ほしのあきの結婚のタイミング

次にほしのあきのチャートである。

ほしのあきが結婚したのは、競馬騎手の三浦皇成氏だが、

ラグナが天秤座スヴァーティーで、ラグナロードの金星が7室の牡羊座アシュビニーに在住している。

アシュヴィニーには馬という象意があり、競馬の騎手と言えばピッタリの象意である。

結婚した現在は、ラーフ/ケートゥ期であり、ラーフはラグナに在住し、ケートゥは7室に在住している。

7室、1室(7室からの7室)、2室、8室が結婚のハウスである。

今年の5月からトランジットの木星が7室に入室し、マハダシャーロードのラーフにアスペクトし、

アンタルダシャーロードのケートゥに接合している。

また7室にはラグナロードの金星が在住している。

従って、今は結婚のタイミングである。

ラグナロードの金星が7室に在住している配置は、

結婚相手に自ら働きかけていく配置である。

次のダシャーがラーフ/金星期であるため、暫くここ3年ぐらいは、

パートナー関係一色である。

然し、その次のラーフ/太陽期は、太陽が11室支配で6室に在住しており、

ここにパートナー関係に奮闘(struggle)が生じやすいと言える。

然し、ナヴァムシャで太陽は9室支配で8室に在住し、ラグナロードの木星と2-8室の軸で相互アスペクトしている。

この2-8室の軸は結婚生活の軸であり、離婚ではなく、例え問題があったとしても結婚生活は続いていく配置である。

ラシチャートの象意がナヴァムシャで改善されており、太陽期に奮闘(struggle)が生じるかもしれないが、後半で、関係が改善してくると言えるかもしれない。

—————————————————————————————————————————–
ほしのあき結婚!三浦皇成と12月19日
2011年9月22日10時32分

 グラビアタレントほしのあき(34)と競馬騎手三浦皇成(21)が結婚することが21日、分かった。婚姻届は三浦の誕生日でもある12月19日が有力だ。09年春から交際がスタートし、同年6月に交際が発覚。ビッグカップルとして注目を浴び続けていたが、ついにゴールインすることになった。妊娠はしていない。今後は、三浦の悲願のG1初制覇を、13歳年上の姉さん女房がバックアップする。

 グラビア界の女王ほしのと、競馬界のホープ三浦が、ついに結婚する。Xデーは、三浦の誕生日で、かつ大安の12月19日。その日に婚姻届を提出するものとみられる。同時に12月中には、都内で結婚式も挙げる予定だ。すでに、親しい知人らには報告済みで、挙式の準備を始めている。

 2人をよく知る関係者は「2人は交際開始のころから、結婚を意識してまじめに付き合ってきていました。タレントとして売れっ子のあきさんの仕事が忙しく、すぐにとはいかなかったが、2人のきずなは固かった。誠実に、お互いを尊重し合って信頼関係を築いた末の結婚なので、家族も周囲も祝福しています」と明かした。

 10代からタレント活動をしていたほしのは、04年ごろからグラビア界で人気が急上昇した。88センチFカップの美巨乳と、55センチという細くくびれたウエストという日本人離れしたスタイルの良さで、雑誌などのグラビアを軒並み占拠。人気NO・1のグラビアアイドルとして大ブレークした。「クイズ! ヘキサゴン2」や「笑っていいとも!」などの、人気バラエティー番組にもレギュラー出演し、人気タレントとしての座も不動のものにした。

 三浦とのロマンスのきっかけにもなった仕事が、08年1月から司会を務めた競馬番組「みんなのケイバ」と「みんなのウマ倶楽部」だった。09年12月までの2年間を担当して、競馬の知識を深めることはもちろん、牝馬ウオッカの天皇賞やジャパンカップ制覇に立ち会うことで、競馬の魅力を新しいファン層に広めた。

 その一方で、08年に91勝で歴代の新人年間最多勝を記録した三浦と、同番組の取材を通じて知り合い、翌09年春から交際をスタートさせていた。6月には交際も世間に知られた。同年9月のイベント出演時に報道陣の質問攻めにあい、「(三浦の海外遠征に)私は行けないですけど、応援しています」と交際を認めた。

 昨年11月15日、先走った結婚報道がされたときには、ほしのは公式ブログで「今、JRA騎手三浦皇成さんとは、お付き合いをさせていただいています。でも、今回の報道にあった『結婚』については、まだ何も具体的な事は決まっていません。今は、三浦さんがレースに集中できる環境作りを一生懸命支えていきたいと思っていますので、温かく見守っていただけるとうれしいです。これからも変わらずにお仕事も一生懸命頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」とコメントしていた。

 ほしのが、芸能界を引退するのかは未定だ。ただ、三浦の悲願であるG1初制覇のためにも、これまで以上にバックアップに努めることだけは、間違いなさそうだ。
—————————————————————————————————————————–

 
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です