で情熱的な人。
    また、6室は勝てる敵を示します。

    つまり、ルビオさんの6室で高揚する火星はトランプさんであり、高揚している為ルビオさんは苦戦を強いられると思います。
    しかし、6室は勝てる敵なので、しかし高揚してるのでトランプさんも強く、ぎりぎりルビオさんが勝つと思います。

    なので、まだ米大統領選の勝敗は紛れの余地があると思いますね。

    返信
  2. 秀吉 投稿作成者

    マルコ・ルビオのチャートを再度、検討しましたが、

    もし獅子座ラグナだとすると共和党の候補者が選ばれる7月18日 – 21日(共和党全国大会)の頃のヴィムショッタリダシャーは、おそらく金星/火星期で、火星は確かに非常に強力です。

    ラグナ、月から見てラージャヨーガカラカであり、10室や10室の支配星にアスペクトし、次の金星/ラーフ期もラーフはラージャヨーガカラカの火星と接合しているので、ラージャヨーガを形成しています。

    マハダシャーロードの金星から見ても共に10室に在住しているので強いと思います。

    その金星/ラーフ期は2019年末まで続きます。

    マルコ・ルビオが獅子座ラグナだとすると、ラグナが獅子座の最初の度数であるか、最後の方の度数であるかによって変わってきます。

    最初の方であればまだ金星/月期です。もし最後の方の度数であれば既に金星/火星期に移行しています。

    今現在、金星/月期であれば金星/火星期になったタイミングで、急激に票を伸ばすと思います。

    これらからそれが始まるのかもしれません。

    金星はラグナからみて3、10室支配で9室に在住して、9-10のラージャヨーガは形成していますが、2、11室支配の水星との間で何もラージャヨーガを形成していません。

    月から見ても3、12室支配の水星と4、11室支配の金星は10室に在住していますが、何もラージャヨーガを形成していません。

    その為、金星は弱いと考えましたが、金星はディスポジターからアスペクトされて、月から見て4-5、ラグナからみて9-10のラージャヨーガを形成しています。

    チャラダシャーも2017年5月27日からAKとAmkが在住する牡羊座に移行します。

    ちょうど大統領に就任する時期に牡羊座で強力なジャイミニラージャヨーガが形成され、11室にアスペクトしています。

    マルコ・ルビオは2017年5月27日から2026年5月27日まで牡羊座のメジャ―ダシャーです。

    マルコ・ルビオの経歴を見てみると、マハダシャー金星期になる直前の2009年5月5日に上院議員に立候補して当選しています。

    選挙戦序盤は泡沫候補として見なされたものの当選しています。

    以後、大統領候補と見なされるようになり、マハダシャー金星期の間を通して金星から見た10室支配の土星に太陽が接合しており、政治的キャリアを築く時期のようです。

    ドナルド・トランプは現在、ラーフ/火星期で、2016年11月14日から木星/木星期に入りますが、木星はラグナからみて5室、月から見て5室の支配星であり、プライベートを表しており、公的なキャリアを表してはいないような気がしてきました。

    大統領選から撤退して憑き物が取れたように性格が変わるのかもしれません。

    子供や家族と過ごし、ビジネス(10室の水星)をする人生を送るのかもしれません。

    2017年1月上旬に大統領が決定する訳ですが、その前の投票の段階で、何か人生が変わるような大きな変化を経験するはずなのですが、それは大統領選から撤退した後の人生なのかもしれません。


    私もマルコ・ルビオが当選するような気がしてきました。

    マルコ・ルビオはマハダシャー金星期になる直前の2008年から法律事務所(9室)を開設し、フロリダ国際大学で教鞭(9室)を取り始めたと経歴に書いてあるため、それらは金星が9室に在住していることの理由のような気もします

    金星から見ても10室支配の土星に木星がアスペクトしています。

    とにかくアメリカの大統領が正式決定する2017年1月上旬になる前の2016年11月の段階で、ドナルド・トランプがマハダシャー木星期に移行するということについて、私はドナルド・トランプは大統領になってから責任意識が生じてアメリカの国民のためを想う良い説法者に変化するものと解釈しましたが無理があるかもしれません。

    木星から見た10室で水星がバドラヨーガになっている訳ですが、太陽と絡んでいる訳ではありません。

    但し、アールドラーに在住しており、アールドラーのディスポジターは太陽であるため、政治と関係があると考えました。

    マルコ・ルビオが今、低迷しているのは現在、金星/月期だからだと考えると納得できます。

    月はラグナから12室の支配星で12室に在住し、ケートゥと接合しているからです。

    これが金星/火星期になった途端に大きく変化するかもしれません。

    それが今から共和党の候補者が決まる2016年7月までにそうなる可能性が高いです。

    そうするとマルコ・ルビオのラグナが獅子座のプールヴァパールグニーになります。

    今の段階で、マルコ・ルビオが大統領に当選すると言い切れるというのは素晴らしい才能だと思います。

    私はマルコ・ルビオが獅子座ラグナであるという確信がなかったですが、マルコ・ルビオが獅子座ラグナなら、大統領に当選しておかしくないと思います。

    米大統領選もこれから面白くなると思うので、もう少し様子を見ましょう。

    今後も頑張って下さい。

    返信
  3. indo

    トランプ氏コメントします。

    月は損失の第12室を支配し、しかも減衰の星座に位置しています。減衰のダシャーは特別な例外法則になっていない限りは社会的な成功は期待できません。時に減衰惑星は社会的屈辱を意味します。そして、月は更にガンダンタに位置しており、ラージャ・ヨーガを形成していないだけでなくかなり弱い状態にあります。このダシャーを見る限りではインド占星術的には大統領になるの難しいと考えられます。

    返信
  4. 秀吉 投稿作成者

    確かにドナルド・トランプはマハダシャー月期に大手航空会社を買収するなど、事業拡大を図った結果、巨額の債務を抱え、その結果として、後にカジノやホテルが倒産することにつながりましたから、月は損失を表しており、月の傷つきは特徴として確かに出ていると言えるかもしれません。但し、チャートはトータルに見なければならず、月の傷つきだけでドナルドトランプが大統領になれないと判断することは出来ません。

    また月の傷つきというものは月のダシャーの時期や月と絡む惑星の時期に顕現するはずです。その点からも月の傷つきを人生を通して大統領になれない理由とすることは難しいと思います。

    また月の傷つきは何らかの弱点を示すかもしれないですが、大統領になれないのではなく、大統領としての政治行動に何らかの弱点が出るとも考えられます。いずれにしても月の傷を論じるだけで大統領になれない条件にするのは難しいと思います。

    結果は今年の11月頃に出るのでその結果を見て、色々学びがあると思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です